Updated on 2022/05/25

写真a

 
MUKAI Yasutaka
 
Organization
Research Institute of Environmental Medicine Division of Stress Recognition and Response Designated assistant professor
Title
Designated assistant professor
External link

Research Areas 4

  1. Life Science / Pharmacology

  2. Life Science / Molecular biology

  3. Life Science / Physiology

  4. Life Science / Neuroscience-general

 

Presentations 1

  1. Physiological function of prostaglandin E2-induced long lasting inhibition of noradrenergic neurons in the locus coeruleus

    Yasutaka Mukai, Michael Lazarus, Takeharu Nagai, Kenji F Tanaka, Akihiro Yamanaka

    2022.3.18 

     More details

    Event date: 2022.3

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    researchmap

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 3

  1. プロスタグランジンE2による神経活動持続的抑制の生理機能解明

    Grant number:22K15225  2022.4 - 2024.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    向井 康敬

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4680000 ( Direct Cost: \3600000 、 Indirect Cost:\1080000 )

    researchmap

  2. Physiological role of long-lasting suppression of noradrenergic neurons in the locus coeruleus induced by prostaglandin E2

    Grant number:21K20688  2021.8 - 2023.3

    Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Research Activity Start-up

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\3120000 ( Direct Cost: \2400000 、 Indirect Cost:\720000 )

    researchmap

  3. おいしく食べるための唾液、その中枢神経機構の解明

    Grant number:21K11697  2021.4 - 2024.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    美藤 純弘, 向井 康敬

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    味物質は唾液に溶解して味細胞に到達することにより味覚受容器を刺激するため、おいしく味わって食べる為には唾液は不可欠である。これまでの唾液分泌メカニズムの研究は末梢の唾液腺本体に関するものが主体で、中枢神経機構に関するものはほとんど無い。一方、唾液は摂食中に豊富に分泌されることはよく知られているが、そのメカニズムは不明のままである。我々は、視床下部外側野(LH、摂食中枢)のオレキシン神経は、摂食を促すとともに、顎下腺・舌下腺の副交感性の中枢である上唾液核神経を活性化することにより、唾液分泌を促進するという仮説を立て、この仮説を本研究により検証する。