2022/03/25 更新

写真a

ワタナベ ヒロノブ
渡邉 大展
WATANABE Hironobu
所属
大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 高分子化学 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 化学生命工学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2021年3月   大阪大学 ) 

研究キーワード 5

  1. ラジカル重合

  2. カチオン重合

  3. 立体特異性重合

  4. リビング重合

  5. 高分子合成

研究分野 2

  1. ナノテク・材料 / 高分子材料

  2. ナノテク・材料 / 高分子化学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 高機能、高性能、分解性などの機能性高分子材料の開発

  2. 新規重合反応の開発と高分子の精密合成

経歴 3

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 高分子化学   助教

    2021年4月 - 現在

  2. テキサス大学オースティン校   研究員

    2019年10月 - 2019年12月

  3. 日本学術振興会   特別研究員(DC1)

    2018年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 大阪大学   理学研究科   高分子科学専攻

    2018年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 博士後期課程

  2. 大阪大学   理学研究科   高分子科学専攻

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 博士前期課程

  3. 大阪大学   理学部   化学科

    2012年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 1

  1. 高分子学会

 

論文 4

  1. Stereoselective cationic polymerization of vinyl ethers by easily and finely tunable titanium complexes prepared from tartrate-derived diols: isospecific polymerization and recognition of chiral side chains 査読有り

    Watanabe Hironobu, Yamamoto Takuya, Kanazawa Arihiro, Aoshima Sadahito

    POLYMER CHEMISTRY   11 巻 ( 20 ) 頁: 3398 - 3403   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0py00343c

    Web of Science

  2. Temperature-induced switchable magnetite nanoparticle superstructures 査読有り 国際共著

    Kronenbitter Cathrin, Watanabe Hironobu, Aoshima Sadahito, Coelfen Helmut

    MATERIALS ADVANCES   1 巻 ( 1 ) 頁: 10 - 13   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0ma00075b

    Web of Science

  3. Stereoregularity effect on hole mobility in poly(N-vinylcarbazole) thin film evaluated by MIS-CELIV method 査読有り

    Kim WooJin, Nishikawa Yuki, Watanabe Hironobu, Kanazawa Arihiro, Aoshima Sadahito, Fujii Akihiko, Ozaki Masanori

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   59 巻   頁: SDDA01   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/1347-4065/ab554f

    Web of Science

  4. Stereospecific Living Cationic Polymerization of N-Vinylcarbazole through the Design of ZnCl2-Derived Counteranions 査読有り

    Watanabe Hironobu, Kanazawa Arihiro, Aoshima Sadahito

    ACS MACRO LETTERS   6 巻 ( 4 ) 頁: 463 - 467   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsmacrolett.7b00175

    Web of Science

講演・口頭発表等 1

  1. 立体特異性リビングカチオン重合の開拓 招待有り

    渡邉大展

    第179回東海高分子研究会講演会  2021年9月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

科研費 1

  1. カルボニルの反応を利用したラジカル重合系の創出:主鎖と側鎖への多彩な官能基の導入

    研究課題/研究課題番号:21K20531  2021年8月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  研究活動スタート支援

    渡邉 大展

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3120000円 ( 直接経費:2400000円 、 間接経費:720000円 )

    プラスチックによる環境汚染問題や、医療の高度化により、分解性や生体適合性を有する新しいポリマー材料が求められている。その開発のためには、ポリマーの主鎖や側鎖にヘテロ原子を含む官能基を導入することが重要である。本研究では、学術的・工業的に広く用いられる汎用性の高い高分子合成法であるラジカル重合により、主鎖、側鎖への多様な官能基を導入する新しい方法の創出を目指す。とくに、カルボニルの多彩な反応を利用することでこれに挑戦する。

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. 有機化学4及び演習

    2021

  2. 化学生命工学実験4

    2021

  3. 化学生命工学実験2

    2021