Updated on 2022/12/05

写真a

 
AGATA Ayumi
 
Organization
Graduate School of Bioagricultural Sciences Department of Plant Production Sciences Assistant Professor
Title
Assistant Professor
Contact information
メールアドレス
External link

Degree 1

  1. PhD (Agriculture) ( 2020.3   Nagoya University ) 

Research Interests 1

  1. 植物 形態形成 収量 環境応答 イネ

Research Areas 1

  1. Environmental Science/Agriculture Science / Science in plant genetics and breeding

Current Research Project and SDGs 1

  1. イネを用いた穂形態の多様性創出機構の理解と育種への応用

Research History 2

  1. Nagoya University   Assistant Professor

    2022.12

  2. 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所   ゲノム・進化研究系 植物遺伝研究室   研究員

    2020.4 - 2022.11

Education 3

  1. Nagoya University   Graduate School of Bioagricultural Sciences

    2017.4 - 2020.3

  2. Nagoya University   Graduate School of Bioagricultural Sciences

    2015.4 - 2017.3

  3. Nagoya University   School of Agricultural Sciences

    2011.4 - 2015.3

Professional Memberships 1

  1. 日本育種学会

Awards 11

  1. 日本育種学会 第142回講演会 優秀発表賞

    2022.9  

  2. 日本育種学会 第141回講演会 優秀発表賞

    2022.3  

  3. 日本育種学会 第140回講演会 優秀発表賞

    2021.9  

  4. 日本育種学会 第139回講演会 優秀発表賞

    2021.3  

  5. 日本育種学会 第136回講演会 優秀発表賞

    2019.9  

  6. 名古屋大学学術奨励賞

    2019.5  

  7. 2018年度 石原(志方)守一奨学金, 日本育種学会第135回講演会

    2019.3  

  8. Japan-Taiwan Plant Biology 2019, Presentation award

    2019.3  

  9. 名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム IGER Annual meeting 2018, Poster Award

    2019.1  

  10. 16th International Symposium on Rice Functional Genomics, The best Posters Prize

    2018.9  

  11. 日本育種学会 第133回講演会 優秀発表賞

    2018.3  

▼display all

 

Papers 3

  1. Collection, preservation and distribution of Oryza genetic resources by the National Bioresource Project RICE (NBRP-RICE) Reviewed

    Yutaka Sato, Katsutoshi Tsuda, Yoshiyuki Yamagata, Hiroaki Matsusaka, Hiromi Kajiya-Kanegae, Yuri Yoshida, Ayumi Agata, Kim Nhung Ta, Sae Shimizu-Sato, Toshiya Suzuki, Misuzu Nosaka-Takahashi, Takahiko Kubo, Shoko Kawamoto, Ken-Ichi Nonomura, Hideshi Yasui, Toshihiro Kumamaru

      Vol. 71 ( 3 ) page: 291 - 298   2021

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1270/jsbbs.21005

  2. Diverse panicle architecture results from various combinations of Prl5/GA20ox4 and Pbl6/APO1 alleles Reviewed

    Ayumi Agata, Koki Ando, Sadayuki Ota, Mikiko Kojima, Yumiko Takebayashi, Sayaka Takehara, Kazuyuki Doi, Miyako Ueguchi-Tanaka, Takamasa Suzuki, Hitoshi Sakakibara, Makoto Matsuoka, Motoyuki Ashikari, Yoshiaki Inukai, Hidemi Kitano, Tokunori Hobo

    Communications Biology   Vol. 3 ( 302 )   2020.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1038/s42003-020-1036-8

  3. Comprehensive panicle phenotyping reveals that qSrn7/FZP influences higher-order branching Reviewed

    Yasuko Fujishiro, Ayumi Agata, Sadayuki Ota, Ryota Ishihara, Yasumi Takeda, Takeshi Kunishima, Mayuko Ikeda, Junko Kyozuka, Tokunori Hobo, Hidemi Kitano

    Scientific Reports   Vol. 8 ( 12511 )   2018.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-30395-9

Presentations 25

  1. 野生イネ遺伝資源を用いた穂形態の多様性の評価

    縣 步美, 佐藤 豊

    日本育種学会 第142回講演会  2022.9.23 

  2. イネ強稈性を制御する遺伝子qGF1の同定および機能解析

    縣 步美, 石原 亮太, 黒羽 剛, 西谷 和彦, 佐藤 豊, 榊原 均, 芦苅 基行, 北野 英己, 保浦 徳昇

    日本育種学会 第141回講演会  2022.3.21 

  3. イネの穂形態を制御する3つの遺伝子の組み合わせが穂構造および収量関連形質に及ぼす影響

    縣 步美, 太田 自由, 佐藤 豊, 榊原 均, 芦苅 基行, 北野 英己, 保浦 徳昇

    日本育種学会 第140回講演会  2021.9.24 

  4. The regulatory mechanisms underlying diverse panicle branching pattern in rice

    Ayumi Agata

    2021.9.19 

  5. イネにおける穂の分枝パターンを制御するqPbn3の遺伝学的研究

    縣 步美, 武田 泰実, 太田 自由, 土井 一行, 犬飼 義明, 槇原 大悟, 佐藤 豊, 北野 英己, 保浦 徳昇

    日本育種学会 第139回講演会  2021.3.19 

  6. イネの多様な穂形態はPrl5/GA20ox4とPbl6/APO1のアリルの組み合わせによって形成される

    縣步美, 安藤考紀, 太田自由, 小嶋美紀子, 竹林裕美子, 竹原清日, 土井一行, 上口(田中)美弥子, 鈴木孝征, 榊原均, 松岡信, 芦苅基行, 犬飼義明, 北野英己, 保浦徳昇

    日本育種学会 第138回講演会  2020.10.10 

  7. イネの強稈性を制御するqGF1 に関する遺伝学的解析

    縣步美, 石原亮太, 黒羽剛, 西谷和彦, 北野英己, 保浦徳昇

    日本育種学会 第137回講演会  2020.3.29 

  8. 2つの遺伝子がイネの穂型を制御する

    縣步美, 保浦徳昇, 安藤考紀, 太田自由, 小嶋美紀子, 竹林裕美子, 竹原清日, 土井一行, 上口(田中)美弥子, 鈴木孝征, 榊原均, 松岡信, 芦苅基行, 犬飼義明, 北野英己

    日本育種学会 第136回講演会  2019.9.7 

  9. イネの穂の分枝形成を制御するqPBN3の解析

    縣步美, 保浦徳昇, 土井一行, 犬飼義明, 槇原大悟, 北野英己

    日本育種学会 第135回講演会  2019.3.17 

  10. Two quantitative trait loci for panicle length influence panicle architecture in rice

    Ayumi Agata, Tokunori Hobo, Koki Ando, Yasuko Fujishiro, Takamasa Suzuki, Hitoshi Sakakibara, Sayaka Takehara, Miyako Ueguchi-Tanaka, Makoto Matsuoka, Kazuyuki Doi, Motoyuki Ashikari, Hidemi Kitano

    Japan-Taiwan Plant Biology 2019  2019.3.15 

  11. Two quantitative trait loci for panicle length influence panicle architecture in rice

    Ayumi Agata, Tokunori Hobo, Koki Ando, Yasuko Fujishiro, Takamasa Suzuki, Hitoshi Sakakibara, Sayaka Takehara, Miyako Ueguchi-Tanaka, Makoto Matsuoka, Kazuyuki Doi, Motoyuki Ashikari, Hidemi Kitano

    2019.3.13 

  12. 環境ストレス下におけるイネの穂の形態形成に関する遺伝学的解析

    縣步美, 保浦 徳昇, 太田 自由, 西内 俊策, 土井 一行, 犬飼 義明, 槇原 大悟, 北野 英己

    日本育種学会 第134回講演会  2018.9.23 

  13. Functional and genetic analyses identify a gene regulating panicle architecture in rice

    Ayumi Agata, Tokunori Hobo, Koki Ando, Yasuko Fujishiro, Mayuko Ikeda, Makoto Matsuoka, Kazuyuki Doi, Hidemi Kitano

    16th International Symposium on Rice Functional Genomics  2018.9.5 

  14. イネの穂の形態形成に関与する遺伝子qPBN3の機能解析

    縣步美, 保浦徳昇, 土井一行, 犬飼義明, 槇原大悟, 北野英己

    イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2018   2018.7.5 

  15. イネ長穂性を制御する遺伝子Prl5の機能解析

    縣步美, 保浦徳昇, 安藤考紀, 藤城靖子, 池田真由子, 松岡信, 土井一行, 北野英己

    日本育種学会 第133回講演会  2018.3.26 

  16. イネにおける穂の形態形成に関与する遺伝子座 qPBN3のファインマッピング

    縣步美, 保浦徳昇, 武田泰実, 石原亮太, 國島健, 藤城靖子, 太田自由, 土井美佑季, 土井一行, 犬飼義明, 槇原大悟, 北野英己

    日本育種学会 第132回講演会  2017.10.7 

  17. Identification of a gene controlling panicle architecture in rice

    Ayumi Agata, Tokunori Hobo, Koki Ando, Yasuko Fujishiro, Mayuko Ikeda, Makoto Matsuoka, Kazuyuki Doi, Hidemi Kitano

    Plant Biology 2017  2017.6.26 

  18. NERICAおよびアフリカ在来イネを用いた環境ストレスに対する応答評価

    縣步美, ジュベンシア ディミトリ ステラ, 保浦徳昇, 太田自由, 土井一行, 犬飼義明, 槇原大悟, 北野英己

    日本育種学会 第131回講演会  2017.3.30 

  19. NERICA品種群およびアフリカ在来イネを用いた初期生育に関する葉形質の特性調査

    縣步美, ジュベンシア ディミトリ ステラ, 保浦徳昇, 土井一行, 犬飼義明, 槇原大悟, 北野英己

    日本育種学会 第130回講演会  2016.9.25 

  20. New Rice for Africa (NERICA)品種を用いた初期生育に関する葉形質の遺伝学的研究

    縣步美, 保浦徳昇, 太田自由, 土井一行, 犬飼義明, 槇原大悟, 北野英己

    日本育種学会 第129回講演会  2016.3.22 

  21. NERICAを用いた葉形質を制御するQTLの探索

    縣步美, 保浦徳昇, 太田自由, 土井一行, 犬飼義明, 槇原大悟, 北野英己

    日本育種学会 中部地区 談話会  2015.11.21 

  22. NERICAおよびアフリカ在来イネの畑作条件下における特性調査

    縣步美, 保浦徳昇, 國島健, 太田自由, 土井美佑季, 土井一行, 犬飼義明, 槇原大悟, 北野英己

    日本育種学会 第128回講演会  2015.9.12 

  23. Genetical analysis for leaf traits in rice using NERICA7

    Ayumi Agata, Tokunori Hobo, Yosuke Toda, Sadayuki Ota, Toshinori Kinoshita, Kazuyuki Doi, Yoshiaki Inukai, Daigo Makihara, Hidemi Kitano

    International ERATO Higashiyama Live-Holonics Symposium and Technical Workshop 2015  2015.8.27 

  24. NERICAの親系統 WAB181-18の一次枝梗数を制御する遺伝子のマッピング

    縣步美, 保浦徳昇, 武田泰実, 石原亮太, 國島健, 藤城靖子, 太田自由, 土井美佑季, 土井一行, 犬飼義明, 槇原大悟, 北野英己

    日本育種学会 第127回講演会  2015.3.22 

  25. NERICAの親系統 WAB181-18を用いた穂形質に関する遺伝学的解析

    縣步美, 保浦徳昇, 武田泰実, 石原亮太, 國島健, 藤城靖子, 太田自由, 土井美佑季, 土井一行, 犬飼義明, 槇原大悟, 北野英己

    日本育種学会 第126回講演会  2014.9.27 

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 2

  1. 野生イネが持つ花序形態環境可塑性の解明

    2020.12 - 2023.3

    国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)  ACT-X「環境とバイオテクノロジー」 

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  2. イネを用いた穂の形態形成メカニズム解明とその環境ストレスへの応答評価

    2017.8 - 2018.3

    名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム グリーン自然科学国際教育研究プログラム 独創的研究 

      More details

    Authorship:Principal investigator 

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 1

  1. 野生イネを用いた環境変化による穂の形態形成の制御機構の理解

    2021.4 - 2024.3

    日本学術振興会 科学研究費助成事業  若手研究 

      More details

    Authorship:Principal investigator 

 

Media Coverage 1

  1. 日本農業新聞 掲載 Newspaper, magazine

    日本農業新聞  日刊 (13面)  2018.3