2022/03/26 更新

写真a

ハヤカワ ヒサシ
早川 尚志
HAYAKAWA Hisashi
所属
高等研究院 特任助教
宇宙地球環境研究所 特任助教
職名
特任助教
プロフィール
太陽地球環境、宇宙天気、環境史などの研究をしております。

学位 2

  1. 博士(理学) ( 2020年3月   京都大学 ) 

  2. 博士(文学) ( 2020年3月   大阪大学 ) 

研究キーワード 7

  1. 太陽地球環境

  2. 宇宙天気

  3. 環境史

  4. 太陽物理学

  5. 地磁気

  6. 東洋史

  7. 科学史

研究分野 7

  1. 自然科学一般 / 天文学  / 太陽地球環境

  2. 自然科学一般 / 地球人間圏科学  / 宇宙天気

  3. 人文・社会 / 史学一般  / 環境史

  4. 自然科学一般 / 天文学  / 太陽物理学

  5. 自然科学一般 / 地球人間圏科学  / 地磁気

  6. 人文・社会 / 科学社会学、科学技術史  / 科学史

  7. 人文・社会 / アジア史、アフリカ史  / 東洋史

▼全件表示

経歴 2

  1. 名古屋大学   高等研究院   特任助教

    2020年4月 - 現在

  2. 大阪大学   文学研究科   日本学術振興会特別研究員

    2017年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    備考:日本学術振興会特別研究員DC1

学歴 1

  1. 大阪大学   文学研究科

    2017年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    備考: 博士後期課程

所属学協会 3

  1. 日本天文学会

    2018年4月 - 現在

  2. 地球電磁気・地球惑星圏学会

    2015年7月 - 現在

  3. 内陸アジア史学会

    2015年3月 - 現在

委員歴 3

  1. Geoscience Data Journal   客員編集委員  

    2021年3月 - 2021年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    特集号の編集委員

  2. Advances in Space Research   客員編集委員  

    2020年11月 - 2021年12月   

      詳細を見る

    特集号の編集委員

  3. History of Geo- and Space Science   編集委員  

    2019年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 2

  1. EPS Young Researcher Award

    2018年5月   Earth Planets and Space  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

  2. 京都大学総長賞

    2017年3月   京都大学  

 

論文 42

  1. Temporal Variations of the Three Geomagnetic Field Components at Colaba Observatory around the Carrington Storm in 1859 査読有り 国際共著

    Hayakawa, H., Nevanlinna, H., Blake, S. P., Ebihara, Y., Bhaskar, A. T., Miyoshi, Y.

    Astrophysical Journal   928 巻 ( 32 )   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/ac2601

    DOI: 10.3847/1538-4357/ac2601

  2. Stephan Prantner’s Sunspot Observations during the Dalton Minimum 査読有り 国際共著

    Hayakawa, H., Uneme, S., Besser, B. P., Iju, T., Imada, S.

    The Astrophysical Journal   919 巻   頁: 1   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/abee1b

    DOI: 10.3847/1538-4357/abee1b

  3. The Extreme Space Weather Event in 1903 October/November: An Outburst from the Quiet Sun 査読有り 国際共著

    Hayakawa Hisashi, Ribeiro Paulo, Vaquero Jose M., Cruz Gallego Maria, Knipp Delores J., Mekhaldi Florian, Bhaskar Ankush, Oliveira Denny M., Notsu Yuta, Carrasco Victor M. S., Caccavari Ana, Veenadhari Bhaskara, Mukherjee Shyamoli, Ebihara Yusuke

    ASTROPHYSICAL JOURNAL LETTERS   897 巻   頁: L10   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Astrophysical Journal Letters  

    DOI: 10.3847/2041-8213/ab6a18

    Web of Science

    Scopus

  4. Thaddaus Derfflinger's Sunspot Observations during 1802-1824: A Primary Reference to Understand the Dalton Minimum 査読有り 国際共著

    Hayakawa Hisashi, Besser Bruno P., Iju Tomoya, Arlt Rainer, Uneme Shoma, Imada Shinsuke, Bourdin Philippe-A., Kraml Amand

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   890 巻   頁: 98   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Astrophysical Journal  

    DOI: 10.3847/1538-4357/ab65c9

    Web of Science

    Scopus

  5. Temporal and Spatial Evolutions of a Large Sunspot Group and Great Auroral Storms around the Carrington Event in 1859 招待有り 査読有り 国際共著

    Hayakawa, H., Ebihara, Y., Willis, D. M., Toriumi, S., Iju, T., Hattori, K., Wild, M. N., Oliveira, D. M., Ermolli, I., Ribeiro, J. R., Correia, A. P., Ribeiro, A. I., Knipp, D. J.

    Space Weather   17 巻   頁: 1553 - 1569   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2019SW002269

    DOI: 10.1029/2019SW002269

  6. A review for Japanese auroral records on the three extreme space weather events around the International Geophysical Year (1957–1958) 査読有り

    Hayakawa H., Ebihara Y., Hata H.

    Geoscience Data Journal     2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geoscience Data Journal  

    Solar Cycle 19 was probably the greatest solar cycle over the last four centuries and significantly disrupted the solar-terrestrial environments with a number of solar eruptions and resultant geomagnetic storms. At its peak, the International Geophysical Year (IGY: 1957–1958) was organised under international collaborations and benefitted scientific developments, capturing multiple unique extreme space weather events including the third and fourth greatest geomagnetic storms in the space age. In this article, we review and analyse original records of Japanese auroral observations around the IGY. These observations were organised by Masaaki Huruhata in collaboration with professional observatories and citizen contributors. We have digitised and documented these source documents, which comprise significant auroral displays in March 1957 (minimum Dst = −255 nT), September 1957 (minimum Dst = −427 nT), and February 1958 (minimum Dst = −426 nT). These records allow us to visualise temporal and spatial evolutions of these auroral displays, reconstruct their equatorward auroral boundaries down to 41.5°, 38.3°, and 33.3° in invariant latitudes, and contextualise their occurrences following contemporary geomagnetic disturbances. Our results have been compared with significant auroral displays during other extreme space weather events. These aurorae generally showed reddish colourations occasionally with yellowish rays. Their colourations are attributed to reddish oxygen emission and its mixture with greenish oxygen emission. Overall, these archival records provide the references for future discussions on the auroral activities during the uniquely intense and extreme space weather events.

    DOI: 10.1002/gdj3.140

    DOI: 10.1002/gdj3.140

    Scopus

    その他リンク: https://rmets.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/gdj3.140

  7. Analyses of a datable solar eclipse record in Maya Classic period monumental inscriptions 査読有り 国際共著

    Hayakawa Hisashi, Soma Misturu, Kinsman J. Hutch

    PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN   73 巻 ( 6 ) 頁: L31 - L36   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Publications of the Astronomical Society of Japan  

    Historical records of total solar eclipses provide vital information for computing the rotation of the Earth and understanding its long-term variations in the time before modern measurements. While eclipses recorded around Eurasia and North Africa for millennia have been subjected to consideration in this context, eclipse records in the American continents have received little attention. In this study, we analysed the solitary observational record for a solar eclipse conducted by the ancient Maya on 790 July 16 in the Julian calendar, recorded on the Stela 3 of Santa Elena Poco Uinic (N16°35′, W91°44′). This stela has an eclipse glyph and is associated with a total solar eclipse. Taking the up-to-date Earth rotation (ΔT) rate into account, our calculations locate this site slightly out of the totality path. The visibility of the total solar eclipse from Santa Elena Poco Uinic would require ΔT to be 4074 s < ΔT < 4873 s. In comparison with the contemporary eclipse records, this yields a short-term increase in ΔT ≥ 800 s between 761 and 790 and a decrease in ΔT ≥ 580 s between 790 and 873. Therefore, the total solar eclipse on 790 July 16 cannot be expected to have been visible from Santa Elena Poco Uinic, unlike what has been previously considered. We conclude that this stela probably records a partial solar eclipse of great magnitude (≈0.946) visible under favourable meteorological conditions or is based on hearsay from the southern coastal area.

    DOI: 10.1093/pasj/psab088

    Web of Science

    Scopus

  8. Analyses of Early Sunspot Records by Jean Tarde (1615-1617) and Jan Smogulecki (1621-1625) 査読有り

    Carrasco V. M. S., Gallego M. C., Alvarez J. Villalba, Vaquero J. M., Hayakawa H.

    SOLAR PHYSICS   296 巻 ( 11 )   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   出版者・発行元:Solar Physics  

    Jean Tarde and Jan Smogulecki carried out sunspot observations in the 1610s and 1620s at the dawn of the telescopic era. We analysed their original observational records to revise their sunspot-group numbers in the existing database. In this study, we provide a new counting as a basis for future scientific discussions. Furthermore, we compared Smogulecki’s sunspot observations with those of Scheiner and Schönberger on the same observation days. We also detected a big sunspot group on 2 – 3 February 1622 in Smogulecki’s sunspot drawings and estimated its area to be approximately 1600 millionths of the solar disc. In addition, we measured the sunspot positions in Tarde’s and Smogulecki’s sunspot drawings to construct a butterfly diagram for this early period.

    DOI: 10.1007/s11207-021-01905-2

    Web of Science

    Scopus

  9. Johann Christoph Müller’s Sunspot Observations in 1719 – 1720: Snapshots of the Immediate Aftermath of the Maunder Minimum 査読有り 国際共著

    Hayakawa, H., Iju, T., Kuroyanagi, C., Carrasco, V. M. S., Besser, B. P., Uneme, S., Imada, S.

    Solar Physics   296 巻 ( 154 )   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11207-021-01880-8

    DOI: 10.1007/s11207-021-01880-8

  10. The extreme space weather events in October 1788 査読有り

    Hattori Kentaro, Hayakawa Hisashi, Ebihara Yusuke

    PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN   73 巻 ( 5 ) 頁: 1367 - 1374   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Publications of the Astronomical Society of Japan  

    Solar eruptions launch interplanetary coronal mass ejections (ICMEs) and cause geomagnetic storms and equatorial extension of the auroral oval. Their rare and unique nature has made analyses of historical events extremely important to increase their data availability. In this study, we analyzed the space weather event of 1788 October, which was characterized with simultaneous auroral observations. We extended archival surveys and confirmed the auroral visibilities down to Barcelona (46.0◦ MLAT) on October 21/22 as well as Mizuhara (27.5◦ MLAT) and Rome (44.8◦ MLAT) on October 22/23. The end of auroral reports overlapped with a reported declination disturbance at Mannheim, indicating a ∆D amplitude of ≥1.15◦. Two positive excursions of ∆D were recorded, lasting for several tens of minutes. Upward field-aligned currents could have flowed poleward of Mannheim associated with substorms. We identified the equatorial boundary of the auroral oval down to 46.5◦ ILAT in the European sector and approximately ≤41.6◦ ILAT in the Japanese sector. This is compared with the reported equatorial auroral boundaries during extreme storms. The long storm sequence indicates the arrival of multiple ICMEs, thereby enhancing solar activity at that time. This sequence is indeed contextualized immediately after the maximum of Solar Cycle 4. Because sunspot observations are extremely scarce around 1788, it is challenging to identify the source active region. This in turn makes these auroral records valuable for the analyses of long-term solar activity before the onset of the Dalton Minimum.

    DOI: 10.1093/pasj/psab079

    Web of Science

    Scopus

  11. Reanalyses of the sunspot observations of Fogelius and Siverus: two 'long-term' observers during the Maunder minimum 査読有り 国際共著

    Hayakawa Hisashi, Iju Tomoya, Uneme Shoma, Besser Bruno P., Kosaka Shunsuke, Imada Shinsuke

    MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   506 巻 ( 1 ) 頁: 650 - 658   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mnras/staa2965

    DOI: 10.1093/mnras/staa2965

    Web of Science

  12. The extreme space weather events in October 1788 査読有り

    Hattori, K., Hayakawa, H., Ebihara, Y.

    Publications of the Astronomical Society of Japan   73 巻   頁: 1367 - 1374   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. PSTEP: project for solar-terrestrial environment prediction 招待有り 査読有り 国際共著

    Kusano, Kanya; Ichimoto, Kiyoshi; Ishii, Mamoru; Miyoshi, Yoshizumi; Yoden, Shigeo; Akiyoshi, Hideharu; Asai, Ayumi; Ebihara, Yusuke; Fujiwara, Hitoshi; Goto, Tada-Nori; Hanaoka, Yoichiro; Hayakawa, Hisashi; Hosokawa, Keisuke; Hotta, Hideyuki; Hozumi, Kornyanat; Imada, Shinsuke; Iwai, Kazumasa; Iyemori, Toshihiko; Jin, Hidekatsu; Kataoka, Ryuho; Katoh, Yuto; Kikuchi, Takashi; Kubo, Yûki; Kurita, Satoshi; Matsumoto, Haruhisa; Mitani, Takefumi; Miyahara, Hiroko; Miyoshi, Yasunobu; Nagatsuma, Tsutomu; Nakamizo, Aoi; Nakamura, Satoko; Nakata, Hiroyuki; Nishizuka, Naoto; Otsuka, Yuichi; Saito, Shinji; Saito, Susumu; Sakurai, Takashi; Sato, Tatsuhiko; Shimizu, Toshifumi; Shinagawa, Hiroyuki; Shiokawa, Kazuo; Shiota, Daikou; Takashima, Takeshi; Tao, Chihiro; Toriumi, Shin; Ueno, Satoru; Watanabe, Kyoko; Watari, Shinichi; Yashiro, Seiji; Yoshida, Kohei; Yoshikawa, Akimasa

    Earth, Planets and Space   73 巻   頁: 159   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-021-01486-1

    DOI: 10.1186/s40623-021-01486-1

  14. Strong evidence of low levels of solar activity during the Maunder Minimum 査読有り 国際共著

    Carrasco, V. M. S., Hayakawa, H., Kuroyanagi, C., Gallego, M. C., Vaquero, J. M.

    Monthly Notices of the Royal Astronomical Society     2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mnras/stab1155

    DOI: 10.1093/mnras/stab1155

  15. Timelines as a tool for learning about space weather storms 招待有り 査読有り 国際共著

    Knipp, D. J., Bernstein, V., Wahl, K., Hayakawa, H.

    Journal of Space Weather and Space Climate   11 巻   頁: 29 - 29   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1051/swsc/2021011

    DOI: 10.1051/swsc/2021011

  16. Candidate Auroral Observations Indicating a Major Solar–Terrestrial Storm in 1680: Implication for Space Weather Events during the Maunder Minimum 査読有り 国際共著

    Hayakawa, H., Schlegel, K., Besser, B. P., Ebihara, Y.

    Astrophysical Journal   909 巻   頁: 29   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/abb3c2

    DOI: 10.3847/1538-4357/abb3c2

  17. Sunspot Observations at the Eimmart Observatory and its Neighbourhood during the Late Maunder Minimum (1681 – 1718) 査読有り 国際共著

    Hayakawa, H., Kuroyanagi, C., Carrasco, V. M. S., Uneme, S., Besser, B. P., Sôma, M., Imada, S.

    Astrophysical Journal   909 巻   頁: 166   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/abd949

    DOI: 10.3847/1538-4357/abd949

  18. Daniel Mögling's sunspot observations in 1626 - 1629: A manuscript reference for the solar activity before the Maunder Minimum 査読有り 国際共著

    Hayakawa, H., Iju, T., Murata, K., Besser, B. P.

    Astrophysical Journal   909 巻   頁: 194   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/abdd34

    DOI: 10.3847/1538-4357/abdd34

  19. The intensity and evolution of the extreme storms in 1938 January 査読有り 国際共著

    Hayakawa, H., Hattori, K., Pevtsov, A. A., Ebihara, Y., Shea, M. A., McCracken, K. G., Daglis, I. A., Bhaskar, A., Ribeiro, P., Knipp, D. J.

    Astrophysical Journal   909 巻   頁: 197   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/abc427

    DOI: 10.3847/1538-4357/abc427

  20. Three Case Reports on the Cometary Plasma Tail in the Historical Documents 査読有り

    Hayakawa, H., Fujii, Y. I., Murata, K., Mitsuma, Y., Cheng, Y., Nogami, N., Ichikawa, K., Sano, H., Tsumura, K., Kawamoto, Y., Nishino, M. N.

    Journal of Space Weather and Space Climate   11 巻   頁: 21   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1051/swsc/2020045

    DOI: 10.1051/swsc/2020045

  21. Graphical evidence for the solar coronal structure during the Maunder minimum: Comparative study of the total eclipse drawings in 1706 and 1715 査読有り 国際共著

    Hayakawa H. Lockwood, M., Owens, M. J., Sôma, M., Besser, B. P., van Driel, L.

    Journal of Space Weather and Space Climate   11 巻   頁: 1   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Space Weather and Space Climate  

    DOI: 10.1051/swsc/2020035

    Scopus

  22. The Dalton Minimum and John Dalton’s Auroral Observations 査読有り 国際共著

    Silverman, S. M., Hayakawa, H.

    Journal of Space Weather and Space Climate   11 巻   頁: 17   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1051/swsc/2020082

    DOI: 10.1051/swsc/2020082

  23. The Extreme Space Weather Event in 1941 February/March 査読有り 国際共著

    Hayakawa, H., Blake, S. P., Bhaskar, A., Hattori, K., Oliveira, D. M., Ebihara, Y.

    Astrophysical Journal   908 巻   頁: 209   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/abb772

    DOI: 10.3847/1538-4357/abb772

  24. Cometary records revise Eastern Mediterranean chronology around 1240 CE 査読有り

    Murata, K., Ichikawa, K., Fujii, Y. I., Hayakawa, H., Cheng, Y., Kawamoto, Y., Sano, H.

    Publications of the Astronomical Society of Japan   73 巻   頁: 197 - 204   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pasj/psaa114

    DOI: 10.1093/pasj/psaa114

  25. [研究活動]研究トピックス : 歴史文献とアナログ観測記録に見る宇宙天気現象と太陽活動 招待有り

    早川 尚志

    京都大学大学院理学研究科附属天文台年次報告   2019年(令和元年) 巻   頁: 20 - 21   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学大学院理学研究科附属天文台  

    CiNii Research

  26. Estimating Satellite Orbital Drag During Historical Magnetic Superstorms 査読有り 国際共著

    Oliveira Denny M., Zesta Eftyhia, Hayakawa Hisashi, Bhaskar Ankush

    SPACE WEATHER-THE INTERNATIONAL JOURNAL OF RESEARCH AND APPLICATIONS   18 巻 ( 11 ) 頁: e2020SW002472   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Space Weather  

    DOI: 10.1029/2020SW002472

    Web of Science

    Scopus

  27. On the Size of the Flare Associated with the Solar Proton Event in 774 AD 査読有り 国際共著

    Cliver E. W., Hayakawa H., Love Jeffrey J., Neidig D. F.

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   903 巻   頁: 41   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Astrophysical Journal  

    DOI: 10.3847/1538-4357/abad93

    Web of Science

    Scopus

  28. Intensity and time series of extreme solar-terrestrial storm in 1946 March 査読有り 国際共著

    Hayakawa Hisashi, Ebihara Yusuke, Pevtsov Alexei A., Bhaskar Ankush, Karachik Nina, Oliveira Denny M.

    MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   497 巻 ( 4 ) 頁: 5507 - 5517   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Monthly Notices of the Royal Astronomical Society  

    DOI: 10.1093/mnras/staa1508

    Web of Science

    Scopus

  29. An Analysis of Trouvelot's Auroral Drawing on 1/2 March 1872: Plausible Evidence for Recurrent Geomagnetic Storms 査読有り 国際共著

    Bhaskar Ankush, Hayakawa Hisashi, Oliveira Denny M., Blake Sean, Silverman Sam M., Ebihara Yusuke

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   125 巻 ( 10 ) 頁: e2020JA028227   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Geophysical Research: Space Physics  

    DOI: 10.1029/2020JA028227

    Web of Science

    Scopus

  30. The Solar Corona during the Total Eclipse on 1806 June 16: Graphical Evidence of the Coronal Structure during the Dalton Minimum 査読有り 国際共著

    Hayakawa Hisashi, Owens Mathew J., Lockwood Michael, Soma Mitsuru

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   900 巻   頁: 114   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Astrophysical Journal  

    DOI: 10.3847/1538-4357/ab9807

    Web of Science

    Scopus

  31. South American auroral reports during the Carrington storm 査読有り 国際共著

    Hayakawa Hisashi, Ribeiro Jose R., Ebihara Yusuke, Correia Ana P., Soma Mitsuru

    EARTH PLANETS AND SPACE   72 巻   頁: 122   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Earth, Planets and Space  

    DOI: 10.1186/s40623-020-01249-4

    Web of Science

    Scopus

  32. A possible case of sporadic aurora observed at Rio de Janeiro 査読有り 国際共著

    Oliveira Denny M., Hayakawa Hisashi, Bhaskar Ankush, Zesta Eftyhia, Vichare Geeta

    EARTH PLANETS AND SPACE   72 巻   頁: 82   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Earth, Planets and Space  

    DOI: 10.1186/s40623-020-01208-z

    Web of Science

    Scopus

  33. Provenance of the cross sign of 806 in the Anglo-Saxon Chronicle: a possible lunar halo over continental Europe? 国際共著

    Uchikawa Yuta, Cowley Les, Hayakawa Hisashi, Willis David M., Stephenson F. Richard

    HISTORY OF GEO- AND SPACE SCIENCES   11 巻 ( 1 ) 頁: 81 - 92   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:History of Geo- and Space Sciences  

    DOI: 10.5194/hgss-11-81-2020

    Web of Science

    Scopus

  34. Sunspot Observations by Hisako Koyama: 1945 – 1996 査読有り 国際共著

    Hayakawa, H., Clette, F., Horaguchi, T., Iju, T., Knipp, D. J., Liu, H., Nakajima, T.

    Monthly Notices of the Royal Astronomical Society   492 巻   頁: 4513 - 4527   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mnras/stz3345

  35. What Can Be Learned from Modern Data?

    Kusano K., Cliver E., Hayakawa H., Kovaltsov G. A., Usoskin I. G.

    EXTREME SOLAR PARTICLE STORMS: THE HOSTILE SUN     2020年

  36. Further Search for Extreme Events

    Miyake F., Ebihara Y., Hayakawa H., Maehara H., Mitsuma Y., Usoskin I., Wang F., Willis D. M.

    EXTREME SOLAR PARTICLE STORMS: THE HOSTILE SUN     2020年

  37. Characterization of the Measured Events

    Cliver E., Ebihara Y., Hayakawa H., Jull T., Mekhaldi F., Miyake F., Muscheler R.

    EXTREME SOLAR PARTICLE STORMS: THE HOSTILE SUN     2020年

  38. The Earliest Candidates of Auroral Observations in Assyrian Astrological Reports: Insights on Solar Activity around 660 BCE 査読有り 国際共著

    Hayakawa Hisashi, Mitsuma Yasuyuki, Ebihara Yusuke, Miyake Fusa

    ASTROPHYSICAL JOURNAL LETTERS   884 巻   頁: L18   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Astrophysical Journal Letters  

    DOI: 10.3847/2041-8213/ab42e4

    Web of Science

    Scopus

  39. A Transit of Venus Possibly Misinterpreted as an Unaided-Eye Sunspot Observation in China on 9 December 1874

    Hayakawa Hisashi, Soma Mitsuru, Tanikawa Kiyotaka, Willis David M., Wild Matthew N., Macdonald Lee T., Imada Shinsuke, Hattori Kentaro, Stephenson F. Richard

    SOLAR PHYSICS   294 巻 ( 9 )   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Solar Physics  

    DOI: 10.1007/s11207-019-1504-9

    Web of Science

    Scopus

  40. Revisiting Kunitomo's Sunspot Drawings During 1835-1836 in Japan

    Fujiyama Masashi, Hayakawa Hisashi, Iju Tomoya, Kawai Toshiki, Toriumi Shin, Otsuji Kenichi, Kondo Katsuya, Watanabe Yusaku, Nozawa Satoshi, Imada Shinsuke

    SOLAR PHYSICS   294 巻 ( 4 )   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Solar Physics  

    DOI: 10.1007/s11207-019-1429-3

    Web of Science

    Scopus

  41. The extreme space weather event in September 1909

    Hayakawa Hisashi, Ebihara Yusuke, Cliver Edward W., Hattori Kentaro, Toriumi Shin, Love Jeffrey J., Umemura Norio, Namekata Kosuke, Sakaue Takahito, Takahashi Takuya, Shibata Kazunari

    MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   484 巻 ( 3 ) 頁: 4083 - 4099   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Monthly Notices of the Royal Astronomical Society  

    DOI: 10.1093/mnras/sty3196

    Web of Science

    Scopus

  42. Sunspot drawings by Japanese official astronomers in 1749-1750

    Hayakawa Hisashi, Iwahashi Kiyomi, Fujiyama Masashi, Kawai Toshiki, Toriumi Shin, Hotta Hideyuki, Iijima Haruhisa, Imada Shinsuke, Tamazawa Harufumi, Shibata Kazunari

    PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN   70 巻 ( 4 )   2018年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Publications of the Astronomical Society of Japan  

    DOI: 10.1093/pasj/psy066

    Web of Science

    Scopus

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. Extreme Solar Particle Storms The hostile Sun 国際共著

    ( 担当: 分担執筆)

    2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: https://doi.org/10.1088/2514-3433/ab404a

講演・口頭発表等 11

  1. Extreme space weather events in the observational history: the Carrington event and others 招待有り 国際会議

    Hisashi Hayakawa, Yusuke Ebihara, & Kentaro Hattori

    Asia Oceania Geosciences Society 2021  2021年8月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. 歴史文献による過去3000年間の激甚太陽嵐の調査と定量復元

    早川尚志

    『知の開拓者』コンソーシアム総会  2022年3月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  3. 過去の観測記録から復元する1940年3月の激甚宇宙天気現象

    早川尚志

    日本天文学会 2022春  2022年3月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学  

  4. Historical observations of intensities and time series of the extreme space weather events in the 1940s 国際共著 国際会議

    Hisashi Hayakawa, Alexei A. Pevtsov, Denny M. Oliveira, Seán P. Blake, Kentaro Hattori, Ankush T. Bhaskar, Nina Karachik, and Yusuke Ebihara

    SCOSTEP's 15th Quadrennial Solar-Terrestrial Physics Symposium  2022年2月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bombay   国名:インド  

  5. Archival investigations of extreme space weather events with the historical documents 国際会議

    Hisashi Hayakawa

    ISSI 2021, Solar Extreme Events: Setting Up a Paradigm  2021年9月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  6. オーストリアの修道院文献から復元するダルトン極小期の太陽活動

    Hisashi Hayakawa, Tomoya Iju, Shinsuke Imada

    日本天文学会 2021秋  2021年9月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都産業大学  

  7. Analyses of the Extreme Solar and Geomagnetic Storms in March 1940 国際共著 国際会議

    Hisashi Hayakawa*, Denny M. Oliveira, Margaret A. Shea, Don F. Smart, Seán P. Blake, Kentaro Hattori, Ankush T. Bhaskar, Juan J. Curto, Daniel R. Franco, and Yusuke Ebihara

    Joint Scientific Assembly IAGA-IASPEI 2021  2021年8月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:virtual  

  8. 過去1.8世紀の歴史的アナログ記録に基づく激甚磁気嵐の規模推定の事例研究 招待有り

    早川尚志、海老原祐輔、服部健太郎

    地球電磁気・地球惑星圏学会  2020年11月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  9. オーストリアの修道院文献から復元するダルトン極小期の太陽活動

    早川尚志、伊集朝哉、今田晋亮

    日本天文学会  2021年9月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. Extreme space weather events in the observational history: the Carrington event and others 招待有り

    Hayakawa, H., Ebihara, Y., Hattori, K.

    Asia Oceania Geosciences Society 2021  2021年8月3日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  11. Analyses of the Extreme Solar and Geomagnetic Storms in March 1940 国際共著 国際会議

    Hayakawa, H., Oliveira, D. M., Shea, M. A., Smart, D. F., Blake, S. P., Hattori, K., Bhaskar, A. T., Curto, J. J., Franco, D. R., Ebihara, Y.

    IAGA-IASPEI Assembly 2021  2021年8月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. Feasibility researches on the quantitative environmental history: a case study for the crisis of the 17th-century and its comparison

    2020年9月 - 2021年3月

    名古屋大学 YLC共同研究助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円

  2. アナログ観測記録・歴史文献に基づく過去の太陽活動と宇宙天気の復元

    2020年8月 - 2021年3月

    京都大学  生存圏科学 ミッション研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:560000円

科研費 3

  1. 同時代黒点観測の歴史的文書に基づくダルトン極小期復元の試験的検討

    研究課題/研究課題番号:21K13957  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  若手研究

    早川 尚志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    19世紀前半の太陽活動は例外的に静穏で、「ダルトン極小期」と呼称される。しかしこの頃の太陽活動の直接観測については、記録自体が歴史文献に記録され、その分析に太陽物理学のみならず歴史学・文献学の知見を要するため、必ずしも定量的復元が十全に行われているとは言い難い。そこで、本研究では、実際に当時の観測記録を複写、歴史学・文献学的に記述を解読し、現代太陽物理学の知見を適用して、当時の太陽活動を黒点数、黒点分布の試験的復元を行い、長期の地磁気変動と比較する。この時期のデータを過去410年の観測記録と比較し、ダルトン極小期の太陽活動の観測記録を現代科学観測の知見とどこまで定量的に比較できるか検証する。

  2. 多核種分析による完新世の極端太陽現象の頻度と規模解明

    研究課題/研究課題番号:20H00173  2020年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    三宅 芙沙, 堀内 一穂, 宮原 ひろ子, 笹 公和, 箱崎 真隆, 前原 裕之, 木村 勝彦, 門叶 冬樹, 早川 尚志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    樹木年輪の14Cや氷床コアの10Be、36Clといった宇宙線生成核種は、観測史上最大とされ
    る1956年のSEP(Solar Energetic Particle)イベントの数十倍という過去の超巨大SEPイ
    ベントの優れた代替データである。本研究は、主に年輪の14C分析から、完新世(
    過去1万2千年間)における最大のSEPイベントの同定と、超巨大SEPイベントの発生頻度及
    びその発生特性の解明を目的とする。我々の太陽における発生特性を、太陽型恒星の恒星
    フレアと比較することで、太陽型恒星における太陽の普遍性と特殊性を評価する。
    樹木年輪の炭素14や氷床コアのベリリウム10、塩素36といった宇宙線生成核種は、直接観測で見つかっている最大のSEP(Solar Energetic Particle)イベントの数十倍という過去の超巨大SEPイベントの優れた代替データである。これまでに我々の宇宙線生成核種の分析から、775年や994年などの超巨大SEPイベントの痕跡を発見した(Miyake et al. 2012, 2013)。これは、我々の太陽でスーパーフレアが発生した可能性を示すだけでなく、現代社会に甚大な影響を与え得る極端太陽現象が将来発生する可能性を示すものである。本研究は、宇宙線生成核種の分析から、完新世(過去1万2千年間)における最大のSEPイベントの同定と、超巨大SEPイベントの発生頻度及びその発生特性の解明を目的とする。
    今年度は、長期的な樹木年輪の炭素14分析を実施するために、樹木試料の手配(日本、フィンランド、カリフォルニア産の樹木サンプル)や、試料調製装置(木片試料からグラファイト試料の抽出)の性能チェック、さらに分析に必要な環境作りを行った。また、SEPイベントのエネルギースペクトルを評価する上で要となる塩素36の(南極ドームふじ氷床コア)分析を行った。さらに、トラバーチン堆積物のベリリウム10データに過去の大規模SEPイベントがみられるか調査する足掛かりとして、トラバーチン分析を行うための環境整備を行った。
    令和2年度が最終年度であるため、記入しない。
    令和2年度が最終年度であるため、記入しない。

  3. 近代アナログ観測を用いた激甚宇宙天気現象の規模推定・定量比較の試験的研究

    研究課題/研究課題番号:20K22367  2020年9月 - 2022年3月

    日本学術振興会  研究活動スタート支援 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

 

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. 人文学概論

    2021年1月 大阪大学)

  2. 比較文明論演習A

    2020年4月 - 2020年9月 大東文化大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  3. 交流史研究A

    2020年4月 - 2020年9月 大東文化大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

 

メディア報道 1

  1. BBC Sky at Night, Stars: A Matter of Life and Death テレビ・ラジオ番組

    BBC  BBC  Interview; https://www.bbc.co.uk/programmes/m000kxjy  2020年7月