2021/05/13 更新

写真a

ニシグチ コウジ
西口 浩司
NISHIGUCHI Koji
所属
大学院工学研究科 土木工学専攻 構造・材料工学 講師
職名
講師
連絡先
メールアドレス

研究キーワード 8

  1. 高性能計算

  2. 計算力学

  3. 流体構造連成

  4. 構成式

  5. 有限要素法

  6. 有限体積法

  7. 数値流体力学

  8. 固体力学

研究分野 4

  1. 情報通信 / 高性能計算

  2. 情報通信 / 計算科学

  3. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学

  4. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料

経歴 6

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科 土木工学専攻   講師

    2020年9月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 理化学研究所   計算科学研究センター   客員研究員

    2020年9月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 山梨大学   工学部 機械工学科   客員研究員

    2018年6月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 理化学研究所   計算科学研究センター   特別研究員

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 理化学研究所   計算科学研究機構   特別研究員

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 日東電工株式会社   研究開発本部   研究員

    2010年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 広島大学   大学院工学研究科 博士課程後期   輸送・環境システム専攻

    2011年4月 - 2015年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 広島大学   工学研究科   社会環境システム専攻

    2008年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 広島大学   工学部   第四類(建設・環境系)

    2004年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. International Association of Computational Mechanics

  2. 日本計算工学会

  3. 日本機械学会

  4. 自動車技術会

  5. 土木学会

委員歴 1

  1. International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE 2020)   Local Arrangements Committee member  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    https://www.compsafe2020.org/committees.html

受賞 6

  1. 応用力学論文奨励賞

    2019年6月   土木学会 応用力学委員会  

    西口 浩司

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  2. 応用力学シンポジウム講演賞

    2016年12月   土木学会 応用力学委員会  

    西口 浩司

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 論文賞

    2015年5月   日本計算工学会  

    西口 浩司

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  4. 奨学褒章

    2010年3月   日本船舶海洋工学会  

    西口 浩司

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  5. 奨学褒章

    2008年3月   日本船舶海洋工学会  

    西口 浩司

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  6. エクセレント・スチューデント・スカラシップ

    2007年12月   広島大学  

    西口 浩司

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 12

  1. ラグランジュマーカー粒子を用いたオイラー型有限体積法による圧縮性固体解析 査読有り

    西口浩司, 嶋田宗将, 大髙雅史, 岡澤重信, 坪倉誠

    土木学会論文集A2(応用力学)   75 巻 ( 2 ) 頁: I_237 - I_248   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Full Eulerian deformable solid‐fluid interaction scheme based on building‐cube method for large‐scale parallel computing 査読有り

    Nishiguchi Koji, Bale Rahul, Okazawa Shigenobu, Tsubokura Makoto

    INTERNATIONAL JOURNAL FOR NUMERICAL METHODS IN ENGINEERING   117 巻 ( 2 ) 頁: 221 - 248   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/nme.5954

  3. Multimaterial Eulerian finite element formulation for pressure-sensitive adhesives 査読有り

    Koji Nishiguchi, Shigenobu Okazawa, Makoto Tsubokura

    International Journal for Numerical Methods in Engineering   114 巻 ( 13 ) 頁: 1368 - 1388   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley and Sons Ltd  

    A temperature-dependent visco-hyperelastic formulation is proposed based on a Eulerian finite element method for large-deformation and multimaterial problems, which is pertinent in the application to pressure-sensitive adhesives. All the basic equations are computed in the Eulerian description because it allows arbitrarily large deformations. This formulation employs Simo's finite-strain viscoelastic model, where hyperelasticity is modeled as a novel strain-energy function of the left Cauchy-Green deformation tensor. The left Cauchy-Green deformation tensor is temporally updated from the Eulerian velocity field. Temperature dependence is described with the time-temperature superposition principle. To validate the proposed approach, we simulated tests of uniaxial tension with various tensile speeds and temperature conditions and performed a steel-ball-drop test on an acrylic pressure-sensitive adhesive.

    DOI: 10.1002/nme.5790

    Web of Science

    Scopus

  4. 非圧縮性固体-流体連成解析のための陰的Particle-in-cell法 査読有り

    西口 浩司, バレ ラフール, 岡澤 重信, 坪倉 誠

    土木学会論文集 A2(応用力学)   74 巻 ( 2 ) 頁: I_253 - I_263   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejam.74.I_253

  5. 大規模並列計算に適した階層型直交メッシュ法による完全オイラー型固体-流体連成解析 査読有り

    西口 浩司, バレ ラフール, 岡澤 重信, 坪倉 誠

    土木学会論文集A2(応用力学)   73 巻 ( 2 ) 頁: I_153‐I_163(J‐STAGE) - I_163   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  6. Phantom-node法に基づく非圧縮性オイラー型有限要素法による固体接触解析 査読有り

    西口 浩司, 車谷 麻緒, 岡澤 重信, 坪倉 誠

    土木学会論文集A2(応用力学)   72 巻 ( 2 ) 頁: I_143‐I_154(J‐STAGE) - I_154   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    DOI: 10.2208/jscejam.72.I_143

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  7. 自由移動境界を有するボクセル固体流体連成解析 査読有り

    岡澤 重信, 西口 浩司, 田中 智行

    日本計算工学会論文集   2014 巻   頁: 20140011-20140011 (J-STAGE)   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11421/jsces.2014.20140011

    J-GLOBAL

  8. Euler型有限要素法による温度依存性を考慮した粘着剤の粘性-超弾性解析 査読有り

    西口 浩司, 前田 和久, 岡澤 重信, 田中 智行

    日本計算工学会論文集   2013 巻   頁: 20130020-20130020 (J-STAGE)   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11421/jsces.2013.20130020

    Scopus

    J-GLOBAL

  9. Euler型有限要素法による粘着剤の粘性‐超弾性解析手法 査読有り

    西口 浩司, 前田 和久, 岡澤 重信, 田中 智行

    日本機械学会論文集A編   78 巻 ( 788 ) 頁: 375-389 (WEB ONLY)   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaia.78.375

    J-GLOBAL

  10. 粘着剤の大変形シミュレーション : 第2報:粘着剤の構成方程式 査読有り

    前田 和久, 岡澤 重信, 西口 浩司

    日本接着学会誌   46 巻 ( 10 ) 頁: 366 - 371   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本接着学会  

    DOI: 10.11618/adhesion.46.366

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  11. 粘着剤の大変形シミュレーション(第1報 : オイラー型解法による粘弾性解析) 査読有り

    岡澤 重信, 前田 和久, 西口 浩司, 中尾 賢司

    日本接着学会誌   46 巻 ( 3 ) 頁: 85 - 92   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Adhesion Society of Japan  

    DOI: 10.11618/adhesion.46.85

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  12. 平均化統一解法によるEuler型固体流体連成解析手法 査読有り

    岡澤 重信, 中尾 賢司, 西口 浩司, 田中 智行

    日本機械学会論文集 A編   76 巻 ( 772 ) 頁: 1533 - 1540   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaia.76.1533

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. 大規模スパコンが拓く次世代のものづくり

    坪倉誠, 大西慶治, 西口浩司, 李崇鋼, ラフールバレ, 王威翔( 担当: 共著)

    シミュレーション,Vol.38,No.2  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 学術講演会報告:8th Japan-Korea Workshop on Computational Mechanics (JSCES-COSEIK Joint Workshop) 参加報告

    西口 浩司( 担当: 単著)

    計算工学, Vol.23, No.3, pp.3789  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 学術講演会報告:WCCM2012報告記

    浅井光輝, 西口浩司, 橋本学( 担当: 共著)

    計算工学, Vo.17, No.4, pp.2862-2863  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. Intelligent Control and Computer Engineering

    Koji Nishiguchi( 担当: 分担執筆 ,  範囲: pp.259-270)

    Springer  2011年2月  ( ISBN:9789400702851

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等 10

  1. Voxel-Based Fluid-Structure Interaction Method for Nonlinear Biomaterials Involving Large Deformation 国際共著 国際会議

    Koji Nishiguchi, Tokimasa Shimada, Masafumi Otaka, Christian Peco, Shigenobu Okazawa, Makoto Tsubokura

    14th World Congress on Computational Mechanics (WCCM) ECCOMAS Congress  2021年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. 固定直交メッシュに基づくマーカー粒子を用いた大変形弾塑性解析

    大髙雅史, 西口浩司, 嶋田宗将, 坪倉誠, 杉山裕文, 岡澤重信

    第25回計算工学講演会  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. 階層直交格子を用いたParticle-in-cell法によるトポロジー最適化

    和田有司, 小川時央, 嶋田宗将, 西口浩司, 大高雅史, 岡澤重信, 坪倉誠

    第25回計算工学講演会  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. Reference Map Techniqueを用いたオイラー型流体-構造連成解析

    嶋田宗将, 西口浩司, 岡澤重信, 坪倉誠

    第25回計算工学講演会  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. Reference map techniqueによるオイラー型構造解析の高精度化,

    西口浩司, 嶋田宗将, 大髙雅史, 岡澤重信, 坪倉誠

    第25回計算工学講演会  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. Topology optimization under structural Lagrangian marker particle method using hierarchical Cartesian mesh 国際会議

    Yuji Wada, Tokimasa Shimada, Koji Nishiguchi, Masafumi Otaka, Shigenobu Okazawa, Makoto Tsubokura

    3rd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE2020)  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. Large deformation solid dynamics using Marker particles based on Eulerian formulation 国際会議

    Masafumi Otaka, Koji Nishiguchi, Tokimasa Shimada, Makoto Tsubokura, Hirofumi Sugiyama, Shigenobu Okazawa

    3rd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE2020)  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. Full Eulerian formulation using Lagrangian marker particles for fluid-structure interaction problem 国際会議

    Tokimasa Shimada, Koji Nishiguchi, Shigenobu Okazawa, Makoto Tsubokura

    3rd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE2020)  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. Eulerian finite volume formulation using hierarchical Cartesian mesh for multi-material vehicle structures 国際会議

    Koji Nishiguchi, Tokimasa Shimada, Masafumi Otaka, Shigenobu Okazawa, Makoto Tsubokura

    3rd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE2020)  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. Large Deformation Solid Dynamics Using Marker Particles Based on Eulerian Formulation 国際会議

    Masafumi Otaka, Koji Nishiguchi, Tokimasa Shimada, Makoto Tsubokura, Hirofumi Sugiyama, Shigenobu Okazawa

    14th World Congress on Computational Mechanics (WCCM) ECCOMAS Congress   2021年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. オイラー型構造解析による自動車構造性能のリアルタイム予測AIの開発

    2021年04月 - 2024年03月

    永井科学技術財団 特定課題研究奨励金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. In vivoにおける血流-内皮細胞変形の連成シミュレーション

    2019年09月 - 2021年03月

    理化学研究所 奨励課題 連携型異分野研究課題 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

科研費 2

  1. 高レイノルズ数流れと複雑構造の大規模連成解析のためのオイラー型解法の開発

    研究課題/研究課題番号:20K19815  2020年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    西口 浩司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    近年,激甚化する強風災害に強い都市構造物の検討に有用な数値シミュレーション法を開発する.具体的には,申請者が開発してきたオイラー型構造-流体統一連成解法を,高レイノルズ数の構造-流体連成問題の数値解析が可能な手法へ拡張することを目標とする.高レイノルズ数流れでの固体変形計算の安定化法を開発・妥当性を定量的に検証し,各種の空力不安定振動が発生する機構および計算時間を明らかにする.

  2. エクサスケールを見据えた流体・構造双方向連成問題に対する統一的解法の構築

    研究課題/研究課題番号:19H04124  2019年04月 - 2022年03月

    坪倉 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    次世代超並列計算機環境を想定して、流体運動と構造変形が双方向連成しあう問題を対象に、両者を統一的に扱う解析手法を構築する。流体・構造統一オイラー方程式を採用し、階層直交格子を適用することで、強連成問題に対して超並列スケーリングし、かつ複雑形状に対応できるアルゴリズムを研究開発する。流体と構造の界面捕捉にはラグランジュ粒子法を採用することで、既存のオイラー構造解析の欠点を回避し、膜やシェル構造への対応を可能とする。提案手法を産業界でみられる複雑形状を有するシェルや膜構造の空力不安定問題に適用することで、次世代デジタルエンジニアリング環境を支援するシミュレーションのフレームワーク構築を目指す。
    平成31年度~33年度の3年間で、研究課題1)流体・構造統一オイラー解法のフレームワーク構築、2)アルゴリズムの高速化と超並列チューニング、3)シェル構造物流体連成問題に対するMaterial Point Method(MPM法)の確立、4)ものづくり分野での実証解析に段階的に取り組む。本年度は特に1)、3)、4)に対して取り組んだ。1)に対してはオイラー型流体・構造統一解法に対して陽的時間積分スキームを実装し,その精度検証を行った.3)に対してはシェル構造にも有利に適用できるマーカー粒子法を採用し,各種ベンチマーク問題に対して,汎用的に用いられるVOF法との比較検討を行った.4)に対しては,シミュレーションフレームワークの有用性と実用性評価の為に,自動車CAEコンソーシアム(会長・坪倉誠),及び建築耐風設計コンソーシアム(主査・田村哲郎)を活用して,各種実用問題に対して解析を実施した.自動車課題としてはボンネット付近から発生する狭帯域音(フィードバック音)の直接空力解析を行い,その結果を風洞実験と比較した.狭帯域音発生領域で0.2mm程度の解像度の20億セル規模の大規模解析を,スーパーコンピュータ京を用いて実施し,狭帯域音の発生予測に成功した.また,流体・構造連成機能の実証のために,自動車運動と空力の連成解析を実施し,実自動車形状に対するレーンチェンジ解析を行い,空力による運動安定性効果について検討を行った.このほか,自動車ランプ内の小型ファンを含む熱流動解析を実施し,実験値との比較を行った.これらの結果より,開発中の手法の有用性が確認されている.
    1)オイラー型流体・構造統一解法に対して,陽的時間積分スキームを実装し,その精度検証を行った.本研究の数値解析手法では,固体の構成方程式を除く基礎方程式および空間微分量は,有限体積法により空間方向に離散化され,空間固定の直交メッシュ上で計算される.一方,固体領域はラグランジュ粒子によって表され,ラグランジュ粒子は時々刻々と変化する固体の左コーシー・グリーン変形テンソルおよび偏差応力テンソルの情報を保持する.ここでは,2次精度アダムス-バッシュフォース法により時間積分を行った.
    3)シェル構造等の変形にも対応できるようにマーカー粒子を用いた流体・構造統一解法に対して,ベンチマーク問題による精度検証を行った.精度検証に用いるベンチマーク問題として,流体中に配置された超弾性体と流体に初速度を与えることで,超弾性体を振動させる問題( H. Zhao et al. Journal of Computational Physics, Vol. 227, No. 6, pp. 3114–3140 (2008) )を取り上げた.この問題において,各エネルギーの時刻歴について参照解と比較した結果,従来のVOF法による界面捕捉を用いたオイラー型流体構造統一解法と比較して,精度が向上していることが確認できた.また,空間解像度に対するエネルギー保存誤差の収束性を確認した結果,収束次数は1.2であることが確認された.
    以上の通り,研究は予定通り進捗している.
    1)3)昨年度開発したマーカー粒子を用いた統一オイラー解析フレームワークは,個体の変形テンソル評価に速度勾配を用いた定式化をしているため,流体・構造界面において数値的な不安定性が発生することが確認された.そこで高レイノルズ数流れへ拡張するために,個体側の変形テンソル表記を速度勾配から変形勾配に変更する.これにより流体・構造界面における速度場の不連続性に起因する数値不安定性を回避する.このために,マーカー粒子に個体領域の初期位置ベクトルを保持させ,これをオイラーメッシュ上に補間することで,オイラーメッシュにおける変形勾配テンソルの計算を可能にする.また,体積平均化された流体・構造統一方程式に対してSGS乱流モデルを実装する.2)一部稼働を始めたスパコン「富岳」を用いて圧縮性ソルバーカーネルの性能評価と高速化を実施する. 今年度は特に単体性能の加速に注力し,SIMD並列演算やキャッシュメモリを効率的に活用できるようチューニングすることで,最終的にはスパコン「京」に対してノード性能で100倍以上の加速を目指す.4)開発予定のシミュレーションフレームワークの有用性と実用性評価の為に、機械分野および土木・建築分野におけるものづくりでの実問題を対象に、そのFSを行う。実証解析課題として今年度は,建築物と周囲流との連成による建物加振問題に着目する.具体的には,連続体を仮定した柔構造物として角柱を対象に,流れと構造変形が強連成振動を起こす解析を行う.並行して連携機関による風洞実験を実施し,シミュレーション結果の精度検証を行い,手法の妥当性と実用化に向けた課題抽出を行う.

産業財産権 3

  1. 応力−ひずみ曲線式を出力するためのプログラム及びその装置並びに弾性材料の物性評価方法

    西口 浩司, 前田 和久

     詳細を見る

    出願人:日東電工株式会社

    出願番号:特願2012-146552  出願日:2012年6月29日

    公開番号:特開2014-010047  公開日:2014年1月20日

    J-GLOBAL

  2. 応力−ひずみ曲線式を出力するためのプログラム及びその装置

    前田 和久, 岡澤 重信, 西口 浩司

     詳細を見る

    出願人:日東電工株式会社, 国立大学法人広島大学

    出願番号:特願2009-109605  出願日:2009年4月28日

    公開番号:特開2010-256293  公開日:2010年11月11日

    J-GLOBAL

  3. 応力−ひずみ曲線式を出力するためのプログラム及びその装置、並びに、弾性材料の物性評価方法

    前田 和久, 岡澤 重信, 西口 浩司

     詳細を見る

    出願人:日東電工株式会社, 国立大学法人広島大学

    出願番号:特願2009-109605  出願日:2009年4月28日

    公開番号:特開2010-256293  公開日:2010年11月11日

    特許番号/登録番号:特許第4852626号  発行日:2011年10月28日

    J-GLOBAL

 

担当経験のある科目 (本学) 9

  1. 力学Ⅱ

    2020

  2. 構造材料実験II

    2020

  3. 構造材料実験I

    2020

  4. 環境土木工学実習

    2020

  5. 構造材料実験II

    2020

  6. 構造材料実験I

    2020

  7. 環境土木工学実習

    2020

  8. 構造工学セミナー2A

    2020

  9. 構造力学特論演習

    2020

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 12

  1. システム情報学研究科授業科目 CFD for industrial applications(2018年5月28日)

    神戸大学)

  2. 研究指導担当(研究テーマ:階層型直交メッシュコードCUBEを用いた流体-薄板構造の統一連成解析の研究),神戸大学 システム情報学研究科 博士課程後期学生,2018年4月1日~現在.

    理化学研究所 計算科学研究センター)

  3. 研究指導担当(研究テーマ:階層型直交メッシュコードCUBEを用いた流体-構造-熱の統一連成解析の研究),神戸大学 システム情報学研究科 博士課程前期学生,2018年4月1日~現在.

    理化学研究所 計算科学研究センター)

  4. 研究指導担当(研究テーマ:階層型直交メッシュコードCUBEを用いた建築物の空力不安定振動の研究),東京工業大学 環境・社会理工学院 修士課程学生,2019年1月4日~現在.

    理化学研究所 計算科学研究センター)

  5. 理研研修生:実習指導担当(実習テーマ:階層型直交メッシュコードCUBEを用いた薄板構造解析の研究),研修生:山梨大学 大学院総合研究部 修士課程学生,2018年4月1日~現在.

    理化学研究所 計算科学研究センター)

  6. 理工学研究科 開放環境科学専攻 応用力学・計算力学専修 必修科目 応用力学・計算力学特論第1(2019年6月10日)

    慶應義塾大学)

  7. 数値流体力学

    京都大学 大学院工学研究科(2019年11月18日))

  8. 工学院授業科目 機械宇宙特別講義(2018年1月19日)

    北海道大学)

  9. 全学共通科目 計算科学が拓く世界(2017年6月7日)

    京都大学)

  10. システム情報学研究科授業科目 CFD for industrial applications(2019年5月20日)

    神戸大学)

  11. システム情報学研究科授業科目 CFD for industrial applications(2019年5月17日)

    神戸大学)

  12. システム情報学研究科授業科目 CFD for industrial applications(2018年6月1日)

    神戸大学)

▼全件表示

 

社会貢献活動 6

  1. Scalable fixed-mesh method for simulations of multi-material vehicle structures

    講師

    理化学研究所 計算科学研究センター  The 187th R-CCS cafe  2019年12月16日

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業

    種別:講演会

  2. ミニ四駆少年が夢みた近未来のクルマづくり〜スパコン「富岳」で目指す自動車シミュレーション〜

    講師

    理化学研究所 計算科学研究センター  2019年度一般公開 ミニ講演会  2019年11月

  3. R-CCS研究紹介:ミニ四駆の空気の流れをスパコンで調べてみよう!

    企画, 運営参加・支援

    理化学研究所  2018年11月

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 保護者

    種別:施設一般公開

  4. Fixed-mesh method for solid/structure simulation

    講師

    理化学研究所  The 109th AICS Cafe  2017年3月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

  5. スパコンでわかる、身近な「流れの世界」~シミュレーションがひらく次世代のクルマづくり~

    講師

    理化学研究所  京コンピュータ見学(熊本県立熊本高等学校1年生)  2016年12月

  6. スパコンでわかる、身近な「流れの世界」~シミュレーションがひらく次世代のクルマづくり~

    講師

    理化学研究所  理化学研究所 計算科学研究機構 一般公開 ミニ講演会  2016年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

▼全件表示

メディア報道 1

  1. NHK BS1スペシャル「見えざる敵に挑む~AIが迫る感染爆発~」 テレビ・ラジオ番組

    NHK BS1  NHK BS1スペシャル「見えざる敵に挑む~AIが迫る感染爆発~」  2020年6月27日