2023/05/30 更新

写真a

モリ ショウイチロウ
森 章一郎
MORI Shoichiro
所属
医学部附属病院 皮膚科 助教
職名
助教

学位 2

  1. 学士(医学) ( 2013年4月   名古屋大学 ) 

  2. 学士 ( 名古屋大学 ) 

経歴 1

  1. 名古屋大学   医学部皮膚科   病院助教

    2021年4月

学歴 1

  1. 名古屋大学   医学部   医学科

    2007年4月 - 2013年3月

所属学協会 1

  1. 日本皮膚科学会

    2015年4月

 

論文 4

  1. 切除断端確保に難渋した頭頂部隆起性皮膚線維肉腫の1例

    茜部 穂波, 森 章一郎, 奥村 真央, 浦田 透, 村上 佳恵, 横田 憲二, 秋山 真志, 棚橋 邦明, 蛯沢 克己, 森 誉子

    Skin Cancer   37 巻 ( 3 ) 頁: 213 - 217   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本皮膚悪性腫瘍学会  

    <p>20歳,男性。2020年1月頃より頭皮に結節を自覚した。徐々に増大し同年3月に前医を受診した。生検で悪性間葉系腫瘍を疑われ当科紹介となった。初診時,頭頂部に可動性不良な5×3cm大の隆起性紅色結節を認めた。再生検した所紡錘形細胞の増殖を認め,CD34陽性であり,他院で行った遺伝子検査で<i>COL1A1-PDGFB</i>融合遺伝子を認めたため,線維肉腫様変化を伴う隆起性皮膚線維肉腫と診断した。CTで遠隔転移を認めず,結節近傍の皮下にも結節を認めた。MRIで頭蓋骨骨膜へ癒着があり骨膜浸潤が疑われた。病変周囲を20mmマージンでマッピング生検し1ヵ所陽性。陽性部からさらに10mm離して生検したが再度陽性。さらに10mm離して生検し陰性を得た。生検結果を参考に頭蓋骨を含め広範囲切除,人工骨挿入し遊離広背筋皮弁および分層植皮で再建した。術後病理検査で切除断端は陰性,術後20ヵ月再発はない。頭部隆起性皮膚線維肉腫の切除範囲の決定にマッピング生検が有用な可能性がある。</p>

    DOI: 10.5227/skincancer.37.213

    CiNii Research

  2. Neutrophil/lymphocyte ratio as a predictor of lymph node metastasis in extramammary Paget disease: A retrospective study

    Ebata Aoi, Taki Tomoki, Mori Shoichiro, Murakami Yoshie, Urata Toru, Okumura Mao, Akanabe Honami, Imai Satoko, Yokota Kenji, Akiyama Masashi

    JOURNAL OF THE AMERICAN ACADEMY OF DERMATOLOGY   85 巻 ( 4 ) 頁: 1023 - 1025   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Journal of the American Academy of Dermatology  

    DOI: 10.1016/j.jaad.2020.12.087

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Low plasma fibrinogen levels are associated with poor prognosis in cutaneous angiosarcoma of the head and neck

    Mori Shoichiro, Taki Tomoki, Murakami Yoshie, Urata Toru, Okumura Mao, Akanabe Honami, Ebata Aoi, Imai Satoko, Yokota Kenji, Akiyama Masashi

    CANCER SCIENCE   112 巻 ( 9 ) 頁: 3924 - 3927   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.15037

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Cutaneous malignant melanoma in an elderly patient with intermediate junctional epidermolysis bullosa

    Yamashita Yuta, Taki Tomoki, Takeichi Takuya, Okumura Mao, Mori Shoichiro, Ito Yasutoshi, Ogi Tomoo, Yamada Motohito, Akiyama Masashi

    JOURNAL OF DERMATOLOGY   48 巻 ( 8 ) 頁: E384 - E385   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Journal of Dermatology  

    DOI: 10.1111/1346-8138.15951

    Web of Science

    Scopus

    PubMed