2022/07/14 更新

写真a

ヤマモト ケンタ
山本 健太
YAMAMOTO Kenta
所属
医学部附属病院 光学医療診療部 病院助教
職名
病院助教
外部リンク

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2019年5月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 肝細胞癌

  2. 消化器病

  3. 肝臓

  4. 腸内細菌

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 消化器内科学  / 肝臓学

  2. その他 / その他  / 腸内細菌

  3. ライフサイエンス / 消化器内科学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 腸内細菌叢を介した新たな治療開発による健康への貢献

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   総合医学専攻

    2014年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 浜松医科大学   医学部   医学科

    2002年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本消化器内視鏡学会

  2. 日本消化器がん検診学会

  3. 日本超音波学会

  4. 日本消化器病学会

  5. 日本肝臓学会

  6. 日本内科学会

▼全件表示

受賞 2

  1. JSGE-UEG Rising Stars

    2021年10月   The Japanese Society of Gastroenterology   Focusing on the oral origin bacteria in the gut

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:オーストリア共和国

  2. Freiburg Rising Stars Academy

    2021年10月   the University of Freiburg  

     詳細を見る

    受賞国:ドイツ連邦共和国

 

論文 41

  1. Changes in the gut microbiome in relation to the degree of gastric mucosal atrophy before and after Helicobacter pylori eradication 査読有り

    Furune S, Yamamoto K, Honda T, Fujiyoshi T, Kakushima N, Furukawa K, Ohno E, Nakamura M, Miyahara R, Kawashima H, Ishigami M, Hirooka Y, Fujishiro M.

    Scand J Gastroenterol   57 巻 ( 3 ) 頁: 266 - 273   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00365521.2021.2005135

  2. Patients with low muscle mass have characteristic microbiome with low potential for amino acid synthesis in chronic liver disease 査読有り

    Yamamoto K, Ishizu Y, Honda T, Ito T, Imai N, Nakamura M, Kawashima H, Kitaura Y, Ishigami M, Fujishiro M.

    Sci Rep   12 巻 ( 1 ) 頁: 3674   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-022-07810-3

  3. Preliminary Comparison of Endoscopic Brush and Net Catheters as the Sampling Tool to Analyze the Intestinal Mucus in the Rectum with Ulcerative Colitis Patients 査読有り

    Nakamura M, Maeda K, Yamamoto K, Yamamura T, Sawada T, Ishikawa E, Kakushima N, Furukawa K, Iida T, Mizutani Y, Ishikawa T, Ohno E, Honda T, Ishigami M, Kawashima H.

    Digestion     頁: 1 - 12   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000521929

  4. Changes in the gut microbiota after hepatitis C virus eradication 査読有り

    Honda T, Ishigami M, Yamamoto K, Takeyama T, Ito T, Ishizu Y, Kuzuya T, Nakamura M, Kawashima H, Miyahara R, Ishikawa T, Hirooka Y, Fujishiro M.

    Sci Rep   11 巻 ( 1 ) 頁: 23568   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-03009-0

  5. Measurement of fasting breath hydrogen concentration as a simple diagnostic method for pancreatic exocrine insufficiency 査読有り

    Uetsuki K, Kawashima H, Ohno E, Ishikawa T, Iida T, Yamamoto K, Furukawa K, Nakamura M, Honda T, Ishigami M, Hirooka Y, Fujishiro M

    BMC gastroenterology   21 巻 ( 1 ) 頁: 211   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12876-021-01776-8

  6. Microbiome, fibrosis and tumor networks in a non-alcoholic steatohepatitis model of a choline-deficient high-fat diet using diethylnitrosamine 査読有り

    Kenta Yamamoto Takashi Honda Shinya Yokoyama Lingyun Asuka Kato Takanori Ito Yoji Ishizu Teiji Kuzuya Masanao Nakamura Hiroki Kawashima Masatoshi Ishigami Noriko M.Tsuji Mitsuhiro Fujishiro

    Digestive and Liver Disease     2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dld.2021.02.013

  7. Conditioned medium from stem cells derived from human exfoliated deciduous teeth ameliorates NASH via the Gut-Liver axis. 査読有り

    Muto H, Ito T, Tanaka T, Yokoyama S, Yamamoto K, Imai N, Ishizu Y, Maeda K, Honda T, Ishikawa T, Kato A, Ohshiro T, Kano F, Yamamoto A, Sakai K, Hibi H, Ishigami M, Fujishiro M

    Scientific reports.   11 巻 ( 1 ) 頁: 18778   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. The microbiome can predict mucosal healing in small intestine in patients with Crohn’s disease 査読有り

    Shun Hattori, Masanao Nakamura, Takeshi Yamamura, Keiko Maeda, Tsunaki Sawada, Yasuyuki Mizutani, Kenta Yamamoto, Takuya Ishikawa, Kazuhiro Furukawa, Eizaburo Ohno, Takashi Honda, Hiroki Kawashima, Masatoshi Ishigami, Yoshiki Hirooka Mitsuhiro Fujishiro

    Journal of gastroenterology   55 巻 ( 12 ) 頁: 1138 - 1149   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. The relationship between oral-origin bacteria in the fecal microbiome and albumin-bilirubin grade in patients with hepatitis C 査読有り

    Kenta Yamamoto , Takashi Honda , Takanori Ito , Yoji Ishizu , Teiji Kuzuya , Masanao Nakamura , Ryoji Miyahara , Hiroki Kawashima , Masatoshi Ishigami , Mitsuhiro Fujishiro

    Journal of Gastroenterology and Hepatology     2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.15206

  10. Relationship between Adverse Events and Microbiomes in Advanced Hepatocellular Carcinoma Patients Treated with Sorafenib 査読有り

    Yamamoto, Kenta, Teiji Kuzuya, Takashi Honda, Takanori Ito, Yoji Ishizu, Masanao Nakamura, Ryoji Miyahara, Hiroki Kawashima, Masatoshi Ishigami, and Mitsuhiro Fujishiro

    Anticancer Research   40 巻 ( 2 ) 頁: 665–76   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Microbiota Profile Is Different for Early and Invasive Colorectal Cancer and Is Consistent throughout the Colon. 査読有り

    Zorron Cheng Tao Pu, Leonardo, Kenta Yamamoto, Takashi Honda, Masanao Nakamura, Takeshi Yamamura, Shun Hattori, Alastair D. Burt, Rajvinder Singh, Yoshiki Hirooka, and Mitsuhiro Fujishiro.

    Journal of Gastroenterology and Hepatology   35 巻 ( 3 ) 頁: 433–37   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Influence of Proton Pump Inhibitors on Microbiota in Chronic Liver Disease Patients. 査読有り

    Yamamoto, Kenta, Masatoshi Ishigami, Takashi Honda, Tomoaki Takeyama, Takanori Ito, Yoji Ishizu, Teiji Kuzuya, Kazuhiko Hayashi, Hidemi Goto, and Yoshiki Hirooka.

    Hepatology International   13 巻 ( 2 ) 頁: 234–44   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Changes in Body Composition Predict the Time to Treatment Failure of Lenvatinib in Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma: A Pilot Retrospective Study 査読有り

    Yamamoto T, Imai N, Kuzuya T, Yokoyama S, Yamamoto K, Ito T, Ishizu Y, Honda T, Ishigami M.

    Nutr Cancer     頁: 1 - 10   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/01635581.2022.2049322

  14. Obesity and myosteatosis: the two characteristics of dynapenia in patients with cirrhosis 査読有り

    Sugiyama Y, Ishizu Y, Ando Y, Yokoyama S, Yamamoto K, Ito T, Imai N, Nakamura M, Honda T, Kawashima H, Ishikawa T, Ishigami M.

    Eur J Gastroenterol Hepatol   33 巻 ( S1 ) 頁: :e916 - e921   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MEG.0000000000002303

  15. Safety and Efficacy of Glass Membrane Pumping Emulsification Device in Transarterial Chemoembolization for Hepatocellular Carcinoma: First Clinical Outcomes. 査読有り

    Norihiro Imai, Shinya Yokoyama, Kenta Yamamoto, Takanori Ito, Yoji Ishizu, Takashi Honda, Masatoshi Ishigami

    Anticancer research   41 巻 ( 11 ) 頁: 5817 - 5820   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.15399.

  16. Absence of large portal collateral vessels is associated with spontaneous improvement of cirrhotic portal vein thrombosis 査読有り

    Shinya Yokoyama, Yoji Ishizu 1, Takashi Honda, Norihiro Imai, Takanori Ito, Kenta Yamamoto, Tomoyuki Tsuzuki, Masatoshi Ishigami

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology     2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.13725.

  17. Immune-related liver injury is a poor prognostic factor in patients with non-small cell lung cancer treated with immune checkpoint inhibitors 査読有り

    Takafumi Yamamoto, Takanori Ito, Tetsunari Hase, Masatoshi Ishigami, Kazuyuki Mizuno, Kenta Yamamoto, Norihiro Imai, Yoji Ishizu, Takashi Honda, Hirofumi Shibata, Takahiro Hatta, Naoyuki Yogo, Satoshi Yasuda, Hidenori Toyoda, Takashi Abe, Hiroki Kawashima, Naozumi Hashimoto, Mitsuhiro Fujishiro

    Cancer investigation     2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/07357907.2021.1994586.

  18. The influence of hepatitis C virus eradication on hepatocarcinogenesis in patients with hemophilia: HCC after HCV eradication in hemophilia. 査読有り

    Inukai Y, Imai N, Yamamoto K, Ito T, Ishizu Y, Honda T, Okamoto S, Kanematsu T, Suzuki N, Matsushita T, Ishigami M, Fujishiro M

    Annals of hepatology     2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.aohep.2021.100545

  19. Revisiting Prognosis After Liver Transplant in Patients Positive for Hepatitis C Virus: Focus on Hepatitis C Recurrence-Unrelated Complications. 査読有り

    Ishigami M, Honda T, Ishizu Y, Imai N, Ito T, Yamamoto K, Kamei H, Ogura Y, Fujishiro M

    Experimental and clinical transplantation : official journal of the Middle East Society for Organ Transplantation   19 巻 ( 9 ) 頁: 935 - 942   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Clinical course of liver injury induced by immune checkpoint inhibitors in patients with advanced malignancies 査読有り

    Ito T, Ishigami M, Yamamoto T, Mizuno K, Yamamoto K, Imai N, Ishizu Y, Honda T, Kawashima H, Yasuda S, Toyoda H, Yokota K, Hase T, Nishio N, Maeda O, Kato M, Hashimoto N, Hibi H, Kodera Y, Sone M, Ando Y, Akiyama M, Shimoyama Y, Fujishiro M

    Hepatology international     2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12072-021-10238-y

  21. Quality of Life in patients with nonalcoholic fatty liver disease: Structure and related factors focusing on illness uncertainty. 査読有り

    Naoki Ozawa Kazuki Sato Ayumi Sugimura Shigeyoshi Maki Taku Tanaka Kenta Yamamoto Takanori Ito Yoji Ishizu Teiji Kuzuya Takashi Honda Masatoshi Ishigami Mitsuhiro Fujishiro Tetsuya Ishikawa Shoko Ando

    Japan journal of nursing science     2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jjns.12415

  22. Progression After Molecular Targeted Agents: Hepatic Arterial Changes and Transarterial Chemoembolization in Hepatocellular Carcinoma 査読有り

    NORITAKA MATSUDA, NORIHIRO IMAI, TEIJI KUZUYA, KENTA YAMAMOTO, TAKANORI ITO, YOJI ISHIZU, TAKASHI HONDA, MASATOSHI ISHIGAMI and MITSUHIRO FUJISHIRO

    In vivo.   35 巻 ( 2 ) 頁: 1185 - 1189   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.12367

  23. Impact of visceral fat accumulation on the prognosis of patients with cirrhosis 査読有り

    Yoji Ishizu Masatoshi Ishigami Takashi Honda Norihiro Imai Takanori Ito Kenta Yamamoto Mitsuhiro Fujishiro

    Clinical Nutrition ESPEN     2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.clnesp.2021.01.008

  24. Safety and efficacy of percutaneous radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma patients with haemophilia 査読有り

    Takafumi Yamamoto Norihiro Imai Kenta Yamamoto Takanori Ito Yoji Ishizu Takashi Honda Shuichi Okamoto Takeshi Kanematsu Nobuaki Suzuki Tadashi Matsushita Masatoshi Ishigami Mitsuhiro Fujishiro

    Haemophilia   27 巻 ( 1 ) 頁: 100 - 107   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hae.14220

  25. Tolerability of Molecular-targeted Agents for Hepatocellular Carcinoma Treatment in Haemophiliacs 査読有り

    Yamamoto T, Imai N, Yamamoto K, Ito T, Ishizu Y, Honda T, Okamoto S, Kanematsu T, Suzuki N, Matsushita T, Ishigami M, Fujishiro M.

    Anticancer research   40 巻 ( 5 ) 頁: 2569 - 2573   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.15035

  26. The albumin-bilirubin score as a predictor of outcomes in Japanese patients with PBC: an analysis using time-dependent ROC 査読有り

    Ito T, Ishigami M, Morooka H, Yamamoto K, Imai N, Ishizu Y, Honda T,Nishimura D, Tada T, Yasuda S, Toyoda H, Kumada T, Fujishiro

    Scientific reports.   10 巻 ( 1 ) 頁: 17812   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-74732-3

  27. Antifibrotic Effects of 1,25(OH)2D3 on Nonalcoholic Steatohepatitis in Female Mice.

    Ma, Lingyun, Masatoshi Ishigami, Takashi Honda, Shinya Yokoyama, Kenta Yamamoto, Yoji Ishizu, Teiji Kuzuya, Kazuhiko Hayashi, Yoshiki Hirooka, and Hidemi Goto.

    Digestive Diseases and Sciences   64 巻 ( 9 ) 頁: 2581–90   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. この症例に学ぶ 体外式腹部超音波検査にて描出しえた早期胃癌の一例 招待有り 査読有り

    山本 健太, 熊田 卓, 久永 康宏, 金森 明, 多田 俊史, 北畠 秀介, 曽根 康博

    日本消化器がん検診学会雑誌   52 巻 ( 3 ) 頁: 387-392   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. 術中色素動注法が切除範囲決定に有用であった小腸angioectasiaの1例(原著論文/症例報告) 査読有り

    山本 健太, 熊田 卓, 桐山 勢生, 谷川 誠, 久永 康宏, 豊田 秀徳, 金森 明, 多田 俊史, 北畠 秀介, 曽根 康博

    日本消化器病学会雑誌   111 巻 ( 4 ) 頁: 773-778   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. 肝細胞癌と鑑別が困難であったreactive lymphoid hyperplasiaの1例 査読有り

    山本 健太, 熊田 卓, 桐山 勢生, 谷川 誠, 久永 康宏, 豊田 秀徳, 金森 明, 多田 俊史, 北畠 秀介, 長谷川 綾平, 伊藤 隆徳, 安藤 祐資, 颯田 祐介, 田中 達也, 曽根 康博, 福里 利夫

    肝臓   54 巻 ( 11 ) 頁: 755-764   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. 腹腔鏡下胆嚢摘出術後13年目に生じた金属クリップを核とした胆管結石の1例 査読有り

    山本 健太, 金森 明, 桐山 勢生, 谷川 誠, 久永 康宏, 豊田 秀徳, 多田 俊史, 安東 直人, 新家 卓郎, 坂井 圭介, 安田 諭, 安藤 祐資, 木村 純, 曽根 康博, 熊田 卓

    日本消化器内視鏡学会雑誌   55 巻 ( 5 ) 頁: 1667-1672   2013年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Oral supplementation with branched-chain amino acid granules prevents hepatocarcinogenesis in patients with hepatitis C-related cirrhosis: A propensity score analysis 査読有り

    Toshifumi Tada Takashi Kumada Hidenori Toyoda Seiki Kiriyama Makoto Tanikawa Yasuhiro Hisanaga Akira Kanamori Shusuke Kitabatake Takuro Niinomi Takanori Ito Ryohei Hasegawa Yusuke Ando Kenta Yamamoto Tatsuya Tanaka

    Hepatology research   44 巻 ( 3 ) 頁: 288 - 295   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Effect of nucleos(t)ide analogue therapy on hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis B patients 査読有り

    Kumada T, Toyoda H, Tada T, Kiriyama S, Tanikawa M, Hisanaga Y, Kanamori A, Niinomi T, Yasuda S, Andou Y, Yamamoto K, Tanaka J

    Journal of Hepatology   58 巻 ( 3 ) 頁: 427-33   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. 肝切除を基本とした肝細胞癌の治療戦略 招待有り 査読有り

    多田 俊史, 熊田 卓, 桐山 勢生, 谷川 誠, 久永 康宏, 豊田 秀徳, 金森 明, 新家 卓郎, 長谷川 綾平, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 安藤 祐資, 山本 健太, 田中 達也

    消化器内科   55 巻 ( 5 ) 頁: 612-616   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  35. この画像から何が読めるか? 肝腫瘤(図説) 招待有り 査読有り

    山本 健太, 熊田 卓, 豊田 秀徳, 多田 俊史

    肝胆膵画像   14 巻 ( 6 ) 頁: 542-545   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  36. B型肝炎に対する核酸アナログ投与例の長期予後 招待有り 査読有り

    多田 俊史, 熊田 卓, 桐山 勢生, 谷川 誠, 豊田 秀徳, 久永 康宏, 金森 明, 新家 卓郎, 安東 直人, 坂井 圭介, 安田 諭, 木村 純, 安藤 祐資, 山本 健太

    消化器内科   54 巻 ( 5 ) 頁: 608-613   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  37. FOLFIRI+Panitumumab療法中に発症した薬剤性肺障害に対してステロイド・パルス療法が奏効したS状結腸癌の1例 査読有り

    山本 健太, 加藤 俊夫, 進藤 丈, 安藤 守秀, 安部 崇, 白木 晶, 中島 治典, 雪田 洋介

    癌と化学療法   53 巻 ( 3 ) 頁: 326-330   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. 肝発癌を視野に入れたB型肝炎の治療戦略 招待有り 査読有り

    坂井 圭介, 熊田 卓, 豊田 秀徳, 桐山 勢生, 谷川 誠, 久永 康宏, 金森 明, 多田 俊史, 新家 卓郎, 安東 直人, 安田 諭, 安藤 祐資, 山本 健太, 木村 純

    消化器内科   53 巻 ( 3 ) 頁: 326-330   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  39. 特異な形態を示し経カテーテル的動脈塞栓術を施行した膵十二指腸動脈瘤破裂の1例 査読有り

    山本 健太, 熊田 卓, 桐山 勢生, 谷川 誠, 久永 康宏, 豊田 秀徳, 金森 明, 多田 俊史, 荒川 恭宏, 藤森 将志, 新家 卓郎, 安東 直人

    胆道   24 巻 ( 4 ) 頁: 603-610   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. コイン型リチウム電池誤飲により食道潰瘍を来した2例 後遺症を残さなかった1例と後遺症を残した1例 査読有り

    山本 健太, 岩田 晶子, 都間 佑介, 田中 龍一, 山本 崇裕, 永田 智子, 伊藤 貴美子, 鹿野 博明, 中嶋 義記, 近藤 富雄

    小児科臨床   63 巻 ( 7 ) 頁: 1667-1673   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. 造影超音波検査で特徴的な所見が得られた肝細胞腺腫の1例 査読有り

    山本 健太, 熊田 卓, 桐山 勢生, 曽根 康博, 谷川 誠, 久永 康宏, 豊田 秀徳, 金森 明, 渥美 裕之, 高木 万起子, 中野 聡, 荒川 恭宏, 藤森 将志, 高橋 健一, 竹島 賢治, 乙部 克彦

    肝胆膵画像   11 巻 ( 5 ) 頁: 564-570   2009年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 消化器内科専攻医マニュアル

    名古屋大学消化器内科( 担当: 共著)

    ㈱シービーアール  2022年2月  ( ISBN:4908083738

     詳細を見る

    総ページ数:636   担当ページ:9   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

科研費 2

  1. ネットワーク解析を用いた腸内細菌が合成するアミノ酸と肝硬変・筋肉量の関連性の解明

    研究課題/研究課題番号:21K15970  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費  若手研究

    山本 健太

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    肝硬変患者における腸内細菌叢が作るアミノ酸と筋肉量の関連性を明確にし、有用もしくは有害な細菌を同定することでサルコペニアや肝性脳症のリスク評価を可能とするバイオマーカーの発見と治療・予防薬の開発を目指す。肝硬変患者ではアンモニア産生菌や分岐鎖アミノ酸以外のアミノ酸合成菌が多く、アミノ酸を生成する際に窒素をとりあう「細菌による競合」が生じている可能性がある。この解明には単一の細菌を検出する目的ではなく肝硬変による腸内細菌叢の乱れ、競合する細菌など複数の有用な細菌や競合する細菌のネットワークを明らかにすることで新たな視点により人体に与える影響を解明する。

  2. サルコペニア患者に対する腸内細菌叢への介入による効果的な運動療法の開発

    研究課題/研究課題番号:21K11261  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費  基盤研究(C)

    石津 洋二,本多 隆 ,梅垣 宏行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )