2022/04/05 更新

写真a

ツジ ヒロユキ
辻 寛之
TSUJI Hiroyuki
所属
生物機能開発利用研究センター 教授
職名
教授
プロフィール
私たちは、花をつくる最強の運命決定因子・フロリゲンの分子機能解明と植物改良への展開をめざして研究しています。生命科学の最先端の研究技術を基軸にして、これまで誰も見たことのないものを見る。フロリゲンの研究を通して、生命科学の新しい領域を切り開く研究を進めます。
外部リンク

学位 1

  1. 博士(農学) ( 2004年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 6

  1. フロリゲン

  2. 茎頂メリステム

  3. イネ

  4. オオムギ

  5. コムギ

  6. 発生学

研究分野 1

  1. 環境・農学 / 遺伝育種科学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. フロリゲンの分子機能解明と植物改良への展開

経歴 7

  1. 名古屋大学   生物機能開発利用研究センター   教授

    2022年4月 - 現在

  2. 横浜市立大学   木原生物学研究所   准教授

    2016年4月 - 現在

  3. 横浜市立大学   木原生物学研究所   講師

    2015年4月 - 2016年3月

  4. 奈良先端科学技術大学院大学   バイオサイエンス研究科   助教

    2006年4月 - 2015年3月

  5. 日本学術振興会   特別研究員PD

    2005年4月 - 2006年3月

  6. 名古屋大学   生物機能開発利用研究センター   研究員

    2004年4月 - 2005年3月

  7. 日本学術振興会   特別研究員DC1

    2001年4月 - 2004年3月

▼全件表示

学歴 3

  1. 東京大学   大学院農学生命科学研究科 博士課程

    2001年4月 - 2004年3月

  2. 東京大学   大学院農学生命科学研究科 修士課程

    1999年4月 - 2001年3月

  3. 東京大学   農学部

    1995年4月 - 1999年3月

所属学協会 2

  1. 日本育種学会   編集幹事

    2020年4月 - 現在

  2. 日本植物生理学会   庶務幹事

    2017年1月 - 2018年12月

受賞 1

  1. 日本育種学会 奨励賞

    2015年3月   日本育種学会   花成ホルモン・フロリゲンの機能に関する遺伝育種学的研究

    辻 寛之

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 6

  1. DNA methylation is reconfigured at the onset of reproduction in rice shoot apical meristem. 査読有り

    Higo, A., Saihara, N., Miura, F., Higashi, Y., Yamada, M., Tamaki, S., Ito, T., Tarutani, Y., Sakamoto, T., Fujiwara, M., Kurata, T., Fukao, Y., Moritoh, S., Terada, S., Kinoshita, T., Ito, T., Kakutani, T., Ko Shimamoto, K., Tsuji, H.

    Nature Communications   11 巻   頁: 4079   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1038/s41467-020-17963-2

  2. Antagonistic regulation of the gibberellic acid response during stem growth in rice. 査読有り 国際共著

    Nagai, K,, Mori, Y., Ishikawa, S., Furuta, T., Gamuyao, R., Niimi, Y., Hobo, T., Fukuda, M., Kojima, M., Takebayashi, Y., Fukushima, A., Himuro, Y., Kobayashi, M., Ackley, W., Hisano, H., Sato, K., Yoshida, A., Wu, J., Sakakibara, H., Sato, Y., Tsuji, H., Akagi, T., Ashikari, M.

    Nature   584 巻   頁: 109 - 114   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1038/s41586-020-2501-8

  3. Multiple wheat genomes reveal global variation in modern breeding 査読有り 国際共著

    Walkowiak S, Gao L, Monat C, Haberer G, Kassa MT, Brinton J, Ramirez-Gonzalez RH, Kolodziej MC, Delorean E, Thambugala D, Klymiuk V, Byrns B, Gundlach H, Bandi V, Siri N, Nilsen K, Aquino C, Himmelbach A, Copetti D, Ban T, Venturini L, Bevan M, Clavijo B, Koo DH, Ens J, Wiebe K, N’Daiye A, Fritz AK, Gutwin C, Fiebig A, Fosker C, Fu BX, Accinelli GG, Gardner KA, Fradgley N, Gutierrez-Gonzalez J, Halstead-Nussloch G, Hatakeyama M, Koh CS, Deek J, Costamagna AC, Fobert P, Heavens D, Kanamori K, Kawaura K, Kobayashi F, Krasileva K, Kuo T, McKenzie N, Murata K, Nabeka Y, Paape T, Padmarasu S, Percival-Alwyn L, Kagale S, Scholz W, Sese J, Juliana P, Singh R, Shimizu-Inatsugi R, Swarbreck D, Cockram J, Budak H, Tameshige T, Tanaka T, Tsuji H, Wright J, Wu J, Steuernagel B, Small I, Cloutier S, Keeble-Gagnere G, Muehlbauer G, Tibbets J, Nasuda S, Melonek J, Hucl PJ, Sharpe A, Clark M, Legg E, Bharti A, Langridge P, Hall A, Uauy C, Mascher M, Krattinger SG, Handa H, Shimizu KK, Distelfeld A, Chalmers K, Keller B, Mayer KFX, Poland J, Stein N, McCartney CA, Spannagl M, Wicker T, Pozniak CJ

    Nature   588 巻   頁: 277 - 283   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1038/s41586-020-2961-x

  4. 14-3-3 proteins act as intracellular receptors for rice Hd3a florigen. 査読有り 国際共著

    *Taoka K, *Ohki I, *Tsuji H (*co-first authors), Furuita K, Hayashi K, Yanase T, Yamaguchi M, Nakashima C, Purwestri YA, Tamaki S, Ogaki Y, Shimada C, Nakagawa A, Kojima C, Shimamoto K

    Nature   476 巻   頁: 332 - 335   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. FT-like proteins induce transposon silencing in the shoot apex during floral induction in rice. 査読有り

    Tamaki, S., Tsuji, H (Corresponding Author)., Matsumoto, A., Fujita, A., Shimatani, Z., Terada, R., Sakamoto, T., Kurata, T., Shimamoto, K.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   112 巻   頁: 901 - 911   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Dual role of tree florigen activation complex component FD in photoperiodic growth control and adaptive response pathways. 査読有り

    *Tylewicz, S., *Tsuji, H., *Miskoloczi, P. , Petterle, A., Azeez, A., Jonsson, K., Shimamoto, K., Bhalerao, R.P.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   112 巻   頁: 3140 - 3145   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 8

  1. 茎頂メリステムにおけるフロリゲンの分子機能解明

    研究課題番号:21H04728  2021年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. 野生遺伝資源を活用したイネ科新奇食糧資源の開拓 研究課題

    研究課題番号:JPMJMI20C8  2020年8月 - 2023年3月

    未来社会創造事業  探索加速型

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  3. データ科学に基づく作物設計基盤技術の構築

    研究課題番号:JPMJCR16O4  2016年8月 - 2021年3月

    戦略的創造研究推進事業  CREST

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. 花成ホルモン・フロリゲンを起点とする花形成の「鍵と鍵穴」相互作用の解明

    研究課題番号:16H06466  2016年8月 - 2021年3月

    新学術領域研究 (研究領域提案型)  計画研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  5. フロリゲン活性化複合体の分子機能解明

    研究課題番号:16H02532  2016年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 我が国を拠点とした実用作物の世界最先端ゲノム編集研究国際ネットワークの構築 国際共著

    研究課題番号:S2804  2016年4月 - 2020年3月

    人材育成事業  頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  7. フロリゲンを活用して地球温暖化に強い作物を作るための基礎研究

    2016年4月 - 2019年3月

    キャノン財団研究助成  「理想の追求」

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  8. フロリゲン活性化複合体の形成メカニズムの解明と開花調節への応用

    研究課題番号:24688001  2012年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示