2021/10/29 更新

写真a

スギタ リョウヘイ
杉田 亮平
SUGITA Ryohei
所属
アイソトープ総合センター 研究教育部 講師
職名
講師
外部リンク

学位 2

  1. 博士(農学) ( 2014年4月   東京大学 ) 

  2. 修士(農学) ( 2007年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 8

  1. 養分

  2. 植物栄養

  3. 光合成

  4. 元素動態

  5. リアルタイムイメージング

  6. イメージング装置

  7. アイソトープイメージング

  8. アイソトープ

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 植物栄養学、土壌学

  2. 環境・農学 / 農業環境工学、農業情報工学

経歴 4

  1. 名古屋大学   アイソトープ総合センター   講師

    2021年4月 - 現在

  2. 東京大学   大学院農学生命科学研究科   助教

    2019年4月 - 2021年3月

  3. 東京大学   大学院農学生命科学研究科   特任助教

    2016年8月 - 2019年3月

  4. 東京大学   大学院農学生命科学研究科   特任研究員

    2012年4月 - 2016年7月

受賞 4

  1. IWPMB EXCELLENT POSTER AWARD

    2016年6月  

  2. RADIOISOTOPES誌論文奨励賞

    2015年7月  

  3. 2014年度エヌエフ基金研究開発奨励賞

    2014年4月  

  4. 第14回東京大学生命科学シンポジウム 優秀ポスター賞

    2014年4月  

 

論文 19

  1. ATP binding cassette proteins ABCG37 and ABCG33 function as potassium-independent cesium uptake carriers in Arabidopsis roots. 国際誌

    Ashraf MA, Akihiro T, Ito K, Kumagai S, Sugita R, Tanoi K, Rahman A

    Molecular plant   14 巻 ( 4 ) 頁: 664 - 678   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molp.2021.02.002

    PubMed

  2. リアルタイムRIイメージングを用いた光の変化がイネの元素動態に与える影響の解析

    杉田 亮平, 小林 奈通子, 廣瀬 農, 岩田 錬, 鈴木 寿, 田野井 慶太朗, 中西 友子

    アイソトープ・放射線研究発表会   1 巻 ( 0 )   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本アイソトープ協会  

    <p>リアルタイムRIイメージングを用いた光の変化がイネの元素動態に与える影響の解析</p>

    DOI: 10.50955/happyokai.1.0_36

    CiNii Article

  3. Short-Term Magnesium Deficiency Triggers Nutrient Retranslocation in <i>Arabidopsis thaliana</i>. 国際誌

    Ogura T, Kobayashi NI, Hermans C, Ichihashi Y, Shibata A, Shirasu K, Aoki N, Sugita R, Ogawa T, Suzuki H, Iwata R, Nakanishi TM, Tanoi K

    Frontiers in plant science   11 巻   頁: 563 - 563   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpls.2020.00563

    PubMed

  4. プラスチックシンチレータによる植物中放射性リンの非破壊イメージング

    菅原 康平, 杉田 亮平, 小林 奈通子, 廣瀬 農, 中西 友子, 古田 悦子, 泉水 征昭, 田野井 慶太朗

    RADIOISOTOPES   68 巻 ( 3 ) 頁: 73 - 82   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本アイソトープ協会  

    <p>リアルタイムRIイメージングシステム(RRIS)は放射性同位体の非破壊イメージングに用いられており,その視野範囲はシンチレータの大きさと同等である。従来のRRISにおけるシンチレータ(fiber optic plate with scintillator; FOS)は高価で扱いにも注意を要し大型化が困難であったため,RRISの視野範囲は100×200 mmに限られてきた。本研究では,5種類の低価格で大型のプラスチックシンチレータの定量範囲などを評価し,プラスチックシンチレータを導入したRRISによって大型植物中の<sup>32</sup>P動態を解析できることを示した。</p>

    DOI: 10.3769/radioisotopes.68.73

    CiNii Article

    CiNii Books

  5. プラスチックシンチレータによる植物中放射性リンの非破壊イメージング

    菅原康平, 杉田亮平, 小林奈通子, 廣瀬農, 中西友子, 古田悦子, 泉水征昭, 田野井慶太朗, 田野井慶太朗

    RADIOISOTOPES (Web)   68 巻 ( 3 )   2019年

     詳細を見る

  6. Evaluation of plastic scintillators for live imaging of 14C-labeled photosynthate movement in plants

    Ryohei Sugita, Kohei Sugahara, Natsuko I. Kobayashi, Atsushi Hirose, Tomoko M. Nakanishi, Etsuko Furuta, Masaaki Sensui, Keitaro Tanoi

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   318 巻 ( 1 ) 頁: 579 - 584   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s10967-018-6102-z

    その他リンク: http://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s10967-018-6102-z.pdf

  7. Magnesium deficiency damages the youngest mature leaf in rice through tissue-specific iron toxicity

    Natsuko I. Kobayashi, Takaaki Ogura, Keiko Takagi, Ryohei Sugita, Hisashi Suzuki, Ren Iwata, Tomoko M. Nakanishi, Keitaro Tanoi

    Plant and Soil   428 巻 ( 1-2 ) 頁: 137 - 152   2018年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s11104-018-3658-x

    その他リンク: http://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s11104-018-3658-x.pdf

  8. Visualization of <sup>14</sup>CO<sub>2</sub> gas fixation by plants. 国際誌

    Sugita R, Kobayashi NI, Tanoi K, Nakanishi TM

    Journal of radioanalytical and nuclear chemistry   318 巻 ( 1 ) 頁: 585 - 590   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10967-018-6119-3

    PubMed

  9. Visualization of how light changes affect ion movement in rice plants using a real-time radioisotope imaging system

    Ryohei Sugita, Natsuko I. Kobayashi, Atsushi. Hirose, Ren Iwata, Hisashi Suzuki, Keitaro Tanoi, Tomoko M. Nakanishi

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   312 巻 ( 3 ) 頁: 717 - 723   2017年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s10967-017-5193-2

    その他リンク: http://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s10967-017-5193-2.pdf

  10. Visualization of Uptake of Mineral Elements and the Dynamics of Photosynthates in Arabidopsis by a Newly Developed Real-Time Radioisotope Imaging System (RRIS).

    Sugita R, Kobayashi NI, Hirose A, Saito T, Iwata R, Tanoi K, Nakanishi TM

    Plant & cell physiology   57 巻 ( 4 ) 頁: 743 - 53   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcw056

    PubMed

  11. Tracer experiment using <sup>42</sup>K<sup>+</sup> and <sup>137</sup>Cs<sup>+</sup> revealed the different transport rates of potassium and caesium within rice roots. 国際誌

    Kobayashi NI, Sugita R, Nobori T, Tanoi K, Nakanishi TM

    Functional plant biology : FPB   43 巻 ( 2 ) 頁: 151 - 160   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1071/FP15245

    PubMed

  12. Investigation of radiocesium distribution in organs of wild boar grown in Iitate, Fukushima after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident

    Keitaro Tanoi, Kazuyuki Uchida, Chiyo Doi, Naoto Nihei, Atsushi Hirose, Natsuko I. Kobayashi, Ryohei Sugita, Tatsuya Nobori, Tomoko M. Nakanishi, Muneo Kanno, Ippei Wakabayashi, Miicha Ogawa, Yoichi Tao

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   307 巻 ( 1 ) 頁: 741 - 746   2016年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s10967-015-4233-z

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s10967-015-4233-z/fulltext.html

  13. 土壌粒子の微生物

    西山雅也, 西山雅也, 杉田亮平, 田野井孝子, 大塚重人, 妹尾啓史

    土と微生物   69 巻 ( 2 )   2015年

     詳細を見る

  14. Effects of magnesium deficiency on magnesium uptake activity of rice root, evaluated using (28) Mg as a tracer

    Keitaro Tanoi, Natsuko I. Kobayashi, Takayuki Saito, Naoko Iwata, Risa Kamada, Ren Iwata, Hisashi Suzuki, Atsushi Hirose, Yoshimi Ohmae, Ryohei Sugita, Tomoko M. Nakanishi

    PLANT AND SOIL   384 巻 ( 1-2 ) 頁: 69 - 77   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The mechanisms underlying magnesium (Mg) uptake by plant roots remain to be fully elucidated. In particular, there is little information about the effects of Mg deficiency on Mg uptake activity. A Mg uptake kinetic study is essential for better understanding the Mg uptake system.We performed a Mg uptake tracer experiment in rice plants using (28) Mg.Mg uptake was mediated by high- and low-affinity transport systems. The K (m) value of the high-affinity transport system was approximately 70 mu M under Mg-deficient conditions. The Mg uptake activity was promoted by Mg deficiency, which in turn fell to the basal level after 5- min of Mg resupply. The induced uptake rate was inhibited by ionophore treatment, suggesting that an energy-dependent uptake system is enhanced by Mg deficiency.The Mg uptake changes rapidly with Mg conditions in rice, as revealed by a (28) Mg tracer experiment. This technique is expected to be applicable for Mg uptake analyses, particularly in mutants or other lines.

    DOI: 10.1007/s11104-014-2197-3

    Web of Science

  15. Evaluation of in vivo detection properties of 22Na, 65Zn, 86Rb, 109Cd and 137Cs in plant tissues using real-time radioisotope imaging system. 国際誌

    Sugita R, Kobayashi NI, Hirose A, Tanoi K, Nakanishi TM

    Physics in medicine and biology   59 巻 ( 4 ) 頁: 837 - 51   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0031-9155/59/4/837

    PubMed

  16. リアルタイムRIイメージングシステムを用いたシロイヌナズナにおける<sup>28</sup>Mgの定量解析

    杉田亮平, 小林奈通子, 斉藤貴之, 広瀬農, 岩田錬, 田野井慶太朗, 中西友子

    Radioisotopes   63 巻 ( 5 ) 頁: 227 - 237   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.63.227

    J-GLOBAL

  17. Nondestructive real-time radioisotope imaging system for visualizing 14C-labeled chemicals supplied as CO2 in plants using Arabidopsis thaliana

    Ryohei Sugita, Natsuko I. Kobayashi, Atsushi Hirose, Yoshimi Ohmae, Keitaro Tanoi, Tomoko M. Nakanishi

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   298 巻 ( 2 ) 頁: 1411 - 1416   2013年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s10967-013-2462-6

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s10967-013-2462-6/fulltext.html

  18. Carbon-14 labelled sucrose transportation in an Arabidopsis thaliana using an imaging plate and real time imaging system

    Yoshimi Ohmae, Atsushi Hirose, Ryohei Sugita, Keitaro Tanoi, Tomoko M. Nakanishi

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   296 巻 ( 1 ) 頁: 413 - 416   2013年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s10967-012-2131-1

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s10967-012-2131-1/fulltext.html

  19. Development of a 14C detectable real-time radioisotope imaging system for plants under intermittent light environment

    A. Hirose, M. Yamawaki, S. Kanno, S. Igarashi, R. Sugita, Y. Ohmae, K. Tanoi, T. M. Nakanishi

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   296 巻 ( 1 ) 頁: 417 - 422   2013年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s10967-012-2130-2

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s10967-012-2130-2/fulltext.html

▼全件表示

MISC 3

  1. 植物体内の元素の動きを見る

    杉田亮平, 小林奈通子, 中西友子, 田野井慶太朗, 田野井慶太朗  

    アグリバイオ3 巻 ( 2 )   2019年

     詳細を見る

  2. リアルタイムRIイメージングシステムを用いた植物根における元素輸送解析

    杉田亮平, 小林奈通子, 菅野里美, 廣瀬農, 田野井慶太朗, 中西友子  

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集52nd 巻   2015年

     詳細を見る

  3. ミクロRIイメージングシステムによる根の<sup>33</sup>Pイメージング解析

    菅野里美, 杉田亮平, 廣瀬農, 田野井慶太朗, NUSSAUME Laurent, 三村徹郎, 中西友子  

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集51st 巻   2014年

     詳細を見る

講演・口頭発表等 4

  1. 放射性トレーサーを用いた植物体内イオンの可視化技術の開発 招待有り

    日本植物学会第84回大会  2020年9月 

  2. 植物体内イオンの可視化に向けたRIイメージング装置の開発 招待有り

    第67回応用物理学会春季学術講演会  2020年2月 

  3. RIライブイメージングを用いた植物体内イオンの可視化 招待有り

    Optics & Photonics Japan  2019年12月 

  4. 放射性同位元素を利用した植物体内イオンのライブイメージング 招待有り

    11th NIBBバイオイメージングフォーラム  2017年2月 

科研費 11

  1. マルチモードイメージング情報を基盤とするITによる作物生産プロセスの熟成

    研究課題/研究課題番号:20H00437  2020年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    中西 友子, 二瓶 直登, 岩田 錬, 杉田 亮平, 青木 直大, 廣瀬 農, 森野 佳生, 二瓶 直登, 岩田 錬, 杉田 亮平, 青木 直大, 廣瀬 農, 森野 佳生

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、最適な施肥による収量の最大化を目的として、マルチモードのリアルタイムイメージング技術の開発により、各生育段階における養分の元素動態画像を取得し、収量データと合わせてコンピューターによる深層学習を行うことで、最適な施肥の数値化を図る。さらには、生育過程における1枚の可視化画像から植物内の養分、および収量予測を可能とする診断技術の開発を目指す。

  2. 放射線で光る粉を用いた植物体内元素のライブイメージング法の開発

    研究課題/研究課題番号:20K06317  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    杉田 亮平

  3. イネ根圏に形成する鉄プラークがリン吸収に与える影響

    2020年4月 - 2021年3月

    二国間交流事業共同研究 

    杉田亮平

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. ラジオアイソトープ、微少電極、蛍光プローブを相補的に用いた植物根のイオン輸送解析

    研究課題/研究課題番号:19KK0148  2019年10月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    田野井 慶太朗, 小林 奈通子, 杉田 亮平

      詳細を見る

    植物はイオン環境の急な変化に晒されると、根からのイオン吸収速度を10分以内に調節する環境応答機構をもつが、その実体は不明である。本研究では、植物が根の細胞質内イオン濃度の変化を検知しているという仮説の検証を目的として、マグネシウムイオンとナトリウムイオンの吸収速度を解析対象とし、細胞質内イオン濃度とイオン吸収速度の関係について法則性を明らかにする。そのために、①Mg2+やNa+の吸収速度が変化する条件(培地中イオン濃度と時間)において、放射性同位元素(RI)を使ったトレーサー実験で、②Mg2+やNa+の吸収速度が変化する部位を、微小イオン電極法(MIFE)で、③Mg2+やNa+の吸収速度が変化した根組織の細胞質内イオン濃度の変化を、蛍光寿命イメージング法(FLIM)で、それぞれ計測することで、根でのイオンFluxと細胞質内イオン濃度との法則性を明らかにする。
    本年度は、Mg2+についてはMIFEやFLIMでの植物の設定を想定した上で、変異体に対して28Mgを用いたトレーサー実験をおこなった。次年度MIFをタスマニア大学で実施するための準備をおこなった。
    植物の根でFLIMを実施するための環境整備をミラノ大学でおこなった。また、Mg2+を蛍光色素により検出する方法を試行したが再現性に問題があることから、Mg2+を検出する蛍光タンパク質をいくつか設定し、それらを発現させる植物の作成をスタートさせた。次年度、この植物を用いることでFLIM解析ができるものと考えている。

  5. 放射性同位元素を用いたきのこ菌糸および子実体における物質輸送の可視化技術の開発

    2018年4月 - 2019年3月

    公益財団法人ホクト生物科学振興財団 研究助成 

    杉田亮平

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. RIイメージングによる植物―病原糸状菌における物質動態の解明

    研究課題/研究課題番号:17K19267  2017年6月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    吉田 健太郎, 井上 晴彦, 田野井 慶太郎, 杉田 亮平

      詳細を見る

    絶対寄生菌であるコムギうどんこ病菌とその宿主植物であるパンコムギの相互作用における物質動態を明らかにすることを目的に、RIイメージング技術を用いて寄生菌から宿主へ、宿主から寄生菌への物質移行を可視化した。放射性同位体32Pと14Cが、宿主植物からコムギうどんこ病菌に移行し、最終的に分生子に蓄積することを確認した。更に32Pを含んだ分生子をを第1葉に接種したところ、接種葉以外の植物部位に32Pが移行した。このことは、未知の機構を介して病原菌由来の物質が植物体内を吸収され、移動することを示唆する。

  7. 植物中の多元素動態を同時に追跡するRI・蛍光マルチライブイメージングの開発

    研究課題/研究課題番号:17K15355  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    杉田 亮平

      詳細を見る

    本研究は、リアルタイムRIイメージング装置の高度化により、蛍光イメージングとの同時撮影を行うことを目的とした。植物用LED照明、蛍光イメージング用の蛍光をパルス的に照射し、暗期にRIイメージングを行うパルス照明システムの構築を目指した。パルス照明を50 msecよりも短い間隔で行う場合、植物の光合成能が低下する。そこで、マイコンボードとCCDカメラを同期させて撮影するシステムを構築することで、msec単位での照明を制御、撮影することに成功した。

  8. 放射性同位元素を用いた植物体内イオンのライブイメージング技術の開発

    2017年4月 - 2018年3月

    一般財団法人イオン工学振興財団 研究助成 

    杉田亮平

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 農業現場における精密農業の熟成

    研究課題/研究課題番号:15H02469  2015年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    中西 友子, 二瓶 直登, 岩田 錬, 山岸 順子, 杉田 亮平, 廣瀬 農, 大前 芳美

      詳細を見る

    わたしたちの研究グループが開発してきた放射線RIイメージングシステム(RRIS)は、シンチレータを用いて放射線を光に変換し、その光を高感度CCDカメラで検出することで撮像可能である。撮影の視野範囲はシンチレータの大きさに依存する。これまで用いてきた板状シンチレータであるFOS(10x10㎝)を2枚並列に設置し、20x10㎝の視野範囲を撮影してきた。解析の対象としてきたイネやダイズなどは個体が小さい幼少期を用いてきたが、農業として重要となる収穫ステージは1メートル程度まで生長するため、解析を行うことができなかった。そこで視野範囲の拡大を目的とした新規シンチレータの探索を行った。様々なシンチレータの性能を評価し、最適なシンチレータの開発を行った。その結果、撮影範囲は80x60㎝に広がった。撮影には、植物から放出される自家蛍光を遮光する必要があり、自家蛍光を遮光しつつ、植物から放出される放射線が極力透過できる遮蔽材の検討を行った。その結果、2マイクロメートル厚のアルミマイラーを最適であり、自家蛍光を完全に遮光することに成功した。新しく開発した大型シンチレータを用いた撮影手法を用いて収穫時期である大型のダイズを用いて、光合成産物がどこで行われ、どこへ輸送されるのかを細かく解析した。その結果、光合成能はそれぞれの葉ごとにはあまり差がない一方で、光合成産物は古い葉は新しい葉へ積極的に輸送させること、果実は最も近い葉から供給されること等がわかってきた。今後はさらに生育ステージを細かくわけ、光合成産物の輸送を追っていくことで、効果的な施肥のタイミングを知るうえで重要となってくると考えられる。

  10. 超高感度RIイメージング検出系を用いた植物生長調節物質の動態解析

    研究課題/研究課題番号:15H04493  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    田野井 慶太朗, 矢崎 一史, 高梨 功次郎, 小林 奈通子, 杉田 亮平, 廣瀬 農, 浅見 忠男, 中村 英光, 岡田 憲典, 中西 友子

      詳細を見る

    本研究では、植物ホルモンであるオーキシンを放射性同位体で標識し、その分布様式をライブイメージング法および高解像度可視化法での検出を試みた。その結果、ライブイメージング法ではシロイヌナズナの根において、葉から根へ輸送されるオーキシンを経時的に捉えることに成功した。続いて、高解像度解析では、凍結切片を作成した後、ラジオルミノグラフィおよびオートラジオグラフィを用いてオーキシン分布を可視化し、維管束や維管束間組織のオーキシン分布を可視化することに成功した。以上の取り組みにより、植物ホルモンの分布情報を得るための手法として、放射性同位体を用いたイメージング解析が有効な方法の1つであることを示せた。

  11. 植物体内における無機元素の輸送は道管と篩管のどちらが速いのか?

    研究課題/研究課題番号:15K18761  2015年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    杉田 亮平

      詳細を見る

    本研究は、植物の道管、篩管における元素輸送の解析を目的とした、RIライブイメージング技術の高度化である。本研究では篩管流の働きを止め、道管流のみ働いている状態で元素輸送の解析を行った。その結果、シロイヌナズナの花茎におけるMg輸送は道管流が大きな割合を占めることを示せた。Pにおいては、輸送速度が半減した。さらには、道管輸送の解析を目的として、光が植物の輸送にどのような影響を与えるかを解析した。解析には28Mg, 32P, 42K, 45Ca, 137Csを用いた。その結果、Pは水の流れに伴って輸送されること、Mg, K, CaおよびCsは水の流れに依存しないことを示せれた。

▼全件表示