2023/12/28 更新

写真a

イナガキ マサヒト
稲垣 雅仁
INAGAKI Masahito
所属
大学院理学研究科 理学専攻 化学 特任助教
職名
特任助教

学位 1

  1. 理学博士 ( 2019年3月   東北大学 ) 

研究キーワード 12

  1. 核酸化学

  2. 金属ナノ粒子を用いた化学反応

  3. 生理活性ヌクレオチド・ヌクレオシド

  4. 機能性RNAの化学合成

  5. 新規人工核酸の開発と核酸医薬への応用

  6. 刺激応答性人工核酸

  7. ペプチド固相合成

  8. ペプチド-核酸コンジュゲート

  9. ゲノム合成

  10. オリゴヌクレオチドの分析と精製

  11. mRNA医薬

  12. mRNAキャップアナログ

研究分野 5

  1. ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学

  2. ライフサイエンス / 生物有機化学  / 核酸化学

  3. ナノテク・材料 / 有機合成化学  / 生体関連化学

  4. ナノテク・材料 / ケミカルバイオロジー

  5. ライフサイエンス / 生物有機化学  / 核酸化学

経歴 5

  1. 名古屋大学   大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)   特任助教(阿部洋教授)

    2022年4月 - 現在

      詳細を見る

    備考:革新的先端研究開発支援事業(LEAP):化学を基盤としたmRNAの分子設計・製造法の革新とワクチンへの展開

  2. 名古屋大学   大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)   博士研究員(阿部洋教授)

    2020年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. カリフォルニア大学アーバイン校   Department of Pharmaceutical Sciences   上級客員研究員

    2019年10月 - 2020年2月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  4. 東北大学   多元物質科学研究所

    2019年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 東北大学   理学研究科   日本学術振興会特別研究員DC2

    2018年4月 - 2019年3月

所属学協会 5

  1. 有機合成化学協会

    2022年9月 - 現在

  2. 日本薬学会

  3. 日本核酸医薬学会

  4. 日本核酸化学会

  5. 日本化学会

委員歴 2

  1. 共益社団法人日本化学会 生体機能関 連化学部会・バイオテクノロジー部会   第13回 バイオ関連化学シンポジウム 学会運営実行委員  

    2019年9月   

  2. The 10th Chemistry Summer School of the Tohoku University Campus Asia   実行委員長  

    2017年   

受賞 9

  1. 「第18回わかしゃち奨励賞」基礎研究部門 最優秀賞

    2023年12月   愛知県経済産業局   mRNA 医薬のキャップ構造多様性が与える翻訳活性への影響解明

    稲垣雅仁

  2. ISNAC2023, Outstanding Oral Presentation Award

    2023年11月   Japan Society of Nucleic Acids Chemistry   Development of PureCap Method Toward Synthesis of Fully Capped Messenger RNA by In Vitro Transcription

    Masahito Inagaki

  3. 第17回バイオ関連化学シンポジウム講演賞

    2023年9月   日本化学会生体機能関連化学部会・日本化学会バイオテクノロジー部会   完全キャップ化mRNAの合成を可能とするPureCap法の開発と生物活性の評価

    稲垣雅仁

  4. JESEDAI Symposium Lectureship Award

    2023年5月   日本薬学会化学系薬学部会   Development of novel cap analogs that enable the production of fully capped messenger RNA therapeutics

    Masahito Inagaki

  5. BMC/BMCL賞

    2022年11月   公益社団法人 日本薬学会医薬化学部会   mRNAの完全化学合成を可能とする化学的キャップ化法の開発

    小川和哉, 稲垣雅仁, Zhenmin Li, 阿部奈保子, 木村康明, 阿部洋

  6. 甲南FIBER若い世代の特別講演会特別講演賞

    2022年2月   甲南大学先端生命工学研究所   Site-Specific Chemical Strand Cleavage of Oligonucleotides for Genome-Scale DNA Assembly

    稲垣雅仁

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  7. 甲南FIBER若い世代の特別講演会特別講演賞

    2022年2月   甲南大学先端生命工学研究所   Site-Specific Chemical Strand Cleavage of Oligonucleotides for Genome-Scale DNA Assembly

    稲垣雅仁

  8. ISNAC Outstanding Poster Award in 2021

    2021年11月   Japan Society of Nucleic Acids Chemistry   Metal Nanoparticles Induced Strand Cleavage of Oligonucleotides for Genome-Scale DNA Synthesis

    稲垣雅仁

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  9. 2020年「貴金属に関わる研究助成金」シルバー賞

    2021年4月   一般財団法人 田中貴金属記念財団   貴金属材料を利用したゲノム合成技術の開発と医療創薬応用

    稲垣雅仁

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

▼全件表示

 

論文 13

  1. Cell Reprogramming and Differentiation Utilizing Messenger RNA for Regenerative Medicine

    Masahito Inagaki

    Journal of Developmental Biology 2024   12 巻 ( 1 )   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

  2. Cell Reprogramming and Differentiation Utilizing Messenger RNA for Regenerative Medicine

    Masahito Inagaki

    Preprints   2023110233 巻   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   出版者・発行元:MDPI AG  

    The COVID-19 pandemic stimulated attention to the medicinal applications of messenger RNA (mRNA). mRNA is expected to be applied not only to vaccines but also to regenerative medicines. The purity of mRNA is important for its medicinal application. However, the current mRNA synthesis techniques have problems, e.g., contamination of undesired 5’-uncapped mRNA and double-stranded RNAs. Recently, our group developed a completely capped mRNA synthesis technology that contributed to the progress of mRNA research. The introduction of chemically modified nucleosides, e.g., N1-methylpseudouridine and 5-methylcytidine, have been demonstrated by Dr. Karikó and Dr. Weissman which opened the practical application of mRNA for vaccines and regenerative medicines. Dr. Yamanaka reported the production of Induced Pluripotent Stem Cells (iPSCs) by the introduction of 4 types of genes using a retrovirus vector. iPSCs are widely used for research about regenerative medicines and the preparation of disease models to screen new drug candidates. Of the Yamanaka factors, Klf4 and c-Myc are oncogenes, and there is a tumor development risk if these are integrated into genomic DNA. Therefore, regenerative medicines using mRNA, which has no risk of genome insertion, have attracted attention. In this review, we summarized the synthesis of mRNA and its application for regenerative medicine.

    DOI: 10.20944/preprints202311.0233.v1

  3. Potential Application of Oligonucleotide Therapeutics in SARS-CoV-2 Genomic RNA Knockdown

    Masahito Inagaki

    Biomedical Journal of Scientific & Technical Research (Biomed J Sci & Tech Res)   53 巻 ( 3 ) 頁: 45126 - 45133   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.26717/BJSTR.2023.53.008460

  4. The Effect of γ Phosphate Modified Deoxynucleotide Substrates on PCR Activity and Fidelity 国際誌

    Hashiya, F; Murase, H; Chandela, A; Hiraoka, H; Inagaki, M; Nakashima, Y; Abe, N; Nakamura, M; Terai, G; Kimura, Y; Ando, K; Oka, N; Asai, K; Abe, H

    CHEMBIOCHEM   24 巻 ( 14 ) 頁: e202200572   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ChemBioChem  

    Controlling PCR fidelity is an important issue for molecular biology and high-fidelity PCR is essential for gene cloning. In general, fidelity control is achieved by protein engineering of polymerases. In contrast, only a few studies have reported controlling fidelity using chemically modified nucleotide substrates. In this report, we synthesized nucleotide substrates possessing a modification on Pγ and evaluated the effect of this modification on PCR fidelity. One of the substrates, nucleotide tetraphosphate, caused a modest decrease in Taq DNA polymerase activity and the effect on PCR fidelity was dependent on the type of mutation. The use of deoxyadenosine tetraphosphate enhanced the A : T→G : C mutation dramatically, which is common when using Taq polymerase. Conversely, deoxyguanosine tetraphosphate (dG4P) suppressed this mutation but increased the G : C→A : T mutation during PCR. Using an excess amount of dG4P suppressed both mutations successfully and total fidelity was improved.

    DOI: 10.1002/cbic.202200572

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Sulfur magic in nucleic acid-based drug development

    Meng Zheyu, Masahito Inagaki, Hiroshi Abe

    Sulphuric acid and industry   76 巻 ( 6 ) 頁: 1 - 10   2023年6月

  6. Synthesis of nucleoside oligophosphates by electrophilic activation of phosphorothioate 査読有り

    Hasegawa, S; Inagaki, M; Kato, S; Li, ZM; Kimura, Y; Abe, H

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   21 巻 ( 19 ) 頁: 3997 - 4001   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Organic and Biomolecular Chemistry  

    We herein report a new synthetic method for nucleoside oligophosphates based on electrophilic activation of 5′-phosphorothioate nucleotides. The treatment of phosphorothioate with 2,4-dinitrochlorobenzene (DNCB) efficiently afforded the key activated species, electrophilic thioester nucleotides (EPT-Ns), which were coupled with various phosphate reagents to afford the target nucleoside oligophosphates, including an mRNA cap analog.

    DOI: 10.1039/d2ob02260e

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Cap analogs with a hydrophobic photocleavable tag enable facile purification of fully capped mRNA with various cap structures 査読有り 国際誌

    Inagaki, M; Abe, N; Li, ZM; Nakashima, Y; Acharyya, S; Ogawa, K; Kawaguchi, D; Hiraoka, H; Banno, A; Meng, ZY; Tada, M; Ishida, T; Lyu, P; Kokubo, K; Murase, H; Hashiya, F; Kimura, Y; Uchida, S; Abe, H

    NATURE COMMUNICATIONS   14 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 17   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Communications  

    Starting with the clinical application of two vaccines in 2020, mRNA therapeutics are currently being investigated for a variety of applications. Removing immunogenic uncapped mRNA from transcribed mRNA is critical in mRNA research and clinical applications. Commonly used capping methods provide maximum capping efficiency of around 80–90% for widely used Cap-0- and Cap-1-type mRNAs. However, uncapped and capped mRNA possesses almost identical physicochemical properties, posing challenges to their physical separation. In this work, we develop hydrophobic photocaged tag-modified cap analogs, which separate capped mRNA from uncapped mRNA by reversed-phase high-performance liquid chromatography. Subsequent photo-irradiation recovers footprint-free native capped mRNA. This approach provides 100% capping efficiency even in Cap-2-type mRNA with versatility applicable to 650 nt and 4,247 nt mRNA. We find that the Cap-2-type mRNA shows up to 3- to 4-fold higher translation activity in cultured cells and animals than the Cap-1-type mRNA prepared by the standard capping method.

    DOI: 10.1038/s41467-023-38244-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. External Stimulation-Responsive Artificial Nucleic Acids: Peptide Ribonucleic Acid (PRNA)-Programmed Assemblies 査読有り

    Masahito Inagaki, Takehiko Wada

    Handbook of Chemical Biology of Nucleic Acids (Springer Nature)   26 巻   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.1007/978-981-16-1313-5_93-1

  9. Cap analogs with a hydrophobic photocleavable tag enable facile purification of fully capped mRNA with various cap structures.

    Masahito Inagaki, Naoko Abe, Zhenmin Li, Yuko Nakashima, Susit Acharyya, Kazuya Ogawa, Daisuke Kawaguchi, Haruka Hiraoka, Ayaka Banno, Zheyu Meng, Mizuki Tada, Tatsuma Ishida, Pingxue Lyu, Kengo Kokubo, Hirotaka Murase, Fumitaka Hashiya, Yasuaki Kimura, Satoshi Uchida, Hiroshi Abe

    ChemRxiv     2022年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    Removing immunogenic uncapped mRNA from in vitro transcribed mRNA is critical in mRNA research and clinical applications. Commonly used capping methods provide a maximum capping efficiency of around 80-90% for widely used Cap-0- and Cap-1-type mRNAs. However, uncapped and capped mRNA possesses almost identical physicochemical properties, posing challenges to their physical separation. Herein, we developed hydrophobic photocaged tag-modified cap analogs, which separated capped mRNA from uncapped mRNA by reversed-phase HPLC. Subsequent photo-irradiation recovers footprint-free native capped mRNA. This approach provided 100% capping efficiency even in Cap-2-type mRNA with versatility applicable to 650 nt and 4,247 nt mRNA. The Cap-2-type mRNA showed up to 3 to 4-fold higher translational activity in cultured cells and animals than mRNA prepared by the standard capping method. Notably, the purification process simultaneously removed immunogenic double-stranded mRNA, another major contaminant of in vitro transcribed mRNA, drastically reducing mRNA immunogenicity in cultured cells.

    DOI: 10.26434/chemrxiv-2022-vfjt6

  10. 翻訳反応を最大化するための合成mRNAの分子設計

    稲垣 雅仁, 多田 瑞紀, 阿部 洋

    Drug Delivery System   37 巻 ( 3 ) 頁: 196 - 208   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本DDS学会  

    COVID-19パンデミックに対するワクチン療法としてmRNA医薬が注目されている。mRNA医薬は、RNAポリメラーゼを用いた<i>in vitro</i>転写反応によって製造されるが、その純度、安定性、タンパク質合成効率など多数の課題が指摘されている。mRNA医薬の問題点を解決するために、化学修飾核酸の導入が期待されている。しかしながら、化学修飾核酸をmRNAに導入するためには、<i>in vitro</i>転写反応においてRNAポリメラーゼによって正確に認識され取り込まれる必要があることから、自由な分子設計が困難である。今後、mRNA医薬の合成法の進歩により、複数の化学修飾を高度に導入できるようになり、自由な分子設計に基づく新たなmRNA医薬の設計指針の提案が必要である。そのような状況の中、筆者らはmRNAの翻訳反応機構に着目し、翻訳反応サイクルを加速しうる分子デザインの提案とその実証に成功したので紹介する。

    DOI: 10.2745/dds.37.196

    Scopus

    CiNii Research

  11. Design of Synthetic mRNAs for Highly Efficient Translation 招待有り 査読有り

    Masahito Inagaki, Mizuki Tada, Hiroshi Abe

    Drug Delivery System   37 巻 ( 3 ) 頁: 196 - 208   2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  12. Complete Chemical Synthesis of Minimal Messenger RNA by Efficient Chemical Capping Reaction 査読有り 国際誌

    Abe, N; Imaeda, A; Inagaki, M; Li, ZM; Kawaguchi, D; Onda, K; Nakashima, Y; Uchida, S; Hashiya, F; Kimura, Y; Abe, H

    ACS CHEMICAL BIOLOGY   17 巻 ( 6 ) 頁: 1308 - 1314   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Chemical Biology  

    Site-specific chemical modification of mRNA can improve its translational efficiency and stability. For this purpose, it is desirable to develop a complete chemical synthesis method for chemically modified mRNA. The key is a chemical reaction that introduces a cap structure into the chemically synthesized RNA. In this study, we developed a fast and quantitative chemical capping reaction between 5′-phosphorylated RNA and N7-methylated GDP imidazolide in the presence of 1-methylimidazole in the organic solvent dimethyl sulfoxide. It enabled quantitative preparation of capping RNA within 3 h. We prepared chemically modified 107-nucleotide mRNAs, including N6-methyladenosine, insertion of non-nucleotide linkers, and 2′-O-methylated nucleotides at the 5′ end and evaluated their effects on translational activity in cultured HeLa cells. The results showed that mRNAs with non-nucleotide linkers in the untranslated regions were sufficiently tolerant to translation and that mRNAs with the Cap_2 structure had higher translational activity than those with the Cap_0 structure.

    DOI: 10.1021/acschembio.1c00996

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. N-Benzoyl-protected Peptide Nucleic Acid (PNA) Monomers Expand the Range of Nucleobases Available for PNA-DNA Chimera 査読有り

    Masahito Inagaki, Ryohei Uematsu, Tatsuya Mizutani, Daisuke Unabara, Yasuyuki Araki, Seiji Sakamoto, Hiromu Kashida, Masaki Nishijima, Hiroyuki Asanuma, Yoshihisa Inoue, Takehiko Wada

    Chemistry Letters   48 巻 ( 4 ) 頁: 341 - 344   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1246/cl.181048

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 2023 年ノーベル生理学・医学賞解説「mRNA 医薬品の実用化に向けた化学の役割」

    稲垣雅仁, 阿部洋( 担当: 分担執筆)

    月刊化学(化学同人)Vol.78 No12 (2023)  2023年11月 

  2. External Stimulation-Responsive Artificial Nucleic Acids: Peptide Ribonucleic Acid (PRNA)-Programmed Assemblies

    Masahito Inagaki, Wada Takehiko( 担当: 分担執筆)

    Handbook of Chemical Biology of Nucleic Acids (Springer Nature)  2023年3月  ( ISBN:9789811613135

講演・口頭発表等 72

  1. 光分解性保護基を用いた5’Cap化mRNAの高純度精製と翻訳制御

    橋谷文貴, 稲垣雅仁, 阿部奈保子, Zhenmin Li, 中嶋裕子, Susit Acharyya, Zheyu Meng, 多田瑞紀, 石田竜真, Pingxue Lyu, 木村康明, 内田智士, 阿部 洋

    日本分子生物学会年会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

  2. The development of PureCap method for high-purity mRNA preparation and evaluation of cap-2 structures

    Mizuki Tada, Masahito Inagaki, Naoko Abe, Zhenmin Li, Yuko Nakashima, Susit Acharyya, Fumitaka Hashiya, Yasuaki Kimura, Satoshi Uchida, Hiroshi Abe

    FNA perth 2023  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

  3. "化学合成を基盤とする高度化学修飾mRNAの開発 -高活性mRNA医薬の創出を目指して- "

    木村康明1,阿部奈保子1,稲垣雅仁1,橋谷文貴1,内田智士2,岩井宏徒3,本間正一3,山本潤一郎3,阿部洋1,4,5

    第40回メディシナルケミストリーシンポジウム  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

  4. PureCap法を用いたCap2型mRNAの創製

    中嶋 裕子, 稲垣 雅仁, 阿部 奈保子, Zhenmin Li, Susit Acharyya, 平岡 陽花, Zheyu Meng, 多田 瑞紀, 石田 竜真, Pingxue Lyu, 村瀬 裕貴, 橋谷 文貴, 木村 康明, 内田 智士, 阿部 洋

    第40回メディシナルケミストリーシンポジウム  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

  5. mRNAの高純度精製を可能にする新規キャップアナログの開発

    Lyu Pingxue, 稲垣 雅仁, 中嶋裕子, 阿部 奈保子, Zhenmin Li, 橋谷 文貴, 木村 康明, 阿部 洋

    第40回メディシナルケミストリーシンポジウム  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

  6. 人工mRNA調製を可能にする新規化学リン酸化試薬の開発

    乙竹真美, 恩田馨, 稲垣雅仁, 阿部奈保子, 橋谷文貴, 木村康明, 阿部洋

    第40回メディシナルケミストリーシンポジウム  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

  7. Development of PureCap Method Toward Synthesis of Fully Capped Messenger RNA by In Vitro Transcription

    Masahito Inagaki, Naoko Abe, Yuko Nakashima, Li Zhenmin, Susit Acharyya, Kazuya Ogawa, Daisuke Kawaguchi, Haruka Hiraoka, Mizuki Tada, Zheyu Meng, Tatsuma Ishida, Pingxue Lyu, Fumitaka Hashiya, Yasuaki Kimura, Satoshi Uchida, Hiroshi Abe

    ISNAC2023  2023年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. Novel Design Strategy of DNA-Artificial Nucleic Acid Chimera (CANA) Toward Enhancement of RNase H Mediated Target RNA Cleavage Activities: Application for COVID-19 Therapeutics IV

    Takehiko Wada, Kazutoshi Fujita, Yuto Horiuchi, Nozomu Ishiwata, Masahito Inagaki, Hironori Hayashi, Yasuyuki Araki, Masaki Nishijima, Eiichi Kodama

    ISNAC2023  2023年11月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. Construction of Catalytic Target RNA Cleavage Function Installed Nucleic Acids for the Treatments of COVID-19

    Kazutoshi Fujita, Nozomu Ishiwata, Masahito Inagaki, Masaki Nishijima, Hironori Hayashi, Yu Mikame, Yasuyuki Araki, Tsuyoshi Yamamoto, Asako Yamayoshi, Eiichi Kodama, Takehiko Wada

    ISNAC2023  2023年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    会議種別:ポスター発表  

  10. 完全キャップ化メッセンジャーRNA製造法の開発

    稲垣雅仁, 小川和哉, 阿部奈保子, 中嶋裕子, Rabab A. Husseini, 小暮健太朗, 多田瑞紀, 木村康明, 橋谷文貴, 阿部 洋

    核酸化学若手フォーラム2023  2023年10月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  11. "触媒的標的RNA切断を目指した新規キメラ人工核酸の設計・合成: — DNA部位修飾による複合体安定性と活性効果 —

    和田 健彦, 藤田 一寿, 石渡, 林, 荒木 保幸, 西嶋 政樹, 児玉 栄一, 稲垣 雅仁

    日本核酸医薬学会第8回年会  2023年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

  12. PCR停止プライマーを用いた新規DNA連結法とmRNAライブラリーの構築

    野村浩平, 恩田馨, 鈴木大輔, 村瀬裕貴, 稲垣雅仁, 平岡陽花, 阿部奈保子, 橋谷文貴, 木村康明, 阿部洋

    日本核酸医薬学会第8回年会  2023年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

  13. Development of novel cap analogs that enable the production of fully capped messenger RNA therapeutics

    Masahito Inagaki, Naoko Abe, Yuko Nakashima, Li Zhenmin, Susit Acharyya, Kazuya Ogawa, Daisuke Kawaguchi, Haruka Hiraoka, Mizuki Tada, Zheyu Meng, Tatsuma Ishida, Pingxue Lyu, Fumitaka Hashiya, Yasuaki Kimura, Satoshi Uchida, Hiroshi Abe

    第21回 次世代を担う若手有機化学シンポジウム  2023年5月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. 人工mRNA調製を可能にする新規化学リン酸化試薬の開発

    乙竹真美, 恩田馨, 稲垣雅仁, 阿部奈保子, 橋谷文貴, 木村康明, 阿部洋

    日本薬学会第143年会  2023年3月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  15. 光反応性保護基をもつキャップ化合物を利用した高純度キャップ化mRNA調製法の開発

    阿部 奈保子, 稲垣 雅仁, Li Zhenmin, 中嶋 裕子, Acharyya Susi, 平岡 陽花, 橋谷 文貴, 木村 康明, 内田 智士, 阿部 洋

    日本薬学会第143年会  2023年3月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  16. 触媒的標的RNA切断を目指した新規キメラ人工核酸の設計・合成–DNA部位修飾による複合体安定性と活性効果–

    石渡 望, 稲垣 雅仁, 西嶋 政樹, 林 宏典, 荒木 保幸, 児玉 栄一, 和田 健彦

    日本化学会 第103回春季年会  2023年3月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  17. ホスホロチオエート基の求電子的活性化によるヌクレオシドオリゴリン酸の合成

    長谷川翔吾, 稲垣雅仁, 加藤俊一, Li Zhenmin, 木村康明, 阿部洋

    日本化学会 第103回春季年会  2023年3月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  18. 化学的キャップ化反応を鍵反応とするmRNAの完全化学合成

    小川和哉, 稲垣雅仁, Zhemin Li, 阿部奈保子, 木村康明, 阿部洋

    日本化学会 第103回春季年会  2023年3月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  19. Development of a DNA assembly technology using modified nucleic acids

    加瀬光希弥, 稲垣雅仁, 平岡陽花, 橋谷文貴, 阿部奈保子, 木村康明, 阿部洋

    日本化学会 第103回春季年会  2023年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  20. 化学修飾プライマーとライゲーション反応を用いたランダム配列を有するDNAライブラリーの構築

    高橋 南帆, 野村 浩平, 恩田 馨, 鈴木 大輔, 村瀬 裕貴, 稲垣 雅仁, 平岡 陽花, 阿部 奈保子, 橋谷 文貴, 木村 康明, 阿部 洋

    日本化学会 第103回春季年会  2023年3月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  21. 完全キャップ化メッセンジャーRNAの製造を可能にする共転写用PureCapアナログの開発

    稲垣 雅仁, 阿部 奈保子, Zhenmin Li, 中嶋 裕子, Susit Acharyya, 小川 和哉, 川口 大輔, 平岡 陽花, 坂野 文香, Zheyu Meng, 多田 瑞紀, 石田 竜真, Pingxue Ly, 小久保 建吾, 村瀬 裕貴, 橋谷 文貴, 木村 康明, 内田 智士, 阿部 洋

    日本化学会 第103回春季年会  2023年3月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  22. 化学修飾プライマーを用いたゲノムスケールDNAの作 成

    橋谷 文貴, 恩田 馨, 野村 浩平, Gao Yiuno, 村瀬 裕貴, 中本 航介, 稲垣 雅仁, 平岡 陽花, 阿部 奈保子, 木村 康明, 岡 夏央, 寺井 悟朗, 浅井 潔, 阿部 洋

    日本化学会 第103回春季年会  2023年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  23. 化学修飾プライマーを用いた任意の接着末端作成と長鎖DNAの連結

    橋谷 文貴, 恩田 馨, 野村 浩平, Gao Yiuno, 村瀬 裕貴, 中本 航介, 稲垣 雅仁, 平岡 陽花, 阿部 奈保子, 木村 康明, 岡 夏央, 寺井 悟朗, 浅井 潔, 阿部 洋

    第45回日本分子生物学会年会  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月 - 2022年12月

  24. mRNAの完全化学合成を可能とする化学的キャップ化法の開発

    小川和哉, 稲垣雅仁, Zhemin Li, 阿部奈保子, 木村康明, 阿部洋

    第39回メディシナルケミストリーシンポジウム  2022年11月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  25. 化学修飾プライマーを利用したゲノムスケールDNAアセンブリ

    橋谷 文貴, 恩田 馨, 野村 浩平, Gao Yiuno, 村瀬 裕貴, 中本 航介, 稲垣 雅仁, 平岡 陽花, 阿部 奈保子, 木村 康明, 岡 夏央, 寺井 悟朗, 浅井 潔, 阿部 洋

    第17回無細胞生命科学研究会  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  26. Complete Chemical Synthesis of Minimal Messenger RNA by Efficient Chemical Capping Reaction

    大橋咲南, 阿部奈保子, 今枝昭裕, 稲垣雅仁, Zhenmin Li, 川口大輔, 恩田馨, 中嶋祐子, 内田智士, 橋谷文貴, 木村康明, 阿部洋

    10th International mRNA Health Conference  2022年11月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  27. mRNAの完全化学合成を可能とする化学的キャップ化法の開発

    小川和哉, 稲垣雅仁, Zhemin Li, 阿部奈保子, 木村康明, 阿部洋

    中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2022年11月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  28. 化学修飾プライマーを利用した突出末端作成とDNA連結

    橋谷 文貴, 恩田 馨, 野村 浩平, Gao Yiuno, 村瀬 裕貴, 中本 航介, 稲垣 雅仁, 平岡 陽花, 阿部 奈保子, 木村 康明, 岡 夏央, 寺井 悟朗, 浅井 潔, 阿部 洋

    中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2022年11月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  29. Complete Chemical Synthesis of mRNA by Chemical Capping Reaction

    Yasuaki Kimura, Naoko Abe, Akihiro Imaeda, Masahito Inagaki, Fumitaka Hashiya, Satoshi Uchida, Hiroto Iwai, Masakazu Honma, Junichiro Yamamoto, Hiroshi Abe

    ISNAC2022 第49回国際化学シンポジウム 日本核酸化学会第6回年会  2022年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  30. Phosphorylation of nucleotide analogs based on the activation of phosphorothioate group

    Shogo Hasegawa, Masahito Inagaki, Yasuaki Kimura, Hiroshi Abe

    ISNAC2022 第49回国際化学シンポジウム 日本核酸化学会第6回年会  2022年11月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  31. Novel Strategy of Enhancement of RNase H Mediated Target RNA Digestion Activities by DNA-Artificial Nucleic Acid Chimera with Site Selective Cleavage Toward Application of COVID-19 Therapeutics

    Takehiko Wada, Nozomu Ishiwata, Kazutoshi Fujita, Masahito Inagaki, Hironori Hayashi, Yuto Horiuchi, Ryota Azuma, Masaki Nishijima, Yasuyuki Araki, Eiichi Kodama

    第49回国際化学シンポジウム 日本核酸化学会第6回年会  2022年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語  

  32. Novel Design Strategy of DNA-Artificial Nucleic Acid Chimera Toward Enhancement of Target RNA Cleavage Activities: Modification Effects of DNA Moiety upon Activity

    Nozomu Ishiwata, Masahito Inagaki, Kazutoshi Fujita, Masaki Nishijima, Yasuyuki Araki, Hironori Hayashi, Eiichi Kodama, Takehiko Wada

    第49回国際化学シンポジウム 日本核酸化学会第6回年会  2022年11月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  33. 3'チオ化核酸の合成と新規長鎖オリゴ核酸合成法開発

    加瀬光希弥, 稲垣雅仁, 平岡陽花, 橋谷文貴, 阿部奈保子, 木村康明, 阿部洋

    第12回 日本化学会CSJ化学フェスタ  2022年10月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    会議種別:ポスター発表  

  34. mRNAの完全化学合成を可能とする化学的キャップ化法の開発

    小川和哉, 稲垣雅仁, Zhemin Li, 阿部奈保子, 木村康明, 阿部洋

    「細胞を創る」研究会15.0  2022年10月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

  35. 3´修飾核酸を用いた新規技術開発

    加瀬光希弥, 稲垣雅仁, 平岡陽花, 橋谷文貴, 阿部奈保子, 木村康明, 阿部洋

    学際統合物質機構 若手の会  2022年10月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

  36. 「反応と材料」に関して融合研究へと広げていきたいこと

    稲垣 雅仁

    学際統合物質機構 若手の会  2022年10月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

  37. メッセンジャーRNAの完全化学合成と構造活性相関研究

    MENG Zheyu, 阿部奈保子, 稲垣雅仁, LI Zhenmin, 中嶋裕子, 橋谷文貴, 木村 康明, 阿部洋

    第43回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム  2022年10月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

  38. 3’チオ化オリゴ核酸を用いた長鎖DNAアセンブリ技術の開発

    加瀬光希弥, 稲垣雅仁, 平岡陽花, 橋谷文貴, 木村康明, 阿部洋

    第16回 バイオ関連化学シンポジウム  2022年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

  39. COVID-19 治療薬開発を指向した触媒的標的 RNA 切断機能付与型 キメラ人工核酸の開発 IV:細胞試験による機能評価

    石渡 望, 藤田一寿, 堀内結翔, 稲垣雅仁, 林 宏典, 西嶋政樹, 荒木保幸, 佐藤俊幸, 南場晃子, 児玉栄一, 和田健彦

    第16回 バイオ関連化学シンポジウム  2022年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  40. ポリメラーゼの基質として機能する四リン酸核酸誘導体の合成および評価

    中村真由, 稲垣雅仁, 橋谷文貴, 木村康明, 阿部洋

    第16回 バイオ関連化学シンポジウム  2022年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

  41. 化学的キャップ化反応を用いたmRNAの完全化学合成法の開発

    木村康明, 阿部奈保子, 今枝昭裕, 稲垣雅仁, 橋谷文貴, 内田智士, 岩井宏徒, 本間正一, 山本潤一郎, 阿部洋

    第16回 バイオ関連化学シンポジウム  2022年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

  42. 化学修飾プライマーを用いた新規DNA連結法とライブラリー構築

    野村浩平, 恩田馨, 鈴木大輔, 村瀬裕貴, 稲垣雅仁, 平岡陽花, 阿部奈保子, 橋谷文貴, 木村康明, 阿部洋

    第16回 バイオ関連化学シンポジウム  2022年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

  43. 化学修飾プライマーを用いた長鎖DNA連結技術とライブラリーの構築法

    野村浩平, 恩田馨, 鈴木大輔, 村瀬裕貴, 稲垣雅仁, 平岡陽花, 阿部奈保子, 橋谷文貴, 木村康明, 阿部洋

    日本核酸医薬学会第7回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月 - 2022年8月

  44. アンチセンス核酸送達プラットフォームとしての細胞膜直接透過型オリゴ核酸

    秤谷 隼世, Shu Zhaoma, Lyu Fangjie, 松原 徳明, 稲垣 雅仁, Zhenmin Li, 木村 康明, 阿部 洋

    第38回 日本DDS学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  45. 化学修飾プライマーを用いたゲノムスケールDNA合成技術の開発

    野村 浩平, 恩田 馨, Gao Yiuno, 村瀬 裕貴, 中本 航介, 稲垣 雅仁, 平岡 陽花, 阿部 奈保子, 橋谷 文貴, 木村 康明, 阿部 洋

    日本薬学会 第142年会  2022年3月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  46. 貴金属ナノ粒子によるオリゴ核酸鎖切断反応と長鎖オリゴ核酸合成

    稲垣 雅仁, 平岡 陽花, 加瀬 光希弥, 橋谷 文貴, 阿部 奈保子, 木村 康明, 阿部 洋

    日本薬学会第142年会  2022年3月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  47. 核酸医薬送達プラットフォームとしての細胞膜直接透過型オリゴ核酸

    秤谷 隼世, 平岡 陽花, Shu Zhaoma, 松原 徳明, Lyu Fangjie, 稲垣 雅仁, Zhenmin Li, Steve Soo, 木村 康明, 阿部 洋

    日本薬学会 第142年会  2022年3月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  48. ホスホロチオエート基の活性化に基づくヌクレオチドア ナログのリン酸化反応

    長谷川 翔吾, 稲垣 雅仁, 木村 康明, 阿部 洋

    日本化学会 第102春季年会 (2022)  2022年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  49. 高精度かつ高効率なDNA連結を実現する光保護化学修飾プライマー

    橋谷 文貴, 恩田 馨, 野村 浩平, Gao Yiuno, 村瀬 裕貴, 中本 航介, 稲垣 雅 仁, 平岡 陽花, 阿部 奈保子, 木村 康明, 岡 夏央, 寺井 悟朗, 浅井潔, 阿部 洋

    日本化学会 第102春季年会(2022)  2022年3月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  50. 触媒的標的RNA消化を目指した新規キメラ人工核酸の設 計・合成とRNaseHによるRNA切断活性の検討

    石渡 望, 矢野 輝, 稲垣 雅仁, 西嶋 政樹, 林 宏典, 鈴木 康弘, 荒木 保幸, 児玉 栄一, 佐藤 靖史, 和田 健彦

    日本化学会 第102春季年会(2022)  2022年3月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  51. ホスホロチオエート基の活性化に基づくヌクレオチドアナログのリン酸化反応

    長谷川翔吾, 稲垣雅仁, 木村康明, 阿部洋

    第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会(静岡)  2021年10月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    会議種別:ポスター発表  

  52. ヌクレアーゼ活性向上を指向したDNA-人工核酸キメラ分子構造設計と新機能創製

    稲垣雅仁, 矢野 輝, 海原大輔, 荒木保幸, 石橋 哲, 西嶋政樹, 山吉麻子, 中谷和彦, 横田隆徳, 和田健彦

    第13回バイオ関連化学シンポジウム  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  53. がん細胞選択的薬物送達を指向した MMP 応答型 PEG 複合化オリゴアルギニンの開発

    程 岩, 菅井 祥加, 稲垣 雅仁, 石橋 哲, 中瀬 生彦, 横田 隆徳, 和田 健彦

    第 29 回バイオ・高分子シンポジウム  2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  54. 高効率触媒的核酸医薬系構築を指向したDNA-人工核酸キメラ分子系の構築

    稲垣雅仁, 海原大輔, 上松亮平, 浅井光夫, 荒木保幸, 西嶋政樹, 石橋 哲, 横田隆徳, 和田健彦

    第29回バイオ・高分子シンポジウム  2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  55. Site-specific chemical strand cleavage of oligonucleotides for genome-scale DNA assembly 招待有り

    稲垣雅仁

    甲南FIBER若い世代の特別講演会  2022年2月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  56. PureCap法を用いた光によるmRNAからの翻訳制御

    石田竜真, 稲垣雅仁, 阿部奈保子, 中嶋裕子, 坂野文香, 橋谷文貴, 木村康明, 阿部洋

    第17回バイオ関連化学シンポジウム  2023年9月 

  57. PureCap法を用いた光によるmRNAからの翻訳制御

    石田竜真, 稲垣雅仁, 阿部奈保子, 中嶋裕子, 坂野文香, 橋谷文貴, 木村康明, 阿部洋

    日本核酸医薬学会第8回年会  2023年7月 

  58. PureCap法を用いたCap2型mRNAの創製

    中嶋 裕子, 稲垣 雅仁, 阿部 奈保子, Zhenmin Li, Susit Acharyya, 平岡 陽花, Zheyu Meng, 多田 瑞紀, 石田 竜真, Pingxue Lyu, 村瀬 裕貴, 橋谷 文貴, 木村 康明, 内田 智士, 阿部 洋

    日本核酸医薬学会第8回年会  2023年7月 

  59. PureCap法を活用したメッセンジャーRNAの完全化学合成とその応用

    稲垣雅仁, 小川和哉, 阿部奈保子, 中嶋裕子, 多田瑞紀, 木村康明, 橋谷文貴, 阿部洋

    日本核酸医薬学会第8回年会  2023年7月 

  60. mRNAの化学修飾位置の特定技術の開発

    大橋咲南, Susit Acharyya, 稲垣雅仁, 橋谷文貴, 阿部洋

    日本核酸医薬学会第8回年会  2023年7月 

  61. mRNA の高純度精製を可能にする新規キャップアナログの開発

    Lyu Pingxue, 稲垣雅仁, 中嶋裕子, 阿部奈保子, 橋谷文貴, 木村康明, 阿部 洋

    第17回バイオ関連化学シンポジウム  2023年9月 

  62. Development of PureCap Method Toward Synthesis of Fully Capped Messenger RNA 招待有り

    Masahito Inagaki

    Chungbuk National University Chemistry Special Seminar  2023年10月5日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  63. Development of PureCap Method Toward Synthesis of Fully Capped Messenger RNA 招待有り

    Masahito Inagaki

    Kyungpook National University Chemistry Special Seminar  2023年10月4日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  64. Development of PureCap Method Toward Synthesis of Fully Capped Messenger RNA 招待有り

    Masahito Inagaki

    Korea Advanced Institute of Science and Technology (KAIST) Chemistry Special Seminar  2023年10月10日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  65. Cap Analogs with Hydrophobic Photocleavable Tag Enable Facile Purification of Fully Capped mRNA with Various Cap Structures

    Zheyu Meng, Masahito Inagaki, Naoko Abe, Zhenmin Li, Yuko Nakashima, Fumitaka Hashiya, Yasuaki Kimura, Satoshi Uchida, Hiroshi Abe

    第24回日本RNA学会年会  2023年7月 

  66. 化学修飾プライマーを用いた長鎖DNA連結技術の開発

    野村浩平, 恩田馨, 鈴木大輔, Gao Yiuno, 村瀬裕貴, 中本航介, 稲垣雅仁, 平岡陽花, 阿部奈保子, 橋谷文貴, 木村康明, 阿部洋

    日本ケミカルバイオロジー学会 第16回年会  2022年5月31日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  67. 長鎖mRNA精製用PureCapアナログの開発

    Zheyu Meng, 稲垣 雅仁, 阿部 奈保子, Zhenmin Li, 橋谷 文貴, 木村 康明, 内田 智士, 阿部 洋

    日本核酸医薬学会第8回年会  2023年7月 

  68. 酵素認識機能制御に基づく触媒的標的 RNA 分解効率飛躍的向上を実現する人工核酸開発 招待有り

    矢野 輝, 稲垣 雅仁, 石澤 誠也, 西嶋 政樹, 山本 剛史, 荒木 保幸, 山吉 麻子, 和田 健彦

    第70回高分子学会年次大会  2022年5月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  69. 生体機能性DNA及びmRNAの完全化学合成

    木村康明, 山岡和樹, 今枝昭裕, 阿部奈保子, 稲垣雅仁, 橋谷文貴, 阿部洋

    「細胞を創る」研究会 16.0  2023年9月 

  70. 完全化学合成による高機能mRNAの開発

    多田瑞紀, 阿部奈保子, 稲垣雅仁, 中嶋裕子, 木村康明, 阿部洋

    日本核酸医薬学会第8回年会  2023年7月 

  71. 完全キャップ化メッセンジャーRNAの製造を可能にする共転写用PureCapアナログの開発

    Zheyu Meng, 稲垣 雅仁, 阿部 奈保子, Zhenmin Li, 橋谷 文貴, 木村 康明, 内田 智士, 阿部 洋

    第39回日本DDS学会学術集会  2023年7月 

  72. 完全キャップ化mRNAの合成を可能とするPureCap法の開発と生物活性の評価

    稲垣雅仁, 阿部奈保子, Zhenmin Li, 中嶋裕子, Susit Acharyya, Zheyu Meng, 多田瑞紀, 石田竜真, Pingxue Ly, 橋谷文貴, 木村康明, 内田智士, 阿部 洋

    第17回バイオ関連化学シンポジウム  2023年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

その他研究活動 7

  1. 愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業「第18回わかしゃち奨励賞」最優秀賞・優秀賞の決定及び表彰式・受賞者との交流会の参加者募集について

    2023年12月

     詳細を見る

    「第18回わかしゃち奨励賞」受賞者について
    (2) 基礎研究部門

    <最優秀賞>
    ア 提案者及び提案

    提案者:名古屋大学理学研究科 特任助教 稲垣 雅仁 (いながき まさひと)
    提 案:mRNA医薬のキャップ構造多様性が与える翻訳活性への影響解明

    イ 提案概要

    mRNA医薬には5’キャップ構造が存在し、その純度が重要である。COVID-19のmRNAワクチンでは不純物に由来する副作用が問題視されている。そこで、受賞者は完全キャップ化mRNA合成法を開発し、定量的構造活性相関に基づく高活性mRNA創薬研究を展開していく。

    添付ファイル: 486557.pdf

  2. 新型コロナで注目 mRNA どんな研究? 名古屋大・阿部教授に聞く

    2023年12月

     詳細を見る

    2023年12月8日 中日新聞朝刊 阿部研究室の研究が紹介。我々が開発したPureCap法(Inagaki M. et al., Nature Commun. 2023, 14, 2657)についても紹介。

  3. Crafton Biotechnology株式会社ホームページ

    2023年11月

     詳細を見る

    我々の開発した高純度mRNA合成技術であるPureCap法(Inagaki M. et al., Nature Commun. 2023, 14, 2657)を基盤技術として設立されたバイオベンチャー。国産mRNA医薬の社会実装を目指す。
    https://craftonbio.com

  4. Short Staying Research in Sapala Organics (India)

    2023年1月

  5. 田中貴金属記念財団 「貴金属に関わる研究助成金」の受賞者を発表

    2021年3月

     詳細を見る

    稲垣雅仁(名古屋大学)、2020年度「貴金属に関わる助成金」シルバー賞受賞
    https://tanaka-foundation.or.jp/result/pdf/2020_prize.pdf

  6. 世界初のmRNAの完全化学合成 ~精密分子デザインによる天然を凌駕するスーパーmRNAの創製~

     詳細を見る

    Nagoya University Research Information
    Press Release
    https://www.nagoya-u.ac.jp/researchinfo/result/2022/05/mrna-rna.html

    雑誌名: ACS Chemical Biology
    論文タイトル:Complete Chemical Synthesis of Minimal Messenger RNA by Efficient Chemical Capping Reaction
    著者:Abe, Naoko(阿部 奈保子、特任准教授); Imaeda, Akihiro (今枝 昭裕); Inagaki, Masahito(稲垣 雅仁、特任助教); Li, Zhenmin(研究員); Kawaguchi, Daisuke(川口 大輔); Onda, Kaoru (恩田 馨); Nakashima, Yuko(中嶋 裕子、研究員); Uchida, Satoshi(内田 智士); Hashiya, Fumitaka(橋谷 文貴、助教); Kimura, Yasuaki(木村 康明、講師); Abe, Hiroshi (阿部 洋、教授)
    DOI: 10.1021/acschembio.1c00996
    URL: https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acschembio.1c00996

    添付ファイル: 20220525_sci.pdf

  7. ”Special Lectures from Outstanding Young Scientists, Webinar Universe in Nucleic Acid Chemistry 8″

     詳細を見る

    【Lecture 1】 3:20pm‐3:45pm(JST)
    ・Speaker : Dr. Masahito Inagaki
    ・Affiliation : Department of Chemistry, Graduate School of Science, Nagoya University
    ・Lecture title: “Site-specific chemical strand cleavage of oligonucleotides for genome-scale DNA assembly”

▼全件表示

科研費 8

  1. メッセンジャーRNA 医薬の高純度製造を実現する分離精製技術の開発

    2024年4月 - 2025年3月

    一般財団法人 向科学技術振興財団  向科学技術振興財団 令和5年度 研究助成 

    稲垣雅仁

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 貴金属材料を利用したゲノム合成技術の開発と医療創薬応用

    2021年

    一般財団法人 田中貴金属記念財団  貴金属に関わる研究助成金 

    稲垣雅仁

  3. 細胞内環境応答性ペプチドリボ核酸を利用した虚血性疾患選択的核酸医薬の創製

    2016年

    東北大学多元物質科学研究所  科学計測振興基金 

    稲垣雅仁

  4. 高活性触媒的標的RNA切断機能付与型人工核酸の構築と革新的治療基盤としての展開

    研究課題/研究課題番号:23H05465  2023年4月 - 2028年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(S)  基盤研究(S)

    和田健彦, 児玉栄一, 稲垣雅仁, 荒木保幸, 西嶋政樹, 林宏典, 児玉 栄一, 稲垣 雅仁, 林 宏典, 荒木 保幸, 西嶋 政樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では我々が開発した"高活性触媒機能付与型核酸医薬"を、新たな新興・再興感染症や膵臓癌に代表される難治性疾患治療薬として活用するための創薬技術基盤開発研究に取組む。核酸医薬の実用化に向けた大きな解決課題とされている、極少ない細胞内導入量に起因する低い治療効果問題を解決するため、RNase Hの標的RNA選択的消化機能を活用し、次世代の分子標的薬として期待されている核酸医薬を用い、ウイルスのゲノムRNAや癌転移・悪性化誘導タンパク質コーディングmRNAを標的とした直接的増殖抑制による治療法構築を目指す。

  5. 高活性触媒的標的RNA切断機能付与型人工核酸の構築と新興感染症等治療基盤の創製

    研究課題/研究課題番号:23H00302  2023年4月 - 2026年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    和田健彦, 児玉栄一, 稲垣雅仁, 荒木保幸, 西嶋政樹, 林宏典, 林 宏典, 児玉 栄一, 稲垣 雅仁, 西嶋 政樹, 荒木 保幸

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. 細胞質送達ペプチドを活用したmRNA医薬の脂質ナノ粒子フリーな細胞質送達技術の開発

    2023年4月 - 2025年3月

    学際統合物質科学研究機構  令和5年度 学際統合物質科学研究機構 「共創研究」 

    川口祥正, 稲垣雅仁

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 新規高活性触媒機能付与型核酸医薬によるCOVID-19感染症治療 用創薬技術の開発

    2021年10月 - 2022年3月

    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構  新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業 

    和田健彦, 児玉栄一, 稲垣雅仁, 林宏典, 荒木保幸, 西嶋政樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. 新規高活性触媒機能付与型核酸医薬による COVID-19 感染症治療薬の開発

    2021年4月 - 2022年3月

    日本医療研究開発機構(AMED)  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する治療薬開発 

    和田健彦, 児玉栄一, 稲垣雅仁, 荒木保幸, 西嶋政樹, 林宏典

▼全件表示

産業財産権 4

  1. タンパク質又はペプチドの製造方法、5’キャップ化ポリヌクレオチドの製造方法、及びそれらの製造方法に用いるための試薬

    阿部洋, 稲垣雅仁, 中嶋裕子, 阿部奈保子, 橋谷文貴, 木村康明

     詳細を見る

    出願人:東海国立大学機構

    出願番号:特願2023-144835  出願日:2023年9月

  2. キメラ分子の製造方法

    稲垣雅仁, 和田健彦

     詳細を見る

    出願人:東北大学、名古屋大学

    出願番号:特願PCT/JP2023/009612  出願日:2023年3月

    公開番号:特開WO2023/176773  公開日:2023年9月

  3. キャップ化RNA及びその製造方法並びにタンパク質の製造装置及びタンパク質の製造方法

    阿部洋, 阿部奈保子, 稲垣雅仁, 中嶋裕子, 木村康明, 橋谷文貴

     詳細を見る

    出願番号:特願PCT/JP2023/007759  出願日:2023年3月

  4. 核酸鎖切断方法及び核酸鎖切断装置並びに二本鎖DNAの製造方法及び二 本鎖DNAの製造装置

    阿部洋, 稲垣雅仁, 橋谷文貴, 平岡陽花, 阿部奈保子

     詳細を見る

    出願人:国立研究開発法人科学技術振興機構

    出願番号:特願PCT/JP2022/036009  出願日:2022年9月

 

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 自然科学総合実験

    東北大学)

  2. 化学一般実験

    東北大学)

 

社会貢献活動 4

  1. 2023年ノーベル生理学医学賞配信イベント出演解説【名古屋大学】若手研究者がいく!研究最前線~生理学・医学賞編~

    役割:出演

    東海国立大学機構名古屋大学総務部広報課  YouTube公開、https://www.youtube.com/watch?v=yReBOBw1bq0  2023年10月

  2. 知見共有サービス「Mond」回答者就任

    役割:助言・指導, 情報提供, 寄稿

    株式会社ハウテレビジョン  2022年12月

  3. 拠点・アライアンス博士課程学生グローバル研究力養成プログラム 「University of CaliforniaIrvine留学体験報告」

    役割:講師

    東北大学多元物質科学研究所 有機・生命科学研究部門  2020年3月

  4. 第284回 化学への招待(宮城地区)、「化学の不思議を知って、感じて、作ってみよう?!-生命の起源から化学ホタルまで-」

    役割:講師

    共益社団法人日本化学会東北支部・東北支部化学教育協議会  2019年8月

メディア報道 21

  1. 第18回わかしゃち奨励賞 基礎研究部門 最優秀賞 稲垣雅仁氏 「mRNA医薬のキャップ構造多様性が与える翻訳活性への影響解明」 インターネットメディア

    あいちの科学技術Information(愛知県産業科学技術課)  Youtubeチャンネル  https://www.youtube.com/watch?v=bP0E4J-uyQ0  2023年12月

  2. 2023 年ノーベル賞生理学・医学賞 受賞の早さ 功績大きさ反映 若手研究者「励みになる」 新聞・雑誌

    中日新聞  中日新聞朝刊  2023年10月

  3. Japanese Scientists develop method to develop pure mRNA vaccines インターネットメディア

    Drug Today  https://www.drugtodayonline.com/medical-news/news-topic/16834-japanese-scientists-develop-method-to-develop-pure-mrna-vaccines  2023年9月

  4. Purecap method offers hope for purer and safer mRNA vaccines インターネットメディア

    News Medical Life Sciences  https://www.news-medical.net/news/20230705/PureCap-method-offers-hope-for-purer-and-safer-mRNA-vaccines.aspx#:~:text=This%20%27Purecap%27%20technique%20extracted%20up,of%20inflammation%20caused%20by%20impurities.  2023年9月

  5. Pure capped mRNA vaccine opens the door to more effective vaccines with lower chances of inflammation インターネットメディア

    EurekAlert! Science News Release  https://www.eurekalert.org/news-releases/994412#:~:text=Pure%20capped%20mRNA%20vaccine%20opens%20the%20door%20to%20more,with%20lower%20chances%20of%20inflammation&text=A%20research%20group%20from%20Japan,separate%20the%20desired%20capped%20mRNA.  2023年9月

  6. Pure capped mRNA vaccine opens the door to more effective vaccines with lower chances of inflammation インターネットメディア

    ScienceDaily  https://www.sciencedaily.com/releases/2023/07/230705105841.htm  2023年9月

  7. Pure Cap mRNA Vaccine Opens the Door to More Effective Vaccines with Lower Chances of Inflammation インターネットメディア

    Medbound Times  https://www.medboundtimes.com/medicine/pure-cap-mrna-vaccine-opens-the-door-to-more-effective-vaccines-with-lower-chances-of-inflammation  2023年9月

  8. 'Purecap' Technique Produces Highly Active mRNA Vaccines with Lower Immunostimulatory Activity インターネットメディア

    AZO Life Sciences  https://www.azolifesciences.com/news/20230706/Purecap-Technique-Produces-Highly-Active-mRNA-Vaccines-with-Lower-Immunostimulatory-Activity.aspx  2023年7月

  9. Pure Capped MRNA Vaccine Opens The Door To More Effective Vaccines With Lower Chances Of Inflammation インターネットメディア

    News Azi  https://newsazi.com/pure-capped-mrna-vaccine-opens-the-door-to-more-effective-vaccines-with-lower-chances-of-inflammation/  2023年7月

  10. Pure capped mRNA vaccine opens the door to more effective vaccines with lower chances of inflammation インターネットメディア

    Medical Express  https://medicalxpress.com/news/2023-07-pure-capped-mrna-vaccine-door.html  2023年7月

  11. Pure capped mRNA vaccine opens the door to more effective vaccines with lower chances of inflammation インターネットメディア

    Newswise (Leading Source of Research News)  https://www.newswise.com/articles/media-article/795150?media_view_amp=1  2023年7月

  12. Pure capped mRNA vaccine opens the door to more effective vaccines with lower chances of inflammation インターネットメディア

    sciencenewsnet.in  https://sciencenewsnet.in/new-mrna-vaccine-minimizes-inflammation-boosts-efficacy/  2023年7月

  13. Pure Capped mRNA Vaccine Opens Door to More Effective Vaccines with Lower Chances of Inflammation インターネットメディア

    Psychreg  https://www.psychreg.org/pure-capped-mrna-vaccine-opens-door-effective-vaccines-lower-chances-inflammation/  2023年7月

  14. Pure capped mRNA vaccine encourages more effective vaccine development インターネットメディア

    Drug Target Review  https://www.drugtargetreview.com/news/110685/pure-capped-mrna-vaccine-encourages-more-effective-vaccine-development/  2023年7月

  15. Genomics week in brief: Week ending 8th July インターネットメディア

    Front Line Genomics  https://frontlinegenomics.com/genomics-week-in-brief-week-ending-8th-july-2/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=genomics-week-in-brief-week-ending-8th-july-2  2023年7月

  16. mRNAを高純度に製造 コロナワクチンに利用 新聞・雑誌

    産経新聞  2023年5月

  17. 名古屋大など 純度99%超のmRNA製法確立 新聞・雑誌

    化学工業日報  2023年5月

  18. 名古屋大 ワクチン成分のmRNA純度99%で副作用減も 新聞・雑誌

    日本経済新聞  2023年5月

  19. 世界初の高純度キャップ化mRNAワクチン製造技術、PureCap法の確立 ~Cap2型mRNAが低免疫刺激・高翻訳能を有することを明らかに~ インターネットメディア

    名古屋大学研究成果配信サイト  2023年5月

  20. 世界初のmRNAの完全化学合成〜精密分子デザインによる天然を凌駕するスーパーmRNAの創製〜 インターネットメディア

    名古屋大学研究成果配信サイト  2022年5月

  21. FIBER Webiner Universe 15「FIBER若い世代の特別講演会」開催のお知らせ Lecture 1: Dr. Masahito Inagaki 会誌・広報誌

    分子夾雑生命化学  2022年2月

▼全件表示