2020/04/24 更新

写真a

ナガタ ケンイチ
永田 健一
NAGATA Kenichi
所属
大学院医学系研究科 特任助教
職名
特任助教
ホームページ

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2010年6月   大阪市立大学 ) 

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 神経形態学

  2. ライフサイエンス / 解剖学

学歴 3

  1. 大阪市立大学   医学研究科

    2006年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 大阪市立大学   医学研究科

    2004年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 広島大学   総合科学部

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本ゲノム編集学会

  2. 日本解剖学会

  3. 日本人類遺伝学会

 

論文 10

  1. Introduction of pathogenic mutations into the mouse Psen1 gene by Base Editor and Target-AID 査読有り

    Sasaguri H#, Nagata K# (contributed equally), Sekiguchi M, Fujioka R, Matsuba Y, Hashimoto S, Sato K, Kurup D, Yokota T, Saido TC.

        2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-018-05262-w

  2. DNA methylation level of the neprilysin promoter in Alzheimer's disease brains 査読有り

    Nagata K* (co-corresponding), Mano T, Murayama S, Saido TC, Iwata A*

        2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2018.01.003

  3. Generation of App knock-in mice reveals deletion mutations protective against Alzheimer's disease-like pathology 査読有り

    Nagata K* (co-corresponding), Takahashi M, Matsuba Y, Okuyama-Uchimura F, Sato K, Hashimoto S, Saito T, and Saido TC*

        2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-018-04238-0

  4. Distinct functional consequences of ECEL1/DINE missense mutations in the pathogenesis of congenital contracture disorders 査読有り

    Nagata K* (co-corresponding), Takahashi M, Kiryu-Seo S, Kiyama H* and Saido TC*

        2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40478-017-0486-9

  5. Neuron-specific methylome analysis reveals epigenetic regulation and tau-related dysfunction of BRCA1 in Alzheimer's disease 査読有り

    Mano T, Nagata K, Nonaka T, Tarutani A, Imamura T, Hashimoto T, Bannai T, Koshi-Mano K, Tsuchida T, Ohtomo R, Takahashi-Fujigasaki J, Yamashita S, Ohyagi Y, Yamasaki R, Tsuji S, Tamaoka A, Ikeuchi T, Saido TC, Iwatsubo T, Ushijima T, Murayama S, Hasegawa M, Iwata A

    Proc Natl Acad Sci U S A     2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1707151114

  6. ECEL1 mutation implicates impaired axonal arborization of motor nerves in the pathogenesis of distal arthrogryposis 査読有り

    Nagata K*(co-corresponding), Kiryu-Seo S, Tamada H, Okuyama-Uchimura F, Kiyama H*, Saido TC*

    Acta Neuropathologica     2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00401-016-1554-0

  7. Altered CpG methylation in sporadic Alzheimer's disease is associated with APP and MAPT dysregulation 査読有り

    Iwata A, Nagata K, Hatsuta H, Takuma H, Bundo M, Iwamoto K, Tamaoka A, Murayama S, Saido T, Tsuji S

    Human Molecular Genetics     2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/hmg/ddt451

  8. microRNA-124 is down regulated in nerve-injured motor neurons and it potentially targets mRNAs for KLF6 and STAT3 査読有り

    Nagata K# (contributed equally), Hama I#, Kiryu-Seo S, Kiyama H

    Neuroscience     2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2013.10.055

  9. Damage-induced neuronal endopeptidase is critical for presynaptic formation of neuromuscular junctions 査読有り

    Nagata K, Kiryu-Seo S, Maeda M, Yoshida K, Morita T, Kiyama H

    Journal of Neuroscience     2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.4521-09.2010

  10. Localization and ontogeny of damage-induced neuronal endopeptidase mRNA-expressing neurons in the rat nervous system 査読有り

    Nagata K, Kiryu-Seo S, Kiyama H

    Neuroscience   141 巻 ( 1 ) 頁: 299-310   2006年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

科研費 3

  1. ECEL1/DINE遺伝子変異による先天性関節拘縮症発症メカニズムの解明

    2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. DINE欠損運動神経の骨格筋支配における発生学的異常の解析

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 神経再生関連microRNAの探索および機能解析

    2010年09月 - 2011年03月

    科学研究費補助金  研究活動スタート支援

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者