2021/04/29 更新

写真a

ハシカワ カズノブ
橋川 和信
HASHIKAWA Kazunobu
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 運動・形態外科学 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 形成外科学

学歴 1

  1. 神戸大学 大学院医学系研究科博士課程医科学専攻修了

    - 2006年3月

 

論文 321

  1. Occurrence and Treatment Outcome of Late Complications After Free Fibula Flap Reconstruction for Mandibular Osteoradionecrosis

    Yamashita Junya, Akashi Masaya, Takeda Daisuke, Kusumoto Junya, Hasegawa Takumi, Hashikawa Kazunobu

    CUREUS   13 巻 ( 3 ) 頁: e13833   2021年3月

  2. Wire Myography for Continuous Estimation of the Optimal Concentration of Topical Lidocaine as a Vasodilator in Microsurgery

    Ogawa Haruo, Kusumoto Junya, Nomura Tadashi, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto, Sakakibara Shunsuke

    JOURNAL OF RECONSTRUCTIVE MICROSURGERY     2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Reconstructive Microsurgery  

    DOI: 10.1055/s-0040-1722759

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Clinical Evaluation of Unsintered Hydroxyapatite Particles/Poly L-Lactide Composite Device in Craniofacial Surgery.

    Osawa S, Hashikawa K, Naruse H, Terashi H

    The Journal of craniofacial surgery     2021年1月

  4. Perineal reconstruction with pedicled rectus abdominis myocutaneous flap after posterior pelvic exenteration -A 3D model study

    Kitano Daiki, Osaki Takeo, Sakakibara Shunsuke, Nomura Tadashi, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY CASE REPORTS   80 巻   頁: 105629   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Surgery Case Reports  

    DOI: 10.1016/j.ijscr.2021.02.015

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. 小児を対象とした毛細血管奇形(単純性血管腫)に対する色素レーザー治療

    野村 正, 大﨑 健夫, 大澤 沙由理, 武田 玲伊子, 長谷川 泰子, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    日本レーザー医学会誌     2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本レーザー医学会  

    <p>毛細血管奇形(単純性血管腫)に対する色素レーザー治療が普及し約30年が経過した.現在,本邦ではパルス幅可変式ロングパルス色素レーザーによる治療が第一選択であり,近年では紫斑形成が少ない機器も販売されている.小児では治療早期の照射が推奨される傾向があるが,長期には依然再発の問題がある.色素レーザーの治療効果を高める薬剤や治療法の開発が待たれるところである.</p>

    DOI: 10.2530/jslsm.jslsm-42_0004

    CiNii Article

  6. Treatment of orbital blowout fracture using a customized rigid carrier

    Osaki Takeo, Tamura Ryosuke, Nomura Tadashi, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto

    JOURNAL OF CRANIO-MAXILLOFACIAL SURGERY   48 巻 ( 11 ) 頁: 1052 - 1056   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Cranio-Maxillofacial Surgery  

    DOI: 10.1016/j.jcms.2020.09.002

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Analysis of Orbital Morphology and its Relationship With Eyelid Morphology

    Osaki Takeo, Murakami Hidetaka, Tamura Ryosuke, Nomura Tadashi, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto

    JOURNAL OF CRANIOFACIAL SURGERY   31 巻 ( 7 ) 頁: 1875 - 1878   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:The Journal of craniofacial surgery  

    DOI: 10.1097/SCS.0000000000006634

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. En Bloc Subtotal Temporal Bone Resection in a Case of Advanced Ear Cancer: 2-Dimensional Operative Video

    Kimura Hidehito, Taniguchi Masaaki, Shinomiya Hirotaka, Teshima Masanori, Fujita Yuichi, Hashikawa Kazunobu, Nibu Ken-ichi, Kohmura Eiji

    OPERATIVE NEUROSURGERY   19 巻 ( 4 ) 頁: E402 - E403   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Operative Neurosurgery  

    DOI: 10.1093/ons/opaa124

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Use of dermal fat grafts for treating anetoderma with lipoatrophy following involution of hemangiomas

    Nomura Tadashi, Nakasone Mika, Okamoto Takako, Ejiri Hirotaka, Osawa Sayuri, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto

    PEDIATRIC DERMATOLOGY   37 巻 ( 4 ) 頁: 776 - 779   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Pediatric Dermatology  

    DOI: 10.1111/pde.14207

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. OPN4 belongs to the photosensitive system of the human skin

    Kusumoto Junya, Takeo Makoto, Hashikawa Kazunobu, Komori Takahide, Tsuji Takashi, Terashi Hiroto, Sakakibara Shunsuke

    GENES TO CELLS   25 巻 ( 3 ) 頁: 215 - 225   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Genes to Cells  

    DOI: 10.1111/gtc.12751

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Factors Preventing Prolonged Closed-Suction Drain Placement after Immediate Breast Reconstruction with Tissue Expanders.

    Tokiyoshi T, Tsunashima C, Nomura T, Hashikawa K, Terashi H, Kawamura S

    The Kobe journal of medical sciences   65 巻 ( 4 ) 頁: E132 - E137   2020年2月

     詳細を見る

  12. Results of free flap reconstruction for patients aged 80 years or older with head and neck cancer 査読有り

    Otsuki Naoki, Furukawa Tatsuya, Avincsal Mehmet Ozgur, Teshima Masanori, Shinomiya Hirotaka, Oshikiri Taro, Nakamura Tetsu, Nomura Tadashi, Hashikawa Kazunobu, Nibu Ken-ichi

    AURIS NASUS LARYNX   47 巻 ( 1 ) 頁: 123 - 127   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Auris Nasus Larynx  

    DOI: 10.1016/j.anl.2019.04.005

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Cardiac metastasis in a living patient with oral cancer 査読有り 国際誌

    Fujio Hisami, Otsuki Naoki, Horichi Yuto, Yanagisawa Shungaku, Nishio Mari, Teshima Masanori, Shinomiya Hirotaka, Hashikawa Kazunobu, Nibu Ken-ichi

    AURIS NASUS LARYNX   46 巻 ( 6 ) 頁: 902 - 906   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Auris Nasus Larynx  

    DOI: 10.1016/j.anl.2018.10.018

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. Effect of size difference between hemiglossectomy and reconstruction flap on oral functions: A retrospective cohort study

    Sakakibara Akiko, Kusumoto Junya, Sakakibara Shunsuke, Hasegawa Takumi, Akashi Masaya, Minannikawa Tsutomu, Furudoi Shungo, Hashikawa Kazunobu, Komori Takahide

    JOURNAL OF PLASTIC RECONSTRUCTIVE AND AESTHETIC SURGERY   72 巻 ( 7 ) 頁: 1135 - 1141   2019年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Plastic, Reconstructive and Aesthetic Surgery  

    DOI: 10.1016/j.bjps.2019.03.015

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. Dental rehabilitation for free fibula flap-reconstructed mandible with scar contracture: A technical note 査読有り 国際誌

    Akashi M.

    Dentistry Journal   7 巻 ( 3 )   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Dentistry Journal  

    DOI: 10.3390/dj7030065

    Scopus

    PubMed

  16. Impact of retropharyngeal lymph node dissection in the surgical treatment of hypopharyngeal cancer 査読有り 国際誌

    Teshima Masanori, Otsuki Naoki, Shinomiya Hirotaka, Morita Naruhiko, Furukawa Tatsuya, Morimoto Koichi, Nakamura Tetsu, Hashikawa Kazunobu, Kiyota Naomi, Sasaki Ryohei, Nibu Ken-ichi

    HEAD AND NECK-JOURNAL FOR THE SCIENCES AND SPECIALTIES OF THE HEAD AND NECK   41 巻 ( 6 ) 頁: 1738 - 1744   2019年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Head and Neck  

    DOI: 10.1002/hed.25608

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Long-Term Effects on Volume Change in Musculocutaneous Flaps after Head and Neck Reconstruction

    Sakakibara Akiko, Kusumoto Junya, Sakakibara Shunsuke, Hasegawa Takumi, Akashi Masaya, Minamikawa Tsutomu, Furudoi Shungo, Hashikawa Kazunobu, Komori Takahide

    JOURNAL OF RECONSTRUCTIVE MICROSURGERY   35 巻 ( 4 ) 頁: 235 - 243   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Reconstructive Microsurgery  

    DOI: 10.1055/s-0038-1672134

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. A Novel Plastic Surgical Technique for Treating Congenital Entropion in Asians

    Iwayama T.

    Plastic and Reconstructive Surgery - Global Open   7 巻 ( 4 ) 頁: e2122   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Plastic and Reconstructive Surgery - Global Open  

    DOI: 10.1097/GOX.0000000000002122

    Scopus

    PubMed

  19. Two cases of debulking surgery for lower limb diffuse plexiform neurofibroma with transcatheter arterial embolisation 査読有り

    Kitano D, Osaki T, Nakasone M, Nomura T, Hashikawa K, Terashi H

    Int J Surg Case Rep   55 巻   頁: 132 - 135   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  20. Factors preventing prolonged closed-suction drain placement after immediate breast reconstruction with tissue expanders

    Tokiyoshi T.

    Kobe Journal of Medical Sciences   65 巻 ( 4 ) 頁: 132 - 137   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Kobe Journal of Medical Sciences  

    Scopus

  21. Mature teratoma treated as lymphatic malformation for 5 years: a case report and literature review

    Maruguchi Hayato, Nomura Tadashi, Sasaki Satoru, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto

    CASE REPORTS IN PLASTIC SURGERY AND HAND SURGERY   6 巻 ( 1 ) 頁: 63 - 68   2019年

  22. Reverse vascular pedicle digital island flap with preservation of the dorsal branch of the digital nerve

    Osaki Takeo, Nomura Tadashi, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto

    CASE REPORTS IN PLASTIC SURGERY AND HAND SURGERY   6 巻 ( 1 ) 頁: 74 - 78   2019年

  23. Two cases of debulking surgery for lower limb diffuse plexiform neurofibroma with transcatheter arterial embolisation

    Kitano Daiki, Osaki Takeo, Nakasone Mika, Nomura Tadashi, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY CASE REPORTS   55 巻   頁: 132 - 135   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Surgery Case Reports  

    DOI: 10.1016/j.ijscr.2019.01.018

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  24. 悪性腫瘍切除後顔面再建のストラテジー-とくに比較的大きな全層欠損について-

    橋川 和信

    Skin Cancer   34 巻 ( 2 ) 頁: 78 - 82   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本皮膚悪性腫瘍学会  

    DOI: 10.5227/skincancer.34.78

    CiNii Article

  25. 退縮後に摘出術を行った耳下腺乳児血管腫の治療経験 査読有り

    丸口勇人, 野村正, 町田怜央, 村上英毅, 高須啓之, 橋川和信, 寺師浩人

    日本形成外科学会会誌   38 巻 ( 12号 ) 頁: 652 - 658   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Facial artery musculomucosal flap to close an oroantral fistula

    Ohtsuki Yumi, Akashi Masaya, Hashikawa Kazunobu, Komori Takahide

    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY MEDICINE AND PATHOLOGY   30 巻 ( 6 ) 頁: 492 - 495   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2018.05.001

    Web of Science

    Scopus

  27. Association between pain severity and clinicohistopathologic findings in the mandibular canal and inferior alveolar nerve of patients with advanced mandibular osteoradionecrosis 査読有り

    Hiraoka Yujiro, Akashi Masaya, Wanifuchi Satoshi, Kusumoto Junya, Shigeoka Manabu, Hasegawa Takumi, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto, Komori Takahide

    ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY   126 巻 ( 3 ) 頁: 264 - 271   2018年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology  

    DOI: 10.1016/j.oooo.2018.03.017

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  28. Long-Term Effects on Volume Change in Musculocutaneous Flaps after Head and Neck Reconstruction 査読有り

    Sakakibara A, Kusumoto J, Sakakibara S, Hasegawa T, Akashi M, Minamikawa T, Furudoi S, Hashikawa K, Komori T

    J Reconstr Microsurg     2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  29. Complications in Salvage Surgery for Nasal and Paranasal Malignant Tumors Involving the Skull Base 査読有り 国際誌

    Teshima Masanori, Shinomiya Hirotaka, Otsuki Naoki, Kimura Hidehito, Taniguchi Masaaki, Hashikawa Kazunobu, Kohmura Eiji, Nibu Ken-ichi

    JOURNAL OF NEUROLOGICAL SURGERY PART B-SKULL BASE   79 巻 ( 3 ) 頁: 224 - 228   2018年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neurological Surgery, Part B: Skull Base  

    DOI: 10.1055/s-0037-1606382

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  30. Computed Tomographic Evaluation of Posttreatment Soft-Tissue Changes by Using a Lymphedema Scoring System in Patients with Oral Cancer

    Akashi Masaya, Teraoka Shun, Kakei Yasumasa, Kusumoto Junya, Hasegawa Takumi, Minamikawa Tsutomu, Hashikawa Kazunobu, Komori Takahide

    LYMPHATIC RESEARCH AND BIOLOGY   16 巻 ( 2 ) 頁: 147 - 153   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Lymphatic Research and Biology  

    DOI: 10.1089/lrb.2016.0063

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  31. Ultrasonography-guided Cannula Method for Hyaluronic Acid Filler Injection with Evaluation using Laser Speckle Flowgraphy 査読有り

    Iwayama T, Hashikawa K, Osaki T, Yamashiro K, Horita N, Fukumoto T

    PLASTIC AND RECONSTRUCTIVE SURGERY-GLOBAL OPEN   6 巻 ( 4 ) 頁: e4776 - e1776   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  32. Ultrasonography-guided Cannula Method for Hyaluronic Acid Filler Injection with Evaluation using Laser Speckle Flowgraphy

    Iwayama Takanori, Hashikawa Kazunobu, Osaki Takeo, Yamashiro Kenjiro, Horita Nobuyuki, Fukumoto Takeshi

    PLASTIC AND RECONSTRUCTIVE SURGERY-GLOBAL OPEN   6 巻 ( 4 ) 頁: e1776   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Plastic and Reconstructive Surgery - Global Open  

    DOI: 10.1097/GOX.0000000000001776

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  33. A comparative study of ethanolamine oleate and polidocanol for sclerotherapy in venous malformations

    Kuramoto Y.

    Japanese Journal of Plastic Surgery   61 巻 ( 4 ) 頁: 450 - 456   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Plastic Surgery  

    Scopus

  34. 静脈奇形に対する硬化療法におけるオレイン酸エタノールアミンとポリドカノールの比較検討 査読有り

    倉本康世, 野村正, 江尻浩隆, 川北育子, 櫻井敦, 橋川和信, 寺師浩人

    形成外科   61 巻 ( 4号 ) 頁: 450 - 456   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. 腫瘍切除に伴う顔面神経麻痺の予防と治療 腫瘍切除後の顔面神経即時再建術の結果に影響を及ぼす因子は何か 同一施設・同一術式による連続症例の検討 査読有り

    橋川和信

    Facial Nerve Research   37 巻   頁: 11 - 12   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Potential role of post-treatment follow-up FDG-PET CT to detect mandibular osteoradionecrosis: A case report 査読有り

    AkashiM, WanifuchiS, KusumotoJ, KishimotoM, KakeiY, HashikawaK, KomoriT

    Mol Clin Oncol   8 巻 ( 1 ) 頁: 61 - 67   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  37. Usefulness of iliac cancellous bone grafts in orbital fracture surgery

    Hashikawa K.

    Japanese Journal of Plastic Surgery   61 巻 ( 1 ) 頁: 53 - 58   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Plastic Surgery  

    Scopus

  38. Potential role of post-treatment follow-up FDG-PET CT to detect mandibular osteoradionecrosis: A case report

    Akashi Masaya, Wanifuchi Satoshi, Kusumoto Junya, Kishimoto Megumi, Kakei Yasumasa, Hashikawa Kazunobu, Komori Takahide

    MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY   8 巻 ( 1 ) 頁: 61 - 67   2018年1月

  39. A Novel Method of Noninvasive Monitoring of Free Flaps With Near-Infrared Spectroscopy 査読有り

    TakasuH, HashikawaK, NomuraT, SakakibaraS, OsakiT, TerashiH

    Eplasty   17 巻   頁: e37   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  40. Axial four-dimensional computed tomographic images to analyze crosswise differences in protrusive condylar movement in patients who underwent mandibulectomy and free flap reconstruction 査読有り

    Akashi Masaya, Sekitani Toshinori, Ohtsuki Yumi, Kakei Yasumasa, Kusumoto Junya, Hasegawa Takumi, Maeda Michinori, Negi Noriyuki, Hashikawa Kazunobu, Shibuya Yasuyuki, Takahashi Satoru, Komori Takahide

    JOURNAL OF CRANIO-MAXILLOFACIAL SURGERY   45 巻 ( 11 ) 頁: 1778 - 1783   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Cranio-Maxillofacial Surgery  

    DOI: 10.1016/j.jcms.2017.08.025

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  41. Literature Review of Criteria for Defining Recipient-Site Infection after Oral Oncologic Surgery with Simultaneous Reconstruction

    Akashi Masaya, Kusumoto Junya, Sakakibara Akiko, Hashikawa Kazunobu, Furudoi Shungo, Komori Takahide

    SURGICAL INFECTIONS   18 巻 ( 7 ) 頁: 755 - 764   2017年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Surgical Infections  

    DOI: 10.1089/sur.2017.101

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  42. 色素レーザー照射後に潰瘍を生じた乳児血管腫症例の検討 査読有り

    野村正, 江尻浩隆, 森脇綾, 岩山隆憲, 榊原俊介, 高須啓之, 石椛寛芳, 長谷川泰子, 橋川和信, 寺師浩人

    日本レーザー医学会誌   38 巻 ( 3号 ) 頁: 315   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  43. Rhinoplasty via the midface degloving approach for nasal deformity due to nasal polyps: A case report of Woakes’ syndrome 査読有り

    Ueda M.

    Oral and Maxillofacial Surgery Cases   3 巻 ( 3 ) 頁: 64 - 69   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oral and Maxillofacial Surgery Cases  

    DOI: 10.1016/j.omsc.2017.05.001

    Scopus

  44. Computed Tomographic Evaluation of Posttreatment Soft-Tissue Changes by Using a Lymphedema Scoring System in Patients with Oral Cancer 査読有り

    AkashiM, TeraokaS, KakeiY, KusumotoJ, HasegawaT, MinamikawaT, HashikawaK, KomoriT

    Lymphat Res Biol     2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  45. 【頭頸部動静脈奇形の最新治療】 動静脈奇形に対する手術療法 nidusを見極めるわれわれの試み 査読有り

    野村正, 江尻浩隆, 櫻井敦, 川北育子, 橋川和信, 寺師浩人

    形成外科   60 巻 ( 6号 ) 頁: 649 - 660   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. 膝窩リンパ節転移を認めた母趾悪性黒色腫の1例 査読有り

    北川敬之, 野村正, 橋川和信, 藤原進, 田島翔子, 錦織千佳子, 寺師浩人

    Skin Cancer   31 巻 ( 3号 ) 頁: 233 - 237   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Upregulated Expression of Transient Receptor Potential Cation Channel Subfamily V Receptors in Mucosae of Patients with Oral Squamous Cell Carcinoma and Patients with a History of Alcohol Consumption or Smoking 査読有り

    Sakakibara Akiko, Sakakibara Shunsuke, Kusumoto Junya, Takeda Daisuke, Hasegawa Takumi, Akashi Masaya, Minamikawa Tsutomu, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto, Komori Takahide

    PLOS ONE   12 巻 ( 1 ) 頁: e0169723   2017年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0169723

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  48. A Novel Method of Noninvasive Monitoring of Free Flaps With Near-Infrared Spectroscopy.

    Takasu H, Hashikawa K, Nomura T, Sakakibara S, Osaki T, Terashi H

    Eplasty   17 巻   頁: e37   2017年

     詳細を見る

  49. Low-Grade Myxofibrosarcoma of the Rectus Abdominus Muscle Infiltrating into Abdominal Cavity: A Case Report. 査読有り 国際誌

    Tadashi Nomura, Shunsuke Sakakibara, Aya Moriwaki, Teruya Kawamoto, Satoshi Suzuki, Takeshi Ishimura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    Eplasty   17 巻 ( 2 ) 頁: e6   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objective: Myxofibrosarcoma (MFS) is a relatively rare tumor that is histologically characterized by myxoid stroma and spindle cell proliferation. This tumor most commonly arises as a slow growing, enlarging painless mass in the extremities of elderly patients. Methods: We report a case of a primary, low-grade MFS in the rectus abdominis muscle infiltrating the abdominal cavity of a 75-year-old man. Results: The patient underwent a wide excision of the right abdominal wall mass with a 3-cm surgical margin from the scar due to a biopsy. The tumor infiltrated the urinary bladder, peritoneum, and external iliac vessels. Twenty-six months after the initial operation, he had recurrences in his abdominal wall, urinary bladder, and right iliac vessels. Conclusions: To our knowledge, primary MFS of the muscle in the abdomen has not been documented previously. Although this case was histopathologically classified as a low-grade tumor, it infiltrated the abdominal cavity. The tumor is suspected to have penetrated the abdominal cavity below the linea arcuata, which lacks the posterior sheath of the rectus abdominis muscle; from there, it could easily spread without being blocked by any biological barriers.

    PubMed

  50. Low-Grade Myxofibrosarcoma of the Rectus Abdominus Muscle Infiltrating into Abdominal Cavity: A Case Report.

    Nomura T, Sakakibara S, Moriwaki A, Kawamoto T, Suzuki S, Ishimura T, Hashikawa K, Terashi H

    Eplasty   17 巻   頁: e6   2017年

     詳細を見る

  51. Heterogeneity of Necrotic Changes between Cortical and Cancellous Bone in Mandibular Osteoradionecrosis: A Histopathological Analysis of Resection Margin after Segmental Mandibulectomy 査読有り

    Akashi Masaya, Hashikawa Kazunobu, Wanifuchi Satoshi, Kusumoto Junya, Shigeoka Manabu, Furudoi Shungo, Terashi Hiroto, Komori Takahide

    BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL   2017 巻   頁: 3125842   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BioMed Research International  

    DOI: 10.1155/2017/3125842

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  52. 膝窩リンパ節転移を認めた母趾悪性黒色腫の1例

    北川 敬之, 野村 正, 橋川 和信, 藤原 進, 田島 翔子, 錦織 千佳子, 寺師 浩人

    Skin Cancer   31 巻 ( 3 ) 頁: 233 - 237   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本皮膚悪性腫瘍学会  

    <p>67歳,男性。初診より約1年前から左母趾爪甲に黒色斑を自覚した。その後,病変が拡大し,爪破壊も生じたため当院皮膚科を受診した。臨床所見で左母趾悪性黒色腫,PET-CTで膝窩ならびに鼠径リンパ節転移を疑われ,当科を紹介受診した。原発巣切除と同時にセンチネルリンパ節生検術,膝窩リンパ節郭清術を施行した。原発巣はtumor thickness 11mmで骨膜に浸潤していた。鼠径リンパ節生検は1/3(浅鼠径リンパ節への転移),膝窩リンパ節郭清は1/2(深膝窩リンパ節への転移)陽性で,後日鼠径リンパ節郭清を施行しリンパ節転移は認められなかった。原発巣が母趾骨膜まで浸潤していたため,骨膜から深部リンパ管を介し深膝窩リンパ節へ転移した可能性が示唆された。原発巣が深部組織に及ぶ場合は,深在リンパ管への流れも考慮することが大切であると思われる。</p>

    DOI: 10.5227/skincancer.31.233

    CiNii Article

  53. Modified partial maxillary swing approach for myxofibrosarcoma in pterygopalatine fossa 査読有り

    Shimoda Hikari, Yonezawa Koichiro, Shinomiya Hirotaka, Otsuki Naoki, Hashikawa Kazunobu, Sasaki Ryohei, Komura Eiji, Nibu Ken-ichi

    HEAD AND NECK-JOURNAL FOR THE SCIENCES AND SPECIALTIES OF THE HEAD AND NECK   38 巻 ( 12 ) 頁: E2519 - E2522   2016年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Head and Neck  

    DOI: 10.1002/hed.24558

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  54. レックリングハウゼン病の下眼瞼外反に対し耳介軟骨移植とCaraji anchor suture systemで吊上げを行った1例

    高須啓之, 橋川和信, 野村正, 寺師浩人

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   32 巻 ( 3号 ) 頁: 213   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  55. 骨盤内臓全摘術後に有茎大網弁及び遊離広背筋皮弁充填術を施行した一例

    北川敬之, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人, 山下公大

    日本形成外科学会会誌   36 巻 ( 10号 ) 頁: 533   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  56. Comparison between primary closure and skin grafts of the free fibula osteocutaneous flap donor site 査読有り

    Akashi Masaya, Hashikawa Kazunobu, Takasu Hiroyuki, Watanabe Kazuhiro, Kusumoto Junya, Sakakibara Akiko, Hasegawa Takumi, Minamikawa Tsutomu, Komori Takahide

    ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY-HEIDELBERG   20 巻 ( 3 ) 頁: 233 - 237   2016年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oral and Maxillofacial Surgery  

    DOI: 10.1007/s10006-016-0556-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  57. 治療抵抗性毛細血管奇形に対するパルス可変式色素レーザー・Nd:YAGレーザー併用療法の検討

    野村正, 江尻浩隆, 榊原俊介, 柳英之, 武川力, 辻依子, 田原真也, 橋川和信, 寺師浩人

    日本レーザー医学会誌   37 巻 ( 3号 ) 頁: 366   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  58. The usefulness of a surgical suture attached with a straight needle in lymphaticovenous anastomosis

    Hashikawa K.

    Japanese Journal of Plastic Surgery   59 巻 ( 8 ) 頁: 819 - 825   2016年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Plastic Surgery  

    Scopus

  59. Four-dimensional computed tomography evaluation of jaw movement following mandibular reconstruction: A pilot study 査読有り

    Akashi Masaya, Shibuya Yasuyuki, Takahashi Satoru, Hashikawa Kazunobu, Hasegawa Takumi, Kakei Yasumasa, Negi Noriyuki, Sekitani Toshinori, Komori Takahide

    JOURNAL OF CRANIO-MAXILLOFACIAL SURGERY   44 巻 ( 5 ) 頁: 637 - 641   2016年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Cranio-Maxillofacial Surgery  

    DOI: 10.1016/j.jcms.2016.01.027

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  60. Concomitant chemoradiotherapy for advanced squamous cell carcinoma of the temporal bone 査読有り 国際誌

    Shinomiya Hirotaka, Hasegawa Shingo, Yamashita Daisuke, Ejima Yasuo, Kenji Yoshida, Otsuki Naoki, Kiyota Naomi, Sakakibara Shunsuke, Nomura Tadashi, Hashikawa Kazunobu, Kohmura Eiji, Sasaki Ryohei, Nibu Ken-ichi

    HEAD AND NECK-JOURNAL FOR THE SCIENCES AND SPECIALTIES OF THE HEAD AND NECK   38 巻   頁: E949 - E953   2016年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Head and Neck  

    DOI: 10.1002/hed.24133

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  61. A comparison of radial forearm free-flap reconstruction and non-reconstruction after partial maxillectomy 査読有り

    Akashi Masaya, Shibuya Yasuyuki, Takahashi Yusuke, Kusumoto Junya, Sakakibara Akiko, Hasegawa Takumi, Minamikawa Tsutomu, Hashikawa Kazunobu, Komori Takahide

    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY MEDICINE AND PATHOLOGY   28 巻 ( 2 ) 頁: 111 - 117   2016年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2015.08.007

    Web of Science

    Scopus

  62. 創内持続陰圧洗浄療法を用いた下腿コンパートメント症候群後皮膚潰瘍の治療

    高須啓之, 森脇綾, 橋川和信, 野村正, 寺師浩人

    日本形成外科学会会誌   36 巻 ( 3号 ) 頁: 144   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  63. A Study of Internal Thoracic Arteriovenous Principal Perforators by Using Multi-detector Row Computed Tomography Angiography 査読有り

    OkumuraK, HashikawaK, SakakibaraS, OnishiH, TerashiH

    Eplasty   16 巻   頁: e11   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  64. A Study of Internal Thoracic Arteriovenous Principal Perforators by Using Multi-detector Row Computed Tomography Angiography.

    Okumura K, Hashikawa K, Sakakibara S, Onishi H, Terashi H

    Eplasty   16 巻   頁: e11   2016年

     詳細を見る

  65. 非常勤形成外科医による乳房一次再建症例の検討 査読有り

    野村 正, 榊原 俊介, 西藤 勝, 河野 範男, 橋川 和信, 寺師 浩人

    Oncoplastic Breast Surgery   1 巻 ( 2 ) 頁: 82 - 87   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会  

    <p> 常勤形成外科医が不在の施設で, 形成外科医が非常勤として乳房一次再建に取り組んだわれわれの方法を紹介するとともに, 連携における問題点について検討し, 報告する。連携方法としては, 常勤形成外科が不在の2施設において, 乳腺外科の診察時に, 患者がある程度再建手術に関心があれば, おもに電子メールによりその情報が非常勤の形成外科医に伝えられ, 手術日程の候補日を検討した。術前に当該施設で全患者の診察を形成外科医が行った。再建手術を行ったのは28例30側で, 平均年齢は46.1歳, 再建術式は自家組織による再建19例19側 (有茎広背筋皮弁18例, 有茎横軸型腹直筋皮弁1例) , ティッシュエキスパンダー挿入が9例11側であった。形成外科の初診から手術までの日数は, 平均26.0±14.9日であった。電子メールの利用により連携は比較的スムーズであった。本連携では再建術式が限定されるため, 術式決定には, 形成外科医の診察およびインフォームド・コンセントが必須である。</p>

    DOI: 10.20699/jopbs.1.2_82

    CiNii Article

  66. "Sensory Switching" in Elbow Reconstruction 査読有り

    Sakakibara Shunsuke, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto

    JOURNAL OF BRACHIAL PLEXUS AND PERIPHERAL NERVE INJURY   10 巻 ( 1 ) 頁: E30 - E33   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Brachial Plexus and Peripheral Nerve Injury  

    DOI: 10.1055/s-0035-1549369

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  67. CT Evaluation of Morphology of Transferred Fibula for Implant Placement in Reconstructed Mandible 査読有り

    Akashi Masaya, Shibuya Yasuyuki, Wanifuchi Satoshi, Kusumoto Junya, Sakakibara Akiko, Kimoto Akira, Hasegawa Takumi, Suzuki Hiroaki, Hashikawa Kazunobu, Komori Takahide

    IMPLANT DENTISTRY   24 巻 ( 5 ) 頁: 541 - 546   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Implant Dentistry  

    DOI: 10.1097/ID.0000000000000290

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  68. 難治性下腿潰瘍の1例

    北川敬之, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人, 柳沢曜

    日本形成外科学会会誌   35 巻 ( 10号 ) 頁: 626   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  69. Sequential evaluation for bone union of transferred fibula flaps in reconstructed mandibles: panoramic X-ray versus computed tomography 査読有り

    Akashi M., Hashikawa K., Kakei Y., Sakakibara A., Hasegawa T., Minamikawa T., Komori T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   44 巻 ( 8 ) 頁: 942 - 947   2015年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery  

    DOI: 10.1016/j.ijom.2015.04.014

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  70. Necessity of Distinguishing Verrucous Carcinoma From Verrucous Skin Lesion Overlaying Residual Skin Staples in an Area of Sensory Loss: A Case Report 査読有り

    SakakibaraS, TokiyoshiT, HashikawaK, TerashiH

    Eplasty   15 巻   頁: e23   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  71. Neural circuit analysis of axons regenerated by facial-hypoglossal nerve cross-link surgery

    Sakakibara Shunsuke, Ishida Yasuhisa, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto

    REGENERATIVE THERAPY   1 巻   頁: 86 - 90   2015年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Regenerative Therapy  

    DOI: 10.1016/j.reth.2015.05.003

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  72. Does Salivary Duct Repositioning Prevent Complications After Tumor Resection or Salivary Gland Surgery? 査読有り

    Sakakibara Akiko, Minamikawa Tsutomu, Hashikawa Kazunobu, Sakakibara Shunsuke, Hasegawa Takumi, Akashi Masaya, Furudoi Shungo, Komori Takahide

    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   73 巻 ( 5 ) 頁: 1003 - 1007   2015年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral and Maxillofacial Surgery  

    DOI: 10.1016/j.joms.2014.12.006

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  73. Evaluation of Bone Height of the Free Fibula Flap in Mandible Reconstruction

    Makiguchi Takaya, Yokoo Satoshi, Hashikawa Kazunobu, Miyazaki Hidetaka, Terashi Hiroto

    JOURNAL OF CRANIOFACIAL SURGERY   26 巻 ( 3 ) 頁: 673 - 676   2015年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:The Journal of craniofacial surgery  

    DOI: 10.1097/SCS.0000000000001509

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  74. Evaluation of bone height of the free fibula flap in mandible reconstruction 査読有り

    MakiguchiT, YokooS, HashikawaK, MiyazakiH, TerashiH

    J Craniofac Surg   26 巻 ( 3 ) 頁: 673 - 6   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  75. Three-Dimensional Venous Visualization with Phase-Lag Computed Tomography Angiography for Reconstructive Microsurgery 査読有り

    Sakakibara Shunsuke, Onishi Hiroyuki, Hashikawa Kazunobu, Akashi Masaya, Sakakibara Akiko, Nomura Tadashi, Terashi Hiroto

    JOURNAL OF RECONSTRUCTIVE MICROSURGERY   31 巻 ( 4 ) 頁: 305 - 312   2015年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Reconstructive Microsurgery  

    DOI: 10.1055/s-0034-1400070

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  76. Postoperative abnormal response of C-reactive protein as an indicator for infectious complications after oral oncologic surgery with primary reconstruction 査読有り

    Akashi Masaya, Furudoi Shungo, Hashikawa Kazunobu, Sakakibara Akiko, Hasegawa Takumi, Shigeta Takashi, Minamikawa Tsutomu, Komori Takahide

    JOURNAL OF OTOLARYNGOLOGY-HEAD & NECK SURGERY   44 巻 ( April ) 頁: 13   2015年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Otolaryngology - Head and Neck Surgery  

    DOI: 10.1186/s40463-015-0066-6

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  77. Long-term Follow-up Study of Radial Forearm Free Flap Reconstruction After Hemiglossectomy 査読有り

    Akashi Masaya, Hashikawa Kazunobu, Sakakibara Akiko, Komori Takahide, Terashi Hiroto

    JOURNAL OF CRANIOFACIAL SURGERY   26 巻 ( 1 ) 頁: 48 - 51   2015年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Craniofacial Surgery  

    DOI: 10.1097/SCS.0000000000001176

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  78. Necessity of Distinguishing Verrucous Carcinoma From Verrucous Skin Lesion Overlaying Residual Skin Staples in an Area of Sensory Loss: A Case Report.

    Sakakibara S, Tokiyoshi T, Hashikawa K, Terashi H

    Eplasty   15 巻   頁: e23   2015年

     詳細を見る

  79. 下顎再建における血管柄付き遊離腓骨皮弁の限界(原著):&mdash;骨吸収,整容性,末梢動脈疾患の観点から&mdash; 査読有り

    横尾 聡, 橋川 和信, 宮崎 英隆, 牧口 貴哉, 古森 孝英

    日本口腔腫瘍学会誌   27 巻 ( 3 ) 頁: 49 - 56   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本口腔腫瘍学会  

    われわれは,頭蓋顎顔面の形態的非対称は人間であれば必ず存在し,むしろ軽度の非対称が正常であるという計測学的事実と人間の視覚的非対称識別能力という二つの観点から顎顔面非対称を分類してきた。今回,この分類法をベースに,顎顔面非対称患者の術後における自己認識に影響を与える因子を見いだし,下顎再建への応用を試みた。さらに,これら因子と移植骨の吸収,そして末梢動脈疾患からみた腓骨の限界と絶対的適応症について検討した。過去19年間に神戸大学口腔外科,形成外科,群馬大学歯科口腔・顎顔面外科で腓骨皮弁により下顎区域再建された21例を対象とし,下顎欠損範囲と術後の整容性との関係について分析した。末梢動脈疾患(PAD)患者およびその予備軍における腓骨動脈温存の重要性については文献的に考察を行った。その結果,術後の非対称性認識,移植腓骨吸収さらに末梢動脈疾患(PAD)患者およびその予備軍における腓骨動脈温存の重要性等を考慮すると,遊離腓骨皮弁における下顎再建は,骨切りを要しない下顎直線部で,顎角部が温存された症例に限定され,それ以外では他の再建法を考慮する必要があると考えられた。

    DOI: 10.5843/jsot.27.49

    CiNii Article

  80. 局所陰圧閉鎖療法使用時の工夫:ソフトシリコン粘着剤付き創傷被覆材の使用

    榊原 俊介, 大澤 沙由理, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    創傷   6 巻 ( 4 ) 頁: 125 - 131   2015年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本創傷外科学会  

    局所陰圧閉鎖療法 (negative pressure wound therapy : 以下 NPWT) は有用な創傷治療への機器であるが,出血,感染など原因によりその継続が困難となる場合がある。ほかに交換時の疼痛や有毛部におけるエアリークなども治療の継続を妨げる要因となりえる。一方,近年,創傷被覆材の開発が進み,ソフトシリコン粘着剤が多用されるようになってきた。本粘着剤は剥離時の疼痛が少ない,ゲル状であるため微細な凹凸にも密着できる,といった特徴をもつ。われわれはソフトシリコン粘着剤付き創傷被覆材と NPWT とを組み合わせることで患者の疼痛の軽減および有毛部でのエアリークの改善を行えた。コスト面での課題は残るが,ソフトシリコン粘着剤付き創傷被覆材と NPWT との組み合わせは,NPWT の装着適応部位の拡大や交換時の疼痛の改善に寄与すると考えられる。

    DOI: 10.11310/jsswc.6.125

    CiNii Article

  81. 顔面基底細胞癌に対する外科治療−特に眼瞼および外鼻について−

    野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    Skin Cancer   30 巻 ( 3 ) 頁: 157 - 162   2015年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本皮膚悪性腫瘍学会  

    DOI: 10.5227/skincancer.30.157

    CiNii Article

  82. 開頭術後頭部皮膚潰瘍の原因に関する検討とその対策 死腔形成と脳室-腹腔シャントが及ぼす影響について 査読有り

    野村 正, 橋川 和信, 榊原 俊介, 高須 啓之, 寺師 浩人

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   30 巻 ( 4号 ) 頁: 171 - 178   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Development of a novel method for decellularizing a nerve graft using a hypertonic sodium chloride solution 査読有り

    Ishida Yasuhisa, Sakakibara Shuhsuke, Terashi Hiroto, Hashikawa Kazunobu, Yamaoka Tetsuji

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS   37 巻 ( 11 ) 頁: 854 - 860   2014年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Artificial Organs  

    DOI: 10.5301/ijao.5000365

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  84. Is Immobilization of the Ankle and Metatarsophalangeal Joint Effective in Suppressing the Spread of Infection in Diabetic Foot Ulcers? 査読有り

    Sakakibara Shunsuke, Tsuji Yoriko, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto

    INTERNATIONAL JOURNAL OF LOWER EXTREMITY WOUNDS   13 巻 ( 3 ) 頁: 226 - 229   2014年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Lower Extremity Wounds  

    DOI: 10.1177/1534734614545873

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  85. 両側pure type眼窩ブローアウト骨折症例の検討 査読有り

    高須 啓之, 橋川 和信, 榊原 俊介, 寺師 浩人

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   30 巻 ( 3号 ) 頁: 147 - 153   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Intima/medulla reconstruction and vascular contraction-relaxation recovery for acellular small diameter vessels prepared by hyperosmotic electrolyte solution treatment 査読有り

    Sakakibara Shunsuke, Ishida Yasuhisa, Hashikawa Kazunobu, Yamaoka Tetsuji, Terashi Hiroto

    JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS   17 巻 ( 2 ) 頁: 169 - 177   2014年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Artificial Organs  

    DOI: 10.1007/s10047-014-0760-6

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  87. ビデオで伝えたい私の手術 ビデオで伝えたい遊離前腕皮弁の挙上方法

    野村 正, 榊原 俊介, 高須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人, 明石 昌也, 田原 真也

    日本形成外科学会会誌   34 巻 ( 5号 ) 頁: 394   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  88. 顎下部壊死性筋膜炎に伴う切開排膿後の難治性瘻孔にV.A.C. ATS治療システムによる局所陰圧閉鎖療法を用いた1例 査読有り

    榊原 晶子, 榊原 俊介, 南川 勉, 重田 崇至, 橋川 和信, 古森 孝英

    日本口腔外科学会雑誌   60 巻 ( 2号 ) 頁: 71 - 75   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Contour を考慮した足部の再建

    野村 正, 大﨑 健夫, 石椛 寬芳, 森脇 綾, 高須 啓之, 江尻 浩隆, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    日本マイクロサージャリー学会会誌   27 巻 ( 3 ) 頁: 79 - 88   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本マイクロサージャリー学会  

    The goal for foot reconstruction is to restore the structure and walking function. To achieve this goal, it is important to assess precisely the defects in anatomical structure, residual function, reconstructive procedure, and postoperative therapy, including rehabilitation and fitting of braces or footwear. We experienced twelve free tissue transfers and thirteen pedicle skin flaps for foot reconstruction in our hospital or branch hospitals. In all cases, tailored braces or footwear were used postoperatively under advice from a prosthetist. The free flaps we selected were: one rectus abdominis musculo-cutaneous flap, six latissimus dorsi musculo-cutaneous flaps, three groin flaps, a free scalp flap, and a scapular flap. Two of the patients who underwent free latissimus dorsi musculo-cutaneous transfer had a failed procedure due to vascular thrombus. The pedicled flaps we used were: six distally based sural flaps, five medial plantar flaps, and two lateral calcaneal flaps. Partial flap necrosis was encountered in two of six distally based sural flaps. Ulceration developed in one flap due to bulkiness. As restoring foot contour is ideal for foot reconstruction, we conclude that using thin flaps or thinning of flaps avoids bulkiness. Subsequent footwear fitting is also very important.

    DOI: 10.11270/jjsrm.27.79

    CiNii Article

  90. Risk factors and surgical refinements of postresective mandibular reconstruction: a retrospective study 査読有り

    Sakakibara A, Hashikawa K, Yokoo S, Sakakibara S, Komori T, Tahara S

    Plast Surg Int   2014 巻   頁: 893746   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  91. さまざまな血管吻合術後皮弁モニタリング

    榊原 俊介, 野村 正, 高須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人

    日本マイクロサージャリー学会会誌   27 巻 ( 3 ) 頁: 72 - 78   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本マイクロサージャリー学会  

    The development of microvascular surgery has been contributed the patients' quality of life after the expanded resection of malignant tumor or large tissue defect caused by trauma. On the other hand, vascular complication, such as thrombosis, relates to the flap necrosis and strict monitoring of flap condition is necessitated. We basically monitor the flap every 4 hours for 5 days by inspection or palpation. In addition, we have been introduced blood glucose measurement, regional oxygen saturation index ( rSO<SUB>2</SUB> ), pulse oximeter ( SpO<SUB>2</SUB> ) and indocyanine green fluorescent ( ICG ) imaging for flap auxiliary monitoring. Because each of those methods has advantage and disadvantage, understanding of characteristics of each methods may helps us the earlier detection of vascular trouble, which directly relate to the flap salvage rate.

    DOI: 10.11270/jjsrm.27.72

    CiNii Article

  92. Risk factors and surgical refinements of postresective mandibular reconstruction: a retrospective study.

    Sakakibara A, Hashikawa K, Yokoo S, Sakakibara S, Komori T, Tahara S

    Plastic surgery international   2014 巻   頁: 893746   2014年

     詳細を見る

  93. 座長総括

    長谷川 和樹, 橋川 和信

    日本口腔腫瘍学会誌   26 巻 ( 3 ) 頁: 53 - 53   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本口腔腫瘍学会  

    DOI: 10.5843/jsot.26.53

    CiNii Article

  94. 血行再建術後の感染増悪により大切断に至った CLI 症例の患者因子の検討:~特に周術期CRP値の重要性について~

    西尾 祐美, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也

    創傷   5 巻 ( 4 ) 頁: 189 - 193   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本創傷外科学会  

    重症下肢虚血 ( critical limb ischemia : CLI ) 症例で,始めは下肢小切断術を計画していても血行再建術後の感染増悪により,結果的に下肢大切断術に至る場合がある。2005 年~ 2009 年までの 5 年間に経験したCLI症例 13 例のうち 3 例が大切断術となった。大切断術に至った症例と小切断術で治癒した症例について,患者因子を基に比較検討を行った。年齢,糖尿病の罹患の有無,血糖コントロールの方法,腎機能,対側の下肢切断歴の有無,血行再建前後と局所手術後早期のCRP値,局所手術前の栄養状態について検討を行った。患者因子として①糖尿病性腎症 (末期),②反対側の下肢切断歴,③低栄養が大切断のrisk factorとなっていた。また,血行再建術後と比較し,局所手術後早期のCRP値が高い症例は大切断術となる可能性を示唆し,周術期のCRP値が大切断術を回避するための指標の 1 つとなる可能性を示唆した。

    DOI: 10.11310/jsswc.5.189

    CiNii Article

  95. 顎下部壊死性筋膜炎に伴う切開排膿後の難治性瘻孔にV.A.C.<sup>®</sup> ATS治療システムによる局所陰圧閉鎖療法を用いた1例

    榊原 晶子, 榊原 俊介, 南川 勉, 重田 崇至, 橋川 和信, 古森 孝英

    日本口腔外科学会雑誌   60 巻 ( 2 ) 頁: 71 - 75   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:社団法人 日本口腔外科学会  

    Necrotizing fasciitis is treated by incisional drainage or immediate debridement. Generally, an infected wound should not be sutured or closured, but should be allowed to secondarily heal as an open wound. Treatment of necrotizing fasciitis involving the neck or submandibular region requires careful attention to major blood vessels or nerves. We therefore could not perform debridement radically. The wound should be continuously irrigated or applied ointment, but the presence of a fistula sometimes leads to prolonged wound healing.<BR>We describe our experience with an uncontrollable fistula attributed to debridement of submandibular necrotizing fasciitis, although irrigation had been continued for 6 weeks. After performing Negative Pressure Wound Therapy, with a V.A.C.<sup>®</sup> ATS system good granulation tissue proliferated in 3 days, and the fistula disappeared. The wound completely healed in 1 week. Furthermore, the clinical course has been good, with no recurrence of a fistula after 3 months. We report a case of early healing of an uncontrollable fistula treated by a V.A.C.<sup>®</sup> ATS system.

    DOI: 10.5794/jjoms.60.71

    CiNii Article

  96. [特別発言]下顎再建におけるCAT分類とCATコンセプト(総説)

    橋川 和信

    日本口腔腫瘍学会誌   26 巻 ( 3 ) 頁: 57 - 62   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本口腔腫瘍学会  

    口腔腫瘍切除後の下顎区域欠損に対する新しい分類法「CAT分類」と再建理論「CATコンセプト」について報告する。それぞれの概要は以下の通りである:<br>CAT分類&mdash;下顎骨における輪郭点である下顎頭(Condylar Head),下顎角(Mandibular Angle),オトガイ結節(Mental Tubercle)の3つ(両側で6つ)を基準点とし,それぞれをC点,A点,T点と定義する。これらの点の組合せで下顎区域欠損を分類する方法である。基準点を含む欠損の場合にそれぞれ「C」「A」「T」と分類し,複数の基準点を含む欠損の場合は「CA」「AT」「CAT」などとする。基準点のところで切除された場合は欠損に含まない。基準点を含まない下顎枝のみの欠損は「neck」,下顎体部のみの欠損は「body」とする。CATコンセプト&mdash;標準的な下顎再建手術を行うには,CAT分類の基準点であるC,A,Tを再現することが必要かつ十分な条件であるとする理論である。<br>これまでの研究の結果,これらは下顎再建を標準化する際の有用な基本理論であることが示されている。

    DOI: 10.5843/jsot.26.57

    CiNii Article

  97. Comparison of Malignant Skin Tumor Thickness and Relative Depth of Invasion Estimates from Preoperative MR-Microscopy and Pathological Evaluation 査読有り

    Nakayama-Takeda Reiko, Sakakibara Shunsuke, Kurokawa Masato, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto

    DERMATOLOGIC SURGERY   39 巻 ( 12 ) 頁: 1767 - 1773   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Dermatologic Surgery  

    DOI: 10.1111/dsu.12371

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  98. Evaluation of venous anatomy with phase-lag CTA (pl-CTA)

    Sakakibara S.

    Japanese Journal of Plastic Surgery   56 巻 ( 12 ) 頁: 1271 - 1280   2013年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Plastic Surgery  

    Scopus

  99. Utility of fixation with a custom-made device for intractable digital ulcers in the proximal interphalangeal joints associated with systemic sclerosis; report of two cases

    Makiguchi T.

    Japanese Journal of Plastic Surgery   56 巻 ( 12 ) 頁: 1313 - 1318   2013年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Plastic Surgery  

    Scopus

  100. 全身性強皮症に合併したPIP関節部指難治性潰瘍に対して装具固定が有用であった2例 査読有り

    牧口 貴哉, 寺師 浩人, 橋川 和信, 横尾 聡, 辻 依子, 田原 真也

    形成外科   56 巻 ( 12号 ) 頁: 1313 - 1318   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Functional Outcomes of the Facial Nerve After Postoperative Radiation Therapy for High-Risk Parotid Gland Malignancies Underwent Radical Surgery With Facial Nerve Resection and Reconstructive Surgery

    Muraoka O., Nishimura H., Miyawaki D., Yoshida K., Ejima Y., Okamoto Y., Hashikawa K., Otsuki N., Nibu K., Sasaki R.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   87 巻 ( 2 ) 頁: S460 - S460   2013年10月

     詳細を見る

  102. Preoperative MR angiography for free fibula osteocutaneous flap transfer 査読有り

    Akashi Masaya, Nomura Tadashi, Sakakibara Shunsuke, Sakakibara Akiko, Hashikawa Kazunobu

    MICROSURGERY   33 巻 ( 6 ) 頁: 454 - 459   2013年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Microsurgery  

    DOI: 10.1002/micr.22128

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  103. 再発口腔中咽頭癌に対する遊離皮弁再建に関する検討

    明石 昌也, 橋川 和信, 寺師 浩人

    日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集40周年記念     頁: 163   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  104. One-Stage Umbilicus Reconstruction After Resection of Urachal Cyst 査読有り

    Omori Makoto, Hashikawa Kazunobu, Sakakibara Shunsuke, Terashi Hiroto, Tahara Shinya, Shibaoka Yoshie, Kimura Kensaku, Sano Katsuhiro

    ANNALS OF PLASTIC SURGERY   71 巻 ( 1 ) 頁: 93 - 95   2013年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Annals of Plastic Surgery  

    DOI: 10.1097/SAP.0b013e318248b830

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  105. Osteolipoma in the glabella: pathogenesis associated with mesenchymal lipoma-derived stem cells 査読有り

    Makiguchi T, Terashi H, Hashikawa K, Yokoo S, Kusaka J

    J Craniofac Surg   24 巻 ( 4 ) 頁: 1310 - 3   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  106. Osteolipoma in the Glabella: Pathogenesis Associated With Mesenchymal Lipoma-Derived Stem Cells

    Makiguchi Takaya, Terashi Hiroto, Hashikawa Kazunobu, Yokoo Satoshi, Kusaka Junko

    JOURNAL OF CRANIOFACIAL SURGERY   24 巻 ( 4 ) 頁: 1310 - 1313   2013年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Craniofacial Surgery  

    DOI: 10.1097/SCS.0b013e3182953a0b

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  107. 外傷後に生じたclaw toe変形に対し長趾屈筋腱移行術を施行した1例

    高須 啓之, 橋川 和信, 明石 昌也, 寺師 浩人

    日本形成外科学会会誌   33 巻 ( 6号 ) 頁: 469   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  108. がん切除後下顎骨再建における再建理論「CATコンセプト」 臨床症例における実践結果 査読有り

    橋川 和信, 明石 昌也, 野村 正, 寺師 浩人

    頭頸部癌   39 巻 ( 2号 ) 頁: 166   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  109. 再発口腔中咽頭癌に対する遊離皮弁再建における問題点 査読有り

    明石 昌也, 橋川 和信, 寺師 浩人

    頭頸部癌   39 巻 ( 2号 ) 頁: 198   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  110. 当科における照射後再発下咽頭癌に対する救済手術の検討

    小松 弘和, 森本 浩一, 斎藤 幹, 大月 直樹, 橋川 和信, 丹生 健一

    頭頸部癌   39 巻 ( 2号 ) 頁: 182   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  111. 舌半側切除術後の遊離前腕皮弁再建症例における長期観察結果

    明石 昌也, 橋川 和信, 榊原 晶子, 寺師 浩人

    頭頸部癌   39 巻 ( 2号 ) 頁: 161   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  112. Supercharged pectoralis major musculocutaneous flap 査読有り

    Hashikawa K, Terashi H

    J Craniofac Surg   24 巻 ( 2 ) 頁: e179 - 82   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  113. Supercharged Pectoralis Major Musculocutaneous Flap

    Makiguchi Takaya, Yokoo Satoshi, Miyazaki Hidetaka, Takayama Yu, Ogawa Masaru, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto

    JOURNAL OF CRANIOFACIAL SURGERY   24 巻 ( 2 ) 頁: E179 - E182   2013年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Craniofacial Surgery  

    DOI: 10.1097/SCS.0b013e3182801898

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  114. Treatment Strategy of a Huge Ameloblastic Carcinoma 査読有り

    Makiguchi Takaya, Yokoo Satoshi, Miyazaki Hidetaka, Nobusawa Aiko, Ogawa Masaru, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto

    JOURNAL OF CRANIOFACIAL SURGERY   24 巻 ( 1 ) 頁: 287 - 290   2013年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Craniofacial Surgery  

    DOI: 10.1097/SCS.0b013e3182710311

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  115. 上顎切除後に遊離皮弁と顎義歯による再建を併用した症例の臨床的検討

    小林 正樹, 渋谷 恭之, 石田 優, 南川 勉, 横尾 聡, 橋川 和信, 古森 孝英

    顎顔面補綴 = Maxillofacial prosthetics   35 巻 ( 2 ) 頁: 37 - 45   2012年12月

     詳細を見る

  116. 上顎切除後に遊離皮弁と顎義歯による再建を併用した症例の臨床的検討 査読有り

    渋谷恭之, 南川勉, 横尾聡, 橋川和信, 古森孝英

    顎顔面補綴   35 巻 ( 2号 ) 頁: 83 - 91   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. 神経端側縫合の将来展望 端側神経縫合を利用した腫瘍切除後顔面神経即時再建 ループ型神経移植連続10症例の検討 査読有り

    橋川 和信, 榊原 俊介

    Facial Nerve Research   32 巻   頁: 26 - 28   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. 顔面神経再建方法の分類と呼称について「ジャンプグラフト」「クロスリンク」 査読有り

    橋川 和信

    Facial Nerve Research   32 巻   頁: 38 - 40   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Comparison of reinnervation for preservation of denervated muscle volume with motor and sensory nerve: An experimental study 査読有り

    Omori Makoto, Sakakibara Shunsuke, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto, Tahara Shinya, Sugiyama Daisuke

    JOURNAL OF PLASTIC RECONSTRUCTIVE AND AESTHETIC SURGERY   65 巻 ( 7 ) 頁: 943 - 949   2012年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Plastic, Reconstructive and Aesthetic Surgery  

    DOI: 10.1016/j.bjps.2012.01.018

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  120. 【下肢~足切断術の新しいアプローチ】 趾切断時におけるfillet toe flapの利用 招待有り 査読有り

    榊原俊介, 寺師浩人, 櫻井沙由理, 橋川和信, 田原真也

    創傷   3 巻 ( 3号 ) 頁: 123 - 128   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Intractable skin ulcerations associated with ion beam therapy

    Shibaoka Y.

    Japanese Journal of Plastic Surgery   55 巻 ( 5 ) 頁: 527 - 537   2012年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Plastic Surgery  

    Scopus

  122. Risk Factors of Anastomotic Thrombosis in 200 Head and Neck Free Flaps among Asian Patients 査読有り

    MakiguchiT, HashikawaK, SugiyamaD, YokooS, TerashiH, NibuK, KumagaiS, TaharaS

    Surg Sci   3 巻 ( 5 ) 頁: 237 - 241   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. リンパ浮腫を伴う絞扼輪症候群における術後リンパ流の検討 査読有り

    榊原俊介, 小川晴生, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    日本形成外科学会会誌   32 巻 ( 5号 ) 頁: 352   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  124. 粒子線治療に伴う難治性皮膚潰瘍の検討 査読有り

    芝岡美枝, 寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    形成外科   55 巻 ( 5号 ) 頁: 527 - 537   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. 糖尿病性足潰瘍におけるカンジダ性骨髄炎の1例 査読有り

    榊原俊介, 寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    日本形成外科学会会誌   32 巻 ( 5号 ) 頁: 354   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  126. がん切除後下顎骨再建における新しい理論「CATコンセプト」 : 第1報 その概念と妥当性の検討

    橋川 和信, 杉山 大典, 横尾 聡, 田原 真也

    頭頸部癌 = Head and neck cancer   38 巻 ( 1 ) 頁: 84 - 89   2012年4月

     詳細を見る

  127. がん切除後下顎骨再建における新しい理論「CATコンセプト」(第1報) その概念と妥当性の検討 査読有り

    橋川和信, 杉山大典, 横尾聡, 田原真也

    頭頸部癌   38 巻 ( 1号 ) 頁: 84 - 89   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. NOVEL TREATMENT OF LYMPHORRHEA WITH FLUORESCENT LYMPHOGRAPHY

    Sakakibara Shunsuke, Yuasa Kanako, Terashi Hiroto, Hashikawa Kazunobu, Tahara Shinya

    WOUND REPAIR AND REGENERATION   20 巻 ( 1 ) 頁: A10 - A10   2012年

     詳細を見る

  129. がん切除後下顎骨再建における新しい理論「CATコンセプト」:―第1報 その概念と妥当性の検討―

    橋川 和信, 杉山 大典, 横尾 聡, 田原 真也

    頭頸部癌   38 巻 ( 1 ) 頁: 84 - 89   2012年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本頭頸部癌学会  

    がん切除後の下顎骨再建術における新しい理論「CATコンセプト」を考案したので報告する。この理論は,下顎骨に定めた基準点であるC(下顎頭),A(下顎角),T(オトガイ結節)を再現することが下顎骨再建術における必要かつ十分な条件であるというものである。<br>ヒト保存屍体10体の下顎骨を計測したところ,CATコンセプトに従って再建された下顎骨の輪郭は本来のものよりも約3~7mm小さくなることが示された。これは軟部組織量などで調節可能な値であり,臨床的にはCATコンセプトが十分条件であることを示唆している。また,自験症例45例を対象に検討したところ,手術後のCATコンセプト基準点の個数(切除されずに温存されていたものと手術で再建したものの和)と術後結果の間に有意な正の傾向性が認められた(p=0.003,Fisher's exact test)。このことは,CATコンセプトが必要条件であることを示唆している。<br>以上の結果から,CATコンセプトは妥当な下顎骨再建理論である可能性が高いと結論づけられる。

    DOI: 10.5981/jjhnc.38.84

    Scopus

    CiNii Article

  130. 趾切断時における fillet toe flap の利用

    榊原 俊介, 寺師 浩人, 櫻井 沙由理, 橋川 和信, 田原 真也

    創傷   3 巻 ( 3 ) 頁: 123 - 128   2012年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本創傷外科学会  

    足趾潰瘍や腫瘍が MTP 関節レベルまで及ぶ例では, 切除断端の被覆のために中足骨近位での切断を要する場合や, 肉芽の増生を待ったのちに二期的に植皮を要する場合がある。しかし足部切断例においては切断レベルが術後の ADL を左右し, また術後の長期安静期間は廃用性障害につながるため, 早期の創治癒が求められる。そこで, われわれは足趾切断時に切除が足趾の半側までに留まる場合では趾動脈を血管茎とする fillet toe flap を作成し, 可及的に骨を温存し, 一期的に創を閉鎖している。今回, 強皮症および PAD による虚血性潰瘍と悪性腫瘍切除後の欠損に対して本法を施行し良好な結果を得た。足趾の片側に潰瘍が留まるのは限られたケースではあるが, fillet flap として残存組織を利用するにあたり, なんら犠牲を伴わないばかりか, 知覚皮弁としても利用できるうえ, 切断レベルを最小にし, すみやかな創治癒を期待できることから, 一考に値するとわれわれは考える。

    DOI: 10.11310/jsswc.3.123

    CiNii Article

  131. 顔面神経麻痺に対する眉毛下アプローチ眉毛挙上術

    橋川 和信, 榊原 俊介

    Facial nerve research   31 巻   頁: 136 - 138   2011年12月

     詳細を見る

  132. True pedicled fibular graft による脛骨遠位骨欠損の再建

    高須 啓之, 寺師 浩人, 橋川 和信, 政岡 浩輔, 田原 真也

    日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery   31 巻 ( 10 ) 頁: 716 - 720   2011年10月

     詳細を見る

  133. True pedicled fibular graftによる脛骨遠位骨欠損の再建 査読有り

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    日本形成外科学会会誌   31巻, 10号, pp. 716-720 巻   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. 縦隔炎・胸骨骨髄炎においてデブリードマンの範囲決定にMRIは有効か? 査読有り

    榊原俊介, 橋川和信, 田原真也

    日本形成外科学会会誌   31巻, 10号, pp. 725-725 巻   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  135. 頭皮からの分層植皮術におけるわれわれの工夫 査読有り

    榊原俊介, 橋川和信, 田原真也

    日本形成外科学会会誌   31巻, 10号, pp. 729-729 巻   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  136. 蛍光X線分析法による微量元素解析 : 上眼瞼インプラントの解析より

    榊原 俊介, 橋川 和信, 杉本 庸, 梶田 智, 田原 真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌 = Journal of the Japan Society of Cranio-Maxillo-Facial Surgery   27 巻 ( 3 ) 頁: 292 - 296   2011年9月

     詳細を見る

  137. がん切除後下顎骨再建術における新しい概念 CATコンセプト

    橋川和信

    日本口腔外科学会雑誌   57巻, Suppl., pp. 96-96 巻   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  138. 下顎プレート再建での合併症への対応 プレート除去を伴う場合

    古土井春吾, 橋川和信

    日本口腔外科学会雑誌   57巻, Suppl., pp. 216-216 巻   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  139. 蛍光X線分析法による微量元素解析 上眼瞼インプラントの解析より 査読有り

    榊原俊介, 橋川和信, 田原真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   27巻, 3号, pp. 292-296 巻   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. 顎口腔再建におけるフェーズコントラスト型CT Angiographyの有用性について

    橋川和信, 古土井春吾, 渋谷恭之

    日本口腔外科学会雑誌   57巻, Suppl., pp. 215-215 巻   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  141. Super-microsurgeryトレーニング用血管モデルの開発 リアルさへのこだわり 査読有り

    橋川和信, 榊原俊介, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   24巻, 2号, pp. 179-179 巻   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  142. マイクロサージャリーに有用な画像診断学の進歩

    榊原俊介, 橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   24巻, 2号, pp. 83-83 巻   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  143. 基礎疾患のある患者に対するマイクロサージャリー 頭頸部へのfree flap移植術における吻合部血栓のリスク因子について 同一施設連続症例を対象とする患者因子の検討 査読有り

    橋川和信, 榊原俊介, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   24巻, 2号, pp. 66-66 巻   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  144. リンパ浮腫患者のリンパ管組織構造の一考察 査読有り

    榊原俊介, 橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   24巻, 2号, pp. 196-196 巻   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  145. 新しい皮弁血流モニター法 INVOS:無侵襲混合血酸素飽和度監視装置を用いて(第2報) 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   24巻, 2号, pp. 168-168 巻   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  146. 術中の血管吻合前に、動的皮膚組織灌流圧(dynamic skin perfusion pressure:d-SPP)を測定して、吻合方法を選択した3症例 査読有り

    榊原俊介, 橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   24巻, 2号, pp. 195-195 巻   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. 脛骨遠位骨欠損再建におけるTrue pedicled fibular graftの有用性 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   24巻, 2号, pp. 135-136 巻   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  148. 高張塩溶液脱細胞化法による脱細胞化神経とその評価

    榊原俊介, 橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   24巻, 2号, pp. 120-121 巻   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  149. 高張塩溶液脱細胞化法による脱細胞化血管の開発とその評価 査読有り

    榊原俊介, 橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   24巻, 2号, pp. 117-117 巻   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  150. Oral candidiasis mimicking tongue cancer 査読有り

    Shibata Tomohisa, Yamashita Daisuke, Hasegawa Shingo, Saito Miki, Otsuki Naoki, Hashikawa Kazunobu, Tahara Shinya, Nibu Ken-ichi

    AURIS NASUS LARYNX   38 巻 ( 3 ) 頁: 418 - 420   2011年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Auris Nasus Larynx  

    DOI: 10.1016/j.anl.2010.11.007

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  151. 下顎骨再建術におけるイノベーション CAT分類・CATコンセプト 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   27巻, 2号, pp. 141-141 巻   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  152. がん切除後下顎骨再建における指標「CATコンセプト」 多施設症例データに基づく検証 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    頭頸部癌   37巻, 2号, pp. 262-262 巻   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  153. 上顎再建 整容的改善への挑戦 がん切除後上顎・眼窩再建に対する神戸大学の治療タクティクス 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    頭頸部癌   37巻, 2号, pp. 177-177 巻   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  154. 舌癌切除後の前腕皮弁による再建術後に著明な内頸静脈、外頸静脈血栓を認め、皮弁壊死となった1例 査読有り

    橋川和信, 榊原俊介, 田原真也

    日本形成外科学会会誌   31巻, 3号, pp. 205-205 巻   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  155. 仙尾骨・皮膚全層欠損に対して両側 hatchet 型大殿筋皮弁による再建を行った1例

    田村 亮介, 牧口 貴哉, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery   31 巻 ( 1 ) 頁: 43 - 46   2011年1月

     詳細を見る

  156. 仙尾骨・皮膚全層欠損に対して両側hatchet型大臀筋皮弁による再建を行った1例 査読有り

    橋川和信

    日本形成外科学会会誌   31巻, 1号, pp. 43-46 巻   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. 形成外科領域におけるMR-Microscopyの有用性

    橋川和信

    日本形成外科学会会誌   31巻, 1号, pp. 69-69 巻   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  158. 順行性有茎腓骨弁により脛骨遠位の再建を行った1例

    橋川和信

    日本形成外科学会会誌   31巻, 1号, pp. 65-65 巻   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  159. A Modified Transmetatarsal Amputation 査読有り

    Terashi Hiroto, Kitano Ikuro, Tsuji Yoriko, Hashikawa Kazunobu, Tahara Shinya

    JOURNAL OF FOOT & ANKLE SURGERY   50 巻 ( 4 ) 頁: 441 - 444   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Foot and Ankle Surgery  

    DOI: 10.1053/j.jfas.2011.03.018

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  160. 腸骨髄質移植による眼窩下壁再建:~眼窩ブローアウト骨折手術における有用性~

    橋川 和信, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 田原 真也

    創傷   2 巻 ( 3 ) 頁: 97 - 103   2011年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本創傷外科学会  

    眼窩下壁骨折手術の際に用いる眼窩壁再建材料として,われわれは腸骨髄質をシート状に成形したものを好んで用いており,これまでに自験例を対象とした検討で良好な治療成績を示してきた。本稿では,その手技を示し,眼窩壁再建材料としての有用性について報告する。<br> 手術手技:1)睫毛下切開から眼窩下壁の骨欠損を明示する,2)腸骨内板から髄質を数mm含む厚さで骨を切り出す,3)皮質をバーで削り,厚さ1~2mmの髄質骨でできたプレート状の移植材料を作製する,4)欠損よりもやや大きく成形したものを眼窩壁に移植するが,特別な固定は行わない。<br> 腸骨髄質は剪刀で切れるほど軟らかく,適度にしなやかである。さらに,眼窩下壁全域に移植しても耐えうる強度を有している。CTによる観察では,術後数ヵ月で骨化することが示唆されている。きわめて扱いやすいうえに,耐久性のある移植材料であり,眼窩壁の再建材料として有用である。

    DOI: 10.11310/jsswc.2.97

    CiNii Article

  161. 顔面神経麻痺に対する顔面&mdash;舌下神経クロスリンク手術と術後リハビリテーション

    橋川 和信, 榊原 俊介, 田原 真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   24 巻 ( 3 ) 頁: 267 - 274   2011年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本マイクロサージャリー学会  

    Weakness, hypertonicity, loss of isolated control and/or synkinetic movement of the facial mimetic muscle are common sequelae after facial palsy, unlike disruption of nerve continuity as in Bell's palsy or Hunt's syndrome. Here we describe a surgical procedure and postsurgical rehabilitation for the treatment of such sequelae.<BR>The surgical procedure comprises facial and hypoglossal nerve cross-linking that connects the nerves by an interpositional nerve graft with end-to-side anastomosis. For postsurgical physical rehabilitation, patients are instructed in the following techniques for facial neuromuscular retraining: 1) to practice isolated facial motion in front of a mirror (mirror-biofeedback technique); 2) to avoid gross voluntary movement both during practice and in daily life; and 3) to frequently massage and stretch the affected facial muscle.<BR>Between December 2005 and May 2008, twenty patients with sequelae after facial palsy were treated by our rehabilitation technique. Sixteen patients showed improvement in abnormal facial movement, while four did not. None of the patients developed facial synkinesis associated with tongue motion. Our surgical procedure and postsurgical rehabilitation exercises are alternative techniques for the sequelae of facial palsy.

    DOI: 10.11270/jjsrm.24.267

    CiNii Article

  162. リンパ管蛍光造影法によるリンパ漏の評価・治療 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本創傷治癒学会プログラム・抄録集40回   巻, , pp. 68-68 巻   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. 肘部骨露出創を有茎知覚付き皮弁で再建したのちに完全知覚再獲得がなされた症例の経験

    橋川和信, 田原真也

    日本形成外科学会会誌   30巻, 11号, pp. 639-639 巻   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  164. がん切除後下顎骨区域欠損の新しい分類法「CAT分類」 : 第2報 妥当性と有用性の検証

    橋川 和信, 杉山 大典, 横尾 総, 兵藤 伊久夫, 元村 尚嗣, 久保 盾貴, 栗田 智之, 吉本 世一, 多久嶋 亮彦, 山下 徹郎, 櫻庭 実, 八木原 一博, 中川 雅裕, 矢野 智之, 石田 勝大, 櫻井 裕之, 寺尾 保信, 田中 克己, 木股 敬裕, 田原 真也

    頭頸部癌 = Head and neck cancer   36 巻 ( 3 ) 頁: 309 - 315   2010年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本頭頸部癌学会  

    CAT分類は,C点:下顎頭,A点:下顎角,T点:オトガイ結節,の有無で下顎骨区域欠損を分類する方法である。その妥当性と有用性を多施設の症例データをもとに検証した結果について報告する。<br>計259例の下顎骨即時再建症例データを研究の対象とした。1)各症例をCAT分類で分類し,C,A,Tの各基準点の有無と手術結果の関係をJonckheereの傾向性検定で検討した。2)各症例をCAT,HCL,Urkenの各方法で分類し,分類法ごとにWard法による分類型のクラスタリングを行った。<br>検討の結果,1)切除されたCAT分類基準点の個数が増えるほど有意に手術結果が不良となる傾向性が認められた(P=0.002)。また,2)各分類法のうち,クラスター間に手術結果に関して有意差があり,かつ各クラスターの臨床的意味づけが可能であったのはCAT分類のみであった。<br>CAT分類は統計学的に妥当であり,他の下顎骨区域欠損分類法と比較して有用性が高い。

    DOI: 10.5981/jjhnc.36.309

    Scopus

    CiNii Article

  165. がん切除後下顎骨区域欠損の新しい分類法「CAT分類」(第2報) 妥当性と有用性の検証 査読有り

    橋川和信, 杉山大典, 田原真也

    頭頸部癌   36巻, 3号, pp. 309-315 巻   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. 外傷後無眼球症の二次的義眼床変形に対するfree flapの適応について 眼瞼皮膚、眼窩骨に欠損がない症例の検討 査読有り

    橋川 和信, 櫻井 沙由理, 高須 啓之, 寺師 浩人, 田原 真也

    創傷   1 巻 ( 3号 ) 頁: 119 - 124   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  167. A Simplest Method of Flap Monitoring 査読有り

    Sakakibara Shunsuke, Hashikawa Kazunobu, Omori Makoto, Terashi Hiroto, Tahara Shinya

    JOURNAL OF RECONSTRUCTIVE MICROSURGERY   26 巻 ( 7 ) 頁: 433 - 434   2010年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Reconstructive Microsurgery  

    DOI: 10.1055/s-0030-1251562

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  168. 下顎骨再建における再建プレート露出予防法 Wrap-Around法とRun-Through法

    橋川和信

    日本口腔外科学会雑誌   56巻, Suppl., pp. 98-98 巻   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  169. 口腔癌手術における嚥下改善手術に関する臨床的検討

    橋川和信, 古土井春吾, 渋谷恭之

    日本口腔外科学会雑誌   56巻, Suppl., pp. 140-140 巻   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  170. 再建プレートを用いた下顎再建症例における術後合併症の検討

    古土井春吾, 渋谷恭之, 橋川和信

    日本口腔外科学会雑誌   56巻, Suppl., pp. 98-98 巻   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  171. 舌癌切除の前腕皮弁再建術後に著明な内頸・外頸静脈血栓を認め皮弁壊死となった1例

    橋川和信, 古土井春吾

    日本口腔外科学会雑誌   56巻, Suppl., pp. 191-191 巻   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  172. BLOWING RATIO AS AN EVALUATION TOOL FOR VELOPHARYNGEAL FUNCTION AFTER ORAL AND OROPHARYNGEAL CANCER RESECTION 査読有り 国際誌

    Katoh Chieri, Saitoh Miki, Tsuneyuki Miki, Tanimoto Hitoshi, Hashikawa Kazunobu, Tahara Shinya, Otsuki Naoki, Nibu Ken-ichi

    HEAD AND NECK-JOURNAL FOR THE SCIENCES AND SPECIALTIES OF THE HEAD AND NECK   32 巻 ( 8 ) 頁: 1012 - 1018   2010年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Head and Neck  

    DOI: 10.1002/hed.21283

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  173. 先天性耳瘻管摘出術における瘻管染色の工夫

    田村 亮介, 牧口 貴哉, 橋川 和信, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 田原 真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌 = Journal of the Japan Society of Cranio-Maxillo-Facial Surgery   26 巻 ( 2 ) 頁: 81 - 84   2010年6月

     詳細を見る

  174. PVAハイドロゲル製微小血管モデルを用いる微小血管端側吻合のトレーニング/シミュレーション 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   26巻, 2号, pp. 223-223 巻   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. うっ血を生じた足背部逆行性皮弁に対し静脈吻合を付加して皮弁生着に成功した2症例 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   23巻, 2号, pp. 167-167 巻   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  176. ポリビニルアルコール(PVA)ゲルで作製した新しい吻合練習用微小血管モデルの使用経験 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   23巻, 2号, pp. 106-107 巻   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  177. 再建プレートで下顎骨を再建する際のプレート露出予防法 wrap-around法とrun-through法 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   26巻, 2号, pp. 159-159 巻   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  178. 下顎区域切除後のプレート再建に関する一考察 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   23巻, 2号, pp. 118-118 巻   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. 手関節部での橈骨動脈の走行に破格を認めた1症例

    橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   23巻, 2号, pp. 120-120 巻   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  180. 蛍光X線分光法による微量元素解析(第2報) 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   26巻, 2号, pp. 190-191 巻   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  181. 皮弁血糖値測定による皮弁血流のモニタリング

    橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   23巻, 2号, pp. 179-179 巻   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  182. 新世代の吻合練習用微小血管モデル EXSURG.Microvascular Model 使用経験

    橋川和信

    日本マイクロサージャリー学会会誌   23巻, 2号, pp. 91-91 巻   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  183. 新しい脱細胞化技術による代替小口径血管・末梢神経の開発 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   23巻, 2号, pp. 153-153 巻   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. 0.5mm径PVAハイドロゲル製血管モデルを用いるスーパーマイクロサージャリーのトレーニング 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    頭頸部癌   36巻, 2号, pp. 181-181 巻   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  185. がん切除後下顎骨再建における指標「CATコンセプト」 その概念と保存屍体を用いた検討 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    頭頸部癌   36巻, 2号, pp. 198-198 巻   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. Haemodynamic changes in the fingers after free radial forearm flap transfer: a prospective study using SPP

    Yanagisawa Akira, Hashikawa Kazunobu, Sugiyama Daisuke, Makiguchi Takaya, Yanagi Hideyuki, Kumagai Shunichi, Yokoo Satoshi, Terashi Hiroto, Tahara Shinya

    JOURNAL OF PLASTIC RECONSTRUCTIVE AND AESTHETIC SURGERY   63 巻 ( 3 ) 頁: 539 - 543   2010年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Plastic, Reconstructive and Aesthetic Surgery  

    DOI: 10.1016/j.bjps.2008.11.068

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  187. 蛍光X線分析装置を用いたフィラー・インプラントの微量元素分析

    梶田 智, 榊原 俊介, 杉本 庸, 橋川 和信, 田原 真也

    日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery   30 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 5   2010年1月

     詳細を見る

  188. 舌と眼瞼の病的共同運動が顔面-舌下神経クロスリンク手術により軽快した顔面神経不全麻痺症例の経験

    橋川 和信, 榊原 俊介, 石田 泰久

    Facial nerve research   29 巻   頁: 93 - 96   2010年1月

     詳細を見る

  189. 舌と眼瞼の病的共同運動が顔面-舌下神経クロスリンク手術により軽快した顔面神経不全麻痺症例の経験 査読有り

    橋川和信

    Facial Nerve Research   29巻, , pp. 93-96 巻   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  190. 蛍光X線分析装置を用いたフィラー・インプラントの微量元素分析 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本形成外科学会会誌   30巻, 1号, pp. 1-5 巻   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. NEW ACELLULAR SCALP DERMIS TO MAKE EX-VIVO PRODUCED SKIN EQUIVALENT WITH HAIR FOLLICLES

    Terashi H., Sakakibara S., Hasegawa M., Makiguchi T., Hashikawa K., Tahara S., Yamaoka T., Mahara A., Fujisato T.

    WOUND REPAIR AND REGENERATION   18 巻 ( 1 ) 頁: A4 - A4   2010年

     詳細を見る

  192. 外傷後無眼球症の二次的義眼床変形に対するfree flapの適応について:-眼瞼皮膚,眼窩骨に欠損がない症例の検討-

    橋川 和信, 櫻井 沙由理, 高須 啓之, 寺師 浩人, 田原 真也

    創傷   1 巻 ( 3 ) 頁: 119 - 124   2010年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本創傷外科学会  

    眼瞼皮膚や眼窩骨に欠損がない外傷後無眼球症の二次的義眼床変形に対するfree flapの適応について検討する。2008年までの10年間に経験した症例を対象とした。外傷後無眼球症の二次的義眼床変形に対する手術症例のうち,眼瞼皮膚や眼窩骨に欠損がない症例について遡及的検索を行い,free flap移植術を適用した症例の治療経過を詳細に調査した。全7例のうち,3例でfree flap移植術が施行されていた。Free flapを移植したのは,受傷後長期間経過してから重度の義眼嚢拘縮をきたしたものが2例,上眼瞼皮下の著明な瘢痕拘縮と陥凹変形をきたしたものが1例であった。眼瞼皮膚や眼窩骨に欠損がない外傷後無眼球症においても,free flapを必要とする症例が一定数存在する。重度かつ進行性の義眼嚢拘縮,眼瞼の著明な瘢痕拘縮を伴う高度な陥凹変形はfree flapの適応基準となることが示唆される。

    DOI: 10.11310/jsswc.1.119

    CiNii Article

  193. 舌癌再建手術後の患者における横断的QOL調査

    吉本 世一, 木股 敬裕, 栗田 智之, 橋川 和信, 石田 勝大, 櫻庭 実, 桜井 裕之, 田中 克己, 矢野 智之, 兵藤 伊久夫

    頭頸部癌 = Head and neck cancer   35 巻 ( 4 ) 頁: 374 - 379   2009年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本頭頸部癌学会  

    頭頸部は日常生活における重要な機能を司る器官が集中しており,頭頸部癌治療においては生存率の向上に加えて治療後のQOLの維持が重要である。遊離皮弁の再建手技が治療後のQOLの維持に貢献していると予想されるが,本邦ではその評価においては未だ不充分である。今回10施設202人の舌癌の再建手術後の患者を対象として,米国ワシントン大学のUWQOL(Ver. 4)を日本語訳したものを使用して横断的QOL調査を行った。調査票に加えて各患者の臨床情報(年齢,性別,手術からの期間,再建に用いた皮弁,放射線治療の有無など)を集計し,各臨床情報の条件別や施設別に術後QOLの違いがあるかについて解析した。その結果,舌癌の再建手術後のQOLには切除範囲以外に年齢や放射線治療の有無が関係していたが,全体としてはある程度良好なQOLが維持できていると考えられた。

    DOI: 10.5981/jjhnc.35.374

    Scopus

    CiNii Article

  194. 遊離皮弁による頭頸部再建術後の内頸静脈血栓症

    柳沢 曜, 橋川 和信, 横尾 聡, 寺師 浩人, 田原 真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery   22 巻 ( 3 ) 頁: 258 - 265   2009年9月

     詳細を見る

  195. 上顎歯肉癌切除後の広範欠損にAbbe-Estlander flapと前腕皮弁による再建を行った一例 査読有り

    古土井春吾, 橋川和信, 澁谷恭之

    日本口腔外科学会雑誌   55巻, Suppl., pp. 146-146 巻   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  196. 新しい下顎骨区域欠損分類法 CAT分類 査読有り

    橋川和信

    日本口腔外科学会雑誌   55巻, Suppl., pp. 125-125 巻   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  197. 褥瘡滲出液中に含まれるタンパク質を考える(中間報告) 慢性創傷のモデルとして 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本褥瘡学会誌   11巻, 3号, pp. 333-333 巻   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  198. 心房細動が頭頸部Free Flapにおける吻合部血栓に与える影響 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   22巻, 2号, pp. 170-170 巻   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  199. 神経の変則的縫合術 移植床神経による筋(皮)弁の「再支配」 ラットモデルを用いた脱神経萎縮防止効果の検討 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   22巻, 2号, pp. 92-93 巻   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  200. 神経の変則的縫合術 神経トレーサーを用いる神経回路解析実験におけるわれわれの工夫 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   22巻, 2号, pp. 90-90 巻   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  201. 懸垂状を呈した後頭骨骨腫の1例 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   25巻, 2号, pp. 171-171 巻   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. 遊離皮弁による頭蓋底悪性腫瘍切除後再建 `Step-Surgery Concept'を用いて 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   22巻, 2号, pp. 145-145 巻   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  203. 顔面部に用いられるフィラーの蛍光X線分析法による微量元素分析 査読有り

    杉本庸, 榊原俊介, 橋川和信, 田原真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   25巻, 2号, pp. 168-168 巻   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  204. 顔面神経麻痺の後療法 顔面神経-舌下神経クロスリンク手術の術後リハビリテーション 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   22巻, 2号, pp. 84-85 巻   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  205. 頭頸部腫瘍切除後の二次再建 頭頸部腫瘍切除後の二次的義眼床形成再建手術 治療戦略と問題点 査読有り

    橋川和信, 一瀬晃洋, 田原真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   25巻, 2号, pp. 100-101 巻   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  206. 頭頸部Free Flap連続250例を対象とした血栓形成危険因子の検討 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   25巻, 2号, pp. 124-125 巻   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  207. 遊離皮弁による頭頸部再建術後の内頸静脈血栓症 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   22巻, 2号, pp. 169-169 巻   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  208. Reconstruction of the Orbital Floor With Sheets of Autogenous Iliac Cancellous Bone 査読有り

    Sakakibara Shunsuke, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto, Tabara Shinya

    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   67 巻 ( 5 ) 頁: 957 - 961   2009年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral and Maxillofacial Surgery  

    DOI: 10.1016/j.joms.2008.08.014

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  209. がん切除後下顎骨欠損の新しい分類法「CAT分類」 (第2報)有用性と妥当性の検証 査読有り

    橋川和信, 杉山大典, 田原真也

    頭頸部癌   35巻, 2号, pp. 110-110 巻   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  210. 上顎に発生した低悪性型筋線維芽細胞肉腫の1例

    村田 真穂, 梅田 正博, 西 周子, 橋川 和信, 宇佐美 悠, 古森 孝英

    日本口腔外科学会雑誌   55 巻 ( 4 ) 頁: 184 - 188   2009年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:社団法人 日本口腔外科学会  

    Low-grade myofibroblastic sarcoma is an uncommon neoplasm of atypical myofibroblasts with fibromatosis-like features. The lesion has only been characterized in the last two decades, and the concept of neoplastic myofibroblasts remains controversial. We encountered a patient with low-grade myofibroblastic sarcoma of the maxilla.<br>A 70-year-old woman was referred to our hospital because of swelling of the anterior maxilla. She had undergone repeated surgical procedures of the lesion at other hospitals. The tumor invaded the hard palate, nasal cavity, bilateral maxillary sinus, and cheek skin. The biopsy specimen showed a low-grade myofibroblastic sarcoma, and she underwent wide resection of the lesion and reconstructive surgery using a free forearm flap. Histologic examination revealed diffuse, fascicular proliferation of spindle cells with focal cellular atypia. The tumor cells showed positive reactions for α-SMA and vimentin, which indicated differentiation to myofibroblasts, and the lesion was diagnosed as a low-grade myofibroblastic sarcoma. The patient is free from tumor 13 months after surgery.

    DOI: 10.5794/jjoms.55.184

    CiNii Article

  211. Assessment of shapes of ischia with pressure ulcers

    Makiguchi T.

    Japanese Journal of Plastic Surgery   52 巻 ( 4 ) 頁: 445 - 450   2009年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Plastic Surgery  

    Scopus

  212. 上顎に発生した低悪性型筋線維芽細胞肉腫の1例 査読有り

    村田真穂, 梅田正博, 橋川和信, 古森孝英

    日本口腔外科学会雑誌   55巻, 4号, pp. 184-188 巻   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  213. 坐骨部褥瘡における骨形態の評価 査読有り

    橋川和信

    形成外科   52巻, 4号, pp. 445-450 巻   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  214. 上顎亜全摘症例に対する遊離皮弁による再建手術の経験

    野村 正, 野々村 秀明, 江尻 浩隆, 魚住 真樹, 橋本 大, 橋川 和信, 田原 真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌 = Journal of the Japan Society of Cranio-Maxillo-Facial Surgery   25 巻 ( 1 ) 頁: 60 - 67   2009年3月

     詳細を見る

  215. Two cases of antegrade venous anastomosis employed on distally-based flap from dorsal foot

    Ogawa H.

    Japanese Journal of Plastic Surgery   52 巻 ( 3 ) 頁: 325 - 331   2009年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Plastic Surgery  

    Scopus

  216. 同一創部における合成吸収糸:polydioxanone糸と合成非吸収糸:ナイロン糸の瘢痕比較 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    瘢痕・ケロイド治療ジャーナル   巻, 3号, pp. 45-48 巻   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  217. 心房細動が頭頸部free flapにおける吻合部血栓に与える影響 査読有り

    橋川和信

    日本形成外科学会会誌   29巻, 3号, pp. 209-209 巻   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  218. 術前放射線化学療法併用直腸癌Miles手術後に創部潰瘍を生じた症例の治療経験 査読有り

    橋川和信

    日本形成外科学会会誌   29巻, 3号, pp. 184-184 巻   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  219. 第2足趾移植により再建した指末節periosteal chondromaの1例 査読有り

    橋川和信, 杉本庸

    日本形成外科学会会誌   29巻, 3号, pp. 185-186 巻   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  220. 手に発生した静脈奇形に対する硬化療法 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本手の外科学会雑誌   26巻, 1号, pp. S146-S146 巻   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  221. 長期安静保持を必要とする難治性潰瘍患者の静脈血栓塞栓症(VTE)予防について 査読有り

    橋川和信

    日本形成外科学会会誌   29巻, 3号, pp. 205-205 巻   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  222. 陳旧性顔面神経麻痺の静的形成手術における神戸大学の取り組み

    橋川 和信, 榊原 俊介, 一瀬 晃洋

    Facial nerve research   28 巻   頁: 114 - 119   2009年2月

     詳細を見る

  223. 順行性神経トレーサー法による神経回路解析 : 顔面-舌下神経 cross-link 手術をモデルとして

    榊原 俊介, 石田 泰久, 橋川 和信

    Facial nerve research   28 巻   頁: 48 - 50   2009年2月

     詳細を見る

  224. 陳旧性顔面神経麻痺の静的形成手術における神戸大学の取り組み 査読有り

    橋川和信, 榊原俊介, 一瀬晃洋

    Facial Nerve Research   28巻, , pp. 114-119 巻   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  225. 順行性神経トレーサー法による神経回路解析 顔面-舌下神経cross-link手術をモデルとして 査読有り

    榊原俊介, 橋川和信

    Facial Nerve Research   28巻, , pp. 48-50 巻   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  226. New acellular scalp dermis to make ex-vivo produced skin equivalent with hair follicles

    Terashi H., Yokoo S., Sakakibara S., Hashikawa K., Kurata S., Sunagawa T., Makiguchi T., Fujisato T., Itami S., Hasegawa M., Tahara S.

    WOUND REPAIR AND REGENERATION   17 巻 ( 1 ) 頁: A7 - A7   2009年

     詳細を見る

  227. 顔面骨骨折整復固定時のドリル破折症例に関する検討

    小西 和人, 橋川 和信, 榊原 俊介, 大守 誠, 田原 真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌 = Journal of the Japan Society of Cranio-Maxillo-Facial Surgery   24 巻 ( 4 ) 頁: 245 - 251   2008年12月

     詳細を見る

  228. 手指壊疽に対する Distal Venous Arterialization の経験

    石田 泰久, 橋川 和信, 永田 育子, 寺師 浩人, 田原 真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery   21 巻 ( 4 ) 頁: 438 - 442   2008年12月

     詳細を見る

  229. 超高静水圧処理法によるヒト頭皮由来無細胞真皮作製 男性型脱毛症の再生外科的治療法へのステップ

    橋川和信, 田原真也

    日本創傷治癒学会プログラム・抄録集38回   巻, , pp. 49-49 巻   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  230. 手指壊疽に対するDistal Venous Arterializationの経験 査読有り

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   21巻, 4号, pp. 438-442 巻   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  231. 顔面骨骨折整復固定時のドリル破折症例に関する検討 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   24巻, 4号, pp. 245-251 巻   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  232. がん切除後下顎骨区域欠損の新しい分類法「CAT分類」 : 第1報 その概念と分類の実際

    橋川 和信, 横尾 聡, 田原 真也

    頭頸部癌 = Head and neck cancer   34 巻 ( 3 ) 頁: 412 - 418   2008年10月

     詳細を見る

  233. Selection of operative methods for decubitus on calcaneal region

    Terashi H.

    Japanese Journal of Plastic Surgery   51 巻 ( 10 ) 頁: 1173 - 1182   2008年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Plastic Surgery  

    Scopus

  234. 下顎骨再建のupdate 腫瘍切除後の一次下顎再建における治療指針の確立 がん切除後下顎骨区域欠損の新しい分類法「CAT分類」(第1報) その概念と分類の実際 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    頭頸部癌   34巻, 3号, pp. 412-418 巻   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  235. 神戸大学口腔外科における口底再建の工夫

    古土井春吾, 澁谷恭之, 橋川和信, 田原真也

    日本口腔腫瘍学会誌   20巻, 3号, pp. 204-204 巻   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  236. 口腔癌広範切除後の早期気管孔閉鎖は必ずしも必要ではない レティナ装着を組み入れた口腔癌広範切除症例の標準治療

    古土井春吾, 澁谷恭之, 橋川和信, 田原真也

    日本口腔科学会雑誌   57巻, 3号, pp. 362-362 巻   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  237. マイクロサージャリーの基本手技血管吻合 神戸大学形成外科における基本的な微小血管吻合法 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   21巻, 2号, pp. 117-117 巻   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  238. 内視鏡下経鼻腔的整復術(EER)は眼窩内側壁骨折治療の標準的術式となり得るか 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   24巻, 2号, pp. 116-116 巻   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  239. 先天性耳瘻管摘出術における瘻管染色の工夫 査読有り

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   24巻, 2号, pp. 84-85 巻   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  240. 眉間部に発生したOsteolipomaの1例 発生起序を脂肪腫由来幹細胞の分化能の観点から推察 査読有り

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   24巻, 2号, pp. 102-102 巻   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  241. 術後車椅子、自動車運転座席、便座における接触圧評価を行った坐骨部褥瘡の1症例 査読有り

    寺師浩人, 橋川和信, 田原真也

    日本褥瘡学会誌   10巻, 2号, pp. 136-142 巻   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  242. 頭頸部free flap連続200例を対象とした血栓形成危険因子の検討 メタボリックシンドロームは危険因子か?

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   21巻, 2号, pp. 189-190 巻   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  243. 顔面神経-舌下神経クロスリンク手術(仮)は顔面病的共同運動に対する治療法となり得るか?

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   21巻, 2号, pp. 144-144 巻   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  244. 顔面に生じたSpitz母斑の2症例 査読有り

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   24巻, 2号, pp. 104-105 巻   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  245. 顔面pseudolymphomaの一例 査読有り

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   24巻, 2号, pp. 106-106 巻   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  246. Sclerotherapy for venous malformations; evaluation of simulation cavenography based on our classification of circulation of venous malformation

    Nagata I.

    Japanese Journal of Plastic Surgery   51 巻 ( 5 ) 頁: 555 - 560   2008年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Plastic Surgery  

    Scopus

  247. 下顎骨再建のupdate 腫瘍切除後の一次下顎再建における治療指針の確立 がん切除後下顎骨欠損の分類法について 新しい分類法「CAT分類」の提案 査読有り

    橋川和信, 田原真也

    頭頸部癌   34巻, 2号, pp. 132-132 巻   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  248. 神戸大学における悪性腫瘍切除後の遊離皮弁による頭蓋底一次再建 査読有り

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    頭頸部癌   34巻, 2号, pp. 153-153 巻   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  249. 静脈奇形に対する硬化療法 術中透視下病変造影の重要性 査読有り

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    形成外科   51巻, 5号, pp. 555-560 巻   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  250. 異所性蒙古斑のレーザー治療後色素脱失に関する統計学的検討

    永田 育子, 杉本 庸, 橋川 和信, 寺師 浩人, 杉山 大典, 熊谷 俊一, 田原 真也

    日本レーザー医学会誌 = The Journal of Japan Society for Laser Medicine   29 巻 ( 1 ) 頁: 26 - 29   2008年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本レーザー医学会  

    真皮メラノサイトーシスに対しては,selective photothermolysisの理論に基づき開発されたQスイッチレーザー照射が有効な治療法である.しかし,いったん合併症を起こしてしまうと対処に苦慮することが少なくない. <BR>今回,平成12年7月より平成18年6月までに神戸大学医学部附属病院形成外科にて,レーザーを照射した異所性蒙古斑42例53部位を対象に,どのような因子が影響して色素脱失を生じているかについて調べ統計学的な解析を加えた.年齢・性別・部位・レーザーの種類・最大照射エネルギー・照射回数と色素脱失との関連について,ロジスティック回帰による多変量解析を行った.色素脱失は24部位(45.3%)に認められた.体幹は四肢と比べて色素脱失を起こしやすい(オッズ比16.257[95%信頼区間2.367-111.660],P=0.005)という結果が得られた.年齢・性別・レーザーの種類・照射エネルギー・照射回数は有意な因子とならなかった.今回の検討で得られた結果は極めて興味深いものであり,多方面から検証していく必要がある.

    DOI: 10.2530/jslsm.29.26

    CiNii Article

  251. 異所性蒙古斑のレーザー治療後色素脱失に関する統計学的検討 査読有り

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    日本レーザー医学会誌   29巻, 1号, pp. 26-29 巻   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  252. 豊胸術後多発皮下硬結の治療経験

    藤井 美樹, 橋川 和信, 杉本 庸, 田原 真也, 杉本 孝郎

    日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery   28 巻 ( 3 ) 頁: 147 - 151   2008年3月

     詳細を見る

  253. 順行性トレーサー法による舌下神経染色法

    榊原 俊介, 橋川 和信, 石田 泰久, 永田 育子, 大守 誠, 寺師 浩人, 田原 真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery   21 巻 ( 1 ) 頁: 28 - 32   2008年3月

     詳細を見る

  254. 神戸大学におけるケロイド切除後の電子線治療の方法と成績 査読有り

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    瘢痕・ケロイド治療ジャーナル   巻, 2号, pp. 103-106 巻   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  255. 順行性トレーサー法による舌下神経染色法 査読有り

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   21巻, 1号, pp. 28-32 巻   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  256. Curious complication after oroesophageal reconstruction with free jejunal flap: Intrussusception-like deformity of transferred jejunum 査読有り

    Sakakibara Shunsuke, Tahara Shinya, Hashikawa Kazunobu, Nibu Ken-ichi

    JOURNAL OF RECONSTRUCTIVE MICROSURGERY   24 巻 ( 2 ) 頁: 89 - 92   2008年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Reconstructive Microsurgery  

    DOI: 10.1055/s-2008-1076092

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  257. Jump graft 型顔面-舌下神経クロスリンク手術により不随意閉瞼が改善した顔面病的共同運動2例の経験

    橋川 和信

    Facial nerve research   27 巻   頁: 192 - 195   2008年1月

     詳細を見る

  258. 血管奇形硬化療法における術中シミュレーション : 静脈奇形症例についての検討

    櫻井 敦, 野村 正, 永田 育子, 牧口 貴哉, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    日本シミュレーション外科学会会誌 = Journal of the Japan Society for Simulation Surgery   15 巻 ( 4 ) 頁: 91 - 94   2008年1月

     詳細を見る

  259. 東洋人における上眼瞼挙筋腱膜長に関する屍体を用いた解剖学的検討

    水口 敬, 橋川 和信, 一瀬 晃洋, 寺師 浩人, 田原 真也

    日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery   28 巻 ( 1 ) 頁: 9 - 12   2008年1月

     詳細を見る

  260. Jump graft型顔面-舌下神経クロスリンク手術により不随意閉瞼が改善した顔面病的共同運動2例の経験 査読有り

    橋川和信

    Facial Nerve Research   27巻, , pp. 192-195 巻   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  261. Hybrid treatment for critical limb ischemia using skin perfusion pressure (SPP) as wound care management similar to Ten cases report

    Nagata I, Terashi H., Hashikawa K., Tsuji Y., Kitano I, Tahara S.

    WOUND REPAIR AND REGENERATION   16 巻 ( 1 ) 頁: A6 - A6   2008年

     詳細を見る

  262. がん切除後下顎骨区域欠損の新しい分類法「CAT分類」―第1報  その概念と分類の実際―:―第1報 その概念と分類の実際―

    橋川 和信, 横尾 聡, 田原 真也

    頭頸部癌   34 巻 ( 3 ) 頁: 412 - 418   2008年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本頭頸部癌学会  

    がん切除後の下顎骨区域欠損に対する新しい分類法を考案したので報告する。この分類法は,下顎頭(condylar head),下顎角(mandibular angle),オトガイ結節(mental tubercle)の3点を基準点とするため,各点の頭文字をとって「CAT分類」と呼称する。CAT分類では,欠損が各点(C,A,T)を含むかどうかを基準として分類を記述する。例えば,下顎角部を含む区域欠損なら「A」,下顎頭から下顎体部までの欠損なら基準点CとAを含むため「CA」と記述し,片側の下顎枝からオトガイ部を経て対側の下顎体部までの欠損なら,A,T,Tを含むため「ATT」となる。基準点を含まない下顎枝のみの欠損なら「neck」,下顎体部のみの欠損なら「body」とする。分類パターンは全部で14あり,臨床上経験するすべての下顎骨区域欠損を分類することが可能である。自験例を対象とした検討ではCAT分類は整容的手術結果を反映することが示唆されたが,機能的結果との関連も含めた今後の検討を要する。CAT分類は,現在頻用されている他の分類法と比較して,単純かつ明快であり術後結果と一定の相関関係にある可能性が高いことから,がん切除後下顎骨区域欠損の有用な分類法となることが期待される。

    DOI: 10.5981/jjhnc.34.412

    CiNii Article

  263. Auricular cartilage graft for lower lid retraction in thyroid ophthalmopathy; "CLIC" comprehensive lid interlining cartilage graft

    Hashikawa K.

    Japanese Journal of Plastic and Reconstructive Surgery   50 巻 ( 12 ) 頁: 1447 - 1453   2007年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Plastic and Reconstructive Surgery  

    Scopus

  264. 口腔内に移植した遊離前腕皮弁に対するレーザー脱毛の経験

    武川 力, 橋川 和信, 杉本 庸, 寺師 浩人, 田原 真也

    日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery   27 巻 ( 11 ) 頁: 770 - 773   2007年11月

     詳細を見る

  265. Thin minigrafting technique for postburn leukoderma

    Fujii Miki, Terashi Hiroto, Hashikawa Kazunobu, Nomura Tadashi, Omori Makoto, Tahara Shinya

    DERMATOLOGIC SURGERY   33 巻 ( 11 ) 頁: 1368 - 1373   2007年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Dermatologic Surgery  

    DOI: 10.1111/j.1524-4725.2007.33294.x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  266. Dynamic SPP(仮)が血行動態評価に有用であった重症虚血肢症例の経験

    橋川 和信

    日本シミュレーション外科学会会誌   15巻, 3号, pp. 66-66 巻   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  267. Simple dressing technique using polyurethane foam for fixation of skin grafts

    Sakurai Atsushi, Hashikawa Kazunobu, Yokoo Satoshi, Terashi Hiroto, Tahara Shinya

    DERMATOLOGIC SURGERY   33 巻 ( 8 ) 頁: 976 - 979   2007年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Dermatologic Surgery  

    DOI: 10.1111/j.1524-4725.2007.33202.x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  268. 深部静脈血栓症との関連が疑われた吻合部血栓の経験

    成瀬 栄美, 橋川 和信, 辻 依子, 見目 和崇, 江尻 浩隆, 横尾 聡, 田原 真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery   20 巻 ( 2 ) 頁: 147 - 152   2007年6月

     詳細を見る

  269. Free scalp flapを用いた踵部潰瘍の治療経験

    橋川 和信

    日本マイクロサージャリー学会会誌   20巻, 2号, pp. 251-251 巻   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  270. Therapeutic strategy for the triad of acquired anophthalmic orbit

    Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto, Tahara Shinya

    PLASTIC AND RECONSTRUCTIVE SURGERY   119 巻 ( 7 ) 頁: 2182 - 2188   2007年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Plastic and Reconstructive Surgery  

    DOI: 10.1097/01.prs.0000260706.07368.f1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  271. ブローアウト骨折の眼窩底再建におけるわれわれの工夫 腸骨髄質骨プレートの有用性

    橋川 和信

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   23巻, 2号, pp. 87-87 巻   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  272. 当院における肝動脈血行再建術

    橋川 和信

    日本マイクロサージャリー学会会誌   20巻, 2号, pp. 191-191 巻   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  273. 口腔内に移植した遊離前腕皮弁に対するレーザー脱毛の経験

    橋川 和信

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   23巻, 2号, pp. 126-126 巻   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  274. 下顎再建に用いられた血管柄付き遊離腓骨の術後骨吸収についての統計学的検討

    橋川 和信

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   23巻, 2号, pp. 118-118 巻   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  275. 下口唇有棘細胞癌切除後一期的再建方法(Free composite graftとOne-stage lip-switch flapの臨床的比較)

    橋川 和信

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   23巻, 2号, pp. 160-160 巻   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  276. 深部静脈血栓症との関連が疑われた吻合部血栓の経験 査読有り

    橋川 和信

    日本マイクロサージャリー学会会誌   20巻, 2号, pp. 147-152 巻   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  277. 眼窩下壁ブローアウト骨折の手術治療までの期間と手術成績

    橋川 和信

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   23巻, 2号, pp. 86-86 巻   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  278. 甲状腺眼症の下眼瞼後退に対する耳介軟骨移植の経験 Comprehensive Lid Interlining Cartilage:CLIC法

    橋川 和信

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   23巻, 2号, pp. 108-108 巻   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  279. 遊離前腕皮弁採取による手部血行の変化 皮膚灌流圧(SPP)測定による検討

    橋川 和信

    日本マイクロサージャリー学会会誌   20巻, 2号, pp. 245-245 巻   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  280. 顔面再建における神戸大学の治療戦略 遊離皮弁移植と二次修正を組み合わせる再建法の評価と適応の検討

    橋川 和信

    日本マイクロサージャリー学会会誌   20巻, 2号, pp. 188-188 巻   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  281. 遊離前腕皮弁移植における神戸大学の取り組み

    橋川 和信

    日本マイクロサージャリー学会会誌   20巻, 2号, pp. 244-244 巻   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  282. 頭頸部free flap連続200例を対象とした血栓形成危険因子の検討 メタボリックシンドロームは危険因子か?

    橋川 和信

    頭頸部癌   33巻, 2号, pp. 159-159 巻   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  283. 頭頸部再建 Conventional flap vs.Perforator flap 頭頸部再建におけるconventional flap、とくに前腕皮弁のreliabilityとversatilityについて

    橋川 和信

    頭頸部癌   33巻, 2号, pp. 80-80 巻   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  284. 成人生体肝移植における肝動脈血行再建上の問題点

    榊原 俊介, 橋川 和信, 田原 真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery   20 巻 ( 1 ) 頁: 71 - 76   2007年3月

     詳細を見る

  285. 顔面の全層欠損に対する再建戦略 : Step-Surgery Concept

    橋川 和信, 寺師 浩人, 横尾 聡, 柳 英之, 田原 真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery   20 巻 ( 1 ) 頁: 46 - 53   2007年3月

     詳細を見る

  286. Congenital melanocytic nevi and nevus spilus have a tendency to follow the lines of Blaschko: An examination of 200 cases

    Hanayama Hiromi, Terashi Hiroto, Hashikawa Kazunobu, Tahara Shinya

    JOURNAL OF DERMATOLOGY   34 巻 ( 3 ) 頁: 159 - 163   2007年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Dermatology  

    DOI: 10.1111/j.1346-8138.2007.00242.x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  287. 顔面の全層欠損に対する再建戦略 Step-Surgery Concept 査読有り

    橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    日本マイクロサージャリー学会会誌   20巻, 1号, pp. 46-53 巻   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  288. Functional reconstruction of large anogenital defects with bilateral V-Y advancement posterior thigh fasciocutaneous flaps 査読有り

    Fujii Miki, Terashi Hiroto, Hashikawa Kazunobu, Tahara Shinya

    JOURNAL OF PLASTIC RECONSTRUCTIVE AND AESTHETIC SURGERY   60 巻 ( 11 ) 頁: 1208 - 1213   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Plastic, Reconstructive and Aesthetic Surgery  

    DOI: 10.1016/j.bjps.2007.02.005

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  289. 外傷性涙小管断裂の10例

    寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌 = Journal of the Japan Society of Cranio-Maxillo-Facial Surgery   22 巻 ( 3 ) 頁: 203 - 208   2006年12月

     詳細を見る

  290. 血管奇形硬化療法における術中シミュレーション : 静脈奇形症例についての検討

    櫻井 敦, 野村 正, 見目 和崇, 永田 育子, 牧口 貴哉, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    日本シミュレーション外科学会会誌 = Journal of the Japan Society for Simulation Surgery   14 巻 ( 2 )   2006年11月

     詳細を見る

  291. 神戸大学における遊離前腕皮弁移植の基本戦略

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会   32 巻 ( 3 ) 頁: 247 - 252   2006年10月

     詳細を見る

  292. 仙骨部褥瘡に対する外科的療法の適応基準化と周術期管理方法に関する一考察 神戸大学形成外科専門医アンケート調査 査読有り

    寺師浩人, 橋川和信

    日本褥瘡学会誌   8巻, 4号, pp. 560-565 巻   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  293. 外傷性涙小管断裂の10例 査読有り

    寺師浩人, 橋川和信

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌   22巻, 3号, pp. 203-208 巻   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  294. 身体醜形障害を疑う患者に対する当科での取り組み

    佐藤 誠, 永田 育子, 橋川 和信, 一瀬 晃洋, 田原 真也

    日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery   26 巻 ( 8 ) 頁: 518 - 524   2006年8月

     詳細を見る

  295. 身体醜形障害を疑う患者に対する当科での取り組み 査読有り

    橋川和信, 一瀬晃洋

    日本形成外科学会会誌   26巻, 8号, pp. 518-524 巻   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  296. 大腿骨頭壊死に対する遊離腓骨皮弁移植の経験

    柳 英之, 橋川 和信, 塚本 金作, 森 大祐

    日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery   26 巻 ( 6 ) 頁: 403 - 406   2006年6月

     詳細を見る

  297. Orthognathic surgery for occlusal reconstruction of old malunited jaw fracture

    Yokoo S.

    Kobe Journal of Medical Sciences   52 巻 ( 3 ) 頁: 37 - 47   2006年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Kobe Journal of Medical Sciences  

    Scopus

  298. 仙骨部褥瘡に対するrhomboid perforator flapの経験 査読有り

    橋川和信, 寺師浩人

    日本褥瘡学会誌   8巻, 2号, pp. 208-211 巻   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  299. Simple reconstruction with titanium mesh and radial forearm flap after globe-sparing total maxillectomy: A 5-year follow-up study 査読有り

    Hashikawa K, Tahara S, Ishida H, Yokoo S, Sanno T, Terashi H, Nibu KI

    PLASTIC AND RECONSTRUCTIVE SURGERY   117 巻 ( 3 ) 頁: 963 - 967   2006年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plastic and Reconstructive Surgery  

    DOI: 10.1097/01.prs.0000200623.91956.66

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  300. Orthognathic surgery for occlusal reconstruction of old malunited jaw fracture

    Yokoo Satoshi, Komori Takahide, Furudoi Shungo, Shibuya Yasuyuki, Tateishi Chizu, Hashikawa Kazunobu, Tahara Shinya, Hanagaki Hirofumi

    The Kobe journal of the medical sciences   52 巻 ( 3 ) 頁: 37 - 47   2006年

     詳細を見る

    出版者・発行元:神戸大学  

    Old malunited jaw fractures of nine patients who underwent orthognathic surgeryfor occlusal reconstruction were clinically evaluated. Early surgery on fractures of thejaw is the optimal treatment when due attention must be paid to occlusion. Sinceocclusal revision surgery subsequent to inaccurate diagnosis and inappropriate surgeryis certainly very difficult and often unsuccessful, surgeons need to pay special attentionto this situation.

    CiNii Article

  301. Orthognathic surgery for occlusal reconstruction of old malunited jaw fracture.

    Yokoo S, Komori T, Furudoi S, Shibuya Y, Tateishi C, Hashikawa K, Tahara S, Hanagaki H

    The Kobe journal of medical sciences   52 巻 ( 3-4 ) 頁: 37 - 47   2006年

     詳細を見る

  302. 形成外科に学ぶ頭頸部領域の基本手技  神戸大学における遊離前腕皮弁移植の基本戦略

    橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    頭頸部癌   32 巻 ( 3 ) 頁: 247 - 252   2006年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本頭頸部癌学会  

    神戸大学および関連施設では,これまで約600例に対して遊離前腕皮弁を用いた再建手術を行ってきており,これらの臨床例を対象に基礎的・臨床的研究を積み重ねてきた。皮弁挙上および血管吻合,採取部への植皮に関してこれまでに得られた知見と臨床への応用は下記の通りである。<BR>1)肘窩のperforating veinを血管茎に含めることで,深部静脈系と皮静脈系を連結させた皮弁挙上が可能となる。<BR>2)前腕皮弁の静脈還流は深部静脈系が優位であるため,静脈吻合の際は深部静脈系の血流を移植床に還流させる。<BR>3)皮弁の2系統の静脈を移植床の2系統の静脈と吻合し,それらをperforating veinで交通させることにより,より生理的なネットワーク型の静脈還流が可能となる。<BR>4)含皮下血管網植皮で皮弁採取部を被覆すれば整容的に優れる。<BR>5)ポリウレタンフォームとポリウレタンフィルムを用いることで,簡便かつ短時間に,術者一人で植皮固定を行える。

    DOI: 10.5981/jjhnc.32.247

    CiNii Article

  303. Total lower lid support with auricular cartilage graft

    Hashikawa K, Tahara S, Nakahara M, Sanno T, Hanagaki H, Tsuji Y, Terashi H

    PLASTIC AND RECONSTRUCTIVE SURGERY   115 巻 ( 3 ) 頁: 880 - 884   2005年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Plastic and Reconstructive Surgery  

    DOI: 10.1097/01.PRS.0000153233.87258.5D

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  304. Positive narrowing pharyngoplasty with forearm flap for functional restoration after extensive soft palate resection

    Hashikawa K, Tahara S, Terashi H, Ichinose A, Nomura T, Omori M, Sanno T

    PLASTIC AND RECONSTRUCTIVE SURGERY   115 巻 ( 2 ) 頁: 388 - 393   2005年2月

  305. ホームページ開設と電子メール相談の現状

    杉本 庸, 橋川 和信, 一瀬 晃洋, 寺師 浩人, 田原 真也

    日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery   24 巻 ( 4 ) 頁: 226 - 230   2004年4月

     詳細を見る

  306. Do multiple venous anastomoses reduce risk of thrombosis in free-flap transfer? Efficacy of dual anastomoses of separate venous systems

    Ichinose A, Terashi H, Nakahara M, Sugimoto I, Hashikawa K, Nomura T, Ogata N, Yokoo S, Tahara S

    ANNALS OF PLASTIC SURGERY   52 巻 ( 1 ) 頁: 61 - 63   2004年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Annals of Plastic Surgery  

    DOI: 10.1097/01.sap.0000096425.18223.60

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  307. Three-dimensional reconstruction after oral oncologic surgery using single free radial forearm flaps or free rectus abdominis musculocutaneous flaps

    Yokoo Satoshi, Komori Takahide, Furudoi Syungo, Umeda Masahiro, Nomura Tadashi, Hashikawa Kazunobu, Ichinose Akihiro, Tahara Shinya

    Journal of Oral Science   46 巻 ( 1 ) 頁: 65 - 70   2004年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本大学歯学部  

    This study reviews reconstruction of complex three-dimensional oral and maxillofacial defects using the <i>single</i> free radial forearm flap or the <i>single</i> free rectus abdominis musculocutaneous flap. Between 1996 and 2003, 124 patients underwent oral and maxillofacial reconstruction in the Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Kobe University Graduate School of Medicine. Outcomes for 22 patients who underwent three-dimensional reconstruction of multiple surfaces were evaluated. Reconstruction was performed after resection of malignant tumors in all 22 patients. <i>Single</i> FAFs were utilized for 11 patients and single RAMs for the remaining 11. Flap survival rate was 100%. No major donor morbidity was observed, and all surviving patients (20/22) were able to perform normal daily living activities. <i>Single</i> FAF and RAM are useful materials for one-stage reconstruction of complex three-dimensional oral and maxillofacial defects requiring replacement of skin, mucosa, and intervening soft tissues. Good to excellent aesthetic results can be attained in most patients. (J. Oral Sci. 46, 65-70, 2004)

    DOI: 10.2334/josnusd.46.65

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  308. Therapeutic importance of transplantation of a vascularised free flap for an oromandibular injury with infection and severe scar contracture

    Yokoo S, Komori T, Sakurai A, Hashikawa K, Nomura T, Sanno T, Ichinose A, Tahara S

    BRITISH JOURNAL OF ORAL & MAXILLOFACIAL SURGERY   41 巻 ( 6 ) 頁: 380 - 382   2003年12月

  309. Endoscopic endonasal reduction for blowout fracture of the medial orbital wall

    Sanno T, Tahara S, Nomura T, Hashikawa K

    PLASTIC AND RECONSTRUCTIVE SURGERY   112 巻 ( 5 ) 頁: 1228 - 1237   2003年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Plastic and Reconstructive Surgery  

    DOI: 10.1097/01.PRS.0000080723.29129.64

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  310. Replantation of an avulsed zygomatic bone as a freeze-preserved autologous graft: a case report

    Yokoo S, Tahara S, Sakurai A, Hashikawa K, Terashi H, Furudoi S, Umeda M, Komori T

    JOURNAL OF CRANIO-MAXILLOFACIAL SURGERY   31 巻 ( 2 ) 頁: 115 - 119   2003年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Cranio-Maxillofacial Surgery  

    DOI: 10.1016/S1010-5182(02)00183-X

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  311. Importance of the deep vein in the drainage of a radial forearm flap: A haemodynamic study

    Ichinose A, Tahara S, Terashi H, Yokoo S, Nakahara M, Hashikawa K, Kenmoku K

    SCANDINAVIAN JOURNAL OF PLASTIC AND RECONSTRUCTIVE SURGERY AND HAND SURGERY   37 巻 ( 3 ) 頁: 145 - 149   2003年

  312. Importance of the deep vein in the drainage of a radial forearm flap: a haemodynamic study.

    Ichinose A, Tahara S, Terashi H, Yokoo S, Nakahara M, Hashikawa K, Kenmoku K

    Scandinavian journal of plastic and reconstructive surgery and hand surgery   37 巻 ( 3 ) 頁: 145 - 9   2003年

     詳細を見る

  313. Importance of the deep vein in the drainage of a radial forearm flap: A haemodynamic study

    Ichinose A.

    Scandinavian Journal of Plastic and Reconstructive Surgery and Hand Surgery   37 巻 ( 3 ) 頁: 145 - 149   2003年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Scandinavian Journal of Plastic and Reconstructive Surgery and Hand Surgery  

    DOI: 10.1080/2844310310007746

    Scopus

  314. Devices for facial aesthetic improvement in the treatment of skeletal mandibular protrusion

    Yokoo S, Komori T, Tateishi C, Komurasaki H, Omori M, Hashikawa K, Tahara S

    AESTHETIC PLASTIC SURGERY   26 巻 ( 4 ) 頁: 251 - 254   2002年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Aesthetic Plastic Surgery  

    DOI: 10.1007/s00266-002-2036-4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  315. Functional and aesthetic reconstruction of full-thickness cheek, oral commissure and vermilion

    Yokoo S, Tahara S, Tsuji Y, Nomura T, Hashikawa K, Hanagaki H, Furudoi S, Umeda M, Komori T

    JOURNAL OF CRANIO-MAXILLOFACIAL SURGERY   29 巻 ( 6 ) 頁: 344 - 350   2001年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Cranio-Maxillofacial Surgery  

    DOI: 10.1054/jcms.2001.0249

    Web of Science

    Scopus

  316. Functional reconstruction of mobile tongue and suprahyoid muscles after resection of cancer of the tongue

    Yokoo S, Komori T, Umeda M, Takenono I, Hashikawa K, Hanagaki H, Tahara S

    BRITISH JOURNAL OF ORAL & MAXILLOFACIAL SURGERY   39 巻 ( 4 ) 頁: 252 - 255   2001年8月

     詳細を見る

  317. Functional reconstruction of mobile tongue and suprahyoid muscles after resection of cancer of the tongue

    Yokoo S.

    British Journal of Oral and Maxillofacial Surgery   39 巻 ( 4 ) 頁: 252 - 255   2001年

     詳細を見る

    出版者・発行元:British Journal of Oral and Maxillofacial Surgery  

    DOI: 10.1054/bjom.2001.0636

    Scopus

  318. 冷凍保存された自家頬骨体の移植により整復した頬骨骨折症例の経験

    横尾 聡, 櫻井 淳, 橋川 和信, 山王 俊明, 田原 真也

    日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery   20 巻 ( 12 ) 頁: 756 - 760   2000年12月

     詳細を見る

  319. 遊離橈側前腕皮弁の静脈還流に関する臨床的研究 : 皮静脈系と深部静脈系の還流優位性について

    横尾 聡, 田原 真也, 橋川 和信, 一瀬 晃洋

    日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery   20 巻 ( 10 ) 頁: 597 - 602   2000年10月

     詳細を見る

  320. Blowout Fracture の手術治療までの期間と手術成績

    山王 俊明, 田原 真也, 橋川 和信

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌 = Journal of the Japan Society of Cranio-Maxillo-Facial Surgery   16 巻 ( 2 ) 頁: 62 - 65   2000年9月

     詳細を見る

  321. 遊離橈側前腕皮弁におけるPerforating Veinの役割

    横尾 聡, 田原 真也, 橋川 和信, 山王 俊明, 中原 実

    日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery   19 巻 ( 5 ) 頁: 272 - 276   1999年5月

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. TEXT形成外科学(改訂3版) / 各論I 先天性疾患 I 頭頸部 E. 外鼻

    橋川和信

    南山堂  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

MISC 1

  1. 【顔面神経麻痺の形成外科的治療―最近の話題】舌下神経と顔面神経のクロスリンクによる陳旧性顔面神経不全麻痺の治療 招待有り

    橋川和信  

    医学のあゆみ268 巻 ( 10 ) 頁: 843 - 848   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

講演・口頭発表等 1

  1. 指神経背側枝を温存した逆行性指動脈皮弁による指尖部再建の経験

    大﨑 健夫, 田村 亮介, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第45回日本マイクロサージャリー学会学術集会  2018年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

科研費 28

  1. 特定波長光によるメラノーマ増殖・転移抑制メカニズムの解明ーGq変異を巡ってー

    研究課題/研究課題番号:20H03849  2020年04月 - 2024年03月

    橋川 和信

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    悪性黒色腫は極めて難治な悪性腫瘍である。悪性黒色腫の発生には光線暴露との関係が古くから示されてきたが、われわれはこれまでの先行研究において光受容タンパク質の一つであるOPN4が悪性黒色腫にも発現していることを示してきた。一方、Gqは、近年、悪性腫瘍における転移のしやすさとの関連が示されてきた。このGqはOPN4のセカンドメッセンジャーであり、これらの事柄を併せると、悪性黒色腫でのGq変異株にOPN4の感受性波長を照射することで転移をきたしやすくなる可能性がある。これを逆に考えると、この波長を遮蔽することで転移を抑制できる可能性がある。本研究ではこれらの仮説を証明することを目的とする。

  2. 脈管奇形の悪化メカニズムを探る  ~血管平滑筋を巡る分子制御機構の解明~

    研究課題/研究課題番号:20K09864  2020年04月 - 2023年03月

    野村 正

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    脈管奇形は先天性の脈管形成異常である。特に動静脈奇形や静脈奇形では軟部組織の醜状変形にとどまらず、筋・骨格系の変形、病変からの出血など組織破壊的となることもあり、日常生活に著しい制限を生じる。病変の多くは進行性であり、難治病変では進行を止める手段さえない場合がある。動静脈奇形や静脈奇形を含めた脈管奇形の病態生理および悪化の機序にはなお不明な点が多い。われわれは本研究を通じて、脈管奇形のうち特に静脈奇形における悪化機序について、主に「血管平滑筋細胞」に焦点を当てて分子生物学的側面より評価し、本疾患の分類・診断基準作成の補助ならびに疾患治療の確立へ結びつけることを目的とする。

  3. 光による皮膚概日リズム形成の意義を探る

    2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金/基盤研究(B) 

    寺師 浩人

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 乳児血管腫におけるstem cellの関与 ~増殖・分化制御機構の解明~

    2018年04月 - 2021年03月

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C) 

    櫻井 沙由理

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 乳児血管腫におけるstem cellの関与 ~増殖・分化制御機構の解明~

    研究課題/研究課題番号:18K09481  2018年04月 - 2021年03月

    大澤

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    乳児の増殖期は,未分化な血管内皮細胞の高度な細胞増殖によって特徴付けられる。一方,退縮期に入ると,血管内皮細胞は徐々に減少して,比較的口径の大きな血管に変化し,それとともに周囲に脂肪組織が増えていく。このような,退縮期での脂肪組織への置換は極めてユニークな生物学的変化であり,このように振る舞う固形腫瘍は存在しない。このIHの主体をなす血管内皮細胞は分化能を有する未分化な細胞から構成されている。このような独自の特徴をもつIHの血管内皮細胞のうち,幹細胞マーカーであるCD133による分離によって得られる乳児血管腫由来幹細胞(hemangioma-derived stem cell;HemSCと略す)は脂肪,骨や神経に分化する多分化能を有することが既に証明されている。しかしHemSCがIHの増殖や退縮にどのように関わっているかは今なお不明である。われわれは,IHの増殖や退縮においてHemSCがまさに「司令塔」としての役割を果たしているとの仮説を立て,増殖期あるいは退縮期において,「どのような制御下であるいは生化学的刺激によって,HemSCが乳児血管腫の増殖や退縮に関わっているのか?」という命題を立てた.増殖期の乳児血管腫よりサンプルを採取し,Fluorescein isothiocyanate(FITC)ラベルのCD133抗体を用いたflow cytometryでは細胞を単離することができず,explant法で細胞培養を行った.Explant法では乳児血管腫よりHemSCが得られ,複数のサンプルをストックすることができた.またMTTアッセイで増殖能を確認できた。
    増殖期の乳児血管腫よりサンプルを採取し,Fluorescein isothiocyanate(FITC)ラベルのCD133抗体を用いたflow cytometryでは細胞を回収する手法を用いたが、効率が極端に悪く,単離することが困難であった.また,線維芽細胞や細菌のcontaminationも認められた.その理由としてはラベルする抗体の質的な問題や処理時の技術的問題が挙げられる.その後explant法で内皮細胞の初代培養をおこなったものの、技術的な慣れが必要で、計画より遅延した。
    代表ならびに分担研究者はこれまで脈管奇形に対するexplant法での初代培養の経験が豊富であり,方針を変更して、本法での初代培養を適用した。Explant法では乳児血管腫よりHemSCが得られ,複数のサンプルをストックすることができたことからこのまま本方法でHemSCを採取する。続いてHemSCと様々な血管内皮細胞との共培養による遊走能検討を行う予定である。細胞遊走アッセイシステムを用い、多孔性のチャンバー膜の上面に細胞浮遊液を滴下し,膜の下にはHemSCを培養した上清を添加したmediumを入れ、24、48時間の培養の後、内皮細胞を細胞数を計測する。対照群 と比較してHemSCに対する走化性を確認する。Flt-1の発現についてreal-time PCRを用いて定量的に検討することを計画している。

  6. 光による皮膚概日リズム形成の意義を探る

    研究課題/研究課題番号:18H02961  2018年04月 - 2021年03月

    寺師 浩人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、ヒト皮膚における光受容とその意義を探ることを目的とする。これまでにわれわれはヒト皮膚にOPN4が発現しており、このタンパク質を介して皮膚を構成する細胞(特に線維芽細胞)が外界の光を受容し、これを細胞内シグナルへと変換することを明らかとした。またこれは時計遺伝子の発現調節にも影響することを示した。本研究課題では、中枢性に作られたヒト皮膚の末梢性時計が光によりリセットされるのか、あるいはその逆はあり得るのかを探ることを目的として設定した。
    昨年度につづき、Bmal 1の発現をルシフェラーゼアッセイにより検証した。Bmal1プロモーターにルシフェリン遺伝子を結合させたプラスミドベクターを培養細胞に導入し、これをリアルタイムルミノメーターにセットしたのち、経時的にルシフェラーゼ発現量を解析した。昨年に得られた結果と同様、約22時間周期でのリズム形成は認められた。この振幅は1週間程度経過しても認められたが、その時点での細胞は形態が変化していた。細胞密度や培地を交換しないことへの反応と考えられるが、ルシフェラーゼによる発光量はその間、高値に推移する傾向にありながらも振幅幅は小さくなる傾向にあった。これはルシフェラーゼが細胞外に分泌されたのちに崩壊せずに機能し続けるためと考えられる。そこで、short lifeのルシフェラーゼに組み替えることとした。Bmal1プロモーターに対してPCRを行い、short lifeルシフェラーゼを含むベクターへの組み替えを試みたが、プロモーター領域内にGC比率が高く増幅が困難であり、現在、さらに条件を変化させながら研究を進めている。
    上記のようにPCRによるプロモーター増幅が困難であり、現在、条件設定を重ねている。ただし、増幅が得られれば速やかに計画に戻れると考える。
    まず、PCRによりBmal1プロモーターの増幅を行い、本領域をshort life luciferaseにbinding させる。次にこのプラスミドベクターを培養細胞に導入し、よりクリアカットな振幅を得る。同様にshort life lucieraseは発光色を変化させることができるため、Per2プロモーターも同様に導入し、doubleでの検討を行う。
    これらプラスミドベクターを用いて、皮膚細胞におけるサーカディアンリズムのフェーズシフトの解析を行う。デキサメタゾンで刺激を行い、リズムを形成させたのち、480nm光を照射、リズム変化が生じるのかを検討する。次に480nm光で形成されたサーカディアンリズムに対してデキサメタゾンを添加し、これによりリズム変化が生じるのかを検討する。いずれも暗室下で振動刺激を避けながら行う必要があり、このため、厳密なネガティブコントロールをセッティングする必要がある。

  7. 皮膚の光シグナル変換機序の解明とその機能の探索

    研究課題/研究課題番号:16K11366  2016年04月 - 2019年03月

    榊原 俊介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ヒトの皮膚は他の哺乳類と異なり、大半が無毛であるため体の組織の中で最も外界の光を受容する。われわれはヒトの皮膚が光を受容した場合、その光シグナルが細胞内シグナルへと変換され、利用されるのかを探った。これまでにわれわれはOPN4という光受容タンパク質が皮膚に発現していることを明らかとしたが、本研究ではこのOPN4を介して受容した光シグナルが細胞内シグナルへと変換された結果、1) 細胞内カルシウム濃度の上昇、2) ERK1/2のリン酸化の光量依存的亢進、3) サーカディアンリズムの形成 を行うことを明らかとした。
    これまでヒトの体内で光シグナルを細胞内シグナルに変換する器官は網膜のみとされてきた。一方で皮膚は体表を覆い最大の組織である。この皮膚において光受容機序を明らかとした。変換されたシグナルの表現形の一つはサーカディアンリズムであるが、われわれは現在、これはいくつかの表現形のうちの一つであると考えている。ERKのリン酸化の亢進は細胞増殖シグナルとリンクしており、光照射により細胞増殖を制御できる可能性も示した。これまで創傷治癒に対して様々な波長の光線を照射することが提案されてきたが、われわれの研究成果は根拠を持って波長選択的に光照射を行うことの意義を示唆するものである。今後の医療への応用が期待される。

  8. 動静脈奇形における新生血管の分子制御機構 ~病的血管はいかに新生するか?~

    研究課題/研究課題番号:16K11365  2016年04月 - 2019年03月

    野村 正

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    手術検体で得られた動静脈奇形標本から培養細胞を得た.これらから抽出したRNAをマイクロアレイで網羅的に検討し,さらに免疫組織学的検討を行ったところ,selectin-P(SELP)においてヒト正常動脈由来血管内皮細胞ならびにヒト臍帯静脈由来血管内皮細胞よりも高い発現を認めた.還流培養においては培養液の流動方向には広がらずむしろ逆行する様式で培養細胞が増殖する結果となった.SELPは体表のAVMの異常血管増殖に関与している可能性が高いと考えられた.培養液の流れに逆らって細胞が増殖したことから,流動が細胞増殖に何らかの影響を与えていることが判明した.
    動静脈奇形は臨床上治療困難とされる脈管奇形の一つであり,今回の結果でその増殖因子の一つが解明でき,薬物療法を含めた治療法の開発に寄与できる可能性がある.また流動刺激に逆行して細胞が増殖していたことから,血流をコントロールすることで増殖を抑制できる可能性が示唆される結果となり,これについても治療に応用できる可能性が示された.

  9. 定量的タンパク質発現解析を利用したミクロ解剖学アトラスの開発

    研究課題/研究課題番号:25670750  2013年04月 - 2016年03月

    橋川 和信

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    ラット脳よりmRNAを抽出し、PCR法によりラット(Wistar系)Hn-1遺伝子の一部を増幅した。塩基配列解析を行い、これが既知のHn-1遺伝子と相同であることを確認したのち、本PCR断片をプラスミドベクターに挿入、これを鋳型としてcRNAプローブを作成した。このcRNAプローブを用いて片側の顔面神経損傷後のラット脳切片に対してin situ hybridizationをおこなった。損傷側の顔面神経核領域および三叉神経核(手術操作による損傷と考えられる)におけるHn-1mRNAの発現が示唆された。

  10. 血管奇形悪化機序の解明 ~成長ホルモン受容体を巡って~

    研究課題/研究課題番号:25462790  2013年04月 - 2016年03月

    野村 正

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    動静脈奇形の増殖機序に関して,成長ホルモン受容体(GHR)が高率に発現していることが報告されているが,免疫組織学的,生化学的手法を用いた本研究の検討からは,GHRの関与は否定的であった。一方,動静脈奇形由来の血管内皮細胞(AVMVEC)の増殖能はヒト臍帯由来血管内皮細胞と同程度と極めて高く,AVMVECの増殖には何らかの内因性もしくは外因性因子の関与が示唆される結果となった。

  11. ワイヤーミオグラフシステムによる血管抗攣縮薬の薬理学的作用と力価の決定

    研究課題/研究課題番号:24659784  2012年04月 - 2014年03月

    榊原 俊介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    マイクロサージャリーをもちいた遊離組織移植術では、術中の血管閉塞(攣縮)を防ぐためにリドカインの撒布が広く行われてきた。一方で、その至適濃度について、薬理学的な実験的事実に基づいた知見はなかった。われわれはワイヤーミオグラフシステムを用いることで血管の弛緩・収縮を数値化させ、リドカインの至適濃度の検討を行った。また、リドカイン単剤では十分な抗攣縮作用が得られない場合があるため、他の薬剤での検討も行った。その結果、塩酸パパベリン、フェントラミンメシル酸塩、オルプリン塩酸塩、ニトログリセリンにおいて抗攣縮作用を濃度依存的に認めた。以上より、これらの薬剤も抗攣縮薬として使用されうる。

  12. 顔面神経-舌下神経クロスリンク型神経移植術における神経回路再構築の機序を探る

    研究課題/研究課題番号:22591993  2010年 - 2012年

    橋川 和信

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    顔面神経麻痺への外科的治療の一つとして、クロスリンク手術が挙げられる。われわれは本手術での軸索挙動を解析する為に体細胞が GFP 標識された実験動物を利用し、拒絶反応を起こさせずに非標識のグラフトを移植するモデルの作成を目標に置いた。このため、神経グラフトの脱細胞化の評価、比較を行った。ラットより採取された坐骨神経を高張塩溶液法、界面活性剤法、凍結融解法によりそれぞれ脱細胞化を行った。これらを組織学的に評価した所、モデル動物において口径 1mm 程度の神経グラフトを要するクロスリンク手術では、高張塩溶液法による脱細胞化神経は免疫学的および強度的に適していると考えられた

  13. リンパ管内皮細胞の分子生物学的解析~プロスタノイドレセプターを巡って~

    研究課題/研究課題番号:22591992  2010年 - 2012年

    野村 正

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    リンパ管-静脈吻合術中に切除されたリンパ管断端を対象とした。通常、血管の収縮・拡張機能に関与しているとされるプロスタノイドレセプター5種類(TP,IP,EP2,EP4,DP1)に対する抗体を用いてこれらの発現を組織学的に検討した。いずれのプロスタノイドレセプターもリンパ管における発現が認められた。発現様式は動脈と相同であった。プロスタノイドレセプターはこれまでに9種類が同定されており、そのうち今回検討を行った5種類は正常血管の収縮・拡張に関与しているとされている。リンパ管でも同様にこれらの発現が認められた。また動脈と同様の発現形態をしめした事より、プロスタノイドはリンパ管運動に影響する可能性が示唆された。

  14. PVAハイドロジェルを基材とした新しい小口径人工血管の開発

    研究課題/研究課題番号:22659322  2010年 - 2011年

    田原 真也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    PVAにより作成された口径3mmの人工血管を用いてラットの腹部大動脈に移植した。術直後、内腔は開存しており、血圧に同期した血管の拍動を認めたが数日の後、移植血管は全て閉塞した。本研究結果を踏まえ、また文献を併せた考察により、やはり血管内皮細胞の定着が必須であると考え、内皮細胞の定着の有無を検討するためにPVAチューブと血管内皮細胞とを回転培養させた結果、定着しない事が明らかとなった。そこでPVAによるマテリアルの作成過程においてコラーゲンのフラグメントを埋入したものと血管内皮細胞を回転培養したところ、内皮細胞の定着が認められた。加えて血管平滑筋細胞も同様に回転培養を行った結果、平滑筋細胞の定着も認められた。

  15. リンパ管内皮細胞の分子生物学的解析~プロスタノイドレセプターを巡って~

    2010年

    科学研究費補助金/基盤研究(C) 

    野村 正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  16. PVAハイドロジェルを基材とした新しい小口径人工血管の開発

    2010年

    科学研究費補助金/萌芽研究 

    田原 真也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  17. 顔面神経―舌下神経クロスリンク型神経移植術における神経回路再構築の機序を探る

    2010年

    科学研究費補助金/基盤研究(C) 

    橋川 和信

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  18. 銀イオンが創傷治癒に及ぼす影響の分子生物学的解析.創傷治癒を促進させるか

    研究課題/研究課題番号:21592286  2009年 - 2011年

    皐月 玲子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    銀粒子や銀イオンは細菌の増殖を抑制する、または殺菌効果がある事は古くから知られていた。近年では銀イオンを添加した外用薬や創傷被覆材が開発され、注目を集めているが、銀イオンが持つ細胞毒性により創傷治癒の阻害を示唆する報告もある。一方で本邦では細胞増殖因子(bFGF)を有効成分とする製剤も開発された。bFGF製剤と銀イオン製剤とを組み合わせた場合のこれらの相互作用についての知見は皆無である。われわれは塩化銀溶液およびbFGFを単独または併せて添加し、ヒト線維芽細胞を培養した。その結果、(1)低濃度での銀イオンは細胞増殖に影響を及ぼさないが、高濃度では細胞毒性を有する。(2) bFGFの付加は銀イオンによる細胞毒性を緩和する可能性がある。(3)銀イオンはbFGFになんらかの作用をするが、これらの相乗効果により細胞毒性は高められる。ことが示唆された。

  19. がん研究「がん外科治療における形成再建外科標準術式の確立に関する研究」

    2009年

    橋川 和信

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  20. 銀イオンが創傷治癒機転に及ぼす影響の分子生物学的解析-創傷治癒を促進させるか-

    2009年

    科学研究費補助金/基盤研究(C) 

    皐月 玲子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  21. 脱細胞化神経をバイオスキャフォールドとする新しいハイブリッド型人工神経の開発

    研究課題/研究課題番号:20390456  2008年 - 2010年

    寺師 浩人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    我々は高張電解質溶液を用いた新しい脱細胞化方法を確立した。本方法を用いて神経を脱細胞化したものを組織学的に評価したところ、高い効率で脱細胞化が見られたが、細胞外マトリクスの破壊は軽度であった。これを実験動物に移植したのちに2ヶ月後に採取し、組織学的検討を行ったところ、シュワン細胞の浸潤をみとめ、また軸索の再生を認めた。再生軸索は有髄線維であった。本方法により確立された脱細胞化神経は有用な神経再生の足場となること明らかとなった。

  22. 脱細胞化神経をバイオスキャフォールドとする新しいハイブリッド型人工神経の開発

    2008年

    科学研究費補助金/基盤研究(B) 

    寺師 浩人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  23. 顔面神経麻痺への顔面神経-舌下神経クロスリンク型神経移植術における神経科学的研究

    研究課題/研究課題番号:19592075  2007年 - 2010年

    橋川 和信

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    顔面神経麻痺に対する神経学的手術治療として、cross-link手術(顔面神経-舌下神経間を移植神経でバイパスする)が開発された。本手術法は臨床面で一定の効果をみるが、その神経学的メカニズムは解明されていない。われわれはラットcross-link型神経移植モデルを作成し、順行性および逆行性トレーサー法を用いて神経回路解析を行った。順行性トレーサー法にて舌下神経線維が顔面神経束へ誘導されることを示した。逆行性トレーサー法では顔面神経核より発した軸索が舌下神経束へ誘導されていることを示した。以上よりcross-link型神経移植を行うことで顔面神経・舌下神経の神経回路交叉が行われることを示した。

  24. ラット遊離筋弁移植モデルを用いた運動・知覚神経交差再生による筋萎縮予防効果の解明

    研究課題/研究課題番号:19390453  2007年 - 2008年

    田原 真也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    遊離筋皮弁などによる再建を行うにあたり、筋を支配する運動神経を切断したことに続発する筋の萎縮は思わぬ変形・機能喪失を来たす場合がある。臨床ではこの様な場合において如何に筋の萎縮を抑えることができるか、は重要な課題となる。本研究では動物実験モデルを利用して、いくつかの切断後の神経の修復方法とそれぞれの間での筋体萎縮予防効果に関して検討を行った。知覚神経あるいは端側神経縫合を介した他の運動神経による交叉支配により、脱神経後の筋体量を維持できることが示された。自家遊離移植後の筋体萎縮予防は臨床上、大きな課題となるが、手術手技の単純な工夫によって予防できる可能性が強く示唆された。

  25. 脱細胞血管をスキャフォールドとした小口径人工血管モデルの作製

    研究課題/研究課題番号:19659465  2007年 - 2008年

    萌芽研究

    田原 真也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、脱細胞化した同種血管をスキャホールドとして用いる小口径人工血管モデルの作製を目的としている。これまで界面活性剤法や凍結融解法により脱細胞化した小口径血管や化学合成物による小口径血管の開発が試みられてきたが、得られたマテリアルの抗原性や脆弱性、血栓形成性の壁に阻まれて実用化には至っていない。われわれは既存の方法を用いず新たな方法により血管の脱細胞化に成功した(特許申請中)。
    ラットより採取した腹部大動脈を新規の方法にて脱細胞化し、これを他の個体に顕微鏡下で腹部大動脈に吻合・移植した。1週間後および1ヵ月後に移植片を採取し、組織学的検討を行ったところ、以下の結果が得られた。(1)HE染色により、確かに脱細胞化が行われていることが確認された。(2)移植後1週目および1ヶ月目において血管の開存が認められた。(3)内皮細胞マーカーである抗vWF抗体および血管平滑筋細胞マーカーである抗α-SMA抗体による免疫染色の結果、約1週目にはvWF陽性および非陽性細胞が人工血管壁に浸潤している様子が観察された。(4)約1ヵ月後には血管内皮細胞と血管平滑筋細胞の層構築が正常血管を模して形成されていることが確認された。
    以上より、われわれが開発した新しい脱細胞化血管は物性的にも十分な強度が得られ、生物互換性も高く、有用な代替血管となることが示唆された。

  26. ラット遊離筋弁移植モデルを用いた運動・知覚神経交差再生による筋萎縮予防効果の解明

    2007年

    科学研究費補助金/基盤研究(B) 

    田原 真也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  27. 顔面神経麻痺への顔面神経―舌下神経クロスリンク型神経移植術における神経科学的研究

    2007年

    科学研究費補助金/基盤研究(C) 

    橋川 和信

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  28. 脱細胞血管をスキャフォールドとした小口径人工血管モデルの作製

    2007年

    科学研究費補助金/萌芽研究 

    田原 真也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

産業財産権 1

  1. 高張電解質溶液による生体組織の脱細胞化処理方法

    榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也, 石田 泰久

     詳細を見る

    出願人:大学長

    出願番号:特願2010-030777  出願日:2010年2月16日

    特許番号/登録番号:特許5610268  発行日:2014年9月12日