2023/11/13 更新

写真a

タニグチ ハルカ
谷口 晴香
TANIGUCHI Haruka
所属
大学院工学研究科 応用物理学専攻 複合系物性工学 講師
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 物理工学科
職名
講師

研究キーワード 2

  1. 強相関電子

  2. 圧力

研究分野 1

  1. 自然科学一般 / 磁性、超伝導、強相関系

経歴 3

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科 応用物理学専攻   講師

    2023年1月 - 現在

  2. 岩手大学   理工学部 物理・材料理工学科 数理・物理コース   助教

    2016年4月 - 2022年12月

  3. 岩手大学   工学部 マテリアル工学科   助教

    2014年4月 - 2016年3月

学歴 3

  1. 京都大学   理学研究科   物理学・宇宙物理学専攻

    - 2014年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   理学研究科   物理学・宇宙物理学専攻

    - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学

    - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本高圧力学会

    2020年1月 - 現在

  2. 物性グループ

    2015年5月 - 2022年12月

  3. 日本物理学会

委員歴 3

  1. 日本物理学会   領域8運営委員  

    2019年4月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本物理学会2017年秋季大会実行委員  

    2016年9月 - 2017年9月   

  3. 物性グループ   岩手大学代表者  

    2015年5月 - 2022年12月   

受賞 1

  1. 第61回原田研究奨励賞

    2021年7月   本多記念会   電荷整列マンガン酸化物におけるポーラロン秩序と負の磁気誘電効果

    谷口晴香

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 30

  1. Anisotropic Seebeck coefficient of Sr2RuO4 in the incoherent regime

    Ramzy Daou, Sylvie Hebert, Gaël Grissonnanche, Elena Hassinger, Louis Taillefer, Haruka Taniguchi, Yoshiteru Maeno, Alexandra S. Gibbs, Andrew P. Mackenzie

    Physical Review B   108 巻 ( 12 )   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Physical Society ({APS})  

    DOI: 10.1103/physrevb.108.l121106

  2. Onset Temperatures for Superconducting Fluctuations in Te-annealed FeTe1−xSex Single Crystals: Evidence for the BCS–BEC Crossover 査読有り

    Yu Uezono, Takumi Otsuka, Shotaro Hagisawa, Haruka Taniguchi, Michiaki Matsukawa, Takenori Fujii, Takao Watanabe

    JPS Conference Proceedings     2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Journal of the Physical Society of Japan  

    DOI: 10.7566/jpscp.38.011023

  3. Pressure Effect on the Dielectric Anomaly in the Antiferromagnetic Manganite CaMn0.85Sb0.15O3 査読有り 国際共著

    Haruka Taniguchi, Tomoki Toyama, Taisei Minatogawa, Hitoshi Kurihashi, Satoru Kobayashi, Michiaki Matsukawa, and Ramanathan Suryanarayanan

    JPS Conference Proceedings     2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Journal of the Physical Society of Japan  

    DOI: 10.7566/JPSCP.38.011122

  4. Enhanced photocatalytic activities under visible light of double-perovskite oxide semiconductor Ba2Tb(Bi, Sb)O6 with mixed-valence 査読有り

    Dayal Chandra Roy, Michiaki Matsukawa, Takanori Yonai, Minami Arakida, Haruka Taniguchi, Kazume Nishidate, Sumio Aisawa, Akiyuki Matsushita, Lin Shiqi

    Journal of Materials Science: Materials in Electronics   34 巻 ( 4 )   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, we showed the effect of Sb substitution on lattice structures, physical properties and photocatalytic activities for the double-perovskite oxides with mixed valence. High quality powders of Ba2Tb(Bi1-xSbx)O6 (0.1 ≤ x≤ 1.0) were successfully synthesized using a citrate pyrolysis approach. Through partial substitution of Sb at Bi site of this compound, it was possible to design oxidative photocatalysts at lower x, and reduction-type ones at higher x. These findings are discussed on the basis of the conduction and valence band edge potentials of a series of Ba2(Tb, Pr)(Bi, Sb)O6 photocatalysts. The Sb substituted sample with the x = 0.6 composition predicted from the machine learning procedure exhibited the highest performance of methylene blue degradation, which is comparable to typical degradation rates for good perovskite catalysts.

    DOI: 10.1007/s10854-022-09542-6

    Scopus

  5. Structure, electric transport, and magneto-transport properties of metallic double-chain based PrBa2Cu4O8 with low Ca substitution 査読有り

    Takehiro Teramura, Michiaki Matsukawa, Tatsuya Senzaki, Haruka Taniguchi, Kazuhiro Sano, Yoshiaki Ōno, Makoto Hagiwara

    Physica B: Condensed Matter   646 巻   頁: 414226 - 414226   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physb.2022.414226

    Web of Science

  6. Functional Materials Synthesis and Physical Properties

    Tatsuya Senzaki, Michiaki Matsukawa, Takanori Yonai, Haruka Taniguchi, Akiyuki Matsushita, Takahiko Sasaki, Mokoto Hagiwara

    Recent Perspectives in Pyrolysis Research     2022年4月

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:IntechOpen  

    A citrate pyrolysis technique is a unique route to prepare reactive precursor mixtures through an ignition process of concentrated aqueous solution. This procedure enables to synthesize highly homogeneous and fine powders for functional materials. The double-chain based superconductor Pr2Ba4Cu7O15−δ and double perovskite photocatalytic semiconductor Ba2Tb(Bi,Sb)O6 were synthesized by using the citrate pyrolysis technique. For the present sample with a reduction treatment for 72 h, a sharp superconducting transition appeared at an onset temperature Tc,on=26 K accompanied by a zero-resistance state at Tc,zero=22 K. The superconducting volume fraction estimated from the magnetization measurement showed an excellent value of ∼58%. Both reduction treatment in a vacuum and subsequent quenching procedure are needed to realize higher superconductivity due to further oxygen defects. The polycrystalline samples for Ba2Tb(Bi1−x,Sbx)O6 (x=0 and 0.5) were formed in the monoclinic and cubic crystal structures. We conducted the gaseous 2-propanol (IPA) and methylene blue (MB) degradation experiments under a visible light irradiation, to evaluate photocatalytic activities of the powder samples. For the Sb50% substituted sample, the highest performance of MB degradation was observed. The effect of Sb-substitution on the photocatalytic degradation of MB is in direct contrast to that on the IPA decomposition under visible light irradiation. The enhanced photocatalytic properties in the citrate samples are attributed to their morphology, where fine particles are homogeneously distributed with a submicron order.

    DOI: 10.5772/intechopen.100241

  7. Revised phase diagram of the high-Tc cuprate superconductor Pb-doped Bi2Sr2CaCu2O8+d revealed by anisotropic transport measurements 査読有り

    Keiichi Harada, Yuki Teramoto, Tomohiro Usui, Kenji Itaka, Takenori Fujii, Takashi Noji, Haruka Taniguchi, Michiaki Matsukawa, Hajime Ishikawa, Koichi Kindo, Daniel S. Dessau, Takao Watanabe

    Physical Review B   105 巻   頁: 085131   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Enhanced superconducting properties of double-chain based superconductor Pr2Ba4Cu7O15−δ synthesized by citrate pyrolysis technique 査読有り

    Kazuma Honnami, Michiaki Matsukawa, Tatsuya Senzaki, Tomoki Toyama, Haruka Taniguchi, Koichi Ui, Takahiko Sasaki, Kohki Takahashi, Makoto Hagiwara

    Physica C: Superconductivity and its Applications   585 巻   頁: 1353869 - 1353869   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physc.2021.1353869

  9. Nonmonotonic Pressure Dependence of the Lattice Parameter a in the Quasi-one-dimensional Superconductor Pr2Ba4Cu7O15−δ 査読有り

    Haruka Taniguchi, Yuya Nakarokkaku, Riku Takahashi, Masatoshi Murakami, Atsuko Nakayama, Michiaki Matsukawa, Satoshi Nakano, Makoto Hagiwara, Takahiko Sasaki

    Journal of the Physical Society of Japan   90 巻 ( 1 ) 頁: 015001 - 015001   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/jpsj.90.015001

    Web of Science

  10. Reversible thermally controlled spontaneous magnetization switching in perovskite-type manganite 査読有り

    Hajime Yamamoto, Satoru Sekikawa, Haruka Taniguchi, Michiaki Matsukawa, Kei Shigematsu, Takashi Honda, Kunihiko Yamauchi, Kazutaka Ikeda, Toshiya Otomo, Terutoshi Sakakura, Masaki Azuma, Shigeki Nimori, Yukio Noda, Hiroyuki Kimura

    Applied Physics Letters   117 巻 ( 11 ) 頁: 112404 - 112404   2020年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AIP Publishing  

    DOI: 10.1063/5.0017506

  11. Structural, physical and photocatalytic properties of mixed-valence double-perovskite Ba2Pr(Bi,Sb)O6 semiconductor synthesized by citrate pyrolysis technique 査読有り

    Arisa Sato, Michaki Matsukawa, Haruka Taniguchi, Shunsuke Tsuji, Kazume Nishidate, Sumio Aisawa, Akiyuki Matsushita, Kun Zhang

    Solid State Sciences   107 巻   頁: 106352 - 106352   2020年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.solidstatesciences.2020.106352

  12. Electronic properties and crystal structures of double-perovskites, Ba2BiIIIBiVO6,Ba2PrBiO6, and Ba2PrSbO6: First-principles study 査読有り

    Kazume Nishidate, Achy Adiko, Michiaki Matsukawa, Haruka Taniguchi, Arisa Sato, Akiyuki Matsushita, Satoru Tanibayashi, Masayuki Hasegawa

    Materials Research Express   7 巻 ( 6 ) 頁: 065505 - 065505   2020年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Publishing  

    DOI: 10.1088/2053-1591/ab97e5

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.1088/2053-1591/ab97e5

  13. Glassy dielectric anomaly and negative magneto-capacitance effect in electron-doped Ca1−xSrxMn0.85Sb0.15O3 査読有り

    Haruka Taniguchi, Hidenori Takahashi, Akihiro Terui, Kensuke Sadamitsu, Yuka Sato, Michihiro Ito, Katsuhiko Nonaka, Satoru Kobayashi, Michiaki Matsukawa, Ramanathan Suryanarayanan, Nae Sasaki, Shunpei Yamaguchi, Takao Watanabe

    Journal of Applied Physics   127 巻 ( 18 ) 頁: 184105 - 184105   2020年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AIP Publishing  

    DOI: 10.1063/1.5143184

  14. Electron-Doping Effect on the Magnetic-Field-Sensitive Dielectric Anomaly in CaMn₁₋ₓSbₓO₃ 査読有り

    Haruka Taniguchi, Hidenori Takahashi, Akihiro Terui, Satoru Kobayashi, Michiaki Matsukawa, Ramanathan Suryanarayanan

    IEEE Transactions on Magnetics   55 巻 ( 2 ) 頁: 1000104   2019年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers ({IEEE})  

    DOI: 10.1109/TMAG.2018.2868511

    Scopus

  15. Low-energy electron-mode couplings in the surface bands of Sr2RuO4 revealed by laser-based angle-resolved photoemission spectroscopy 査読有り

    Shuntaro Akebi, Takeshi Kondo, Mitsuhiro Nakayama, Kenta Kuroda, So Kunisada, Haruka Taniguchi, Yoshiteru Maeno, Shik Shin

    Physical Review B   99 巻   頁: 081108(R)   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Magnetic States and Bandgaps of B-Site Substituted Double-Perovskite Ba2Pr(Bi, Sb)O6 査読有り

    H. Taniguchi, M. Matsukawa, K. Onodera, K. Nishidate, A. Matsushita

    IEEE Transactions on Magnetics   55 巻   頁: 2400404   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Dielectric anomaly and magnetoelectric effect accompanying a charge ordering in the electron-doped manganite Ca1-xSrxMn0.85Sb0.15O3 査読有り

    Haruka Taniguchi, Hidenori Takahashi, Akihiro Terui, Satoru Kobayashi, Michiaki Matsukawa, Ramanathan Suryanarayanan

    Journal of Physics: Conference Series   969 巻   頁: 12094   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Magnetic, thermodynamic and optical properties of Sb-substituted Ba2PrBiO6 double perovskite oxides 査読有り

    K. Onodera, T. Kogawa, M. Matsukawa, H. Taniguchi, K. Nishidate, A. Matsushita, M. Shimoda

    Journal of Physics: Conference Series   969 巻   頁: 12122   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Vertical Line Nodes in the Superconducting Gap Structure of Sr2RuO4 査読有り

    E. Hassinger, P. Bourgeois-Hope, H. Taniguchi, S. Rene de Cotret, G. Grissonnanche, M. S. Anwar, Y. Maeno, N. Doiron-Leyraud, Louis Taillefer

    PHYSICAL REVIEW X   7 巻 ( 1 ) 頁: 011032   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    There is strong experimental evidence that the superconductor Sr-2 RuO4 has a chiral p-wave order parameter. This symmetry does not require that the associated gap has nodes, yet specific heat, ultrasound, and thermal conductivity measurements indicate the presence of nodes in the superconducting gap structure of Sr2RuO4. Theoretical scenarios have been proposed to account for the existence of deep minima or accidental nodes (minima tuned to zero or below by material parameters) within a p-wave state. Other scenarios propose chiral d-wave and f-wave states, with horizontal and vertical line nodes, respectively. To elucidate the nodal structure of the gap, it is essential to know whether the lines of nodes (or minima) are vertical (parallel to the tetragonal c axis) or horizontal (perpendicular to the c axis). Here, we report thermal conductivity measurements on single crystals of Sr2RuO4 down to 50 mK for currents parallel and perpendicular to the c axis. We find that there is substantial quasiparticle transport in the T =0 limit for both current directions. A magnetic field H immediately excites quasiparticles with velocities both in the basal plane and in the c direction. Our data down to T-c/30 and down to H-c2 /100 show no evidence that the nodes are in fact deep minima. Relative to the normal state, the thermal conductivity of the superconducting state is found to be very similar for the two current directions, from H = 0 to H =H-c2. These findings show that the gap structure of Sr 2 RuO 4 consists of vertical line nodes. This rules out a chiral d-wave state. Given that the c-axis dispersion (warping) of the Fermi surface in Sr2RuO4 varies strongly from sheet to sheet, the small a -c anisotropy suggests that the line nodes are present on all three sheets of the Fermi surface. If imposed by symmetry, vertical line nodes would be inconsistent with a p-wave order parameter for Sr2RuO4. To reconcile the gap structure revealed by our data with a p-wave state, a mechanism must be found that produces accidental line nodes in Sr2RuO4.

    DOI: 10.1103/PhysRevX.7.011032

    Web of Science

  20. Dynamics of the lattice and spins in the phase-separated manganite (Eu1-xGdx)0.6Sr0.4MnO3 査読有り

    Haruka Taniguchi, Daichi Kimura, Michiaki Matsukawa, Tasuku Inomata, Satoru Kobayashi, Shigeki Nimori, Ramanathan Suryanarayanan

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   432 巻   頁: 548   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  21. Orbital-Dependent Band Narrowing Revealed in an Extremely Correlated Hund’s Metal Emerging on the Topmost Layer of Sr2RuO4 査読有り

    Takeshi Kondo, M. Ochi, M. Nakayama, H. Taniguchi, S. Akebi, K. Kuroda, M. Arita, S. Sakai, H. Namatame, M. Taniguchi, Y. Maeno, R. Arita, S. Shin

    Physical Review Letters   117 巻 ( 24 ) 頁: 247001   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.117.247001

    Web of Science

  22. Effect of Pressure on Magneto-Transport Properties in the Superconducting and Normal Phases of the Metallic Double Chain Compound Pr2Ba4Cu7O15−d 査読有り

    Masayoshi Kuwabara, Michiaki Matsukawa, Keisuke Sugawara, Haruka Taniguchi, Akiyuki Matsushita, Makoto Hagiwara, Kazuhiro Sano, Yoshiaki Ōno, Takahiko Sasaki

    Journal of the Physical Society of Japan   85 巻 ( 12 ) 頁: 124704 - 1-6   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Physical Society of Japan  

    To examine the electronic phase diagram of superconducting CuO double chains, we report the effect of external pressure on the magneto-transport properties in superconducting and non-superconducting polycrystalline samples of Pr<sub>2</sub>Ba<sub>4</sub>Cu<sub>7</sub>O<sub>15−δ</sub>at low temperatures (1.8–40 K) under various magnetic fields (up to 14 T). In the as-sintered non-superconducting sample, the magneto-resistance (MR) follows a power law of <italic>H</italic><sup>3/2</sup>at low temperatures, which is in no agreement with the <italic>H</italic><sup>2</sup>dependence of MR in the PrBa<sub>2</sub>Cu<sub>4</sub>O<sub>8</sub>system. The negative pressure dependence of the superconducting phase is qualitatively consistent with a theoretical prediction on the basis of the Tomonaga–Luttinger liquid theory. The 48-h-reduced superconducting sample at ambient pressure exhibits no clear increase in MR for <italic>T</italic>> <italic>T</italic><sub>c,on</sub>= 26.5 K. In contrast, with the application of pressure to the superconducting sample, the MR effects reappear and are also well fitted by <italic>H</italic><sup>3/2</sup>. The model of slightly warped Fermi surfaces explains not only the MR effect of the non-superconducting sample, but is also related to the reasons for the pressure-induced MR phenomena of the superconducting sample.

    DOI: 10.7566/JPSJ.85.124704

    CiNii Books

  23. Slow thermodynamics in the phase separated state of the bilayered manganite (La0.4Pr0.6)(1.2)Sr1.8Mn2O7 査読有り

    Haruka Taniguchi, Yuma Nakamura, Takahisa Konno, Michiaki Matsukawa, Ramanathaan Suryanarayanan

    Physics Procedia   75 巻   頁: 468 - 474   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Bilayered perovskite (La0.4Pr0.6)(1.2)Sr1.8Mn2O7 exhibits a field-induced paramagnetic-insulator to ferromagnetic-metal transition, and a phase-separated state is realized after the field is switched off. In order to clarify the thermodynamic properties of the phase-separated state which is a common feature in many manganites, we performed specific heat measurement with field along the magnetization easy axis. We have revealed that the remanent specifc heat might exhibit a stretched exponential decay and the relaxation time is remarkably long. These results indicate the importance of magnetic frustration originating from the competition between double-exchange interaction and superexchange interaction.

    DOI: 10.1016/j.phpro.2015.12.058

    Web of Science

  24. Thermodynamic Properties of Superconducting and Non-Superconducting Pr2Ba4Cu7O15 Compounds with Metallic Double Chains 査読有り

    Takahisa Konno, Michiaki Matsukawa, Keisuke Sugawara, Haruka Taniguchi, Junichi Echigoya, Akiyuki Matsushita, Makoto Hagiwara, Kazuhiro Sano, Yoshiaki Ohno, Yuh Yamada, Takahiko Sasaki, Yuichiro Hayasaka

    Physica C   521 巻   頁: 13 - 17   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Pr2Ba4Cu7O15は還元処理によって超伝導を示し、CuO二重鎖が1次元的な超伝導を示す点においてCuO2面上2次元超伝導を示す他の銅酸化物とは異質であるとして注目を集めている。我々は本物質の熱力学特性を明らかにすべく、還元前の非超伝導試料および還元後の超伝導試料について比熱測定を行い、前者では反強磁性転移に由来する型の異常を、後者では還元で生じたPr3+の結晶場効果に由来するショットキー型の異常を見出した。

  25. Higher-Tc superconducting phase in Sr2RuO4 induced by in-plane uniaxial pressure 査読有り

    Haruka Taniguchi, Keigo Nishimura, Swee K. Goh, Shingo Yonezawa, Yoshiteru Maeno

    Journal of the Physical Society of Japan   84 巻 ( 1 ) 頁: 014707-1 - 014707-6   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Physical Society of Japan  

    超伝導秩序変数の軌道部分が2成分から成ると考えられているSr2RuO4 について、面内の結晶対称性を4回対称から2回対称へと低下させる面内一軸性圧力のもとで交流磁化率測定を行った。超伝導転移のオンセット温度が約1.5 Kから3.3 Kにまで上昇することを明らかにした。この結果は結晶対称性の低下に伴う軌道縮退の解消によって軌道1成分の新奇超伝導相が出現したためと理解できる。さらに、圧力方向によって3-K超伝導の出やすさが異なることを見出し、その結果をRu-Oボンド長やフェルミ面における変形の違いに基づき解釈した。

    DOI: 10.7566/JPSJ.84.014707

  26. Magnetic and thermodynamic properties of the lightly electron-doped manganite compound (Ca,Sr)Mn0.95Sb0.05O3 査読有り

    Takahiro Fujiwara, Michiaki Matsukawa, Takahiro Aoyagi, Satoru Kobayashi, Haruka Taniguchi, Shigeki Nimori, Ramanathan Suryanarayanan

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   378 巻   頁: 451 - 456   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    電子ドープ型マンガン酸化物CaMn0.95Sb0.05O3の磁化反転現象への化学圧力効果を解明すべく、Caの一部を等価数のSrで置換して直流磁化、交流磁化率および比熱を測定した。各測定からそれぞれ、Sr濃度15%以下で磁化反転が起きること、磁化反転を示す試料には磁気フラストレーションが存在すること、磁化反転状態は短距離秩序であることを明らかにした。

  27. Anisotropic uniaxial pressure response of the Mott insulator Ca2RuO4 査読有り

    Haruka Taniguchi, Keigo Nishimura, Ryo Ishikawa, Shingo Yonezawa, Swee K. Goh, Fumihiko Nakamura, Yoshiteru Maeno

    PHYSICAL REVIEW B   88 巻 ( 20 ) 頁: 205111   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    We have investigated the in-plane uniaxial pressure effect on the antiferromagnetic Mott insulator Ca2RuO4 from resistivity and magnetization measurements. We succeeded in inducing the ferromagnetic metallic phase at lower critical pressure than by hydrostatic pressure, indicating that the flattening distortion of the RuO6 octahedra is more easily released under in-plane uniaxial pressure. We also found a striking in-plane anisotropy in the pressure responses of various magnetic phases: although the magnetization increases monotonically with pressure diagonal to the orthorhombic principal axes, the magnetization exhibits peculiar dependence on pressure along the in-plane orthorhombic principal axes. This peculiar dependence can be explained by a qualitative difference between the uniaxial pressure effects along the orthorhombic a and b axes, as well as by the presence of twin domain structures.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.88.205111

    Web of Science

  28. Control of the electronic states of Ca2RuO4 by uniaxial pressure 査読有り

    Ryo Ishikawa, Haruka Taniguchi, Swee Kuan Goh, Shingo Yonezawa, Fumihiko Nakamura, Yoshiteru Maeno

    Journal of Physics: Conference Series   400 巻 ( 2 ) 頁: 022036   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    We study the uniaxial pressure effect on the Mott insulator Ca2RuO4. It is known that the crystal structure is a crucial parameter to determine the electronic states in this system. We revealed that a metal-insulator (M-I) transition is induced by the uniaxial pressure along the ab-plane at room temperature and the metallic state is sustained under cooling down to 5 K. In contrast, such a transition to a metallic state is not observed by the uniaxial pressure along the c-axis. Our experimental results suggest that the elongation of the RuO6 octahedra along the c-axis can trigger the M-I transition.

    DOI: 10.1088/1742-6596/400/2/022036

    Web of Science

  29. Field-temperature phase diagram of superconductivity in Sr2RuO4–Ru under out-of-plane uniaxial pressure 査読有り

    H. Taniguchi, S. Kittaka, S. Yonezawa, H. Yaguchi, Y. Maeno

    Journal of Physics: Conference Series   391 巻 ( 1 ) 頁: 012108   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/391/1/012108

    Web of Science

  30. Higher-Tc superconducting phase in Sr2RuO4 induced by uniaxial pressure 査読有り

    Shunichiro Kittaka, Haruka Taniguchi, Shingo Yonezawa, Hiroshi Yaguchi, Yoshiteru Maeno

    PHYSICAL REVIEW B   81 巻 ( 18 ) 頁: 180510   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    We have investigated uniaxial pressure effect on superconductivity of pure Sr2RuO4, whose intrinsic superconducting transition temperature T-c is 1.5 K. It is revealed that a very low uniaxial pressure along the c axis, only 0.2 GPa, induces superconductivity with the onset T-c above 3 K. The present results indicate that pure Sr2RuO4 has two superconducting phases with T-c=1.5 K and with varying T-c up to 3.2 K. The latter phase exhibits unusual features and is attributable to anisotropic crystal distortions beyond the elastic limit.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.81.180510

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. Recent Perspectives in Pyrolysis Research

    T. Senzaki, M. Matsukawa, T. Yonai, H. Taniguchi, A. Matsushita, T. Sasaki, M. Hagiwara( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter "Functional materials synthesis and physical properties")

    IntechOpen  2021年10月 

MISC 23

  1. 超アンダードープBi-2223単結晶の作製と磁場中輸送特性

    渡辺孝夫, 佐々木菜絵, 山口隼平, 小杉健太, 足立伸太郎, 掛谷一弘, 藤井武則, 谷口晴香, 松川倫明  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)76 巻 ( 2 )   2021年

     詳細を見る

  2. 金属2重鎖系Pr2Ba4Cu7O15-dのホール効果の圧力依存性

    熊谷凌, 本波和真, 松川倫明, 谷口晴香, 萩原亮, 佐々木孝彦  

    東北大学金属材料研究所強磁場超伝導材料研究センター平成30年度年次報告書   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:会議報告等   出版者・発行元:東北大学金属材料研究所  

  3. 金属二重鎖系Pr<sub>2</sub>Ba<sub>4</sub>Cu<sub>7</sub>O<sub>15-d</sub>の超伝導と結晶構造への圧力効果

    谷口 晴香, 大野 義章, 佐野 和博, 高橋 陸, 村上 真俊, 熊谷 凌, 中山 敦子, 松川 倫明, 中野 智志, 萩原 亮, 佐々木 孝彦  

    日本物理学会講演概要集73 巻 ( 0 ) 頁: 1699 - 1699   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.2.0_1699

  4. 電荷整列マンガン酸化物Ca<sub>1-x</sub>Sr<sub>x</sub>Mn<sub>1-y</sub>Sb<sub>y</sub>O<sub>3</sub>の誘電特性における磁場効果

    谷口 晴香, 高橋 秀典, 小林 悟, 松川 倫明, Suryanarayanan R.  

    日本物理学会講演概要集71 巻   頁: 774 - 774   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>我々はマンガン酸化物Ca_1-x_Sr_x_Mn_1-y_Sb_y_O_3_の誘電率が電荷整列温度付近で強誘電的なピーク構造を示し、さらにそのピーク位置が磁場によって変化することを明らかにした。本講演では、この電気磁気効果に対するSr置換およびSb置換の影響を報告し、電荷整列系におけるマルチフェロイック発現の可能性を議論する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_774

  5. CaMn<sub>0.8</sub>Ru<sub>0.2</sub>O<sub>3</sub>のSr置換効果と電子相図

    倉内 達也, 谷口 晴香, 小林 悟, 松川 倫明  

    日本物理学会講演概要集71 巻   頁: 1946 - 1946   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>CaMn_0.8_Ru_0.2_O_3_の磁気基底状態がSr置換によってフェリ磁性からC型反強磁性へと変化する様子を多結晶の直流磁化測定から明らかにし、電子相図を作成する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_1946

  6. 金属二重鎖系Pr<sub>2</sub>Ba<sub>4</sub>Cu<sub>7</sub>O<sub>15-δ</sub>超伝導体の磁気抵抗の圧力依存性

    桑原 成彬, 中六角 有矢, 谷口 晴香, 小林 悟, 松川 倫明, 萩原 亮, 佐々木 孝彦, 松下 明行  

    日本物理学会講演概要集71 巻   頁: 1923 - 1923   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>Pr247超伝導体の磁気抵抗の圧力依存性について報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_1923

  7. 角度分解光電子分光で研究するルテニウム酸化物のコヒーレント-インコヒーレントクロスオーバー

    中山 充大, 近藤 猛, 谷口 晴香, 吉田 良行, 高木 英典, 前野 悦輝, 辛 埴  

    日本物理学会講演概要集71 巻   頁: 1861 - 1861   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>近年、鉄系超伝導体やルテニウム酸化物などの多軌道電子系において、コヒーレントな準粒子バンドがある特徴的な温度で準粒子ピークを消失させてインコヒーレント状態へと変化するフントメタルの実現が提唱されている。本講演ではそれを実証するため、角度分解光電子分光を用いて、ルテニウム酸化物の準粒子スペクトルが示す温度変化を研究したので報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_1861

  8. ダブルペロブスカイト酸化物Ba<sub>2</sub>PrBiO<sub>6</sub>の置換効果と磁性

    古川 諄哉, 松川 倫明, 谷口 晴香, 松下 明行  

    日本物理学会講演概要集71 巻   頁: 2248 - 2248   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>ダブルペロブスカイト酸化物Ba_2_PrBiO_6_において、Bサイト及びB'サイト等に元素置換を行い、磁性の変化や置換効果を比較・考察する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_2248

  9. 金属二重鎖系Pr2Ba4Cu7O15-δの磁気抵抗の圧力効果

    今野嵩久, 菅原佳祐, 松川倫明, 谷口晴香, 萩原亮, 佐々木孝彦  

    東北大学金属材料研究所強磁場超伝導材料研究センター平成26年度年次報告書   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   出版者・発行元:東北大学金属材料研究所強磁場超伝導材料研究センター  

  10. 24aPS-101 磁化反転型電子ドープマンガン酸化物の熱輸送特性

    高橋 秀典, 青柳 剛宏, 谷口 晴香, 小林 悟, 松川 倫明, Suryanarayanan R.  

    日本物理学会講演概要集70 巻   頁: 2451 - 2451   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_2451

    CiNii Books

  11. 24aPS-97 層状マンガン酸化物(La_<0.4>Pr_<0.6>)_<1.2>Sr_<1.8>Mn_2O_7単結晶の磁場中比熱と緩和現象

    中村 悠馬, 高橋 秀典, 今野 嵩久, 谷口 晴香, 松川 倫明, Suryanarayanan R.  

    日本物理学会講演概要集70 巻   頁: 2447 - 2447   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_2447

    CiNii Books

  12. 24aPS-45 金属二重鎖系Pr_2Ba_4Cu_7O_<15-δ>超伝導体の磁化と輸送特性の圧力効果

    菅原 佳祐, 今野 嵩久, 谷口 晴香, 小林 悟, 松川 倫明, 萩原 亮, 佐々木 孝彦, 松下 明行  

    日本物理学会講演概要集70 巻   頁: 2397 - 2397   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_2397

    CiNii Books

  13. 10aBJ-6 Sr_2RuO_4の超伝導への一軸性圧力効果の異方性(10aBJ ルテニウム酸化物,領域8(強相関系))

    谷口 晴香, 西村 佳悟, Goh Swee K., 米澤 進吾, 前野 悦輝  

    日本物理学会講演概要集69 巻 ( 2 ) 頁: 457 - 457   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Books

  14. 9aPS-31 磁化反転を示す電子ドープ型マンガン酸化物の熱輸送特性(9aPS 領域8ポスターセッション(遷移金属酸化物・鉄砒素系など),領域8(強相関系))

    青柳 剛宏, 高橋 秀典, 谷口 晴香, 小林 悟, 松川 倫明, 二森 茂樹, Suryanarayanan R.  

    日本物理学会講演概要集69 巻 ( 2 ) 頁: 410 - 410   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Books

  15. 9aPS-83 金属二重鎖系Pr247超伝導体の磁場中輸送特性と電子相図(9aPS 領域8ポスターセッション(遷移金属酸化物・鉄砒素系など),領域8(強相関系))

    今野 嵩久, 菅原 佳祐, 谷口 晴香, 松川 倫明, 萩原 亮, 佐野 和博, 大野 義章, 佐々木 孝彦, 松下 明行  

    日本物理学会講演概要集69 巻 ( 2 ) 頁: 422 - 422   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Books

  16. 28aED-6 一軸性圧力によるモット絶縁体Ca_2RuO_4の金属化 : 磁性と面内異方性(Ru酸化物,領域8(強相関系分野:高温超伝導,強相関f電子系など))

    谷口 晴香, 西村 佳悟, 米澤 進吾, 中村 文彦, 近藤 隆祐, 野上 由夫, 前野 悦輝  

    日本物理学会講演概要集68 巻 ( 2 ) 頁: 589 - 589   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Books

  17. 27pXH-8 モット絶縁体Ca_2RuO_4への面内一軸性圧力効果(27pXH ルテニウム酸化物,領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など))

    谷口 晴香, 西村 佳悟, 中村 壮智, Goh Swee K., 米澤 進吾, 中村 文彦, 前野 悦輝  

    日本物理学会講演概要集68 巻 ( 1 ) 頁: 653 - 653   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Books

  18. 29aPS-151 一軸性圧力下におけるルテニウム酸化物の四端子抵抗測定技術の開発(29aPS 領域8ポスターセッション(低温2:銅酸化物・鉄系超伝導他),領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など))

    西村 佳悟, 谷口 晴香, 中村 壮智, Goh Swee K., 米澤 進吾, 中村 文彦, 前野 悦輝  

    日本物理学会講演概要集68 巻 ( 1 ) 頁: 718 - 718   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Books

  19. 27pYF-4 一軸性圧力によるSr_2RuO_4とCa_2RuO_4の基底状態の変化(27pYF Ru酸化物,領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など))

    谷口 晴香, 石川 諒, Goh S. K., 米澤 進吾, 中村 文彦, 前野 悦輝  

    日本物理学会講演概要集67 巻 ( 1 ) 頁: 704 - 704   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Books

  20. 25aEF-2 一軸性圧力によるMott絶縁体Ca_2RuO_4の金属化と磁気転移(25aEF ルテニウム酸化物,領域8(強相関係:高温超伝導,強相関f電子系など))

    谷口 晴香, 石川 諒, Goh S. K., 米澤 進吾, 中村 文彦, 前野 悦輝  

    日本物理学会講演概要集66 巻 ( 1 ) 頁: 526 - 526   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Books

  21. 25pWB-2 一軸性圧力によるCa_2RuO_4の絶縁体-金属転移(25pWB Ru酸化物・Ti酸化物,領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など))

    谷口 晴香, 石川 諒, Goh S. K., 米澤 進吾, 中村 文彦, 前野 悦輝  

    日本物理学会講演概要集65 巻 ( 2 ) 頁: 596 - 596   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Books

  22. 20pGE-11 Sr_2RuO_4の超伝導オンセット温度の一軸性圧力による上昇(20pGE ルテニウム酸化物,領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など))

    谷口 晴香, 橘高 俊一郎, 米澤 進吾, 前野 悦輝  

    日本物理学会講演概要集65 巻 ( 1 ) 頁: 558 - 558   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Books

  23. 25aRK-12 Sr_2RuO_4の超伝導転移温度の一軸性圧力効果(ルテニウム酸化物,領域8,強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など)

    谷口 晴香, 橋高 俊一郎, 米澤 進吾, 前野 悦輝  

    日本物理学会講演概要集64 巻 ( 2 ) 頁: 410 - 410   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Books

▼全件表示

講演・口頭発表等 123

  1. 擬一次元構造を持つ遷移金属カルコゲナイドの単結晶育成と物性評価

    矢野力三, 高橋智紀, 奥田大貴, 谷口晴香, 笹川崇男A, 柏谷聡

    日本物理学会第78回年次大会  2023年9月19日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学  

  2. トポロジカル絶縁体FeドープBiSbTe2Seの磁場中輸送特性と表面電子状態

    反田剛, 矢野力三, ○谷口晴香, 林時温, 中河西翔, 廣瀬陽代A, 笹川崇男A, 柏谷聡

    日本物理学会第78回年次大会  2023年9月18日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学  

  3. ダブルペロブスカイト表面における水のダイナミクス

    西館数芽, 佐藤創, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行, 長谷川正之

    日本物理学会2023年春季大会  2023年3月22日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  4. ダブルペロブスカイト酸化物Ba2Ce(Bi,Sb)O6の合成と物性評価

    荒木田南実, Dayal Chandra Roy, 米内孝徳, 松川倫明, 酒匂花子, 秦一斗, 谷口晴香, 松下明行, Zhang Kun

    日本物理学会2023年春季大会  2023年3月24日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  5. 放電プラズマ焼結法によるLa1-xYxMO3 (M = Mn,Fe)の合成と物性評価

    川原田尚久, 谷口晴香, 小林翔真, 上野健斗, 西館数芽, 松川倫明

    日本物理学会2023年春季大会  2023年3月24日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  6. 多結晶CaMn0.85Sb0.15O3の密度比向上と誘電特性の評価 国際共著

    栗橋仁志, 谷口晴香, 港川大成, 上野智也, 小林悟, 松川倫明, R Suryanarayanan

    日本物理学会2023年春季大会  2023年3月24日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  7. Ce置換PrBa2Cu4O8系銅酸化物の合成と物性評価

    新沼広大, 寺村壮玄, 羽川征秀, 松川倫明, 谷口晴香, 佐々木孝彦

    日本物理学会2023年春季大会  2023年3月24日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  8. ダブルペロブスカイトBa2PrBiO6の仕事関数とバンドギャップ:第一原理計算

    西館数芽, 佐藤創, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行A, 長谷川正之

    日本物理学会2022年秋季大会  2022年9月14日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学  

  9. ペロブスカイト酸化物Ba(Bi,Sb)O3の合成と物性評価 国際共著

    米内孝徳, Dayal Chandra Roy, 荒木田南実, 松川倫明, 谷口晴香, 西館数芽, 松下明行A, Zhang KunA

    日本物理学会2022年秋季大会  2022年9月14日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学  

  10. Ca置換PrBa2Cu4O8系銅酸化物の合成と磁場中輸送特性

    寺村壮玄, 新沼広大, 羽川征秀, 松川倫明, 谷口晴香, 萩原亮, 佐々木孝彦

    日本物理学会2022年秋季大会  2022年9月14日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学  

  11. 電子ドープ系CaMn0.85Sb0.15O3のゾルゲル法による純良化と誘電特性の評価 国際共著

    港川大成, 谷口晴香, 栗橋仁志, 小林悟, 松川倫明, R.Suryanarayanan

    日本物理学会2022年秋季大会  2022年9月14日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学  

  12. 放電プラズマ焼結法によるダブルペロブスカイト酸化物の合成

    谷口晴香, 川原田尚久, 西館数芽, 松川倫明

    日本物理学会2022年秋季大会  2022年9月14日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学  

  13. ダブルペロブスカイトBa2PrBiO6の第一原理分子動力学計算

    佐藤創, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行A, 長谷川正之, 西館数芽

    日本物理学会2022年秋季大会  2022年9月12日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学  

  14. Pr2Ba4Cu7O15銅酸化物の高Tc試料の合成と磁場中輸送特性

    寺村壮玄, 千崎達也, 松川倫明, 谷口晴香, 萩原亮, 佐々木孝彦

    日本物理学会第77回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  15. ダブルペロブスカイト酸化物Ba2Tb(Bi,Sb)O6の機械学習による探索と光触媒特性の最適化

    米内孝徳, Dayal Chandra Roy, 辻峻介, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行A, Zhang KunA

    日本物理学会第77回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  16. ダブルペロブスカイトBa2PrBiO6表面の電子状態:第一原理計算

    西館数芽, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行A, 長谷川正之

    日本物理学会第77回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  17. ゾルゲル法で合成したダブルペロブスカイトLaYFe2O6の誘電特性と光触媒活性

    谷口晴香, 遠山友貴, 港川大成, 松川倫明

    日本物理学会第77回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  18. アンダードープBi-2223単結晶における負の電気抵抗の観測

    渡辺孝夫, 山口隼平, 小杉健太, 佐々木菜絵, 足立伸太郎A, 藤井武則B, 谷口晴香C, 松川倫明C, 巴山顕D, 掛谷一弘D

    日本物理学会第77回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  19. 電子ドープ型マンガン酸化物CaMn0.85Sb0.15O3のポーラロン秩序への物理圧力効果

    港川大成, 谷口晴香, 遠山友貴, 小林悟, 松川倫明, R SuryanarayananA

    日本物理学会第77回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  20. AサイトダブルペロブスカイトLaYB2O6の合成と物性評価

    遠山友貴, 谷口晴香, 港川大成, 日景大雅, 宮脇一綺, 松川倫明

    日本物理学会2021年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  21. citrate-pyrolysis前駆体法を用いた単一相 R247系(R:Y or Pr)の合成手法

    萩原亮, 戸波勇人, 藤井勇輔, 出口博之A, 久田旭彦B, 小山晋之B, 谷口晴香C, 松川倫明C

    日本物理学会2021年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  22. Ca置換PrBa2Cu4O8系銅酸化物の相図と熱輸送特性

    千崎達也, 寺村壮玄, 松川倫明, 谷口晴香, 萩原亮A, 佐々木孝彦B

    日本物理学会2021年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  23. ダブルペロブスカイトBa2PrBiO6表面における水分子の反応性:第一原理計算

    西館数芽, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行A, 長谷川正之

    日本物理学会2021年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  24. ダブルペロブスカイト酸化物Ba2Tb(Bi,Sb)O6の相図作成と価数状態

    辻峻介, 米内孝徳, 松川倫明, 谷口晴香, 會澤純雄, 松下明行A, Zhang KunA

    日本物理学会2021年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  25. 超アンダードープBi-2223単結晶の作製と磁場中輸送特性

    渡辺孝夫, 佐々木菜絵, 山口隼平, 小杉健太, 足立伸太郎A, 掛谷一弘B, 藤井武則C, 谷口晴香D, 松川倫明D

    日本物理学会2021年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  26. 金属二重鎖超伝導体Pr2Ba4Cu7O15-dにおける鎖間距離の非単調な圧力依存性と磁気抵抗効果

    谷口晴香, 中六角有矢, 高橋陸, 村上真俊, 中山敦子, 松川倫明, 中野智志A, 萩原亮B, 佐々木孝彦

    日本物理学会2021年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. 二層型マンガン酸化物(La0.4Pr0.6)1.2Sr1.8Mn2O7の残留磁気比熱の磁場中緩和効果

    中村悠馬, 谷口晴香, 松川倫明, R. Suryanarayanan

    日本物理学会第71回年次大会 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  28. Ca置換PrBa2Cu4O8系銅酸化物の相図と熱輸送特性

    本波和真, 松川倫明, 谷口晴香, 萩原亮, 佐々木孝彦, 高橋弘紀

    日本物理学会 2020年秋季大会  2020年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  29. CaMnO3単結晶の育成およびCaMn0.8Sb0.2O3多結晶の誘電率測定

    谷口晴香, 照井晶大, 佐々木菜絵, 安川あけみ, 松川倫明, 渡辺孝夫

    北東北女性研究者☆研究・交流フェア  2017年3月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  30. CaMnO3単結晶の基礎物性と誘電特性

    谷口晴香, 照井晶大, 小野寺勘, 中六角有矢, 佐々木菜絵, 小林悟, R. Suryanarayanan

    日本物理学会2017年秋季大会  2017年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  31. CaMn1-xSbxO3の熱力学物性へのSb置換効果

    谷口晴香, 照井晶大, 小林悟, R. Suryanarayanan, 松川倫明

    日本物理学会第73回年次大会  2018年3月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  32. CaMn0.8Ru0.2O3のSr置換効果と電子相図

    倉内達也, 谷口晴香, 小林悟, 松川倫明

    日本物理学会2016年秋季大会  2016年9月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  33. CaMn0.8Ru0.2O3におけるMnとRuの価数および磁気特性に対するSr置換効果

    倉内達也, 高慶午, 照井晶大, 谷口晴香, 松川倫明

    日本物理学会第71回年次大会  2016年3月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  34. CaMn0.85Sb0.15O3の誘電率の周波数依存性と圧力効果

    谷口晴香, 定光健介, 遠山友貴, 港川大成, 小林悟, 松川倫明, R. Suryanarayanan

    日本物理学会 第76回年次大会(2021年)  2021年3月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  35. CaMn0.85Sb0.15O3における負の磁気誘電効果とポーラロン緩和

    谷口晴香, 定光健介, 小林悟, 松川倫明, R. Suryanarayanan, 佐々木菜絵, 山口隼平, 渡辺孝夫

    日本物理学会 2020年秋季大会  2020年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  36. Bサイトを置換したダブルペロブスカイト Ba2Pr(Bi, Sb)O6 の電子状態計算

    西館数芽, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行, 谷林慧, 長谷川正之

    日本物理学会2019年秋季大会  2019年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  37. Bi-richなBi-2212単結晶の輸送特性III

    渡辺孝夫, 川村圭輔, 山口隼平, 佐々木菜絵, 藤井武則A, 木村尚次郎B, 谷口晴香C, 中西良樹C, 吉澤正人C, 三宅厚志D, 金道浩一D, 巴山顕E, 掛谷一弘E

    日本物理学会第74回年次大会  2019年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  38. Bi-richなBi-2212単結晶の輸送特性(II)

    川村圭輔, 山口隼平, 佐々木菜絵, 藤井武則A, 木村尚次郎B, 谷口晴香C, 中西良樹C, 吉澤正人C, 三宅厚志D, 金道浩一D, 渡辺孝夫

    日本物理学会2018年秋季大会  2018年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  39. Bi-richなBi-2212単結晶の輸送特性

    川村圭輔, 佐々木菜絵, 藤井武則, 伊藤利充, 木村尚次郎, 足立伸太郎, 谷口晴香, 中西良樹, 吉澤正人, 渡辺孝夫

    日本物理学会第73回年次大会  2018年3月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  40. Bi-2223単結晶の面内抵抗率・ホール係数・磁気抵抗 (II)

    山口隼平, 佐々木菜絵, 足立伸太郎, 藤井武則, 木村尚次郎, 野地尚, 谷口晴香, 松川倫明, 三宅厚志, 金道浩一, 渡辺孝夫

    日本物理学会第75回年次大会  2020年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  41. Bi-2223単結晶の面内抵抗率・ホール係数・磁気抵抗

    山口隼平, 佐々木菜絵, 足立伸太郎, 藤井武則, 木村尚次郎, 谷口晴香, 松川倫明, 三宅厚志, 金道浩一, 渡辺孝夫

    日本物理学会2019年秋季大会  2019年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  42. Ba2PrBiO6とその関連物質のバンド計算

    西館数芽, 青山修也, 鹿岩潤, 松川倫明, 谷口晴香, 山下毅, 谷林慧, 長谷川正之

    日本物理学会2017年秋季大会  2017年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  43. Ba2PrBi1-xSbxO6の第一原理電子構造計算

    西館数芽, 青山修也, 松川倫明, 谷口晴香, 谷林慧A, 長谷川正之

    日本物理学会2018年秋季大会  2018年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  44. 電子ドープ型マンガン酸化物CaMn1-xSbxO3の誘電率の温度特性と磁気転移

    高橋秀典, 古川諄哉, 谷口晴香, 小林悟, 松川倫明, R・Suryanarayanan

    日本物理学会2015年秋季大会  2015年9月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  45. 電着法によるPr2Ba4Cu7O15超伝導膜の作製と磁場配向

    熊谷凌, 松川倫明, 谷口晴香, 萩原亮A

    日本物理学会2018年秋季大会  2018年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  46. 電着法によるPr2Ba4Cu7O15銅酸化物の合成と物性評価

    熊谷凌, 中六角有矢, 佐藤優至, 宇井幸一, 谷口晴香, 松川倫明, 萩原亮

    日本物理学会2017年秋季大会  2017年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  47. 電着法によるPr2Ba4Cu7O15銅酸化物の酸素アニールによる物性評価

    熊谷凌, 中六角有矢, 佐藤優至, 宇井幸一, 谷口晴香, 松川倫明, 萩原亮

    日本物理学会第73回年次大会  2018年3月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  48. 電荷整列マンガン酸化物Ca1-xSrxMn0.8Sb0.2O3の電気磁気効果に対するSr置換効果

    照井晶大, 谷口晴香, 高橋秀典, 小林悟, 松川倫明, R. Suryanarayanan

    日本物理学会第72回年次大会  2017年3月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  49. 電荷整列マンガン酸化物Ca1-xSrxMn1-ySbyO3の誘電特性における磁場効果

    谷口晴香, 高橋秀典, 小林悟, 松川倫明, R. Suryanarayanan

    日本物理学会2016年秋季大会  2016年9月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  50. 電荷整列マンガン酸化物CaMn0.85Sb0.15O3多結晶の誘電異常とサイズ効果

    定光健介, 谷口晴香, 伊藤達博, 小林悟, 松川倫明, R Suryanarayanan

    日本物理学会2019年秋季大会  2019年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  51. 電荷整列マンガン酸化物CaMn1-xSbxO3の電気磁気効果に対するSb置換効果

    照井晶大, 谷口晴香, 高橋秀典, 小林悟, 松川倫明, R Suryanarayanan

    日本物理学会2017年秋季大会  2017年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  52. 電荷整列型マルチフェロイクスCa1-xSrxMn1-ySbyO3の電荷-スピン結合に対するSb置換効果

    谷口晴香, 照井晶大, 高橋秀典, 小林悟, 松川倫明, R. Suryanarayanan

    日本物理学会第72回年次大会  2017年3月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  53. 電荷整列系Ca1-xSrxMn0.8Sb0.2O3の熱物性

    谷口晴香, 佐藤景介, 照井晶大, 松川倫明

    日本物理学会第74回年次大会  2019年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  54. 電荷整列系CaMn0.85Sb0.15O3の誘電異常への化学圧力効果

    谷口晴香, 定光健介, 小林悟, 松川倫明, R Suryanarayanan

    日本物理学会第75回年次大会  2020年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  55. 電荷整列系CaMn0.85Sb0.15O3の誘電異常への物理圧力効果

    定光健介, 谷口晴香, 遠山友貴, 吉田一智, 小林悟, 松川倫明, R Suryanarayanan

    日本物理学会第75回年次大会  2020年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  56. 電荷整列系CaMn0.88Sb0.12O3単結晶の誘電特性と磁気特性

    谷口晴香, 定光健介, 佐藤優香, 伊藤達博, 小林悟, 松川倫明, 山口隼平, 佐々木菜絵, 渡辺孝夫, R Suryanarayanan

    日本物理学会2019年秋季大会  2019年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  57. Control of the electronic state of Ca2RuO4 by uniaxial pressure 国際会議

    R. Ishikawa, H. Taniguchi, S. K. Goh, S. Yonezawa, F. Nakamura, Y. Maeno

    26th International Conference on Low Temperature Physics  2011年8月10日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  58. レーザー励起型角度分解光電子分光で同定するルテニウム酸化物Sr2RuO4の電子-モードカップリング

    明比俊太朗, 近藤猛, 中山充大, Walid Malaeb, 石田行章, 谷口晴香, 前野悦輝, 中辻知, 辛埴

    日本物理学会2015年秋季大会  2015年9月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  59. レーザースピン分解ARPESで観察するSr2RuO4の表面電子状態

    明比俊太朗, 近藤猛, 黒田健太, 中山充大, 矢治光一郎, 原沢あゆみ, 谷口晴香, 前野悦輝, 小森文夫, 辛埴

    日本物理学会2016年秋季大会  2016年9月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  60. レーザースピン分解 ARPES を用いたSr2RuO4表面状態のスピン軌道結合の観測

    明比俊太朗, 黒田健太, 中山充大, 矢治光一郎, 原沢あゆみ, 谷口晴香, 前野悦輝, 小森文夫, 近藤猛, 辛埴

    日本物理学会第72回年次大会  2017年3月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  61. モット絶縁体Ca2RuO4への面内一軸性圧力効果

    谷口晴香, 西村佳悟, 中村壮智, S. K. Goh, 米澤進吾, 中村文彦, 前野悦輝

    日本物理学会 第68回年次大会  2013年3月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  62. ペロブスカイト型マンガン酸化物CaMn1-xSbxO3の磁化反転の起源の解明

    関川曉, 石井祐太, 山本孟, 木村宏之, 谷口晴香, 松川倫明, 東正樹, 本田孝志, 大友季哉, 佐賀山基

    日本物理学会2019年秋季大会  2019年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  63. ペロブスカイト型マンガン酸化物CaMn1-xSbxO3の構造と磁性

    関川曉, 石井祐太, 山本孟, 木村宏之, 谷口晴香A, 松川倫明A, 尾形昂洋B, 東正樹B, 本田孝志C, 大友季哉C

    日本物理学会2018年秋季大会  2018年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  64. ダブルペロブスカイト酸化物Ba2TbBiO6のSb置換効果と物性評価

    辻峻介, 佐藤愛里沙, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行, Zhang Kun

    日本物理学会 第76回年次大会(2021年)  2021年3月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  65. ダブルペロブスカイト酸化物Ba2Tb(Bi,Sb)O6の合成と物性評価

    佐藤愛里沙, 伊藤豊, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行, Zhang Kun

    日本物理学会第75回年次大会  2020年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  66. ダブルペロブスカイト酸化物Ba2PrBiO6の置換効果と磁性

    古川諄哉, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行

    日本物理学会2016年秋季大会  2016年9月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  67. ダブルペロブスカイト酸化物Ba2Pr(Bi,Sb)O6の価数共存状態と光触媒効果

    佐藤愛里沙, 辻峻介, 松川倫明, 谷口晴香, 西館数芽, 會澤純雄, 松下明行, Zhang Kun

    日本物理学会 2020年秋季大会  2020年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  68. ダブルペロブスカイト酸化物Ba2Pr(Bi,Sb)O6のサイトレイト法による合成と物性評価

    佐藤愛里沙, 伊藤豊, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行

    日本物理学会2019年秋季大会  2019年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  69. ダブルペロブスカイト系Ba2Pr(Bi1-xSbx)O6の置換効果とバンドギャップ制御

    伊藤豊, 小野寺勘, 松川倫明, 谷口晴香, 西館数芽, 松下明行A

    日本物理学会2018年秋季大会  2018年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  70. ダブルペロブスカイト系Ba2Pr(Bi1-xSbx)O6の光触媒特性に対する置換効果

    小野寺勘, 古川諄哉, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行

    日本物理学会2017年秋季大会  2017年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  71. ダブルペロブスカイト新物質の合成と物性評価

    遠山友貴, 谷口晴香, 定光健介, 日景大雅, 宮脇一綺, 松川倫明

    日本物理学会 第76回年次大会(2021年)  2021年3月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  72. ダブルペロブスカイトBa2Pr(Bi1-xSbx)O6の置換効果と光学特性

    小野寺勘, 古川諄哉, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行

    日本物理学会第72回年次大会  2017年3月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  73. ダブルペロブスカイト Ba2PrBiO6 のBサイト置換効果:第一原理電子構造計算

    西館数芽, アシィアディコ, 三田宙知, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行, 谷林慧, 長谷川正之

    日本物理学会 2020年秋季大会  2020年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  74. ダブルペロブスカイト Ba2Pr(Bi, Sb)O6 のハイブリッド汎関数によるバンド計算

    アシィ アディコ, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行, 谷林慧, 長谷川正之, 西館数芽

    日本物理学会第75回年次大会  2020年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  75. オーバードープBi-2223単結晶の面内抵抗率・ホール係数・磁気抵抗

    山口隼平, 佐々木菜絵, 足立伸太郎, 藤井武則, 野地尚, 谷口晴香, 松川倫明, 三宅厚志, 石川孟, 金道浩一, 渡辺孝夫

    日本物理学会 2020年秋季大会  2020年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  76. エネルギー問題の解決を目指した、強相関d電子系酸化物における機能性材料の開拓

    谷口晴香, 江居宏美, 渡辺孝夫, 中山敦子

    北東北女性研究者研究・交流フェア2018  2018年9月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  77. アンダードープBi-2223の磁場中輸送特性

    山口隼平, 佐々木菜絵, 川村圭輔, 足立伸太郎A, 藤井武則B, 木村尚次郎, 伊藤利充D, 谷口晴香E, 中西良樹E, 吉澤正人E, 三宅厚志F, 金道浩一F, 渡辺孝夫

    日本物理学会2018年秋季大会  2018年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  78. 「- エネルギー問題の解決を目指した、強相関d電子系酸化物における機能性材料の開拓 - 電荷整列型マルチフェロイクスの単結晶化と異方性解明に向けて」

    谷口晴香, 中山敦子, 松川倫明, 照井晶大, 小野寺勘, 中六角有矢, 安川あけみ, 渡辺孝夫, 佐々木菜絵, 山口隼平

    北東北女性研究者 研究・交流フェア2017  2017年9月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  79. Uniaxial pressure effects on Sr2RuO4 and Ca2RuO4 国際会議

    H. Taniguchi, R. Ishikawa, S. Kittaka, S. Yonezawa, F. Nakamura, S. K. Goh, Y. Maeno

    Strongly Correlated Electron Systems 2011  2011年8月29日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  80. The magnetic anomaly and the thermodynamic properties of the charge-ordered system Ca1-xSrxMn1-ySbyO3 国際会議

    H. Taniguchi, A. Terui, S. Kobayashi, M. Matsukawa, R. Suryanarayana

    International Conference on Magnetism 2018  2018年7月15日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  81. TeアニールされたFeTe1-xSex単結晶の超伝導揺らぎの開始温度

    渡辺孝夫, 上薗優, 富取洋俊, 原田圭市, 谷口晴香, 松川倫明, 中西良樹, 吉澤正人, 藤井武則

    日本物理学会 第76回年次大会(2021年)  2021年3月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  82. TeアニールFeTe1-xSex単結晶の輸送特性:Se濃度依存性

    上薗優, 谷口晴香, 中西良樹, 吉澤正人, 木村尚次郎, 渡辺孝夫

    日本物理学会第75回年次大会  2020年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  83. Sr2RuO4の超伝導転移温度の一軸性圧力効果

    谷口晴香, 橘高俊一郎, 米澤進吾, 前野悦輝

    日本物理学会2009年秋季大会  2009年9月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  84. Sr2RuO4の超伝導オンセット温度の一軸性圧力による上昇

    谷口晴香, 橘高俊一郎, 米澤進吾, 前野悦輝

    日本物理学会2010年第65回年次大会  2010年3月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  85. Sr2RuO4の超伝導への一軸性圧力効果の異方性

    谷口晴香, 西村佳悟, Swee K. Goh, 米澤進吾, 前野悦輝

    日本物理学会2014年秋季大会  2014年9月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  86. Slow thermodynamics in the phase separated state of the bilayered manganite (La0.4Pr0.6)1.2Sr1.8Mn2O7 国際会議

    H. Taniguchi, Y. Nakamura, H. Takahashi, T. Konno, M. Matsukawa, R. Suryanarayanan

    20th International Conference on Magnetism  2015年7月5日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  87. Pressure enhanced superconducting phase of the metallic double chain compound Pr2Ba4Cu7O15-x 国際会議

    R. Kumagai, H. Taniguchi, M. Matsukawa, M. Hagiwara, T. Sasaki

    International Conference on Magnetism 2018  2018年7月15日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  88. Pr2Ba4Cu7O15超伝導良質試料の磁場中電気抵抗と熱的特性

    千崎達也, 本波和真, 松川倫明, 谷口晴香, 萩原亮, 佐々木孝彦

    日本物理学会 第76回年次大会(2021年)  2021年3月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  89. Pr2Ba4Cu7O15超伝導体の磁場配向膜の作製と良質試料のホール係数評価

    本波和真, 松川倫明, 谷口晴香, 萩原亮, 佐々木孝彦, 高橋弘紀

    日本物理学会第75回年次大会  2020年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  90. Pr2Ba4Cu7O15超伝導体の合成とホール係数の圧力効果

    本波和真, 松川倫明, 谷口晴香, 萩原亮, 佐々木孝彦

    日本物理学会2019年秋季大会  2019年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  91. PbドープしたBi-2212単結晶のホール係数

    原田圭市, 寺本祐基, 山口隼平, 伊高健治, 藤井武則, 谷口晴香, 松川倫明, 渡辺孝夫

    日本物理学会第75回年次大会  2020年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  92. PbドープBi-2212単結晶におけるコヒーレント転移の観測

    原田圭市, 寺本祐基, 山口隼平, 伊高健治, 藤井武則, 谷口晴香, 松川倫明, 石川孟, 金道浩一, 渡辺孝夫

    日本物理学会 2020年秋季大会  2020年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  93. PbドープBi-2212で観測された二つの擬ギャップについて

    原田圭市, 松田慎太郎, 寺本祐基, 臼井友洋, 伊高健治, 藤井武則, 谷口晴香, 松川倫明, 石川孟, 金道浩一, 渡辺孝夫, 野地尚

    日本物理学会 第76回年次大会(2021年)  2021年3月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  94. Magnetic-field-sensitive dielectric anomaly of the electron-doped manganite CaMn1-xSbxO3 国際会議

    H. Taniguchi, H. Takahashi, A. Terui, S. Kobayashi, M. Matsukawa, R. Suryanarayanan

    International Conference on Magnetism 2018  2018年7月15日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  95. Magnetic-field effect on the dielectric properties of the electron doped manganite Ca1-xSrxMn1-ySbyO3 国際会議

    H. Taniguchi, H. Takahashi, S. Kobayashi, M. Matsukawa, R. Suryanarayanan

    9th International Conference on Physics and Applications of Spin-Related Phenomena in Solids  2016年8月8日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  96. Magnetic, thermodynamic and optical properties of Sb-substituted Ba2PrBiO6 double perovskite oxides 国際会議

    K. Onodera, T. Kogawa, M. Matsukawa, H. Taniguchi, K. Nishidate, A. Matsushita, M. Shimoda

    28th International Conference on Low Temperature Physics  2017年8月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  97. Magnetic states and band gaps of Ba2Pr(Bi,Sb)O6 double perovskite oxide compounds 国際会議

    K. Onodera, H. Taniguchi, M. Matsukawa, K. Nishidate, A. Matsushita

    International Conference on Magnetism 2018  2018年7月15日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  98. Dielectric anomaly and magnetoelectric effect in the charge-ordered manganite Ca1-xSrxMn0.85Sb0.15O3 国際会議

    H. Taniguchi, H. Takahashi, A. Terui, S. Kobayashi, M. Matsukawa, R. Suryanarayanan

    28th International Conference on Low Temperature Physics  2017年8月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  99. 一軸性圧力によるCa2RuO4の絶縁体-金属転移

    谷口晴香, 石川諒, Swee K. Goh, 米澤進吾, 中村文彦, 前野悦輝

    日本物理学会2010年秋季大会  2010年9月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  100. 電子ドープ型マンガン酸化物Ca1-xSrxMn0.85Sb0.15O3の磁場中誘電率

    谷口晴香, 高橋秀典, 小林悟, 松川倫明, R・Suryanarayanan

    日本物理学会第71回年次大会  2016年3月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  101. 電子ドープマンガン酸化物CaMn0.85Sb0.15O3の磁気・誘電特性への圧力効果

    定光健介, 谷口晴香, 遠山友貴, 吉田一智, 小林悟, 松川倫明, R. Suryanarayanan

    日本物理学会 2020年秋季大会  2020年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  102. 金属二鎖重系Pr2Ba4Cu7O15-δ超伝導体の輸送特性の圧力効果

    中六角有矢, 桑原成彬, 熊谷凌, 松川倫明, 谷口晴香, 萩原亮, 佐々木孝彦, 大野義章, 佐野和博

    日本物理学会2017年秋季大会  2017年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  103. 金属二鎖重系Pr2Ba4Cu7O15-δ超伝導体の圧力下の磁気輸送特性

    中六角有矢, 熊谷凌, 松川倫明, 谷口晴香, 萩原亮, 佐々木孝彦, 大野義章, 佐野和博

    日本物理学会第73回年次大会  2018年3月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  104. 金属二重鎖系超伝導体Pr2Ba4Cu7O15の磁場中比熱と磁気輸送特性の圧力効果

    谷口晴香, 菅原佳祐, 今野嵩久, 小林悟, 松川倫明, 萩原亮, 佐々木孝彦, 松下明行

    北東北若手物性研究会  2015年3月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  105. 金属二重鎖系Pr2Ba4Cu7O15超伝導体の磁化と輸送特性の圧力効果

    菅原佳祐, 今野嵩久, 谷口晴香, 小林悟, 松川倫明, 萩原亮, 佐々木孝彦, 松下明行

    日本物理学会第70回年次大会  2015年3月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  106. 金属二重鎖系Pr2Ba4Cu7O15-δ超伝導体の磁気抵抗の圧力効果

    菅原佳祐, 桑原成彬, 谷口晴香, 小林悟, 松川倫明, 萩原亮, 佐々木孝彦, 松下明行

    日本物理学会2015年秋季大会  2015年9月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  107. 金属二重鎖系Pr2Ba4Cu7O15-δ超伝導体の磁気抵抗の圧力依存性

    桑原成彬, 中六角有矢, 谷口晴香, 小林悟, 松川倫明, 萩原亮, 佐々木孝彦, 松下明行

    日本物理学会2016年秋季大会  2016年9月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  108. 金属二重鎖系Pr2Ba4Cu7O15-δの輸送特性の圧力効果

    桑原成彬, 菅原佳祐, 古川諄也, 谷口晴香, 小林悟, 松川倫明, 萩原亮, 佐々木孝彦, 松下明行

    日本物理学会第71回年次大会  2016年3月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  109. 金属二重鎖系Pr2Ba4Cu7O15-dの超伝導と結晶構造への圧力効果

    谷口晴香, 高橋陸, 村上真俊, 熊谷凌, 中山敦子, 松川倫明, 中野智志A, 萩原亮B, 佐々木孝彦, 大野義章D, 佐野和博E

    日本物理学会2018年秋季大会  2018年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  110. 金属二重鎖系Pr247超伝導体の磁場中輸送特性と電子相図

    今野嵩久, 菅原佳祐, 谷口晴香, 松川倫明, 萩原亮, 佐野和博, 大野義章, 佐々木孝彦

    日本物理学会2014年秋季大会  2014年9月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  111. 金属2鎖重系Pr2Ba4Cu7O15-δ超伝導体の磁気輸送特性の圧力効果

    中六角有矢, 桑原成彬, 松川倫明, 谷口晴香, 萩原亮, 佐々木孝彦, 大野義章, 佐野和博

    日本物理学会第72回年次大会  2017年3月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  112. 角度分解光電子分光で研究するルテニウム酸化物のコヒーレント-インコヒーレントクロスオーバー

    中山充大, 近藤猛, 谷口晴香, 吉田良行, 高木英典, 前野悦輝, 辛埴

    日本物理学会2016年秋季大会  2016年9月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  113. 磁気抵抗から観たアンダードープBi-2223の超伝導揺らぎ

    渡辺孝夫, 佐々木菜絵, 川村圭輔, 足立伸太郎, 藤井武則, 木村尚次郎, 伊藤利充, 谷口晴香, 中西良樹, 吉澤正人, 近藤晃弘, 金道浩一

    日本物理学会第73回年次大会  2018年3月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  114. 磁化反転型電子ドープマンガン酸化物の熱輸送特性

    高橋秀典, 青柳剛宏, 谷口晴香, 小林悟, 松川倫明, R. Suryanarayanan

    日本物理学会第70回年次大会  2015年3月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  115. 磁化反転を示す電子ドープ型マンガン酸化物の熱輸送特性

    青柳剛宏, 高橋秀典, 谷口晴香, 小林悟, 松川倫明, 二森茂樹, R. Suryanarayanan

    日本物理学会2014年秋季大会  2014年9月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  116. 機能性電子材料における新奇物性 ~低次元超伝導体への圧力効果 および 電荷整列由来の新型マルチフェロイクス~

    谷口晴香, 西村佳悟, Swee K. Goh, 米澤進吾, 前野悦輝, 桑原成彬, 松川倫明, 菅原佳祐, 松下明行, 萩原亮, 佐野和博, 大野義章, 佐々木孝彦, 高橋秀典, 照井晶大, 小林悟, R. Suryanarayanan

    弘前大学セミナー  2017年1月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  117. 層状マンガン酸化物(La0.4Pr0.6)1.2Sr1.8Mn2O7単結晶の磁場中比熱と緩和現象

    谷口晴香, 中村悠馬, 高橋秀典, 今野嵩久, 松川倫明, R. Suryanarayanan

    日本物理学会第70回年次大会  2015年3月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  118. 二層型マンガン酸化物(La0.4Pr0.6)1.2Sr1.8Mn2O7の残留磁気比熱の緩和効果

    谷口晴香, 中村悠馬, 松川倫明, R. Suryanarayanan

    日本物理学会2015年秋季大会  2015年9月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  119. 二層型マンガン酸化物(La0.4Pr0.6)1.2Sr1.8Mn2O7の残留磁気比熱の磁場中緩和効果

    中村悠馬, 谷口晴香, 松川倫明, R. Suryanarayanan

    日本物理学会第71回年次大会  2016年3月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  120. 一軸性圧力下におけるルテニウム酸化物の四端子抵抗測定技術の開発

    西村佳悟, 谷口晴香, 中村壮智, S. K. Goh, 米澤進吾, 中村文彦, 前野悦輝

    日本物理学会 第68回年次大会  2013年3月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  121. 一軸性圧力によるモット絶縁体Ca2RuO4の金属化 –磁性と面内異方性-

    谷口晴香, 西村佳悟, 米澤進吾, 中村文彦, 近藤隆祐, 野上由夫, 前野悦輝

    日本物理学会 2013年秋季大会  2013年9月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  122. 一軸性圧力によるSr2RuO4とCa2RuO4の基底状態の変化

    谷口晴香, 石川諒, 中村壮智, S. K. Goh, 米澤進吾, 中村文彦, 前野悦輝

    日本物理学会 第67回年次大会  2012年3月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  123. 一軸性圧力によるMott絶縁体Ca2RuO4の金属化と磁気転移

    谷口晴香, 石川諒, Swee K. Goh, 米澤進吾, 中村文彦, 前野悦輝

    日本物理学会 第66回年次大会  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費 5

  1. 可視光応答型ダブルペロブスカイト半導体薄膜の高機能化と光触媒物性の解明

    2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    松川 倫明, 谷口 晴香, 西館 数芽

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ホンダ・フジシマ効果を基礎として開発された光触媒技術は,有害化学物質の分解などの環境浄化や水分解などの持続可能な次世代のエネルギー技術として期待されている。
    酸化チタンに代わる光触媒材料として有望なダブルペロブスカイト型酸化物半導体の磁場配向薄膜試料を作製し,構造評価,磁気特性,電子状態、光学特性及び光触媒特性の評価を行う。さらに第一原理計算により当該物質の結晶構造から電子構造を推定し,光触媒特性の基礎物性と高機能化の条件を解明する。
    ホンダ・フジシマ効果を基礎として開発された光触媒技術は,有害化学物質の分解などの環境浄化や水分解などの持続可能な次世代のエネルギー技術として期待されている。本研究では,酸化チタンに代わる新規な光触媒物質として有望な可視光応答型ダブルペロブスカイト型酸化物半導体を創製し,その基礎物性を調査し,f電子の価数揺動と関連する異常な光触媒特性の機構解明を目的とする。
    2019年度は、Ba2PrBiO6母物質のBiサイトを元素置換した良質な粉末試料をサイトレイト法により作製し,結晶構造評価,磁気特性,電子状態,光学特性及び光触媒特性の評価を実行した。さらに第一原理計算により当該物質の結晶構造から電子構造を推定し,元素置換によるバンドギャップ制御,混合原子価型元素のキャリア再結合抑制効果および試料作製プロセスに依存する結晶粒の組織制御の3つの観点から光触媒特性の高機能化の条件を解明した。
    1.サイトレイト法作製により均一で微細な結晶粒を合成することが可能となった。特に結晶粒の微細化により比表面積が向上した。Sbの置換量に対する相図を作成し、低置換で単斜晶構造、極端ドープで菱面体構造、中間ドープ域で相分離状態をとることが分かった。
    2.磁気特性からPrイオンは3価と4価の価数共存状態をとり、XPSの結果とも一致する。また、この共存状態が電子とホールの再結合を抑制する電荷分離状態と密接に関係することを説明できるバンドモデルを提案した。
    3.ガスクロやメチレンブルー分解の実験より、可視光応答型の光触媒効果を実証し、特に高い触媒効果は試料作製プロセス、価数共存状態及びバンドギャップに密接に関係することが分かった。
    サイトレイト法作製により均一で微細な光触媒用結晶粒を合成することが可能となり、固相反応で作成した試料に比べ2倍以上高い触媒特性を示すことが分かった。また、
    Prイオンは3価と4価の価数共存状態をとり、この共存状態が電子とホールの再結合を抑制する電荷分離状態と密接に関係することをバンドモデルにより解明した。
    Ba2PrBiO6母物質のBiサイトを元素置換し,母物質の組成を制御した磁場配向薄膜試料を作製し,構造評価,磁気特性,電子状態、光学特性及び光触媒特性の評価を行う。

  2. 可視光応答型ダブルペロブスカイト型酸化物半導体の特異な光触媒特性とその機構解明

    2019年4月 - 2020年3月

    池谷科学技術振興財団  池谷科学技術振興財団助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 可視光応答型ダブルペロブスカイト酸化物半導体薄膜の創製と光触媒物性の解明

    2018年11月 - 2021年3月

    マツダ財団  第34回マツダ研究助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 電荷整列系マンガン酸化物における新型マルチフェロイクスの開拓

    2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    電荷整列系マンガン酸化物における新型マルチフェロイクスの開拓

  5. 一軸性圧力で誘起する新奇スピン三重項超伝導

    2012年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  特別研究員推奨費

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    一軸性圧力で誘起する新奇スピン三重項超伝導

産業財産権 2

  1. 熱電変換モジュールの製造方法(その1)

    福井輝美, 大住真一郎, 小野友里恵, 岩崎健, 藤代博之, 谷口晴香, 笹原隆太

     詳細を見る

    公開番号:特開2019-153663  公開日:2019年9月

  2. 熱電変換モジュールの製造方法(その2)

    福井輝美, 大住真一郎, 小野友里恵, 岩崎健, 谷口晴香, 笹原隆太, 藤代博之

     詳細を見る

    公開番号:特開2019-153664  公開日:2019年9月

 

担当経験のある科目 (本学以外) 10

  1. 特別研修

    2020年 - 2022年 岩手大学)

  2. 特別講義Ⅱ

    2018年 - 2022年 岩手大学)

  3. 物理・材料理工学基礎演習

    2016年 - 2022年 岩手大学)

  4. 物理・材料理工学実験Ⅱ

    2016年 - 2022年 岩手大学)

  5. 基礎ゼミナール

    2015年 - 2022年 岩手大学)

  6. 専門英語セミナー

    2014年 - 2022年 岩手大学)

  7. 特別研究

    2014年 - 2022年 岩手大学)

  8. 物理学実験

    2014年 - 2022年 岩手大学)

  9. フロンティア材料機能工学特別研修

    2014年 - 2019年 岩手大学)

  10. マテリアル工学実験Ⅱ

    2014年 - 2015年 岩手大学)

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. 女子学生のための理系進学セミナー

    役割:講師, 企画, 運営参加・支援

    日本物理学会名古屋支部  2023年6月