Updated on 2022/04/18

写真a

 
YAJIMA Seiya
 
Organization
Graduate School of Law Department of the Combined Graduate Program in Law and Political Science Contemporary Legal Systems Lecturer
Graduate School
Graduate School of Law
Undergraduate School
School of Law
Title
Lecturer

Degree 1

  1. 修士(法学) ( 2017.3   大阪大学 ) 

Research Interests 6

  1. 行政法

  2. 地方自治法

  3. 民間化と公共化

  4. 任務の再配分

  5. 多主体の協働

  6. 公益事業

Research Areas 1

  1. Humanities & Social Sciences / Public law  / 行政法学

Current Research Project and SDGs 1

  1. 生存配慮にかかる任務の公共化に関する公法学的研究

Research History 2

  1. Kansai University

    2021.4 - 2022.3

  2. Kyoto University of Education

    2020.10 - 2021.9

Education 2

  1. Osaka University

    2017.4 - 2021.4

      More details

    Country: Japan

  2. Osaka University

    2015.4 - 2017.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 2

  1. 民主主義科学者協会法律部会

  2. 日本公法学会

 

Papers 2

  1. 公的任務の公共化にかかる法学的課題(1)―ドイツにおける公共化論の動向を参考として Reviewed

    矢島聖也

    阪大法学   Vol. 69 ( 5 ) page: 997 - 1024   2020.1

     More details

    Language:Japanese  

  2. 公的任務の公共化にかかる法学的課題(2・完)―ドイツにおける公共化論の動向を参考として Reviewed

    矢島聖也

    阪大法学   Vol. 69 ( 6 ) page: 1383 - 1413   2019.3

     More details

    Language:Japanese  

MISC 5

  1. 行政機関個人情報保護法45条1項の「保有個人情報」該当性 Invited

    矢島聖也

    法学セミナー増刊 速報判例解説   ( 30 ) page: 37 - 40   2022.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

  2. 行政機関個人情報保護法45条1項の「保有個人情報」該当性 Invited

    矢島 聖也

    判例解説Watch Web版     2021.9

     More details

    Language:Japanese  

  3. 判例研究 固定資産評価審査委員会の審査決定の取消訴訟において、審査申出人が同委員会の審査過程においては主張しなかった事由を追加主張することの許否(最判令和元年七月一六日民集七三巻三号二一一頁)

    矢島聖也

    阪大法学   Vol. 70 ( 6 ) page: 1547 - 1565   2021.3

     More details

    Language:Japanese  

  4. 環境許可をめぐる訴訟:インドネシア行政訴訟における課題

    リカ・ファジュリニ(矢島聖也・訳)

    行政法研究   ( 29 ) page: 197 - 210   2019.2

     More details

    Language:Japanese  

  5. 翻訳 公共化の実際と指針:公共の回帰

    ハルトムート・バウアー(矢島聖也・訳)

    阪大法学   Vol. 68 ( 5 ) page: 1073 - 1106   2019.1

     More details

    Language:Japanese  

Presentations 3

  1. 公共化の決定にかかる法的統制の一側面―ドイツ公法学の議論を素材として

    矢島 聖也

    関西行政法研究会  2021.6.27 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  2. 公的任務の(再)公共化にかかる法学的検討

    矢島 聖也

    民主主義科学者協会法律部会2018年夏季合宿研究会(行政法分科会)  2018.8.27 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  3. 公共化決定にかかる手続法的側面―ドイツ公法学の議論を素材として

    矢島聖也

    民主主義科学者協会法律部会2022年春季合宿研究会(行政法分科会)  2022.3.27 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン開催   Country:Japan  

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 1

  1. 継続的観察手法を用いた行政不服審査の拠点型総合研究

    Grant number:20K20330  2021.5

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  2020年度 挑戦的研究(開拓)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

 

Teaching Experience (On-campus) 1

  1. Administrative Law II

    2021