2022/10/26 更新

写真a

ミヤケ ヤスユキ
三宅 康之
MIYAKE Yasuyuki
所属
大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 先端領域支援部門 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 3

  1. 博士(医学) ( 2006年3月   大阪大学 ) 

  2. 修士(先端生命科学) ( 2002年3月   東京大学 ) 

  3. 学士(理学) ( 2000年3月   信州大学 ) 

研究キーワード 6

  1. RNAウイルス

  2. インフルエンザウイルス

  3. vRNPs

  4. ユビキチン

  5. HDAC6

  6. 分子構造

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 分子生物学  / Molecular Biology

  2. ライフサイエンス / ウイルス学  / Virology

  3. ライフサイエンス / 細胞生物学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. ウイルス感染における宿主因子の動態と分子機能の解明

経歴 7

  1. 名古屋大学   医学系研究科   助教

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. University of Bristol   細胞分子医科学   研究員

    2018年5月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

  3. 名古屋大学   医学系研究科   日本学術振興会特別研究員(RPD)

    2018年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 信州大学   医学部   研究員

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. FMI   Epigenetics group   研究員

    2010年3月 - 2015年12月

      詳細を見る

    国名:スイス連邦

  6. 京都大学   大学院生命科学研究科   研究員

    2006年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 理化学研究所   細胞生理学研究室   研修生

    2002年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 大阪大学   医学系研究科   情報伝達医学専攻

    - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   新領域創成科学研究科   先端生命科学専攻

    - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 信州大学

    - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本分子生物学会

    2000年12月 - 現在

  2. 日本ウイルス学会

    2020年9月 - 現在

  3. 日本細胞生物学会

    2022年3月 - 現在

受賞 2

  1. CMM Awayday Best Poster Prize

    2019年1月   ブリストル大学   Influenza virus uses transportin 1 for vRNP debundling during cell entry

    三宅 康之

  2. Pfizer Forschungspreis (Infektiologie, Rheumatologie und Immunologie)

    2016年1月   Pfizer  

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:スイス連邦

 

論文 10

  1. Influenza virus uses transportin 1 for vRNP debundling during cell entry 査読有り 国際共著

    Miyake Y, Keusch JJ, Decamps L, Ho-Xuan H, Iketani S, Gut H, Kutay U, Helenius A, Yamauchi Y

    Nature Microbiology   4 巻 ( 4 ) 頁: 578 - 586   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41564-018-0332-2

  2. Structural insights into HDAC6 tubulin deacetylation and its selective inhibition 査読有り

    Miyake Y, Keusch JJ, Wang L, Saito M, Hess D, Wang X, Melancon BJ, Helquist P, Gut H, Matthias P

    Nature Chemical Biology   12 巻 ( 9 ) 頁: 748 - 754   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nchembio.2140

  3. Influenza A virus uses the aggresome processing machinery for host cell entry 査読有り

    Banerjee I, Miyake Y, Nobs SP, Schneider C, Horvath P, Kopf M, Matthias P, Helenius A, Yamauchi Y

    Science   346 巻 ( 6208 ) 頁: 473 - 477   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.1257037

  4. RPA-like mammalian Ctc1-Stn1-Ten1 complex binds to single-stranded DNA and protects telomeres independently of the Pot1 pathway 査読有り

    Miyake Y, Nakamura M, Nabetani A, Shimamura S, Tamura M, Yonehara S, Saito M, Ishikawa F

    Molecular cell   36 巻 ( 2 ) 頁: 193 - 206   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molcel.2009.08.009

  5. インフルエンザウイルスの細胞内侵入の生化学 査読有り

    三宅 康之, 山内 洋平

    生化学   94 巻 ( 3 ) 頁: 427 - 432   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人日本生化学会  

    DOI: 10.14952/seikagaku.2022.940427

    CiNii Research

  6. Disrupting the HDAC6-ubiquitin interaction impairs infection by influenza and Zika virus and cellular stress pathways 査読有り

    Wang Longlong, Moreira Etori Aguiar, Kempf Georg, Miyake Yasuyuki, Esteves Blandina I. Oliveira, Fahmi Amal, Schaefer Jonas V, Dreier Birgit, Yamauchi Yohei, Alves Marco P., Plueckthun Andreas, Matthias Patrick

    CELL REPORTS   39 巻 ( 4 ) 頁: 110736   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cell Reports  

    The deacetylase HDAC6 has tandem catalytic domains and a zinc finger domain (ZnF) binding ubiquitin (Ub). While the catalytic domain has an antiviral effect, the ZnF facilitates influenza A virus (IAV) infection and cellular stress responses. By recruiting Ub via the ZnF, HDAC6 promotes the formation of aggresomes and stress granules (SGs), dynamic structures associated with pathologies such as neurodegeneration. IAV subverts the aggresome/HDAC6 pathway to facilitate capsid uncoating during early infection. To target this pathway, we generate designed ankyrin repeat proteins (DARPins) binding the ZnF; one of these prevents interaction with Ub in vitro and in cells. Crystallographic analysis shows that it blocks the ZnF pocket where Ub engages. Conditional expression of this DARPin reversibly impairs infection by IAV and Zika virus; moreover, SGs and aggresomes are downregulated. These results validate the HDAC6 ZnF as an attractive target for drug discovery.

    DOI: 10.1016/j.celrep.2022.110736

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. A STING inhibitor suppresses EBV-induced B cell transformation and lymphomagenesis 査読有り

    Miyagi Shouhei, Watanabe Takahiro, Hara Yuya, Arata Masataka, Uddin Md. Kamal, Mantoku Keisuke, Sago Ken, Yanagi Yusuke, Suzuki Takeshi, Masud H. M. Abdullah Al, Kawada Jun-ichi, Nakamura Shigeo, Miyake Yasuyuki, Sato Yoshitaka, Murata Takayuki, Kimura Hiroshi

    CANCER SCIENCE   112 巻 ( 12 ) 頁: 5088 - 5099   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Science  

    Epstein-Barr virus-associated lymphoproliferative disease (EBV-LPD) is frequently fatal. Innate immunity plays a key role in protecting against pathogens and cancers. The stimulator of interferon genes (STING) is regarded as a key adaptor protein allowing DNA sensors recognizing exogenous cytosolic DNA to activate the type I interferon signaling cascade. In terms of EBV tumorigenicity, the role of STING remains elusive. Here we showed that treatment with the STING inhibitor, C-176, suppressed EBV-induced transformation in peripheral blood mononuclear cells. In an EBV-LPD mouse model, C-176 treatment also inhibited tumor formation and prolonged survival. Treatment with B cells alone did not affect EBV transformation, but suppression of EBV-induced transformation was observed in the presence of T cells. Even without direct B cell-T cell contact in a transwell system, the inhibitor reduced the transformation activity, indicating that intercellular communication by humoral factors was critical to prevent EBV-induced transformation. These findings suggest that inhibition of STING signaling pathway with C-176 could be a new therapeutic target of EBV-LPD.

    DOI: 10.1111/cas.15152

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Acetylation site specificities of lysine deacetylase inhibitors in human cells 査読有り 国際共著

    Schölz C, Weinert BT, Wagner SA, Beli P, Miyake Y, Qi J, Jensen LJ, Streicher W, McCarthy AR, Westwood NJ, Lain S, Cox J, Matthias P, Mann M, Bradner JE, Choudhary C

    Nature biotechnology   33 巻 ( 4 ) 頁: 415 - 423   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nbt.3130

  9. Aberrant DNA polymerase alpha is excluded from the nucleus by defective import and degradation in the nucleus 査読有り

    Eichinger CS, Mizuno T, Mizuno K, Miyake Y, Yanagi K, Imamoto N, Hanaoka F

    The Journal of Biological Chemistry   284 巻 ( 44 ) 頁: 30604 - 30614   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M109.024760

  10. Novel splicing variant of mouse Orc1 is deficient in nuclear translocation and resistant for proteasome-mediated degradation 査読有り

    Miyake Y, Mizuno T, Yanagi K, Hanaoka F

    The Journal of Biological Chemistry   280 巻 ( 13 ) 頁: 12643 - 12652   2005年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M413280200

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. インフルエンザウイルスの細胞内侵入に関わる宿主因子の分子機能

    三宅康之( 担当: 単著 ,  範囲: Topics from special edition)

    ニューサイエンス社  2022年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. Purification of Unanchored Polyubiquitin Chains from Influenza Virions

    Miyake Yasuyuki, Matthias Patrick, Yamauchi Yohei( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 16)

    Humana Press  2018年  ( ISBN:978-1-4939-8677-4

     詳細を見る

    担当ページ:329-342   記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: 10.1007/978-1-4939-8678-1_16

MISC 1

  1. ヒストン脱アセチル化酵素HDAC6の結晶構造から明らかにされたチューブリンに対する特異性および選択的な阻害剤との結合 招待有り 国際共著

    三宅康之 , パトリック マティアス  

    ライフサイエンス新着論文レビュー   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    DOI: 10.7875/first.author.2016.083

講演・口頭発表等 3

  1. ENDOSOMAL DEUBIQUITINASE USP7 PROMOTES INFLUENZA VIRUS UNCOATING 国際共著 国際会議

    三宅康之

    NSV2022  2022年6月13日  NSV meeting organizing commitee

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ポルトガル   国名:ポルトガル共和国  

  2. RNAウイルスの戦略的細胞内侵入の新展開 招待有り

    三宅 康之

    プレミアムレクチャー  2021年11月18日  プレミアムレクチャー実行委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋大学大学院医学系研究科   国名:日本国  

  3. インフルエンザウイルスの細胞内侵入におけるUSP7タンパク質の機能解析 国際共著

    Alina Rozanova, Yasuyuki Miyake, and Yohei Yamauchi

    第43回日本分子生物学会年会  2020年12月3日  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. ウイルス感染における宿主因子の動態と分子機能の解明

    2021年4月 - 2024年3月

    科学技術振興機構  創発的研究支援事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 新興RNAウイルス感染におけるHDAC6およびUSP7の機能解析

    2019年12月 - 2023年3月

    医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業 

    三宅 康之

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

     A型インフルエンザウイルス(IAV)は新興・再興感染症の一つであり、時に鳥インフルエンザや豚インフルエンザに由来する新型変異致死性ウイルスによる脅威をもたらし、世界的な大流行を引き起こす。現行のワクチンや抗ウイルス薬では、季節性インフルエンザのみならず高病原性鳥インフルエンザを制御することは困難であり、新たな治療法開発が望まれている。IAV感染、特に細胞内への侵入メカニズムの細胞生物学的、生化学的な理解は、宿主タンパク質を標的とする新規抗ウイルス薬の開発につながることが期待される。また、現在中国を発端とした世界的な流行を引き起こしている新型コロナウイルスも脂質二重膜を有するRNAウイルスであり、インフルエンザウイルス同様の侵入経路を利用している可能性が考えられ、インフルエンザウイルス以外の新興RNAウイルスに共通した創薬に繋がると考えられる。

科研費 2

  1. インフルエンザウイルスとヒト免疫不全症候群ウイルスの脱殻分子メカニズムの解明

    2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    三宅康之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

     ヒトの感染症を引き起こすインフルエンザ、コロナ、エボラ、デング、ジカといった脂質二重膜に包まれたエンベロープRNAウイルスは、細胞内にエンドサイトーシスと呼ばれる食作用で取り込まれる。その後エンドソーム内部の環境が変化することでエンドソーム膜に融合し、ウイルスゲノムが細胞質内へ放出される。ウイルスの細胞内への侵入の素過程における宿主因子の機能の理解は、RNAウイルスの細胞内侵入のメカニズムだけでなく、将来的に宿主因子を標的とした新たな抗ウイルス薬の開発につながることが期待される。そこで、宿主因子とウイルス殻タンパク質の複合体を生化学的に精製し、その分子構造と相互作用メカニズムを明らかにする。

  2. ユビキチンを利用したインフルエンザウイルス脱殻の分子機構解明

    2018年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金 

    三宅康之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

     ヒストン脱アセチル化酵素HDAC6は、インフルエンザウイルスが細胞内に侵入する際のウイルスの脱殻において重要な役割を果たしている。後期エンドソームにおいてウイルス内部に存在するユビキチンを細胞質側に提示することでHDAC6がリクルートされ、HDAC6とダイニン・ミオシンモーター及び微小管・アクチンフィラメントなどとの分子間相互作用によりウイルスの脱殻が促される。しかし特定のユビキチン鎖がシグナルとなって、HDAC6をリクルートしているのかは不明である。
     in vitroの実験において、インフルエンザウイルスを後期エンドソームを模倣した低pH条件のバッファーに晒し、HDAC6のユビキチン結合ドメインとの相互作用を調べた結果、ポリユビキチン鎖がより多く結合していることを明らかにしてきた。現在、この後期エンドソームでの低pHによるプライミングがウイルスのユビキチンに与える影響を含め、ウイルスがHDAC6に認識されやすい特定のユビキチン鎖を持つのか生化学的に解析している。またHDAC6へのユビキチン結合を阻害するNanobodyとHDAC6との複合体の相互作用解析を通じて、抗インフルエンザウイルス薬の基盤を構築する。

産業財産権 1

  1. New treatment against influenza virus

    Banerjee I , Helenius A , Matthias P , Miyake Y , Yamauchi Y

     詳細を見る

    出願番号:WO2015189816 A1  出願日:2015年

 

担当経験のある科目 (本学) 6

  1. 病理病態学

    2022

  2. 生体と微生物 ウイルス学総論3

    2022

  3. 生体と微生物 ウイルス学総論3

    2021

  4. 病理病態学

    2021

  5. 病理病態学

    2020

  6. 生体と微生物 ウイルス学総論3

    2020

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. ウイルス学

    2022年1月 名古屋市立大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国