2021/09/01 更新

写真a

カトウ マキ
加藤 真紀
KATO Maki
所属
運営支援組織等 教育基盤連携本部 高等教育システム開発部門 教授
高等教育研究センター 教授
大学院担当
大学院教育発達科学研究科
職名
教授

学位 1

  1. 博士(情報科学) ( 2007年9月   東北大学 ) 

研究分野 1

  1. 人文・社会 / 高等教育学

経歴 5

  1. 名古屋大学   高等教育研究センター   教授

    2021年4月 - 現在

  2. 学習院大学   国際センター   教授

    2020年4月 - 2021年3月

  3. 一橋大学   森有礼高等教育国際流動化機構   准教授

    2018年8月 - 2020年3月

  4. 一橋大学   森有礼高等教育国際流動化センター   准教授

    2018年4月 - 2018年7月

  5. 一橋大学   森有礼高等教育国際流動化センター   講師

    2015年4月 - 2018年3月

学歴 3

  1. 東北大学   情報科学研究科

    - 2007年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. マサチューセッツ州立大学   教育学研究科   国際教育

    - 2000年11月

      詳細を見る

    国名: アメリカ合衆国

  3. 東北大学   教育学部   教育心理学科

    - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. Comparative and International Education Society

  2. 研究・イノベーション学会

  3. 応用地域学会

  4. 国際開発学会

受賞 1

  1. 国際開発学会 特別賞

    2012年12月   国際開発学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 35

  1. Results from the test of economic literacy in Germany and Japan: A critical discussion on the gender effect 査読有り

    Roland Happ, Maki Kato, Ines Rüter

    Citizenship, Social and Economics Education   20 巻 ( 1 ) 頁: 48 - 68   2021年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    University lecturers and coordinators of business and economics courses around the world are faced with the challenge that beginning students in these courses have heterogeneous entry conditions in terms of personal characteristics. This article focuses on the economic knowledge of German and Japanese beginning students in a business and economics degree programme. The German and Japanese versions of the US-American Test of Economic Literacy were used for the assessment of the economic knowledge of German ( N = 901) and Japanese ( N = 571) students. The TEL consists of 45 items in two questionnaire versions and is based on 20 globally accepted core standards of economics. The analyses in this paper are based on the total score of all 45 items of the TEL as well as the subscores for the 20 standards. A special focus of this paper is on gender-specific differences in economic knowledge. While gender has a strong effect on economic knowledge in Germany, only a small number of the core standards in Japan exhibit a difference between male and female test takers. The paper concludes by applying interpretative approaches to the different findings in both countries and suggests potential methods for further research on the gender effect in economics education.

    DOI: 10.1177/20471734211004117

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/full-xml/10.1177/20471734211004117

  2. The impact of subject-specific competencies and reading habits on the income of Japanese business and economics graduates 査読有り

    Maki Kato, Akinobu Nagira

    International Journal of Educational Development   81 巻   頁: 102346 - 102346   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.ijedudev.2020.102346

  3. 日本の大学教員の国際化 : スーパーグローバル大学創生支援事業採択大学の教員を対象として 査読有り

    加藤真紀

    学習院大学国際センター研究年報   7 巻   頁: 3 - 16   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  4. 短期留学が大学卒業後の初職属性に与える影響:ランダム割当データを用いた分析

    加島 遼平, 加藤 真紀

    Mori Arinori Institute for Higher Education and Global Mobility Working Paper Series No.WP2019-05     頁: 1 - 44   2020年3月

  5. キャリア形成に与える留学効果の検証

    加藤 真紀

    Mori Arinori Institute for Higher Education and Global MobilityWorking Paper Series ; No. WP2019-03     2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  6. 専門・汎用コンピテンスと読書習慣が 日本の大卒者の所得に与える影響 (共著)

    加藤 真紀, 柳楽 明伸

    Mori Arinori Institute for Higher Education and Global MobilityWorking Paper Series ; No. WP2019-02     2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  7. 日米大学の人文社会系カリキュラム比較 (共著)

    宮崎早季, 加藤真紀

    Mori Arinori Institute for Higher Education and Global Mobility Working Paper Series No.WP2019-04     2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  8. 専門・汎用コンピテンスの習得と読書習慣 の形成に影響を与える大学教育や活動

    加藤 真紀

    Mori Arinori Institute for High Education and Global Mobility Working Paper Series No.WP2019-01     2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  9. Effect of academic field and gender on college-bound migration in Japan 査読有り

    Maki Kato

    The Annals of Regional Science   On-line first 巻   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00168-019-00899-x

  10. Regional differences in the labor supply of married female graduates: Why is it lower in the metropolitan areas of Japan? 査読有り

    Maki Kato

    Review of Urban & Regional Development Studies     2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/rurd.12086

  11. Effective or self-selective: Random assignment demonstrates short-term study abroad effectively encourages further study abroad (共著) 査読有り

    Maki Kato

    Journal of Studies in International Education   On-line first 巻   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1028315318803713

  12. STEM分野の人材多様化:女性留学生が日米大学院の女性学生比率に与える影響 (共著)

    加藤 真紀, 河野 銀子

    Mori Arinori Center for High Education and Global Mobility Working Paper Series ; No. WP2018-01     2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  13. 学生の汎用コンピテンス習得度認識に与える専門教育と教員認識の影響

    加藤 真紀

    Mori Arinori Center for High Education and Global Mobility Working Paper Series ; No. WP2017-06     2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  14. Relationship between Subject-Specific and Generic Competencies: Evidence from a Survey on Japanese Universities (共著) 査読有り

    加藤 真紀

    Journal of Higher Education Theory and Practice   17 巻 ( 9 ) 頁: 41 - 49   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. 経済学カリキュラム科目の重要度と習得度:日本の大学関係者によるコンピテンス認識を通じて (共著)

    加藤 真紀, ガンボルド ツェレンチメド

    Mori Arinori Center for High Education and Global Mobility Working Paper Series ; No. WP2017-03     2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  16. 短期留学の効果:ランダム選抜による留学データを用いた実証分析 (共著)

    加藤 真紀, 鈴木 賢

    Mori Arinori Center for High Education and Global Mobility Working Paper Series ; No. WP2017-02     2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  17. 複数の学術領域におけるコンピテンス概念把握の試み (共著)

    西あゆみ, 加藤 真紀

    Mori Arinori Center for High Education and Global Mobility Working Paper Series ; No. WP2017-01     2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  18. National ties of inernational scientific collaboration and researcher mobility found in Nature and Science (共著) 査読有り

    Maki Kato, Asao Ando

    Scientometrics   110 巻 ( 2 ) 頁: 673 - 694   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11192-016-2183-z

  19. Skills Mobility and Postsecondary Education in the ASEAN Economic Community

    Maki KATO

    Mori Arinori Center for High Education and Global Mobility Working Paper Series ; No. WP2016-02     2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  20. 専門と汎用コンピテンスの関係:日本の複数大学調査に基づく実証分析 (共著)

    加藤 真紀, 相場大樹

    Mori Arinori Center for High Education and Global Mobility Working Paper Series; No. WP2016-01     2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  21. Continuity of international collaborations with the country of origin: Case of highly cited migrant researchers from developing countries 査読有り

    Maki KATO

    国際開発研究   24 巻 ( 2 ) 頁: 81 - 96   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. The relationship between research performance and international collaboration in chemistry (共著) 査読有り

    Maki KATO, Asao ANDO

    Scientometrics   97 巻 ( 3 ) 頁: 535 - 553   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. 国際移動をする高度専門人材の滞在地選択:日本の博士留学生を事例とした実証分析 査読有り

    加藤 真紀

    国際開発研究   22 巻 ( 1 ) 頁: 41 - 54   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Empirical analysis on factors associated with international scientific collaboration

    Maki KATO, Asao ANDO

    NISTEP Discussion Paper   ( 95 )   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  25. 博士課程修了者調査2011:我が国の博士課程における研究指導・教育に関する調査 (共著)

    加藤真紀, 鐘ヶ江靖史, 茶山秀一

    科学技術・学術政策研究所 調査資料   ( 217 )   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  26. 我が国の博士課程修了者の大学院における修学と経済状況に関する調査研究 (共著)

    加藤真紀, 鐘ヶ江靖史, 茶山秀一

    科学技術・学術政策研究所 調査資料   ( 206 )   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. 学術論文の分析から見る途上国の研究活動 査読有り

    加藤 真紀

    国際開発研究   20 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 30   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. 論文の被引用数から見る卓越した研究者のキャリアパスに関する国際比較

    加藤 真紀

    NISTEP Discussion Paper   ( 78 )   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  29. 大学院進学時における高等教育機関間の学生移動;大規模研究型大学で学ぶ理工系修士学生の移動機会と課題 (共著)

    加藤真紀, 茶山秀一

    科学技術・学術政策研究所 調査資料   ( 174 )   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  30. 論文生産から見る途上国の研究活動と研究者の国際的ネットワーク

    加藤真紀, 茶山秀一

    科学技術・学術政策研究所 調査資料   ( 178 )   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  31. 理工系大学院の教育に関する国際比較調査 (共著)

    科学技術政策研究所

    NISTEP REPORT   ( 125 )   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. 日本の理工系修士学生の進路決定に関する意識調査 (共著)

    加藤真紀, 角田英之

    科学技術・学術政策研究所 調査資料   ( 165 )   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  33. 人的資本の蓄積メカニズムが教育収益率推定に与える影響 査読有り

    加藤 真紀

    国際開発研究   17 巻 ( 1 ) 頁: 17 - 28   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. 教育投資と所得の因果関係および投資効果発現に要する時間的遅れ (共著) 査読有り

    加藤真紀, 安藤朝夫

    応用地域学研究   12 巻   頁: 1 - 13   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. 頭脳流出が途上国の技術進歩と人的資本蓄積に与える影響 査読有り

    加藤真紀, 福山敬, 安藤朝夫

    応用地域学研究   12 巻   頁: 83 - 94   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. Critical Perspectives on Equity and Social Mobility in Study Abroad Interrogating Issues of Unequal Access and Outcomes

    Maki Kato( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Effects of Study Abroad on Graduate Careers: The Case of Graduates from a Japanese University)

    Routledge  2021年7月 

  2. Skilled labour mobility and migration: Challenges and opportunities for the ASEAN economic community

    Maki Kato, i, lisabe, a( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Skills mobility and postsecondary education in the ASEAN economic community)

    Edward Elgar Publishing  2019年8月 

     詳細を見る

    担当ページ:164~193   記述言語:英語 著書種別:一般書・啓蒙書

  3. グローバルに問われる日本の大学教育成果 (共著)

    加藤 真紀, 喜始 照宣( 担当: 共著)

    東信堂  2019年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:312   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    「グローバルに問われる能力」に対する産学の合意形成に向けて―
    今日、どのような資質・能力―コンピテンス―が国際社会に求められているのだろうか。2015-2017年に計3回、11の専門分野、7000名に及ぶ大学生・卒業生・教員・企業人らに向けて実施された「グローバルに問われる能力」に関する調査データの詳細な統計分析を通じて、産学それぞれの求める「コンピテンス」の認識の相違を顕示した本調査結果は、必要不可避な「グローバル能力」を具現化した重要な実証研究である。

講演・口頭発表等 16

  1. Effects of study abroad on career: The case of graduates from a Japanese university

    Maki Kato

    64th Comparative & International Education Society  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

  2. The current situation of academic staff with foreign degrees in Japan 国際会議

    Maki Kato

    International symposium New and old migrations and diversities in UK and Japan  2019年12月2日  NODE UK and Japan

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学  

  3. Assessing students learning by four-types university stakeholders: The Japanese case. 国際会議

    Maki KATO

    Measuring the Learning Outcomes of Disciplines: Evidence-Based Results through the Survey of Competencies acquired in Higher Education  2018年10月  Mori Arinori Institute for Higher Education and Global Mobility, Hitotsubashi University

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立  

  4. Determinants of regional accumulation of postgraduate degree holders in Japan 国際会議

    Maki Kato

    8th ASRS 2018 Asian Seminar in Regional Science  2018年9月  Asian Seminar in Regional Science

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cheju (South Korea)  

  5. The impact of female international students on the female ratio in STEM fields in universities in Japan and the United States 国際会議

    Maki Kato, Ginko Kawano

    CIES 2018 Annual Conference  2018年3月25日  Comparative and International Education Society

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:メキシコシティ  

  6. The Recognition of the Importance and Acquisition of University Economics Competences by Various University Stakeholders 国際会議

    Maki KATO, Tserenchimed GANBOLD

    16th Hawaii International Conference on Education  2018年1月4日  Hawaii International Conference on Education

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ホノルル、ハワイ  

  7. Academic field, gender, and institutional selectivity as determinants of the migration rate of college-bound students in Japan 国際会議

    加藤 真紀

    7th ASRS 2017 Asian Seminar in Regional Science  2017年9月  ASRS

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:台湾  

  8. Why is the labor market participation rate lower for female graduates in the metropolitan area of Japan 国際会議

    Maki KATO

    56th annual Western Regional Science Association meeting  2017年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Santa Fe (United States)  

  9. Relationship between Subject-specific and Generic Competencies: Evidence from a Survey on Japanese Universities 国際会議

    Maki KATO, Daiju AIBA

    Fifteenth Annual Hawaii International Conference on Education  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hawaii (United States)  

  10. Skill Mobility and Postsecondary Education in ASEAN Economic Community 招待有り 国際会議

    Maki KATO

    Skill Benefiting from Skill Mobility Under the ASEAN Economic Community  2016年3月  Asian Developing Bank

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Manila (Philippine)  

  11. Regional differences in the university advancement ratio for women in contemporary Japan 国際会議

    Maki KATO

    55th annual Western Regional Science Association meeting  2016年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hawaii (United States)  

  12. 国際経済開発の議論における法則と例外の関係性に関する試行的考察

    加藤 真紀

    国際開発学会 第26回全国大会  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟大学  

  13. Social factors relating to gender differences in tertiary education: An international perspective 国際会議

    Maki KATO

    54th annual Western Regional Science Association meeting  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tucson, Arizona (United States)  

  14. The relationship between cultural diversity and scientific knowledge creation: An empirical analysis 国際会議

    Maki KATO, Asao ANDO

    53rd annual Western Regional Science Association meeting  2014年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Diego (United States)  

  15. 国際共著論文の被引用数が多い理由:研究者のパフォーマンスの高さとの関係

    加藤 真紀

    研究・技術計画学会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:政策研究大学院大学  

  16. 国際移動をしたスター研究者と出身途上国との繋がり:出身国と国際共同研究をする誘因を中心として

    加藤 真紀

    国際開発学会第24 回全国大会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学  

▼全件表示

科研費 4

  1. 外国学位を有する日本人大学教員のキャリア:留学と帰国の選択

    研究課題/研究課題番号:20K01604  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    加藤 真紀

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    本研究は高技能労働者の帰国移動の理論化と2段階の自己選択バイアスなどのメカニズムの解明に向けた知見の提供を試みる。留学選択では学校教員統計調査の2次利用を予定し、外国学位を持つ日本人大学教員のキャリア(職制や給与等)や属性の特徴を、国内学位を持つ日本人大学教員との比較から明らかにする。帰国選択では博士号取得者を大学教員の母集団と見なし、米国調査結果を用いて米国で博士号を取得した日本人留学生のうち帰国者のキャリアや同満足度の特徴を留学後滞在者との比較から明らかにする。また同調査の全留学生を対象として帰国がキャリアに与える影響を分析し日本人留学生の帰国選択によるキャリアの特徴を把握する。

  2. 高等教育で学ぶ女性の増加が社会経済に与える影響に関する計量分析

    2015年4月 - 現在

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. アジアの女性研究者の現状が日本の科学技術施策へ与える影響に関する研究

    2014年10月 - 2015年9月

    一般財団法人 新技術振興渡辺記念会  共同研究 

    加藤真紀

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  4. 共著論文の計量分析から見る研究者の国際ネットワーキング

    2010年4月 - 2013年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金