2023/09/13 更新

写真a

モモハラ マリコ
桃原 真理子
MOMOHARA Mariko
所属
医学部附属病院 皮膚科 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
助教
 

論文 36

  1. Comment on: Successful treatment of rapid progressive interstitial lung disease in a case of anti-Zo antibody positive anti-synthetase syndrome.

    Koizumi H, Muro Y, Kamiya S, Akashi N, Imai S, Yamashita Y, Ogawa-Momohara M, Takeichi T, Akiyama M

    International journal of rheumatic diseases   26 巻 ( 9 ) 頁: 1872 - 1873   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1756-185X.14654

    PubMed

  2. Cutaneous manifestations of microscopic polyangiitis successfully controlled with avacopan alone.

    Kamiya S, Koizumi H, Suzuki Y, Imai S, Yamashita Y, Ogawa-Momohara M, Takeichi T, Muro Y, Yasuda K, Akiyama M

    The Journal of dermatology   50 巻 ( 7 ) 頁: e206 - e207   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1346-8138.16726

    PubMed

  3. Allergen-specific IgG4 increase in atopic dermatitis with long-term dupilumab use.

    Ogawa-Momohara M, Muro Y, Murase C, Taki T, Tanahashi K, Yamashita Y, Koizumi H, Fukaura R, Takeichi T, Akiyama M

    The British journal of dermatology     2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/bjd/ljad207

    PubMed

  4. Successful combination therapy of bimekizumab and granulocyte monocyte adsorption apheresis for generalized pustular psoriasis complicated with microscopic polyangiitis.

    Shukuin R, Koizumi H, Ebata A, Imai S, Yamashita Y, Ogawa-Momohara M, Takeichi T, Muro Y, Takami N, Akiyama M

    The Journal of dermatology   50 巻 ( 6 ) 頁: e181 - e182   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1346-8138.16707

    PubMed

  5. Comment on: Disease evolution in a long-term follow-up of 104 undifferentiated connective tissue disease patients.

    Yamashita Y, Muro Y, Koizumi H, Ogawa-Momohara M, Takeichi T, Akiyama M

    Clinical and experimental rheumatology   41 巻 ( 1 ) 頁: 195 - 196   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.55563/clinexprheumatol/fnrck0

    PubMed

  6. A case of juvenile amyopathic dermatomyositis with anti-transcription intermediary factor 1-α antibody showing negative anti-TIF1-γ ELISA results: Comment on "Case of pembrolizumab-induced dermatomyositis with anti-transcription intermediary factor 1-γ antibody".

    Koizumi H, Muro Y, Imai S, Yamashita Y, Ogawa-Momohara M, Takeichi T, Murakami M, Mitsuma T, Akiyama M

    The Journal of dermatology   50 巻 ( 1 ) 頁: e39 - e40   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1346-8138.16587

    PubMed

  7. Appropriate immunoassay systems are needed to evaluate various anticentromere antibodies as biomarkers for disease progression in systemic sclerosis.

    Muro Y, Yamashita Y, Koizumi H, Ogawa-Momohara M, Takeichi T, Akiyama M

    Journal of immunological methods   512 巻   頁: 113400   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jim.2022.113400

    PubMed

  8. Two novel anti-aminoacyl tRNA synthetase antibodies: Autoantibodies against cysteinyl-tRNA synthetase and valyl-tRNA synthetase.

    Muro Y, Yamashita Y, Koizumi H, Ogawa-Momohara M, Takeichi T, Mitsuma T, Akiyama M

    Autoimmunity reviews   21 巻 ( 12 ) 頁: 103204   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.autrev.2022.103204

    PubMed

  9. Clinical significance of anti-NOR90 antibodies in systemic sclerosis and idiopathic interstitial pneumonia.

    Yamashita Y, Yamano Y, Muro Y, Ogawa-Momohara M, Takeichi T, Kondoh Y, Akiyama M

    Rheumatology (Oxford, England)   61 巻 ( 4 ) 頁: 1709 - 1716   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/rheumatology/keab575

    PubMed

  10. Anti-Zo antibodies in Japanese myositis patients detected by a newly developed ELISA.

    Muro Y, Hashimoto T, Izumi S, Ogawa-Momohara M, Takeichi T, Yamashita H, Yasuoka H, Akiyama M

    Clinical and experimental rheumatology   40 巻 ( 2 ) 頁: 219 - 223   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.55563/clinexprheumatol/q70vmh

    PubMed

  11. Response to: 'Anti-Ku antibodies: important points to consider' by Mahler et al.

    Ogawa-Momohara M, Muro Y, Akiyama M

    Annals of the rheumatic diseases   80 巻 ( 11 ) 頁: e183   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2019-216595

    Scopus

    PubMed

  12. Overlap of systemic lupus erythematosus and myositis is rare in anti-Ku antibody-positive patients.

    Ogawa-Momohara M, Muro Y, Akiyama M

    Annals of the rheumatic diseases   80 巻 ( 9 ) 頁: e147   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2019-216375

    Scopus

    PubMed

  13. Immune recognition of lysyl-tRNA synthetase and isoleucyl-tRNA synthetase by anti-OJ antibody-positive sera.

    Muro Y, Yamano Y, Yoshida K, Oto Y, Nakajima K, Mitsuma T, Kikuchi S, Matsumae A, Ogawa-Momohara M, Takeichi T, Kondoh Y, Katayama M, Todoroki Y, Tanaka Y, Satoh M, Akiyama M

    Journal of autoimmunity   122 巻   頁: 102680   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaut.2021.102680

    PubMed

  14. Autoantibody profiles in patients' sera associated with distribution patterns of dermatomyositis skin symptoms.

    Ogawa-Momohara M, Kinoshita F, Muro Y, Kobayashi Y, Takeichi T, Akiyama M

    Journal of the American Academy of Dermatology   84 巻 ( 6 ) 頁: 1720 - 1722   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaad.2020.07.131

    PubMed

  15. ANCA‐associated neuropathy in systemic sclerosis: A case report and review of literature

    Kayo Takenaka, Takuya Takeichi, Ryoji Nishi, Masashi Suzuki, Haruki Koike, Masahisa Katsuno, Mariko Ogawa‐Momohara, Yoshinao Muro, Masashi Akiyama

    Journal of Cutaneous Immunology and Allergy   4 巻 ( 2 ) 頁: 34 - 36   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/cia2.12153

    CiNii Research

  16. Morphea in a Crohn's disease patient undergoing ustekinumab treatment.

    Makihara-Inukai M, Takeichi T, Ogawa-Momohara M, Muro Y, Akiyama M

    European journal of dermatology : EJD   31 巻 ( 1 ) 頁: 96 - 97   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1684/ejd.2020.3956

    PubMed

  17. A case with overlapping features of IgG4-related autoimmune pancreatitis, Sjögren's syndrome and anti-aminoacyl-tRNA synthetase syndrome.

    Yoshikawa M, Muro Y, Ogawa-Momohara M, Ito S, Takeichi T, Akiyama M

    Modern rheumatology case reports   5 巻 ( 1 ) 頁: 82 - 86   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/24725625.2020.1816675

    PubMed

  18. 2019 Diagnostic criteria for mixed connective tissue disease (MCTD): From the Japan research committee of the ministry of health, labor, and welfare for systemic autoimmune diseases.

    Tanaka Y, Kuwana M, Fujii T, Kameda H, Muro Y, Fujio K, Itoh Y, Yasuoka H, Fukaya S, Ashihara K, Hirano D, Ohmura K, Tabuchi Y, Hasegawa H, Matsumiya R, Shirai Y, Ogura T, Tsuchida Y, Ogawa-Momohara M, Narazaki H, Inoue Y, Miyagawa I, Nakano K, Hirata S, Mori M

    Modern rheumatology   31 巻 ( 1 ) 頁: 29 - 33   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    DOI: 10.1080/14397595.2019.1709944

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

  19. A case of systemic lupus erythematosus/systemic sclerosis overlap syndrome successfully treated with belimumab.

    Hara M, Ogawa-Momohara M, Muro Y, Takeichi T, Akiyama M

    European journal of dermatology : EJD   30 巻 ( 5 ) 頁: 615 - 617   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1684/ejd.2020.3868

    PubMed

  20. Clinical and serological features of dermatomyositis and systemic lupus erythematosus patients with autoantibodies to ADAR1.

    Muro Y, Ogawa-Momohara M, Takeichi T, Fukaya S, Yasuoka H, Kono M, Akiyama M

    Journal of dermatological science   100 巻 ( 1 ) 頁: 82 - 84   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jdermsci.2020.08.008

    PubMed

  21. A single-centre cohort study on cutaneous manifestations of antinuclear matrix protein 2 antibody-positive dermatomyositis

    Okochi S.

    Clinical and Experimental Dermatology   45 巻 ( 5 ) 頁: 591-593   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ced.14152

    Scopus

  22. Subacute cutaneous lupus erythematosus with melanocyte elimination induced by pembrolizumab.

    Ogawa-Momohara M, Muro Y, Goto K, Obuse C, Satoh M, Kono M, Akiyama M

    The Journal of dermatology   47 巻 ( 6 ) 頁: e217 - e219   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1346-8138.15316

    Scopus

    PubMed

  23. sQUIZ your knowledge: Multiple subcutaneous nodules symmetrically located on tendinous regions.

    Hokari N, Ogawa-Momohara M, Akiyama M

    European journal of dermatology : EJD   30 巻 ( 2 ) 頁: 226 - 227   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1684/ejd.2020.3803

    Scopus

    PubMed

  24. Remodelling of calcinosis cutis in a patient with scleroderma overlap syndrome

    Dittmer M.R.

    Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology   34 巻 ( 1 ) 頁: e20-e21   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdv.15864

    Scopus

  25. Clinical characteristics of anti-Ro52α and anti-Ro52β antibodies in dermatomyositis/polymyositis.

    Ogawa-Momohara M, Muro Y, Mitsuma T, Katayama M, Yanaba K, Nara M, Kakeda M, Akiyama M

    Journal of dermatological science   96 巻 ( 1 ) 頁: 50 - 52   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jdermsci.2019.08.002

    Scopus

    PubMed

  26. Acrodermatitis continua of Hallopeau with dense infiltration of IgG4-positive cells in the lesional dermis

    Ogawa-Momohara M.

    British Journal of Dermatology   180 巻 ( 4 ) 頁: 941-942   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/bjd.17405

    Scopus

  27. Anti‐Mi‐2 antibody titers and cutaneous manifestations in dermatomyositis

    Mariko Ogawa‐Momohara, Yoshinao Muro, Masashi Akiyama

    Journal of Cutaneous Immunology and Allergy   2 巻 ( 2 ) 頁: 49 - 52   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/cia2.12048

    CiNii Research

  28. Prognosis of dysphagia in dermatomyositis.

    Ogawa-Momohara M, Muro Y, Kono M, Akiyama M

    Clinical and experimental rheumatology   37 巻 ( 1 ) 頁: 165   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  29. Prognosis of dysphagia in dermatomyositis

    Ogawa-Momohara M.

    Clinical and Experimental Rheumatology   37 巻 ( 1 ) 頁: .   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  30. Strong correlation between cancer progression and anti-transcription intermediary factor 1γ antibodies in dermatomyositis patients

      36 巻 ( 6 ) 頁: 990-995   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  31. Strong correlation between cancer progression and anti-transcription intermediary factor 1γ antibodies in dermatomyositis patients.

    Ogawa-Momohara M, Muro Y, Mitsuma T, Katayama M, Yanaba K, Nara M, Kakeda M, Kono M, Akiyama M

    Clinical and experimental rheumatology   36 巻 ( 6 ) 頁: 990 - 995   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  32. Splicing variant of WDFY4 augments MDA5 signalling and the risk of clinically amyopathic dermatomyositis.

    Kochi Y, Kamatani Y, Kondo Y, Suzuki A, Kawakami E, Hiwa R, Momozawa Y, Fujimoto M, Jinnin M, Tanaka Y, Kanda T, Cooper RG, Chinoy H, Rothwell S, Lamb JA, Vencovský J, Mann H, Ohmura K, Myouzen K, Ishigaki K, Nakashima R, Hosono Y, Tsuboi H, Kawasumi H, Iwasaki Y, Kajiyama H, Horita T, Ogawa-Momohara M, Takamura A, Tsunoda S, Shimizu J, Fujio K, Amano H, Mimori A, Kawakami A, Umehara H, Takeuchi T, Sano H, Muro Y, Atsumi T, Mimura T, Kawaguchi Y, Mimori T, Takahashi A, Kubo M, Kohsaka H, Sumida T, Yamamoto K

    Annals of the rheumatic diseases   77 巻 ( 4 ) 頁: 602 - 611   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2017-212149

    Scopus

    PubMed

  33. Pansclerotic morphea associated with hypohidrosis and anti-M3 muscarinic acetylcholine receptor antibodies

    Fujita-Tanaka H.

    British Journal of Dermatology   178 巻 ( 3 ) 頁: e210-e211   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/bjd.16021

    Scopus

  34. Autoantibodies to Su/Argonaute 2 in Japanese patients with inflammatory myopathy.

    Ogawa-Momohara M, Muro Y, Satoh M, Akiyama M

    Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   471 巻   頁: 304 - 307   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cca.2017.06.022

    Scopus

    PubMed

  35. Ortner's syndrome caused by pulmonary arterial hypertension associated with mixed connective tissue disease.

    Ogawa-Momohara M, Muro Y, Hirashiki A, Fujimoto Y, Kondo T, Akiyama M

    Clinical and experimental rheumatology   34 巻 ( 6 ) 頁: 1125   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  36. Successful topical adapalene treatment for the facial lesions of an adolescent case of epidermolytic ichthyosis.

    Ogawa M, Akiyama M

    Journal of the American Academy of Dermatology   71 巻 ( 3 ) 頁: e103 - 5   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaad.2014.04.010

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. Tetsuo Kogawa Radio-art

    粉川 哲夫 , Meursault Pali, Ogawa Mariko( 担当: 単著)

    UV éditions  2019年  ( ISBN:9782956275329

     詳細を見る

    記述言語:フランス語

    CiNii Books

科研費 4

  1. 細胞外小胞と自己抗体産生

    研究課題/研究課題番号:23K15265  2023年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  若手研究

    桃原 真理子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    疾患発症前に自己抗体が産生される機序として、非炎症時に生細胞から産生される細胞外小胞の抗原提示機能が、B細胞を活性化し自己抗体を産生させる経路が存在するという仮説を立てた。 検証のために必要な実験は以下の2つである。
    1. 各種膠原病患者血漿の細胞外小胞から、自己抗体特異的な抗原をウエスタンブロットやプロテオミクス解析で同定する。内包される自己抗原量の変化を、治療前後で経時的に測定する。
    2. 治療後、細胞外小胞内に自己抗原が認められなくなった患者から血中のB細胞を単離し、同患者の治療前に採取保存していた血漿中の細胞外小胞を添加して、B細胞の増殖と抗体産生を誘導できるかを確認する。

  2. アレルゲン特異的IgG4の経皮的感作、脱感作における機能解析

    研究課題/研究課題番号:19K17768  2021年11月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  若手研究

    桃原 真理子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    1. 尋常性魚鱗癬患者におけるアレルゲン特異的IgEとIgG4の検討:尋常性魚鱗癬のアトピー群、非アトピー群、健常群の血清を用いて、吸入抗原、食物抗原、皮膚表在菌などの皮膚感作抗原に対する各群での抗体の有無の傾向や抗体価の比較をELISAで行う。
    2. 抗炎症抗体としてのIgG4機能検討 :アレルゲンと反応させた患者血清IgG4をM2マクロファージ(代替活性化マクロファージ)等と反応させ、活性化するかどうかを検証する。
    3. 抗原に吸着したIgG4のB細胞活性制御に関する検討:魚鱗癬患者より採取したB細胞に、アレルゲンに吸着したIgG4を反応させ、IgG4、IgEの産生量変化を見る。
    名古屋大学附属病院に採血、アンケート調査のための倫理申請を行い、2019年8月5日に前向き研究の許可を得た。アトピー性皮膚炎、先天性角化症患者さん、健常人へのアンケートおよび採血のご協力を得て、現在約70名ほどのデータと検体収集を行った。各アレルゲン(ヤケヒョウダニ、スギ、アスペルギルス、カンジタ、イヌ皮膚、黄色ブドウ球菌、マラセチア、アルテルナリア、卵白OVA)に対し、抗原を固相化したELISA法を用いて各患者およびコンロトール群の血清中のIgG4とIgE間の反応性を検体群ごとに比較した。
    現時点までの検討では、各検体のIgG4とIgEの反応性の傾向(IgG4、IgEが抗吸着される頻度とパターン)が、各群で抗原ごとに大きく異なり、アレルゲンごとの感作、脱感作の経路や形式、あるいはIgG4の持つ役割が異なる可能性が強く示唆された。
    また、骨髄移植後のサンプルでは、寛解長期生存後もアレルギーの臨床症状を認めるものの、血清学的には全く反応を示していなかった例があり、別途検討を行う予定である。
    本研究は患者検体100と健常人検体30以上を予定しており、今後も引き続き検体の収集を平行して行っていく予定である。また、アレルゲン毎に異なる反応性が見られたため、その傾向をさらに検討するためにアレルゲンの種類を拡大、改良し、ELISAの方法を画一していく予定となっている。当実験ではIgEの反応性がやや弱い傾向にあり、今後改良の必要があると考えている。また、はっきりとした反応が見られた検体に対し、肥満細胞や形質細胞を用いた血球レベルの実験を追加していく予定である。

  3. 皮膚筋炎におけるDNAミスマッチ修復酵素に対する自己免疫応答の解明

    研究課題/研究課題番号:26461656  2014年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    室 慶直, 桃原 真理子, 山本 恵理

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    DNAのミスマッチ修復は細菌からヒトまで保存されている重要な生命機構であり、最初のステップであるミスマッチ認識には、ヒトでは7種の酵素が関与する。我々は炎症性筋疾患を始めとする膠原病患者にこれらの酵素群のうちの4種に対する自己抗体が存在することを報告したが、さらなる研究でそれらの主要対応抗原はMLH1、PMS1の2種であり、他の筋炎マーカー抗体が併存している例とそうでない例が存在した。これら抗体のスクリーニング検査として従来使用されている培養細胞基質が適さないことが判明し、適当な基質を見出すことに成功した。また、培養角化細胞への紫外線照射がこれらの自己抗原の発現に変化を与える可能性を見出した。

  4. がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動

    研究課題/研究課題番号:221S0001  2010年4月 - 2016年3月

    科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

    今井 浩三, 中村 祐輔, 井上 純一郎, 中村 卓郎, 石川 冬木, 山村 研一, 荒木 喜美, 八尾 良司, 高野 洋志, 高倉 彰, 加藤 秀樹, 中潟 直己, 豊國 伸哉, 鰐渕 英機, 小川 勝洋, 三森 国敏, 山田 泰広, 渋谷 淳, 今井田 克己, 二口 充, 神田 浩明, 田中 英夫, 若井 建志, 三上 春夫, 鈴木 貞夫, 三浦 克之, 渡辺 能行, 有澤 孝吉, 田中 恵太郎, 嶽崎 俊郎, 古庄 憲浩, 内藤 真理子, 大中 佳三, 喜多 義邦, 栗木 清典, 玉腰 暁子, 江口 英孝, 久保 充明, 浜島 信之, 永田 知里, 樋野 興夫, 田原 栄俊, 椙村 春彦, 津金 昌一郎, 中杤 昌弘, 高山 哲治, 赤座 英之, 高橋 悟, 塚本 泰司, 内藤 誠二, 舛森 直哉, 横溝 晃, 並木 幹夫, 藤本 清秀, 藤岡 知昭, 堀江 重郎, 森 満, 森脇 久隆, 清水 雅仁, 神奈木 真理, 石田 高司, 松岡 雅雄, 山岡 昇司, 田中 勇悦, 渡邉 俊樹, 安井 寛, 土屋 永寿, 醍醐 弥太郎, 宮城 洋平, 高橋 隆, 矢守 隆夫, 清宮 啓之, 上原 至雅, 吉田 稔, 井本 正哉, 深澤 秀輔, 掛谷 秀昭, 旦 慎吾, 冨田 章弘, 川田 学, 長田 裕之, 松浦 正明, 水上 民夫, 馬島 哲夫, 牛嶋 大, 時野 隆至, 鈴木 拓, 篠村 恭久, 能正 勝彦, 宮園 浩平, 稲澤 譲治, 広田 亨, 野田 哲生, 鈴木 操, 竹田 直樹, 柳沼 克幸, 杉谷 善信, 伊藤 秀美, 細野 覚代, 岩崎 基, 永瀬 浩喜, 西夛 裕樹, 古野 純典, 橋本 修二, 山口 一成, 高野 淳, 寺本 晃治, 松田 浩一, 田中 祐吉, 青木 一郎, 長村 義之, 中村 直哉, 鈴木 登, 田尻 道彦, 川崎 隆, 横瀬 智之, 柳澤 聖, 平川 晃弘, 飯島 祥彦, 前佛 均, 佐々木 泰史, 井戸川 雅史, 丸山 玲緒, 甲斐 正広

      詳細を見る

    がんの克服を目指す研究への支援から始まり、平成26 年度からは広く生命科学研究に携わる研究者も対象として支援を展開した。その結果、総括支援活動では若手研究者の育成ならびに今後研究支援に携わる可能性のある人材を育成し、国際学術交流を展開した。遺伝子改変マウスの供給支援、がん組織をはじめバイオリソースの提供支援等により、多くの世界的・先端的研究が展開された。日本を代表する疫学・ATL 研究では、得られた貴重な試料は11万検体を超え、多くの研究者を支援し貴重な成果を生み出した。化学療法基盤支援、ゲノム・エピゲノム支援は当初の目標を上回る成果を上げた。さらに市民講演会等により国民に支援の重要性を広報した。