2024/03/13 更新

写真a

ナカニシ コウキ
中西 香企
NAKANISHI Koki
所属
医学部附属病院 消化器・腫瘍外科(消化管) 病院助教
職名
病院助教
外部リンク

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2021年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 臨床腫瘍学

  2. 胃癌

  3. 消化器癌

  4. 消化器外科

  5. 分子生物学

  6. トランスレーショナルリサーチ

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学

  2. ライフサイエンス / 腫瘍生物学  / 分子腫瘍学

  3. ライフサイエンス / 消化器外科学

経歴 4

  1. 名古屋大学医学部附属病院消化器外科二   病院助教

    2022年1月

      詳細を見る

  2. 名古屋大学医学部附属病院消化器外科二 医員

    2018年4月 - 2021年12月

      詳細を見る

  3. 国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院

    2015年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  4. 小牧市民病院

    2009年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

委員歴 2

  1. JCOG胃癌グループ   若手の会「JCOG-Sync.」幹事  

    2021年4月 - 2023年3月   

      詳細を見る

  2. 改訂がん薬物療法時の腎障害ガイドライン SR委員  

    2020年12月 - 2021年12月   

      詳細を見る

受賞 3

  1. KINGCA WEEK 2022 BEST POSTER PRESENTATION AWARD

    2022年9月  

  2. Nishi Memorial Award

    2020年3月   日本胃癌学会  

    中西香企

     詳細を見る

  3. 優秀演題賞

    2019年10月   第57回日本癌治療学会学術集会  

    中西香企

     詳細を見る

 

論文 27

  1. Low Expectancy of Conversion Surgery with R0 Resection in Patients with CEA > 5.0 ng/mL at the Initial RECIST Evaluation for Metastatic Gastric Cancer

    Koki Nakanishi, Chie Tanaka, Mitsuro Kanda, Kazushi Miyata, Kazuhiro Furukawa, Osamu Maeda, Dai Shimizu, Shizuki Sugita, Naomi Kakushima, Satoshi Furune, Hiroki Kawashima, Yuichi Ando, Tomoki Ebata, Yasuhiro Kodera

    Cancers     2023年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers15215197

    researchmap

  2. Preoperative indocyanine green fluorescence injection to accurately determine a proximal margin during robotic distal gastrectomy

    Nakanishi Koki, Tanaka Chie, Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Furukawa Kazuhiro, Fujiwara Michitaka, Kawashima Hiroki, Kodera Yasuhiro

    ASIAN JOURNAL OF ENDOSCOPIC SURGERY   16 巻 ( 1 ) 頁: 152 - 156   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ases.13121

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  3. Drain Amylase Concentrations at 3 h After Gastrectomy Enhance Early Prediction of Postoperative Peripancreatic Inflammatory Fluid Collection 国際誌

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Takeda Shigeomi, Tanaka Katsuhito, Shimizu Dai, Inokawa Yoshikuni, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Nakayama Goro, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   46 巻 ( 3 ) 頁: 648 - 655   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Journal of Surgery  

    Background: Despite numerous studies of peripancreatic inflammatory fluid collection (PIFC) that report on the relevance of the drain amylase concentration (D-AMY), early prediction using this assay is problematic. This study aimed to investigate the clinical significance of measuring the D-AMY at 3 h after gastrectomy (POD0) for gastric cancer. Methods: This retrospective analysis included consecutive patients who underwent gastrectomy combined with peripancreatic lymph node dissection. The predictive value of D-AMY on POD0 and postoperative day 1 (POD1) for clinically relevant PIFC was evaluated together or individually. Results: Analyses were performed in 204 patients. Twenty (9.8%) patients experienced PIFC. D-AMY cutoffs of 721 IU/L on POD0 and 1695 IU/L on POD1 were determined using the receiver operating characteristic curve analysis for predicting PIFC. The D-AMY on POD0 had higher sensitivity (80%) but lower specificity (66.3%) for prediction of PIFC, compared with those of D-AMY on POD1 (65%, 89.1%, respectively). When combination marker analysis was performed, the highest risk group (D-AMY ≥ the cutoff values of POD0 and POD1) were associated with an elevated rate of occurrence (44%) and a high positive likelihood ratio (7.36) compared with those of the single cutoff group. The lowest risk group (D-AMY < the cutoff values on POD0 and POD1) was associated with a low rate of occurrence (2.5%) and low negative likelihood ratio (0.24) compared with those of the single cutoff group. Conclusions: Combined measurements of D-AMYs on POD0 and POD1 enhanced early prediction of PIFC after gastrectomy.

    DOI: 10.1007/s00268-021-06401-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  4. E-PASS scoring system serves as a predictor of short- and long-term outcomes in gastric cancer surgery.

    Koki Nakanishi, Mitsuro Kanda, Seiji Ito, Yoshinari Mochizuki, Hitoshi Teramoto, Kiyoshi Ishigure, Toshifumi Murai, Takahiro Asada, Akiharu Ishiyama, Hidenobu Matsushita, Daisuke Kobayashi, Dai Shimizu, Chie Tanaka, Michitaka Fujiwara, Kenta Murotani, Yasuhiro Kodera

    Surgery today   52 巻 ( 6 ) 頁: 914 - 922   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSES: This study aimed to evaluate the estimation of the physiological ability and surgical stress (E-PASS) scoring system for predicting the short- and long-term outcomes in gastric cancer (GC) surgery. METHODS: We analyzed a multi-institutional dataset to study patients who underwent gastrectomy with a curative intent between 2010 and 2014. This study evaluated the associations between the optimal E-PASS score cutoff value and the following outcomes: (1) the incidence of postoperative complications in stage I-III GC patients and (2) the prognosis in stage II-III GC patients. RESULTS: A total of 2495 GC patients were included. A cutoff value of 0.419 was determined using the ROC curve analysis. Postoperative complications were observed more frequently in the E-PASS-high group than that in the E-PASS-low group (30% vs. 17%, p < 0.0001). Among pStage II-III GC patients (n = 1009), the overall survival time of the E-PASS-high group was significantly shorter than that of the E-PASS-low group (hazard ratio 2.08; 95% confidence interval 1.64-2.65; p < 0.0001). A forest plot revealed that E-PASS-high was associated with a greater prognostic factor for overall survival in most subgroups. CONCLUSIONS: The E-PASS scoring system may therefore be a useful predictor of the short- and long-term outcomes in patients with GC who have undergone radical gastrectomy.

    DOI: 10.1007/s00595-021-02394-3

    PubMed

    researchmap

  5. Prognostic impact of a microscopic positive margin in patients undergoing gastrectomy for gastric cancer: a propensity score‑matched analysis of a multi‑institutional dataset.

    Koki Nakanishi, Mitsuro Kanda, Seiji Ito, Yoshinari Mochizuki, Hitoshi Teramoto, Kiyoshi Ishigure, Toshifumi Murai, Takahiro Asada, Akiharu Ishiyama, Hidenobu Matsushita, Dai Shimizu, Chie Tanaka, Michitaka Fujiwara, Kenta Murotani, Yasuhiro Kodera

    Surgery today   52 巻 ( 4 ) 頁: 559 - 566   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: We analyzed the effect of a microscopic positive margin on survival outcomes after gastrectomy for gastric cancer METHODS: We analyzed a multi-institutional dataset to study patients who underwent gastrectomy with curative intent between 2010 and 2014. We used propensity score matching to strictly balance the patients' oncological features, backgrounds, and postoperative treatment to compare the survival outcomes of those with microscopic positive margins and those with negative margins. RESULTS: Among 3029 patients, 32 (1.1%) had positive margins. After matching, we enrolled 128 patients in this retrospective analysis: 32 with a positive margin and 96 with a negative margin. The recurrence-free survival of the positive-margin group was significantly shorter than that of the negative-margin group (hazard ratio [HR], 1.62, 95% confidence interval, 1.00-2.63, p = 0.0485). Consistent results were observed for patients with pStages I-III disease (HR, 1.65, p = 0.0835), whereas the survival curves overlapped in those with pStage IV disease (HR, 1.29, p = 0.5934). The prevalence of overall recurrence in the positive-margin group was higher than that in the negative-margin group (75% vs 58%, p = 0.0917). This trend was consistent with locoregional recurrence (9% vs 3%) and distant recurrence (69% vs 55%). CONCLUSIONS: The survival of patients after curative gastrectomy for gastric cancer was worse in those with microscopic positive margins than in those with negative margins.

    DOI: 10.1007/s00595-021-02365-8

    PubMed

    researchmap

  6. Is the measurement of drain amylase content useful for predicting pancreas-related complications after gastrectomy with systematic lymphadenectomy? 査読有り 国際誌

    Koki Nakanishi, Mitsuro Kanda, Junichi Sakamoto, Yasuhiro Kodera

    World journal of gastroenterology   26 巻 ( 14 ) 頁: 1594 - 1600   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Many studies investigating postoperative pancreatic fistula (POPF) after gastrectomy, including studies measuring drain amylase content (D-AMY) as a predictive factor have been reported. This article reviews previous studies and looks to the future of measuring D-AMY in patients after gastrectomy. The causes of pancreatic fluid leakage are; the parenchymal and/or thermal injury to the pancreas, and blunt injury to the pancreas by compression and retraction. Measurement of D-AMY to predict POPF has become common in clinical practice after pancreatic surgery and was later extended to the gastric surgery. Several studies have reported associations between D-AMY and POPF after gastrectomy, and the high value of D-AMY on postoperative day (POD) 1 was an independent risk factor. To improve both sensitivity and specificity, attempts have been made to enhance the predictive accuracy of factors on POD 1 as well as on POD 3 as combined markers. Although several studies have shown a high predictive ability of POPF, it has not necessarily been exploited in clinical practice. Many problems remain unresolved; ideal timing for measurement, optimal cut-off value, and means of intervention after prediction. Prospective clinical trial could be imperative in order to develop D-AMY measurement in common clinical practice for gastric surgery.

    DOI: 10.3748/wjg.v26.i14.1594

    PubMed

    researchmap

  7. Propensity-score-matched analysis of a multi-institutional dataset to compare postoperative complications between Billroth I and Roux-en-Y reconstructions after distal gastrectomy

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    GASTRIC CANCER   23 巻 ( 4 ) 頁: 734 - 745   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Gastric Cancer  

    Background: Few well-controlled studies have compared postoperative complications between Billroth I (B-I) and Roux-en-Y (R-Y). The aim of the present study was to compare the incidence of overall and severe postoperative complications by reconstruction method after distal gastrectomy. Methods: We performed a multi-institutional dataset study of patients who underwent distal gastrectomy with B-I or R-Y reconstruction from 2010 to 2014. Using propensity scores to strictly balance the significant variables, we compared postoperative complications between the techniques. Results: After matching, we enrolled 1014 patients (n = 507 in each group). The incidence of postoperative complications in the R-Y group was significantly higher vs the B-I group (29% vs 17%, P < 0.0001). The incidence of intra-abdominal abscess (4.3% vs 1.8%, P = 0.0177), bowel obstruction (2.6% vs 0.6%, P = 0.0203), and delayed gastric emptying (5.3% vs 1.0%, P < 0.0001) in the R-Y group was significantly higher vs the B-I group, respectively; we saw no significant difference in leakage (3.4% vs 4.1%, P = 0.5084). The incidence of grade ≥ III severe postoperative complications in the R-Y group was significantly higher vs the B-I group (13% vs 7.1%, P = 0.0013). Multivariable analysis showed that R-Y reconstruction was a strong independent risk factor for overall postoperative complications (odds ratio 1.58, P = 0.0044) and grade ≥ III severe postoperative complications (odds ratio 1.75, P = 0.0127). A forest plot revealed that R-Y reconstruction was associated with a greater risk of both overall and grade ≥ III severe postoperative complications in any subgroups. Conclusions: R-Y reconstruction was associated with increasing overall postoperative complications, as well as severe postoperative complications.

    DOI: 10.1007/s10120-020-01048-6

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  8. Delay in initiation of postoperative adjuvant chemotherapy with S-1 monotherapy and prognosis for gastric cancer patients: analysis of a multi-institutional dataset. 査読有り

    Koki Nakanishi, Mitsuro Kanda, Seiji Ito, Yoshinari Mochizuki, Hitoshi Teramoto, Kiyoshi Ishigure, Toshifumi Murai, Takahiro Asada, Akiharu Ishiyama, Hidenobu Matsushita, Chie Tanaka, Daisuke Kobayashi, Michitaka Fujiwara, Kenta Murotani, Yasuhiro Kodera

    Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   22 巻 ( 6 ) 頁: 1215 - 1225   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: This study aimed to evaluate whether the timing of initiating postoperative chemotherapy with S-1 monotherapy affects gastric cancer patients' prognosis. METHODS: A multi-institution dataset identified patients with pStage II or III gastric cancer who received S-1 monotherapy for over 6 months after curative resection between 2010 and 2014. Patients were divided into three groups based on the timing of S-1 monotherapy initiation. Prognostic factors for relapse-free survival (RFS) were investigated. RESULTS: We classified 401 patients into groups as follows: S-1 administered within 6 weeks (n = 247), between 6 and 8 weeks (n = 95), and after 8 weeks (n = 59). The RFS times were not significantly different in the within 6 weeks group and the between 6 and 8 weeks group, but the after 8 weeks group had a shorter RFS time compared with the other two groups (within 6 weeks group vs. after 8 weeks group; P = 0.0044). By disease stage, this trend was the same. The multivariable analysis showed that a larger tumor size (≥ 50 mm), pStage III, and the after 8 weeks group were independent prognostic factors for RFS (after 8 weeks group: hazard ratio, 2.05; P = 0.0069). The prevalence of hematogenous metastasis as the initial recurrence site increased by delayed initiation of S-1. A forest plot revealed that delayed administration after 8 weeks was associated with a greater risk of recurrence in most subgroups. CONCLUSIONS: Postoperative chemotherapy with S-1 monotherapy for gastric cancer is recommended to begin within 8 weeks after surgery.

    DOI: 10.1007/s10120-019-00961-9

    PubMed

    researchmap

  9. Long-lasting discussion: Adverse effects of intraoperative blood loss and allogeneic transfusion on prognosis of patients with gastric cancer. 査読有り 国際誌

    Nakanishi K, Kanda M, Kodera Y

    World journal of gastroenterology   25 巻 ( 22 ) 頁: 2743 - 2751   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v25.i22.2743

    PubMed

    researchmap

  10. The levels of SYT13 and CEA mRNAs in peritoneal lavages predict the peritoneal recurrence of gastric cancer. 査読有り

    Nakanishi K, Kanda M, Umeda S, Tanaka C, Kobayashi D, Hayashi M, Yamada S, Kodera Y

    Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   22 巻 ( 6 ) 頁: 1143 - 1152   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-019-00967-3

    PubMed

    researchmap

  11. Diagnostic Accuracy and Usefulness of Intraoperative Margin Assessment by Frozen Section in Gastric Cancer. 査読有り 国際誌

    Nakanishi K, Morita S, Taniguchi H, Otsuki S, Fukagawa T, Katai H

    Annals of surgical oncology   26 巻 ( 6 ) 頁: 1787 - 1794   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-019-07302-1

    PubMed

    researchmap

  12. Phase II multi-institutional prospective randomized trial comparing S-1 plus paclitaxel with paclitaxel alone as second-line chemotherapy in S-1 pretreated gastric cancer (CCOG0701) 査読有り

    Koki Nakanishi, Daisuke Kobayashi, Yoshinari Mochizuki, Kiyoshi Ishigure, Seiji Ito, Hiroshi Kojima, Akiharu Ishiyama, Shinichi Fujitake, Toshio Shikano, Satoshi Morita, Yasuhiro Kodera

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   21 巻 ( 3 ) 頁: 557 - 565   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    The aim of this study was to explore whether a combination of S-1 and paclitaxel offers any benefit over paclitaxel alone to patients pretreated by S-1.
    Gastric cancer patients who developed progression during S-1-based first-line chemotherapy or had recurrence during postoperative adjuvant chemotherapy by S-1 were randomly assigned to receive second-line treatment either by weekly administration of paclitaxel at 80 mg/m(2) three times every 4 weeks or daily oral S-1 (80 mg/m(2)) for 2 weeks plus paclitaxel (50 mg/m(2)) given on days 1 and 8, every 3 weeks (S-1 plus paclitaxel). The primary endpoint was progression-free survival (PFS) at 4 months after the initiation of treatment.
    A total of 78 patients were eligible for efficacy analyses-40 were assigned to the paclitaxel group and 38 to the S-1 plus paclitaxel group. PFS at 4 months was similar between the groups (50 % for paclitaxel vs 55 % for S-1 plus paclitaxel, P = 0.641). There were no differences between the groups either in progression-free survival (4.6 vs 4.6 months, respectively, P = 0.526), overall survival (10.0 vs 10.0 months, respectively, P = 0.464), or overall response rate (27 vs 22 %, respectively, P = 0.767). The incidences of grade 3 or 4 hematological and non-hematological toxicities were also equivalent between the two groups (25 vs 26 % and 24 vs 26 %, respectively).
    No benefit of S-1 administration beyond progression was shown when paclitaxel was selected as the key drug for second-line chemotherapy.

    DOI: 10.1007/s10147-015-0919-z

    Web of Science

    researchmap

  13. Phase II Study of Intraperitoneal Administration of Paclitaxel Combined with S-1 and Cisplatin for Gastric Cancer with Peritoneal Metastasis. 国際誌

    Daisuke Kobayashi, Yasuhiro Kodera, Ryoji Fukushima, Masaru Morita, Sachio Fushida, Naoyuki Yamashita, Kozo Yoshikawa, Shugo Ueda, Hiroshi Yabusaki, Tetsuya Kusumoto, Takaaki Arigami, Akio Hidemura, Takeshi Omori, Hironori Yamaguchi, Yasuo Hirono, Yasushi Tsuji, Jeong Ho Moon, Toshihiko Tomita, Hiroshi Imamura, Koki Nakanishi, Dai Shimizu, Akihiro Hirakawa, Hironori Ishigami, Joji Kitayama

    Annals of surgical oncology   31 巻 ( 2 ) 頁: 735 - 743   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Intraperitoneal chemotherapy is promising for gastric cancer with peritoneal metastasis. Although a phase III study failed to show a statistically significant superiority of intraperitoneal paclitaxel combined with S-1 and intravenous paclitaxel, the sensitivity analysis suggested clinical efficacy. Thus, attempts to combine intraperitoneal paclitaxel with other systemic therapies with higher efficacy have been warranted. We sought to explore the efficacy of intraperitoneal paclitaxel with S-1 and cisplatin. PATIENTS AND METHODS: Gastric cancer patients with peritoneal metastasis were enrolled in the phase II trial. In addition to the established S-1 and cisplatin regimen every 5 weeks, intraperitoneal paclitaxel was administered on days 1, 8, and 22 at a dose of 20 mg/m2. The primary endpoint was overall survival rate at 1 year after treatment initiation. Secondary endpoints were progression-free survival and toxicity. RESULTS: Fifty-three patients were enrolled and fully evaluated for efficacy and toxicity. The 1-year overall survival rate was 73.6% (95% confidence interval 59.5-83.4%), and the primary endpoint was met. The median survival time was 19.4 months (95% confidence interval, 16.1-24.6 months). The 1-year progression-free survival rate was 49.6% (95% confidence interval, 34.6-62.9%). The incidences of grade 3/4 hematological and non-hematological toxicities were 43% and 47%, respectively. The frequent grade 3/4 toxicities included neutropenia (25%), anemia (30%), diarrhea (13%), and anorexia (17%). Intraperitoneal catheter and implanted port-related complications were observed in four patients. There was one treatment-related death. CONCLUSIONS: Intraperitoneal paclitaxel combined with S-1 and cisplatin is well tolerated and active in gastric cancer patients with peritoneal metastasis.

    DOI: 10.1245/s10434-023-14240-6

    PubMed

    researchmap

  14. Proposal of the second cutoff of serum carcinoembryonic antigen levels to stratify patients into low, intermediate, and high risks at recurrences after curative resection of gastric cancer. 国際誌

    Bin Sato, Mitsuro Kanda, Seiji Ito, Yoshinari Mochizuki, Hitoshi Teramoto, Kiyoshi Ishigure, Toshifumi Murai, Takahiro Asada, Akiharu Ishiyama, Hidenobu Matsushita, Koki Nakanishi, Dai Shimizu, Chie Tanaka, Michitaka Fujiwara, Kenta Murotani, Yasuhiro Kodera

    Digestive surgery     2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: Carcinoembryonic antigen (CEA) and carbohydrate antigen 19-9 (CA19-9) are widely used for various cancers, with the cut-off values of 5.0 ng/mL and 37.0 IU/mL, respectively. However, these cutoff values are not for specific diseases or purposes but are uniformly used for any disease and any purpose . It is also unclear as to whether patients are at equal risk of recurrence if they are below the cutoff values. This study aimed to investigate the optimal cutoff of serum tumor markers in the stratification of recurrence risk after curative resection of gastric cancer. METHODS: We constructed a nine-center integrated database of patients recieved gastrectomy between January 2010 and December 2014 with a 5-year follow-up period. We determined the cutoff value of preoperative serum tumor marker levels correlated with postoperative recurrences and evaluated its performance in risk stratification for recurrences in 948 patients with pStage II/III gastric cancer who underwent radical resection. RESULTS: The hazard ratio for postoperative recurrences increased at two points of preoperative CEA levels; 3.6 ng/mL and 5.0 ng/mL, which were set as cutoffs. These two cutoffs stratified relapse-free survival into three levels. CONCLUSIONS: By adding a second cutoff value for preoperative serum CEA, which was proposed specifically for the prediction of recurrences, patients can be stratified into low-, intermediate-, and high-risk recurrences after curative resection of gastric cancer.

    DOI: 10.1159/000533143

    PubMed

    researchmap

  15. High Preoperative Serum D-dimer Predicts Unfavorable Survival Outcomes for Pancreatic Cancer Patients. 国際誌

    Tomohisa Otsu, Masamichi Hayashi, Hideki Takami, Yoshikuni Inokawa, Nobutake Tanaka, Keisuke Kurimoto, Koki Nakanishi, Shinichi Umeda, Dai Shimizu, Norifumi Hattori, Mitsuro Kanda, Chie Tanaka, Goro Nakayama, Yasuhiro Kodera

    Anticancer research   43 巻 ( 7 ) 頁: 3173 - 3181   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND/AIM: Pancreatic cancer cells release certain tissue factors into the bloodstream. It is well known that pancreatic cancer progresses with thrombus formation. Because we routinely measure serum D-dimer levels in preoperative patients as a screening marker of deep venous thrombosis, we examined its association with high serum D-dimer in our cohort of pancreatic cancer resected cases. PATIENTS AND METHODS: We examined 315 patients with pancreatic ductal adenocarcinoma who underwent surgical resection in our department from January 2012 to July 2021. All cases were divided into high D-dimer cases (n=118) and low D-dimer cases (n=197) using the cut-off value of 1.0 μg/ml, an institutional upper limit. Clinicohistological characteristics and postoperative survival outcomes were evaluated. RESULTS: Preoperative high D-dimer cases showed significantly worse progression-free survival (PFS) (p=0.021) and overall survival (OS) (p=0.027) than low D-dimer cases; median PFS was 13.9 months versus 21.4 months, and that of OS was 33.4 months versus 68.0 months. Clinicohistological characteristics of high D-dimer cases were age over 70 years (p<0.001), pathological portal vein invasion (p=0.003), and initially borderline resectable or unresectable cases (p=0.027). Multivariate analysis indicated that preoperative high D-dimer was a significant prognostic factor of PFS (hazard ratio=1.42, p=0.025) and OS (hazard ratio=1.51, p=0.036). CONCLUSION: Preoperative high serum D-dimer over 1.0 μg/ml was associated with pathological portal vein invasion and could be an unfavorable prognostic marker of PFS and OS after surgery, typically due to distant metastasis.

    DOI: 10.21873/anticanres.16491

    PubMed

    researchmap

  16. Albumin-Globulin Ratio Indicates the Survival Outcome of Pancreatic Cancer Cases Who Underwent Preoperative Treatment and Curative Surgical Resection. 国際誌

    Masamichi Hayashi, Daigo Kobayashi, Hideki Takami, Yoshikuni Inokawa, Nobutake Tanaka, Keisuke Kurimoto, Koki Nakanishi, Shinichi Umeda, Dai Shimizu, Norifumi Hattori, Mitsuro Kanda, Chie Tanaka, Goro Nakayama, Yasuhiro Kodera

    Nutrition and cancer   75 巻 ( 5 ) 頁: 1 - 10   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The pretreatment albumin-globulin ratio (AGR) is a frequently used inflammation-associated factor that has been reported to have associations with the survival outcomes of various malignancies. METHODS: We retrospectively analyzed 162 patients with pancreatic cancer who underwent preoperative treatment followed by curative surgery at Nagoya University Hospital between April 2010 and December 2020. Representative nutritional status indicators of neutrophil-lymphocyte ratio (NLR), platelet-lymphocyte ratio (PLR), prognostic nutritional index (PNI), and albumin-globulin ratio (AGR) were calculated for each case. RESULTS: Among pretreatment blood examination parameters, only AGR (cutoff: 1.33) showed a significant difference in overall survival time (OS) and progression-free survival time (PFS) from the beginning of the preoperative treatment. Median PFS was 22.3 mo, in high AGR cases and 17.1 mo, in low AGR cases (P = 0.019). Median OS was 48.7 mo, in high AGR cases and 32.9 mo, in low AGR cases (P = 0.043). CONCLUSION: High pretreatment AGR may be a favorable prognostic factor for pancreatic cancer patients who received preoperative multimodal therapy followed by curative cancer resection. It may imply that nutritional status and inflammation control before the multimodal treatment affect the survival outcomes of pancreatic cancer cases and needs to be optimized.

    DOI: 10.1080/01635581.2023.2191384

    PubMed

    researchmap

  17. A Multicenter Randomized Phase II Trial Investigating the Effect of Polyglycolic Acid Sheet on the Prevention of Pancreatic Fistula After Gastrectomy with Prophylactic Lymph Node Dissection. 国際誌

    Dai Shimizu, Chie Tanaka, Mitsuro Kanda, Koki Nakanishi, Seiji Ito, Yachiyo Kuwatsuka, Masahiko Ando, Kenta Murotani, Michitaka Fujiwara, Yasuhiro Kodera

    Clinical and experimental gastroenterology   16 巻   頁: 169 - 172   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Pancreatic fistula after gastrectomy with lymph node dissection is associated with prolonged hospital stay and critical complications such as intra-abdominal bleeding and sepsis. Polyglycolic acid (PGA) sheets are absorbable suture reinforcement materials. A randomized Phase II trial has been planned to evaluate the effect of PGA sheets on preventing postoperative pancreatic fistula. A total of 320 patients will be recruited from thirteen institutions. Patients who are scheduled to undergo distal or total gastrectomy will be randomly allocated into the PGA group or control group, and the dissected area around the pancreas will be covered by the PGA sheet in the PGA group. The primary endpoint will be the maximum value of drain amylase concentration up to 5 days after surgery. The secondary endpoints will be as follows: transition of value of amylases of drain discharge, incidence of pancreatic fistula, incidence of intra-abdominal abscess, white blood cell count, value of C-reactive protein, incidence of postoperative complication, duration of antibiotic agents administration, duration of abdominal drainage, usage of octreotide, duration of hospital stay, incidence of bleeding in abdominal cavity, mortality, and incidence of reoperation.

    DOI: 10.2147/CEG.S421531

    PubMed

    researchmap

  18. Chapter 3: Management of kidney injury caused by cancer drug therapy, from clinical practice guidelines for the management of kidney injury during anticancer drug therapy 2022

    Ando, Y., Nishiyama, H., Shimodaira, H., Takano, N., Sakaida, E., Matsumoto, K., Nakanishi, K., Sakai, H., Tsukamoto, S., Komine, K., Yasuda, Y., Kato, T., Fujiwara, Y., Koyama, T., Kitamura, H., Kuwabara, T., Yonezawa, A., Okumura, Y., Yakushijin, K., Nozawa, K., Goto, H., Matsubara, T., Hoshino, J., Yanagita, M.

    International Journal of Clinical Oncology   28 巻 ( 10 )   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-023-02382-2

    Scopus

    researchmap

  19. Accurate Prediction of Prognosis After Radical Resection of Gastric Cancer by the Modified Systemic Inflammation Score; a Multicenter Dataset Analysis. 国際誌

    Kota Inagaki, Mitsuro Kanda, Koki Nakanishi, Seiji Ito, Yoshinari Mochizuki, Hitoshi Teramoto, Kiyoshi Ishigure, Toshifumi Murai, Takahiro Asada, Akiharu Ishiyama, Hidenobu Matsushita, Chie Tanaka, Daisuke Kobayashi, Michitaka Fujiwara, Kenta Murotani, Yasuhiro Kodera

    World journal of surgery   45 巻 ( 8 ) 頁: 2513 - 2520   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The presence of chronic inflammation and nutritional status in cancer patients affects its prognosis. There is a clinical need for a prognostic predictor that is objective and accurate, and that can be easily evaluated by preoperative screening. We evaluated the importance and usefulness of the preoperative modified systemic inflammation score (mSIS) to predict the long-term outcome of patients undergoing curative resection for gastric cancer (GC). METHODS: Of the 3571 patients who underwent curative resection for GC in nine institutions between January 2010 and December 2014, 1764 patients who met the inclusion criteria were included. The mSIS was formulated according to the serum albumin level (ALB) and lymphocyte-to-monocyte ratio (LMR) as follows: mSIS 0 (ALB ≥ 4.0 g/dL and LMR ≥ 3.4), mSIS 1 (ALB < 4.0 g/dL or LMR < 3.4), and mSIS 2 (ALB < 4.0 g/dL and LMR < 3.4). RESULTS: Patients were categorized into preoperative mSIS 0 (n = 955), mSIS 1 (n = 584), and mSIS 2 (n = 225) groups. The overall survival times and the disease-free survival times of patients in preoperative mSIS 0,1 and 2 sequentially shortened (P < 0.0001), and mSIS 1 and 2 were identified as an independent prognostic factor (hazard ratio [HR] 1.35, 95% confidence interval [CI] 1.06-1.272, P = 0.0125 and HR 1.63, 95% CI 1.21-2.19, P = 0.0012). A stepwise increase in the prevalence of hematogenous recurrences was directly proportional to the mSIS. A forest plot revealed that mSIS 0,1 was associated with a greater risk of overall survival in most subgroups. CONCLUSION: Preoperative mSIS can be easily calculated, and it is suggested that it is useful as a prognostic predictor of patients with different disease stages, for stratifying and evaluating clinical outcomes.

    DOI: 10.1007/s00268-021-06138-9

    PubMed

    researchmap

  20. Short-term outcomes of gastrectomy after neoadjuvant chemotherapy for clinical stage III gastric cancer: propensity score-matched analysis of a multi-institutional database.

    Shinichi Umeda, Mitsuro Kanda, Koki Nakanishi, Seiji Ito, Yoshinari Mochizuki, Hitoshi Teramoto, Kiyoshi Ishigure, Toshifumi Murai, Takahiro Asada, Akiharu Ishiyama, Hidenobu Matsushita, Dai Shimizu, Daisuke Kobayashi, Chie Tanaka, Michitaka Fujiwara, Kenta Murotani, Yasuhiro Kodera

    Surgery today   51 巻 ( 5 ) 頁: 821 - 828   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Preoperative chemotherapy for gastric cancer may be effective from the standpoint of compliance, although there is insufficient evidence of its efficacy. We analyzed a multicenter database to clarify whether preoperative chemotherapy influenced the short-term outcomes of gastrectomy. METHODS: We analyzed, retrospectively, 3571 patients who underwent gastrectomy between January, 2010 and December, 2014. Patients with clinical stage-III gastric adenocarcinoma were divided into a neoadjuvant chemotherapy (NAC) group and a non-NAC group. We performed propensity-matched comparative analysis to stratify the groups according to age, sex, tumor region, tumor type, preoperative stage, procedure, lymph node dissection, and tumor differentiation. Preoperative blood data, surgical findings, and postoperative complications were analyzed. RESULTS: Analysis of the matched NAC (n = 64) and non-NAC (n = 128) groups revealed that the preoperative values of neutrophils, platelets, and Hb were significantly lower in the NAC group. Blood loss during surgery was significantly higher, surgical times were longer, and the rate of repeat surgery was significantly lower in the NAC group; however, the rates of rehospitalization did not differ between the groups and mortality was 0% in both groups. Postoperative complications were not significantly different between the groups. CONCLUSIONS: NAC did not increase the complication rate of gastrectomy for gastric cancer.

    DOI: 10.1007/s00595-020-02179-0

    PubMed

    researchmap

  21. Propensity-score-matched analysis of a multi-institutional dataset to compare the postoperative complications after distal gastrectomy between Billroth I and Roux-en-Y

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Mmurai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 巻 ( 4 )   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  22. ASO Author Reflections: Diagnostic Accuracy of Intraoperative Margin Assessment by Frozen Section in Gastric Cancer. 査読有り 国際誌

    Koki Nakanishi, Shinji Morita, Hitoshi Katai

    Annals of surgical oncology   26 巻 ( Suppl 3 ) 頁: 688 - 689   2019年12月

     詳細を見る

  23. Reply to "Utility of Intraoperative Margin Assessment by Frozen Section in Gastric Cancer". 査読有り 国際誌

    Koki Nakanishi, Shinji Morita, Hirokazu Taniguchi, Sho Otsuki, Takeo Fukagawa, Hitoshi Katai

    Annals of surgical oncology   26 巻 ( 11 ) 頁: 3784 - 3784   2019年10月

     詳細を見る

  24. Prediction of peritoneal recurrences of gastric cancer by qPCR analysis of peritoneal lavage fluids.

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Umeda Shinichi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 巻 ( 4 )   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  25. Multiple rapidly growing desmoid tumors that were difficult to distinguish from recurrence of rectal cancer 査読有り

    Koki Nakanishi, Dai Shida, Shunsuke Tsukamoto, Hiroki Ochiai, Junichi Mazaki, Hirokazu Taniguchi, Yukihide Kanemitsu

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   15 巻 ( 1 )   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Background: Intra-abdominal desmoid tumors are usually slow growing and solitary, but multifocal desmoid tumors develop on rare occasions. Diagnosing desmoid tumors before histological examination of a surgical biopsy is often difficult. In particular, if a patient has a prior history of malignancy, it may be difficult to differentiate between these lesions and disease recurrence or metastasis.
    Case presentation: We present a rare case of multiple rapidly growing intra-abdominal desmoid tumors after surgical trauma, without familial adenomatous polyposis. A 51-year-old male underwent abdominal perineal resection with lateral lymph node dissection after neoadjuvant chemotherapy for lower rectal cancer. Follow- up computed tomography (CT), performed 6 months after primary surgery, showed a 20-mm solitary mass in the pelvic mesentery. Another CT scan, performed 3 months later, revealed that the mass had grown to 35 mm in size and that two new masses had formed. Based on imaging studies and his medical history, it was difficult to distinguish the desmoid tumors from recurrence of rectal cancer. Curative resection was chosen for therapeutic diagnosis. The pathological diagnosis was multiple mesenteric desmoid tumors.
    Conclusions: Desmoid tumors should not be excluded as a differential diagnosis for intra-abdominal masses after intra-abdominal surgery, even in cases of rapidly growing multiple masses.

    DOI: 10.1186/s12957-017-1248-7

    Web of Science

    researchmap

  26. Successful Percutaneous Transhepatic Removal of an Internal Plastic Stent Migrated into the Intrahepatic Bile Duct after Pancreatoduodenectomy 査読有り

    Nakanishi Koki, Arai Yasuaki, Sone Miyuki, Sulaiman Norshazriman, Esaki Minoru, Shimada Kazuaki

    Interventional Radiology   2 巻 ( 1 ) 頁: 19 - 24   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Interventional Radiology  

    DOI: 10.22575/interventionalradiology.2.1_19

    researchmap

  27. ポリスチレンスルホン酸カルシウム(アーガメイトゼリー)内服中に大腸穿孔をきたした3例 査読有り

    中西 香企, 谷口 健次, 田中 健士郎, 平田 伸也, 園原 史訓, 神崎 章之, 横山 裕之, 望月 能成

    日本腹部救急医学会雑誌   35 巻 ( 3 ) 頁: 355 - 359   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    ポリスチレンスルホン酸カルシウム(アーガメイトゼリー)は急性および慢性腎不全に伴う高カリウム血症の治療に用いられる陽イオン交換樹脂の一つである。副作用としては便秘をはじめとする消化器症状がよく知られている。また重大な副作用として腸管穿孔の報告があり,添付文書でも注意勧告がなされている。今回,同剤内服中に大腸穿孔を起こした3症例を経験した。本症例と文献的な検討を行った結果,穿孔部はS状結腸,直腸に集中していること,ほとんどの症例で便秘を認めることが特徴であった。本剤内服中に便秘になり,便塊が停滞し機械的な損傷から大腸穿孔をきたすものと考えられた。本剤を投薬する際には,浸透圧性下剤,刺激性下剤をうまく使いながら適切に排便コントロールを行うことが重要であり,関係者に広く啓発していく必要があると思われる。(著者抄録)

    DOI: 10.11231/jaem.35.355

    researchmap

▼全件表示

MISC 91

  1. 【上部】【Challenges beyond borders】高度進行胃癌に対するconversion surgeryの現状と新たな治療戦略 高齢者における治癒切除不能胃癌に対するconversion surgeryの治療成績

    中西 香企, 田中 千恵, 神田 光郎, 宮田 一志, 清水 大, 杉田 静紀, 藤原 道隆, 江畑 智希, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会総会78回 巻   頁: PD3 - 9   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  2. 【ハイボリュームセンターのオペ記事《消化管癌編》】胃癌 噴門側胃切除術のオペ記事 当科におけるロボット支援下噴門側胃切除術

    田中 千恵, 杉田 静紀, 中西 香企, 栗本 景介, 小寺 泰弘  

    臨床外科78 巻 ( 13 ) 頁: 1464 - 1468   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆オペ記事の作成は遅くとも当日中に,オペに関する記憶が残っている間に行う.◆手術内容(切離した動静脈や臓器の切除範囲,リンパ節郭清範囲,再建方法など)をもれなく記載する.

    researchmap

  3. 【胃癌に対するconversion surgery-Stage IVでも治したい!】免疫チェックポイント阻害薬投与後のconversion surgery症例の特徴

    中西 香企, 田中 千恵, 小寺 泰弘  

    臨床外科78 巻 ( 12 ) 頁: 1369 - 1374   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆ICI(免疫チェックポイント阻害薬)併用化学療法は高い奏効率が期待できるが,現時点ではconversion surgeryの可能性に関するエビデンスは乏しい.◆ICI併用化学療法では,irAE(免疫関連有害事象)と化学療法の有害事象との鑑別とマネジメントが重要である.◆ICI併用化学療法は重篤な有害事象のリスクが高まり,conversion surgeryの適応や安全性に影響する可能性がある.

    researchmap

  4. 後腹膜肉腫治療に対する集学的治療-力を合わせて、相乗効果- 後腹膜肉腫に対する診療科横断的アプローチ

    横山 幸浩, 砂川 真輝, 中西 香企, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本癌治療学会学術集会抄録集61回 巻   頁: CCSP8 - 3   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  5. 食道扁平上皮癌における術前凝固状態と術後再発の関連性

    杉山 史剛, 神田 光郎, 清水 大, 田中 千恵, 中西 香企, 服部 憲史, 林 真路, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会総会78回 巻   頁: P217 - 2   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  6. 腹腔鏡下切除術を施行した食道重複嚢胞の一例

    武田 洋平, 清水 大, 中西 香企, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本臨床外科学会雑誌84 巻 ( 7 ) 頁: 1129 - 1129   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  7. 病理学的T3N0,T1N2,3を含むpStageII胃癌の治療成績の検討

    杉田 静紀, 宮田 一志, 田中 千恵, 中西 香企, 清水 大輔, 小倉 淳司, 村田 悠記, 水野 隆史, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本消化器外科学会総会78回 巻   頁: P062 - 3   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  8. 胸骨後経路再建による食道亜全摘術後縫合不全と胸郭入口部気管食道間角度・胸骨椎骨間距離長の関連性の検討

    呂 成九, 神田 光郎, 清水 大, 田中 千恵, 中西 香企, 服部 憲史, 林 真路, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会総会78回 巻   頁: P206 - 2   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  9. 治癒切除不能胃癌におけるconversion surgery対象選択の客観的指標とはなにか?

    中西 香企, 田中 千恵, 神田 光郎, 宮田 一志, 清水 大, 杉田 静紀, 藤原 道隆, 江畑 智希, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: SF - 5   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  10. 胃癌術後の他病死リスク予測モデルの構築

    伊藤 雄貴, 三輪 高嗣, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 中西 香企, 清水 大, 田中 千恵, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: DP - 4   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  11. 膵IPMN切除後予後に関連する因子および術後補助療法の影響に関する検討

    猪川 祥邦, 高見 秀樹, 栗本 景介, 田中 伸孟, 林 真路, 中西 香企, 梅田 晋一, 清水 大, 服部 憲史, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: DP - 5   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  12. 術前血清C reactive proteinとprognostic nutritional indexの組み合わせは大腸癌術後長期予後を予測する

    梅田 晋一, 中山 吾郎, 服部 憲史, 岸田 貴喜, 小倉 淳司, 村田 悠紀, 中西 香企, 清水 大, 神田 光郎, 田中 千恵, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: SF - 8   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  13. 領域横断的チームで臨む外科治療 後腹膜軟部肉腫に対する"Onco-vascular surgery"の経験

    砂川 真輝, 横山 幸浩, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小倉 淳司, 杉田 静紀, 村田 悠記, 川勝 勝司, 中西 香企, 小寺 泰弘, 坂野 比呂志, 杉本 昌之, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: WS - 6   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  14. 多職種に対する手術機器教育におけるVR/AR

    藤原 道隆, 中西 香企, 梅田 晋一, 高見 秀樹, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: SF - 6   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  15. 切除可能・切除可能境界型膵癌に対する腹腔洗浄細胞診の意義と治療戦略

    田中 伸孟, 高見 秀樹, 栗本 景介, 林 真路, 中西 香企, 梅田 晋一, 清水 大, 服部 憲史, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: SF - 4   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  16. 進行胃癌に対しての腹腔鏡下胃切除術の注意点と短期成績

    杉田 静紀, 宮田 一志, 田中 千恵, 神田 光郎, 中西 香企, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本胃癌学会総会記事95回 巻   頁: 345 - 345   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  17. 胃癌術後5年以内の他病死リスク予測モデルの構築

    伊藤 雄貴, 三輪 高嗣, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 中西 香企, 清水 大, 田中 千恵, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本胃癌学会総会記事95回 巻   頁: 443 - 443   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  18. 胃癌術後肺転移に対する手術の治療成績

    野々垣 彰, 中西 香企, 田中 千恵, 神田 光郎, 清水 大, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本胃癌学会総会記事95回 巻   頁: 323 - 323   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  19. 薬物療法の新展開 胃癌転移制御を目指した創薬研究の展開

    神田 光郎, 田中 千恵, 清水 大, 中西 香企, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本胃癌学会総会記事95回 巻   頁: 164 - 164   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  20. 内視鏡下胃切除の教育・トレーニング 当院におけるロボット支援下胃切除術のトレーニング法

    田中 千恵, 中西 香企, 清水 大, 杉田 静紀, 梅田 晋一, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本胃癌学会総会記事95回 巻   頁: 225 - 225   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  21. Conversion surgeryの適応と成績 Conversion surgeryを目指すうえでの客観的指標とは?

    中西 香企, 田中 千恵, 神田 光郎, 清水 大, 杉田 静紀, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本胃癌学会総会記事95回 巻   頁: 159 - 159   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  22. 女性医師の活躍できる内視鏡外科手術と働き方改革の在り方とは? 腹腔鏡下手術における使用デバイスの操作性に関する検討

    田中 千恵, 中西 香企, 清水 大, 梅田 晋一, 猪川 祥邦, 田中 伸孟, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 中山 吾郎, 小寺 泰弘  

    日本内視鏡外科学会雑誌27 巻 ( 7 ) 頁: 415 - 415   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  23. 胃切除術におけるインドシアニングリーンを用いた病変のマーキング法

    飯塚 彬光, 田中 千恵, 中西 香企, 清水 大, 神田 光郎, 林 真路, 中山 吾郎, 小寺 泰弘  

    日本内視鏡外科学会雑誌27 巻 ( 7 ) 頁: 2072 - 2072   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  24. 当院におけるロボット支援下胃切除術教育の工夫

    田中 千恵, 中西 香企, 清水 大, 梅田 晋一, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 中山 吾郎, 小寺 泰弘  

    日本内視鏡外科学会雑誌27 巻 ( 7 ) 頁: 1649 - 1649   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  25. 女性医師の活躍できる内視鏡外科手術と働き方改革の在り方とは? 腹腔鏡下手術における使用デバイスの操作性に関する検討

    田中 千恵, 中西 香企, 清水 大, 梅田 晋一, 猪川 祥邦, 田中 伸孟, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 中山 吾郎, 小寺 泰弘  

    日本内視鏡外科学会雑誌27 巻 ( 7 ) 頁: 415 - 415   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  26. 当院におけるロボット支援下胃切除術教育の工夫

    田中 千恵, 中西 香企, 清水 大, 梅田 晋一, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 中山 吾郎, 小寺 泰弘  

    日本内視鏡外科学会雑誌27 巻 ( 7 ) 頁: 1649 - 1649   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  27. 胃切除術におけるインドシアニングリーンを用いた病変のマーキング法

    飯塚 彬光, 田中 千恵, 中西 香企, 清水 大, 神田 光郎, 林 真路, 中山 吾郎, 小寺 泰弘  

    日本内視鏡外科学会雑誌27 巻 ( 7 ) 頁: 2072 - 2072   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  28. 胃癌腹膜播種に対するPTEGの使用経験

    杉山 史剛, 中西 香企, 田中 千恵, 神田 光郎, 清水 大, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本消化器病学会東海支部例会プログラム抄録集137回 巻   頁: 73 - 73   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本消化器病学会-東海支部  

    researchmap

  29. 胃癌腹膜播種に対するPTEGの使用経験

    杉山 史剛, 中西 香企, 田中 千恵, 神田 光郎, 清水 大, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本消化器病学会東海支部例会プログラム抄録集137回 巻   頁: 73 - 73   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本消化器病学会-東海支部  

    researchmap

  30. 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術を施行した肥満患者における安静時代謝についての検討

    半田 朋子, 前田 龍太郎, 小林 朋子, 尾上 剛史, 中西 香企, 田中 千恵, 小寺 泰弘, 有馬 寛  

    肥満研究28 巻 ( Suppl. ) 頁: 313 - 313   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肥満学会  

    researchmap

  31. 術前治療後の食道癌患者における術前PLR値の術後合併症・予後予測因子としての意義

    笹原 正寛, 神田 光郎, 清水 大, 中西 香企, 田中 千恵, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本癌治療学会学術集会抄録集60回 巻   頁: P33 - 2   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  32. 高齢者に対する周術期感染症の予防策 高齢者胃癌に対する術後感染性合併症発生の現状と対策 肺炎を中心に

    田中 千恵, 中西 香企, 清水 大, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 神田 光郎, 林 真路, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科感染症学会雑誌19 巻 ( 1 ) 頁: 216 - 216   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科感染症学会  

    researchmap

  33. 術前治療後の食道癌患者における術前PLR値の術後合併症・予後予測因子としての意義

    笹原 正寛, 神田 光郎, 清水 大, 中西 香企, 田中 千恵, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本癌治療学会学術集会抄録集60回 巻   頁: P33 - 2   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  34. 進行胃癌に対する術前/術後補助化学療法 胃癌治療ガイドライン第6版による術前/術後補助化学療法

    小寺 泰弘, 中西 香企, 田中 千恵  

    日本消化器外科学会雑誌55 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 86 - 86   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  35. 高齢者に対する周術期感染症の予防策 高齢者胃癌に対する術後感染性合併症発生の現状と対策 肺炎を中心に

    田中 千恵, 中西 香企, 清水 大, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 神田 光郎, 林 真路, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科感染症学会雑誌19 巻 ( 1 ) 頁: 216 - 216   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科感染症学会  

    researchmap

  36. 胃癌に対するナビゲーションサージェリーの工夫 胃癌に対する低侵襲手術における術中マーキング法

    田中 千恵, 中西 香企, 清水 大, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 神田 光郎, 林 真路, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本臨床外科学会雑誌83 巻 ( 増刊 ) 頁: S161 - S161   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  37. 胃癌術後早期ドレーンアミラーゼ値の有用性 早期治療介入にむけて

    中西 香企, 神田 光郎, 田中 千恵, 清水 大, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会総会77回 巻   頁: O6 - 4   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  38. がんトランスレーショナルリサーチ 外科臨床検体を用いたトランスクリプトーム解析からの癌治療抗体医薬開発研究

    神田 光郎, 清水 大, 中西 香企, 田中 千恵, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科系連合学会誌47 巻 ( 3 ) 頁: 401 - 401   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

    researchmap

  39. 治癒切除不能胃癌に対するconversion surgeryの治療実態を調査する多施設共同前向き観察研究

    中西 香企, 田中 千恵, 神田 光郎, 清水 大, 宮田 一志, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集122回 巻   頁: SF - 1   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  40. 高齢者の上部消化管癌に対する治療方針 高齢者機能評価から考える高齢者胃癌に対する治療法

    田中 千恵, 中西 香企, 梅田 晋一, 清水 大, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 神田 光郎, 林 真路, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集122回 巻   頁: WS - 4   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  41. そろそろ真剣に考えよう 胃癌に対するロボット支援手術 ロボット支援手術を始めるために ロボット支援下胃切除術の準備と立ち上げ-マイナスからのスタート

    田中千恵, 中西香企, 神田光郎, 小寺泰弘  

    臨床外科77 巻 ( 4 ) 頁: 393 - 397   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1407213675

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  42. 肝腫瘍精査で発見された8mm大の胃神経内分泌腫瘍の1例

    笹原正寛, 田中千恵, 中西香企, 清水大, 神田光郎, 高見秀樹, 猪川祥邦, 服部憲史, 林真路, 中山吾郎, 小池聖彦, 藤原道隆, 藤原道隆, 小寺泰弘  

    東海外科学会301st 巻   2022年

     詳細を見る

  43. 胃癌におけるアプローチ別の胃切除術後の治療成績についての検討

    田中千恵, 中西香企, 田中友理, 武田重臣, 佐藤敏, 神田光郎, 中山吾郎, 小寺泰弘  

    日本ロボット外科学会学術集会プログラム・抄録集14th 巻   2022年

     詳細を見る

  44. 4型胃癌に対する全身・腹腔内併用化学療法を検証する第III相試験(PHOENIX-GC2)

    中西 香企, 石神 浩徳, 小寺 泰弘, 山下 裕玄, 小林 大介, 有上 貴明, 篠原 尚, 楠本 哲也, 伊藤 誠二, 藪崎 裕, 辻 靖, 秀村 晃生, 深川 剛生, 北山 丈二, 瀬戸 泰之  

    日本癌治療学会学術集会抄録集59回 巻   頁: O51 - 2   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  45. E-PASS scoring systemによる胃癌術後短期・長期予後予測能の有用性の検討

    中西 香企, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 清水 大, 田中 千恵, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会総会76回 巻   頁: P153 - 1   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  46. 高齢者胃癌に対する治療の工夫 高齢者胃癌手術症例に対する高齢者機能の転帰と工夫

    田中 千恵, 中西 香企, 清水 大, 服部 憲史, 神田 光郎, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会総会76回 巻   頁: WS10 - 9   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  47. 高齢者胃癌における術後長期成績の予測因子としてのE-PASS scoring systemの有用性

    山本 泰康, 中西 香企, 橋本 良二  

    日本消化器外科学会総会76回 巻   頁: S14 - 2   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  48. E-PASS scoring systemによる胃癌術後短期・長期予後予測能の有用性の検討

    中西 香企, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 清水 大, 田中 千恵, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会総会76回 巻   頁: P153 - 1   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  49. 高齢者胃癌における術後長期成績の予測因子としてのE-PASS scoring systemの有用性

    山本 泰康, 中西 香企, 橋本 良二  

    日本消化器外科学会総会76回 巻   頁: S14 - 2   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  50. 【消化器癌;診断と治療のすべて】消化器癌の診断・病期分類・治療・成績 消化管GIST 外科治療と成績

    田中 千恵, 中西 香企, 小寺 泰弘  

    消化器外科44 巻 ( 6 ) 頁: 796 - 802   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  51. 【消化器癌;診断と治療のすべて】消化器癌の診断・病期分類・治療・成績 消化管GIST 外科治療と成績

    田中 千恵, 中西 香企, 小寺 泰弘  

    消化器外科44 巻 ( 6 ) 頁: 796 - 802   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    J-GLOBAL

    researchmap

  52. 胃癌において切除断端の顕微鏡的癌遺残は予後因子となりうるか?

    中西 香企, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 石山 聡治, 松下 英信, 清水 大, 田中 千恵, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: PS - 4   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  53. StageIII胃癌に対する術前化学療法後胃切除術の短期成績の検討(Short-term outcomes of gastrectomy after neoadjuvant chemotherapy for stage III gastric cance)

    梅田 晋一, 神田 光郎, 中西 香企, 清水 大, 田中 千恵, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本胃癌学会総会記事93回 巻   頁: 288 - 288   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  54. 顕微鏡的断端陽性が予後に与える影響(Microscopic Positive Margin After Gastrectomy Increases Recurrences of Gastric Cancer)

    中西 香企, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 清水 大, 田中 千恵, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本胃癌学会総会記事93回 巻   頁: 259 - 259   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  55. ナビゲーション手術の変遷と今後の展開 胃癌におけるIndocyanine Green蛍光法を用いたマーキング法

    田中 千恵, 神田 光郎, 佐藤 敏, 中西 香企, 清水 大, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本胃癌学会総会記事93回 巻   頁: 219 - 219   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  56. StageIII胃癌に対する術前化学療法後胃切除術の短期成績の検討(Short-term outcomes of gastrectomy after neoadjuvant chemotherapy for stage III gastric cance)

    梅田 晋一, 神田 光郎, 中西 香企, 清水 大, 田中 千恵, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本胃癌学会総会記事93回 巻   頁: 288 - 288   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  57. 顕微鏡的断端陽性が予後に与える影響(Microscopic Positive Margin After Gastrectomy Increases Recurrences of Gastric Cancer)

    中西 香企, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 清水 大, 田中 千恵, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本胃癌学会総会記事93回 巻   頁: 259 - 259   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  58. 胃癌において切除断端の顕微鏡的癌遺残は予後因子となりうるか?

    中西香企, 神田光郎, 伊藤誠二, 望月能成, 寺本仁, 石榑清, 村井俊文, 浅田崇洋, 石山聡治, 松下英信, 清水大, 田中千恵, 藤原道隆, 小寺泰弘  

    日本外科学会定期学術集会(Web)121st 巻   頁: PS - 4   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  59. 胃切除術後のS-1補助化学療法忍容性を予測するリスクスコアの提案:多施設共同データベース解析から

    神田光郎, 田中千恵, 清水大, 中西香企, 服部憲史, 林真路, 中山吾郎, 小池聖彦, 藤原道隆, 小寺泰弘  

    胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集51st 巻   2021年

     詳細を見る

  60. 高齢者胃切除手術症例における認知機能の転帰

    田中千恵, 中西香企, 清水大, 神田光郎, 小池聖彦, 小寺泰弘  

    胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集51st 巻   2021年

     詳細を見る

  61. 地方中規模一般病院における外来化学療法への薬剤師業務の必要性と費用対効果に関する一考察

    隅田 美紀, 田口 多栄子, 吾妻 祐哉, 中西 香企, 小木曽 正輝, 関谷 正徳  

    日本病院薬剤師会雑誌56 巻 ( 12 ) 頁: 1438 - 1444   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院薬剤師会  

    外来化学療法への薬剤師業務が推進されているが、地方中規模一般病院での費用対効果は明らかではない。そこで、中津川市民病院(以下、当院)の外来化学療法室において2018年8月1日〜2019年7月31日の1年間に薬剤師が主治医に薬物療法に関する提案あるいは情報提供(薬学的介入)を行った内容を後向きに調査した。期間中に行った薬剤管理指導は1,067件であり、薬学的介入が294件、受諾率は88.1%であった。そのうち抗がん剤に関する提案は192件、その他の併用薬に関する提案が69件であった。田坂らによる推算を用いると、薬学的介入による医療経済効果は年間11,032,000円と考えられる。一方で、がん患者指導管理料3による収益は684,000円であった。外来化学療法の薬剤管理指導は、現在はその収益で補うことはできていないが、安全性・有効性の確保と医療訴訟の回避により病院を損失から守り、かつ医療経済効果は高いと考える。(著者抄録)

    researchmap

  62. 胃癌における周術期化学療法の新知見 胃癌に対するS-1補助療法の臨床問題に答えるための多施設データセット解析(New findings on perioperative chemotherapy for gastric cancer Multi-institutional dataset analysis to answer clinical questions of adjuvant S-1 for gastric cancer)

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro  

    日本消化器外科学会総会75回 巻   頁: WS4 - 6   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  63. 幽門側胃切除術後の再建法が術後合併症に及ぼす影響 B-I法とR-Y法の比較

    中西 香企, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 石山 聡治, 松下 英信, 清水 大, 田中 千恵, 小林 大介, 藤原 道隆, 室谷 健太, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: SF - 6   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  64. 当院における消化器外科領域のCALNA参入と現状について

    宮田 一志, 深谷 昌秀, 山崎 健太, 石井 健太, 冨永 健太, 西村 康大, 小池 聖彦, 小林 大介, 田中 千恵, 神田 光郎, 清水 大, 佐藤 敏, 中西 香企, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: SF - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  65. 今後の胃癌バイオマーカー 胃癌腹膜播種再発を予測する腹膜洗浄液中の分子バイオマーカー(Upcoming biomarkers for gastric cancer Molecular biomarkers in peritoneal lavages to predict the peritoneal recurrences of gastric cancer)

    Kanda Mitsuro, Nakanishi Koki, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Shimizu Dai, Sonohara Fuminori, Takami Hideki, Inokawa Yoshikuni, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro  

    日本胃癌学会総会記事92回 巻   頁: 233 - 233   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  66. 胃癌手術のエビデンスと実際のデータ 基礎 幽門側胃切除後のBillroth I再建法とRoux-en-Y再建法に関する術後合併症の比較(Evidences and real world data of gastric cancer surgery: Basic Billroth I vs Roux-en-Y after distal gastrectomy in postoperative complications)

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro  

    日本胃癌学会総会記事92回 巻   頁: 214 - 214   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  67. 分子生物学的手法を応用した微小腹腔内遊離胃癌細胞検出法

    中西 香企, 神田 光郎, 梅田 晋一, 田中 千恵, 小林 大介, 林 真路, 服部 憲史, 高見 秀樹, 園原 史訓, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会雑誌52 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 102 - 102   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  68. 胃癌のおけるS-1術後補助化学療法開始時期と予後との関係 多施設統合データベース

    中西 香企, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 石山 聡治, 松下 英信, 田中 千恵, 小林 大介, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本癌治療学会学術集会抄録集57回 巻   頁: O56 - 1   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  69. 【術前シミュレーション・術中ナビゲーションを駆使した消化管手術】胃 腹腔鏡下胃切除術におけるシミュレーションとナビゲーションの現状と取り組み

    田中 千恵, 藤原 道隆, 田中 由浩, 中西 香企, 小寺 泰弘  

    手術73 巻 ( 9 ) 頁: 1297 - 1303   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2019316311

  70. 胃癌に対するS-1術後補助化学療法の開始時期と予後に関する検討

    中西 香企, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 石山 聡治, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会総会74回 巻 ( Supplement1 ) 頁: P75 - 3   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  71. 胃癌に対するS-1術後補助化学療法の開始時期と予後に関する検討

    中西 香企, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 石山 聡治, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会総会74回 巻   頁: P75 - 3   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  72. 【こんなときどうする!?-消化器外科の術中トラブル対処法】胃 腹腔鏡下胃全摘術・噴門側胃切除術時の再建に伴う術中トラブル

    田中 千恵, 中西 香企, 小寺 泰弘  

    臨床外科74 巻 ( 4 ) 頁: 427 - 430   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆Linear staplerを使用する場合は,staplerの食道粘膜下への迷入,挙上空腸の穿孔に注意する.◆Circular staplerを使用する場合は,挙上空腸の噛み込みに注意する.◆両方法ともに,胃管の噛み込みに注意が必要である.器械の不具合が起こりうるので対応法は把握しておく必要がある.◆ファイヤーする前の準備を確実に行い,焦らずゆっくり操作し吻合することで,トラブルが起こるリスクを最小限にすることができる.

    researchmap

  73. 幽門側胃切除術後再建法としてのB-I法とR-Y法の比較-術後早期合併症の観点から-

    中西香企, 神田光郎, 伊藤誠二, 望月能成, 寺本仁, 清水大, 田中千恵, 小林大介, 藤原道隆, 小寺泰弘  

    胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集49th 巻   2019年

     詳細を見る

  74. 腹腔鏡手術におけるICG蛍光法を用いた術前マーキングの経験

    中西香企, 田中千恵, 神田光郎, 小林大介, 林真路, 服部憲史, 高見秀樹, 園原史訓, 山田豪, 中山吾郎, 小池聖彦, 藤原道隆, 小寺泰弘  

    東海外科学会297th 巻   頁: 34‐35   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  75. 分子生物学的手法を応用した微小腹腔内遊離胃癌細胞検出法

    中西香企, 神田光郎, 梅田晋一, 田中千恵, 小林大介, 林真路, 服部憲史, 高見秀樹, 園原史訓, 山田豪, 中山吾郎, 小池聖彦, 藤原道隆, 小寺泰弘  

    日本消化器外科学会雑誌(Web)52 巻 ( Supplement2 )   2019年

     詳細を見る

  76. 下部直腸癌におけるMRIを用いたDME、CRM術前診断精度の検討

    中西 香企, 塚本 俊輔, 志田 大, 落合 大樹, 山田 和之介, 谷口 浩和, 三宅 基隆, 金光 幸秀  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 941 - 941   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  77. 胃癌における切除断端の術中迅診断精度の検討(Diagnostic accuracy of intraoperative margin assessment in gastric cancer surgery)

    中西 香企, 森田 信司, 伊藤 麻衣子, 佐藤 雄哉, 由良 昌大, 大槻 将, 深川 剛生, 谷口 浩和, 片井 均  

    日本胃癌学会総会記事90回 巻   頁: 285 - 285   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  78. 胃癌における切除断端の術中迅診断精度の検討(Diagnostic accuracy of intraoperative margin assessment in gastric cancer surgery)

    中西 香企, 森田 信司, 伊藤 麻衣子, 佐藤 雄哉, 由良 昌大, 大槻 将, 深川 剛生, 谷口 浩和, 片井 均  

    日本胃癌学会総会記事90回 巻   頁: 285 - 285   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  79. 胃切除術後縫合不全症例におけるHMB・アルギニン・グルタミン配合飲料の効果を調べる多施設共同第II相試験(プロトコル)

    中西香企, 神田光郎, 田中千恵, 小林大介, 林真路, 山田豪, 中山吾郎, 小池聖彦, 藤原道隆, 小寺泰弘  

    胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集48th 巻   頁: 132   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  80. 術前Systemic Inflammation Scoreの進行胃癌切除術後短期および長期成績との関連性

    中西香企, 神田光郎, 田中千恵, 小林大介, 林真路, 山田豪, 中山吾郎, 小池聖彦, 藤原道隆, 小寺泰弘  

    胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集48th 巻   頁: 125   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  81. 当院における腎腫瘍に対する画像ガイド下経皮的凍結療法についての後ろ向き検討

    藤原 圭史, 荒井 保明, 菅原 俊祐, 曽根 美雪, 冨田 晃司, 中西 香企  

    IVR: Interventional Radiology31 巻 ( Suppl. ) 頁: 184 - 184   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会  

    researchmap

  82. 椎体以外へ施行した骨形成術の安全性と有効性についての検討

    冨田 晃司, 荒井 保明, 曽根 美雪, 菅原 俊祐, 藤原 圭史, 中西 香企  

    IVR: Interventional Radiology31 巻 ( Suppl. ) 頁: 232 - 232   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会  

    researchmap

  83. クエン酸マグネシウム服用後に高Mg血症と大腸イレウスをきたした1例

    田中 健士郎, 横山 裕之, 大津 智尚, 上嶋 三千年, 笹原 正寛, 鈴木 雄之典, 平田 伸也, 中西 香企, 森 憲彦, 佐藤 雄介, 間下 優子, 井戸田 愛, 村上 弘城, 神崎 章之, 望月 能成, 谷口 健次  

    日本臨床外科学会雑誌76 巻 ( 10 ) 頁: 2607 - 2607   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  84. 右水腎症にて発見された小腸間膜原発デスモイド腫瘍の1切除例

    植村 友稔, 中西 香企, 大津 智尚, 田中 健士郎, 坪内 秀樹, 笹原 正寛, 上嶋 三千年, 平田 伸也, 鈴木 雄之典, 森 憲彦, 佐藤 雄介, 間下 優子, 井戸田 愛, 神崎 章之, 村上 弘城, 横山 裕之, 望月 能成, 谷口 健次, 末永 裕之  

    日本臨床外科学会雑誌76 巻 ( 10 ) 頁: 2608 - 2608   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  85. 再発癌の治療方針(食道、胃) 進行再発胃癌に対する2次治療における薬剤選択 key drug継続は必要か?

    小林 大介, 中西 香企, 望月 能成, 石榑 清, 伊藤 誠二, 小島 宏, 石山 聡治, 藤竹 信一, 鹿野 敏雄, 小寺 泰弘  

    日本臨床外科学会雑誌76 巻 ( 増刊 ) 頁: 412 - 412   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  86. 乳房内出血をともなった乳癌の1例

    間下 優子, 井戸田 愛, 田中 健士郎, 大津 智尚, 笹原 正寛, 上嶋 三千年, 鈴木 雄之典, 平田 伸也, 中西 香企, 森 憲彦, 佐藤 雄介, 村上 弘城, 神崎 章之, 横山 裕之, 望月 能成, 谷口 健次  

    日本臨床外科学会雑誌76 巻 ( 10 ) 頁: 2606 - 2606   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  87. 妊娠29週に発症したS状結腸間膜内ヘルニアの1例

    平田 伸也, 横山 裕之, 大津 智尚, 中西 香企, 森 憲彦, 谷口 健次  

    日本腹部救急医学会雑誌35 巻 ( 6 ) 頁: 781 - 784   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    症例は35歳女性。妊娠29週に腹痛,嘔吐を主訴に近医を受診し,イレウスの疑いで当院へ搬送となった。1回の経妊経産歴があり開腹歴はなかった。腹部単純CTで臍左側背側の小腸に閉塞機転を疑う所見を認め,小腸イレウスの診断で入院となった。第3病日になってもイレウス所見の改善がないため,緊急手術となった。まず帝王切開を施行した後に,腹腔内を観察するとS状結腸間膜左葉に2cm大の小孔を認め,Treitz靱帯から290cmの小腸が嵌頓しており,S状結腸間膜内ヘルニアによるイレウスと診断した。用手的に整復することができ,Richter型の嵌頓で腸管壊死は認めなかったため,イレウス解除術で終了し,術後6日目に軽快退院となった。児は生後5ヵ月明らかな障害はなく生存中である。妊娠時イレウスは母児ともに死亡率の高い疾患であり,積極的な検査と手術のタイミングを逸しないことが母児の救命に直結すると考えられる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J02824&link_issn=&doc_id=20151026400016&doc_link_id=10.11231%2Fjaem.35.781&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11231%2Fjaem.35.781&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  88. 胃 高齢者胃がんの治療ストラテジー S-1既治療胃癌に対する2次治療 Paclitaxel単剤またはS-1+Paclitaxel併用の比較

    小林 大介, 中西 香企, 望月 能成, 石榑 清, 伊藤 誠二, 小島 宏, 石山 聡治, 藤竹 信一, 鹿野 敏雄, 森田 智視, 坂本 純一, 小寺 泰弘  

    日本癌治療学会誌50 巻 ( 3 ) 頁: 1368 - 1368   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  89. 上部消化管穿孔症例に対する保存的治療の臨床学的検討

    笹原 正寛, 望月 能成, 中西 香企, 森 憲彦, 佐藤 雄介, 村上 弘城, 神崎 章之, 横山 裕之, 谷口 健次  

    日本消化器外科学会総会70回 巻   頁: P - 6   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  90. 2nd line化学療法をどうするか 諸臨床試験の結果をふまえて S-1既治療2nd line PTX単剤療法またはS-1+PTX併用療法の多施設共同ランダム化比較臨床第II相試験(CCOG0701)

    中西 香企, 小林 大介, 望月 能成, 石榑 清, 伊藤 誠二, 小島 宏, 石山 聡治, 藤竹 信一, 小寺 泰弘  

    日本胃癌学会総会記事87回 巻   頁: 196 - 196   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  91. S‐1既治療2nd line PTX単剤療法またはS‐1+PTX併用療法の多施設共同ランダム化比較臨床第II相試験(CCOG0701)

    中西香企, 小林大介, 望月能成, 石榑清, 伊藤誠二, 小島宏, 石山聡治, 藤竹信一, 小寺泰弘  

    日本胃癌学会総会記事87th 巻   頁: 196   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

▼全件表示

科研費 3

  1. 腹腔洗浄液中mRNA発現解析による胃癌腹膜播種再発予測と化学療法効果判定法の開発

    研究課題/研究課題番号:23K15518  2023年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    中西 香企

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    本研究では胃癌腹腔洗浄液中のSYT13/CEA mRNA発現解析の臨床応用の可能性を追求するために、以下のことを行う。
    ●洗浄細胞診陰性例の胃切除時腹腔洗浄液検体中のSYT13/CEA mRNAを定量し腹膜再発予測マーカーとしての精度を検証する。
    ●腹膜播種に対する化学療法施行症例(腹腔内化学療法、Conversion手術)で、繰り返し得られた腹腔洗浄液検体中のSYT13/CEA mRNA発現量の推移と治療効果との比較解析をおこなう。

    researchmap

  2. 高齢消化器癌手術症例における術後自立度低下に関するリスク評価と介入の有効性の検討

    研究課題/研究課題番号:21K11620  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    田中 千恵, 神田 光郎, 渡邊 一久, 小寺 泰弘, 室谷 健太, 栗本 景介, 藤原 道隆, 中西 香企, 神田 光郎, 渡邊 一久, 小寺 泰弘, 室谷 健太, 栗本 景介, 藤原 道隆, 中西 香企

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    これまでの研究で、少ない症例数における解析ではあるが、術後に自立度が低下する群が存在する可能性が示唆されていた。このため本研究では、消化器癌における様々な術式の自立度への影響と複数の診療科を含む多職種横断的な介入の効果を包括的に把握し、高齢者に対する癌治療のエビデンス構築の一助となるデータを構築することを目的としている。
    本年度は、術前、退院時、術後6ヶ月に自立度の調査を行い、症例の集積を進めた。胃癌患者に対する周術期高齢者機能評価は、約65例の症例を集積し、解析が可能な症例数を得た。このため次年度は、自立度に影響を及ぼすリスク因子を抽出することで、周術期自立度の低下に関わる、より詳細な情報を得る予定である。さらに、本年度は75歳以上の胃癌を有する高齢者に対して胃切除術を行った患者を対象として、老年科専門医による評価および術後早期の理学療法士によるリハビリテーションの導入を開始している。次年度以降も症例の集積を進める。以上により、介入による有効性を評価することを計画しているが、介入の有効性、あるいは抽出したリスク症例に対する介入の有効性に関しては、現時点で介入効果が不明であるため、研究分担者である統計家と密に相談しながら、評価を行う。
    また、自立度が低下した症例群と維持された症例群の2群において、自立度のバイオマーカーの探索を開始している。現在、自立度が維持された症例と低下した両群の症例の術前血清を用いて、網羅的なたんぱく質の同定および比較定量を行っている。この結果を元に、次年度はより詳細な検討を予定している。

    researchmap

  3. KLRG2を介した胃癌肝転移の分子病態解明とバイオマーカー開発

    研究課題/研究課題番号:21K16397  2021年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    中西 香企

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    胃癌肝転移はきわめて予後不良な転移形式であるが、有効な治療戦略の構築が進んでいない。本研究では、次世代シーケンサーを用いた網羅的な解析を肝転移に的を絞って応用することで、肝転移に特化した鋭敏な診断マーカーおよび分子標的治療薬の開発につながる新規標的分子に関する知見をさらに深めることを目的として進めている。独自の転移形式特異的transcriptome解析から胃癌肝転移関連分子候補として同定したkiller cell lectin like receptor G2 (KLRG2)について、胃癌細胞における機能、肝転移形成能への関与、発現度の臨床的意義を調べている。令和3年度は、主として胃癌細胞株を用いたin vitro解析を実施した。安定的にKLRG2を喪失させた胃癌細胞株では、親株と比較して細胞増殖能、細胞遊走能、細胞接着能が低下していた。さらに、細胞増殖能が低下する要因として、アポトーシス細胞比率が増加していることを発見した。KLRG2の悪性腫瘍における役割には未知の部分が大きく、どのような腫瘍関連分子やsignaling pathwayとの干渉を有するのかを知ることは、その特性を理解するために重要である。PCR array解析を実施し、KLRG2発現に強く相関する癌関連遺伝子としてDSC2およびMMP9を同定した。300例の胃癌手術検体を対象とし、癌部および非癌部組織中のKLRG2 mRNA発現度を定量的PCR法で測定した。臨床病理学的因子との相関解析により、癌部KLRG2発現レベルが進行度のみならず累積血行性転移発生頻度に有意に相関することが示された。

    researchmap

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. PBL

    2023

  2. PBL

    2022