2021/07/29 更新

写真a

サエキ マサオミ
佐伯 将臣
SAEKI Masaomi
所属
医学部附属病院 先端医療開発部 特任助教
職名
特任助教

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2019年3月   名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 整形外科学

経歴 1

  1. 名古屋大学   医学部附属病院 先端医療開発部   特任助教

    2020年4月 - 現在

 

論文 3

  1. Remodeling of Diaphyseal Diameter of Forearm Bone in a Child. Case Report.

    Saeki M, Yamamoto M, Hirata H

    Ortopedia, traumatologia, rehabilitacja   21 巻 ( 3 ) 頁: 213 - 218   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Ortopedia Traumatologia Rehabilitacja  

    We present a case of remodeling of the diaphyseal diameter of a forearm bone in a child. A 12-year-old boy had a narrow diameter of the radial diaphysis following the removal of a buried plate. The diameter of the radial diaphysis was decreased by half. Osteotomy and internal fixation were performed without graft harvesting from another site of autologous bone. The diameter of radial diaphysis was sufficiently remodeled.

    DOI: 10.5604/01.3001.0013.2936

    Scopus

    PubMed

  2. Upper extremity disability is associated with pain intensity and grip strength in women with bilateral idiopathic carpal tunnel syndrome

    Yoshida Akihito, Kurimoto Shigeru, Iwatsuki Katsuyuki, Saeki Masaomi, Nishizuka Takanobu, Nakano Tomonori, Yoneda Hidemasa, Onishi Tetsurou, Yamamoto Michiro, Tatebe Masahiro, Hirata Hitoshi

    NEUROREHABILITATION   44 巻 ( 2 ) 頁: 199 - 205   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:NeuroRehabilitation  

    BACKGROUND: The upper extremity disability in patients with carpal tunnel syndrome (CTS) is related to dysfunction due to the median nerve damage. However, there is no report on which dysfunctions affect the upper extremity disability. PURPOSE: This study aimed to investigate which clinical factors influence upper extremity disability in women with CTS. METHODS: We analyzed 60 hands of women with bilateral idiopathic CTS. Upper extremity disability was assessed using Hand10, a validated and self-administered tool. Pain intensity was measured using the Japanese version of the Short- Form McGill Pain Questionnaire (SF-MPQ-J).We performed nerve conduction studies, assessed physical and psychological parameters, and collected demographic data. Physical parameters comprised grip strength, pinch strength, tactile threshold, static 2-point discrimination sensation, and severity of numbness. Psychological parameters include depression, pain anxiety, and distress. RESULTS: The bivariate analysis revealed that Hand10was significantly correlated with age, symptom duration, SF-MPQ-J, grip strength, pain anxiety, and distress. Multiple regression analysis demonstrated that SF-MPQ-J and grip strength were related to Hand10 score. CONCLUSIONS: Pain intensity and grip strength were dysfunctions affecting the upper extremity disability in women with bilateral idiopathic CTS. Rehabilitation approaches for CTS should be considered based on the adaptive activities of the neural networks.

    DOI: 10.3233/NRE-182589

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Efficacy and safety of novel collagen conduits filled with collagen filaments to treat patients with peripheral nerve injury: A multicenter, controlled, open-label clinical trial

    Saeki Masaomi, Tanaka Kenji, Imatani Junya, Okamoto Hideki, Watanabe Kentaro, Nakamura Toshiyasu, Gotani Hiroyuki, Ohi Hiroyuki, Nakamura Ryogo, Hirata Hitoshi

    INJURY-INTERNATIONAL JOURNAL OF THE CARE OF THE INJURED   49 巻 ( 4 ) 頁: 766 - 774   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Injury  

    Introduction: The safety and efficacy of using artificial collagen nerve conduits filled with collagen filaments to treat nerve defects has not been fully studied in humans. We conducted a multicenter, controlled, open-label study to compare the safety and efficacy of artificial nerve conduit grafts with those of autologous nerve grafts. Methods: We included patients with a sensory nerve defect of ≤30 mm, at the level of the wrist or a more distal location, with the first-line surgical methods selected according to a patient's preference. We compared sensory recovery using static two-point discrimination and adverse events between the artificial collagen nerve conduit and autologous nerve grafting. Results: The artificial nerve conduit group included 49 patients, with a mean age of 42 years and nerve defect of 12.6 mm. The autologous nerve graft group included 7 patients, with historical data of an additional 31 patients, with a mean age of 36 years and nerve defect of 18.7 mm. The rate of recovery of sensory function at 12 months was 75% (36/49) for the artificial nerve conduit group and 73.7% (28/38) in the autologous nerve group. No serious adverse events directly associated with use of the artificial nerve conduit were identified. Conclusions: The treatment of nerve defects ≤30 mm using artificial collagen nerve conduits was not inferior to treatment using autologous nerve grafts. Based on our data, the new artificial collagen nerve conduit can provide an alternative to autologous nerve for the treatment of peripheral nerve defects.

    DOI: 10.1016/j.injury.2018.03.011

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

講演・口頭発表等 3

  1. メディカルイノベーション推進室(MIU)と奥三河メディカルバレー(OMV) 招待有り

    佐伯将臣

    第1回 日本バイオデザイン学会 学術集会  2021年3月5日  一般社団法人 日本バイオデザイン学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Web形式   国名:日本国  

  2. 奥三河メディカルバレー(OMV) 招待有り

    佐伯将臣

    日本神経学会産官学創薬スクール  2021年1月22日  一般社団法人日本神経学会事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Web形式   国名:日本国  

  3. キーンベック病に対する血管柄付き豆状骨移植の治療成績

    佐伯将臣

    第63回日本手外科学会学術集会  一般財団法人 新潟手の外科研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月 - 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

その他研究活動 4

  1. 奥三河メディカルバレープロジェクト第8回ミーティング

    2021年3月

     詳細を見る

    ハイブリッド形式(JPタワー名古屋会場 & Zoomミーティング)を主催した。
    産学官の領域から以下の方々に講演をいただいた。

    10:00- Introduction
     平田仁(名古屋大学 予防早期医療創成センター/人間拡張・手の外科学 教授)
    10:05- 講演 -名古屋大学における共創の場形成支援プログラムについて-
     長谷川泰久(JST 共創の場形成支援プログラム 東海国立大学機構「FUTUREライフスタイル社会共創拠
     点」代表/名古屋大学大学院工学研究科 マイクロ・ナノ機械理工学専攻 教授)
     
    10:20-11:50
    Panel1 Designing of diverse & resilient collaboration research space (司会:平田仁、佐伯将臣)
    Keynote lecture
     中川聰 (トライポッド・デザイン株式会社 代表取締役/名古屋大学医学系研究科 客員教授)
    Presentation
     平田仁(名古屋大学 予防早期医療創成センター/人間拡張・手の外科学 教授)
     葛谷雅文 (名古屋大学 地域在宅医療学・老年科学 教授)
     勝野雅央 (名古屋大学 脳神経病態制御学・神経内科学 教授)
    Panel Discussion
     
    12:10- 門松健治 (名古屋大学 大学院医学系研究科 研究科長)
    12:15- 穂積亮次 (新城市 市長)
     
    12:20-13:50
    Panel 2 Exploration of synergistic industrial academic collaboration (司会:長谷川泰久、佐伯将臣)
    Keynote lecture
     堤浩幸 (株式会社フィリップス・ジャパン 代表取締役社長)
    Presentation
     今尾有佑 (中部電力株式会社 事業創造本部 地域包括ケアユニット 副長 プロジェクトリーダー)
     藤原武史 (豊田合成株式会社 ライフソリューション事業本部 主監(e-Rubber・ヘルスケア))
     有馬寛 (名古屋大学 糖尿病・内分泌内科学 教授)
    Panel Discussion

    14:00-15:50
    Panel 3 New trends of medical and healthcare technology innovation (司会:平田仁、佐伯将臣)
    Keynote lecture
     内田毅彦 (株式会社 日本医療機器開発機構(JOMDD) 代表取締役)
     中川聰 (トライポッド・デザイン株式会社 代表取締役/名古屋大学医学系研究科 客員教授)
     吹上康代 (名古屋市経済局イノベーション推進部 部長)
    Presentation
     佐伯将臣 (名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部メディカルイノベーション推進室 特任助教)
    Panel Discussion
     15:50- Wrap up 佐宗章弘(名古屋大学副総長/学術研究・産学官連携推進本部長)
    15:55-16:00 Closing remarks 松尾清一 (名古屋大学総長)

  2. 第2回バイオデザイン 入門セミナー in NAGOYA

    2020年12月

     詳細を見る

    第2回バイオデザイン 入門セミナー in NAGOYAを主催した。
    企業から参加者を募集し、有料セミナーを開催した。
    講師を学外から招聘した。
    スタンフォード・バイオデザインのイノベーションプロセスに準拠し、バイオデザイン教員養成プログラムを修了した講師によるワーキング形成のセミナーを行った。

  3. 第2回つくばバイオデザイン体験ワークショップ

    2020年10月

     詳細を見る

    筑波大学で開催するバイオデザイン ワークショップに講師として参加。
    オンライン開催。
    企業、研究者などの参加者のグループワーキングの1チームを引き受け、ニーズステートメント作成からコンセプト作成、プロトタイピング(グループワーク)をオンライン上で実施。

  4. 奥三河メディカルバレープロジェクト第7回ミーティング

    2020年7月

     詳細を見る

    名古屋大学とカリフォルニア州、東京を結び、ハイブリッド開催で主催した。
    産学官の領域から以下の登壇者に講演をいただいた。
     浅原弘明 (株式会社MICIN 法務部長)
     関根秀真(三菱総合研究所 未来構想センター センター長)
      池野文昭(Stanford Biodesign, program director (U.S.)Japan Biodesign)
     富原早夏(経済産業省 ヘルスケア産業課 医療・福祉機器産業室 室長)
     尾崎紀夫(名古屋大学精神医学・親と子どもの心療学分野 教授)
     藤原啓税(ナゴヤイノベーターズガレージ事務局長)
     大山慎太郎 (名古屋大学医学部附属病院 メディカルITセンター 特任助教)
     曳野洋幸(シスコシステムズ 情報通信産業事業統括 KDDI事業本部 第2営業本部 担当部長) 
     宮木幸一(産業精神保健研究機構 代表理事 / 名古屋大学 客員教授)
     深堀昂(Avatarin株式会社 代表取締役CEO)
    黒木帝聡(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科/豊田合成株式会社)
    佐藤礼司(株式会社エクサウィザーズ AIプラットフォーム事業部 中部エリア統括/AIコンサルタント)
    長谷川泰久(名古屋大学大学院工学研究科 マイクロ・ナノ機械理工学専攻 教授)
    下田真吾(理研CBS トヨタ連携センター ユニットリーダー)

科研費 2

  1. 静圧検知IoTインソールを用いた動的荷重測定と解析による腰痛の発症前兆候の解明

    研究課題/研究課題番号:21K17454  2021年4月 - 2024年3月

    若手研究

    佐伯 将臣

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

  2. ヒトiPS細胞とオプトジェネティクスによる運動機能再建と横隔膜ペーシングへの応用

    研究課題/研究課題番号:19K21345  2019年4月 - 2020年3月

    佐伯 将臣

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    神経損傷や運動ニューロン疾患による運動麻痺への有用な治療法が求められている。当グループでは、胎児由来運動神経細胞、またはマウスES細胞・ヒトiPS細胞由来運動神経前駆細胞を損傷末梢神経内に移植し、脱神経筋の再支配による運動機能再建と電気刺激による制御が可能である事を示してきた。本研究では光感受性チャネルロドプシンを導入したヒトiPS細胞由来運動神経細胞を坐骨神経損傷モデルに移植し、運動機能再建および光刺激による骨格筋の制御を行う。また、高位脊髄損傷やALSなどの難治性神経変性疾患における呼吸筋麻痺を標的とし、横隔神経損傷モデルに同細胞を移植し、光制御可能な横隔膜ペーシング技術を開発する。
    ヒトiPS細胞由来運動ニューロンに、レンチウイルスベクターを用いてChR2(H134R)を導入した。青色光の照射により、ChR2(H134R)を導入した運動ニューロンにおいて活動電位が誘発されることを多電極アレイを用いて確認した。ラット坐骨神経切断モデルにChR2(H134R)を導入したヒトiPS細胞由来運動ニューロンを移植した。移植後12週の組織学的解析では、移植細胞の生着と移植細胞由来の軸索がラットの筋内で神経筋接合部を形成していることが確認され、電気刺激により、約半数の動物で筋収縮と筋活動電位が確認された。一方で、光刺激では十分な筋活動電位は観察されなかった。
    機能的電気刺激は実臨床において利用されている技術であり、当グループでの末梢神経損傷モデルにおける筋収縮も電気刺激により誘発された。しかし電気刺激は細胞特異的に刺激することが不可能であり、運動神経と感覚神経を含む横隔神経の刺激では、筋収縮のみでなく、不快感を誘発する。これに対し、光刺激は、移植前にあらかじめ細胞にChR2を導入しておくことで、低侵襲で、細胞特異的な刺激が可能である。末梢神経をターゲットとした運動機能再建において機能的電気刺激から機能的光刺激への移行は、臨床応用へ向けた重要な課題である。

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. バイオデザイン

    2020

     詳細を見る

    バイオデザインの概論について講義を行った。