Updated on 2022/04/05

写真a

 
KOJIMA Masae
 
Organization
Institutes of Innovation for Future Society Mobility Research Course Designated assistant professor
Title
Designated assistant professor
Contact information
メールアドレス
External link

Degree 1

  1. 博士(環境学) ( 2019.3   名古屋大学 ) 

Professional Memberships 6

  1. 人間環境学会

  2. 自動車技術会

  3. 法科学技術学会

  4. 日本教育心理学会

  5. 日本応用心理学会

  6. 日本交通心理学会

▼display all

Committee Memberships 2

  1. 名古屋高速道路公社   安全対策部会 部会員  

    2021.6   

      More details

    名古屋高速道の交通マネジメントに関する調査研究委員会

  2. JAF愛知支部   交通安全実行委員会 常任委員  

    2018.4   

      More details

    常任委員会における交通環境改善提案審議

Awards 1

  1. 優秀発表論文賞

    2019.6   日本交通心理学会   項目反応理論による適性判断テストの開 発 ―概要―

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc. 

 

Papers 4

  1. Understanding Situations that Make Senior People Feel Reluctant to Drive Reviewed

      Vol. 24 ( 2 ) page: 24 - 28   2022.4

     More details

    Authorship:Lead author  

  2. Development of a Short Form of the Workload Sensitivity Questionnaire Reviewed

      Vol. 53 ( 3 ) page: 560 - 566   2022.4

     More details

    Authorship:Lead author  

  3. セルフモニタリング能力を測定可能な運転リスク評価テストの開発 Reviewed

    島崎敢, 小嶋理江, 新海裕子, 稲上誠, 青木宏文

    自動車技術会論文集   Vol. 53 ( 2 ) page: 397 - 403   2022.3

  4. Changes of Behavior and Mobility in Elderly during COVID-19 Epidemic

    Yamauchi Satsuki, Shimazaki Kan, Kojima Masae, Yonekawa Takashi, Takeda Natsuka, Shinkai Hiroko, Aoki Hirofumi

    Transactions of Society of Automotive Engineers of Japan   Vol. 52 ( 5 ) page: 1143 - 1148   2021

     More details

    Language:Japanese   Publisher:Society of Automotive Engineers of Japan  

    In the present study, we conducted a questionnaire survey to clarify the effects of the COVID-19 epidemic on the physical and mental health of elderly people and the changes in the feelings of elderly drivers toward driving. The number of outings, which decreased during the period of emergency declaration, gradually recovered to the level before COVID-19 epidemic. However, the number of outings for leisure and social activities did not recover. The number of times they used public transportation decreased, and the number of times they used cars driven by others increased. In addition, the number of times they drove by themselves decreased slightly, and their anxiety about driving by themselves increased. Furthermore, communication with others was association with mental health in the elderly. There is concern that the COVID-19 epidemic may cause a decline in quality of life in the elderly.

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.52.1143

    CiNii Research

Books 1

  1. 基礎から学ぶ司法・犯罪心理学研究法

    桐生正幸,板山昂,入山茂,荒井崇史,有賀隆之,池間愛梨,岩見広一,大上渉,大髙実奈,小嶋理江,高岸幸弘,滝口雄太,中川知宏,若林宏輔( Role: Joint author ,  「交通捜査」「交通捜査におけるドライブレコーダ 活用の一例」 「加害者家族」「交通事件の厳罰化」)

    福村出版  2019.11 

     More details

    Total pages:242   Book type:Textbook, survey, introduction

Presentations 41

  1. 高齢ドライバのための短縮版「運転負担感受性チェックシート」作成の試み―運転寿命延伸を目指したドライバ運転特性研究(31)―

    小嶋理江・青木宏文・島崎敢・山内さつき・武田夏佳

    自動車技術会 秋季大会  2021.10 

     More details

    Event date: 2021.10

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  2. 補償行動を測定可能なハザードパーセプションテストの開発―運転寿命延伸を目指したドライバ運転特性研究(32)―

    島崎敢, 新海裕子, 小嶋理江, 稲上誠, 青木宏文

    自動車技術会 秋季大会  2021.10 

     More details

    Event date: 2021.10

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  3. タッチパネルディスプレイを用いたハザードパーセプションテストの開発と高齢ドライバ・非高齢ドライバ・運転指導員の反応の違い

    島崎敢・小嶋理江・山内さつき・青木宏文

    日本応用心理学会  2021.8 

     More details

    Event date: 2021.8

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  4. 運転免許停止処分者講習の受講効果の検討

    小嶋理江, 荘島宏二郎

    日本応用心理学会  2021.8 

     More details

    Event date: 2021.8

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  5. 高齢ドライバに対する効果的運転支援と安全運転促進に関する研究―運転に対する主観評価を用いた特徴分析と分類の試み―

    小嶋理江

    日本応用心理学会  2020 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  6. DAHLIAデータベースによる高齢ドライバの視覚特性と認知特性の関係ー運転寿命延伸を目指したドライバ運転特性研究(30)

    青木宏文,稲上誠,岩瀬愛子,寺崎浩子,伊藤逸毅,島崎敢,粕谷真紀子,武田夏佳,山内さつき, 小嶋理江

    自動車技術会 春季大会  2021.5 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  7. ドライブレコーダで計測した高齢ドライバの一時停止交差点の通過頻度と緊急制動の関係運転寿命延伸を目指したドライバ運転特性研究(26)

    米川隆,青木宏文,島崎敢,田中貴紘,藤掛和広,稲上誠,小嶋理江,青木邦友,平野昭夫,武田夏佳

    自動車技術会 春季大会  2021.5 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  8. ドライブレコーダーを用いた高齢ドライバ研究と今後の展望

    青木宏文,米川隆,名切末晴,島崎敢,小嶋理江,青木邦友,平野昭夫,稲上誠,武田夏佳,新海裕子,山内さつき

    自動車技術会フォーラム2021  2021.7 

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

  9. 事故回避不能状況における行動判断に関する研究(2)―命の選択に関する自動運転AIに対する個人の志向―

    北折充隆・小嶋理江・谷伊織

    日本交通心理学会  2021.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  10. 免許停止処分講習の効果(1) ―事前・事後の比較―

    小嶋理江・谷伊織・北折充隆

    日本交通心理学会  2014.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  11. 免許停止処分講習の効果(2) ―講習種による比較―

    北折充隆・小嶋理江・谷伊織

    日本交通心理学会  2014.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  12. 免許停止処分講習の効果(3) ―パーソナリティ特性に関する検討―

    谷伊織・小嶋理江・北折充隆

    日本交通心理学会  2014.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  13. 免許停止処分講習の効果(5) ―講習種による比較―

    北折充隆・小嶋理江・谷伊織

    日本交通心理学会  2015.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  14. 免許停止処分講習の効果(6) ―パーソナリティ特性に関する検討―

    谷伊織・小嶋理江・北折充隆

    日本交通心理学会  2015.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  15. 運転マナーの悪質性イメージに関する研究(1) -免許所持および交通安全イベント参加経験との関連-

    小嶋理江・谷伊織・北折充隆

    日本交通心理学会  2016.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  16. 運転マナーの悪質性イメージに関する研究(2) -遭遇経験の有無と行為の比較検討-

    北折充隆・小嶋理江・谷伊織

    日本交通心理学会  2016.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  17. 運転マナーの悪質性イメージに関する研究(3) -セルフ・モニタリングとの関連-

    谷伊織・小嶋理江・北折充隆

    日本交通心理学会  2016.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  18. 免許停止処分講習の効果(7) ―講習受講の有無との関連―

    小嶋理江・谷伊織・北折充隆

    日本交通心理学会  2017.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  19. 免許停止処分講習の効果(8) ―免停経験有無と運転態度の比較―

    北折充隆・小嶋理江・谷伊織

    日本交通心理学会  2017.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  20. 免許停止処分講習の効果(9)―パーソナリティ特性の比較―

    谷伊織・小嶋理江・北折充隆

    日本交通心理学会  2017.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  21. 免許停止処分講習の受講と運転態度の関連

    北折充隆・小 嶋理江・谷伊織

    日本交通心理学会  2019.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  22. 事故回避不能状況における行動判断に関する研究(1) ―運転時と自動運転AIによる比較―

    北折充隆・小嶋理江・谷伊織

    日本交通心理学会  2020.11 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  23. 高齢ドライバのメタ認知能力の測定と人間特性との関係ー運転寿命延伸を目指したドライバ運転特性研究(21)

    島崎敢,小嶋理江,青木宏文,稲上誠,武田夏佳,山内さつき

    自動車技術会 春季大会  2021.5 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  24. 高齢ドライバの走行環境と苦手意識の関係

    小嶋理江,稲上誠,青木宏文

    人間環境学会(MERA)  2021.5 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  25. 高齢ドライバの効果的な運転支援と安全運転促進 に関する研究―日頃の運転に対する主観評価を用いた特徴分析―

    小嶋理江・島崎敢・米川隆・青木宏文

    日本交通心理学会  2020.11 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  26. あおり運転に影響するパーソナリティ特性の 検討

    谷伊織・小嶋理江・北折充隆

    日本交通心理学会  2019.6 

  27. 運転免許の自主返納に関する研究(1) ―自主返納判断に至る内的心理モデルの検討―

    小嶋理江・谷伊織・北折充隆

    日本交通心理学会  2018.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  28. 免許停止処分講習の効果(4) ―事前・事後の比較―

    小嶋理江・谷伊織・北折充隆

    日本交通心理学会  2015.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  29. COVID-19流行に伴う高齢者の行動と利用移動手段の変化運転寿命延伸を目指したドライバ運転特性研究(25)

    山内さつき, 島崎敢, 小嶋理江, 米川隆, 武田夏佳, 新海裕子, 青木宏文

    自動車技術会 春季大会  2021.5 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  30. 運転免許停止処分者講習の効果に関する研究―処分者の違反の特徴―

    小嶋理江, 荘島宏二郎

    日本交通心理学会  2021.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  31. 運転免許の自主返納に関する研究(3) ―性格特性および自由記述データと返納意識との関連―

    谷伊織, 小嶋理江, 北折充隆

    日本交通心理学会  2018.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  32. 運転免許の自主返納に関する研究(2) ―環境・状況要因との関連につい て―

    北折充隆, 小嶋理江, 谷伊織

    日本交通心理学会  2018.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  33. 免許停止処分講習の受講と運転態度の関連

    北折充隆, 小 嶋理江, 谷伊織

    日本交通心理学会  2019.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  34. 免許停止処分講習の効果(9)―パーソナリティ特性の比較―

    谷伊織, 小嶋理江, 北折充隆

    日本交通心理学会  2017.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  35. 免許停止処分講習の効果(8) ―免停経験有無と運転態度の比較―

    北折充隆, 小嶋理江, 谷伊織

    日本交通心理学会  2017.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  36. 免許停止処分講習の効果(7) ―講習受講の有無との関連―

    小嶋理江, 谷伊織, 北折充隆

    日本交通心理学会  2017.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  37. 事故回避不能状況における行動判断に関する研究(2)―命の選択に関する自動運転AIに対する個人の志向―

    北折充隆, 小嶋理江, 谷伊織

    日本交通心理学会  2021.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  38. 事故回避不能状況における行動判断に関する研究(1) ―運転時と自動運転AIによる比較―

    北折充隆, 小嶋理江, 谷伊織

    日本交通心理学会  2020.11 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  39. ドライブレコーダーを用いた高齢ドライバ研究と今後の展望

    青木宏文, 米川隆, 名切末晴, 島崎敢, 小嶋理江, 青木邦友, 平野昭夫, 稲上誠, 武田夏佳, 新海裕子, 山内さつき

    自動車技術会フォーラム2021  2021.7 

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

  40. ドライブレコーダで計測した高齢ドライバの一時停止交差点の通過頻度と緊急制動の関係運転寿命延伸を目指したドライバ運転特性研究(26)

    米川隆, 青木宏文, 島崎敢, 田中貴紘, 藤掛和広, 稲上誠, 小嶋理江, 青木邦友, 平野昭夫, 武田夏佳

    自動車技術会 春季大会  2021.5 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  41. DAHLIAデータベースによる高齢ドライバの視覚特性と認知特性の関係ー運転寿命延伸を目指したドライバ運転特性研究(30)

    青木宏文, 稲上誠, 岩瀬愛子, 寺崎浩子, 伊藤逸毅, 島崎敢, 粕谷真紀子, 武田夏佳, 山内さつき, 小嶋理江

    自動車技術会 春季大会  2021.5 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 2

  1. 自らの運転行動を他車視点で経験す ることによる教育効果―適切なメタ認知の向上を目指して―

    2021.4 - 2022.3

    稲盛研究財団研究助成  人文・社会科学系

    小嶋理江

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\1000000

  2. 中高齢ドライバの免許返納 を規定する意思決定モデルの検討

    2017.10 - 2018.9

    三井住友海上福祉財団研究助成  交通安全等部門

    谷伊織

      More details

    Authorship:Collaborating Investigator(s) (not designated on Grant-in-Aid)  Grant type:Competitive

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 1

  1. 高齢ドライバに対する個人に最適化した運転介入に向けたメタ認知の適切さの評価

    Grant number:22K13792  2022.4 - 2025.3

    日本学術振興会  科学技術研究費助成事業  2022年度 若手研究

 

Teaching Experience (Off-campus) 17

  1. 司法・犯罪心理学

    2020.4 Tokai Gakuen University)

  2. データ解析論

    2019.9 - 2021.3 Sugiyama Jogakuen University)

  3. 多変量解析技法

    2019.9 - 2021.3 Sugiyama Jogakuen University)

  4. 心理学

    2016.4 - 2020.3 Toyota Technological Institute)

  5. 心理

    2016.4 - 2020.3 Sugiyama Jogakuen University)

  6. 実験社会心理学

    2013.9 - 2014.3 Kinjo Gakuin University)

  7. 多元心理学基礎演習

    2013.9 - 2014.3 Kinjo Gakuin University)

  8. 社会心理学概論

    2013.9 - 2014.3 Kinjo Gakuin University)

  9. 心理学調査

    2012.4 - 2019.3 Kinjo Gakuin University)

  10. 心と身体

    2012.4 - 2012.9 Chubu University)

  11. 健康心理学

    2008.4 - 2009.3 Tokai Gakuen University)

  12. 応用心理学

    2007.4 Tokai Gakuen University)

  13. 人間の行動

    2007.4 - 2009.9 Aichi Institute of Technology)

  14. こころの科学

    2007.4 - 2009.9 Aichi Institute of Technology)

  15. 学習心理学

    2007.4 - 2009.3 Tokai Gakuen University)

  16. 人間科学

    2002.6 - 2010.3 Nagoya University of Arts)

  17. 職業指導

    2002.6 - 2007.3 Aichi Institute of Technology)

▼display all