2022/04/11 更新

写真a

スギヤマ ミヤコ
杉山 美耶子
SUGIYAMA Miyako
所属
高等研究院 特任助教
大学院人文学研究科 特任助教
大学院担当
大学院人文学研究科
職名
特任助教
連絡先
メールアドレス
プロフィール
Miyako Sugiyama is an art historian specializing in early Netherlandish art. She received her Ph.D. in art history from Ghent University in 2017. Her research focuses on the function of images and the diverse relationships between art and devotional practices in the fifteenth- and early sixteenth-centuries in the Netherlands. She published Images and Indulgences in Early Netherlandish Painting from Brepols Publishers in 2021. Currently she is an assistant professor at Nagoya University.
外部リンク

学位 3

  1. 博士(芸術科学) ( 2017年5月   ヘント大学 ) 

  2. 修士(哲学) ( 2012年3月   慶應義塾大学 ) 

  3. 学士(哲学) ( 2010年3月   慶應義塾大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 西洋美術史

  2. イメージ人類学

  3. 宗教美術

  4. 文化人類学

研究分野 1

  1. 人文・社会 / 美術史  / 初期ネーデルラント美術、北方ルネサンス

経歴 9

  1. 名古屋大学   高等研究院   特任助教

    2022年4月 - 現在

  2. 国際バカロレア   試験採点官

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

    備考:Comparative Study in Art, Examiner in English and Japanese

  3. 日本学術振興会   研究員

    2019年4月 - 2022年3月

  4. 青山学院大学   文学部比較芸術学科   兼任教員

    2019年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

    備考:西洋の宗教と芸術、西洋の文芸と芸術担当

  5. 立教大学   文学部   兼任教員

    2018年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

    備考:キリスト教の美学、英語原典講読、立教ゼミナール発展編担当

  6. 慶應義塾大学   文学部   兼任教員

    2018年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

    備考:美術史特殊、英語文献講読担当

  7. 早稲田大学   理工学術院   兼任教員

    2018年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

    備考:Topics in Art and Literature, Great Art of the West担当

  8. Rubenianum(アントワープ、ベルギー)   研究員

    2017年6月 - 2017年8月

      詳細を見る

    国名:ベルギー王国

  9. Viering bvba(リール、ベルギー)   壁画修復   壁画修復補佐員

    2015年9月 - 2016年6月

      詳細を見る

    国名:ベルギー王国

▼全件表示

学歴 4

  1. ヘント大学   文学部   芸術・音楽・演劇学学科

    2013年10月 - 2017年5月

      詳細を見る

    国名: ベルギー王国

  2. 慶應義塾大学   文学研究科   美学美術史学専攻

    2012年4月 - 2017年9月

      詳細を見る

    備考: 2017年9月中途退学

  3. 慶應義塾大学   文学研究科   美学美術史学専攻

    2010年4月 - 2012年3月

  4. 慶應義塾大学   文学部   美学美術史学科

    2006年4月 - 2010年3月

所属学協会 6

  1. Historians of Netherlandish Art

  2. 日仏美術学会

  3. 美術史学会

  4. 西洋中世学会

  5. 三田芸術学会

  6. ネーデルラント美術研究会

▼全件表示

受賞 5

  1. 辻荘一・三浦アンナ記念学術奨励金

    2021年11月   立教大学  

  2. 美術に関する研究・出版助成

    2019年11月   鹿島美術財団  

  3. 美術に関する調査・研究助成

    2018年4月   鹿島美術財団  

  4. The Kress Travel Grants

    2016年2月  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:アメリカ合衆国

  5. 成績優秀に伴う受賞

    2010年3月   慶應義塾大学  

 

論文 8

  1. Jan van Eyck’s New York Diptych: A New Reading on the Skeleton of the Great Chasm 招待有り 査読有り

    Miyako Sugiyama

    Arts   11(1) 巻 ( 4 )   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  2. Performing virtual pilgrimage to Rome: A rediscovered Christ Crucified from a series of three panel paintings (ca. 1500) 招待有り 査読有り 国際誌

    Miyako Sugiyama

    Oud Holland   139 巻   頁: 159 - 170   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  3. Replicating the sanctity of the holy face: Jan van Eyck’s head of Christ 招待有り

    Miyako Sugiyama

    Simiolus-Netherlands Quarterly for the History of Art   39 巻   頁: 5 - 14   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  4. An image for ‘all truly penitent’: reconsidering the function of the Madonna of Jan Vos by Jan van Eyck and his workshop 招待有り 査読有り

    Miyako Sugiyama

    The Medieval Low Countries   3 巻   頁: 97 - 121   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  5. 初期フランドル絵画におけるイメージと宗教的実践:「聖母の七つの悲しみ信仰とホアン・デ・フォンセカ 招待有り

    杉山美耶子

    鹿島美術財団報2018年度年報     頁: 1 - 12   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  6. ヤン・ファン・エイク作《ファン・デル・パーレの聖母子》――注文主の救済願望と鸚鵡の象徴性―― 招待有り 査読有り

    美術史   176 巻   頁: 224 - 239   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  7. ペトルス・クリストゥス作《乾木の聖母》――15世紀ブルッヘにおけるイメージの成立と機能を巡る一考察―― 招待有り 査読有り

    ロザリウム・ミスティクム   1 巻   頁: 1 - 12   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  8. 聖なる画中画―ペトルス・クリストゥス作《若い男性の肖像》に描かれた「聖顔」と贖宥― 招待有り 査読有り

    杉山美耶子

    芸術学   17 巻   頁: 52 - 64   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. Images and Indulgences in Early Netherlandish Painting 査読有り

    Miyako Sugiyama( 担当: 単著)

    Brepols Publishers  2021年6月  ( ISBN:978-1-912554-58-4

     詳細を見る

    総ページ数:IV+193p   記述言語:英語

    This book demonstrates the relationships between images and indulgences in fifteenth- and early sixteenth-century Netherlandish art. In the Roman Catholic Church, indulgences served as a way to reduce temporal punishment in purgatory for one’s sins. Indulgences could be obtained by reciting prayers and performing devotional practices. Penitents could earn this type of devotional indulgence with the aid of paintings and other artifacts that possessed theological, historical, and aesthetic values as well as performative and promissory ones. In this study, we explore not only the power of indulgenced images but also the power of their audiences, creating a way to communicate with the divine.

  2. Health and Architecture: Designing Spaces for Healing and Caring in the Pre-Modern Era, 査読有り 国際共著

    Miyako Sugiyama( 担当: 共著 ,  範囲: Healing of the poor: the Hospital of Our Lady of Potterie in Bruges)

    Bloomsbury  2021年 

     詳細を見る

    担当ページ:56-73   記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. 天国と地獄、あるいは至福と奈落 ネーデルラント美術の光と闇 査読有り

    今井澄子監修( 担当: 共著 ,  範囲: 忍びよる死―ヤン・ファン・エイクと工房“磔刑”“最後の審判”二連画)

    ありな書房  2021年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 北方近世叢書V ネーデルラント美術の宇宙 査読有り

    今井澄子編 ( 担当: 共著 ,  範囲: ヒューホ・ファン・デル・フース《ポルティナーリ祭壇画》―ネーデルラントとフィレンツェのはざまで)

    ありな書房  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:11-40   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  5. 北方近世叢書IV ネーデルラント美術の精華

    今井澄子編 ( 担当: 共著 ,  範囲: ペトルス・クリストゥス作《金銀細工の工房》-職業倫理とイメージ)

    ありな書房  2019年 

     詳細を見る

    担当ページ:41-72   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  6. ブリュージュの美術館たち 査読有り

    杉山美耶子( 担当: 単著)

    インスピレーション出版  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC 5

  1. Book Review: Maximiliaan Martens, Till-Holger Borchert, Jan Dumolyn, Johan De Smet, and Frederica Van Dam (eds), Van Eyck: An Optical Revolution. 査読有り

    The Medieval Low Countries8 巻   頁: 278 - 281   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  2. 書評:Thresholds and Boundaries. Liminality in Netherlandish Art (1385-1530)

    西欧中世研究11 巻   頁: 16 - 17   2019年11月

  3. 翻訳:テイス・ウエストステイン「グローバル・アート・ヒストリーとネーデルラント」 査読有り

    17世紀オランダとアジア(中央公論社)   頁: 403 - 422   2018年12月

  4. 訳:アンドレア・ヴァンドシュナイダー「ブリューゲル様式が意味するもの」

    『ブリューゲル展 画家一族150年の系譜』(東京都美術館)   頁: 13 - 19   2018年1月

  5. 書評:Pious Memories: the Wall-Mounted Memorial in the Burgundian Netherlands by Douglas Brine (2015)

    西洋中世研究8 巻   頁: 252 - 252   2016年6月

講演・口頭発表等 17

  1. ヤン・ファン・エイクと工房作《磔刑》《最後の審判》―骸骨の銘文を中心に―

    杉山美耶子

    西洋中世学会第13回全国大会  2021年6月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  2. 板絵画家としてのシモン・ベニング―再発見された《聖母子と二天使》―

    杉山美耶子

    美術史学会第73回全国大会  2020年12月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学   国名:日本国  

  3. 祈願と感謝の図像学:奇跡像を巡る旅

    杉山美耶子

    日本ベルギー学会例会  2019年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:ベルギー大使館   国名:日本国  

  4. 魂の貧者のためのイメージ:『ポテリーの聖母の奇跡』の意味内容と機能

    杉山美耶子

    第10回西洋中世学会大会  2018年6月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. Power of image and power of audience: performative images and practical devotions in the late medieval and early modern Netherlands 国際会議

    Miyako Sugiyama

    History of Netherlandish Art (HNA) Conference  2018年5月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語  

    国名:ベルギー王国  

  6. 贖いとイメージ:15・16世紀ネーデルラントにおける贖宥と視覚芸術の関係

    杉山美耶子

    日仏美術学会第146回例会  2018年2月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日仏会館   国名:日本国  

  7. Workshop on Flemish Art

    Miyako Sugiyama

    2017年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Ghent University   国名:ベルギー王国  

  8. ローマ七大聖堂への霊的巡礼とイメージの役割:再発見された逸名画家による《キリスト磔刑》の意味内容と機能

    杉山美耶子

    第70回美術史学会全国大会  2017年5月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. Displaying the illuminated texts: a case study of the Holy Sacrament Chapel in the Church of St Saviour, Bruges 国際会議

    Miyako Sugiyama

    Sixteenth Century Society and Conference  2016年8月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bruges   国名:ベルギー王国  

  10. Bronnenseminar: Lekendevotie in de 15de- en 16de-eeuwse Nederlanden

    Miyako Sugiyama

    Henri Pirenne Institute for Medieval Studies  2016年7月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Ghent University   国名:ベルギー王国  

  11. “Image and mental pilgrimage to Rome: a case study of Christ Crucified in Rumbeke 国際会議

    Miyako Sugiyama

    62nd Annual Meeting of the Renaissance Society of America  2016年3月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Boston   国名:アメリカ合衆国  

  12. Copying the sacredness: a case study of the portrait of Christ by Jan van Eyck

    Miyako Sugiyama

    College Art Association, the 104th Annual Conference  2016年2月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Washington D.C.   国名:アメリカ合衆国  

  13. Reconsidering the function and audience of the Madonna of Jan Vos by Jan van Eyck and his workshop 国際会議

    Miyako Sugiyama

    Peinture et enluminure dans les Pays-Bas du Sud. Nouvelles perspectives de recherché. Journée d’études GanLilArt.  2014年12月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地: Université Lille 3   国名:フランス共和国  

  14. Image for all truly penitent: indulgenced paintings and a case study of the Madonna of Jan Vos 国際会議

    Miyako Sugiyama

    Cusanus-Symposion. Zur astronomischen Theologie des Nikolaus von Kues Zu Ehren von Satoshi Oide,   2014年11月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bernkastel-Kues   国名:ドイツ連邦共和国  

  15. 聖なる画中画――ペトルス・クリストゥス作《若い男性の肖像》に描かれた「聖顔」と贖宥―― 国際会議

    杉山美耶子

    ベルギー研究会第52回研究会・ブリュッセル国際大会  2014年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学ブリュッセルオフィス   国名:ベルギー王国  

  16. ヤン・ファン・エイク作《ファン・デル・パーレの聖母子》――注文主の救済願望と鸚鵡の象徴性

    杉山美耶子

    第66回美術史学会全国大会  2013年5月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学   国名:日本国  

  17. ヤン・ファン・エイクのブルッヘにおける人的交流及び制作環境に関する一考察-シント・ドナース聖堂を中心に

    杉山美耶子

    第42回ベルギー研究会  2012年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

その他研究活動 1

  1. ティル・ホルガー・ボルヒェルト氏特別招待講演「ブルゴーニュ公領ネーデルラント及びヨーロッパにおけるヤン・ファン・エイク芸術の遺産(1440-1470年頃)」:企画進行

    2021年3月

科研費 1

  1. 中世末期ネーデルラントにおけるヴォーティブ・イメージに関する総合的研究

    研究課題/研究課題番号:19J00314  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  特別研究員奨励費 

    杉山美耶子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学以外) 9

  1. 西洋の宗教と芸術

    2021年4月 - 2022年3月 青山学院大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  2. 西洋の文芸と芸術

    2019年4月 - 2021年3月 青山学院大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  3. Great Art of the West

    2018年4月 - 2022年3月 Waseda University)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  4. キリスト教の美学

    2018年4月 - 2022年3月 立教大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  5. Topics in Literature and Art

    2018年4月 - 2022年3月 Waseda University)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  6. 美術史特殊IV

    2018年4月 - 2022年3月 慶應義塾大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  7. 英語原典講読(上級)

    2018年4月 - 2021年3月 立教大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  8. 立教ゼミナール発展編

    2018年4月 - 2021年3月 立教大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  9. 英語原典講読(美術史)

    2018年4月 - 2018年9月 慶應義塾大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

▼全件表示