2021/05/31 更新

写真a

イワナミ ショウヤ
岩波 翔也
IWANAMI Shoya
所属
名古屋大学 大学院理学研究科 生命理学専攻 超分子機能学 助教
職名
助教
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2020年9月   九州大学 ) 

 

論文 10

  1. Estimation of the incubation period of COVID-19 using viral load data

    Ejima K.

    Epidemics   35 巻   頁: 100454   2021年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Epidemics  

    DOI: 10.1016/j.epidem.2021.100454

    Scopus

    PubMed

  2. Potential anti-COVID-19 agents, cepharanthine and nelfinavir, and their usage for combination treatment

    Ohashi H.

    iScience   24 巻 ( 4 ) 頁: 102367   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:iScience  

    DOI: 10.1016/j.isci.2021.102367

    Scopus

    PubMed

  3. Time variation in the probability of failing to detect a case of polymerase chain reaction testing for SARS-CoV-2 as estimated from a viral dynamics model

    Ejima Keisuke, Kim Kwang Su, Iwanami Shoya, Fujita Yasuhisa, Li Ming, Zoh Roger S., Aihara Kazuyuki, Miyazaki Taiga, Wakita Takaji, Iwami Shingo

    JOURNAL OF THE ROYAL SOCIETY INTERFACE   18 巻 ( 177 ) 頁: 20200947   2021年4月

  4. A quantitative model used to compare withinhost SARS-CoV-2, MERS-CoV, and SARS-CoV dynamics provides insights into the pathogenesis and treatment of SARS-CoV-2

    Kim K.S.

    PLoS Biology   19 巻 ( 3 )   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:PLoS Biology  

    DOI: 10.2110/JSR.2020.113

    Scopus

  5. A quantitative model used to compare within-host SARS-CoV-2, MERS-CoV, and SARS-CoV dynamics provides insights into the pathogenesis and treatment of SARS-CoV-2

    Kim Kwang Su, Ejima Keisuke, Iwanami Shoya, Fujita Yasuhisa, Ohashi Hirofumi, Koizumi Yoshiki, Asai Yusuke, Nakaoka Shinji, Watashi Koichi, Aihara Kazuyuki, Thompson Robin N., Ke Ruian, Perelson Alan S., Iwami Shingo, Roberts Roland G., Roberts Roland G., Roberts Roland G.

    PLOS BIOLOGY   19 巻 ( 3 ) 頁: e3001128   2021年3月

  6. Mefloquine, a Potent Anti-severe Acute Respiratory Syndrome-Related Coronavirus 2 (SARS-CoV-2) Drug as an Entry Inhibitor <i>in vitro</i>.

    Shionoya K, Yamasaki M, Iwanami S, Ito Y, Fukushi S, Ohashi H, Saso W, Tanaka T, Aoki S, Kuramochi K, Iwami S, Takahashi Y, Suzuki T, Muramatsu M, Takeda M, Wakita T, Watashi K

    Frontiers in microbiology   12 巻   頁: 651403   2021年

     詳細を見る

  7. Should a viral genome stay in the host cell or leave? A quantitative dynamics study of how hepatitis C virus deals with this dilemma

    Iwanami Shoya, Kitagawa Kosaku, Ohashi Hirofumi, Asai Yusuke, Shionoya Kaho, Saso Wakana, Nishioka Kazane, Inaba Hisashi, Nakaoka Shinji, Wakita Takaji, Diekmann Odo, Iwami Shingo, Watashi Koichi

    PLOS BIOLOGY   18 巻 ( 7 ) 頁: e3000562   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:PLoS Biology  

    DOI: 10.1371/journal.pbio.3000562

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Revealing uninfected and infected target cell dynamics from peripheral blood data in highly and less pathogenic simian/human immunodeficiency virus infected Rhesus macaque

    Hara Akane, Iwanami Shoya, Ito Yusuke, Miura Tomoyuki, Nakaoka Shinji, Iwami Shingo

    JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY   479 巻   頁: 29 - 36   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Theoretical Biology  

    DOI: 10.1016/j.jtbi.2019.07.005

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Quantitative immunology by data analysis using mathematical models

    Iwanami S.

    Encyclopedia of Bioinformatics and Computational Biology: ABC of Bioinformatics   1-3 巻   頁: 984 - 992   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Encyclopedia of Bioinformatics and Computational Biology: ABC of Bioinformatics  

    DOI: 10.1016/B978-0-12-809633-8.20250-1

    Scopus

  10. A highly pathogenic simian/human immunodeficiency virus effectively produces infectious virions compared with a less pathogenic virus in cell culture

    Iwanami Shoya, Kakizoe Yusuke, Morita Satoru, Miura Tomoyuki, Nakaoka Shinji, Iwami Shingo

    THEORETICAL BIOLOGY AND MEDICAL MODELLING   14 巻 ( 1 ) 頁: 9   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Theoretical Biology and Medical Modelling  

    DOI: 10.1186/s12976-017-0055-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

科研費 1

  1. 組織維持を担う細胞群個体群動態の理解と定量的データ解析

    研究課題/研究課題番号:19J12319  2019年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    生体内の異なる階層・タイムスケールを繋ぐ数理モデルを構築し、細胞間相互作用の強弱や細胞の性質の変化を比較することで、組織の恒常性を破綻させる要因を定量的に明らかにする。まず、造血幹細胞の加齢に伴い変容する造血組織を再現する確率シミュレータの構築し、細胞分化での細胞個体の振る舞いから造血組織の変容を理解する。次に、骨代謝の履歴から骨量変動を計算する積分方程式による数理モデルの構築し、骨量代謝の細胞間相互作用を表すパラメータを比較することで骨組織の変容を理解する。構築した数理モデルから他の組織で汎用性のある、細胞と組織をつなぐ理論を構築する。
    生体内では、細胞群が相互に影響を与え合いながら組織の恒常性を維持している。ここでは、幹細胞が維持する組織として老化の研究が盛んに行われている造血組織と、細胞が組織を形成と破壊のバランスを取りながら維持している骨組織に着目した。
    造血幹細胞は全ての血液細胞と免疫細胞に分化する能力を持ち、生涯にわたって造血組織を維持すると考えられている。また、造血幹細胞の分化機構について、様々な研究結果から複数のモデルが提唱されている。さらに、加齢による造血幹細胞の能力の変化が、造血組織の老化を引き起こすという研究成果が報告されている。造血幹細胞が造血組織を維持し、老化するメカニズムを解明するために、造血幹細胞分化を記述する数理モデルを開発した。この数理モデルを用いて、若齢マウスと老齢マウスから取得された造血幹細胞を移植したときの末梢血中での各細胞系統の変動を解析した。このとき、非線形混合効果モデルの手法を取り入れ、マウスでの移植実験のデータのばらつきを統計的に扱うことが可能な解析手法を構築した。若齢マウスと老齢マウスの造血幹細胞の能力を比較し、老化に伴って骨髄球の産生が多くなることを説明した。今後は、造血幹細胞分化の確率シミュレータを開発し、細胞の分化と組織の維持の関係性の定性的・定量的な解釈を目指す。
    骨組織は骨芽細胞と破骨細胞が相互に作用し合うことで、骨形成と骨吸収のバランスをとりながら維持され、一般に、加齢と共に骨量が減少する。また、重力変化や閉経などの摂動によって骨量が変化することが示唆されている。ここでは、マウスで取得された骨代謝マーカーと骨量変動の長期の時系列データと、人工的に重力をかけられたマウスのデータを同時に解析し、骨代謝マーカーの変動から骨量の変動を説明することに成功した。今後は、他の摂動実験を説明しうる数理モデルを開発していく。
    造血幹細胞移植の実験データと骨量変動の時系列データの解析に成功し、細胞と組織の変化を説明する枠組みは構築できた。細胞分化を網羅的に捉える確率シミュレータの開発に取り掛かっており、当初の計画通りに研究は進んでいると考えられる。
    当初の計画に従って、造血幹細胞分化を捉える確率シミュレータと、骨代謝の履歴から骨量変動を計算する積分方程式による数理モデルを構築する。細胞群の変化と組織の変化をつなぐ原理を見出すために、大規模な計算機実験と、他の摂動を加えた実験データの解析を行う。