Updated on 2023/04/07

写真a

 
KATO Masaki
 
Organization
Graduate School of Humanities Assistant Professor
Undergraduate School
School of Humanities
Title
Assistant Professor

Degree 1

  1. 博士(歴史学) ( 2022.3   名古屋大学 ) 

Research Interests 19

  1. 軍陣医学

  2. 軍医

  3. 軍事史

  4. 赤痢

  5. 西南戦争

  6. 統計

  7. 疾病史

  8. 献納

  9. 日露戦争

  10. 日清戦争

  11. 日本近代史

  12. 感染症

  13. 学校衛生

  14. 医療史

  15. 医学史

  16. 北清事変

  17. チフス

  18. コレラ

  19. 日本近現代史、医療史、軍事史、帝国史

Research Areas 3

  1. Humanities & Social Sciences / Sociology of science, history of science and technology  / 医学史

  2. Humanities & Social Sciences / Japanese history  / 日本近代史

  3. Humanities & Social Sciences / Japanese history

Research History 7

  1. Gifu College of Nursing

    2023.4

  2. Nagoya University   Graduate School of Humanities   Assistant Professor

    2023.4

  3. 岡山大学 文明動態学研究所   客員研究員

    2022.5 - 2023.3

      More details

    Country:Japan

  4. Japan Society for the Promotion of Science

    2022.4 - 2023.3

  5. Aichi Sangyo University

    2020.9 - 2022.3

      More details

    Country:Japan

  6. Japan Society for the Promotion of Science

    2019.4 - 2021.9

  7. Nagoya University   Nagoya University Archives

    2017.4 - 2019.3

▼display all

Education 4

  1. Nagoya University   Graduate School of Humanities

    2018.4 - 2022.3

  2. Nagoya University

    2016.4 - 2018.3

  3. Nagoya University   School of Letters

    2014.4 - 2016.3

  4. Doshisha University   Faculty of Letters   Department of Culture History

    2012.4 - 2014.3

Professional Memberships 7

  1. 近現代史研究会

  2. 歴史学研究会

  3. 東京歴史科学研究会

  4. 日本史研究会

  5. 名古屋歴史科学研究会

  6. 史学研究会

  7. アジア民衆史研究会

▼display all

Committee Memberships 7

  1. 歴史学研究会   委員  

    2022.6   

  2. 近現代史研究会   事務局長  

    2020.4 - 2022.3   

  3. 近現代史研究会   研究委員  

    2018.4   

  4. 西尾市史   近現代史部会調査員  

    2018.4 - 2022.3   

  5. 近現代史研究会   会計  

    2017.7 - 2022.3   

  6. 近現代史研究会   事務局員  

    2016.7 - 2022.3   

  7. 豊田市史資料調査会   筆耕担当  

    2016.4 - 2020.3   

▼display all

 

Papers 5

  1. 明治期日本陸軍衛生部の補充•教育制度の社会史 Invited

    加藤真生

    専修史学   Vol. (74)   page: 1 - 48   2023.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. 「学校の福祉的機能」の形成過程に関する基礎的研究 Reviewed

    林喜子, 加藤真生, 伴野文亮, 後藤篤, 板橋孝幸

    次世代教員養成センター研究紀要   Vol. 8 ( 8 ) page: 103 - 112   2022.3

     More details

    Language:Japanese  

    File: 2021論文-12.pdf

    DOI: 10.20636/00013530

    CiNii Books

  3. 実践的学知獲得の場としての清国–北清事変における疾病経験と在清国軍医の給水研究 Reviewed

    加藤真生

    名古屋大学人文学フォーラム   ( 5 ) page: 203 - 217   2022.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    File: humfnu_5_203.pdf

  4. The Environment and Dysentery Epidemics in the Sino-Japanese War Reviewed

    Journal of Historical Studies   ( 1019 ) page: 1 - 17   2022.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    CiNii Books

  5. An Epidemic of Cholera and its Preventive Problem in the Sino-Japanese War Reviewed

    Masaki Kato

    Journal of Japanese history   ( 689 ) page: 1 - 29   2020.1

     More details

    Language:Japanese  

    CiNii Books

MISC 9

  1. 【概要と論点】歴史学研究会編『コロナの時代の歴史学』をめぐって 第二章 医療史・公衆衛生史のなかの感染症 Invited

    加藤真生

    歴史の理論と教育   ( 157 ) page: 6 - 9   2022.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

  2. 「兵士の死」の国際的な抑制の時代(第6回「思想史の対話」研究会報告要旨) Invited

    加藤真生

    日本思想史学   ( 53 ) page: 43 - 48   2021.9

     More details

    Language:Japanese  

  3. 日露戦争における日本陸軍軍医部の疾病対策構築と欧米陸軍軍医部―赤痢・腸チフスを事例に―(要旨) Invited

    加藤真生

    歴史学フォーラム2020の記録     2021.8

  4. 大会第2日目 討論要旨 Invited

    加藤真生

    歴史評論   ( 854 )   2021.6

  5. 「ヒトならざるもの」ものを組み込んだ歴史叙述 Invited

    加藤真生

    年報近現代史研究   ( 13 ) page: 8 - 9   2021.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

  6. 日露戦争の疾病史的研究 : 赤痢・腸チフス流行構造の解明と対策の実態把握を中心に

    加藤 真生

    年報 : 名古屋大学大学院人文学研究科教育研究推進室   Vol. 2019 ( 2019 ) page: 6 - 6   2020.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:名古屋大学大学院人文学研究科教育研究推進室  

    大学院生支援事業. フィールド調査プロジェクト報告書

    DOI: 10.18999/nenjk.2019.6

  7. 西南戦争における傷病者の実態と社会的対応(東京歴史科学研究会二月例会報告要旨)

    加藤 真生

    人民の歴史学   ( 220 )   2019.6

  8. 歴史学入門講座参加記

    加藤 真生

    人民の歴史学   ( 219 )   2019.3

  9. 明治前期軍事医学制度の確立と石黒忠悳

    加藤 真生

    年報 : 名古屋大学大学院人文学研究科教育研究推進室   ( 2017 ) page: 9 - 10   2018.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:名古屋大学大学院人文学研究科教育研究推進室  

    DOI: 10.18999/nenjk.2017.9

▼display all

Presentations 14

  1. 日露戦争における日本陸軍軍医部の疾病対策構築と欧米陸軍軍医部 —赤痢・腸チフスを事例に—

    加藤真生

    歴史学フォーラム2020  2020.9.12 

     More details

    Event date: 2020.9

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  2. 衛生年報・統計交換のグローバル・ネットワークと日本陸軍軍医部 1875-1909

    加藤真生

    東北大学 日本学研究会 第二回研究会  2020.8.2 

     More details

    Event date: 2020.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  3. 19世紀ヨーロッパにおける軍事医療ネットワークの形成と日本陸軍軍医部 Invited

    加藤 真生

    日本史研究会近現代史部会  2020.1.17 

  4. 西南戦争における傷病者の実態と社会的対応-献納を事例に- Invited

    加藤 真生

    第8回日韓大学院生研究交流集会  2018.8.24 

  5. 西南戦争における傷病者の実態と社会的対応 Invited

    加藤 真生

    東京歴史科学研究会  2019.2.9 

  6. 死亡率の時代-明治前期陸軍感染症対策の形成と国際環境 Invited

    加藤 真生

    国史学会  2019.11.16 

  7. 明治期日本陸軍衛生部の補充・教育制度の社会史 Invited

    加藤真生

    専修大学歴史学会大会  2022.10.2 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  8. 明治期における地域医療環境のなかの小学校

    加藤真生

    奈良教育大学附属小学校資料調査会研究成果報告会  2022.8.2 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  9. 日露戦争の疾病史的研究‐赤痢・腸チフス流行構造の解明と対策の実態把握を中心に‐

    加藤真生

    2019年度フィールド調査プロジェクト報告会  2020.3.5 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  10. 日清戦争における環境汚染と赤痢流行 Invited

    加藤 真生

    近現代史研究会  2019.1.26 

  11. 日清戦争におけるコレラ流行と防疫問題 Invited

    加藤 真生

    名古屋大学・台湾大学 第四回大学院生研究交流集会  2017.6.17 

  12. 日清戦争におけるコレラ流行と防疫問題 Invited

    加藤 真生

    近現代史研究会  2016.3 

  13. 合評会:歴史学研究会編『コロナの時代の歴史学』(績文堂出版、2020年) Invited

    井筒康人, 加藤真生, 上川通夫, 河西秀哉, 北村陽子, 廣瀬憲雄, 堀田慎一郎

    名古屋歴史科学研究会  2022.1.9 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  14. 「兵士の死」の国際的な抑制の時代:19世紀末から20世紀初頭における軍事医療研究の国際化と日本陸軍軍医部 Invited

    加藤真生

    「思想史の対話」研究会  2020.11.8 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 7

  1. 20世紀における学術ネットワークの展開とアジア・太平洋戦争における大量死問題

    Grant number:22J00547  2022.4 - 2025.3

    科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    加藤 真生

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\5200000 ( Direct Cost: \4000000 、 Indirect Cost:\1200000 )

  2. 近代日本における学校の福祉的機能に関する基盤的研究―戦前期奈良県師範学校附属小学校と地域社会の関係に焦点化して―

    2021.4 - 2022.3

    2021年度一般助成 

    後藤篤, 伴野文亮, 林喜子, 加藤真生

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  3. 帝国日本の形成と日本陸軍軍医部の学術ネットワーク‐学知の交換・共有に注目して‐

    2021.4 - 2022.3

    若手研究者のためのチャレンジ研究助成 

    加藤真生

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  4. 帝国日本の形成と日清・日露戦争 -感染症・軍陣衛生・学術ネットワーク-

    2020.10 - 2021.9

    公益財団法人 松下幸之助記念志財団 助成・顕彰プログラム 研究助成 

    加藤真生

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  5. 戦傷病死者と近代日本

    Grant number:19J12703  2019.4 - 2021.3

    科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    加藤 真生

      More details

    Grant amount:\2000000 ( Direct Cost: \2000000 )

    2019年度では、陸上自衛隊衛生学校、防衛省防衛研究所、東京大学総合図書館、大阪大学生命科学図書館などで、軍事医療関係史料の収集を行った。陸上自衛隊衛生学校および防衛省防衛研究所では、日清戦争・北清事変・日露戦争での医療関係の公文書を収集し、大学図書館では『陸軍軍医学会雑誌』といった軍医の学術組織の機関紙を収集した。これら史料は日清戦争における疾病の流行動態を明らかにするうえで不可欠な戦地の環境に関する記述が豊富であり、そうした史料に基づいて「日清戦争におけるコレラ流行と防疫問題」(『日本史研究』(689)、2020年1月)という成果をあげることができた。また2019年度中に掲載決定は叶わなかったが、「日清戦争における環境破壊と赤痢流行」という論文も投稿した。
    またイギリスのBritish Libraryといった国外へも調査を行い、医学や衛生に関する国際会議の議事録の収集を行った。これらの史料は日清戦争後の日本陸軍軍医部における感染症対策構築を国際的な観点から検討すべく、国際会議と日本陸軍軍医部の関係性を明らかにするために調査した。先述した『陸軍軍医学会雑誌』では日清戦争以後、海外の軍医部や国際会議との関係性をうかがわせる記事が増加していっており、日本の動向を海外との関係の中で検討する必要が生じたことから、新しく行った取り組みである。こうした日本陸軍軍医部と海外との関係に留意しながら、感染症対策の構築過程を検討するという問題意識に基づいて、日本史研究会では「19世紀ヨーロッパにおける軍事医療ネットワークの形成と日本陸軍軍医部」と題する報告を、国史学会では「死亡率の時代-明治前期陸軍感染症対策の形成と国際環境」と題する研究報告を行った。

  6. 日露戦争の疾病史的研究‐赤痢・腸チフス流行構造の解明と対策の実態把握を中心に‐

    2019.4 - 2020.3

    フィールド調査プロジェクト 

    加藤真生

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  7. 明治前期軍事医学制度の確立と石黒忠悳

    2017.4 - 2018.3

    フィールド調査実習プロジェクト 

    加藤 真生

      More details

    Authorship:Principal investigator 

▼display all

 

Teaching Experience (Off-campus) 1

  1. Japanese History

    2020.9 - 2022.3 Aichi Sangyo University)

 

Academic Activities 1

  1. ミツカングループ所蔵文書調査研究会合宿調査参加

    2016 - 2020

     More details

    Type:Academic research