2021/03/23 更新

写真a

イケダ カツヒデ
池田 勝秀
IKEDA Katsuhide
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 オミックス医療科学 准教授
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2014年1月   昭和大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 免疫組織細胞化学

  2. 細胞診断検査学

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 医用システム

  2. ライフサイエンス / 人体病理学

経歴 2

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科 総合保健学専攻 オミックス医療科学   准教授

    2020年4月 - 現在

  2. 国際医療福祉大学   成田保健医療学部医学検査学科   講師

    2016年4月 - 2020年3月

所属学協会 9

  1. 日本臨床細胞学会東海連合会

    2020年4月 - 現在

  2. 愛知県臨床細胞学会

    2020年4月 - 現在

  3. 千葉県臨床細胞学会   理事

    2018年4月 - 2020年3月

  4. 千葉県臨床検査技師会   理事

    2016年4月 - 現在

  5. 千葉県細胞検査士会   理事

    2016年4月 - 現在

  6. 日本組織細胞化学会

    2012年 - 現在

  7. 国際細胞学会

    2011年 - 現在

  8. 日本臨床衛生検査技師会

    2002年 - 現在

  9. 日本臨床細胞学会   評議員

    2000年 - 現在

▼全件表示

 

論文 29

  1. The prebiotic fiber inulin ameliorates cardiac, adipose tissue, and hepatic pathology, but exacerbates hypertriglyceridemia in rats with metabolic syndrome 査読有り

    Komatsu Y, Aoyama K, Yoneda M, Ashikawa S, Nakano S, Kawai Y, Cui X, Furukawa N, Ikeda K, Nagata K.

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-HEART AND CIRCULATORY PHYSIOLOGY   320 巻 ( 1 ) 頁: 281 - 295   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpheart.00657.2020

  2. Surgical ablation of whitened interscapular brown fat ameliorates cardiac pathology in salt-loaded metabolic syndrome rats 査読有り

    Komatsu Y, Aoyama K, Yoneda M, Ito S, Sano Y, Kawai Y, Cui X, Yamada Y, Furukawa N, Ikeda K, Nagata K.

    ANNALS OF THE NEW YORK ACADEMY OF SCIENCES     2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nyas.14546

  3. MicroRNA-150 suppresses p27 Kip1 expression and promotes cell proliferation in HeLa human cervical cancer cells 査読有り

    Oboshi W, Hayashi K, Takeuchi H, Ikeda K, Yamaguchi Y, Kimura A, Nakamura T, Yukimasa N.

    ONCOLOGY LETTERS   20 巻 ( 5 ) 頁: 210   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2020.12073

  4. Alleviation of salt-induced exacerbation of cardiac, renal, and visceral fat pathology in rats with metabolic syndrome by surgical removal of subcutaneous fat 査読有り

    Aoyama Kiyoshi, Komatsu Yuki, Yoneda Mamoru, Nakano Shiho, Ashikawa Sao, Kawai Yumeno, Cui Xixi, Ikeda Katsuhide, Nagata Kohzo

    NUTRITION & DIABETES   10 巻 ( 1 ) 頁: 28   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41387-020-00132-1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Effects of the Storage Solution Type and Prolonged Storage on the Immunoreactivity of Cells. 査読有り

    Ikeda K, Sato S, Chigira H, Shibuki Y, Hiraoka N

    ACTA CYTOLOGICA   64 巻 ( 4 ) 頁: 352 - 359   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000503268

    PubMed

  6. Characterizing the Effect of Automated Cell Sorting Solutions on Cytomorphological Changes. 査読有り

    Ikeda K, Sato S, Chigira H, Shibuki Y, Hiraoka N

    ACTA CYTOLOGICA   64 巻 ( 3 ) 頁: 232 - 240   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000500769

    PubMed

  7. Effusion cytomorphology of small round cell tumors 査読有り

      33 巻 ( 2 ) 頁: 85 - 92   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4103/0970-9371.182529

    Web of Science

    PubMed

  8. Wide local extension and higher proliferation indices are characteristic features of symptomatic lobular neoplasias (LNs) and LNs with an early invasive component. 査読有り

      64 巻 ( 7 ) 頁: 994 - 1003   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/his.12356

    PubMed

  9. Diagnostic accuracy of fine-needle aspiration cytology of the breast in Japan: report from the Working Group on the Accuracy of Breast Fine-Needle Aspiration Cytology of the Japanese Society of Clinical Cytology. 査読有り

      28 巻 ( 5 ) 頁: 1606 - 12   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2012.2014

    PubMed

  10. Comparison of immunocytochemical sensitivity between formalin-fixed and alcohol-fixed specimens reveals the diagnostic value of alcohol-fixed cytocentrifuged preparations in malignant effusion cytology. 査読有り

      136 巻 ( 6 ) 頁: 934 - 42   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1309/AJCPAH5WR2LFTUSI

    PubMed

  11. Diagnostic Usefulness of EMA, IMP3, and GLUT-1 for the Immunocytochemical Distinction of Malignant Cells From Reactive Mesothelial Cells in Effusion Cytology Using Cytospin Preparations 査読有り

      39 巻 ( 6 ) 頁: 395 - 401   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dc.21398

    Web of Science

    PubMed

  12. Multiple immunoenzyme labeling using heat treatment combined with the polymer method: an analysis of the appropriate inactivation conditions of primary antibodies 査読有り

    Ikeda K, Suzuki T, Tate G, Mitsuya T.

    Acta Histochem   113 巻 ( 2 ) 頁: 117 - 124   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.acthis.2009.08.007

  13. IMP3/L523S, a novel immunocytochemical marker that distinguishes benign and malignant cells: the expression profiles of IMP3/L523S in effusion cytology 査読有り

      41 巻 ( 5 ) 頁: 745 - 750   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    DOI: 10.1016/j.humpath.2009.04.030

    Web of Science

    PubMed

  14. Effusion Cytomorphology and Immunocytochemistry of Malignant Melanoma: Five Cases of Melanotic Melanoma and One Case of Amelanotic Melanoma 査読有り

      37 巻 ( 7 ) 頁: 516 - 521   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dc.21054

    Web of Science

    PubMed

  15. Cytomorphologic features of well-differentiated papillary mesothelioma in peritoneal effusion: A case report 査読有り

      36 巻 ( 7 ) 頁: 512 - 515   2008年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dc.20824

    Web of Science

    PubMed

  16. Coordinate expression of cytokeratin 8 and cytokeratin 17 immunohistochemical staining in cervical intraepithelial neoplasia and cervical squamous cell carcinoma: An immunohistochemical analysis and review of the literature 査読有り

      108 巻 ( 3 ) 頁: 598 - 602   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ygyno.2007.11.042

    Web of Science

    PubMed

  17. Clear cell adenocarcinoma arising from a giant cystic adenomyosis: a case report with immunohistochemical analysis of laminin-5 gamma2 chain and p53 overexpression. 査読有り

      204 巻 ( 9 ) 頁: 677 - 82   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.prp.2008.02.005

    PubMed

  18. A case of dysgerminoma of the ovary with early carcinomatous features 査読有り

      51 巻 ( 2 ) 頁: 269 - 271   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2559.2007.02742.x

    Web of Science

  19. Cytologic comparison of a primary parathyroid cancer and its metastatic lesions: A case report 査読有り

      34 巻 ( 1 ) 頁: 50 - 55   2006年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dc.20399

    Web of Science

    PubMed

  20. A novel multicolor immunofluorescence method using heat treatment. 査読有り

      59 巻 ( 4 ) 頁: 145 - 51   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/31955

    PubMed

  21. Cytomorphologic features of immature ovarian teratorna in peritoneal effusion: A case report 査読有り

      33 巻 ( 1 ) 頁: 39 - 42   2005年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dc.20259

    Web of Science

    PubMed

  22. Effusion cytodiagnosis of carcinosarcoma derived from the female genital tract: immunohistochemical features of MMP-7 and Ki-67 and immunofluorescence double staining analyses of eight cases 査読有り

      97 巻 ( 2 ) 頁: 323 - 329   2005年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ygyno.2004.12.024

    Web of Science

    PubMed

  23. Fine needle aspiration cytology of primary proximal-type epithelioid sarcoma of the perineum: a case report. 査読有り

      49 巻 ( 3 ) 頁: 314 - 8   2005年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000326155

    PubMed

  24. Proximal-type epithelioid sarcoma in a 36-year-old man: closer immunoelectron-microscopic resemblance of the tumor cells to epithelial cells than to mesenchymal cells. 査読有り

      54 巻 ( 8 ) 頁: 616 - 22   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1827.2004.01671.x

    PubMed

  25. 熱湯処理を用いた改良型蛍光抗体法多重染色 査読有り

    鈴木 孝夫, 池田 勝秀, 楯 玄秀, 光谷 俊幸

    医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology   53 巻 ( 2 ) 頁: 112 - 116   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  26. 高感度間接法を用いた酵素抗体法三重染色 査読有り

    池田 勝秀, 鈴木 孝夫, 岸本 浩次, 北村 隆司, 増永 敦子, 楯 玄秀, 光谷 俊幸, 武永 正人

    医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology   52 巻 ( 7 ) 頁: 944 - 949   2003年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  27. 陽性(悪性)にとられやすい乳腺の良性疾患として : 乳管内乳頭腫

    北村 隆司, 那須 直美, 池田 勝秀, 増永 敦子, 楯 玄秀, 光谷 俊幸, 渡辺 糺, 太田 秀一

    日本臨床細胞学会雑誌   42 巻 ( 2 ) 頁: 149 - 154   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人日本臨床細胞学会  

  28. 陽性(悪性)にとられやすい乳腺の良性疾患として―乳管内乳頭腫―:乳管内乳頭腫

    北村 隆司, 那須 直美, 池田 勝秀, 増永 敦子, 楯 玄秀, 光谷 俊幸, 渡辺 糺, 太田 秀一

    日本臨床細胞学会雑誌   42 巻 ( 2 ) 頁: 149 - 154   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本臨床細胞学会  

    <B>目的:</B>穿刺吸引細胞標本における乳管内乳頭腫 (IDP) の細胞学的特徴と細胞異型に乏しい高分化乳癌との鑑別点について解説した.<BR><B>診断:</B>典型的DIPでは散在性細胞は少なく, 腺上皮細胞, 筋上皮細胞, および間質結合織より構成される結合性の高い乳頭状集塊が観察される. また, 壊死を起こしたIDPでは多量の壊死物質が認められるが, 出現する腺上皮細胞は変性核でN/C比も通常のIDPにみられるものと同様である.<BR><B>鑑別:</B>乳頭癌とIDPの鑑別では,(1) 細胞相互, および間質と上皮細胞の結合性,(2) 集塊内の筋上皮細胞の有無,(3) 散在性細胞の細胞異型 (特にクロマチン形態とN/C比) の観察などが, また, 高分化な乳癌とIDPに由来した重積集団の鑑別では (1) 腺腔への細胞極性の有無,(2) 細胞重積の形態,(3) 化生変化の有無などが良・悪性の鑑別のポイントとなる.<BR><B>結語:</B>IDPと高分化乳癌では細胞学的に類似した所見がみられるが, その診断においてはIDPの細胞学的の特徴やIDPと高分化な乳癌との差異を明確に認識した上で診断に臨む必要がある.

    DOI: 10.5795/jjscc.42.149

  29. 痴呆類似症状を呈し, 高齢者に発生した膵外発育性 insulinoma の1剖検例 査読有り

    田尻 琢磨, 楯 玄秀, 池田 勝秀, 鈴木 孝夫, 高橋 隆, 増永 敦子, 国村 利明, 鈴木 晟時, 光谷 俊幸, 諸星 利男

    膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society   17 巻 ( 5 ) 頁: 500 - 505   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 16

  1. 解剖学Ⅱ

    2020

  2. 基礎セミナーA

    2020

  3. 医療英語ⅠB

    2020

  4. 臨床病理学演習

    2020

  5. 生物学基礎Ⅱ

    2020

  6. 生物学実験

    2020

  7. 検査技術科学特論Ⅰ

    2020

  8. 病理組織細胞検査学実習A

    2020

  9. 病理組織細胞検査学I

    2020

  10. 人体構造学実習

    2020

  11. 保健病理学B

    2020

  12. 病理学

    2020

  13. 保健病理学A

    2020

  14. 病理組織細胞検査学II

    2020

  15. 形態検査技術開発法I

    2020

  16. 人体構造機能学ⅠB

    2020

▼全件表示