2024/03/29 更新

写真a

イ シファン
李 時桓
LEE Sihwan
所属
大学院環境学研究科 都市環境学専攻 地圏空間環境学 准教授
大学院担当
大学院環境学研究科
学部担当
工学部 環境土木・建築学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス
ホームページ

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2011年9月   東京大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 空気質環境

  2. 換気設備

  3. 温熱快適性

  4. 環境シミュレーション

研究分野 1

  1. 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築環境、建築設備  / 空気環境、換気、温熱快適性、環境シミュレーション

 

論文 8

  1. Development of adjustable solar photovoltaic system for integration with solar shading louvers on building façades 査読有り 国際誌

    Risa Ito, Sihwan Lee

    APPLIED ENERGY   359 巻   2024年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    Increasing energy demand and its correlation with global warming underscore the urgency of exploring renewable energy sources, particularly solar power. This requirement is even more pronounced for mid- and high-rise buildings characterized by substantial energy consumption, necessitating the identification of optimal locations for solar panel installations. The purpose of this study is to develop an autonomously adjusted solar photovoltaic (PV) system for integration with solar shading louvers (adjustable PV louver system). Because the system can automatically adjust the angle of the solar PV panels by tracking the movement of the sun, electricity generation can be enhanced. To evaluate the performance of the adjustable PV louver system, we measured the amount of electricity generation with prototype model and developed a numerical analysis model for power generation calculations and a heating and cooling load calculation model. The major obtained findings are as follows: (1) Compared with a stationary PV louver system with fixed angles, actual measurement result shows that the adjustable vertical PV louver system exhibited a notable 7.3% improvement in daily electricity generation, whereas the adjustable horizontal PV louver system demonstrated an even more significant increase of 9.3%. (2) A parametric study involving the number of louvers was conducted to evaluate the influence of the shadows on each louver. The results showed that despite the presence of shadows between louvers, maintaining the number of louvers required to cover the window width resulted in improved electricity generation. (3) Heating and cooling load calculation for an office building in Japan shows that installing the adjustable horizontal PV louver system on window surfaces consumes the least amount of electricity.

    DOI: 10.1016/j.apenergy.2024.122711

  2. Effects of ventilation rate and social distancing on risk of transmission of disease: A numerical study using Eulerian-Lagrangian method 査読有り 国際共著 国際誌

    Wonseok Oh, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, Sihwan Lee

    AEROSOL SCIENCE AND TECHNOLOGY   58 巻   頁: 70 - 90   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylor & Francis Online  

    This study utilized the Eulerian-Lagrangian method to investigate the risk of transmission of disease by tracking particles generated through coughing. The effects of ventilation rates (0.5, 5.0, and 10 ACH) and social distancing (0.9 and 1.8 m) were examined in a small office room using a displacement ventilation system. Numerical simulations considered different particle sizes (1, 5, 10, 20, 40, and 80 μm) to understand particle behavior and transmission routes. The airflow resulting from human coughing was validated with experimental data. Results showed that at a social distance of 0.9 m, increasing the ventilation rate led to a higher fraction of particles directly inhaled by susceptible individuals, potentially causing droplet and airborne transmission. However, maintaining a social distance of 1.8 m and a ventilation rate of 10 ACH significantly reduced the fraction of inhaled particles. Larger particles tended to deposit on floors and surfaces, while smaller particles remained suspended in the air. Higher ventilation rates increased particle deposition on the body surface of susceptible individuals, whereas increasing social distance reduced particle deposition. These findings highlight the importance of appropriate ventilation rates and social distancing in reducing the risk of infection transmission. Maintaining a social distance of 1.8 m combined with increased ventilation effectively reduced the fraction of inhaled particles. Larger particles were more likely to deposit on surfaces, emphasizing the need for regular disinfection. Understanding the dynamics of infectious particles and implementing effective ventilation and distancing measures can help mitigate the spread of infectious diseases in indoor environments.

    DOI: 10.1080/02786826.2023.2271954

  3. Adding dry ice into ultra-high-performance concrete to enhance engineering performances and lower CO2 emissions 査読有り 国際共著 国際誌

    Xuan Mei-Yu, Lee Si-hwan, Hu Hui-qin, Wang Xiao-Yong

    CONSTRUCTION AND BUILDING MATERIALS   392 巻   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Construction and Building Materials  

    Developing low-carbon cement-based materials is crucial to address the pressing sustainability concerns the construction industry faces. This study elucidates the effect of adding dry ice on the micro-meso-macro properties of ultra-high-performance concrete (UHPC). The main original points of the method were summarized as follows: simple operation, low technical difficulty, no specific equipment required, and solving the problem that the carbonation curing method is difficult to use in low water-cement ratio concrete. The results show that adding dry ice generates microscopic CO2 bubbles that react with the carbonation of Ca(OH)2 and improve the later-stage strength and electrical resistivity. And adding dry ice reduces the heat of hydration and promotes ettringite formation. The results of microscopic analyses confirmed that increasing the dry ice content results in a decrease in Ca(OH)2; hence more calcium carbonate is formed. It was also observed that the carbon conversion effect became more apparent when the curing period was 28 days. And optical micrograph analysis showed that adding dry ice increased the total bubble content of the matrix and decreased the average bubble diameter, thus affecting the change in macroscopic properties. Moreover, as the addition of dry ice increased from 0 to 15%, the CO2 emission per unit strength decreased from 6.5 to 4.5 kg·CO2·m−3·MPa−1 (30% reduction in CO2 emission). Therefore, adding dry ice to UHPC is an effective way to utilize carbon and is crucial to achieving carbon neutrality in the concrete industry.

    DOI: 10.1016/j.conbuildmat.2023.131858

    Web of Science

    Scopus

  4. 浸水した住宅の応急処置方法と床下環境に関する調査研究 査読有り

    向井 誠人, 中谷 岳史, 長谷川 兼一, 李 時桓, 鈴木 麻純

    日本建築学会技術報告集   29 巻 ( 72 ) 頁: 1139 - 1144   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本建築学会  

    As a first aid for the flooded houses, drying was performed by using a blower to ventilate the underfloor and agitate the underfloor air. Afterward, the effectiveness of the blower was examined by measuring the effective ventilation rate and water content. The temperature and humidity, the concentration of suspended fungi, the number of attached fungi, and the concentration of dust were measured to investigate the underfloor environment. As a result, it was suggested that the use of a blower for first aid was effective and could inhibit the increase in mold.

    DOI: 10.3130/aijt.29.1139

    CiNii Research

  5. The Effect of Oyster Shell Powder on the High-Temperature-Properties of Slag-Ceramic Powder-Based Geopolymer 査読有り 国際共著 国際誌

    Zhang Gui-Yu, Lee Sihwan, Han Yi, Wang Xiao-Yong

    MATERIALS   16 巻 ( 10 )   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Materials  

    There is a lack of scientific understanding of adding an oyster shell powder (OSP) to geopolymer concrete. The purpose of this study is: (1) to evaluate the high-temperature resistance of the alkali-activated slag ceramic powder (CP) mixture added with OSP at different temperatures, (2) to address the lack of application of environmentally friendly building materials, and (3) to reduce solid waste of OSP pollution and protect the environment. OSP replaces granulated blast furnace slag (GBFS) and CP at 10% and 20% (based on binder), respectively. The mixture was heated to 400.0, 600.0, and 800.0 °C after curing for 180 days. The results of the experiment are summarized as follows: (1) The thermogravimetric (TG) results indicated that the OSP20 samples produced more CASH gels than the control OSP0. (2) As the temperature increased, the compressive strength and ultrasonic pulse velocity (UPV) both decreased. (3) Fourier transform infrared spectroscopy (FTIR) and X-ray diffraction (XRD) results reveal that the mixture undergoes a phase transition at 800.0 °C, and compared with the control OSP0, OSP20 undergoes a different phase transition. (4) The size change and appearance image results indicate that the mixture with added OSP inhibits shrinkage, and calcium carbonate decomposes to produce off-white CaO. To sum up, adding OSP can effectively reduce the damage of high temperatures (800.0 °C) on the properties of alkali-activated binders.

    DOI: 10.3390/ma16103706

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. 数値流体力学解析による業務用ガスコンロから発生する熱上昇気流の再現(その1):裸火状態の温度分布、速度分布、および排気フードの捕集率 査読有り

    島貫 友貴, 倉渕 隆, 大澤 嵩生, 鳥海 吉弘, 李 時桓, 工藤 安未, 浅輪 泰久

    日本建築学会環境系論文集   87 巻 ( 799 ) 頁: 569 - 578   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本建築学会  

    DOI: 10.3130/aije.87.569

    CiNii Research

  7. Evaluation of an automatic opening window system to maintain adequate ventilation rates 査読有り 国際誌

    Akane Tsutsumi, Sihwan Lee

    E3S Web of Conferences   356 巻   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:E3S Web of Conferences  

    Under the influence of COVID-19, it is recommended to ventilate to reduce the risk of infection in the room. In an air-conditioned room, opening windows increase the ventilation rate that caused by indoor and outdoor temperature differences. However, there is a concern that opening windows in the air-conditioned room will increase the heating and cooling loads due to air leakage. In addition, it is difficult to maintain the adequate ventilation rate. To solve this problem, we developed an automatic window opening system to control the natural ventilation rate. This system can be controlling the adequate ventilation rate for the room by adjusting the opening area of window automatically. The purpose of this study is to confirm the effectiveness of this system and to understand its performance. In this study, analysis was done to calculate the adequate opening width in Japan, and actual measurements were conducted to understand the operating performance of this system. As a result, it was confirmed that sensible heat load due to ventilation was reduced with this system, and the ventilation rate could be controlled by this system.

    DOI: 10.1051/e3sconf/202235603048

    Scopus

  8. A study on the measurement of unregulated pollutants in Korean residential environments 査読有り 国際共著 国際誌

    Hyuntae Kim, Taewoo Kim, Sihwan Lee

    Buildings   12(2) 巻 ( 243 ) 頁: 1 - 9   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Buildings  

    This study investigated the pollution caused by unregulated chemical substances in Korean residential environments. A TA tube was used for indoor air collection, and Gas Chromatography–Mass Spectrometry was used for the analysis of chemical substances. According to the results of this study, 13 substances out of the 16 analyzed chemicals were detected and, among them, the concentrations of phenol, α-pinene, and limonene within the indoor air were high. The average concentration of phenol was 32.7 µg/m3. α-pinene and limonene were detected, of which the highest concentrations were as 598.2 µg/m3 and 652.5 µg/m3, respectively. The maximum concentrations of these three substances exceeded the levels of the lowest concentration of interest. Notably, α-pinene and limonene were released from the wood itself. Wood has been widely used indoors as a natural building material and as furniture. Therefore, it was considered that this was the reason for the high the concentrations of the two substances in indoor air. However, we do not argue that the usage of wood should be reduced because of the results obtained in this study. Instead, we sµggest that it is important to reduce the emissions of α-pinene and limonene throµgh the processing of the wood, extending its drying period, and determining the most appropriate time of use.

    DOI: 10.3390/buildings12020243

▼全件表示

MISC 1

  1. 新型コロナウィルス感染病を対象としたレストランの飛沫核感染確率分布に関する研究

    島貫友貴、浅輪泰久、工藤安未、倉渕隆、金政一、鳥海吉弘、李時桓  

    クリーンテクノロジー32 巻 ( 2022年2月号 ) 頁: 14 - 18   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

講演・口頭発表等 66

  1. 汚染質除去効率を用いた空気清浄機の換気効率評価

    金政一,倉渕隆,李時桓,野中俊宏,李彦,村井竜也

    室内環境学会学術大会講演要旨集  2023年12月1日  一般社団法人 室内環境学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月 - 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄県市町村自治会館   国名:日本国  

  2. アフターコロナの住環境を考慮に入れた換気システムの開発(その1)第2種換気方式の検討

    石坂隼人,鳥海吉弘,李時桓,堤あかね,倉渕隆,朝岡幸康,大浦豊

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2023年9月14日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  3. 農業用保温資材を設置した窓の断熱性能に関する研究

    村上寛也,岩井一博,李時桓,原田英世

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2023年9月15日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  4. 日射遮蔽ルーバーを用いた可変型太陽光発電システムの性能検証

    伊藤理紗,李時桓

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2023年9月15日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  5. トレーラーハウスにおける住環境の改善に関する研究(その4)省エネルギー基準地域区分毎の冬季室内温熱環境

    原田英世,岩井一博,李時桓,村上寛也

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2023年9月13日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  6. 自然換気による粒子状物質の除去特性 – 粒径によるEulerianとLagrangian解析

    李時桓,武藤祐太,金政一,倉渕隆

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2023年9月13日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  7. 水微粒子の自由落下における蒸発現象に関する数値解析

    武藤祐太,李時桓,金政一,倉渕隆

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2023年9月13日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  8. 人工飛沫を用いた空気清浄機の換気効率測定法に関する研究

    李彦,倉渕隆,金政一,李時桓,野中俊宏,村井竜也

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2023年9月14日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  9. 業務用厨房における排気捕集率を対象としたCFD解析モデル構築に関する研究(第1報)実験詳細と鍋底面及び側面の流入熱量比の検討

    有賀瑞稀,木村裕貴,倉渕隆,金政一,野中俊宏,鳥海吉弘,李時桓,島貫友貴,工藤安未,冨永隆一

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2023年9月13日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  10. 業務用厨房における熱上昇気流を対象としたCFD解析モデルの構築に関する研究(第2報)鍋使用時の熱上昇気流を対象とした解析モデルの検証

    木村裕貴,有賀瑞稀,倉渕隆,野中俊宏,金政一,鳥海吉弘,李時桓,島貫友貴,工藤安未,冨永隆一

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2023年9月13日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  11. 自然換気量を制御する自動開閉窓システムの開発(その4)開き窓における流量係数の算出と自動開閉窓システムの制御方法

    大浦豊,堤あかね,李時桓,鳥海吉弘,石坂隼人,倉渕隆,朝岡幸康

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2023年9月13日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  12. 自然換気量を制御する自動開閉窓システムの開発(その5)開き窓におけるシステムの性能評価

    堤あかね,李時桓,鳥海吉弘,石坂隼人,倉渕隆,大浦豊,朝岡幸康

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2023年9月13日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  13. 日射遮蔽ルーバーを用いた可変型太陽光発電システムの性能検証 - 垂直ルーバーと水平ルーバーの比較

    伊藤理紗,李時桓

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集  2023年9月6日  公益社団法人 空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学   国名:日本国  

  14. 人工飛沫を用いた空気清浄機の換気効率測定法に関する研究

    李彦,倉渕隆,金政一,李時桓,野中俊宏,村井竜也

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集  2023年9月7日  公益社団法人 空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学   国名:日本国  

  15. 粒子状物質の運命を考慮した換気量評価に関する研究(第一報)単一開口における縮小モデルを用いた可視化実測と数値解析の比較

    武藤祐太,李時桓,金政一,李彦,村井竜也,倉渕隆

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集  2023年9月7日  公益社団法人 空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学   国名:日本国  

  16. 適正換気量の自動制御を行う窓開閉システムの開発(第三報)開き窓における自動窓開閉システムの開発

    堤あかね,李時桓,鳥海吉弘,倉渕隆,大浦豊,石坂隼人

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集  2023年9月8日  公益社団法人 空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学   国名:日本国  

  17. 業務用厨房における排気捕集率を対象としたCFD解析モデル構築に関する研究(第2報)熱上昇気流及び排気捕集率を対象とした解析モデルの検証

    木村裕貴,有賀瑞稀,倉渕隆,金政一,野中俊宏,鳥海吉弘,李時桓,島貫友貴,工藤安未,冨永隆一

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集  2023年9月7日  公益社団法人 空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学   国名:日本国  

  18. 業務用厨房における排気捕集率を対象としたCFD解析モデル構築に関する研究(第1報)実験詳細と鍋底面及び側面の流入熱量比の検討

    有賀瑞稀,木村裕貴,倉渕隆,金政一,野中俊宏,鳥海吉弘,李時桓,島貫友貴,工藤安未,冨永隆一

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集  2023年9月7日  公益社団法人 空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学   国名:日本国  

  19. 粒子状物質の運命を考慮した換気量評価に関する研究(第二報)単一開口におけるEulerian とLagrangian 数値解析の比較

    李時桓,武藤祐太,金政一,倉渕隆

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集  2023年9月7日  公益社団法人 空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学   国名:日本国  

  20. アフターコロナの住環境を考慮に入れた換気システムの検討

    石坂隼人,鳥海吉弘,李時桓,堤あかね,倉渕隆,大浦豊

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集  2023年9月8日  公益社団法人 空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学   国名:日本国  

  21. 応急仮設住宅としてトレーラーハウスの活用と環境改善(その5)省エネルギー基準地域区分毎の冬季室内温熱環境

    原田英世,岩井一博,李時桓,村上寛也,武藤祐太

    日本建築学会北陸支部研究報告集  2023年7月6日  一般社団法人 日本建築学会北陸支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  22. 農業用保温資材を用いた冬期における室内温熱環境改善効果に関する研究

    村上寛也,岩井一博,李時桓,原田英世

    日本建築学会北陸支部研究報告集  2023年7月6日  一般社団法人 日本建築学会北陸支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  23. Reproduction of thermal plume and capture efficiency of hood exhaust in commercial kitchen using CFD analysis 国際会議

    Mizuki Aruga, Takashi Kurabuchi, Jeongil Kim, Yoshihiro Toriumi, Sihwan Lee, Yuki Shimanuki, Ami Kudo, Ryuichi Tominaga

    IAQVEC 2023, The 11th international conference on indoor air quality, ventilation & energy conservation in buildings  2023年5月20日  IAQVEC

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo Big Sight, Tokyo, Japan   国名:日本国  

  24. Development of an automatic side-hung window system to control the natural ventilation rate 国際会議

    Akane Tsutsumi, Sihwan Lee, Yoshihiro Toriumi, Takashi Kurabuchi, Yutaka Oura, Yukiyasu Asaoka

    IAQVEC 2023, The 11th international conference on indoor air quality, ventilation & energy conservation in buildings  2023年5月20日  IAQVEC

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo Big Sight, Tokyo, Japan   国名:日本国  

    DOI: 10.1051/e3sconf/202339602025

  25. Effects of droplet generation by respiration and vocalization on infection risk 国際会議

    Jeongil Kim, Takashi Kurabuchi, Arisu Furusawa, Haruki Taguchi, Hiko Ri, Sihwan Lee

    IAQVEC 2023, The 11th international conference on indoor air quality, ventilation & energy conservation in buildings  2023年5月20日  IAQVEC

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo Big Sight, Tokyo, Japan   国名:日本国  

    DOI: 10.1051/e3sconf/202339601032

  26. Numerical investigation on indoor aerosol dispersion due to natural ventilation with single-sided opening 国際会議

    Yuta Muto, Sihwan Lee, Takashi Kurabuchi, Jeongil Kim, Jaeung Hwang

    IAQVEC 2023, The 11th international conference on indoor air quality, ventilation & energy conservation in buildings  2023年5月20日  IAQVEC

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo Big Sight, Tokyo, Japan   国名:日本国  

    DOI: 10.1051/e3sconf/202339602013

  27. Development of the airflow type photovoltaic system with solar shading effect 国際会議

    Risa Ito, Sihwan Lee

    IAQVEC 2023, The 11th international conference on indoor air quality, ventilation & energy conservation in buildings  2023年5月20日  IAQVEC

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo Big Sight, Tokyo, Japan   国名:日本国  

    DOI: 10.1051/e3sconf/202339604017

  28. 日射遮蔽ルーバーを用いた可変型太陽光発電システムの開発

    伊藤理紗、李時桓

    日本建築学会東海支部研究報告集  2023年2月21日  一般社団法人 日本建築学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市立大学   国名:日本国  

  29. 教育施設内におけるマイクロプラスチック測定手順の提案

    金炫兌、李時桓

    室内環境学会学術大会講演要旨集  2022年12月2日  一般社団法人 室内環境学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:江戸川区総合文化センター   国名:日本国  

  30. 呼吸と発声による飛沫発生が感染リスクに与える影響

    金政一、倉渕隆、李時桓、古澤明里朱、田口遥樹、李彦

    室内環境学会学術大会講演要旨集  2022年12月2日  一般社団法人 室内環境学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:江戸川区総合文化センター   国名:日本国  

  31. 単一開口モデルにおける自然換気がもたらす室内粒子の流出特性を対象としたRANSとLESの比較

    武藤祐太、李時桓、倉渕隆、金政一、黄載雄

    室内環境学会学術大会講演要旨集  2022年12月2日  一般社団法人 室内環境学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:江戸川区総合文化センター   国名:日本国  

  32. 開き窓の開口角度と流量係数に関する研究

    堤あかね、李時桓、大浦豊、朝岡幸康

    室内環境学会学術大会講演要旨集  2022年12月2日  一般社団法人 室内環境学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:江戸川区総合文化センター   国名:日本国  

  33. 加熱式タバコの距離による受動喫煙の影響

    黄載雄、李時桓

    室内環境学会学術大会講演要旨集  2022年12月2日  一般社団法人 室内環境学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:江戸川区総合文化センター   国名:日本国  

  34. 呼吸関連活動時に発生する飛沫・エアロゾル濃度と相対的な感染リスクの評価

    古澤明里朱、倉渕隆、金政一、李時桓、田口遥樹、李彦

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集  2022年9月16日  公益社団法人 空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学   国名:日本国  

  35. 業務用厨房における改良k-εモデルを適用した鍋使用時のCFD解析手法に関する研究(第二報)熱上昇気流及び排気捕集率を対象とした解析モデルの検証

    大澤嵩生、有賀瑞稀、倉渕隆、金政一、鳥海吉弘、李時桓、島貫友貴、工藤安未、冨永隆一

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集  2022年9月15日  公益社団法人 空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学   国名:日本国  

  36. 業務用厨房における改良k-εモデルを適用した鍋使用時のCFD解析手法に関する研究(第一報)改良甲谷モデルを用いたCFD検討と実験詳細

    有賀瑞稀、大澤嵩生、倉渕隆、金政一、鳥海吉弘、李時桓、島貫友貴、工藤安未、冨永隆一

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集  2022年9月15日  公益社団法人 空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学   国名:日本国  

  37. 適正換気量の自動制御を行う窓開閉システムの開発(第二報)開口幅の制御関数式と冷暖房時における実測結果

    李時桓、堤あかね、鳥海吉弘、倉渕隆

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集  2022年9月15日  公益社団法人 空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学   国名:日本国  

  38. 適正換気量の自動制御を行う窓開閉システムの開発(第一報)適正換気量を確保するための窓開き自然換気

    堤あかね、李時桓、鳥海吉弘、倉渕隆

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集  2022年9月15日  公益社団法人 空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学   国名:日本国  

  39. 数値流体力学解析を用いた業務用厨房における排気捕集率の再現に関する研究(その1)改良甲谷モデルを用いた熱上昇気流及び排気捕集率のCFD予測に関する検証

    有賀瑞稀、大澤嵩生、倉渕隆、金政一、鳥海吉弘、李時桓、島貫友貴、工藤安未、冨永隆一

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2022年9月7日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道科学大学   国名:日本国  

  40. 加熱式タバコの喫煙による呼吸特性と化学種物質の挙動特性

    黄載雄、李時桓

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2022年9月8日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道科学大学   国名:日本国  

  41. 単一開口モデルにおける自然換気を評価する数値解析条件に関する検討

    武藤祐太、李時桓、倉渕隆、金政一、黄載雄

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2022年9月8日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道科学大学   国名:日本国  

  42. 自然換気量を制御する自動開閉窓システムの開発(その3)冬期実測によるシステムの性能評価

    堤あかね、李時桓、鳥海吉弘、倉渕隆、朝岡幸康、大浦豊

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2022年9月7日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道科学大学   国名:日本国  

  43. 自然換気量を制御する自動開閉窓システムの開発(その2)夏期実測によるシステムの性能評価

    大浦豊、堤あかね、李時桓、鳥海吉弘、倉渕隆、朝岡幸康

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2022年9月7日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道科学大学   国名:日本国  

  44. 自然換気量を制御する自動開閉窓システムの開発(その1)自動開閉窓システムの概要と制御方法

    朝岡幸康、堤あかね、李時桓、鳥海吉弘、倉渕隆、大浦豊

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2022年9月7日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道科学大学   国名:日本国  

  45. 呼吸関連活動時に発生する飛沫・エアロゾル濃度と相対的な感染リスクの評価

    古澤明里朱、倉渕隆、金政一、李時桓、田口遥樹、李彦

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2022年9月5日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道科学大学   国名:日本国  

  46. トレーラーハウスにおける住環境の改善に関する研究(その3)エアコンと電気式床暖房を用いた冬期における温熱環境の検討

    多冨一斗、岩井一博、李時桓、原田英世、村上寛也、武藤祐太、堤あかね

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2022年9月6日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道科学大学   国名:日本国  

  47. トレーラーハウスにおける住環境の改善に関する研究(その2)農業用資材を用いた夏期の温熱環境改善効果

    村上寛也、岩井一博、李時桓、多冨一斗、武藤祐太、堤あかね、原田英世

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2022年9月6日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道科学大学   国名:日本国  

  48. トレーラーハウスにおける住環境の改善に関する研究(その1)トレーラーハウスの仕様と性能,その活用性

    原田英世、岩井一博、李時桓、多冨一斗、村上寛也、武藤祐太、堤あかね

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2022年9月6日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道科学大学   国名:日本国  

  49. 数値流体力学解析を用いた業務用厨房における排気捕集率の再現に関する研究(その2)鍋使用時の熱上昇気流及び排気フードの捕集率を対象とした解析モデルの検証

    大澤嵩生、有賀瑞稀、倉渕隆、金政一、鳥海吉弘、李時桓、島貫友貴、工藤安未、冨永隆一

    日本建築学会大会学術講演梗概集  2022年9月7日  一般社団法人 日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道科学大学   国名:日本国  

  50. 応急仮設住宅としてトレーラーハウスの活用と環境改善(その1)応急仮設住宅としてトレーラーハウスの活用と環境改善

    原田英世、岩井一博、李時桓、多冨一斗、村上寛也、武藤祐太、堤あかね

    日本建築学会北陸支部研究報告集  2022年7月10日  一般社団法人 日本建築学会北陸支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学   国名:日本国  

  51. 応急仮設住宅としてトレーラーハウスの活用と環境改善(その2)ミスト噴霧によるトレーラーハウス内の温熱環境の改善効果

    武藤祐太、堤あかね、李時桓、岩井一博、多冨一斗、村上寛也、原田英世

    日本建築学会北陸支部研究報告集  2022年7月10日  一般社団法人 日本建築学会北陸支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学   国名:日本国  

  52. 応急仮設住宅としてトレーラーハウスの活用と環境改善(その4)電気式床暖房を用いた冬期の温熱環境改善効果

    多冨一斗、岩井一博、李時桓、村上寛也、武藤祐太、堤あかね、原田英世

    日本建築学会北陸支部研究報告集  2022年7月10日  一般社団法人 日本建築学会北陸支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学   国名:日本国  

  53. 応急仮設住宅としてトレーラーハウスの活用と環境改善(その3)農業用資材を用いた 夏期の 温熱環境改善効果

    村上寛也、岩井一博、李時桓、多冨一斗、武藤祐太、堤あかね、原田英世

    日本建築学会北陸支部研究報告集  2022年7月10日  一般社団法人 日本建築学会北陸支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学   国名:日本国  

  54. Gravity settling of particles and ventilation characteristics by natural ventilation method 国際会議

    Yuta Muto, Sihwan Lee, Jaeung Hwang

    Indoor Air 2022, The 17th International Conference on Indoor Air Quality and Climate  2022年6月13日  Finnish Society of Indoor Air Quality and Climate (FiSIAQ)

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Eastern Finland, Finland   国名:フィンランド共和国  

  55. Respiratory characteristics during smoking and its numerical analysis 国際会議

    Jaeung Hwang, Sihwan Lee

    Indoor Air 2022, The 17th International Conference on Indoor Air Quality and Climate  2022年6月13日  Finnish Society of Indoor Air Quality and Climate (FiSIAQ)

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Eastern Finland, Finland   国名:フィンランド共和国  

  56. Development of an automatic window opening system to control the ventilation rate 国際会議

    Akane Tsutsumi, Sihwan Lee

    Indoor Air 2022, The 17th International Conference on Indoor Air Quality and Climate  2022年6月13日  Finnish Society of Indoor Air Quality and Climate (FiSIAQ)

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Eastern Finland, Finland   国名:フィンランド共和国  

  57. Development of heat recovery radiant heating system using dynamic insulation 国際会議

    Jaeung Hwang, Sihwan Lee

    CLIMA 2022, The 14th REHVA HVAC World Congress  2022年5月23日  Federation of European Heating, Ventilation and Air Conditioning Associations (REHVA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rotterdam Ahoy Convention Centre in Rotterdam, The Netherlands   国名:オランダ王国  

    DOI: https://doi.org/10.34641/clima.2022.197

  58. Transmission due to infectious particles generated by a human: effects of particle size, ventilation rate, and distance between individuals 国際会議

    Wonseok Oh, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, Sihwan Lee

    CLIMA 2022, The 14th REHVA HVAC World Congress  2022年5月23日  Federation of European Heating, Ventilation and Air Conditioning Associations (REHVA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rotterdam Ahoy Convention Centre in Rotterdam, The Netherlands   国名:オランダ王国  

    DOI: https://doi.org/10.34641/clima.2022.411

  59. Development of an automatic sliding window system to control adequate ventilation rate 国際会議

    Akane Tsutsumi, Sihwan Lee

    CLIMA 2022, The 14th REHVA HVAC World Congress  2022年5月23日  Federation of European Heating, Ventilation and Air Conditioning Associations (REHVA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rotterdam Ahoy Convention Centre in Rotterdam, The Netherlands   国名:オランダ王国  

    DOI: https://doi.org/10.34641/clima.2022.264

  60. Reproduction of thermal plume above commercial cooking gas stove using CFD analysis 国際会議

    Takao Osawa, Takashi Kurabuchi, Yoshihiro Toriumi, Sihwan Lee, Yuki Shimanuki, Ami Kudo

    CLIMA 2022, The 14th REHVA HVAC World Congress  2022年5月23日  Federation of European Heating, Ventilation and Air Conditioning Associations (REHVA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rotterdam Ahoy Convention Centre in Rotterdam, The Netherlands   国名:オランダ王国  

    DOI: https://doi.org/10.34641/clima.2022.324

  61. Relationship between bioaerosol particle size and ventilation removal for airborne infections 国際会議

    Yuta Muto, Sihwan Lee, Jaeung Hwang

    CLIMA 2022, The 14th REHVA HVAC World Congress  2022年5月23日  Federation of European Heating, Ventilation and Air Conditioning Associations (REHVA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rotterdam Ahoy Convention Centre in Rotterdam, The Netherlands   国名:オランダ王国  

    DOI: https://doi.org/10.34641/clima.2022.198

  62. Ventilation improvement using electric fan close by single-sided opening 国際会議

    Sihwan Lee

    Healthy Buildings 2021-America  2022年1月19日  International Society of Indoor Air Quality and Climate

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawaii Convention Center in Honolulu, Hawaii   国名:アメリカ合衆国  

  63. Development of heat recovery radiant heating system using ventilation driving force 国際会議

    Jaewoong Hwang, Sihwan Lee

    Healthy Buildings 2021-America  2022年1月19日  International Society of Indoor Air Quality and Climate

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hawaii Convention Center in Honolulu, Hawaii   国名:アメリカ合衆国  

  64. Respiratory characteristics, thermal comfort and productivity with wearing a mask 国際会議

    Motoki Kondo, Sihwan Lee

    Healthy Buildings 2021-America  2022年1月19日  International Society of Indoor Air Quality and Climate

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawaii Convention Center in Honolulu, Hawaii   国名:アメリカ合衆国  

  65. Ventilation improvement with window opening in air-conditioned room 国際会議

    Akira Okamura, Sihwan Lee

    Healthy Buildings 2021-America  2022年1月19日  International Society of Indoor Air Quality and Climate

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawaii Convention Center in Honolulu, Hawaii   国名:アメリカ合衆国  

  66. Development of the glass panel circulating warm water for heat shock reduction 国際会議

    Satoko Yano, Sihwan Lee, Ryozo Ooka, Yutaka Oura, Yukiyasu Asaoka

    Healthy Buildings 2021-America  2022年1月19日  International Society of Indoor Air Quality and Climate

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawaii Convention Center in Honolulu, Hawaii   国名:アメリカ合衆国  

▼全件表示

科研費 2

  1. アフターコロナの住環境を考慮に入れたHEMSを利用した新たな換気システムの開発

    研究課題/研究課題番号:21H01494  2021年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    鳥海 吉弘, 李 時桓, 倉渕 隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の概要は、室圧制御や自然換気利用が可能な新たな換気システムを構築することである。
    室圧制御により、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスの患者に対する隔離室の形成や、高気密住宅における室内負圧の軽減が可能になると考えた。また、室圧の制御には窓開閉も用いる。一方、隔離室の形成とは別に、ウイルス感染に対する必要換気量は、建築基準法の0.5回/hの換気回数よりも多くなる可能性が高い。省エネルギーを考慮し、本換気システムは自然換気も併用、ないしは選択できるものを想定している。
    HEMSに換気システムを組み込むことで、換気や室内温熱環境の見える化、IoTの促進とHEMSの普及が期待される。

  2. 室内空間におけるバイオエアロゾル評価指標の開発と感染リスク低減方法

    研究課題/研究課題番号:21H01495  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    倉渕 隆, 金 政一, 李 時桓

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は,バイオエアロゾル(ウイルス,バクテリアなど)の挙動を定量的に検討する評価指標を開発し,その指標に基づいた寄与率評価により感染リスク低減方法を構築する。
    世界規模で急速に広がるバイオエアロゾルによる感染症問題に対し,換気・空気清浄・殺菌などの対策が挙げられているが,数理疫学・工学的に評価する指標がなく,それぞれの効果について明確な基準がないのが現状である。そこで実験的な手法による数理疫学の検証,数値解析による定量的な検討により,ウィズコロナ時代における社会科学・工学分野でのソリューションを提案する。

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 建築・都市環境工学

    2022