Updated on 2024/03/11

写真a

 
MAKI Shigeyoshi
 
Organization
Graduate School of Medicine Lecturer
Graduate School
Graduate School of Medicine
Undergraduate School
School of Health Sciences
Title
Lecturer
Contact information
メールアドレス
External link

Degree 1

  1. 博士(看護学) ( 2022.6   名古屋大学 ) 

Research Interests 5

  1. 精神看護学

  2. 統合失調症

  3. リカバリー

  4. 病識

  5. 地域移行支援

Research Areas 1

  1. Life Science / Clinical nursing  / 精神看護学

Research History 4

  1. Nagoya University   Lecturer

    2023.9

  2. Gifu University   Assistant Professor

    2020.10 - 2023.8

  3. Sugiyama Jogakuen University   Assistant Professor

    2017.4 - 2020.9

  4. Sugiyama Jogakuen University   Assistant

    2016.4 - 2017.3

Education 3

  1. Nagoya University

    2017.4 - 2022.3

  2. Nagoya University

    2014.4 - 2016.3

  3. Nagoya University

    2005.4 - 2009.3

Professional Memberships 5

  1. 日本精神保健看護学会

    2019.6

  2. 日本看護研究学会

    2019.5

  3. 日本看護科学学会

    2016.9

  4. 看護理工学会

    2021.11

  5. 日本病院・地域精神医学会

    2016.7

Awards 1

  1. 2020年度日本看護研究学会 奨励賞

    2021.8   日本看護研究学会   3か月以内に再入院した統合失調症患者に対する地域定着に向けた中堅・熟練病院看護師の支援プロセス

    牧 茂義, 永井邦芳, 安藤詳子

 

Papers 12

  1. Structure and predictors of in-hospital nursing care leading to reduction in early readmission among patients with schizophrenia in Japan: A cross-sectional study Reviewed

    Shigeyoshi Maki , Kuniyoshi Nagai , Shoko Ando , Koji Tamakoshi

    PLoS ONE   Vol. 16 ( 4 ) page: e0250771   2021.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0250771

  2. 3か月以内に再入院した統合失調症患者に対する地域定着に向けた中堅・熟練病院看護師の支援プロセス Reviewed

    牧 茂義 , 永井 邦芳 , 安藤 詳子

    日本看護研究学会雑誌   Vol. 41 ( 4 ) page: 713 - 722   2018.9

     More details

    Authorship:Lead author  

  3. Developing a communication skills scale in the initial oncology nursing consultation after a cancer diagnosis in Japan Reviewed

    Mitsuyuki Takako, Ando Shyoko, Sugimura Ayumi, Maki Shigeyoshi, Sato Kazuki

    Journal of International Nursing Research   Vol. 3 ( 1 ) page: e2022-0041 - e2022-0041   2024.2

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Nursing Research  

    <p><b>Objective: </b>Psychosocial interventions during nursing consultations emotionally support and inform patients undergoing cancer diagnosis. In Japan, certified nurse specialists (CNSs) and certified nurses (CNs) mainly provide nursing consultations. Using communication skills in therapeutic nurse-patient relationships is an effective advanced nursing practice when performed consciously. We developed a scale to measure the frequency of oncology nurses' intentional use of communication skills in the initial oncology nursing consultation after a cancer diagnosis. <b>Methods: </b>Based on a literature review, we identified nine initial dimensions and developed a 32-item questionnaire. After the focus group interviews and pilot study between January and March 2018, the final questionnaire was administered to CNSs and CNs who offered nursing consultations to patients with cancer in Japanese hospitals. The properties of all scales and subscales were assessed using item-to-item and mean item-to-item correlations. The reliability was evaluated using Cronbach's alpha. Construct validity was assessed using exploratory factor analysis, correlations between all scales and characteristics, and contrast group comparisons. <b>Results: </b>The communication skills scale comprised 29 items across six dimensions of communication skills: Exploring, Listening, Acceptance, Silence, Approval, and Empathy. The scale has good reliability and validity. <b>Conclusions: </b>This scale is a valid and reliable item for self-assessing nurses' communication skills in the initial oncology nursing consultation after a cancer diagnosis.</p>

    DOI: 10.53044/jinr.2022-0041

    CiNii Research

    researchmap

  4. Effect of illness uncertainty on alanine transaminase levels and aspartate aminotransferase levels in patients with nonalcoholic fatty liver disease Reviewed

    Naoki Ozawa , Kazuki Sato , Ayumi Sugimura , Shigeyoshi Maki , Taku Tanaka , Kenta Yamamoto , Takanori Ito , Yoji Ishizu , Teiji Kuzuya , Takashi Honda , Masatoshi Ishigami , Mitsuhiro Fujishiro , Tetsuya Ishikawa , Shoko Ando

    Nagoya Journal of Medical Science   Vol. 84 ( 4 ) page: 857 - 864   2022.11

     More details

    Language:English  

    DOI: 10.18999/nagjms.84.4.857

  5. Quality of Life in patients with nonalcoholic fatty liver disease: Structure and related factors focusing on illness uncertainty Reviewed

    Naoki Ozawa, Kazuki Sato, Ayumi Sugimura, Shigeyoshi Maki, Taku Tanaka, Kenta Yamamoto, Takanori Ito, Yoji Ishizu, Teiji Kuzuya, Takashi Honda, Masatoshi Ishigami, Mitsuhiro Fujishiro, Tetsuya Ishikawa, Shoko Ando

    Japan Journal of Nursing Science   Vol. 18 ( 3 ) page: e12415   2021.3

     More details

    Language:English  

  6. 精神科看護師の臨床判断に関する研究の動向と課題 国内外の文献レビュー Reviewed

    牧 茂義 , 安藤 詳子

    椙山女学園大学看護学研究     2017.3

     More details

    Authorship:Lead author  

  7. A県内に勤務する看護師の臨床での看護研究を実施する過程で困ったこと Reviewed

    社本 生衣, 小木曽 加奈子, 牧 茂義, 小林 和成, 西田 友子, 竹下 美惠子

    岐阜看護学ジャーナル   Vol. 2 ( 1 ) page: 13 - 21   2023.2

  8. 岐阜県における看護研究に対する看護職のニーズ-管理職・スタッフからのアンケート調査より- Reviewed

    小林 和成, 社本 生衣, 小木曽 加奈子, 西田 友子, 牧 茂義, 竹下 美惠子

    岐阜看護学会論文集   Vol. 10   page: 9 - 12   2022.6

  9. 看護研究に取り組む際の職場での支援体制と看護研究推進における看護系大学の貢献に対する要望;医療機関等の管理職とスタッフに着目して Reviewed

    教育医学   Vol. 67 ( 3 ) page: 183 - 191   2022.2

  10. 児童・思春期にある愛着障害をもつ子どものケアに関わる看護師の感情体験 Reviewed

    川越 尚子 , 木野 有美 , 牧 茂義 , 木野 徳磨

    病院・地域精神医学   Vol. 61 ( 1 ) page: 49 - 53   2018.10

  11. 単科精神科病院に勤務する看護師の心的外傷に関する調査 Reviewed

    牧 茂義 , 河野由理

    病院・地域精神医学   Vol. 58 ( 1 ) page: 64 - 67   2015.9

  12. 暴力体験による精神科看護師の感情および認知の変化とその影響要因 Reviewed

    牧 茂義 , 河野由理

    病院・地域精神医学   Vol. 58 ( 1 ) page: 67 - 71   2015.9

▼display all

Books 1

  1. 高齢者に対するシームレスケアの実践 人生100年時代に向けて

    阿部誠人, 兼松由紀子, 林 久美子, 牧 茂義, 小木曽加奈子, 田中千絵, 樋田小百合( Role: Joint author ,  高齢者虐待)

    学文社  2024.1  ( ISBN:978-4762032486

MISC 1

  1. 身体的暴力体験による精神科看護師の感情とその変化に寄与する要因

    尾上 大輔 , 加藤 千洋 , 清水 初美 , 牧 茂義

    医療の広場   Vol. 55 ( 5 ) page: 21 - 23   2015

     More details

    Authorship:Last author  

Presentations 20

  1. 精神障がいをもつ当事者と地域で暮らす家族の強みに着目したポジティブ心理学的介入の効果 精神障がい者地域家族会の会員を対象として

    木野有美, 川島一晃, 奥村智志, 牧茂義, 小久保知由起, 藤澤浩美, 永井邦芳

    日本家族看護学会第30回学術集会  2023.9.10 

     More details

    Event date: 2023.9

    Presentation type:Poster presentation  

    Venue:大阪  

  2. 「感情調整困難な当事者と向き合う家族」を対象にした地域家族会プログラムの定量的・定性的評価

    木野有美 , 岩瀬信夫 , 中戸川早苗 , 奥村智志 , 木野徳磨 , 牧茂義 , 永井邦芳

    日本家族看護学会 第28回学術集会  2021.10.3 

     More details

    Event date: 2021.10

    Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Web  

  3. 臺式簡易客観的精神機能指標(UBOM)成年前期健常者データの 既存精神機能指標との比較による多面的検討

    永井 邦芳 , 五十嵐 慎治 , 牧 茂義

    日本看護研究学会 第46回学術集会 

     More details

    Event date: 2020.9 - 2020.11

    Venue:Web  

  4. Related factors of the “Nursing Protocol of Community Settlement for people with schizophrenia” in Japan International conference

    Shigeyoshi Maki , Shoko Ando

    The 6th International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science 

     More details

    Event date: 2020.2

    Language:English  

  5. 再入院する統合失調症患者に対する看護支援プロトコールの検討 第39回 日本看護科学学会学術集会

    牧 茂義 , 永井邦芳 , 安藤詳子

    第39回 日本看護科学学会学術集会  2019.12.1 

     More details

    Event date: 2019.11 - 2019.12

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:石川  

  6. 精神科病棟で勤務する看護師による病棟風土の評価とスティグマとの関連

    牧 茂義 , 永井邦芳 , 安藤詳子

    日本看護研究学会 第45回学術集会  2019.8.20 

     More details

    Event date: 2019.8

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪  

  7. 精神科病棟勤務の看護師における「省察」と看護実践の卓越性の関連

    日本精神保健看護学会第29回学術集会・総会  2019.6.8 

     More details

    Event date: 2019.6

    Presentation type:Poster presentation  

  8. 統合失調症患者の再入院から地域定着に向けた支援に関する病院看護師調査の報告

    牧 茂義 , 永井 邦芳 , 安藤 詳子

    第36回 日本看護科学学会学術集会  2016.12.11 

     More details

    Event date: 2016.12

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京  

  9. 精神科における看護師の臨床判断に関する国内外の文献検討

    牧 茂義 , 安藤 詳子

    第35回 日本看護科学学会学術集会  2015.12.6 

     More details

    Event date: 2015.12

    Presentation type:Poster presentation  

    Venue:広島  

  10. がん・生殖医療相談を受診した妊孕性温存非選択患者 の語りから継続支援ニーズを探る ―第2子不妊治療中に乳がんと診断され内分泌療法を提案された3症例―

    森岡 尚子, 三尾 亜喜代, 牧 茂義, 伊藤 由夏, 棚橋 昌代, 桑原 美紀, 成瀬 昌代, 古井 辰郎, 寺澤 恵子, 増田 美和, 二村 学, 丹羽 好美

    第14回日本がん・生殖医療学会学術集会  2024.2.10 

     More details

    Event date: 2024.2

    Presentation type:Poster presentation  

    researchmap

  11. 臨床において看護研究を進めるために必要な職場での支援

    前田由紀, 牧茂義, 小木曽加奈子, 西田友子, 社本生衣, 三尾亜喜代, 森下智美, 竹下美惠子

    第70回日本教育医学会記念大会  2023.8.23 

     More details

    Event date: 2023.8

    Presentation type:Poster presentation  

    Venue:愛知  

  12. 臨床看護研究の実施を支援する看護系大学に対するニーズ-管理職とスタッフの要望の比較-

    牧茂義, 小林和成, 小木曽加奈子, 社本生衣, 西田友子, 竹下美惠子

    第68回 日本教育医学大会  2021.8.17 

     More details

    Event date: 2021.8

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Web  

  13. 非アルコール性脂肪性肝疾患 (NAFLD) 患者の QOL とその関連要因

    小澤 直樹 , 安藤 詳子 , 牧 茂義 , 宇根底 亜希子 , 杉村 鮎美 , 佐藤 一樹

    第40回 日本看護科学学会学術集会  2020.12.12 

     More details

    Event date: 2020.12

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Web  

  14. 外来がん看護面談における「診断告知後」と「治療開始以降」の時期による面談話題の比較

    光行多佳子 , 安藤詳子 , 杉村鮎美 , 杉田豊子 , 牧 茂義

    日本看護研究学会 第45回学術集会  2019.8.21 

     More details

    Event date: 2019.8

    Presentation type:Poster presentation  

    Venue:大阪  

  15. 外来がん患者との初回面談における看護師のコミュニケーション・スキルの因子構造とその関連要因

    光行多佳子 , 安藤詳子 , 杉村鮎美 , 牛山喜久恵 , 堀涼恵 , 鈴木やよひ , 牧茂義 , 杉田豊子 , 佐藤一樹

    第33回日本がん看護学会学術集会  2019.2.24 

     More details

    Event date: 2019.2

    Presentation type:Poster presentation  

    Venue:福岡  

  16. 外来がん看護面談を実施する看護師のアシストツール-進行手順-

    安藤詳子 , 光行多佳子 , 杉村鮎美 , 牧茂義 , 大野晶子 , 杉田豊子 , 佐藤一樹

    第38回 日本看護科学学会学術集会  2018.12.16 

     More details

    Event date: 2018.12

    Presentation type:Poster presentation  

    Venue:愛媛  

  17. 外来がん看護面談を実施する看護師のアシストツール-コミュニケーションスキル-

    光行多佳子 , 安藤詳子 , 杉村鮎美 , 牧茂義 , 大野晶子 , 杉田豊子 , 佐藤一樹

    第38回 日本看護科学学会学術集会  2018.12.16 

     More details

    Event date: 2018.12

    Presentation type:Poster presentation  

    Venue:愛媛  

  18. Nursing clinical judgement for schizophrenic inpatients to prevent the early readmission : The case of one nurse

    Shigeyoshi Maki , Shoko Ando

    2015 Yonsei-Nagoya University Research Exchange Meeting  2015.11.6 

     More details

    Event date: 2015.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Korea, Republic of  

  19. 患者から暴力を受けた後の精神科看護師のケアに対する思い

    牧 茂義, 河野由理

    第34回 日本看護科学学会学術集会  2014.11.30 

     More details

    Event date: 2014.11

    Presentation type:Poster presentation  

    Venue:愛知  

  20. 患者からの暴力による精神科看護師への影響に関する文献検討 サポートとコーピングの視点からの考察

    牧 茂義 , 河野由理

    第34回 日本看護科学学会学術集会  2014.11.30 

     More details

    Event date: 2014.11

    Presentation type:Poster presentation  

    Venue:愛知  

▼display all

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 3

  1. 統合失調症をもつ当事者にとっての『程よい病識』につながる看護支援の指針の開発

    Grant number:23K09951  2023.4 - 2028.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    牧 茂義,安藤 詳子, 小澤 直樹, 永井 邦芳, 大平 幸子

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\4160000 ( Direct Cost: \3200000 、 Indirect Cost:\960000 )

    統合失調症は、寛解と再発を繰り返す精神疾患で病識をもちづらい。病識とは、自らの病気を適切に認識することで、病とうまく付き合って生活するためには必要である。一方で、病識が高まることにより、QOLは低下し、自殺のリスクが高まるという現実がある。当事者にとっての『程よい病識』を検討する必要がある。
    本研究では、当事者にとっての『程よい病識』と、客観的指標に基づく『程よい病識』、Mishelの「病の不確かさ理論」を活用した『程よい病識につながる看護支援の指針』を開発する。
    当事者が病とうまく付き合いつつ、メンタルヘルスを保つことができるような『程よい病識に向けた看護支援』を見出すことが期待できる。

    researchmap

  2. 再入院する統合失調症患者に対する希望ある看護のプロトコール―介入研究による検証―

    Grant number: 19K19622  2019.4

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究

    牧茂義

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  3. 入退院する統合失調症患者に対する地域定着に向けた病院看護師による支援の構造

    Grant number:17K17523  2017.4 - 2020.3

    日本学術振興会   科学研究費助成事業  若手研究(B)

    牧茂義

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

 

Teaching Experience (On-campus) 4

  1. 臨床がん看護セミナーⅢ

    2023

  2. コンサルテーション論

    2023

  3. 精神看護学実習

    2023

  4. Psychiatric Nursing I

    2023

Teaching Experience (Off-campus) 1

  1. 精神看護学実習

    2023.10 - 2024.2 Gifu University)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized)