2021/10/20 更新

写真a

マツシマ シゲル
松島 秀
MATSUSHIMA Shigeru
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 バイオメディカルイメージング情報科学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部(保健学科)
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2002年3月   名古屋工業大学 ) 

研究キーワード 7

  1. Oncology Imaging

  2. 分子イメージング

  3. MRI

  4. 磁化移動効果

  5. 分子イメージング

  6. がん

  7. MRI

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 放射線科学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. MRIによる臨床腫瘍イメージングの開発

  2. MRIによる臨床分子イメージングの開発

学歴 1

  1. 名古屋工業大学   工学研究科   都市循環システム工学専攻

    1999年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本放射線医学会

  2. 日本磁気共鳴医学会

  3. 日本分子イメージング学会

受賞 1

  1. 第66回日本医学放射線学会Gold Medal賞

    2007年4月   日本医学放射線学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 31

  1. Comparison of radiopaque dye materials for localization of pulmonary nodules before video-assisted thoracic surgery. 査読有り

    Hasegawa T, Kuroda H, Chatani S, Furuya Y, Sato Y, Iwamasa H, Asai T, Yashiro H, Matsushima S, Inaba Y

    Journal of thoracic disease   12 巻 ( 5 ) 頁: 2070 - 2076   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/jtd-19-4057

    PubMed

  2. Development of twist-correction system for radiotherapy of head and neck cancer patients. 査読有り

    Shimizu H, Sasaki K, Aoyama T, Matsushima S, Isomura T, Fukuma H, Tachibana H, Kodaira T

    Journal of applied clinical medical physics   20 巻 ( 7 ) 頁: 128 - 134   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Applied Clinical Medical Physics  

    To propose a concept for correcting the twist between the head and neck and the body frequently occurring in radiotherapy patients and to develop a prototype device for achieving this. Furthermore, the operational accuracy of this device under no load was evaluated. We devised a concept for correcting the twist of patients by adjustment of the three rotation (pitch, roll, and yaw) angles in two independent plates connected by a joint (fulcrum). The two plates (head and neck plate and body plate) rotate around the fulcrum by adjusting screws under each of them. A prototype device was created to materialize this concept. First, after all adjusting screws were set to the zero position, the rotation angle of each plate was measured by a digital goniometer. Repeatability was evaluated by performing 20 repeated measurements. Next, to confirm the rotational accuracy of each plate of the prototype device, the calculated rotation angles for 20 combinations of patterns of traveled distances of the adjusting screws were compared with those measured by the digital goniometer and cone-beam computed tomography (CT). The repeatability (standard deviation: SD) of the pitch, roll, and yaw angles of the head and neck plate was 0.04°, 0.05°, and 0.03°, and the repeatability (SD) of the body plate was 0.05°, 0.04°, and 0.04°, respectively. The mean differences ± SD between the calculated and measured pitch, roll, and yaw angles for the head and neck plate with the digital goniometer were 0.00 ± 0.06°, −0.01 ± 0.06°, and −0.04 ± 0.04°, respectively. The differences for the body plate were −0.03 ± 0.04°, 0.03 ± 0.05°, and 0.02 ± 0.05°, respectively. Results of the cone-beam CT were similar to those of the digital goniometer. The prototype device exhibited good performance regarding the rotational accuracy and repeatability under no load. The clinical implementation of this concept is expected to reduce the residual error of the patient position due to the twist.

    DOI: 10.1002/acm2.12667

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Predicting chemotherapeutic response for colorectal liver metastases using relative tumor enhancement of gadoxetic acid disodium-enhanced magnetic resonance imaging 査読有り

    Murata S, Matsushima S, Sato Y, Yamaura H, Hasegawa T, Muro K, Inaba Y.

    Abdom Radiol (NY)   43 巻 ( 12 ) 頁: 3301-3306   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Predicting chemotherapeutic response for colorectal liver metastases using relative tumor enhancement of gadoxetic acid disodium-enhanced magnetic resonance imaging. 査読有り

    Murata S, Matsushima S, Sato Y, Yamaura H, Kato M, Hasegawa T, Muro K, Inaba Y

    Abdominal radiology (New York)   43 巻 ( 12 ) 頁: 3301 - 3306   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00261-018-1615-z

    Scopus

    PubMed

  5. Intraarterial Therapy Using Micellar Nanoparticles Incorporating SN-38 in a Rabbit Liver Tumor Model. 査読有り

    Nishiofuku H, Tanaka T, Fukuoka Y, Sato T, Masada T, Tatsumoto S, Sho M, Yamato I, Yasuda S, Matsushima S, Takano M, Ohbayashi C, Kichikawa K

    Journal of vascular and interventional radiology : JVIR   28 巻 ( 3 ) 頁: 457 - 464   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jvir.2016.10.032

    Web of Science

    PubMed

  6. Equivalent cross-relaxation rate imaging and diffusion weighted imaging for early prediction of response to bevacizumab-containing treatment in colorectal liver metastases - Preliminary Study 査読有り

    Shigeru Matsushima, Takeshi Sato, Hideyuki Nishiofuku, Yozo Sato, Shinichi Murata, Yasutomi Kinosada, Seiichi Era, Yoshitaka Inaba

    Clinical Imaging   41 巻   頁: 1-6   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Equivalent cross-relaxation rate imaging and diffusion weighted imaging for early prediction of response to bevacizumab-containing treatment in colorectal liver metastases-preliminary study. 査読有り

    Matsushima S, Sato T, Nishiofuku H, Sato Y, Murata S, Kinosada Y, Era S, Inaba Y

    Clinical imaging   41 巻   頁: 1 - 6   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clinimag.2016.08.013

    Web of Science

    PubMed

  8. Intraarterial Therapy Using Micellar Nanoparticles Incorporating SN-38 in a Rabbit Liver Tumor Model 査読有り

    Hideyuki Nishiofuku, Toshihiro Tanaka, Yasushi Fukuoka, Takeshi Sato, Tetsuya Masada, Shota Tatsumoto, Masayuki Sho, Ichiro Yamato, Satoshi Yasuda, Shigeru Matsushima, Masato Takano, Chiho Ohbayashi, Kimihiko Kichikawa

    J Vasc Interv Radiol   28 巻 ( 3 ) 頁: 457-464   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Preoperative Evaluation of Posthepatectomy Liver Failure Using MRI-Based Liver Function Indices in Child-Pugh Class A 査読有り

    Shigeru Matsushima, Yozo Sato, Hidekazu Yamaura, Mina Kato, Yui Onoda, Shinichi Murata, Yoshihiro Shimizu, Yasutomi Kinosada, Hideyuki Nishiofuku, Yoshitaka Inaba

    Open Journal of Radiology   6 巻   頁: 147-156   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Preoperative estimation of future remnant liver function following portal vein embolization using relative enhancement on Gd-EOB-DTPA-enhanced magnetic resonance imaging 査読有り

    Yozo Sato, Shigeru Matsushima, Yoshitaka Inaba, Tsuyoshi Sano, Hidekazu Yamaura, Mina Kato, Yasuhiro Shimizu, Yoshiki Senda, Tsuneo Ishiguchi

    Korean Journal of Radiology   16 巻 ( 3 ) 頁: 523-530   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. New whole-body multimodality imaging of gastric cancer peritoneal metastasis combining fluorescence imaging with ICG-labeled antibody and MRI in mice 査読有り

    Akihiro Ito, Yuichi Ito, Shigeru Matsushima, Daisuke Tsuchida, Mai Ogasawara, Junichi Hasegawa, Kazunari Misawa, Eisaku Kondo, Norio Kaneda, Hayao Nakanishi

    Gastric Cancer   17 巻 ( 3 ) 頁: 497-507   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Equivalent cross-relaxation rate imaging positively correlates with pathological grade and cell density of adipocytic tumors 査読有り

    Okuda H, Matsushima S, Sugiura H, Yamada K, Hamada S, Nishida Y, Ishiguro N.

    Magn Reson Imaging   32 巻 ( 3 ) 頁: 206-210   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Visualization of liver uptake function using the uptake contrast-enhanced ratio in hepatobiliary phase imaging 査読有り

    Shigeru Matsushima, Yozo Sato, Hidekazu Yamaura, Mina Kato, Yasutomi Kinosada, Seiichi Era, Kazuya Takahashi, Yoshitaka Inaba

    Magn Reson Imaging   32 巻 ( 6 ) 頁: 654-659   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Correlation between equivalent cross-relaxation rate and cellular density in soft tissue tumors 査読有り

    Shunsuke Hamada, Shigeru Matsushima, Hideshi Sugiura, Kenji Yamada, Yoshihiro Nishida, Naoki Ishiguro

    Skeletal Radiology   43 巻 ( 2 ) 頁: 141-147   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Evaluation of parotid gland function using equivalent cross-relaxation rate imaging applied magnetization transfer effect 査読有り

    Hidetoshi Shimizu, Shigeru Matsushima, Yasutomi Kinosada, Hiroki Miyamura, Takashi Kubota, Hikaru Osaki, Masashi Nakayama, Manabu Yoshimoto, Takeshi Kodaira

    Journal of Radiation Research   53 巻   頁: 138-144   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Cellular Imaging Using Equivalent Cross-Relaxation Rate Technique in Rabbit VX-2 Tumor Model 査読有り

    Hideyuki Nishiofuku, Shigeru Matsushima, Osamu Taguchi, Yoshitaka Inaba, Hidekazu Yamaura, Yozo Sato, Toshihiro Tanaka and Kimihiko Kichikawa

    Cancer Informatics   10 巻   頁: 227-232   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Comparative intermolecular cross-relaxation studies of human hemoglobin in red blood cells and bovine serum albumin in solution 査読有り

    Seiichi Era, Masaru Sogami, Nobuhiro Uesaka, Masataka Murakami, Shigeru Matsushima, Yasutomi Kinosada

    NMR Biomed   24 巻   頁: 483-491   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Comparative 1H NMR studies of saturation transfer in copolymer gels and mouse lenses 査読有り

    Koji Nakamura, Masaru Sogami, Seiichi Era, Shigeru Matsushima, Yasutomi Kinosa

    NMR Biomed.   23 巻 ( 6 ) 頁: 584-591   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Cell-Weighted Imaging for Malignant Lymphoma Using Equivalent Cross-Relaxation Rate Imaging 査読有り

    Hideyuki Nishiofuku, Shigeru Matsushima, Yoshitaka Inaba, Hidekazu Yamaura, Yozo Sato, Yasuo Morishima, Kimihiko Kichikawa

    Korean Journal of Radiology   11 巻 ( 3 ) 頁: 327-332   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Changes in water content of intervertebral discs and paravertebral muscles before and after bed rest 査読有り

    Yoshihiro Matsumura, Yuichi Kasai, Hideaki Obata, Shigeru Matsushima, Tadashi Inaba, Atsumasa Uchida

    J Orthop Sci.   14 巻 ( 1 ) 頁: 45-50   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Equivalent cross-relaxation rate imaging of axillary lymph nodes in breast cancer 査読有り

    Shigeru Matsushima, Hideyuki Nishiofuku, Hiroji Iwata, Seiichi Era, Yoshitaka Inaba, Yasutomi Kinosada

    J. Magn Reson Imaging   27 巻   頁: 1278-1283   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Equivalent cross-relaxation rate image for sentinel lymph node biopsy in breast carcinoma 査読有り

    Shigeru Matsushima, Fumio Sasaki, Hidekazu Yamaura, Hiroji Iwata, Hikaru Ohsaki, Seiichi Era, Masaru Sogami, Tadashi Inaba, Mitsuhiro Uike, Yasutomi Kinosada

    Magn Reson Med   54 巻 ( 5 ) 頁: 1300-1304   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Equivalent Cross-Relaxation Rate Imaging of Breast Cancer 査読有り

    Sachiko Yuen, Kei Yamada, Yasutomi Kinosada, Shigeru Matsushima, Yasuhiko Nakano, Mariko Goto, Tsunehiko Nishimura

    Journal of Magnetic Resonance Imaging   20 巻   頁: 56-65   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Equivalent Cross-Relaxation Rate Image for Decreasing a False Negative Case of Sentinel Node Biopsy 査読有り

    Shigeru Matsushima, Shuhei Sarumaru, Daisuke Ohta, Seiichi Era, Masaru Sogami, Fumio Sasaki, Tadashi Inaba, Yasutomi Kinosada

    Magnetic Resonance Imaging   21 巻 ( 9 ) 頁: 1045-1047   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Equivalent Cross-Relaxation Rate imaging in the Synthetic Copolymer Gels and Invasive Ductal Carcinomas of the Breast 査読有り

    Shigeru Matsushima, Akinori Takasu, Yoshihito Inai, Tadamichi Hirabayashi, Seiichi Era, Masaru Sogami, Fumio Sasaki, Hikaru Ohsaki, Yasutomi Kinosada

    Magnetic Resonance Imaging   20 巻   頁: 285-293   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Equivalent Cross-Relaxation Rate in Magnetic Resonance Imaging: A Novel Physical Parameter for Evaluation of Conditions of water in Synthetic Copolymer Gels 査読有り

    Shigeru Matsushima, Akinori Takasu, Yoshihito Inai, Tadamichi Hirabayashi, Seiichi Era, Masaru Sogami, Yasutomi Kinosada

    Polymer journal   33 巻 ( 3 ) 頁: 236-241   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Basic studies on the equivalent cross-Relaxation rate imaging 査読有り

    Masaru Sogami, Seiichi Era, Yasutomi Kinosada, Shigeru Matsushima, Kazuo Kato,Mihoko Tomida and Tadamichi Hirabayashi

    NMR Biomed   14 巻   頁: 367-375   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Saturation transfer ratio in magnetic resonance imaging: A novel physical parameter for evaluation of hydrophilicity of synthetic copolymer gel 査読有り

    Shigeru Matsushima, Akinori Takasu, Yoshihito Inai, Tadamichi Hirabayashi, Seiichi Era, Masaru Sogami, Yasutomi Kinosada

    Polymer journal   32 巻 ( 10 ) 頁: 828-883   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Saturation transfer ratio imaging in invasive ductal carcinomas of the breast 査読有り

    Shigeru Matsushima, Fumio Sasaki, Yasutomi Kinosada, Hisatoshi Maeda, Masaru Sogami, Seiichi Era, Yasushi Yatabe, Shigeto Miura, Hikaru Ohsaki, Junichi Sakamoto

    Magnetic Resonance Imaging   18 巻   頁: 379-385   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Tissue Characterization by Magnetization Transfer Ratio : Evaluated of MTRs in Breast tumors, Globus Pallidus and Nazopharyngeal tumors 査読有り

    S Matsushima, F Sasaki, Y Uchiyama, N Fuwa, M Andou, H Maeda, Y Kinosada

    Jpn Med Phys   17 巻   頁: 1-8   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. An external reference 1H spectroscopy 査読有り

    H.Maeda, S. Matsushima, I.Taki, M.Ohno, S. Takeuchi, Y. Ando

    Magn. Reson. Imaging   6 巻   頁: 1067-1072   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 14

  1. MRIで病理を探る 招待有り

    松島秀

    第77回日本放射線技術学会総会学術大会  2021年4月17日  日本放射線技術学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  2. The correlation between histomorphometry and relative tumor enhancement images by the texture analysis in colorectal liver metastases 招待有り 国際会議

    S Matsushima, S Murata, Y Sato, H Onaya, H Yamaura, M Kato, T Hasegawa, H Ogura, Y Inaba.

    2020 European Congress of Radiology  2020年  European Congress of Radiology

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Vienna   国名:オーストリア共和国  

    DOI: 10.26044/ecr2020/C-01196

  3. The relative tumor enhancement based on tumor heterogeneity for prediction of response to bevacizumab-containing treatment in liver metastases of colorectal cancer 国際会議

    S Matsushima, S Murata, Y Sato, H Onaya, H Yamaura, M Kato, T Hasegawa, Y Kinosada, Y Inaba

    2019 European Congress of Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月 - 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  4. The relative liver enhancement on hepatobiliary phase imaging for prediction of response to bevacizumab-containing treatment in liver metastases of colorectal cancer 国際会議

    S Matsushima, S Murata, Y Sato, H Yamaura, Y Onoda, T Hasegawa, Y Kinosada, S Era, Y Inaba

    2018 European Congress of Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月 - 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  5. Equivalent cross-relaxation rate imaging and diffusion-weighted imaging for early prediction of response to bevacizumab-containing treatment in colorectal liver metastases 国際会議

    S Matsushima, T Sato, H Nishiofuku, Y Sato, S Murata, Y Kinosada, S Era, Y Inaba

    2017 European Congress of Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  6. Correlation of indocyanine green clearance and MRI-based heterogeneous liver function indices in Child-pugh class A patients 国際会議

    S Matsushima, Y Sato, H Yamaura, Y Onoda, M Kato, S Murata, Y Kinosada, S Era, Y Inaba

    2016 European Congress of Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  7. Correlation of international normalized ratios after postoperative day 5 and MRI-based heterogeneous liver function indices in Child-pugh class A 国際会議

    S Matsushima, Y Sato, H Yamaura, Y Onoda, M Kato, S Murata, Y Kinosada S Era, Y Inaba

    2016 European Congress of Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  8. Prediction of posthepatectomy liver failure using the coefficient variation of relative liver enhancement on hepatobiliary phase images 国際会議

    S. Matsushima, Y. Sato, H. Yamaura, M. Kato, S. Murata, Y. Kinosada, S. Era, Y. Yonezawa, H. Ogura, Y. Inaba

    2015 European Congress of Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  9. Preoperative evaluation of future remnant liver function by the coefficient variation of contrast enhanced ratio in hepatocellular image 国際会議

    S.Matsushima, Y. Sato, H. Yamaura, M. Kato, Y. Kinosada, S. Era, Kazuya Takahashi, Y Inaba

    Radiological Society of North America 100nd Scientific Assembly and Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月 - 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  10. Correlation of hepatocellular density and contrast enhance ratio in hepatocellular of the surrounding non-cancerous background liver tissue 国際会議

    S.Matsushima, Y. Sato, H. Yamaura, M. Kato, D Inoue Y. Kinosada, S. Era, T.Kurinobu, Kazuya Takahashi, Y Inaba

    Society of North America 98nd Scientific Assembly and Annual Meeting. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  11. Correlation of hepatocellular density and the contrast enhance ratio in hepatocellular imaging. 国際会議

    S. Matsushima, Y. Sato, H. Yamaura, M. Kato, D. Inoue, Y. Kinosada, S. Era, K. Takahashi, Y. Inaba

    2012 European Congress of Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  12. Evaluation of future remnant liver function by the contrast enhanced ratio in hepatocellular imaging 国際会議

    S.Matsushima, Y. Sato, H. Yamaura, M. Kato, Y. Kinosada, S. Era, H. Shimizu, Y Inaba

    Radiological Society of North America 97nd Scientific Assembly and Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月 - 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  13. Preoperative evaluation of future remnant liver function by the contrast enhance ratio in hepatocellular image 国際会議

    S. Matsushima, Y. Sato, H. Yamaura, M. Kato, T. Kanamoto, Y. Kinosada, S. Era, H. Koyanagi, Y. Inaba

    2011 European Congress of Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  14. The correlation between liver function and contrast enhanced ratio in the hepatocellular image 国際会議

    S.Matsushima, Y. Sato, H. Yamaura, Y. Kinosada, S. Era, Y Inaba

    Radiological Society of North America 96nd Scientific Assembly and Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月 - 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 10

  1. 腫瘍内血管内皮細胞増殖因子(VEGF)を可視化するための基礎的研究

    2019年4月 - 2020年3月

    公益財団法人がん研究振興財団がん研究助成金 

    松島 秀

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. Oncology Imagingに有用なMRI細胞イメージングの開発

    2016年4月 - 2017年3月

    がんその他の悪性新生物研究助成金 

    松島 秀

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 肝細胞イメージを用いた残肝機能予測

    2011年4月 - 2012年3月

    がんその他の悪性新生物研究助成金 

    松島 秀

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 肝細胞イメージを用いたMR-volumetory法の開発

    2010年4月 - 2011年3月

    がんその他の悪性新生物研究助成金 

    松島 秀

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. MRIによる肝細胞イメージと肝機能との相関性

    2009年4月 - 2010年3月

    がんその他の悪性新生物研究助成金 

    松島 秀

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. MR-Cellular image による乳癌術前化学療法の早期治療効果判定

    2008年4月 - 2029年3月

    がんその他の悪性新生物研究助成金 

    松島 秀

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 肝細胞癌患者における個別化医療を目指したMR-Cellular imaging

    2007年4月 - 2008年3月

    がんその他の悪性新生物研究助成金 

    松島 秀

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. Equivalent cross relaxation image によるmolecular lymph node imaging

    2006年4月 - 2007年3月

    がんその他の悪性新生物研究助成金 

    松島 秀

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. Equivalent cross relaxation image による乳癌腋窩リンパ節転移の評価

    2005年4月 - 2006年3月

    がんその他の悪性新生物研究助成金 

    松島 秀

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. 乳癌センチネルリンパ節生検の儀陰性症例を減少させるためのMRI

    2004年4月 - 2005年3月

    がんその他の悪性新生物研究助成金 

    松島 秀

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 6

  1. 標的分子に基づいたMR oncology imagingの開発

    2019年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. MRI分子イメージングによる分子標的薬における反応生の早期評価と肝機能の可視化

    2014年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. MRI分子イメージングによる分子標的薬における反応性の早期評価と肝機能の可視化

    研究課題/研究課題番号:26461844  2014年4月 - 2018年3月

    松島 秀

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    本研究の目的はMRIを用い分子標的薬における反応性の早期評価および手術支援肝機能画像の開発を行うことである。磁化移動効果を利用したEquivalent cross-relaxation rate imaging(ECRI)を用い, 大腸癌肝転移症例における分子標的薬の早期評価を実施した。治療開始前における腫瘍のECR値はresponders groupで有意に高値を示し,治療開始2週間後のECR値は有意に低下した。肝切除前に肝切除後の残肝機能を形態的・機能的に予測するために, 肝細胞相における肝細胞特異性造影剤の造影率を画像化(RLEI)した。RLEIは手術支援肝機能画像として有用であった。

  4. MRI分子画像を用いたナノDDSによる体内動態の解明から治療効果早期診断への応用

    研究課題/研究課題番号:26461833  2014年4月 - 2018年3月

    西尾福 英之

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    ミセル化ナノ粒子であるNK012の動注薬剤としての有用性について肝腫瘍動物モデルを用いて評価し、さらに生体内での代謝経路についてその動態について評価した。動注群と静注群の2群を作成し、18匹の肝腫瘍モデルを用いてNK012とfree SN-38の末梢血中濃度と腫瘍内濃度を測定した。末梢血中濃度は24時間におけるAUCを測定したが両群で有意差を認めなかったが、腫瘍内は、投与3分後、2時間後、24時間において動注群で有意に高い濃度を認めた。動態評価を行うために、NK012を蛍光標識し組織内、腫瘍内での可視化を行い、投与後経時的に腫瘍内から肝実質内のクッパー細胞に取り込まれていくことが示された。

  5. MRを用いた細胞密度画像によるがん化学療法の早期治療効果判定

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. MRIを用いた腫瘍細胞密度を可視化する分子画像の開発と癌治療への応用

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 1

  1. 磁気共鳴イメージング装置及びその作動方法,画像診断システム並びに診断方法

    紀ノ定保臣,松島 秀,恵良聖一,長田真二

     詳細を見る

    出願番号:特願2009-534388  出願日:2008年9月

    特許番号/登録番号:特許第5212951号  登録日:2008年9月 

    出願国:国内