2022/11/03 更新

写真a

キム ジョンヒョン
KIM Jeonghyun
KIM Jeonghyun
所属
大学院工学研究科 機械システム工学専攻 機械理工学 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 機械・航空宇宙工学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス
通称等の別名
キム ジョンヒョン
外部リンク

学位 3

  1. 博士(工学) ( 2017年9月   東京大学 ) 

  2. 修士(工学) ( 2014年9月   東京大学 ) 

  3. Bachelor of Engineering ( 2010年5月   The University of Sydney ) 

研究キーワード 5

  1. 再生医療

  2. 組織工学

  3. 生体医工学

  4. バイオメカニクス

  5. メカノバイオロジー

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 生体医工学

経歴 2

  1. 京都大学   ウイルス・再生医科学研究所   特定研究員

    2018年11月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 東京大学   大学院工学研究科機械工学専攻   日本学術振興会特別研究員   日本学術振興会特別研究員

    2017年4月 - 2018年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 東京大学   大学院工学系研究科   機械工学専攻

    2014年10月 - 2017年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   大学院工学系研究科   機械工学専攻

    2012年10月 - 2014年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. The University of Sydney   Faculty of Engineering   Mechanical Engineering (Biomedical)

    2006年3月 - 2010年5月

      詳細を見る

    国名: オーストラリア連邦

    備考: Honours degree

所属学協会 3

  1. 日本生体医工学会

  2. 日本再生医療学会

  3. 日本機械学会

委員歴 6

  1. 日本機械学会 バイオエンジニアリング部門   若手による次世代戦略委員会  

    2022年4月 - 2024年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本機械学会 バイオエンジニアリング部門   広報委員  

    2022年4月 - 2024年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本機械学会 第32回バイオフロンティア講演会   実行委員会 委員  

    2021年9月 - 2022年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. The 11th Asian-Pacific Conference on Biomechanics   Steering committee member  

    2021年6月 - 2021年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. The Korean Institute of Chemical Engineering (Japan region)   Director of Business Affairs  

    2021年1月 - 2021年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. 在日韓国科学技術者協会   バイオエンジニアリング研究分科会長  

    2018年7月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 15

  1. 日本機械学会東海支部奨励賞

    2022年3月   日本機械学会東海支部  

    Jeonghyun Kim

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. The Outstanding Abstract Award Runner-up

    2021年12月   The 11th Asian-Pacific Conference on Biomechanics  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 2020 JBSE Graphics of the Year Award

    2021年6月   Journal of Biomechanical Science and Engineering  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  4. 2020 JBSE Papers of the Year Award

    2021年6月   Journal of Biomechanical Science and Engineering  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  5. The Yamaguchi Medal

    2019年11月   Asian-Pacific Conference on Biomechanics  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:台湾

    アジア太平洋地域のバイオメカニクス分野の若手研究者賞

  6. The Best Oral Presentation Award

    2019年8月   The 4th Africa International Biotechnology and Biomedical Conference  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:ケニア共和国

  7. 学術優秀賞

    2019年2月   在日韓国科学技術者協会  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  8. The Outstanding Young Researcher Presentation Award

    2018年7月   The 8th World Congress of Biomechanics  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:アイルランド

  9. 優秀論文賞

    2016年10月   日本臨床バイオメカニクス学会  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  10. The Outstanding Student Poster Award

    2022年6月   日本機械学会 第34回バイオエンジニアリング講演会   マウス軟骨前駆細胞の3次元スフェロイド培養による肥大軟骨分化およびアポトーシス誘導

    富田航世,キム・ジョンヒョン,前田英次郎,松本健郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  11. The Outstanding Student Poster Award

    2022年6月   日本機械学会 第34回バイオエンジニアリング講演会   腱 Elastic recoil 挙動におけるコラーゲンとエラスチンの役割解明を目的としたクリンプ構造の評価と動的力学特性の解析

    石崎裕聖,キム・ジョンヒョン,松本健郎,前田英次郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  12. 優秀講演賞

    2022年3月   日本機械学会東海支部 第53回学生員卒業研究発表講演会   静水圧刺激がマウス骨芽前駆細胞の細胞形状・増殖に与える影響

    水島 慎吾, キム ジョンヒョン, 前田 英次郎, 松本 健郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  13. 優秀講演賞

    2022年3月   日本機械学会東海支部 第53回学生員卒業研究発表講演会   組織透明化手法による3次元骨細胞スフェロイド内部の細胞核形状評価

    稲垣 貴士, キム ジョンヒョン, 前田 英次郎, 松本 健郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  14. 優秀講演賞

    2022年3月   日本機械学会東海支部 第53回学生員卒業研究発表講演会   イベリアトゲイモリ大腿骨損傷部の再生現象解明に関する研究

    伊藤 優作, キム ジョンヒョン, 松本 健郎, 前田 英次郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  15. The Outstanding Student Presentation Award

    2022年1月   日本機械学会 第32回バイオフロンティア講演会   シームレスな単軸引張・圧縮によるアフリカツメガエル胚の力学特性解明

    齋藤 稜介, 二宮 裕将, キム ジョンヒョン, 前田 英次郎, 田村 篤敬, 松本 健郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

▼全件表示

 

論文 18

  1. Spheroid culture for chondrocytes triggers the initial stage of endochondral ossification

    Kim Jeonghyun, Tomida Kosei, Matsumoto Takeo, Adachi Taiji

    Biotechnology and Bioengineering   119 巻 ( 11 ) 頁: 3311 - 3318   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Biotechnology and Bioengineering  

    Endochondral ossification is the process of bone formation derived from growing cartilage duringskeletal development. In previous studies, we provoked the osteocyte differentiation of osteoblast precursor cells under a three-dimensional (3D) culture model. To recapitulate the endochondral ossification, the present study utilized the self-organized scaffold-free spheroid model reconstructed by pre-chondrocyte cells. Within 2-day cultivation in the absence of the chemically induced chondrogenesis supplements, the chondrocyte marker was greatly expressed in the inner region of the spheroid, whereas the hypertrophic chondrocyte marker was strongly detected in the surface region of the spheroid. Notably, we found out that the gene expression levels of osteocyte markers were also greatly upregulated compared to the conventional 2D monolayer. Moreover, after long-term cultivation for 28 days, it induced morphological changes in the spheroid, such as cellular hypertrophy and death. In this study, in order to recapitulate the initial stage of the endochondral ossification, we highlighted the potentials of the 3D culture method to drive the hypertrophic chondrocyte differentiation of the pre-chondrocyte cells.

    DOI: 10.1002/bit.28203

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Effect of chemically induced osteogenesis supplements on multicellular behavior of osteocytic spheroids

    Kim Jeonghyun, Inagaki Takashi, Sunaga Junko, Adachi Taiji, Matsumoto Takeo

    Biochemical and Biophysical Research Communications   622 巻   頁: 79 - 85   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    Understanding in multicellular behaviors in three-dimensional (3D) culture models such as organoids is important to help us better comprehend the mechanisms of the morphogenesis and functions of diverse organs in vivo cellular environment. In this study, we elucidated the multicellular behaviors of the osteocytic spheroids in response to the chemically induced osteogenesis supplements (OS). Particularly, we conducted 1) size change measurement, 2) fusion experiment, and 3) collagen embedding experiment of spheroids, in response to the OS. We found out that the OS alters the multicellular behaviors of the spheroid by greater reduction in the size change measurement and slowing down the speed of fusion experiment and collagen embedding experiment of the spheroids. We also highlighted that the driving force of these changes was the tight actin filaments generated on the surface of the spheroids. Hence, the results altogether indicate that the spheroid model exerted the different multicellular behaviors against the differentiation capability. This study will contribute to understanding the multicellular behaviors of the 3D culture model reconstructed by the cells with greater cell-cell interaction force.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2022.07.026

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Dependency of deformation of cell nucleus on stretch direction of tissue: Relation to anisotropic response of aortic media to hypertension

    Fan Yong, Wang Junfeng, Kim Jeonghyun, Maeda Eijiro, Matsumoto Takeo

    Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials   133 巻   頁: 105326   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials  

    The deformation of the cell nucleus may cause dispersion of chromatin and eventually enhance transcription, translation, and protein expression. If this happens in the hypertensive artery, an excessive stretch of smooth muscle cell (SMC) nuclei caused by hypertension may provoke wall thickening. Here, we measured deformation of SMC nuclei in rabbit thoracic aortas stretched in different directions. Thin 0.2-mm-thick specimens were sliced in the direction perpendicular to their axial and circumferential directions, and stretched in the circumferential and axial directions, respectively. The deformation of the actin filament (AF) network was similar to that of the whole tissue, whereas the deformation of the nucleus was significantly smaller than the others. Notably, the nucleus seldom deformed when the tissue was stretched in the axial direction. A novel cell model in which the nucleus is connected to the extracellular matrix via the AF network successfully explained the relative unresponsiveness of the nucleus to the axial stretch. It has been pointed out that stress is maintained constant in the circumferential direction but not in the axial direction in the artery wall during hypertension. The relative unresponsiveness of the nucleus to the axial stretch represented in this study explains this phenomenon.

    DOI: 10.1016/j.jmbbm.2022.105326

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Internal radial perfusion bioreactor promotes decellularization and recellularization of rat uterine tissue. 査読有り

    Charoensombut N, Kawabata K, Kim J, Chang M, Kimura T, Kishida A, Ushida T, Furukawa KS

    Journal of bioscience and bioengineering   133 巻 ( 1 ) 頁: 83 - 88   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2021.09.007

    PubMed

  5. Comparative gene expression analysis for pre-osteoblast MC3T3-E1 cells under non-adhesive culture toward osteocyte differentiation 査読有り

    Kim Jeonghyun, Kigami Hiroyuki, Adachi Taiji

    Journal of Bioscience and Bioengineering   132 巻 ( 6 ) 頁: 651 - 656   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Bioscience and Bioengineering  

    Osteocytes play an important role to modulate the bone remodeling and are also known as terminally differentiated cells originated from the osteoblast precursor cells, but its differentiation mechanism remains unclear. Since an efficient in vitro method to evoke the osteocyte differentiation from the osteoblast precursor cells has not been established, we conducted the comparative gene expression analysis for mouse pre-osteoblast MC3T3-E1 cells in order to elucidate the key factors to induce the osteocyte differentiation from the pre-osteoblast cells. In this study, we prepared four different culture environments by modulating their cell-substrate interaction and cell–cell interaction; (i) low and (ii) high cell density on the adhesive culture models, and (iii) low and (iv) high cell density on the non-adhesive floating culture models. By comparing these conditions in terms of cell-substrate and cell–cell interaction, we showed that the elimination of cell-substrate interaction under non-adhesive floating culture greatly up-regulated the gene expression of osteocyte markers in the pre-osteoblast cells. Moreover, the presence of moderate cell–cell interaction in the non-adhesive spheroid culture further enhanced the up-regulation of osteocyte markers for the pre-osteoblast cells. The results altogether suggest the most appropriate culture environment to induce the in vitro osteocyte differentiation of pre-osteoblast cells.

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2021.09.004

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Modulation of <i>Sost</i> Gene Expression Under Hypoxia in Three-Dimensional Scaffold-Free Osteocytic Tissue. 査読有り

    Kim J, Adachi T

    Tissue engineering. Part A   27 巻 ( 15-16 ) 頁: 1037 - 1043   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1089/ten.TEA.2020.0228

    PubMed

  7. Cell-fate decision of mesenchymal stem cells toward osteocyte differentiation is committed by spheroid culture 査読有り

    Kim Jeonghyun, Adachi Taiji

    Scientific Reports   11 巻 ( 1 ) 頁: 13204   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Scientific Reports  

    Osteocytes are mechanosensory commander cells to regulate bone remodeling throughout the lifespan. While the osteocytes are known as terminally differentiated cells derived from mesenchymal stem cells, the detailed mechanisms of osteocyte differentiation remain unclear. In this study, we fabricated 3D self-organized spheroids using human mesenchymal stem cells (MSCs). Under the osteogenesis induction medium, the spheroid culture model exerted the osteocyte-likeness within 2 days compared to a conventional 2D monolayer model. Moreover, we showed that an inhibition of actin polymerization in the spheroid further up-regulated the osteocyte gene expressions. Notably, we represented that the cell condensed condition acquired in the 3D spheroid culture model determined a differentiation fate of MSCs to osteocytes. Taken together, we suggest that our self-organized spheroid model can be utilized as a new in vitro model to represent the osteocyte and to recapitulate an in vitro ossification process.

    DOI: 10.1038/s41598-021-92607-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Uniaxially-fixed mechanical boundary condition elicits cellular alignment in collagen matrix with induction of osteogenesis 査読有り

    Jeonghyun Kim, Keiichi Ishikawa, Junko Sunaga, Taiji Adachi

    Scientific Reports   11 巻 ( 9009 )   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1038/s41598-021-88505-z

  9. Characterization of self-organized osteocytic spheroids using mouse osteoblast-like cells 招待有り 査読有り

    Jeonghyun Kim, Hiroyuki Kigami, Taiji Adachi

    Journal of Biomechanical Science and Engineering     2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1299/jbse.20-00227

  10. Acquired contractility ability in human endometrial stromal cells by passive loading of cyclic tensile stretch 査読有り

    Jeonghyun Kim, Takashi Ushida, Kevin Montagne, Yasushi Hirota, Osamu Yoshino, Takehiro Hiraoka, Yutaka Osuga, Katsuko Furukawa

        2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1038/s41598-020-65884-3

  11. Cell condensation triggers the differentiation of osteoblast precursor cells to osteocyte-like cells 査読有り

    Jeonghyun Kim, Taiji Adachi

      7 巻 ( 288 )   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.3389/fbioe.2019.00288

  12. Dependency of deformation of cell nucleus on stretch direction of tissue: Relation to anisotropic response of aortic media to hypertension 査読有り

    Yong Fan, Junfeng Wang, Jeonghyun Kim, Eijiro Maeda, Takeo Matsumoto

    Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials   133 巻 ( 105326 )   2022年9月

  13. Three-dimensional culture technology: Self-organized spheroid culture drives osteocytogenesis 査読有り

    Jeonghyun Kim, Taiji Adachi

        2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: https://doi.org/10.1109/LifeTech52111.2021.9391919

  14. Fabrication of extracellular matrix hydrogel derived from uterine tissues 査読有り

    Kinyoshi Kawabata, Narintadeach Charoensombut, Jeonghyun Kim, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida, Takashi Ushida, Katsuko Furukawa

      41 巻   頁: 287 - 292   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Fabrication of uterine decellularized matrix using high hydrostatic pressure through depolymerization of actin filaments 招待有り 査読有り

    Jeonghyun Kim, Shu Takeda, Narintadeach Charoensombut, Kinyoshi Kawabata, Yugo Kishimoto, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida, Takashi Ushida, Katsuko Furukawa

      14 巻 ( 3 ) 頁: 19-00097   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1299/jbse.19-00097

  16. Hypergravity down-regulates c-fos gene expression via ROCK/Rho-GTP and the PI3K signaling pathway in murine ATDC5 chondroprogenitor cells 査読有り

    Jeonghyun Kim, Kevin Montagne, Hidetoshi Nemoto, Takashi Ushida, Katsuko Furukawa

      12 巻 ( 9 ) 頁: e0185394   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1371/journal.pone.0185394. eCollection 2017.

  17. Involvement of the mTOR pathway in redifferentiation of bovine chondrocytes under dynamic hydrostatic loading 査読有り

    Kevin Montagne, Dongig Oh, Jeonghyun Kim, Takashi Ushida, Katsuko S Furukawa

      37 巻   頁: 1 - 8   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Enhanced chondrogenesis with upregulation of PKR using a novel hydrostatic pressure bioreactor 査読有り

    Jeonghyun Kim, Kevin Montagne, Takashi Ushida, Katsuko S Furukawa

      79 巻 ( 2 ) 頁: 239 - 241   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1080/09168451.2014.975184.

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 最先端ナノライフシステム研究

    キム ジョンヒョン,前田 英次郎,松本 健郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 力で組織・細胞を制御する)

    丸善プラネット  2022年 

     詳細を見る

    著書種別:教科書・概説・概論

講演・口頭発表等 12

  1. In vitro spheroid culture for chondrogenic precursor ATDC5 cells provokes an initial stage of endochondral ossification

    Jeonghyun Kim, Kosei Tomida, Eijiro Maeda, Taij Adachi, Takeo Matsumoto

    The 4th International Symposium on Mechanobiology  2022年11月7日  The Australian Society for Mechanobiology (AuSMB)

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Sydney   国名:オーストラリア連邦  

  2. Induction of osteocyte differentiation for mesenchymal stem cells in 3D scaffold-free spheroid culture

    Jeonghyun Kim, Taiji Adachi, Takeo Matsumoto

    Tissue Engineering and Regenerative Medicine International Society – Asia-Pacific Conference 2022 (TERMIS-AP 2022)  2022年10月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Jeju   国名:大韓民国  

  3. Differentiation fate of mesenchymal stem cells toward osteocyte is determined by actin balancing 国際会議

    Jeonghyun Kim, Taiji Adachi

    The 11th Asian-Pacific Conference on Biomechanics  2021年12月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyoto, Japan  

  4. 3次元スフェロイド培養による骨細胞分化誘導の研究

    Jeonghyun Kim, Taiji Adachi

    第60回日本生体医工学会大会   2021年6月16日  日本生体医工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. 三次元骨細胞組織モデルを用いた細胞バイオメカニクス

    Jeonghyun Kim, Taiji Adachi

    日本機械学会2021年度年次大会  2021年9月7日  日本機械学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. Pre-osteoblasts in three-dimensional spheroids exert osteocyte-likeness 国際会議

    Jeonghyun Kim, Taiji Adachi

    The 26th Congress of the European Society of Biomechanics   2021年7月13日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  7. Intracellular tension of osteoblast in collagen gel elicits osteocyte alignment under uniaxially-fixed boundary condition 招待有り 国際会議

    Jeonghyun Kim, Keiichi Ishikawa, Junko Sunaga, Taiji Adachi

    The 2nd Joint Meeting of the European Society for Clinical Hemorheology and Microcirculation, the International Society for Clinical Hemorheology, and the International Society of Biorheology (ESCHM-ISCH-ISB 2021)   2021年7月7日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  8. 骨芽細胞様細胞を用いた三次元構造体スフェロイドの骨細胞分化モデルへの応用

    Jeonghyun Kim, Taiji Adachi

    第33回バイオエンジニアリング講演会  2021年6月26日  日本機械学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. Generation of tight actin filaments in response to osteogenesis supplements modulated the mechanical behaviors of osteocytic spheroids

    キム・ジョンヒョン , 安達泰治 , 松本健郎

    日本機械学会 2022年度年次大会  2022年9月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. Modulation of mechanical environment to induce osteocyte differentiation of mesenchymal stem cells 国際会議

    Jeonghyun Kim, Takashi Inagaki, Taiji Adachi, Takeo Matsumoto

    9th World Congress of Biomechanics  2022年7月12日  The World Congress of Biomechanics

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Taiwan   国名:台湾  

  11. Effect of chemical osteogenesis induction on mechanical behavior of 3D osteocytic spheroids

    キム・ジョンヒョン, 安達泰治, 松本健郎

    第61回日本生体医工学会大会  2022年6月28日  日本生体医工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  12. 骨細胞スフェロイドの機械的挙動に対する 骨分化誘導剤の影響

    キム・ジョンヒョン, 安達泰治, 松本健郎

    第45回日本バイオレオロジー学会年会  2022年6月4日  日本バイオレオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川   国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. 骨オルガノイド構築と骨細胞分化機構の解明

    2022年9月 - 2024年3月

    立松財団 A1.特別研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円

  2. 3次元培養モデルを用いた静水圧負荷による骨細胞分化制御に関する研究

    2022年8月 - 2023年7月

    内藤科学技術振興財団 研究助成金 

    Kim Jeonghyun

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  3. 3次元細胞組織体による4次元骨・軟骨形成ダイナミクス測定法の開発

    2021年4月 - 2023年3月

    中谷医工計測技術振興財団 技術開発研究助成 奨励研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4000000円

科研費 4

  1. 生物のかたちづくりを利用したものづくり:細胞の力学応答を利用した最適構造構築

    研究課題/研究課題番号:21H04533  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    松本 健郎, 前田 英次郎, KIM JEONGHYUN, 王 軍鋒

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:400000円

    生物のかたちづくりには力が大きく関わっており,生体組織の多くが力学的最適性を保っている.そこでこれをものづくりに応用するため,1)組織内の力を細胞レベルで明らかにする基盤技術として,張力センサタンパクを発現する細胞を組織に埋め込んでひずみゲージとする手法の確立,2)力学負荷により幼若骨組織に最適構造を自発創成させる手法の確立,3)力による珪藻の被殻形状の制御と被殻形成過程のリアルタイム観察による珪藻被殻の精妙な模様の形成機構の解明を進める.

  2. Scaffold-free tissue積層化による3次元骨軟骨モデル構築

    研究課題/研究課題番号:20K20181  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  若手研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円

  3. 骨形成再現に向けた旋回培養法による骨オルガノイド大量作製及び新たな活用法構築

    研究課題/研究課題番号:19K23604  2019年8月 - 2021年3月

    日本学術振興会  研究活動スタート支援 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2860000円

  4. 脱細胞担体と機械的刺激を用いた子宮組織の再生と子宮着床パッチの開発

    研究課題/研究課題番号:17J07735  2017年4月 - 2018年10月

    日本学術振興会  特別研究員奨励費  

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1940000円

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 物理学実験

    2022

  2. 材料力学第2及び演習

    2022

  3. 物理学実験

    2021

  4. 材料力学第2及び演習

    2021