2021/04/07 更新

写真a

ヤマウチ タカキ
山内 卓樹
YAMAUCHI Takaki
所属
生物機能開発利用研究センター 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(農学) ( 2009年9月   千葉大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 環境ストレス耐性

  2. 環境適応

  3. 収量・バイオマス

研究分野 1

  1. 環境・農学 / 遺伝育種科学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 作物の収量性やバイオマスに関連する根の解剖学的形質の解析

  2. 作物の環境ストレス耐性に貢献する根の解剖学的形質の解析

  3. 野生植物の適応形質の探索と制御機構の解析

経歴 7

  1. 名古屋大学   生物機能開発利用研究センター   准教授

    2021年1月 - 現在

  2. 国立研究開発法人 科学技術振興機構 (JST)   戦略的創造研究推進事業 (さきがけ)   研究員

    2017年10月 - 現在

  3. 東京大学   大学院農学生命科学研究科   研究員

    2017年4月 - 2017年9月

  4. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   研究員

    2015年4月 - 2017年3月

  5. 日本学術振興会   特別研究員(PD)   研究員

    2012年4月 - 2015年3月

  6. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   研究員

    2011年4月 - 2012年3月

  7. 東京大学   大学院農学生命科学研究科   研究員

    2009年4月 - 2011年3月

▼全件表示

学歴 3

  1. 千葉大学   大学院自然科学研究科   多様性科学専攻

    2006年4月 - 2009年9月

  2. 千葉大学   自然科学研究科   生物資源科学専攻

    2004年4月 - 2006年3月

  3. 千葉大学   園芸学部   生物生産科学科

    2000年4月 - 2004年3月

所属学協会 3

  1. 日本育種学会

  2. 日本植物生理学会

  3. 根研究学会

委員歴 4

  1. 根研究学会   評議員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. Plants誌   Associate Editor  

    2020年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. Frontiers in Plant Science誌   Associate Editor  

    2019年2月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. Plant Root誌   Subject Editor  

    2018年4月 - 現在   

受賞 9

  1. 文部科学大臣表彰若手科学者賞

    2021年4月   文部科学省   植物の耐湿性に貢献する根の通気組織を対象とした多角的研究

  2. 農学進歩賞

    2019年11月   公益財団法人 農学会   イネ科植物の環境適応に貢献する根の解剖学的形質に関する研究.

    山内 卓樹

  3. Young Scientist Award

    2013年10月   International Society for Plant Anaerobiosis  

    Takaki Yamauchi

  4. 根研究学会賞 学術奨励賞

    2014年9月   根研究学会   イネ科植物の根を対象にした過湿環境に対する応答・適応機構の研究.

    山内卓樹

  5. 日本育種学会第122回講演会優秀発表賞

    2012年9月   日本育種学会   コムギの根における通気組織形成と過湿ストレス耐性の評価.

    山内卓樹, 渡邊宏太郎, 高橋宏和, 安倍史高, 川口健太郎, 小柳敦史, 中園幹生

  6. 日本育種学会第121回講演会優秀発表賞

    2012年3月   日本育種学会   根の通気組織形成能が低下したイネrcn1変異体におけるエチレン生合成.

    山内卓樹, 塩野克宏, 高牟禮逸朗, 森仁志, 堤伸浩, 加藤清明, 中園幹生

  7. The Best Poster Award

    2011年11月   The 10th Tunisia-Japan Symposium on Society, Science and Technology   Study of aerenchyma formation in maize roots during waterlogged conditions.

    Imene Rajhi, Takaki Yamauchi, Hirokazu Takahashi, Shunsaku Nishiuchi, Katsuhiro Shiono, Ryosuke Watanabe, Ahmed Mliki, Yoshiaki Nagamura, Nobuhiro Tsutsumi, Naoko K Nishizawa, Mikio Nakazono

  8. 日本育種学会第120回講演会優秀発表賞

    2011年9月   日本育種学会   rcn1変異体を用いたイネの根の通気組織形成遺伝子の発現解析.

    山内卓樹, 塩野克宏, 高牟禮逸朗, 長村吉晃, 堤伸浩, 西澤直子, 加藤清明, 中園幹生

  9. 日本育種学会第118回講演会優秀発表賞

    2010年9月   日本育種学会   マイクロアレイによるイネの根の通気組織形成に関わる分子機構の解析.

    山内卓樹, 塩野克宏, 安彦友美, Rajhi Imene, 高牟禮逸朗, 長村吉晃, 堤伸浩, 加藤清明, 中園幹生

▼全件表示

 

論文 29

  1. Key root traits of Poaceae for adaptation to soil water gradients 査読有り 国際共著 国際誌

    Yamauchi Takaki, Pedersen Ole, Nakazono Mikio, Tsutsumi Nobuhiro

    NEW PHYTOLOGIST   229 巻 ( 6 ) 頁: 3133 - 3140   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:New Phytologist  

    DOI: 10.1111/nph.17093

    Web of Science

    Scopus

  2. Climate-smart crops: key root anatomical traits that confer flooding tolerance 招待有り 査読有り 国際誌

    Yamauchi Takaki, Noshita Koji, Tsutsumi Nobuhiro

    BREEDING SCIENCE   71 巻 ( 1 ) 頁: 51 - 61   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Breeding Science  

    <p>Plants require water, but a deficit or excess of water can negatively impact their growth and functioning. Soil flooding, in which root-zone is filled with excess water, restricts oxygen diffusion into the soil. Global climate change is increasing the risk of crop yield loss caused by flooding, and the development of flooding tolerant crops is urgently needed. Root anatomical traits are essential for plants to adapt to drought and flooding, as they determine the balance between the rates of water and oxygen transport. The stele contains xylem and the cortex contains aerenchyma (gas spaces), which respectively contribute to water uptake from the soil and oxygen supply to the roots; this implies that there is a trade-off between the ratio of cortex and stele sizes with respect to adaptation to drought or flooding. In this review, we analyze recent advances in the understanding of root anatomical traits that confer drought and/or flooding tolerance to plants and illustrate the trade-off between cortex and stele sizes. Moreover, we introduce the progress that has been made in modelling and fully automated analyses of root anatomical traits and discuss how key root anatomical traits can be used to improve crop tolerance to soil flooding.</p>

    DOI: 10.1270/jsbbs.20119

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  3. Distance-to-time conversion using Gompertz model reveals age-dependent aerenchyma formation in rice roots 査読有り 国際誌

    Yamauchi Takaki, Nakazono Mikio, Inukai Yoshiaki, Tsutsumi Nobuhiro

    PLANT PHYSIOLOGY   183 巻 ( 4 ) 頁: 1424 - 1427   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plant Physiology  

    DOI: 10.1104/pp.20.00321

    Web of Science

    Scopus

  4. Fine control of aerenchyma and lateral root development through AUX/IAA- and ARF-dependent auxin signaling 査読有り 国際誌

    Yamauchi Takaki, Tanaka Akihiro, Inahashi Hiroki, Nishizawa Naoko K., Tsutsumi Nobuhiro, Inukai Yoshiaki, Nakazono Mikio

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   116 巻 ( 41 ) 頁: 20770 - 20775   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America  

    DOI: 10.1073/pnas.1907181116

    Web of Science

    Scopus

  5. Root cortex provides a venue for gas-space formation and is essential for plant adaptation to waterlogging 招待有り 査読有り 国際誌

    Yamauchi Takaki, Abe Fumitaka, Tsutsumi Nobuhiro, Nakazono Mikio

    FRONTIERS IN PLANT SCIENCE   10 巻   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Plant Science  

    DOI: 10.3389/fpls.2019.00259

    Web of Science

    Scopus

  6. Regulation of root traits for internal aeration and tolerance to soil waterlogging-flooding stress 招待有り 査読有り 国際共著 国際誌

    Yamauchi Takaki, Colmer Timothy D., Pedersen Ole, Nakazono Mikio

    PLANT PHYSIOLOGY   176 巻 ( 2 ) 頁: 1118 - 1130   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plant Physiology  

    DOI: 10.1104/pp.17.01157

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. An NADPH oxidase RBOH functions in rice roots during lysigenous aerenchyma formation under oxygen-deficient conditions 査読有り 国際誌

    Yamauchi Takaki, Yoshioka Miki, Fukazawa Aya, Mori Hitoshi, Nishizawa Naoko K., Tsutsumi Nobuhiro, Yoshioka Hirofumi, Nakazono Mikio

    PLANT CELL   29 巻 ( 4 ) 頁: 775 - 790   2017年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plant Cell  

    DOI: 10.1105/tpc.16.00976

    Web of Science

    Scopus

  8. Targeted gene disruption of ATP synthases 6‐1 and 6‐2 in the mitochondrial genome of Arabidopsis thaliana by mitoTALENs 査読有り 国際誌

    Shin‐ichi Arimura, Hiroki Ayabe, Hajime Sugaya, Miki Okuno, Yoshiko Tamura, Yu Tsuruta, Yuta Watari, Shungo Yanase, Takaki Yamauchi, Takehiko Itoh, Atsushi Toyoda, Hideki Takanashi, Nobuhiro Tsutsumi

    THE PLANT JOURNAL   104 巻 ( 6 ) 頁: 1457 - 1458   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/tpj.15097

  9. A role for auxin in ethylene-dependent inducible aerenchyma formation in rice roots 招待有り 査読有り 国際誌

    Yamauchi Takaki, Tanaka Akihiro, Tsutsumi Nobuhiro, Inukai Yoshiaki, Nakazono Mikio

    PLANTS-BASEL   9 巻 ( 5 )   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plants  

    DOI: 10.3390/plants9050610

    Web of Science

    Scopus

  10. OsPIN2, which encodes a member of the auxin efflux carrier proteins, is involved in root elongation growth and lateral root formation patterns via the regulation of auxin distribution in rice 査読有り 国際誌

    Inahashi Hiroki, Shelley Israt J., Yamauchi Takaki, Nishiuchi Shunsaku, Takahashi-Nosaka Misuzu, Matsunami Maya, Ogawa Atsushi, Noda Yusaku, Inukai Yoshiaki

    PHYSIOLOGIA PLANTARUM   164 巻 ( 2 ) 頁: 216 - 225   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physiologia Plantarum  

    DOI: 10.1111/ppl.12707

    Web of Science

    Scopus

  11. METALLOTHIONEIN genes encoding ROS scavenging enzymes are down-regulated in the root cortex during inducible aerenchyma formation in rice 招待有り 査読有り 国際誌

    Yamauchi Takaki, Fukazawa Aya, Nakazono Mikio

    PLANT SIGNALING & BEHAVIOR   12 巻 ( 11 )   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plant Signaling and Behavior  

    DOI: 10.1080/15592324.2017.1388976

    Web of Science

    Scopus

  12. Ethylene-dependent aerenchyma formation in adventitious roots is regulated differently in rice and maize 査読有り 国際誌

    Yamauchi Takaki, Tanaka Akihiro, Mori Hitoshi, Takamure Itsuro, Kato Kiyoaki, Nakazono Mikio

    PLANT CELL AND ENVIRONMENT   39 巻 ( 10 ) 頁: 2145 - 2157   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pce.12766

    Web of Science

  13. Ethylene Biosynthesis Is Promoted by Very-Long-Chain Fatty Acids during Lysigenous Aerenchyma Formation in Rice Roots 招待有り 査読有り 国際誌

    Yamauchi Takaki, Shiono Katsuhiro, Nagano Minoru, Fukazawa Aya, Ando Miho, Takamure Itsuro, Mori Hitoshi, Nishizawa Naoko K., Kawai-Yamada Maki, Tsutsumi Nobuhiro, Kato Kiyoaki, Nakazono Mikio

    PLANT PHYSIOLOGY   169 巻 ( 1 ) 頁: 180 - +   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.15.00106

    Web of Science

  14. Gene Expression Profiles in Jatropha Under Drought Stress and During Recovery 査読有り 国際誌

    Cartagena Joyce A., Seki Motoaki, Tanaka Maho, Yamauchi Takaki, Sato Shusei, Hirakawa Hideki, Tsuge Takashi

    PLANT MOLECULAR BIOLOGY REPORTER   33 巻 ( 4 ) 頁: 1075 - 1087   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11105-014-0815-0

    Web of Science

  15. The rice RCN11 gene encodes beta 1,2-xylosyltransferase and is required for plant responses to abiotic stresses and phytohormones 査読有り 国際誌

    Takano Sho, Matsuda Shuichi, Funabiki Atsushi, Furukawa Jun-ichi, Yamauchi Takaki, Tokuji Yoshihiko, Nakazono Mikio, Shinohara Yasuro, Takamure Itsuro, Kato Kiyoaki

    PLANT SCIENCE   236 巻   頁: 75 - 88   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.plantsci.2015.03.022

    Web of Science

  16. Transcript profiles in cortical cells of maize primary root during ethylene-induced lysigenous aerenchyma formation under aerobic conditions 査読有り 国際共著 国際誌

    Takahashi Hirokazu, Yamauchi Takaki, Rajhi Imene, Nishizawa Naoko K., Nakazono Mikio

    ANNALS OF BOTANY   115 巻 ( 6 ) 頁: 879 - 894   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/aob/mcv018

    Web of Science

  17. Biochemical and molecular characterization of rice (Oryza sativa L.) roots forming a barrier to radial oxygen loss 査読有り 国際誌

    Kulichikhin Konstantin, Yamauchi Takaki, Watanabe Kohtaro, Nakazono Mikio

    PLANT CELL AND ENVIRONMENT   37 巻 ( 10 ) 頁: 2406 - 2420   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pce.12294

    Web of Science

  18. Microarray analysis of laser-microdissected tissues indicates the biosynthesis of suberin in the outer part of roots during formation of a barrier to radial oxygen loss in rice (Oryza sativa) 査読有り 国際共著 国際誌

    Shiono Katsuhiro, Yamauchi Takaki, Yamazaki So, Mohanty Bijayalaxmi, Malik Al Imran, Nagamura Yoshiaki, Nishizawa Naoko K., Tsutsumi Nobuhiro, Colmer Timothy D., Nakazono Mikio

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL BOTANY   65 巻 ( 17 ) 頁: 4795 - 4806   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jxb/eru235

    Web of Science

  19. The MET1b gene encoding a maintenance DNA methyltransferase is indispensable for normal development in rice 査読有り 国際誌

    Yamauchi Takaki, Johzuka-Hisatomi Yasuyo, Terada Rie, Nakamura Ikuo, Iida Shigeru

    PLANT MOLECULAR BIOLOGY   85 巻 ( 3 ) 頁: 219 - 232   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11103-014-0178-9

    Web of Science

  20. Ethylene and reactive oxygen species are involved in root aerenchyma formation and adaptation of wheat seedlings to oxygen-deficient conditions 査読有り 国際誌

    Yamauchi Takaki, Watanabe Kohtaro, Fukazawa Aya, Mori Hitoshi, Abe Fumitaka, Kawaguchi Kentaro, Oyanagi Atsushi, Nakazono Mikio

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL BOTANY   65 巻 ( 1 ) 頁: 261 - 273   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jxb/ert371

    Web of Science

  21. Strigolactone and Cytokinin Act Antagonistically in Regulating Rice Mesocotyl Elongation in Darkness 査読有り 国際共著 国際誌

    Hu Zhongyuan, Yamauchi Takaki, Yang Jinghua, Jikumaru Yusuke, Tsuchida-Mayama Tomoko, Ichikawa Hiroaki, Takamure Itsuro, Nagamura Yoshiaki, Tsutsumi Nobuhiro, Yamaguchi Shinjiro, Kyozuka Junko, Nakazono Mikio

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   55 巻 ( 1 ) 頁: 30 - 41   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pct150

    Web of Science

  22. Adventitious roots of wheat seedlings that emerge in oxygen-deficient conditions have increased root diameters with highly developed lysigenous aerenchyma 査読有り 国際誌

    Takaki Yamauchi, Fumitaka Abe, Kentaro Kawaguchi, Atsushi Oyanagi, Mikio Nakazono

    Plant Signaling and Behavior   9 巻   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Landes Bioscience  

    Exposing roots of plants to hypoxic conditions is known to greatly improve their anoxic stress tolerance. We previously showed that pre-treatment of wheat seedlings with an ethylene precursor, 1-aminocyclopropanecarboxylic acid (ACC), enhanced their tolerance of oxygen-deficient conditions. Although ACC-pretreated seminal roots of wheat seedlings grown under oxygen-deficient conditions avoided root tip death, they elongated very little. In the present study, we assessed the effects of ethylene on the responses of adventitious roots of wheat seedlings to oxygen-deficient conditions. Lysigenous aerenchyma formation in the adventitious roots of wheat seedlings pretreated with ACC appeared to reduce tip death under oxygen-deficient conditions, but the adventitious roots, like the seminal roots, hardly elongated. We also found that adventitious roots that emerge in oxygen-deficient conditions continued to elongate even under such conditions. The adventitious roots emerged in oxygen-deficient conditions were found to have thicker root diameters than those emerged in aerated conditions. These results suggest that the adventitious roots with thicker root diameters can better cope with oxygen-deficient conditions. Measurements of the area of the lysigenous aerenchyma confirmed that the increased root diameters have a greater amount of air space generated by lysigenous aerenchyma formation. © 2014 Landes Bioscience.

    DOI: 10.4161/psb.28506

    Scopus

    PubMed

  23. Aerenchyma formation in crop species: A review 招待有り 査読有り 国際誌

    Yamauchi Takaki, Shimamura Satoshi, Nakazono Mikio, Mochizuki Toshihiro

    FIELD CROPS RESEARCH   152 巻   頁: 8 - 16   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fcr.2012.12.008

    Web of Science

  24. Screening of candidate genes associated with constitutive aerenchyma formation in adventitious roots of the teosinte Zea nicaraguensis 査読有り 国際誌

    Tomomi Abiko, Mitsuhiro Obara, Fumitaka Abe, Kentaro Kawaguchi, Atsushi Oyanagi, Takaki Yamauchi, Mikio Nakazono

    Plant Root   6 巻   頁: 19 - 27   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Zea nicaraguensis (teosinte), a wild relative of maize (Zea mays ssp. mays), constitutively forms aerenchyma, which contributes to plant waterlogging tolerance, in the root cortex in drained soil, whereas maize (inbred line Mi29) does not. One with highest logarithm of odds (LOD) among quantitative trait loci (QTLs) that control constitutive aerenchyma formation in Z. nicaraguensis is Qaer1.05-6 on chromosome 1. Here, we attempted to identify genes in Qaer1.05-6 by comparing cDNA libraries from Mi29, Z. nicaraguensis and a line BC4F1 #62 carrying Qaer1.05-6. We first confirmed that constitutive aerenchyma formation was apparently observed in the order Z. nicaraguensis &gt
    BC4F1 #62 &gt
    Mi29. Contigs were assembled from cDNAs pooled from the three lines. We identified 1,868 contigs in the region on chromosome 1 that contained Qaer1.05-6. These contigs were screened for contigs that were predominantly composed of cDNAs from BC4F1 #62 and Z. nicaraguensis (no more than 10% of cDNAs from Mi29). Twenty-one such contigs were found and the genes they encoded were identified. In a real-time reverse transcription-polymerase chain reaction (RTPCR) analysis, expression of six of these genes in BC4F1 #62 was at least double that in Mi29, making them candidates for genes associated with constitutive aerenchyma formation. © 2012, Plant Root (JSRR).

    DOI: 10.3117/plantroot.6.19

    Scopus

  25. Mechanisms for coping with submergence and waterlogging in rice 招待有り 査読有り 国際誌

    Nishiuchi Shunsaku, Yamauchi Takaki, Takahashi Hirokazu, Kotula Lukasz, Nakazono Mikio

    RICE   5 巻 ( 1 ) 頁: 2   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1939-8433-5-2

    Web of Science

    PubMed

  26. Lysigenous aerenchyma formation in maize root is confined to cortical cells by regulation of genes related to generation and scavenging of reactive oxygen species. 査読有り 国際誌

    Yamauchi T, Rajhi I, Nakazono M

    Plant signaling & behavior   6 巻 ( 5 ) 頁: 759 - 61   2011年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4161/psb.6.5.15417

    PubMed

  27. Identification of genes expressed in maize root cortical cells during lysigenous aerenchyma formation using laser microdissection and microarray analyses 招待有り 査読有り 国際共著 国際誌

    Rajhi Imene, Yamauchi Takaki, Takahashi Hirokazu, Nishiuchi Shunsaku, Shiono Katsuhiro, Watanabe Ryosuke, Mliki Ahmed, Nagamura Yoshiaki, Tsutsumi Nobuhiro, Nishizawa Naoko K., Nakazono Mikio

    NEW PHYTOLOGIST   190 巻 ( 2 ) 頁: 351 - 368   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1469-8137.2010.03535.x

    Web of Science

  28. Homologous recombination-mediated knock-in targeting of the MET1a gene for a maintenance DNA methyltransferase reproducibly reveals dosage-dependent spatiotemporal gene expression in rice 査読有り 国際誌

    Takaki Yamauchi, Yasuyo Johzuka-Hisatomi, Sachiko Fukada-Tanaka, Rie Terada, Ikuo Nakamura, Shigeru Iida

    PLANT JOURNAL   60 巻 ( 2 ) 頁: 386 - 396   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC  

    Although homologous recombination-promoted knock-in targeting to monitor the expression of a gene by fusing a reporter gene with its promoter is routine practice in mice, gene targeting to modify endogenous genes in flowering plants remains in its infancy. In the knock-in targeting, the junction sequence between a reporter gene and an endogenous target promoter can be designed properly, and transgenic plants carrying an identical and desired knock-in allele can be repeatedly obtained. By employing a reproducible gene-targeting procedure with positive-negative selection in rice, we were able to obtain fertile transgenic knock-in plants with the promoterless GUS reporter gene encoding beta-glucuronidase fused with the endogenous promoter of MET1a, one of two rice MET1 genes encoding a maintenance DNA methyltransferase. All of the primary (T(0)) transgenic knock-in plants obtained were found to carry only one copy of GUS, with the anticipated structure in the heterozygous condition, and no ectopic events associated with gene targeting could be detected. We showed the reproducible, dosage-dependent and spatiotemporal expression of GUS in the selfed progenies of independently isolated knock-in targeted plants. The results in knock-in targeted plants contrast sharply with the results in transgenic plants with the MET1a promoter-fused GUS reporter gene integrated randomly in the genome: clear interindividual variation of GUS expression was observed among independently obtained plants bearing the randomly integrated transgenes. As our homologous recombination-mediated gene-targeting strategy with positive-negative selection is, in principle, applicable to modify any endogenous gene, knock-in targeting would facilitate basic and applied plant research.

    DOI: 10.1111/j.1365-313X.2009.03947.x

    Web of Science

  29. Alternative splicing of the rice OsMET1 genes encoding maintenance DNA methyltransferase 査読有り 国際誌

    Takaki Yamauchi, Satoru Moritoh, Yasuyo Johzuka-Hisatomi, Akemi Ono, Rie Terada, Ikuo Nakamura, Shigeru Iida

    JOURNAL OF PLANT PHYSIOLOGY   165 巻 ( 17 ) 頁: 1774 - 1782   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER GMBH, URBAN & FISCHER VERLAG  

    While the Arabidopsis genome carries one copy of the methyltransferase 1 (MET1) gene for DNA methyltransferase, which is mainly responsible for maintaining CpG methylation, the rice genome bears two copies of the MET1 genes, OsMET1a and OsMET1b. The transcripts of OsMET1b accumulate more abundantly than those of OsMET1a in all of the tissues examined, and both genes actively transcribed at the callus, imbibed embryo, root, meristem, young panicle, anther, pistil, and endosperm, all of which contain actively dividing cells. The OsMET1a transcripts contain two 5&apos;-untranslated exons and alternatively spliced 3&apos;-terminal exons. The alternatively spliced transcripts consist of 14, 15, or 16 exons, and all of them encode a putative protein of 1527 amino acids. While the 3&apos;-terminal exon of OsMET1b is unique, alternative splicing occurs in the T-terminal regions, which comprise either exons containing 5&apos;-untranslated regions or an exon bearing the initiation codon. Depending upon alternative usage of 5&apos; exons by alternative splicing, the OsMET1b transcripts comprise 11, 12, 13, or 14 exons, and the former two and the tatter two longer transcripts encode putative proteins of 1486 and 1529 amino acids, respectively. Moreover, the 5&apos; splicing patterns of OsMET1b can vary in different tissues. These findings are discussed with respect to the possible regulation of the OsMET1 genes. (C) 2007 Elsevier GmbH. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jplph.2007.12.003

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 9

  1. 農業技術大系・作物編(追録第41号)

    山内卓樹.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: イネが水田で生育するしくみ ―根の解剖学的観点から―)

    農山漁村文化協会  2020年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:基+246の147の2-22   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  2. イネ大事典

    山内卓樹.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: イネが水田で生育するしくみ ―根の解剖学的観点から―)

    農山漁村文化協会  2020年1月  ( ISBN:4540191349

     詳細を見る

    総ページ数:2178   担当ページ:442-462   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

    CiNii Books

    ASIN

  3. 最新農業技術 作物 vol.9: 特集:水田雑草/イネ多収品種 査読有り

    山内卓樹.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: イネの過湿土壌への適応に貢献する根の解剖学的特徴)

    農山漁村文化協会  2017年2月  ( ISBN:4540160583

     詳細を見る

    総ページ数:254   担当ページ:225-240   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

    CiNii Books

    ASIN

  4. 植物学の百科事典 査読有り

    山内卓樹, 星野敦.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 遺伝子のノックアウトとノックダウン.)

    丸善出版  2016年6月  ( ISBN:9784621300381

     詳細を見る

    総ページ数:802   担当ページ:608-609   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

    CiNii Books

  5. 農業技術大系・作物編(追録第38号)

    山内卓樹.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: イネの過湿土壌への適応に貢献する根の解剖学的特徴)

    農文協  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:基+246の147の2~基+246の147の17   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  6. Advances in New Technology for Targeted Modification of Plant Genomes 査読有り

    Yamauchi T, Iida S.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Gene targeting in crop species with effective selection systems.)

    2015年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:91-111   記述言語:英語 著書種別:学術書

  7. Low-Oxygen Stress in Plants 査読有り 国際共著

    Takahashi H, Yamauchi T, Colmer TD, Nakazono M.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Aerenchyma formation in plants)

    Springer  2014年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:247-265   記述言語:英語 著書種別:学術書

  8. 植物のエピジェネティクス : 発生分化、環境適応、進化を制御するDNAとクロマチンの修飾

    定塚(久富)恵世, 星野敦, 森田裕将, 山内卓樹, 朴慶一, 寺田理枝, 森藤暁, 飯田滋.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: アサガオとイネのDNAメチル化と遺伝子発現.)

    秀潤社  2008年4月  ( ISBN:9784879623676

     詳細を見る

    総ページ数:169p   担当ページ:36-43   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  9. Rice Biology in the Genomics Era 査読有り 国際共著

    Johzuka-Hisatomi Y, Maekawa M, Takagi K, Eun C-H, Yamauchi T, Shimatani Z, Ahmed N, Urawa H, Tsugane K, Terada R, Iida S.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Homologous recombination-dependent gene targeting and an active DNA transposon nDart-promoted gene tagging for rice functional genomics.)

    Springer  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC 5

  1. 植物組織の空隙率測定方法―1. 比重瓶法― 査読有り

    島村聡・塩野克宏・山内卓樹  

    根の研究30 巻 ( 1 ) 頁: 8 - 12   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  2. イネ科植物の根における過湿環境への形態的な応答•適応機構. 招待有り 査読有り

    山内卓樹, 中園幹生  

    根の研究24 巻 ( 1 ) 頁: 23 - 35   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  3. イネ科作物の過湿環境への応答を制御する分子機構. 招待有り 査読有り

    山内卓樹, 中園幹生  

    農業および園芸89 巻 ( 10 ) 頁: 1023 - 1029   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  4. 植物の通気組織形成過程におけるメタロチオネインの組織特異的な発現制御. 招待有り 査読有り

    山内卓樹, 西内俊策, 中園幹生  

    生化学84 巻 ( 10 ) 頁: 857 - 862   2012年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  5. メンデルの法則における不完全優性と植物の遺伝子量効果. 招待有り 査読有り

    定塚(久富)恵世, 山内卓樹, 飯田滋  

    生化学83 巻 ( 7 ) 頁: 638 - 642   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等 66

  1. 植物の環境適応と相関する根の解剖学的形質 招待有り

    山内卓樹

    第62回日本植物生理学会年会  2021年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月14日 - 2021年3月16日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  2. ソルガムRIL集団を用いた根のサイズに関するQTL解析

    山内卓樹, 高梨秀樹, 藤本優, 西村明日香, 鐘ヶ江弘美, 矢野健太郎, 岩田洋佳, 坂本亘, 堤伸浩

    日本育種学会第138回講演会  2020年10月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月10日 - 2020年10月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. 多様なイネ科植物に共通する環境依存的な根の発生プロセス 招待有り

    山内卓樹, 中園幹生, 堤伸浩

    第61回日本植物生理学会年会  2020年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月19日 - 2020年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  4. Hormonal control of internal gas-space formation and its adaptive significance. 招待有り 国際会議

    Takaki Yamauchi

    International Symposium on the Future Direction of Plant;Science by Young Researchers  2019年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月16日 - 2019年12月17日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  5. Anatomical adaptations to gradients in soil water of wild species of Poaceae. 国際共著 国際会議

    Takaki Yamauchi, Ole Pedersen, Mikio Nakazono, Nobuhiro Tsutsumi

    13th International Conference on Plant Anaerobiosis  2019年6月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月2日 - 2019年6月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  6. イネのRBOHIを介したROS生成におけるRLCK185とCDPKによる相加的効果

    吉岡美樹, 山口公志, 吉村智美, 野元美佳, 多田安臣, 山内卓樹, 石井陽大, 中園幹生, 川崎 努, 吉岡博文

    令和2年度日本植物病理学会大会  2020年3月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月19日 - 2020年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. イネの根における通気組織形成を制御するCalcium-dependent Protein Kinase (CDPK) 遺伝子の解析

    石井陽大, 山内卓樹, 高橋宏和, 吉岡美樹, 吉岡博文, 野元美佳, 多田安臣, 中園幹生

    日本育種学会第136回講演会  2019年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月6日 - 2019年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. Roles of plant hormones in anatomical responses of roots to flooding stress. 招待有り 国際会議

    Mikio Nakazono, Takaki Yamauchi

    The 23rd International Conference on Plant Growth Substances  2019年6月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月25日 - 2019年6月29日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  9. Molecular mechanisms for constitutive and inducible lysigenous aerenchyma formation in rice root. 招待有り 国際会議

    Mikio Nakazono, Takaki Yamauchi, Hirokazu Takahashi, Takahiro Ishii, Miki Yoshioka, Hirofumi Yoshioka, Yoshiaki Inukai

    13th International Conference on Plant Anaerobiosis  2019年6月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月2日 - 2019年6月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  10. Root traits that determine waterlogging resilience in rice and maize. 招待有り 国際共著 国際会議

    Mikio Nakazono, Takaki Yamauchi, Hirokazu Takahashi, Takahiro Ishii, Miki Yoshioka, Hirofumi Yoshioka, Kohtaro Watanabe, Fumie Omori, Timothy D Colmer, Yoshiro Mano

    KEYSTONE SYMPOSIA: Climate Change-Linked Stress Tolerance in Plants  2019年5月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月13日 - 2019年5月16日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  11. イネ科植物の生育地における土壌水分含量と根の解剖学的形質の相関モデルの作出

    山内卓樹, 中園幹生, 堤伸浩

    日本育種学会第135回講演会  2019年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月16日 - 2019年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  12. イネの根における誘導的通気組織形成の調節因子の機能解析

    石井陽大, 山内卓樹, 髙橋宏和, 吉岡美樹, 吉岡博文, 中園幹生

    第22回育種学会中部地区談話会  2018年12月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  13. ソルガムRIL集団を用いた根の解剖学的形質に関するQTL解析

    山内卓樹, 高梨秀樹, 藤本優, 西村明日香, 鐘ヶ江弘美, 矢野健太郎, 岩田洋佳, 坂本亘, 堤伸浩

    第九回ソルガムワークショップ  2018年11月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. ソルガムの系統間における根の解剖学的形質の差異

    山内卓樹, 高梨秀樹, 藤本優, 坂本亘, 堤伸浩

    第八回ソルガムワークショップ  2018年1月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  15. ソルガム RIL 集団を用いた塩・浸透圧ストレス耐性に関する QTL 解析

    山内卓樹, 高梨秀樹, 藤本優, 鐘ケ江弘美, 石森元幸, 小林正明, 矢野健太郎, 小童谷利恵, 大西紀和, 岩田洋佳, 坂本亘, 堤伸浩

    日本育種学会第132回講演会  2017年10月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月7日 - 2017年10月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  16. The roles of ethylene and auxin in constitutive lysigenous aerenchyma formation in rice root. 招待有り 国際会議

    Mikio Nakazono, Takaki Yamauchi, Akihiro Tanaka, Hiroki Inahashi, Yoshiaki Inukai

    12th International Conference on Plant Anaerobiosis  2016年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月5日 - 2016年9月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  17. イネの少分げつ変異体 rcn11 の解析と原因遺伝子の単離

    高野翔, 松田修一, 船引厚志, 古川潤一, 山内卓樹, 得字圭彦, 中園幹生, 篠原康郎, 高牟禮逸朗, 加藤 清明

    日本育種学会第128回講演会  2015年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月11日 - 2015年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  18. イネの根におけるオーキシンシグナル伝達による 恒常的通気組織形成の制御機構

    田中瑛大, 山内卓樹, 稲橋宏樹, 森仁志, 長村吉晃, 西澤直子, 犬飼義明, 中園幹生

    日本育種学会第128回講演会  2015年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月11日 - 2015年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  19. イネの根におけるエチレン依存的・非依存的な通気組織形成

    山内卓樹, 田中瑛大, 高牟禮逸朗, 加藤清明, 中園幹生

    日本育種学会第128回講演会  2015年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月11日 - 2015年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  20. イネの根における恒常的通気組織形成の分子機構の解析

    田中瑛大, 山内卓樹, 稲橋宏樹, 犬飼義明, 中園幹生

    第22回育種学会中部地区談話会  2014年11月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  21. イネの根の誘導的通気組織形成機構の解析

    深澤彩, 山内卓樹, 中園幹生

    第22回育種学会中部地区談話会  2014年11月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  22. 低酸素状態に応答したイネ不定根の皮層組織特異的な細胞肥大の制御機構の解析

    山内卓樹, 田中瑛大, 西澤直子, 中園幹生

    日本育種学会第126回講演会  2014年9月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月26日 - 2014年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  23. イネの根の誘導的通気組織形成過程における活性酸素種の蓄積を 制御する分子機構の解析"

    深澤彩, 山内卓樹, 長村吉晃, 西澤直子, 堤伸浩, 中園幹生

    第41回根研究集会  2014年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月6日 - 2014年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  24. ヨシとツルヨシにおける過湿環境への形態的応答の種間差

    山内卓樹, 中園幹生

    第41回根研究集会  2014年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月6日 - 2014年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  25. イネ科植物の根を対象にした過湿環境に対する応答・適応機構の研究. 招待有り

    山内卓樹

    第41回根研究集会  2014年9月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月6日 - 2014年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  26. オーキシンシグナル伝達を介した恒常的通気組織形成の分子機構の解析

    山内卓樹, 田中瑛大, 稲橋宏樹, 長村吉晃, 西澤直子, 犬飼義明, 中園幹生

    イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2014  2014年7月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月11日 - 2014年7月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  27. イネの根の誘導的通気組織形成過程における極長鎖脂肪酸を介したエチレン生合成の促進

    山内卓樹, 塩野克宏, 高牟禮逸朗, 森仁志, 堤伸浩, 加藤清明, 中園幹生

    日本育種学会第125回講演会  2014年3月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月21日 - 2014年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  28. イネの根の通気組織形成過程における活性酸素種関連遺伝子の組織特異的な発現解析

    深澤彩, 山内卓樹, 長村吉晃, 西澤直子, 堤伸浩, 中園幹生

    第39回根研究集会  2013年11月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月9日 - 2013年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  29. エチレンと活性酸素種によるコムギ幼植物体の嫌気ストレス応答と根の通気組織形成の制御

    山内卓樹, 渡邊宏太郎, 深澤彩, 森仁志, 安倍史高, 川口健太郎, 小柳敦史, 中園幹生

    第39回根研究集会  2013年11月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月9日 - 2013年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  30. OsPIN2遺伝子によるイネの側根形成制御機構

    稲橋宏樹, 山内卓樹, 小川敦史, 犬飼義明

    日本育種学会第124回講演会  2013年10月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月13日 - 2013年10月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  31. Expression analysis of genes related to generation and scavenging of reactive oxygen species during formation of the lysigenous aerenchyma in rice root. 国際会議

    Aya Fukazawa, Takaki Yamauchi, Yoshiaki Nagamura, Nobuhiro Tsutsumi, Naoko K Nishizawa, Mikio Nakazono

    11th International Conference on Plant Anaerobiosis  2013年10月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月6日 - 2013年10月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  32. Molecular mechanism of aerenchyma formation in plants 招待有り 国際共著 国際会議

    Mikio Nakazono, Takaki Yamauchi, Hirokazu Takahashi, Xiaohua Qi, Asako Yanagawa, Aya Fukazawa, Katsuhiro Shiono, Kiyoaki Kato, Susumu Hiraga, Satoshi Shimamura

    11th International Conference on Plant Anaerobiosis  2013年10月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月6日 - 2013年10月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  33. Involvement of auxin signaling in constitutive aerenchyma formation in rice root. 国際会議

    Takaki Yamauchi, Hiroki Inahashi, Yoshiaki Nagamura, Naoko K Nishizawa, Yoshiaki Inukai, Mikio Nakazono

    11th International Conference on Plant Anaerobiosis  2013年10月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月6日 - 2013年10月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  34. Formation of apoplastic barrier to radial oxygen loss (ROL) in rice (Oryza sativa) roots: metabolomic and microarray studies. 国際会議

    Konstantin Kulichikhin, Takaki Yamauchi, Mikio Nakazono

    11th International Conference on Plant Anaerobiosis  2013年10月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月6日 - 2013年10月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  35. 組換えコムギの形質評価 1. イネの根で嫌気誘導的に発現する転写因子 EREBP3 遺伝子の導入効果

    川口健太郎, 小柳敦史, 安倍史高, Md. Emdadul Haque, 森正彦, 山内卓樹, 高橋宏和, 間野吉郎, 小原実広, 中園幹生

    第235回日本作物学会講演会  2013年3月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月28日 - 2013年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  36. イネの根の通気組織形成におけるオーキシンの関与

    山内卓樹, 稲橋宏樹, 犬飼義明, 中園幹生

    日本育種学会第123回講演会  2013年3月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月27日 - 2013年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  37. イネの根の誘導的通気組織形成過程における活性酸素種関連遺伝子の発現解析

    深澤彩, 山内卓樹, 長村吉晃, 西澤直子, 堤伸浩, 中園幹生

    第20回育種学会中部地区談話会  2012年12月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  38. コムギの根における通気組織形成と過湿ストレス耐性の評価

    山内卓樹, 渡邊宏太郎, 高橋宏和, 安倍史高, 川口健太郎, 小柳敦史, 中園幹生

    日本育種学会第122回講演会  2012年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月14日 - 2012年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  39. トウモロコシにおける通気組織形成時のエチレン応答性遺伝子の発現解析

    高橋 宏和, 山内 卓樹, Rajhi Imene, 長村 吉晃, 堤 伸浩, 西澤 直子, 中園 幹生

    日本育種学会第122回講演会  2012年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月14日 - 2012年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  40. イネの耐湿性に関わる根の誘導的通気組織形成 メカニズムの解析

    山内卓樹, Rajhi Imene, 長村吉晃, 西澤直子, 堤伸浩, 中園幹生

    イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2012  2012年7月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月5日 - 2012年7月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  41. An approach for the improvement of root aerenchyma formation in wheat by genetic transformation. 国際会議

    Kentaro Kawaguchi, Fumitaka Abe, Atsushi Oyanagi, Emdadul Haque, Masahiko Mori, Fumie Omori, Yoshiro Mano, Tomomi Abiko, Mitsuhiro Obara, Takaki Yamauchi, Hirokazu Takahashi, Mikio Nakazono

    8th Symposium of the International Society of Root Research  2012年6月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月26日 - 2012年6月29日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  42. テオシントとイネの根の通気組織形成候補遺伝子を導入した コムギの作出と形質の評価

    森正彦, モハマド・ハック, 安倍史高, 川口健太郎, 小柳敦史, 大森史恵, 間野吉郎, 山内卓樹, 中園幹生, 安彦友美, 小原実広

    第36回根研究集会  2012年6月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月15日 - 2012年6月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  43. ストリゴラクトンとサイトカイニンの拮抗作用によるイネのメソコチル伸長制御.

    胡仲遠, 山内卓樹, 楊景華, 軸丸裕介, 槌田(間山)智子, 市川裕章, 張明方, 高牟禮逸郎, 長村吉晃, 堤伸浩, 山口信次郎, 経塚淳子, 中園幹生

    日本育種学会第121回講演会  2012年3月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月29日 - 2012年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  44. 根の通気組織形成能が低下したイネrcn1変異体におけるエチレン生合成.

    山内卓樹, 塩野克宏, 高牟禮逸朗, 森仁志, 堤伸浩, 加藤清明, 中園幹生

    日本育種学会第121回講演会  2012年3月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月29日 - 2012年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  45. Study of aerenchyma formation in maize roots during waterlogged conditions. 国際共著 国際会議

    Imene Rajhi, Takaki Yamauchi, Hirokazu Takahashi, Shunsaku Nishiuchi, Katsuhiro Shiono, Ryosuke Watanabe, Ahmed Mliki, Yoshiaki Nagamura, Nobuhiro Tsutsumi, Naoko K Nishizawa, Mikiio Nakazono

    The 10th Tunisia-Japan Symposium on Society, Science and Technology  2011年11月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月11日 - 2011年11月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  46. Studies on molecular mechanism of formations of aerenchyma and a barrier to radial oxygen loss in crops under waterlogged conditions. 招待有り 国際会議

    Mikio Nakazono, Takaki Yamauchi, Imene Rajhi, Tomomi Abiko, Shunsaku Nishiuchi, So Yamazaki, Katsuhiro Shiono

    The 7th ACSA (Asian Crop Science Association) Conference  2011年9月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月27日 - 2011年9月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  47. rcn1変異体を用いたイネの根の通気組織形成遺伝子の発現解析

    山内卓樹, 塩野克宏, 高牟禮逸朗, 長村吉晃, 堤伸浩, 西澤直子, 加藤清明, 中園幹生

    日本育種学会第120回講演会  2011年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月23日 - 2011年9月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  48. トウモロコシの通気組織形成に関与するエチレン応答性遺伝子の探索.

    高橋宏和, 山内卓樹, Imene Rajhi, 長村吉晃, 堤伸浩, 西澤直子, 中園幹生

    日本育種学会第120回講演会  2011年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月23日 - 2011年9月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  49. イネのスベリン生合成経路に関与するNAM型転写因子の機能解析.

    西内俊策, 渡邊宏太郎, 山内卓樹, 高橋宏和, 塩野克宏, 槌田(間山)智子, 光田展隆, 高木優, 市川裕章, 中園幹生

    日本育種学会第120回講演会  2011年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月23日 - 2011年9月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  50. Genes involved in inducible aerenchyma formation in rice roots. 国際会議

    Mikio Nakazono, Takaki Yamauchi, Kiyoaki Kato

    7th International Symposium on Function and Structure of Roots  2011年9月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月5日 - 2011年9月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  51. High-resolution gene expression profiling in rice root. 国際会議

    Hinako Takehisa, Igarashi M, Yutaka Sato, Tomom Abiko, Takaki Yamauchi, Baltazar A Antonio, Ritsuko Motoyama

    International botanical congress (IBC) 2011  2011年7月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月23日 - 2011年7月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  52. Identification of genes expressed in maize root cortical cells during lysigenous aerenchyma formation. 国際共著

    Imene Rajhi, Takaki Yamauchi, Hirokazu Takahashi, Shunsaku Nishiuchi, Katsuhiro Shiono, Ryosuke Watanabe, Ahmed Mliki, Yoshiaki Nagamura, Nobuhiro Tsutsumi, Naoko K Nishizawa, Mikiio Nakazono

    日本育種学会第119回講演会  2011年3月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月29日 - 2011年3月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  53. マイクロアレイ解析を用いたイネの根の通気組織形成メカニズムの解明.

    山内卓樹, 塩野克宏, 安彦友美, Rajhi Imene, 長村吉晃, 堤伸浩, 中園幹生

    日本育種学会第119回講演会  2011年3月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月29日 - 2011年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  54. イネの根における網羅的遺伝子発現プロファイリング

    竹久妃奈子, 五十嵐元子, 佐藤豊, 安彦友美, 山内卓樹, Antonio B, 本山立子, 犬飼義明, 中園幹生, 長村吉晃

    第52回日本植物生理学会年会  2011年3月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月20日 - 2011年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  55. Identification of genes expressed in maize root cortical cells during lysigenous aerenchyma formation. 国際共著

    Imene Rajhi, Takaki Yamauchi, Hirokazu Takahashi, Shunsaku Nishiuchi, Katsuhiro Shiono, Ryosuke Watanabe, Ahmed Mliki, Yoshiaki Nagamura, Nobuhiro Tsutsumi, Naoko K Nishizawa, Mikiio Nakazono

    農研機構シンポジウム 「麦・大豆栽培における湿害の現実と研究展開農研機構シンポジウム 「麦・大豆栽培における湿害の現実と研究展開  2010年12月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月7日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  56. マイクロアレイによるイネの根の通気組織形成メカニズムの解明.

    山内卓樹, 塩野克宏, 安彦友美, Rajhi Imene, 高牟禮逸朗, 長村吉晃, 堤伸浩, 加藤清明, 中園幹生

    農研機構シンポジウム 「麦・大豆栽培における湿害の現実と研究展開」  2010年12月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  57. Laser capture microdissection (LCM)を用いたイネの根の遺伝子発現プロファイルリング.

    竹久妃奈子, 五十嵐元子, 佐藤豊, 安彦友美, 山内卓樹, Antonio Baltazar, 本山立子, 犬飼義明, 中園幹生, 長村吉晃

    第33回根研究集会  2010年11月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月12日 - 2010年11月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  58. マイクロアレイによるイネの根の通気組織形成に関わる分子機構の解析.

    山内卓樹, 塩野克宏, 安彦友美, Rajhi Imene, 高牟禮逸朗, 長村吉晃, 堤伸浩, 加藤清明, 中園幹生

    日本育種学会第118回講演会  2010年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月24日 - 2010年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  59. 作物の耐湿性に寄与する根の構造および根系. 招待有り

    中園幹生, 塩野克宏, 安彦友美, 山内卓樹, 間野吉郎, 小柳敦史, 川口健太郎, 安倍史高

    日本育種学会118回講演会  2010年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月24日 - 2010年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  60. Global expression analysis of genes related to inducible aerenchyma formation in rice roots. 国際会議

    Takaki Yamauchi, Katsuhiro Shiono, Tomomi Abiko, Imene Rajhi, Itsuro Takamure, Yoshiaki Nagamura, Nobuhiro Tsutsumi, Mikio Nakazono, Kiyoaki Kato

    10th International Conference on Plant Anaerobiosis  2010年7月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月20日 - 2010年7月25日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  61. Identification of genes expressed during aerenchyma formation in maize and rice roots. 招待有り 国際会議

    Mikio Nakazono, Takaki Yamauchi, Imene Rajhi, Tomomi Abiko, Nobuhiro Tsutsumi, Kiyoaki Kato, Yoshiaki Nagamura, Naoko K Nishizawa

    10th International Conference on Plant Anaerobiosis  2010年7月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月20日 - 2010年7月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  62. イネの根における誘導的通気組織形成に関与する遺伝子の網羅的発現解析.

    山内卓樹, 塩野克宏, 安彦友美, Rajhi Imene, 高牟礼逸朗, 長村吉晃, 堤伸浩, 中園幹生, 加藤清明

    第32回根研究集会  2010年4月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月20日 - 2010年4月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  63. 陸稲を含むイネ遺伝資源を利用した耐湿性及び通気組織形成能の変異の探索.

    安彦友美, 安倍史高, 山内卓樹, 川口健太郎, 小柳敦史, 中園幹生

    第229回日本作物学会講演会  2010年3月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月30日 - 2010年3月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  64. イネの根における誘導的通気組織形成に関与する遺伝子の網羅的発現解析.

    山内卓樹, 塩野克宏, 安彦友美, Rajhi Imene, 高牟礼逸朗, 長村吉晃, 堤伸浩, 中園幹生, 加藤清明

    日本育種学会117回講演会  2010年3月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月26日 - 2010年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  65. イネの根の誘導的通気組織形成におけるエチレンの関与.

    山内卓樹, 塩野克宏, 安彦友美, Rajhi Imene, 高牟礼逸朗, 堤伸浩, 中園幹生, 加藤清明

    第31回根研究集会  2009年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  66. イネの誘導的通気組織形成に関わる分子機構の解析.

    山内卓樹, 塩野克宏, 安彦友美, Rajhi Imene, 高牟礼逸朗, 堤伸浩, 中園幹生, 加藤清明

    日本育種学会第116回講演会  2009年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月25日 - 2009年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 気候変動への適応を支える根の形質可塑性の分子基盤の解明

    研究課題番号:JPMJPR17Q8  2017年09月 - 現在

    国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST)  戦略的創造研究推進事業 (さきがけ) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

科研費 2

  1. 転移因子を利用した作物の遺伝子改変技術の確立

    研究課題/研究課題番号:19K05966  2019年04月 - 2022年03月

    山内 卓樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    生物のゲノムサイズは、ゲノム中に転移因子が占める割合に依存する。コムギ、トウモロコシおよびソルガムなどのイネ科作物の多くはイネと比較してゲノムサイズが大きく、カルス化を伴う簡易的な形質転換法が確立されていない。このような作物の有用遺伝子の機能を改変するためには、ゲノム中に存在する転移因子を適度に活性化する技術の確立が有効である。
    本研究課題では、ソルガムをモデルとして簡易的な薬剤処理により転移因子を活性化し、ゲノム上の転移した位置を効率的に同定するシステムを確立することを目的とする。また、転移因子を制御する機構を解析し、効率的な遺伝子改変技術を確立するための基盤を築くことを目指す。
    本研究課題では, ソルガムをモデルとして, ゲノム中に予め存在するトランスポゾンの転移を誘発することで遺伝子の機能を改変し, 転移した位置を同定して改変された遺伝子を同定するシステムを確立することを目指す.また, ソルガムの組換え自殖系統(Recombinant inbred line; RIL)を用いて, トランスポゾンの転写レベルの系統間差に関するQTL解析を行い, トランスポゾンの活性を制御する遺伝子座を同定することで, 将来の作物育種への応用を実現するための基盤を築くことを目指す.
    本年度は, 当初の計画に沿ってソルガムの種子をDNAメチル化阻害剤溶液中で吸水させ, 発芽後に実生からRNAを抽出して, DNAメチル化阻害により転写抑制が解除されるトランスポゾンを選抜した.その結果, 一部のトランスポゾンの転写抑制が解除されることが明らかになった.また, 転写抑制の解除に加えて, トランスポゾンの転写物の構造が変化することも明らかになった.これらの結果から, DNAメチル化阻害剤処理がトランスポゾンの転移に影響を与えることが示唆された.一方で, DNAメチル化阻害剤で処理した植物体を圃場に展開して栽培した結果, 処理濃度に依存して生育阻害が顕著にみられることがわかった.これらの結果は, DNAメチル化の阻害による作物の遺伝子機能の改変を実現するために解決すべき重要な課題であることが明らかになった.
    本年度は, DNAメチル化阻害剤処理により転写抑制の解除されたトランスポゾンの遺伝子座の主に転写開始点付近におけるDNAメチル化の程度を解析する予定であったが, DNAメチル化阻害剤処理によってトランスポゾンの転写抑制が解除された個体の生育阻害が顕著であったため, 成長の停止した実生から抽出した極めて微量なDNAを用いてDNAメチル化の程度を正確に評価することが困難であった.しかし, DNAメチル化の阻害効果と生育阻害効果のバランスを調整する処理濃度の設定を行うことでこれらの問題を解決できる可能性が高く, 今後の課題の推進に大きな支障はないと考えられる.
    今後は, 本年度明らかになった課題を念頭に置き, DNAメチル化の阻害効果と生育阻害効果のバランスを調整するために, DNAメチル化阻害剤の処理濃度を詳細に検討した上で, 研究計画を実施する予定である.その上で, トランスポゾンの転写抑制の解除がみられる個体を選抜し, 圃場または温室で栽培して, DNAメチル化の程度の解析を実施するとともに, 転移の有無をPCR等で確認する.さらに, 次世代の種子を十分に得ることで, 複数の処理系統のDNAをバルク化した上で, トランスポゾンの転移を同定する手法の確立を目指す.

  2. イネ科植物の耐湿性に関わる通気組織形成メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:12J05119  2012年04月 - 2015年03月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    植物体内に形成される気体の通り道である通気組織は、耐湿性に関わる重要な形質であり、土壌中の酸素濃度が低下した低酸素状態において、地上部から根端部への酸素供給に寄与している。このことから、農業上重要な穀物を多く含むイネ科作物において、通気組織形成メカニズムを解明することが期待されている。イネの根の通気組織は好気的環境において根の成長に伴い形成される恒常的通気組織と過湿環境に応答して形成される誘導的通気組織に分類される。本年度は、誘導的通気組織形成過程において活性酸素種の発生を担う酵素であるrespiratory burst oxidase homolog (RBOH) をコードする遺伝子のAntisense鎖を発現させた形質転換体を作出し、一部の系統においてRBOH遺伝子の発現抑制がみられることを明らかにした。また、カルシウムを除いた生育条件(低酸素条件)においてイネの根の誘導的通気組織形成が抑制されることを明らかにし、RBOHの活性がcalcium dependent protein kinase(CDPK)によって活性化される可能性を見出した。さらに、イネの根の誘導的通気組織形成過程に特異的に発現誘導されるCDPK遺伝子を同定した。一方、イネなどの耐湿性の高いイネ科植物にしかみられない恒常的通気組織形成は過湿環境への適応において非常に重要である。本年度は、オーキシンシグナル伝達に異常のみられるイネの変異体の根では好気的な条件においても通気組織形成能の低下がみられることを示した。このことから、植物ホルモンのオーキシンが恒常的通気組織形成に関わることが示唆された。今後、恒常的通気組織形成の分子機構をさらに詳細に明らかにし、イネ科畑作物の根に恒常的通気組織形成能を賦与することができれば、将来的にはイネ科畑作物の耐湿性の向上に貢献すると期待している。
    26年度が最終年度であるため、記入しない。
    26年度が最終年度であるため、記入しない。

産業財産権 2

  1. 高効率変異導入法

    飯田 滋, 寺田 理枝, 定塚 恵世, 山内 卓樹

     詳細を見る

    出願人:大学共同利用機関法人自然科学研究機構

    出願番号:特願2008-063405  出願日:2008年3月12日

    公開番号:特開2008-253254  公開日:2008年10月23日

    J-GLOBAL

  2. 高等植物のプロモーター活性の解析用ベクター及びその利用方法

    飯田 滋, 寺田 理枝, 定塚 恵世, 山内 卓樹

     詳細を見る

    出願人:大学共同利用機関法人自然科学研究機構

    出願番号:JP2007071085  出願日:2007年10月30日

    公開番号:WO2008-059711  公開日:2008年5月22日

    J-GLOBAL

 

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 細胞生物学(非常勤講師)

    東京大学農学部)

 

メディア報道 2

  1. 冠水でも成長するイネの仕組み解明 新聞・雑誌

    毎日新聞社  毎日新聞(朝刊)  2019年10月3日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  2. 日本農学進歩賞受賞者の研究概要 新聞・雑誌

    一般社団法人 農協協会  JAcom 農業協同組合新聞  2019年11月8日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外