2021/03/30 更新

写真a

ヨコイ アキラ
横井 暁
YOKOI Akira
所属
医学部附属病院 産科婦人科 助教
職名
助教

研究キーワード 3

  1. 腫瘍生物学

  2. 産婦人科学

  3. リキッドバイオプシー

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学

  2. ライフサイエンス / 腫瘍生物学

  3. ライフサイエンス / 産婦人科学

 

論文 31

  1. Expression of the chrXq27.3 miRNA cluster in recurrent ovarian clear cell carcinoma and its impact on cisplatin resistance 査読有り 国際誌

    Yoshida Kosuke, Yokoi Akira, Sugiyama Mai, Oda Shingo, Kitami Kazuhisa, Tamauchi Satoshi, Ikeda Yoshiki, Yoshikawa Nobuhisa, Nishino Kimihiro, Niimi Kaoru, Suzuki Shiro, Kikkawa Fumitaka, Yokoi Tsuyoshi, Kajiyama Hiroaki

    ONCOGENE   40 巻 ( 7 ) 頁: 1255 - 1268   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oncogene  

    DOI: 10.1038/s41388-020-01595-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Gain-of-function p53 protein transferred via small extracellular vesicles promotes conversion of fibroblasts to a cancer-associated phenotype. 査読有り 国際誌

    Shaolin Ma, Michael H McGuire, Lingegowda S Mangala, Sanghoon Lee, Elaine Stur, Wen Hu, Emine Bayraktar, Alejandro Villar-Prados, Cristina Ivan, Sherry Y Wu, Akira Yokoi, Santosh K Dasari, Nicholas B Jennings, Jinsong Liu, Gabriel Lopez-Berestein, Prahlad Ram, Anil K Sood

    Cell reports   34 巻 ( 6 ) 頁: 108726 - 108726   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Tumor and stromal interactions consist of reciprocal signaling through cytokines, growth factors, direct cell-cell interactions, and extracellular vesicles (EVs). Small EVs (≤200 nm) have been considered critical messengers of cellular communication during tumor development. Here, we demonstrate that gain-of-function (GOF) p53 protein can be packaged into small EVs and transferred to fibroblasts. GOF p53 protein is selectively bound by heat shock protein 90 (HSP90), a chaperone protein, and packaged into small EVs. Inhibition of HSP90 activity blocks packaging of GOF, but not wild-type, p53 in small EVs. GOF p53-containing small EVs result in their conversion to cancer-associated fibroblasts. In vivo studies reveal that GOF p53-containing small EVs can enhance tumor growth and promote fibroblast transformation into a cancer-associated phenotype. These findings provide a better understanding of the complex interactions between cancer and stromal cells and may have therapeutic implications.

    DOI: 10.1016/j.celrep.2021.108726

    PubMed

  3. A novel approach for liquid biopsy by using nuclear derived exosomes in ovarian cancer 査読有り 国際誌

    Yokoi Akira

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 986 - 986   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  4. Active vitamin D inhibits mesothelial-mesenchymal-transition accelerating peritoneal dissemination in ovarian cancer 査読有り 国際誌

    Kitami Kazuhisa, Yoshihara Masato, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Iyoshi Shohei, Uno Kaname, Mogi Kazumasa, Tamauchi Satoshi, Yokoi Akira, Yoshikawa Nobuhisa, Nawa Akihiro, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 351 - 351   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  5. The role of chrXq27.3 miRNA cluster in advanced ovarian clear cell carcinoma 査読有り 国際誌

    Yoshida Kosuke, Yokoi Akira, Yoshihara Masato, Tamauchi Satoshi, Yoshikawa Nobuhisa, Nishino Kimihiro, Niimi Kaoru, Kikkawa Fumitaka, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 291 - 291   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  6. Luteolin suppresses Ovarian Cancer progression via decrease the expression of VRK1 査読有り 国際誌

    Chang Xuboya, Kajiyama Hiroaki, Yoshikawa Nobuhisa, Yokoi Akira, Tamauchi Satoshi, Yoshihara Masato

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 770 - 770   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  7. Intra-tumoral polarity induced by Notch signaling can be a novel therapeutic target for advanced ovarian cancer 査読有り 国際誌

    Yoshihara Masato, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Iyoshi Shohei, Kitami Kazuhisa, Uno Kaname, Mogi Kazumasa, Tano Sho, Tamauchi Satoshi, Yokoi Akira, Yoshikawa Nobuhisa, Nawa Akihiro, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 363 - 363   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  8. How do peritoneal mesothelial cells on adipose tissue attract ovarian cancer cells? 査読有り 国際誌

    Mogi Kazumasa, Yoshihara Masato, Kitami Kazuhisa, Iyoshi Shohei, Uno Kaname, Tano Sho, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Tamauchi Satoshi, Yokoi Akira, Yoshikawa Nobuhisa, Nawa Akihiro, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 341 - 341   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  9. Extracellular miRNAs as Predictive Biomarkers for Glypican-3-Derived Peptide Vaccine Therapy Response in Ovarian Clear Cell Carcinoma 査読有り 国際誌

    Ukai Mayu, Yokoi Akira, Yoshida Kosuke, Suzuki Shiro, Shibata Kiyosumi, Kikkawa Fumitaka, Nakatsura Tetsuya, Kajiyama Hiroaki

    CANCERS   13 巻 ( 3 ) 頁: 1 - 18   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancers  

    DOI: 10.3390/cancers13030550

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Exploring the biological roles of extracellular vesicles carrying nucleic acids in ovarian cancer 査読有り 国際誌

    Yokoi Akira

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 204 - 204   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  11. Comprehensive analyses of small extracellular vesicles carrying nucleic acids in ovarian cancer 査読有り 国際誌

    Yokoi Akira, Ochiya Takahiro

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 973 - 973   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  12. Establishment and characterization of cell lines from human endometrial epithelial and mesenchymal cells from patients with endometriosis 査読有り 国際誌

    Ayako Muraoka, Satoko Osuka, Tohru Kiyono, Miho Suzuki, Akira Yokoi, Tomohiko Murase, Kimihiro Nishino, Kaoru Niimi, Tomoko Nakamura, Maki Goto, Hiroaki Kajiyama, Yutaka Kondo, Fumitaka Kikkawa

    F&S Science   1 巻 ( 2 ) 頁: 195 - 205   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.xfss.2020.09.001

  13. The clinical impact of intra- and extracellular miRNAs in ovarian cancer 査読有り 国際誌

    Yoshida Kosuke, Yokoi Akira, Kato Tomoyasu, Ochiya Takahiro, Yamamoto Yusuke

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 10 ) 頁: 3435 - 3444   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14599

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. Ovarian cancer-associated mesothelial cells induce acquired platinum-resistance in peritoneal metastasis via the FN1/Akt signaling pathway 査読有り 国際誌

    Yoshihara Masato, Kajiyama Hiroaki, Yokoi Akira, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Yamakita Yoshihiko, Liu Wenting, Nakamura Kae, Moriyama Yoshinori, Yasui Hiroaki, Suzuki Shiro, Yamamoto Yusuke, Ricciardelli Carmela, Nawa Akihiro, Shibata Kiyosumi, Kikkawa Fumitaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   146 巻 ( 8 ) 頁: 2268 - 2280   2020年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Cancer  

    DOI: 10.1002/ijc.32854

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. Prognostic impact of pelvic and para-aortic lymphadenectomy on clinically-apparent stage I primary mucinous epithelial ovarian carcinoma: a multi-institutional study with propensity score-weighted analysis 査読有り 国際誌

    Yoshihara Masato, Kajiyama Hiroaki, Tamauchi Satoshi, Iyoshi Shohei, Yokoi Akira, Suzuki Shiro, Kawai Michiyasu, Nagasaka Tetsuro, Takahashi Kunihiko, Matsui Shigeyuki, Kikkawa Fumitaka

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   50 巻 ( 2 ) 頁: 145 - 151   2020年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Clinical Oncology  

    DOI: 10.1093/jjco/hyz163

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  16. Serum microRNA profile enables preoperative diagnosis of uterine leiomyosarcoma 査読有り 国際誌

    Yokoi Akira, Matsuzaki Juntaro, Yamamoto Yusuke, Tate Keisei, Yoneoka Yutaka, Shimizu Hanako, Uehara Takashi, Ishikawa Mitsuya, Takizawa Satoko, Aoki Yoshiaki, Kato Ken, Kato Tomoyasu, Ochiya Takahiro

    CANCER SCIENCE   110 巻 ( 12 ) 頁: 3718 - 3726   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14215

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Unique miRNA profiling of squamous cell carcinoma arising from ovarian mature teratoma: comprehensive miRNA sequence analysis of its molecular background 査読有り 国際誌

    Yoshida Kosuke, Yokoi Akira, Kagawa Takumi, Oda Shingo, Hattori Satomi, Tamauchi Satoshi, Ikeda Yoshiki, Yoshikawa Nobuhisa, Nishino Kimihiro, Utsumi Fumi, Niimi Kaoru, Suzuki Shiro, Shibata Kiyosumi, Kajiyama Hiroaki, Yokoi Tsuyoshi, Kikkawa Fumitaka

    CARCINOGENESIS   40 巻 ( 12 ) 頁: 1435 - 1444   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Carcinogenesis  

    DOI: 10.1093/carcin/bgz135

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. COMPREHENSIVE MIRNA SEQUENCING OF SQUAMOUS CELL CARCINOMA ARISING FROM OVARIAN MATURE TERATOMA 査読有り 国際誌

    Yoshida K., Yokoi A., Tamauchi S., Ikeda Y., Yoshikawa N., Nishino K., Niimi K., Suzuki S., Kajiyama H., Kikkawa F.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   29 巻   頁: A544 - A545   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/ijgc-2019-ESGO.1079

    Web of Science

  19. Mechanisms of nuclear content loading to exosomes. 査読有り 国際誌

    Akira Yokoi, Alejandro Villar-Prados, Paul Allen Oliphint, Jianhua Zhang, Xingzhi Song, Peter De Hoff, Robert Morey, Jinsong Liu, Jason Roszik, Karen Clise-Dwyer, Jared K Burks, Theresa J O'Halloran, Louise C Laurent, Anil K Sood

    Science advances   5 巻 ( 11 ) 頁: eaax8849   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Exosome cargoes are highly varied and include proteins, small RNAs, and genomic DNA (gDNA). The presence of gDNA suggests that different intracellular compartments contribute to exosome loading, resulting in distinct exosome subpopulations. However, the loading of gDNA and other nuclear contents into exosomes (nExo) remains poorly understood. Here, we identify the relationship between cancer cell micronuclei (MN), which are markers of genomic instability, and nExo formation. Imaging flow cytometry analyses reveal that 10% of exosomes derived from cancer cells and <1% of exosomes derived from blood and ascites from patients with ovarian cancer carry nuclear contents. Treatment with genotoxic drugs resulted in increased MN and nExos both in vitro and in vivo. We observed that multivesicular body precursors and exosomal markers, such as the tetraspanins, directly interact with MN. Collectively, this work provides new insights related to nExos, which have implications for cancer biomarker development.

    DOI: 10.1126/sciadv.aax8849

    PubMed

  20. Cancer extracellular vesicles contribute to stromal heterogeneity by inducing chemokines in cancer-associated fibroblasts. 査読有り 国際誌

    Yutaka Naito, Yusuke Yamamoto, Naoya Sakamoto, Iwao Shimomura, Akiko Kogure, Minami Kumazaki, Akira Yokoi, Masakazu Yashiro, Tohru Kiyono, Kazuyoshi Yanagihara, Ryou-U Takahashi, Kosei Hirakawa, Wataru Yasui, Takahiro Ochiya

    Oncogene   38 巻 ( 28 ) 頁: 5566 - 5579   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cancer-associated fibroblasts (CAFs), one of the major components of a tumour microenvironment, comprise heterogeneous populations involved in tumour progression. However, it remains obscure how CAF heterogeneity is governed by cancer cells. Here, we show that cancer extracellular vesicles (EVs) induce a series of chemokines in activated fibroblasts and contribute to the formation of the heterogeneity. In a xenograft model of diffuse-type gastric cancer, we showed two distinct fibroblast subpopulations with alpha-smooth muscle actin (α-SMA) expression or chemokine expression. MicroRNAs (miRNAs) profiling of the EVs and the transfection experiment suggested that several miRNAs played a role in the induction of chemokines such as CXCL1 and CXCL8 in fibroblasts, but not for the myofibroblastic differentiation. Clinically, aberrant activation of CXCL1 and CXCL8 in CAFs correlated with poorer survival in gastric cancer patients. Thus, this link between chemokine expression in CAFs and tumour progression may provide novel targets for anticancer therapy.

    DOI: 10.1038/s41388-019-0832-4

    PubMed

  21. Drug library screen reveals benzimidazole derivatives as selective cytotoxic agents for KRAS-mutant lung cancer. 査読有り 国際誌

    Iwao Shimomura, Akira Yokoi, Isaku Kohama, Minami Kumazaki, Yuji Tada, Koichiro Tatsumi, Takahiro Ochiya, Yusuke Yamamoto

    Cancer letters   451 巻   頁: 11 - 22   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    KRAS is one of the most frequently mutated oncogenes in human non-small cell lung cancer (NSCLC). Mutations in KRAS are detected in 30% of NSCLC cases, with most of them occurring in codons 12 and 13 and less commonly in others. Despite intense efforts to develop drugs targeting mutant KRAS, no effective therapeutic strategies have been successfully tested in clinical trials. Here, we investigated molecular targets for KRAS-activated lung cancer cells using a drug library. A total of 1271 small molecules were screened in KRAS-mutant and wild-type lung cancer cell lines. The screening identified the cytotoxic effects of benzimidazole derivatives on KRAS-mutant lung cancer cells. Treatments with two benzimidazole derivatives, methiazole and fenbendazole-both of which are structurally specific-yielded significant suppression of the RAS-related signaling pathways in KRAS-mutated cells. Moreover, combinatorial therapy with methiazole and trametinib, a MEK inhibitor, induced synergistic effects in KRAS-mutant lung cancer cells. Our study demonstrates that these benzimidazole derivatives play an important role in suppressing KRAS-mutant lung cancer cells, thus offering a novel combinatorial therapeutic approach against such cancer cells.

    DOI: 10.1016/j.canlet.2019.03.002

    PubMed

  22. PAI-1 secreted from metastatic ovarian cancer cells triggers the tumor-promoting role of the mesothelium in a feedback loop to accelerate peritoneal dissemination 査読有り 国際誌

    Peng Yang, Kajiyama Hiroaki, Yuan Hong, Nakamura Kae, Yoshihara Masato, Yokoi Akira, Fujikake Kayo, Yasui Hiroaki, Yoshikawa Nobuhisa, Suzuki Shiro, Senga Takeshi, Shibata Kiyosumi, Kikkawa Fumitaka

    CANCER LETTERS   442 巻   頁: 181 - 192   2019年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Letters  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2018.10.027

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  23. Cancer-associated mesothelial cells as a potential therapeutic target in epithelial ovarian cancer 査読有り 国際誌

    Yoshihara Masato, Kajiyama Hiroaki, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Ryu Buntei, Yokoi Akira, Yamamoto Yusuke, Kikkawa Fumitaka

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 247 - 247   2018年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  24. The role of extracellular RNAs in ovarian cancer 査読有り 国際誌

    Yokoi Akira, Yoshioka Yusuke, Yamamoto Yusuke, Matsuzaki Juntaro, Kato Tomoyasu, Kato Ken, Kajiyama Hiroaki, Kikkawa Fumitaka, Ochiya Takahiro

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 351 - 351   2018年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  25. Notch signaling enhances the mutual association with epithelial ovarian cancer and mesothelial cells 査読有り 国際誌

    Sugiyama Mai, Yoshihara Masato, Koya Yoshihiro, Yokoi Akira, Ryu Buntei, Kikkawa Fumitaka, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 864 - 864   2018年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  26. Integrated extracellular microRNA profiling for ovarian cancer screening 査読有り 国際誌

    Yokoi Akira, Matsuzaki Juntaro, Yamamoto Yusuke, Yoneoka Yutaka, Takahashi Kenta, Shimizu Hanako, Uehara Takashi, Ishikawa Mitsuya, Ikeda Shun-ichi, Sonoda Takumi, Kawauchi Junpei, Takizawa Satoko, Aoki Yoshiaki, Niida Shumpei, Sakamoto Hiromi, Kato Ken, Kato Tomoyasu, Ochiya Takahiro

    NATURE COMMUNICATIONS   9 巻 ( 1 ) 頁: 4319 - 4319   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Communications  

    DOI: 10.1038/s41467-018-06434-4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  27. Carcinoma-associated mesothelial cells promote dissemination and platinum resistance in epithelial ovarian cancer. 査読有り 国際誌

    Yoshihara Masato, Kajiyama Hiroaki, Sugiyama Mai, Yasui Hiroaki, Koya Yoshihiro, Yamakita Yoshihiko, Ryu Buntei, Yokoi Akira, Yamamoto Yusuke, Kikkawa Fumitaka

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 118 - 118   2018年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  28. Malignant extracellular vesicles carrying MMP1 mRNA facilitate peritoneal dissemination in ovarian cancer 査読有り 国際誌

    Yokoi Akira, Yoshioka Yusuke, Yamamoto Yusuke, Ishikawa Mitsuya, Kato Tomoyasu, Kiyono Tohru, Kajiyama Hiroaki, Kikkawa Fumitaka, Ochiya Takahiro

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 29 - 29   2018年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  29. 既存薬ライブラリーを用いた、活性型Ras変異がんを標的とする分子標的治療の探索 査読有り 国際誌

    下村 巌, 横井 暁, 山本 雄介, 多田 裕司, 巽 浩一郎, 落谷 孝広

    生命科学系学会合同年次大会   2017年度 巻   頁: [3P - 0974]   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:生命科学系学会合同年次大会運営事務局  

  30. A combination of circulating miRNAs for the early detection of ovarian cancer 査読有り 国際誌

    Yokoi Akira, Yoshioka Yusuke, Hirakawa Akihiro, Yamamoto Yusuke, Ishikawa Mitsuya, Ikeda Shun-ichi, Kato Tomoyasu, Niimi Kaoru, Kajiyama Hiroaki, Kikkawa Fumitaka, Ochiya Takahiro

    ONCOTARGET   8 巻 ( 52 ) 頁: 89811 - 89823   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oncotarget  

    DOI: 10.18632/oncotarget.20688

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  31. Malignant extracellular vesicles carrying MMP1 mRNA facilitate peritoneal dissemination in ovarian cancer 査読有り 国際誌

    Yokoi Akira, Yoshioka Yusuke, Yamamoto Yusuke, Ishikawa Mitsuya, Ikeda Shun-ichi, Kato Tomoyasu, Kiyono Tohru, Takeshita Fumitaka, Kajiyama Hiroaki, Kikkawa Fumitaka, Ochiya Takahiro

    NATURE COMMUNICATIONS   8 巻   頁: 14470 - 14470   2017年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Communications  

    DOI: 10.1038/ncomms14470

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

MISC 31

  1. 核由来DNA搭載エクソソームを用いた新規リキッドバイオプシー戦略 国際誌

    横井 暁  

    日本癌学会総会記事79回 巻   頁: IS5 - 6   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  2. 進行卵巣癌におけるNotchシグナルを介した腫瘍内細胞極性の解明と標的化 国際誌

    吉原 雅人, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 伊吉 祥平, 北見 和久, 宇野 枢, 茂木 一将, 田野 翔, 玉内 学志, 横井 暁, 芳川 修久, 那波 明宏, 梶山 広明  

    日本癌学会総会記事79回 巻   頁: OE11 - 2   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  3. 卵巣癌の腹膜播種における腹膜中皮と脂肪組織の影響 国際誌

    茂木 一将, 吉原 雅人, 北見 和久, 伊吉 祥平, 宇野 枢, 田野 翔, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 玉内 学志, 横井 暁, 芳川 修久, 那波 明宏, 梶山 広明  

    日本癌学会総会記事79回 巻   頁: OE10 - 2   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  4. 卵巣明細胞癌におけるchrXq27.3 miRNAクラスターの転移・再発への役割 国際誌

    吉田 康将, 横井 暁, 吉原 雅人, 玉内 学志, 芳川 修久, 西野 公博, 新美 薫, 吉川 史隆, 梶山 広明  

    日本癌学会総会記事79回 巻   頁: OE5 - 2   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  5. 卵巣性索間質性腫瘍I期における妊孕性温存手術の後方視的解析 国際誌

    茂木 一将, 吉原 雅人, 伊吉 祥平, 宇野 枢, 北見 和久, 玉内 学志, 横井 暁, 芳川 修久, 池田 芳紀, 河井 通泰, 長坂 徹郎, 梶山 広明  

    日本癌治療学会学術集会抄録集58回 巻   頁: O64 - 3   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  6. 卵巣がんにおける核酸搭載細胞外小胞の機能解析と臨床応用 国際誌

    横井 暁  

    日本癌学会総会記事79回 巻   頁: YIA - 2   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  7. 卵巣がんにおける核酸搭載細胞外小胞の包括的解析 国際誌

    横井 暁, 落谷 孝広  

    日本癌学会総会記事79回 巻   頁: ISEV - 5   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  8. LuteolinはVRK1の発現を低下させることにより卵巣癌の進行抑制 国際誌

    常 続博雅, 梶山 広明, 芳川 修久, 横井 暁, 玉内 学志, 吉原 雅人  

    日本癌学会総会記事79回 巻   頁: PE14 - 3   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  9. I期卵巣癌における術中被膜破綻と縮小手術及び術後化学療法の予後に与える影響 国際誌

    吉原 雅人, 宇野 枢, 北見 和久, 伊吉 祥平, 田野 翔, 茂木 一将, 玉内 学志, 横井 暁, 池田 芳紀, 芳川 修久, 梶山 広明  

    日本癌治療学会学術集会抄録集58回 巻   頁: O18 - 6   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  10. 活性型ビタミンDは腹膜の中皮間葉転換を阻害し、卵巣癌腹膜播種を抑制する 国際誌

    北見 和久, 吉原 雅人, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 伊吉 祥平, 宇野 枢, 茂木 一将, 玉内 学志, 横井 暁, 芳川 修久, 那波 明宏, 梶山 広明  

    日本癌学会総会記事79回 巻   頁: OE10 - 1   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  11. 隣接細胞間コミュニケーションによる卵巣癌腹膜播種微小環境の形成 国際誌

    杉山 麻衣, 梶山 広明, 吉原 雅人, 小屋 美博, 横井 暁, 山下 守, 那波 明宏, 吉川 史隆  

    日本産科婦人科学会雑誌72 巻 ( 臨増 ) 頁: S - 401   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

  12. 【産婦人科領域で話題の新技術-時代の潮流に乗り遅れないための羅針盤】(Part2)注目の最新技術 腫瘍 マイクロRNA測定技術を用いた卵巣がんの早期診断 国際誌

    横井 暁, 落谷 孝広  

    臨床婦人科産科73 巻 ( 12 ) 頁: 1222 - 1226   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>●血液中を循環するマイクロRNAをバイオマーカーとして臨床応用することを目的とした取り組み.●卵巣がん患者群において有意に変化する複数のマイクロRNAを同定し,それらの組み合わせにより,早期から高精度でがんの存在を検出できる診断モデルを作成.●卵巣がん診断血液スクリーニングの実現に大きな前進をもたらす成果である.

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01564&link_issn=&doc_id=20191202060012&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1409209874&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1409209874&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  13. 婦人科がんの発生・病態・治療に関する最新の知見 癌関連中皮細胞の卵巣癌腹膜播種進展における役割(Recent advances in generation, biology, and treatment of gynecologic cancer Carcinoma-associated mesothelial cells as a novel therapeutic target in epithelial ovarian cancer) 国際誌

    吉原 雅人, 梶山 広明, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 横井 暁, 伊吉 祥平, 吉川 史隆  

    日本癌学会総会記事78回 巻   頁: SST7 - 4   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  14. 卵巣成熟奇形腫の悪性転化における特徴的なmiRNA発現プロファイルの同定(Identification of unique miRNA profiling in squamous cell carcinoma arising from mature teratoma of ovary) 国際誌

    吉田 康将, 横井 暁, 玉内 学志, 吉原 雅人, 芳川 修久, 西野 公博, 新美 薫, 鈴木 史朗, 梶山 広明, 吉川 史隆  

    日本癌学会総会記事78回 巻   頁: P - 1350   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  15. 卵巣成熟奇形腫の悪性転化における特徴的なmiRNA発現プロファイルの同定(Identification of unique miRNA profiling in squamous cell carcinoma arising from mature teratoma of ovary) 国際誌

    吉田 康将, 横井 暁, 玉内 学志, 吉原 雅人, 芳川 修久, 西野 公博, 新美 薫, 鈴木 史朗, 梶山 広明, 吉川 史隆  

    日本癌学会総会記事78回 巻   頁: P - 1350   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  16. エクソソーム分泌を阻害する低分子化合物のスクリーニング(Discovery of an inhibitor for EV secretion in cancer cells using a small-molecule library approach) 国際誌

    吉岡 祐亮, 横井 暁, 落谷 孝広  

    日本癌学会総会記事78回 巻   頁: E - 3047   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  17. エクソソーム分泌を阻害する低分子化合物のスクリーニング(Discovery of an inhibitor for EV secretion in cancer cells using a small-molecule library approach) 国際誌

    吉岡 祐亮, 横井 暁, 落谷 孝広  

    日本癌学会総会記事78回 巻   頁: E - 3047   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  18. がん研究における女性研究者(第6回) 腹膜中皮細胞はNotchシグナルを介して卵巣がん細胞の増殖を亢進する(Women scientists in cancer research Mesothelial cells promote ovarian cancer proliferation through Notch signaling pathway) 国際誌

    杉山 麻衣, 梶山 広明, 吉原 雅人, 小屋 美博, 横井 暁, 那波 明宏, 吉川 史隆  

    日本癌学会総会記事78回 巻   頁: SS - 1   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  19. がん研究における女性研究者(第6回) 腹膜中皮細胞はNotchシグナルを介して卵巣がん細胞の増殖を亢進する(Women scientists in cancer research Mesothelial cells promote ovarian cancer proliferation through Notch signaling pathway) 国際誌

    杉山 麻衣, 梶山 広明, 吉原 雅人, 小屋 美博, 横井 暁, 那波 明宏, 吉川 史隆  

    日本癌学会総会記事78回 巻   頁: SS - 1   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  20. 婦人科がんの発生・病態・治療に関する最新の知見 癌関連中皮細胞の卵巣癌腹膜播種進展における役割(Recent advances in generation, biology, and treatment of gynecologic cancer Carcinoma-associated mesothelial cells as a novel therapeutic target in epithelial ovarian cancer) 国際誌

    吉原 雅人, 梶山 広明, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 横井 暁, 伊吉 祥平, 吉川 史隆  

    日本癌学会総会記事78回 巻   頁: SST7 - 4   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  21. 卵巣がん腹膜播種形成時における腹膜の変化と役割 国際誌

    杉山 麻衣, 梶山 広明, 吉原 雅人, 小屋 美博, 横井 暁, 山下 守, 那波 明宏, 吉川 史隆  

    日本産科婦人科学会雑誌71 巻 ( 臨増 ) 頁: S - 293   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

  22. 院内助産で分娩管理を行った生殖補助医療(ART)妊婦の産後過多出血の検討 国際誌

    大島 和美, 横井 暁, 柴田 幸子, 真野 真紀子  

    日本助産学会誌32 巻 ( 2 ) 頁: 169 - 177   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本助産学会  

    目的 バースセンター(以下BC)は、総合周産期母子医療センターに併設する院内助産施設である。BCでは妊娠分娩経過は正常であっても、出産後に予期せぬ多量出血を経験することがある。生殖補助医療(以下ART)妊娠は癒着胎盤のリスク因子と言われており、且つ癒着胎盤は産科危機的出血の原因となり得る。当施設ではART妊娠であっても院内助産分娩希望があれば、産科医許可のもとBCで分娩を取扱っている。本研究ではART妊娠(新鮮胚移植妊娠、融解胚移植妊娠)の産後過多出血(以下PPH)を検証し、院内助産におけるリスク評価、及び対応を検討した。対象と方法 研究デザインは症例対照研究である。対象は2013年4月から2016年3月の調査期間中にBCで取り扱った分娩604例で、うち非ART妊娠は567例、ART妊娠は37例(新鮮胚移植9例、融解胚移植28例)であった。非ART妊娠と新鮮胚移植妊娠、融解胚移植妊娠で分娩後出血量、産褥24時間出血量、及びPPH(分娩後出血500ml以上、産褥24時間出血800ml以上)頻度の統計解析を行った。分娩後出血量、産褥24時間出血量を重回帰分析で、PPH頻度を多変量ロジスティック分析により検証した。結果 融解胚移植妊娠は分娩後出血量、産褥24時間出血量が非ART妊娠より有意に多く、PPHの頻度は非ART妊娠より有意に高かった。PPHのうち4例が産科危機的出血であったが、うち3例は融解胚移植のART妊婦であった。結論 ART妊婦の中でも融解胚移植妊娠はPPHのリスク因子になることが示唆された。融解胚移植妊娠については医師と速やかな医療連携がとれる体制の確立、及び将来的に院内助産分娩の対象から除外すべきか検討するための調査が必要と考える。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J02875&link_issn=&doc_id=20190107430008&doc_link_id=130007549960&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007549960&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  23. RNA生物学の発展ががん研究にもたらしたもの 卵巣がんにおける細胞外RNAの関与(Progress in cancer research through RNA biology The role of extracellular RNAs in ovarian cancer) 国際誌

    横井 暁, 吉岡 祐亮, 山本 雄介, 松崎 潤太郎, 加藤 友康, 加藤 健, 梶山 広明, 吉川 史隆, 落谷 孝広  

    日本癌学会総会記事77回 巻   頁: 231 - 231   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  24. 表層上皮性卵巣癌におけるNotchシグナルが及ぼす腹膜中皮細胞との微小環境形成への影響(Notch signaling enhances the mutual association with epithelial ovarian cancer and mesothelial cells) 国際誌

    杉山 麻衣, 吉原 雅人, 小屋 美博, 横井 暁, 劉 文亭, 吉川 史隆, 梶山 広明  

    日本癌学会総会記事77回 巻   頁: 1351 - 1351   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  25. 上皮性卵巣癌における治療標的としての癌関連腹膜中皮細胞(Cancer-associated mesothelial cells as a potential therapeutic target in epithelial ovarian cancer) 国際誌

    吉原 雅人, 梶山 広明, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 劉 文亭, 横井 暁, 山本 雄介, 吉川 史隆  

    日本癌学会総会記事77回 巻   頁: 271 - 271   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  26. 表層上皮性卵巣癌におけるNotchシグナルを介した腹膜中皮細胞の役割 国際誌

    杉山 麻衣, 梶山 広明, 吉原 雅人, 小屋 美博, 横井 暁, 山下 守, 那波 明宏, 吉川 史隆  

    日本産科婦人科学会雑誌70 巻 ( 2 ) 頁: 857 - 857   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

  27. 【最新免疫学×周産期医学】基礎医学 免疫学の最初の一歩 細胞が放出する"エクソソーム"を対象とした新たな研究展開 国際誌

    横井 暁, 落合 孝広  

    周産期医学47 巻 ( 12 ) 頁: 1539 - 1546   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  28. 卵巣癌細胞由来悪性エクソソームによる腹膜播種性転移促進メカニズム 国際誌

    横井 暁, 吉岡 祐亮, 山本 雄介, 石川 光也, 加藤 友康, 清野 透, 梶山 広明, 吉川 史隆, 落谷 孝広  

    日本癌学会総会記事76回 巻   頁: IS1 - 6   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  29. 表層上皮性卵巣癌における癌関連中皮細胞と腫瘍進展およびプラチナ耐性獲得機構 国際誌

    吉原 雅人, 梶山 広明, 杉山 麻衣, 安井 啓晃, 小屋 美博, 山北 由彦, 劉 文亭, 横井 暁, 山本 雄介, 吉川 史隆  

    日本癌学会総会記事76回 巻   頁: E - 1054   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  30. 血清中miRNAプロファイルによる早期卵巣がん診断バイオマーカーの開発 国際誌

    横井 暁, 吉岡 祐亮, 加藤 友康, 梶山 広明, 吉川 史隆, 落谷 孝広  

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌32 巻   頁: 27 - 28   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本分子腫瘍マーカー研究会  

  31. 【Liquid biopsy】乳癌におけるエクソソーム研究 国際誌

    横井 暁, 吉岡 祐亮, 落谷 孝広  

    乳癌の臨床32 巻 ( 1 ) 頁: 21 - 29   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)篠原出版新社  

▼全件表示

科研費 3

  1. 臨床応用へ向けたがん由来細胞外小胞の多様性および特異性の解明

    研究課題/研究課題番号:20K22806  2020年09月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    横井 暁

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

    本研究は、未だ明らかにされていないがん細胞由来細胞外小胞の多様性と、臨床応用へ向けた特性を明らかにすることを目的とする。研究代表者は、予後不良の卵巣がんを対象とし、血液、腹水、腫瘍組織等を用いて、細胞外小胞(Extracellular Vesicle: EV)抽出方法の検討、EV表面タンパク質のプロテオーム解析、EV関連核酸(RNAおよびDNA)の次世代シーケンスによる解析等を行うことで、臨床検体ベースの取り扱いの最適化、および特異マーカーの同定を行う。本研究で明らかになる知見は今後急速に進むと予想されるEVトランスレーショナル研究において、極めて重要な意義をもつ。

  2. 腹膜中皮との相互作用による卵巣がんの悪性化・腹膜播種・進展機序の解明

    研究課題/研究課題番号:19H03797  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    吉川 史隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    これまで卵巣がんの微小環境に着目し、多くの報告を行ってきた。さらに近年、我々は卵巣がん細胞が放出するエクソソームの機能を、世界に先駆けて明らかにした。卵巣がん細胞が放出するエクソソームが中皮細胞と協力して、腹膜転移を促進させる機構を同定した。卵巣がん細胞はその微小環境において、がん細胞の自身の悪性化のみならず、周囲の種々の細胞とメッセージを送り合うことで、様々な生理機能を発揮させていることが明らかになったが、詳細は明らかにされていない。がん細胞とそれを取り巻く細胞間との情報伝達機構どのようなものがあるのか、これらの疑問を解明するためにエクソソームmiRNAを中心に研究する。
    本年度、我々は本研究課題における重要な成果として大きく二つ、達成し報告している。一つ目はがん細胞と腹膜中皮細胞との相互作用に着目した解析により明らかになった、がん関連中皮細胞( CAM: cancer associated mesothelial cell)によるがん悪性化機構の解明である(Yoshihara et al. International Journal of Cancer. 2020)。CAMは卵巣癌細胞の接着、増殖を亢進させるだけでなく卵巣がん細胞と協働して浸潤し、抗アポトーシス作用を誘導してプラチナ耐性を生み出していることを発見した。またトランスクリプトーム解析により、PI3K/Akt/mTOR に代表される細胞増殖や細胞周期に関与する因子、上皮間葉転換や解糖系に関与する因子の関連が明らかとなり、同変化を臨床検体においても確認した。中皮細胞を介した機能は現在も検討中であり多角的にかつ同時進行で解析を行っている。本成果は進行卵巣がんの新たな治療戦略を展開するための重要な知見となりうる。二つ目の成果は卵巣がん、とりわけ成熟奇形腫悪性転化というサブタイプにおける解析を行い、有意に変動するmiRNA、またその下流の機能を同定したことである(Yoshida K, Carcinogenesis. 2019)。卵巣がんの特定のサブタイプに着目し、アクセスが容易なFFPE組織から候補を選定し、PDXモデルや患者検体にて検証を行った。成熟奇形腫悪性転化という希少なサブタイプに関する詳細のメカニズム解析は過去にほとんど報告はない。極めて多様なサブタイプを有する卵巣がんにおいて、特定のサブタイプを詳細に解析できたことは、我々の確立した研究プラットフォームが当初の予定通り機能することをしめしており、今後他のサブタイプへ展開できることを証明したため、大変意義の大きいこと捉えている。
    現在までの進捗状況は極めて良好である。上記研究実績の概要の項でも述べた通り、本研究の目的である、卵巣がん微小環境における細胞間相互作用を明らかにするという一端を達成し、さらに、未だ明らかにされていない卵巣がん悪性化・腹膜播種・進展機構の解明および治療標的の探索という目的に対し、インハウスの次世代シーケンサーを駆使することで解明することに成功した。予定外の事項は発生しておらず、今後さらに研究を展開する。
    本研究課題はⅠ.卵巣がんサブタイプ別の悪性化エクソソームの同定と応用、Ⅱ. 治療モデル確立を目指した腹膜中皮細胞とのクロストークの解析を2つの軸に据えているが、今後の推進方策に関して当初の予定から変更はない。すでに解析が進んでいる研究が多数あり、本年度に公表できるだろう成果も予定している。また、本年度より本格的にエクソソームを解析を開始するが、臨床検体を多く扱う上で必要な条件検討を念入りに行う予定であり、本年度は条件検討および有望分子の選定までを予定している。

  3. 卵巣がん細胞由来エクソソームによる新規腹膜播種メカニズム解明と治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:16K15704  2016年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    吉川 史隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    卵巣がんが分泌するエクソソームが、腹膜播種を促進することを発見した。同所移植マウスモデルでは、がん細胞由来のエクソソームが、腹膜転移を促進させ、腹膜中皮細胞の形態変化を起こすことを認めた。この形態変化はアポトーシス誘導によるものと判明した。抽出したエクソソームを投与した中皮細胞で有意にMMP1遺伝子が上昇していた。
    データベース解析より、MMP1が卵巣がんの重要な予後規定因子であることが分かった。腹水中にMMP1遺伝子を多く含むがん患者群が存在することが分かった。MMP1遺伝子を含有したエクソソームは患者予後を予測するバイオマーカーとして、また将来的な腹膜転移を抑制する治療標的として期待できる。