Updated on 2023/12/22

写真a

 
NONOYAMA Tomo
 
Organization
Graduate School of Medicine Assistant Professor
Undergraduate School
School of Health Sciences
Title
Assistant Professor

Degree 1

  1. 修士(看護学) ( 2021.3   名古屋大学 ) 

Research Interests 7

  1. Child Maltreatment

  2. Child Abuse

  3. Parenting Stress

  4. Parenting Support

  5. Social Care

  6. Attachment Styles

  7. Abusive Head Trauma

Research Areas 1

  1. Life Science / Lifelong developmental nursing

Current Research Project and SDGs 1

  1. 多様なニーズをもつ子どもと家族を支える乳児院ケアプログラムへ向けたエビデンス創生

Education 2

  1. Nagoya University

    2019.4 - 2021.3

  2. Nagoya University

    2012.4 - 2016.3

Professional Memberships 13

  1. 日本疫学会

    2023.12

  2. 日本乳幼児医学・心理学会

    2023.12

  3. 日本看護科学学会

    2023.7

  4. 日本育療学会

    2022.9

  5. 日本家族看護学会

    2022.4

  6. 日本小児がん看護学会

    2021.11

  7. 中部小児がんトータルケア研究会

    2021.10

  8. 日本看護研究学会

    2021.9

  9. 日本子ども健康科学会

    2021.8

  10. 日本小児看護学会

    2021.2

  11. 日本小児保健協会

    2020.12

  12. 日本看護医療学会

    2020.6

  13. 日本子ども虐待防止学会

    2019.9

▼display all

Committee Memberships 9

  1. 名大発アカデミックフラッシュ   実行委員  

    2023.11   

  2. 全国乳児福祉協議会   制度対策研究委員  

    2023.6   

  3. 日本子ども虐待防止学会   第29回学術集会大会スタッフ  

    2023.4 - 2023.11   

  4. 名古屋大学クラウドファンディング すべての子どもたちに愛と未来を。   プロジェクトリーダー  

    2022.9   

  5. 日本家族看護学会   社会活動・政策委員会  

    2022.7   

      More details

    Committee type:Academic society

  6. 日本子ども健康科学会   第23回学術大会企画運営委員  

    2021.12   

  7. 日本看護医療学会   学会第9期評議員選挙管理委員  

    2021.1 - 2021.5   

  8. 日本家族看護学会   第27回学術集会実行委員  

    2020.9   

  9. 日本看護医療学会   第21回学術集会実行委員  

    2019.9   

▼display all

Awards 3

  1. 学芸奨励生

    2023.6   公益財団法人 大幸財団  

     More details

    Award type:Award from publisher, newspaper, foundation, etc. 

  2. 研究者リーダーシップ・プログラム修了

    2022.3   名古屋⼤学男⼥共同参画センター・学術研究・産学官連携推進本部  

  3. ベストいいね!賞(口演)

    2021.7   日本小児看護学会  

 

Papers 4

  1. Consensus on the items for early identification of unmet psychosocial needs of siblings of children with cancer and blood disease: A modified Delphi method

    Kaneko, T; NIinomi, K; Nonoyama, T; Makishita, A; Asano, M

    NURSING OPEN   Vol. 10 ( 10 ) page: 7025 - 7037   2023.10

     More details

    Language:English   Publisher:Nursing Open  

    Aim: To reach a consensus on question items for early identification of unmet psychosocial needs of school-aged siblings of children with cancer and blood disease. Design: Modified Delphi method. Methods: Twenty-three studies were reviewed to extract question items, which were classified into seven categories. A total of 39 question items were selected for this study. The selected question items were carefully considered using the modified Delphi method. The participants were 28 medical staff from a childhood cancer hub hospital and 20 sibling support group staff members. The first round consisted of a questionnaire (n = 48); the second, a focus group interview (n = 8) and the third, another questionnaire (n = 8). The first and third rounds used a 5-point Likert scale. This survey was conducted from July to October 2021. Results: A total of 38, 26, and 24 question items were included in the first, second, and third rounds respectively. A total of 24 question items were extracted using the modified Delphi method to identify siblings' unmet psychosocial needs: relationship with family members, 3; daily life issues, 4; stress, 6; emotions, 3; information, 3; relationships with medical staff, 1 and social and medical resources, 4. Seven categories and 24 question items were confirmed as items for identifying the unmet psychosocial needs of school-aged siblings of children with cancer and blood disease.

    DOI: 10.1002/nop2.1958

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Special needsのある乳幼児と家族に寄り添うケアコーディネーション-社会的養護の現場から-

    野々山友 宮本真奈美 信田孝生 浅野みどり

    乳幼児医学・心理学研究   Vol. 31 ( 2 ) page: 123 - 130   2023.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  3. O15-2 専攻横断型大学院教育における多職種連携の重要性に関する学び

    野々山 友, 新家 一輝, 浅野 みどり

    日本看護研究学会雑誌   Vol. 45 ( 3 ) page: 3_516 - 3_516   2022.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人 日本看護研究学会  

    DOI: 10.15065/jjsnr.20221019102

    CiNii Research

  4. An empirical study on the relationship between stress responses to babies’ crying and psychological attributes Reviewed

    The Journal of Child Health     2022

     More details

    Authorship:Lead author  

Books 1

  1. 小児看護過程

    浅野みどり 杉浦太一 大村知子 高橋義行 佐藤義朗( Role: Joint author)

    医学書院  2021.10 

Presentations 17

  1. スペシャルヘルスケアニーズ児のwell-beingを守るケアの実際:乳児院におけるケーススタディ

    野々山友, 浅野みどり

    第33回日本乳幼児医学・心理学会学術集会  2024.2.11 

     More details

    Event date: 2024.2

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  2. コロナ禍の養育期家族の育児ストレス・親性発達の縦断調査-性差による検討-

    浅野みどり、野々山友、古澤亜矢子、大橋幸美、大村知子

    第25回日本看護医療学会学術集会  2023.9.2 

     More details

    Event date: 2023.9

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  3. 対話の可能性を探る ~オープンダイアローグの紹介・「聴く」「話す」を分ける体験~

    門間晶子, 加藤まり, 山本真実, 浅野みどり, 中畑ひとみ, 富塚美和, 馬場文, 野々山友, 鈴木茉央

    日本看護研究学会第49回学術集会  2023.8.19 

     More details

    Event date: 2023.8

    Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

  4. 養育期家族の育児ストレスと 親性発達に関する縦断調査: 子どもの特性による群別比較

    浅野みどり、大村知子、大橋幸美、山口知香枝、小野里衣、野々山 友

    日本小児看護学会第33回学術集会  2023.7.15 

     More details

    Event date: 2023.7

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  5. 異次元の子育て会議 Invited

    野々山友

    名大カフェ SCIENCE AND ME  2023.6.22 

     More details

    Event date: 2023.6

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

  6. An exploratory case study of social care for children with special health care needs in infant home: a pilot study International conference

    Tomo Nonoyama, Akiko Kadoma

    26th East Asia Forum of Nursing Scholars (EAFONS2023)  2023.3.11 

     More details

    Event date: 2023.3

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  7. スペシャルヘルスケアニーズ児およびその家族へのケアとサポートの統合 :スコーピングレビュー

    野々山友、金子太郎、浅野みどり、新家一輝、尾﨑伊都子、門間晶子

    第25回日本子ども健康科学会学術大会  2024.3.3 

     More details

    Event date: 2023.3

    Presentation type:Poster presentation  

  8. 重篤な疾患を予測された子どもをNICU で亡くした両親の 予期悲嘆と看取りの経験に関する文献検討

    加藤晶子、野々山友、浅野みどり

    第32 回日本乳幼児医学・心理学会  2023.2.19 

     More details

    Event date: 2023.2

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  9. 小学校における病弱・身体虚弱特別支援学校の担任が行う支援

    濱野紀子,新家一輝,野々山友

    日本育療学会第26回学術大会  2022.12.10 

     More details

    Event date: 2022.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  10. 多胎児をもつ養育期家族の親性と育児ストレスについて

    大橋幸美、古澤亜矢子、大村知子、山口知香枝、小野里衣、河村江里、清水いづみ、野々山友、 浅野みどり

    日本看護医療学会第 24 回学術集会  2022.9.24 

     More details

    Event date: 2022.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  11. 養育期家族の家族機能からみた親性発達・育児ストレスの関係と年齢別にみ た育児への気がかりの特徴

    大村知子、浅野みどり、大橋幸美、古澤亜矢子、山口知香枝、小野里衣、河村江里子、清水い づみ、野々山友

    日本家族看護学会第29 回学術集会  2022.9.11 

     More details

    Event date: 2022.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  12. 専攻横断型大学院教育における多職種連携の重要性に関する学び:課題レポートのテキストマイニング分析による教育成果の評価

    野々山友,新家一輝,浅野みどり

    日本看護研究学会第48回学術大会  2022.8.28 

     More details

    Event date: 2022.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  13. 養育期家族の育児ストレスと親性との関連-子どもの年齢,子どもの特性による検討-

    浅野みどり、大村知子、大橋幸美、山口知香枝、小野里衣、河村江里子、清水いづみ、野々山 友

    第 32 回日本小児看護学会学術集会  2022.7.9 

     More details

    Event date: 2022.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  14. 乳児モデルを用いた啼泣へのあやし体験で抱くストレス感情 -保健領域の大学生/大学院生を対象として-

    野々山友

    第23回日本子ども健康科学会学術大会  2021.12.11 

  15. 薬剤の副作用と思われる精神変調症状がみられる患児に対する看護

    野々山友

    第21回中部小児がんトータルケア研究会  2021.10.9 

  16. 啼泣に対するストレス反応と心理的属性の関連性に関する実証研究

    野々山友

    第23回日本看護医療学会学術集会  2021.9.25 

  17. 乳児の啼泣に対するストレス反応と愛着スタイルの関連性に関する実証研究-ベビーモデルを用いて-

    日本小児看護学会第31回学術集会  2021.6.26 

▼display all

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 2

  1. 多様なニーズをもつ子どもと家族を支える乳児院ケアプログラムへ向けたエビデンス創生

    Grant number:23K10054  2023.4 - 2026.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    野々山 友, 門間 晶子, 新家 一輝, 玉腰 浩司, 浅野 みどり

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\3900000 ( Direct Cost: \3000000 、 Indirect Cost:\900000 )

    医療福祉の発展に伴って、疾患や障がいが関係する特徴的なニーズをもって社会で暮らす子どもたちは増えている。そして特徴的なニーズをもつ子どもたちの家族は、日々の健やかな暮らしを妨げられるリスクに直面しやすい。そのため、診断名に関わらずニーズや生活への影響に着目した子どもたちの実態把握と、サポート体制の拡充が世界中で求められている。この研究では、そのような子どもたちと家族をサポートする機関として、日本の乳児院に注目する。乳児院を主体としたサポート体制を検討するために、事例研究と疫学研究を組み合わせて、そのような子どもたちが施設にどの程度関わり、どのようなサポートを受けているかについて明らかにする。

  2. Preventive intervention for well-being of families with children -exploring effective family support

    Grant number:20H03997  2020.4 - 2024.3

    Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

 

Teaching Experience (On-campus) 13

  1. 次世代育成看護学特論Ⅰ

    2023

  2. 小児看護学Ⅰ

    2023

  3. 小児看護学Ⅱ

    2023

  4. 小児看護学Ⅲ

    2023

  5. 次世代育成看護論

    2023

  6. 小児看護学実習

    2023

  7. 国際保健学演習Ⅰ

    2022

  8. 小児看護学実習

    2021

  9. 小児看護学演習

    2021

  10. 小児看護学

    2021

  11. 看護研究序論

    2021

  12. 看護研究演習

    2021

  13. 次世代育成特論

    2021

▼display all

 

Academic Activities 2

  1. Erasmus+ Staff Mobility for Teaching International contribution

    Role(s):Planning, management, etc.

    Jurate Macijauskiene  2023.3

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  2. NUS × NU Virtual Exchange Program 2023 International contribution

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    Lim Fui Ping  2023.2