2021/05/19 更新

写真a

オクダイラ タクヤ
奥平 琢也
OKUDAIRA Takuya
所属
大学院理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻 原子物理学 助教
大学院理学研究科
理学部 物理学科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2018年3月   名古屋大学 ) 

研究分野 2

  1. 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験  /  中性子基礎物理

  2. エネルギー / 量子ビーム科学  / 中性子光学, 中性子偏極デバイス

経歴 3

  1. 日本原子力研究開発機構   J‐PARCセンター   外来研究員

    2021年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻   助教

    2021年1月 - 現在

  3. 日本原子力研究開発機構   J-PARCセンター   博士研究員

    2018年4月 - 2020年12月

学歴 1

  1. 名古屋大学   理学研究科   素粒子宇宙物理学専攻 博士後期課程

    2015年4月 - 2018年3月

所属学協会 2

  1. 日本中性子科学会

  2. 日本物理学会

委員歴 1

  1. 中性子科学会   中性子科学会誌 波紋 編集委員会  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 2

  1. 波紋 President Choice (論文賞)

    2020年11月   中性子科学会  

    奥平琢也

  2. 学生奨励賞

    2017年2月   量子ビームサイエンスフェスタ   複合核における時間反転対称性の破れ探索実験

    奥平琢也

 

論文 26

  1. Polarization analysis for small-angle neutron scattering with a 3He spin filter at a pulsed neutron source 査読有り

    T. Okudaira, Y. Ueda, K. Hiroi, R. Motokawa,* Y. Inamura, S. Takata, T. Oku, J. Suzuki, S. Takahashi, H. Endo, H. Iwase

      54 巻 ( 2 ) 頁: 548 - 556   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Development and application of a He-3 Neutron Spin Filter at J-PARC 査読有り

    Okudaira T., Oku T., Ino T., Hayashida H., Kira H., Sakai K., Hiroi K., Takahashi S., Aizawa K., Endo H., Endo S., Hino M., Hirota K., Honda T., Ikeda K., Kakurai K., Kambara W., Kitaguchi M., Oda T., Ohshita H., Otomo T., Shimizu H. M., Shinohara T., Suzuki J., Yamamoto T.

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   977 巻   頁: 164301 - 164301   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment  

    DOI: 10.1016/j.nima.2020.164301

    Web of Science

    Scopus

  3. Transverse asymmetry of gamma rays from neutron -induced compound states of La-140 査読有り

    Yamamoto T., Okudaira T., Endo S., Fujioka H., Hirota K., Ino T., Ishizaki K., Kimura A., Kitaguchi M., Koga J., Makise S., Niinomi Y., Oku T., Sakai K., Shima T., Shimizu H. M., Takada S., Tani Y., Yoshikawa H., Yoshioka T.

    PHYSICAL REVIEW C   101 巻 ( 6 )   2020年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review C  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.101.064624

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://harvest.aps.org/v2/journals/articles/10.1103/PhysRevC.101.064624/fulltext

  4. Angular distribution of gamma rays from neutron-induced compound states of La-140 査読有り

    Okudaira T., Takada S., Hirota K., Kimura A., Kitaguchi M., Koga J., Nagamoto K., Nakao T., Okada A., Sakai K., Shimizu H. M., Yamamoto T., Yoshioka T.

    PHYSICAL REVIEW C   97 巻 ( 3 )   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review C  

    Angular distribution of individual $\gamma$-rays, emitted from a<br />
    neutron-induced compound nuclear state via radiative capture reaction of<br />
    ${}^{139}$La(n,$\gamma$) has been studied as a function of incident neutron<br />
    energy in the epithermal region by using germanium detectors.<br />
    An asymmetry $A_{\mathrm{LH } }$ was defined as $(N_{\mathrm L}-N_{\mathrm<br />
    H})/(N_{\mathrm L}+N_{\mathrm H})$, where $N_{\mathrm L}$ and $N_{\mathrm H}$<br />
    are integrals of low and high energy region of a neutron resonance<br />
    respectively, and we found that $A_{\mathrm{LH } }$ has the angular dependence of<br />
    $(A\cos\theta_\gamma+B)$, where $\theta_\gamma$ is emitted angle of<br />
    $\gamma$-rays, with $A= -0.3881\pm0.0236$ and $B=-0.0747\pm0.0105$ in 0.74 eV<br />
    p-wave resonance.<br />
    This angular distribution was analyzed within the framework of interference<br />
    between s- and p-wave amplitudes in the entrance channel to the compound<br />
    nuclear state, and it is interpreted as the value of the partial p-wave neutron<br />
    width corresponding to the total angular momentum of the incident neutron<br />
    combined with the weak matrix element, in the context of the mechanism of<br />
    enhanced parity-violating effects. Additionally we used the result to quantify<br />
    the possible enhancement of the breaking of the time-reversal invariance in the<br />
    vicinity of the p-wave resonance.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.97.034622

    Web of Science

    Scopus

    arXiv

  5. Measurement of gamma rays from (LiF)-Li-6 tile as an inner wall of a neutron-decay detector

    Koga J., Ieki S., Kimura A., Kitaguchi M., Kitahara R., Mishima K., Nagakura N., Okudaira T., Otono H., Shimizu H. M., Sumi N., Takada S., Tomita T., Yamada T., Yoshioka T.

    JOURNAL OF INSTRUMENTATION   16 巻 ( 2 )   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Instrumentation  

    DOI: 10.1088/1748-0221/16/02/P02001

    Web of Science

    Scopus

  6. Experimental test of <sup>3</sup>He neutron-spin filter in MIEZE spectrometer 査読有り

    H. Hayashida, M. Hino, H. Endo, T. Oku, T. Okudaira, K. Sakai, T. Oda

    Journal of Physics: Conference Series   1316 巻 ( 1 )   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    © Published under licence by IOP Publishing Ltd. A modulated intensity by zero effort (MIEZE) spectrometer is a type of neutron-resonance spin-echo spectrometer and can be used to analyze the slow dynamics of condensed matter by measuring the intermediate scattering function I(Q,τ). A crucial feature of a MIEZE spectrometer is it leaves completely free the space between the sample and the detector because the sample is placed after the neutron-spin analyzer. Measuring the magnetic dynamics with a conventional neutron-spin-echo spectrometer is difficult, but with a MIEZE spectrometer such a measurement may be done simply by introducing a second analyzer after the sample. Measuring the magnetic dynamics with high precision requires the background to be reduced to a minimum and is a job for which a 3He neutron-spin filter (3He-NSF) is a promising candidate as a second analyzer. However, one difficulty with this approach is the diffusion of 3He gas from the 3He-NSF, which may be measured and interpreted as dynamics. Therefore, we investigate herein whether the dynamics of gas diffusion is detected when using a 3He-NSF as second analyzer in a MIEZE spectrometer. Toward this end, we experimented with the MIEZE spectrometer installed at beamline 06 (BL06) at the Materials and Life Science Experimental Facility at Japan Proton Accelerator Research Complex (J-PARC MLF). The results confirm that the gas-diffusion dynamics of the 3He-NSF are not detected, and that the 3He-NSF, therefore, can be used as a second analyzer in this MIEZE spectrometer.

    DOI: 10.1088/1742-6596/1316/1/012013

    Scopus

  7. 複合核における時間反転対称性の破れの探索 招待有り 査読有り

    奥平琢也

    波紋   29 巻 ( 3 ) 頁: 126‐132   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  8. Verification of the compound nuclear model for T-violation search

    Yamamoto T.

    Proceedings of Science   356 巻   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Proceedings of Science  

    DOI: 10.22323/1.356.0042

    Scopus

  9. Development of the neutron polarizer for the T-violation search using compound nuclei

    Okudaira T.

    Proceedings of Science   356 巻   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   出版者・発行元:Proceedings of Science  

    Scopus

  10. Development of the neutron polarizer for the T-violation search using compound nuclei 査読有り

    T. Okudaira, T. Oku, K. Sakai, T. Ino, H. Hayashida, K. Hiroi, T. Shinohara, K. Kakurai, K. Aizawa, H. M. Shimizu, M. Kitaguchi, T. Yamamoto

    Proceedings of Science   356 巻   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    © Copyright owned by the author(s). The fundamental parity violation is enhanced by 106 times at maximum in several neutron induced compound nuclei. There is a theoretical prediction that fundamental T-violating effects can be also largely enhanced in compound nuclei implying that T-violation can be searched for by making very sensitive measurements. A T-violation search experiment using compound nuclei is planned at J-PARC. Polarized epithermal neutron beam, polarized nuclear target, and high count rate neutron detector are necessary for the experiment, and therefore a development of the neutron polarizer using polarized 3He is ongoing at J-PARC in JAEA. Recently, a clean vacuum system to fabricate 3He spin filters was constructed, and several 3He spin filters were fabricated. The current status of the development of the 3He spin filter was reported.

    Scopus

  11. Development of a Neutron Spin Filter for a T Violation Search in Compound Nuclei 査読有り

    T. Yamamoto, H.M. Shimizu, M. Kitaguchi, K. Hirota, T. Okudaira, C.C. Haddock, N. Oi, I. Ito, S. Endo, S. Takada, J. Koga, T. Yoshioka, T. Ino, K. Asahi, T. Momose, T. Iwata, K. Sakai, T. Oku, A. Kimura, M. Hino, T. Shima, Y. Yamagata

    JPS Conference Proceedings     2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  12. Measurement of (n,gamma) Reaction of 117Sn for T-Violation Search by Using Compound Nucleus 査読有り

    J. Koga, S. Takada, T. Yoshioka, H.M. Shimizu, K. Hirota, T. Okudaira, N. Oi, I. Ito, T. Yamamoto, S. Endo, C.C. Haddock, M. Kitaguchi, A. Kimura, K. Sakai, T. Ino, K. Asahi, T. Momose, T. Iwata, M. Hino, T. Shima, Y. Yamagata

    JPS Conference Proceedings     2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  13. Fundamental Physics Using High-Performance Optics 査読有り

    Masaaki Kitaguchi, Koichiro Asahi, Shunsuke Endo, Christopher C. Haddock, Masahiro Hino, Katsuya Hirota, Takashi Ino, Ikuya Ito, Takahiro Iwata, Jun Koga, Yoshiyuki Miyachi, Takamasa Momose, Noriko Oi, Takuya Okudaira, Kenji Sakai, Tatsushi Shima, Hirohiko M. Shimizu, Shusuke Takada, Yutaka Yamagata, Tomoki Yamamoto, Tamaki Yoshioka

    JPS Conference Proceedings     2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  14. A search for possible long range spin dependent interactions of the neutron from exotic vector boson exchange 査読有り

    Haddock C., Amadio J., Anderson E., Barron-Palos L., Crawford B., Crawford C., Esposito D., Fox W., Francis I., Fry J., Gardiner H., Holley A., Korsak K., Lieffers J., Magers S., Maldonado-Velazquez M., Mayorov D., Nico J. S., Okudaira T., Paudel C., Santra S., Sarsour M., Shimizu H. M., Snow W. M., Sprow A., Steffen K., Swanson H. E., Tovesson F., Vanderwerp J., Yergeau P. A.

    PHYSICS LETTERS B   783 巻   頁: 227 - 233   2018年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physics Letters, Section B: Nuclear, Elementary Particle and High-Energy Physics  

    We present a search for possible spin dependent interactions of the neutron<br />
    with matter through exchange of spin 1 bosons with axial vector couplings as<br />
    envisioned in possible extensions of the Standard Model. This was sought using<br />
    a slow neutron polarimeter that passed transversely polarized slow neutrons by<br />
    unpolarized slabs of material arranged so that this interaction would tilt the<br />
    plane of polarization and develop a component along the neutron momentum. The<br />
    result for the rotation angle, $\phi&#039;_{V_5} =<br />
    [2.8\pm\,4.6(stat.)\pm\,4.0(sys.)]\times 10^{-5}~\mbox{rad/m}$ is consistent<br />
    with zero. This result improves the upper bounds on the neutron-matter coupling<br />
    $g_{A}^{2}$ from such an interaction by about three orders of magnitude for<br />
    force ranges in the mm-$\mu$m regime.

    DOI: 10.1016/j.physletb.2018.06.066

    Web of Science

    Scopus

    arXiv

  15. Characterization of germanium detectors for the measurement of the angular distribution of prompt gamma-rays at the ANNRI in the MLF of the J-PARC 査読有り

    Takada S., Okudaira T., Goto F., Hirota K., Kimura A., Kitaguchi M., Koga J., Nakao T., Sakai K., Shimizu H. M., Yamamoto T., Yoshioka T.

    JOURNAL OF INSTRUMENTATION   13 巻 ( 2 )   2018年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Instrumentation  

    DOI: 10.1088/1748-0221/13/02/P02018

    Web of Science

    Scopus

    arXiv

  16. Measurement of Angular Distributions in 139La(n,????) Reaction for T Violation Search 査読有り

    T. Okudaira, H. M. Shimizu, M. Kitaguchi, K. Hirota, C. C. Haddock, N. Oi, I. Ito, T. Yamamoto, S. Endo, S. Takada, J. Koga, T. Yoshioka, T. Ino, K. Asahi, T. Momose, T. Iwata, K. Sakai, T. Oku, A. Kimura, M. Hino, T. Shima, Y. Yamagata

    JPS Conference Proceedings, Proceedings of the International Conference on Neutron Optics (NOP2017)   22 巻 ( 10.7566 ) 頁: 011041   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  17. Measurement of Angular Correlations In the (n, γ) Reaction for T Violation Search 査読有り

    T. Okudaira, H. M. Shimizu, M. Kitaguchi, K. Hirota, S. Takada, T. Yamamoto, A. Okada, T. Yoshioka, T. Ino, K. Sakai, K. Asahi, T. Momose, T. Iwata, M. Hino, T. Shima, Y. Yamagata

    Proceedings of Science, The 26th International Nuclear Physics Conference (INPC2016)   INPC2016 巻 ( 188 )   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  18. 複合核状態における時間反転対称性の破れ-Brデータの解析

    伊藤 維久弥, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 奥平 琢也, 岡田 晏珠, 山本 知樹, 高田 秀佐, 古賀 淳

    日本物理学会講演概要集   72 巻 ( 0 ) 頁: 302 - 302   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子共鳴吸収反応において時間反転対称性の破れが増幅されることが示唆されている。我々はこの探索に向けて候補となる原子核の(n,γ)反応の測定をJ-PARC BL04で進めている。本公演では、Brを使用した実験のデータの解析の結果について発表する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_302

    CiNii Article

  19. 複合核状態における時間反転対称性の破れ探索実験計画

    北口 雅暁, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 日野 正裕, 清水 裕彦, 嶋 達志, 山形 豊, 広田 克也, 奥平 琢也, 大井 法子, 伊藤 維久弥, 山本 知樹, 遠藤 駿典, Haddock C.

    日本物理学会講演概要集   72 巻 ( 0 ) 頁: 255 - 255   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_255

    CiNii Article

  20. 複合核状態における時間反転対称性の破れ探索実験計画

    北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊, 清水 裕彦, 広田 克也, 奥平 琢也, 岡田 晏珠, 伊藤 維久弥, 山本 知樹, 高田 秀佐, 古賀 淳

    日本物理学会講演概要集   72 巻 ( 0 ) 頁: 299 - 299   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子吸収反応による複合核共鳴状態では部分波干渉によって対称性の破れが増幅する。時間反転対称性の破れについても電気双極子能率を超えた感度を持つ可能性がある。現在候補となるいくつかの標的核について、増幅度を見積もるための測定を進めている。J-PARCでの実験計画について報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_299

    CiNii Article

  21. 複合核状態における時間反転対称性の破れ探索のための中性子偏極デバイスの開発

    山本 知樹, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 奥平 琢也, 岡田 晏珠, 伊藤 維久弥, 高田 秀佐, 古賀 淳

    日本物理学会講演概要集   72 巻 ( 0 ) 頁: 303 - 303   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子共鳴吸収反応による複合核状態では部分波干渉によって空間反転対称性の破れが増幅されることが知られている。時間反転対称性も同様に増幅されることが示唆されている。我々はこの探索に向けて複合核状態での(n,γ)反応測定をJ-PARC BL04で進めている。講演では本実験において必要な中性子偏極デバイスの開発の現状について報告を行う。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_303

    CiNii Article

  22. 複合核状態における時間反転対称性の破れ-<sup>139</sup>La(n,γ)反応のγ線角分布の高精度測定:実験と解析

    奥平 琢也, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 日野 正裕, 嶋 達志, 清水 裕彦, 山形 豊, 北口 雅暁, 広田 克也, Haddock C. C., 大井 法子, 伊藤 維久弥, 山本 知樹, 高田 秀佐

    日本物理学会講演概要集   72 巻 ( 0 ) 頁: 256 - 256   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_256

    CiNii Article

  23. 複合核状態における時間反転対称性の破れ-(n,γ)反応の角相関項の高精度測定

    奥平 琢也, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 岡田 晏珠, 伊藤 維久弥, 山本 知樹, 高田 秀佐, 古賀 淳

    日本物理学会講演概要集   72 巻 ( 0 ) 頁: 300 - 300   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子共鳴吸収反応において時間反転対称性の破れが増幅されることが示唆されている。我々はこの探索に向けて複合核状態での(n,γ)反応を調査する実験をJ-PARC BL04で進めている。(n,γ)反応におけるγ線の角相関はFlambaumにより予言されているが、詳細な検証は未だ行われていない。本公演では前回公演よりも高精度化したγ線の角相関測定の結果と理論的予測との比較について論じる。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_300

    CiNii Article

  24. Measurement of angular correlation of (n,gamma) reaction with polarized neutrons

    Yamamoto T.

    Proceedings of Science   2017-January 巻   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Proceedings of Science  

    Scopus

  25. <sup>139</sup>Laの中性子共鳴吸収の断面積の測定

    竹下 隼人, 山本 知樹, 高田 秀佐, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 日野 正裕, 嶋 達志, 清水 裕彦, 山形 豊, 木村 敦, 北口 雅暁, 広田 克也, 市川 豪, 奥平 琢也, 岡田 晏珠, 後藤 文也, 長元 孝介

    日本物理学会講演概要集   72 巻 ( 0 ) 頁: 360 - 360   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>ある種の核における中性子共鳴吸収反応では時間反転対称性の破れの効果が増幅される可能性が示唆されている。その核の候補の一つである^139^Laの中性子共鳴吸収反応での増幅の効果を知るために共鳴パラメータを決定する必要がある。本講演では、J-PARCで行った実験のデータを解析した結果を報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_360

    CiNii Article

  26. 時間反転対称性の破れの探索における、高計数率中性子検出器の開発

    遠藤 駿典, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 日野 正裕, 嶋 達志, 奥平 琢也, 山形 豊, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 岡田 晏珠, 伊藤 維久弥, 山本 知樹, 高田 秀佐

    日本物理学会講演概要集   72 巻 ( 0 ) 頁: 356 - 356   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>我々は原子核の複合核共鳴を用いて、時間反転対称性の破れの探索に取り組んでいる。この実験において必要な統計数の確保のために、1Gcpsの検出計数を持つ中性子検出器が必要となる。しかし現行の検出器では十分とは言えず、高計数率を持つ中性子検出器の開発が必須である。その上で正確な中性子数の把握のために、γ線バックグラウンドの排除も必要となる。当講演では現状の開発の進捗及び今後の展望について報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_356

    CiNii Article

▼全件表示

MISC 19

  1. 時間反転対称性の破れ探索のための中性子偏極フィルターの開発

    佐藤匠, 清水裕彦, 北口雅暁, 広田克也, 石崎貢平, 遠藤駿典, 山本知樹, 高田秀佐, 古賀淳, 吉岡瑞樹, 猪野隆, HADDOCK Christopher, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 酒井健二, 木村敦, 奥平琢也, 奥隆之, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)73 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.14pS12‐3   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  2. 複合核共鳴を用いた時間反転対称性破れ探索に向けた,<sup>81</sup>Br(n,γ)反応におけるγ線放出角度分布測定

    遠藤駿典, 清水裕彦, 北口雅暁, 広田克也, 山本知樹, 石崎貢平, 佐藤匠, 高田秀佐, 古賀淳, 吉岡瑞樹, 猪野隆, HADDOCK Christopher, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 酒井健二, 木村敦, 奥平琢也, 奥隆之, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)73 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.14pS12‐2   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  3. 複合核状態を用いた時間反転対称性の破れ探索に向けた偏極標的開発

    石崎貢平, 清水裕彦, 北口雅暁, 広田克也, 山本知樹, 遠藤駿典, 佐藤匠, 高田秀佐, 古賀淳, 吉岡瑞樹, 猪野隆, HADDOCK Christopher, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 酒井健二, 木村敦, 奥平琢也, 奥隆之, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)73 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.14pS12‐4   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  4. 複合核状態を用いた時間反転対称性の破れ探索計画

    山本知樹, 清水裕彦, 北口雅暁, 広田克也, 石崎貢平, 遠藤駿典, 佐藤匠, 高田秀佐, 古賀淳, 吉岡瑞樹, 猪野隆, HADDOCK Christopher, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 酒井健二, 木村敦, 奥平琢也, 奥隆之, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)73 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.14pS12‐1   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  5. 複合核共鳴の時間反転対称性の破れ―<sup>81</sup>Brの(n,γ)反応の角分布測定―

    伊藤維久弥, 清水裕彦, 広田克也, 奥平琢也, 大井法子, 山本知樹, 遠藤駿典, 佐藤匠, 石崎貢平, HADDOCK Christopher, 北口雅暁, 古賀淳, 高田秀佐, 吉岡瑞樹, 木村敦, 酒井健二  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)73 巻 ( 1 ) 頁: ROMBUNNO.25pK309‐7   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  6. 複合核共鳴の時間反転対称性の破れ―<sup>117</sup>Sn及び<sup>115</sup>Inの(n,γ)反応測定の解析の現状―

    古賀淳, 高田秀佐, 吉岡瑞樹, 清水裕彦, 広田克也, 奥平琢也, 大井法子, 伊藤維久弥, 山本知樹, 遠藤駿典, HADDOCK Christopher, 北口雅暁, 木村敦, 酒井健二, 猪野隆, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)72 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.13pS22‐3   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  7. 複合核共鳴を用いた時間反転対称性の破れの探索のための偏極核標的に対する要請について

    清水裕彦, Gudkov V, SNOW W. M, BOWMAN J. D, 北口雅暁, 広田克也, 奥平琢也, 岡田晏珠, 伊藤維久弥, 山本知樹, 高田秀佐, 吉岡瑞樹, 猪野隆, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 宮地義之, 酒井健二, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)72 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.13pS22‐8   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  8. 複合核状態における時間反転対称性の破れ―<sup>139</sup>La(n,γ)反応のγ線角分布の高精度測定:実験と解析

    奥平琢也, 清水裕彦, 北口雅暁, 広田克也, HADDOCK C, 大井法子, 伊藤維久弥, 山本知樹, 高田秀佐, 古賀淳, 吉岡瑞樹, 猪野隆, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 酒井健二, 木村敦, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)72 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.13pS22‐2   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  9. 複合核状態における時間反転対称性の破れ探索実験計画

    北口雅暁, 清水裕彦, 広田克也, 奥平琢也, 伊藤維久弥, 山本知樹, 高田秀佐, 高田秀佐, 古賀淳, 吉岡瑞樹, 猪野隆, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 酒井健二, 木村敦, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)72 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.13pS22‐1 - 299   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    &lt;p&gt;中性子吸収反応による複合核共鳴状態では部分波干渉によって対称性の破れが増幅する。時間反転対称性の破れについても電気双極子能率を超えた感度を持つ可能性がある。現在候補となるいくつかの標的核について、増幅度を見積もるための測定を進めている。J-PARCでの実験計画について報告する。&lt;/p&gt;

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  10. 複合核状態における時間反転対称性の破れ探索のための偏極中性子を用いた空間反転対称性の破れ測定

    山本知樹, 清水裕彦, 北口雅暁, 広田克也, 奥平琢也, 大井法子, 伊藤維久弥, 遠藤駿典, HADDOCK Christopher, 高田秀佐, 古賀淳, 吉岡瑞樹, 猪野隆, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 酒井健二, 木村敦, 奥隆之, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)72 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.13pS22‐4   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  11. 複合核状態における時間反転対称性の破れ―時間反転対称性の破れ測定のための高計数率検出器の開発

    遠藤駿典, 清水裕彦, 北口雅暁, 広田克也, 奥平琢也, 伊藤維久弥, 山本知樹, HADDOCK Christopher, 高田秀佐, 古賀淳, 吉岡瑞樹, 猪野隆, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 酒井健二, 木村敦, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)72 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.13pS22‐6   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  12. 時間反転対称性の破れの探索における高計数率中性子検出器の開発

    遠藤駿典, 清水裕彦, 北口雅暁, 広田克也, 奥平琢也, 岡田晏珠, 伊藤維久弥, 山本知樹, 高田秀佐, 古賀淳, 吉岡瑞樹, 猪野隆, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 酒井健二, 木村敦, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)72 巻 ( 1 ) 頁: ROMBUNNO.18pC‐PS‐24 - 356   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    &lt;p&gt;我々は原子核の複合核共鳴を用いて、時間反転対称性の破れの探索に取り組んでいる。この実験において必要な統計数の確保のために、1Gcpsの検出計数を持つ中性子検出器が必要となる。しかし現行の検出器では十分とは言えず、高計数率を持つ中性子検出器の開発が必須である。その上で正確な中性子数の把握のために、γ線バックグラウンドの排除も必要となる。当講演では現状の開発の進捗及び今後の展望について報告する。&lt;/p&gt;

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  13. 複合核共鳴を用いた時間反転対称性の破れの探索のための偏極核標的内での中性子偏極度の挙動について

    清水裕彦, GUDKOV V, SNOW W.M, BOWMAN J.D, 北口雅暁, 広田克也, 奥平琢也, 岡田晏珠, 伊藤維久弥, 山本知樹, 高田秀佐, 吉岡瑞樹, 猪野隆, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 宮地義之, 酒井健二, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)72 巻 ( 1 ) 頁: ROMBUNNO.18aK23‐7 - 301   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    &lt;p&gt;複合核状態を利用したT-violationの研究では、偏極中性子を偏極核標的に入射させる。その際、P-violationやT-violationに無関係なスピンスピン相互作用の影響による中性子スピンの挙動を正しく評価しておくことが、微小なT-violationの探索を実行する上での前提となる。そこで偏極核標的内での中性子偏極度の挙動を考察し、その影響を抑制する方法について議論する。&lt;/p&gt;

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  14. 複合核状態における時間反転対称性の破れ―(n,γ)反応の角相関項の高精度測定

    奥平琢也, 清水裕彦, 北口雅暁, 広田克也, 岡田晏珠, 伊藤維久弥, 山本知樹, 高田秀佐, 吉岡瑞樹, 猪野隆, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 酒井健二, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)72 巻 ( 1 ) 頁: ROMBUNNO.18aK23‐6 - 300   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    &lt;p&gt;中性子共鳴吸収反応において時間反転対称性の破れが増幅されることが示唆されている。我々はこの探索に向けて複合核状態での(n,γ)反応を調査する実験をJ-PARC BL04で進めている。(n,γ)反応におけるγ線の角相関はFlambaumにより予言されているが、詳細な検証は未だ行われていない。本公演では前回公演よりも高精度化したγ線の角相関測定の結果と理論的予測との比較について論じる。&lt;/p&gt;

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  15. 複合核状態における時間反転対称性の破れ探索実験計画

    北口雅暁, 清水裕彦, 広田克也, 奥平琢也, 岡田晏珠, 伊藤維久弥, 山本知樹, 高田秀佐, 古賀淳, 吉岡瑞樹, 猪野隆, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 酒井健二, 木村敦, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)72 巻 ( 1 ) 頁: ROMBUNNO.18aK23‐3   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  16. 複合核状態における時間反転対称性の破れ探索のための中性子偏極デバイスの開発

    山本知樹, 清水裕彦, 北口雅暁, 広田克也, 奥平琢也, 岡田晏珠, 伊藤維久弥, 高田秀佐, 吉岡瑞樹, 猪野隆, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 酒井健二, 木村敦, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)72 巻 ( 1 ) 頁: ROMBUNNO.18aK23‐9 - 303   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    &lt;p&gt;中性子共鳴吸収反応による複合核状態では部分波干渉によって空間反転対称性の破れが増幅されることが知られている。時間反転対称性も同様に増幅されることが示唆されている。我々はこの探索に向けて複合核状態での(n,γ)反応測定をJ-PARC BL04で進めている。講演では本実験において必要な中性子偏極デバイスの開発の現状について報告を行う。&lt;/p&gt;

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  17. 複合核状態における時間反転対称性の破れ―Brデータの解析―

    伊藤維久弥, 清水裕彦, 北口雅暁, 広田克也, 奥平琢也, 岡田晏珠, 山本知樹, 高田秀佐, 吉岡瑞樹, 猪野隆, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 酒井健二, 木村敦, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)72 巻 ( 1 ) 頁: ROMBUNNO.18aK23‐8 - 302   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    &lt;p&gt;中性子共鳴吸収反応において時間反転対称性の破れが増幅されることが示唆されている。我々はこの探索に向けて候補となる原子核の(n,γ)反応の測定をJ-PARC BL04で進めている。本公演では、Brを使用した実験のデータの解析の結果について発表する。&lt;/p&gt;

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  18. Measurement of angular correlation of (n,gamma) reaction with polarized neutrons 査読有り

    T. Yamamoto, H. M. Shimizu, M. Kitaguchi, K. Hirota, T. Okudaira, S. Takada, A. Okada, T. Yoshioka, T. Ino, K. Sakai, K. Asahi, T. Momose, T. Iwata, M. Hino, T. Shima, Y. Yamagata  

    Proceedings of Science2017-January 巻   2017年

     詳細を見る

    © Copyright owned by the author(s). Large enhanced P violation in a nuclear resonance reaction has been observed by using a polarized neutron beam. Enhanced CP violation is predicted to exist within the same nuclear reaction. We are now preparing to supply a polarized neutron beam for a CP violation search experiment. In the enhancement process of CP violation, we assume that the P violation of the compound nuclear state doesn&#039;t depend on the final state. However this assumption has not been verified yet. We plan to verify the assumption by measuring the 139La(n,g ) reaction with a polarized neutron beam at J-PARC MLF BL04. The supplied neutron beam will be polarized by using 3He spin filter, which will be installed into BL04. We present the states of development for 3He spin filter and study of the equipment in BL04.

    Scopus

  19. 中性子吸収反応の複合核状態からのガンマ線放出角分布

    石崎貢平, 伊藤維久弥, 山本知樹, 大井法子, 奥平琢也, HADDOCK Chris, 北口雅暁, 広田克也, 清水裕彦, 猪野隆, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 宮地義之, 酒井健二, 日野正裕, 古賀淳, 高田秀佐, 吉岡瑞樹, 嶋達志, 山形豊  

    日本中性子科学会年会講演概要集17th 巻   頁: 94   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

▼全件表示

講演・口頭発表等 9

  1. Studying discrete symmetry violation in neutron-nucleus system 招待有り 国際会議

    奥平琢也

    5th Joint Meeting of the APS Division of Nuclear Physics and the Physical Society of Japan  2018年10月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. 3Heスピンフィルタの開発と利用 招待有り

    奥平琢也

    日本物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  3. J-PARCにおける3Heスピンフィルタの開発 招待有り

    奥平琢也

    量子ビームサイエンスフェスタ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  4. Polarized pulsed neutrons using a 3He spin filter with an in-site SEOP method 国際会議

    奥平琢也

    European conference on neutron scattering  2019年6月30日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. JAEAにおける偏極3He中性子スピンフィルター開発の現状

    奥平琢也, 奥隆之, 酒井健二, 猪野隆, 林田洋寿, 廣井孝介, 篠原武尚, 加倉井和久, 相澤一也

    日本中性子科学会年会講演概要集  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  6. 複合核状態を用いた時間反転対称性の破れ探索計画

    山本 知樹, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, Haddock Christopher, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 奥平 琢也, 奥 隆之, 清水 裕彦, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊, 北口 雅暁, 広田 克也, 石崎 貢平, 遠藤 駿典, 佐藤 匠, 高田 秀佐, 古賀 淳

    日本物理学会講演概要集  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  7. 時間反転対称性の破れ探索のための中性子偏極フィルターの開発

    佐藤 匠, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, Haddock Christopher, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 奥平 琢也, 奥 隆之, 清水 裕彦, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊, 服部 峰之, 北口 雅暁, 広田 克也, 石崎 貢平, 遠藤 駿典, 山本 知樹, 高田 秀佐, 古賀 淳

    日本物理学会講演概要集  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  8. 複合核状態における時間反転対称性の破れ―<sup>139</sup>La(n,γ)反応のγ線角分布の高精度測定:実験と解析

    奥平琢也, 清水裕彦, 北口雅暁, 広田克也, HADDOCK C, 大井法子, 伊藤維久弥, 山本知樹, 高田秀佐, 古賀淳, 吉岡瑞樹, 猪野隆, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 酒井健二, 木村敦, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)  2017年9月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  9. 複合核状態における時間反転対称性の破れ―(n,γ)反応の角相関項の高精度測定

    奥平琢也, 清水裕彦, 北口雅暁, 広田克也, 岡田晏珠, 伊藤維久弥, 山本知樹, 高田秀佐, 吉岡瑞樹, 猪野隆, 旭耕一郎, 百瀬孝昌, 岩田高広, 酒井健二, 日野正裕, 嶋達志, 山形豊

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)  2017年3月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

科研費 2

  1. 未知のCP対称性の破れ探索のための、中性子偏極デバイスの開発

    研究課題/研究課題番号:20K14495  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    奥平 琢也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    現在の物質優勢宇宙を説明するためには標準理論を超えたCP対称性の破れの存在が不可欠である。原子核の中性子吸収反応ではCP対称性の破れが大きく増幅される可能性が示唆されており、この現象を利用した未知のCP対称性の破れ探索実験が計画されている。本研究ではCP対称性の破れ探索実験のための熱外中性子偏極用の大型3Heスピンフィルターの開発を行う。

  2. 熱外中性子偏極技術の開発と139LaにおけるCP対称性の破れの増幅率の最終決定

    研究課題/研究課題番号:19K21047  2019年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    奥平 琢也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    139Laの中性子吸収反応では基本相互作用におけるCP対称性の破れが百万倍以上増幅されていることが近年明らかになった。これにより未知のCP対称性の破れを今までにない感度で探索できる可能性が示唆され、国内外で注目されている。一方でCP対称性の破れの増幅率には未だ不定性があり、これを最終的に決定することが本研究の目的である。本研究では中性子偏極デバイス:3Heスピンフィルターの高性能化を行い、従来は偏極が難しかったeV領域の中性子偏極を達成する。これを用いて、139Laの偏極中性子吸収反応に伴って放出されるγ線の放出方向のアシンメトリを測定し、139LaのCP対称性の破れ増幅率を決定する。
    本研究では中性子偏極デバイス:3Heスピンフィルターの開発を行い、139Laの偏極中性子吸収反応を測定を行うことを目的としている。今年度はJ-PARCの中性子ビームラインANNRIに3He偏極保持用のコイル、磁気シールド、3He偏極反転装置などを導入し、3Heスピンフィルターを用いた本実験を行った。実験時の3He偏極率は60%と、十分高いとまでは言えないものの、130時間程度の十分長い3He偏極緩和時間を達成することに成功した。139Laから放出されるガンマ線の角度分布はANNRIに設置されているゲルマニウム検出器群を用いて測定された。計3回の偏極中性子ビーム実験の結果、139Laが偏極中性子を吸収し5161 keVのガンマ線を放出する過程において、ガンマ線放出方向に上下アシンメトリーがあることを発見した。本結果は論文としてまとめられ(arXiv:2002.08655v1 [nucl-ex])、現在論文投稿中である。
    また、昨年度に立ち上げた真空システムを用いて計8個のハイブリッド型3Heスピンフィルターを作製した。J-PARCの中性子ビームを用いて性能評価を行ったところ3He偏極率85%, 緩和時間170時間程度の高い性能を持つことが確認された。このスピンフィルターは1eV程度の中性子を高い偏極率で偏極させるという観点から見れば、まだ3He量を増やす余地があるものの、3He偏極率、偏極緩和時間としては世界最高レベルである。上述の物理実験にこの高偏極スピンフィルターを使用することは間に合わなかったが、J-PARCにて高性能の3Heスピンフィルターを作製、運用する環境を構築することができたと言える。
    3He量、3He偏極率の観点から改善の余地があるものの、当初の予定通り、3Heスピンフィルターを用いた偏極中性子吸収反応実験を行い、物理結果を得ることに成功した。
    また性能の良い3HeスピンフィルターをJ-PARCで作製することに成功し、3Heスピンフィルターの運用も順調に行われている。
    3He偏極率の高い3Heスピンフィルターを用いて、より高精度にガンマ線角度分布測定実験を行う予定である。得られたガンマ線角度分布を解釈するための理論研究に関しても議論を進める。また、今後、より3He量の多い3Heスピンフィルターを作製し、高い偏極率で熱外中性子を偏極するための研究を続けていく。