2021/03/23 更新

写真a

ヒノハラ クニヒコ
日野原 邦彦
HINOHARA Kunihiko
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 微生物・免疫学 特任准教授
職名
特任准教授

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2009年3月   東京医科歯科大学 ) 

研究キーワード 8

  1. 腫瘍進化

  2. 合成致死

  3. エピジェネティクス

  4. がん多様性

  5. 腫瘍進化

  6. 合成致死

  7. エピジェネティクス

  8. がん多様性

研究分野 4

  1. ライフサイエンス / 分子生物学

  2. ライフサイエンス / 腫瘍生物学

  3. ライフサイエンス / 分子生物学

  4. ライフサイエンス / 腫瘍生物学

経歴 7

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科分子細胞免疫学・高等研究院   特任准教授

    2019年7月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   高等研究院   特任准教授

    2019年7月 - 現在

  3. Dana-Farber Cancer Institute   Medical Oncology   Research fellow

    2014年4月 - 2019年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. Dana-Farber Cancer Institute   Medical Oncology   Research fellow

    2014年4月 - 2019年6月

  5. 東京大学   医科学研究所・分子療法分野   特任助教

    2012年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 東京大学   医科学研究所・システム生命技術開発共同研究ユニット   特任助教

    2010年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 東京大学   医科学研究所・システム生命技術開発共同研究ユニット   ポスドク

    2009年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 東京医科歯科大学   生命情報科学教育部

    2006年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京理科大学   理学部   応用化学科

    - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

 

論文 12

  1. Synthetic Lethal and Resistance Interactions with BET Bromodomain Inhibitors in Triple-Negative Breast Cancer.

    Molecular cell     2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molcel.2020.04.027

    PubMed

  2. Perturbed myoepithelial cell differentiation in BRCA mutation carriers and in ductal carcinoma in situ

    Ding Lina, Su Ying, Fassl Anne, Hinohara Kunihiko, Qiu Xintao, Harper Nicholas W., Huh Sung Jin, Bloushtain-Qimron Noga, Jovanovic Bojana, Ekram Muhammad, Zi Xiaoyuan, Hines William C., Aleckovic Masa, del Alcazar Carlos Gil, Caulfield Ryan J., Bonal Dennis M., Quang-De Nguyen, Merino Vanessa F., Choudhury Sibgat, Ethington Gabrielle, Panos Laura, Grant Michael, Herlihy William, Au Alfred, Rosson Gedge D., Argani Pedram, Richardson Andrea L., Dillon Deborah, Allred D. Craig, Babski Kirsten, Kim Elizabeth Min Hui, McDonnell Charles H. III, Wagner Jon, Rowberry Ron, Bobolis Kristie, Kleer Celina G., Hwang E. Shelley, Blum Joanne L., Cristea Simona, Sicinski Piotr, Fan Rong, Long Henry W., Sukumar Saraswati, Park So Yeon, Garber Judy E., Bissell Mina, Yao Jun, Polyak Kornelia

    NATURE COMMUNICATIONS   10 巻 ( 1 ) 頁: 4182   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-019-12125-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. MRTF-A regulates proliferation and survival properties of pro-atherogenic macrophages.

    An J, Naruse TK, Hinohara K, Soejima Y, Sawabe M, Nakagawa Y, Kuwahara K, Kimura A

    Journal of molecular and cellular cardiology   133 巻   頁: 26-35   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yjmcc.2019.05.015

    PubMed

  4. Intratumoral Heterogeneity: More Than Just Mutations.

    Hinohara K, Polyak K

    Trends in cell biology   29 巻 ( 7 ) 頁: 569-579   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tcb.2019.03.003

    PubMed

  5. MUC1-C Integrates Chromatin Remodeling and PARP1 Activity in the DNA Damage Response of Triple-Negative Breast Cancer Cells.

    Yamamoto M, Jin C, Hata T, Yasumizu Y, Zhang Y, Hong D, Maeda T, Miyo M, Hiraki M, Suzuki Y, Hinohara K, Rajabi H, Kufe D

    Cancer research   79 巻 ( 8 ) 頁: 2031-2041   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-18-3259

    PubMed

  6. Deletion of Cdkn1b in ACI rats leads to increased proliferation and pregnancy-associated changes in the mammary gland due to perturbed systemic endocrine environment.

    Ding L, Shunkwiler LB, Harper NW, Zhao Y, Hinohara K, Huh SJ, Ekram MB, Guz J, Kern MJ, Awgulewitsch A, Shull JD, Smits BMG, Polyak K

    PLoS genetics   15 巻 ( 3 ) 頁: e1008002   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pgen.1008002

    PubMed

  7. KDM5 Histone Demethylase Activity Links Cellular Transcriptomic Heterogeneity to Therapeutic Resistance.

    Cancer cell   35 巻 ( 2 ) 頁: 330-332   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ccell.2019.01.012

    PubMed

  8. KDM5 Histone Demethylase Activity Links Cellular Transcriptomic Heterogeneity to Therapeutic Resistance.

    Hinohara K, Wu HJ, Vigneau S, McDonald TO, Igarashi KJ, Yamamoto KN, Madsen T, Fassl A, Egri SB, Papanastasiou M, Ding L, Peluffo G, Cohen O, Kales SC, Lal-Nag M, Rai G, Maloney DJ, Jadhav A, Simeonov A, Wagle N, Brown M, Meissner A, Sicinski P, Jaffe JD, Jeselsohn R, Gimelbrant AA, Michor F, Polyak K

    Cancer cell   34 巻 ( 6 ) 頁: 939-953.e9   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ccell.2018.10.014

    PubMed

  9. Genetic and transcriptional evolution alters cancer cell line drug response.

    Ben-David U, Siranosian B, Ha G, Tang H, Oren Y, Hinohara K, Strathdee CA, Dempster J, Lyons NJ, Burns R, Nag A, Kugener G, Cimini B, Tsvetkov P, Maruvka YE, O'Rourke R, Garrity A, Tubelli AA, Bandopadhayay P, Tsherniak A, Vazquez F, Wong B, Birger C, Ghandi M, Thorner AR, Bittker JA, Meyerson M, Getz G, Beroukhim R, Golub TR

    Nature   560 巻 ( 7718 ) 頁: 325-330   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41586-018-0409-3

    PubMed

  10. ATR inhibition controls aggressive prostate tumors deficient in Y-linked histone demethylase KDM5D

    Komura Kazumasa, Yoshikawa Yuki, Shimamura Teppei, Chakraborty Goutam, Gerke Travis A., Hinohara Kunihiko, Chadalavada Kalyani, Jeong Seong Ho, Armenia Joshua, Du Shin-Yi, Mazzu Ying Z., Taniguchi Kohei, Ibuki Naokazu, Meyer Clifford A., Nanjangud Gouri J., Inamoto Teruo, Lee Gwo-Shu Mary, Mucci Lorelei A., Azuma Haruhito, Sweeney Christopher J., Kantoff Philip W.

    JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION   128 巻 ( 7 ) 頁: 2979 - 2995   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Clinical Investigation  

    DOI: 10.1172/JCI96769

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. ER Stress Signaling Promotes the Survival of Cancer "Persister Cells" Tolerant to EGFR Tyrosine Kinase Inhibitors

    Terai Hideki, Kitajima Shunsuke, Potter Danielle S., Matsui Yusuke, Quiceno Laura Gutierrez, Chen Ting, Kim Tae-jung, Rusan Maria, Thai Tran C., Piccioni Federica, Donovan Katherine A., Kwiatkowski Nicholas, Hinohara Kunihiko, Wei Guo, Gray Nathanael S., Fischer Eric S., Wong Kwok-Kin, Shimamura Teppei, Letai Anthony, Hammerman Peter S., Barbie David A.

    CANCER RESEARCH   78 巻 ( 4 ) 頁: 1044 - 1057   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Research  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-17-1904

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. MUC1-C Induces PD-L1 and Immune Evasion in Triple-Negative Breast Cancer.

    Maeda T, Hiraki M, Jin C, Rajabi H, Tagde A, Alam M, Bouillez A, Hu X, Suzuki Y, Miyo M, Hata T, Hinohara K, Kufe D

    Cancer research   78 巻 ( 1 ) 頁: 205-215   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-17-1636

    PubMed

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. SWI/SNF変異陽性乳がんに対する新規合成致死療法の開発

    2019年08月 - 2021年03月

    次世代がん医療創生研究事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 5

  1. エピゲノムダイナミクスに基づくがん多様性の新たな理解

    研究課題/研究課題番号:20KK0184  2020年10月 - 2023年03月

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    日野原 邦彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:18720000円 ( 直接経費:14400000円 、 間接経費:4320000円 )

    本研究課題では、クロマチン制御因子SWI/SNF複合体の遺伝子変異によって生じるエピジェネティクス制御機構の破綻が、発がん、治療耐性、再発といった悪性形質獲得に至る過程においてどのようにがん細胞の多様性を造出し、悪性化進展基盤を成すのかを1細胞エピゲノム解析技術によって解き明かす。1細胞エピゲノム情報を取り入れた統合解析を推進することにより、遺伝的要因とは異なるエピゲノム制御の側面からがん多様性の新たな理解を試み、エピゲノムのダイナミクスから生み出されるがんの不均一性を制御する革新的方法論の創出を目指す。

  2. 1細胞バーコード法によるがん免疫逃避機構の解明

    研究課題/研究課題番号:20K21542  2020年07月 - 2022年03月

    挑戦的研究(萌芽)

    日野原 邦彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    免疫系は自己・非自己を識別し、微生物などの非自己を排除するだけでなく、生体の恒常性を保つ上で極めて重要な役割を担っている。近年がん免疫療法が実用化されたことは記憶に新しいが、がんの組織は遺伝的・形質的に異なる多様ながん細胞により構成されているため、治療に対して抵抗性を示すクローンが生き残ってしまうことが課題となっている。このようながんの薬剤耐性化機序は、ダーウィン進化論的に突然変異と自然淘汰を経た適者生存として捉えることができる。本研究では、1細胞をバーコードによりラベルしてその進化軌跡を追跡する技術を応用し、個々のがん細胞が細胞傷害性T細胞からどのように逃れて増殖するに至るかを解明する。

  3. がん免疫療法への応用を目指したがん細胞特異的なSTINGアゴニスト輸送体の同定

    研究課題/研究課題番号:20K21553  2020年07月 - 2022年03月

    挑戦的研究(萌芽)

    北嶋 俊輔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    細胞質内二本鎖DNAセンサーSTING経路を刺激するSTINGアゴニストは、がん細胞や免疫細胞に対して抗ウイルス応答を誘導することで抗腫瘍効果を発揮する。これまでに申請者は、STINGアゴニストの細胞内への取り込み様式ががん細胞と免疫細胞で大きく異なり、がん細胞では同じがん細胞株内であっても、STINGアゴニストの取り込みが単一細胞ごとに大きく異なることを明らかにした。そこで本研究では、STINGアゴニストに対する反応性の有無を基準とした単一細胞解析を行い、これまでに全く見つかっていない、がん細胞において機能的に発現するSTINGアゴニスト輸送体を同定することを目的とする。

  4. 神経膠腫における腫瘍進化的トラジェクションの解明と次世代個別化医療の探索

    研究課題/研究課題番号:20H03789  2020年04月 - 2023年03月

    夏目 敦至

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本課題では、これまでの組織レベルの研究ではわからなかった、腫瘍増殖を引き起こす進化遺伝子変異(evolutionary mutation)をシングルセルバーコード解析技術により探索し、腫瘍の寛解につながる治療法を見出すことを目的とする。IDH1変異やEZH2高発現に依存しなくなった進化的トラジェクションを引き起こす起因遺伝子を同定し、悪性転化により腫瘍増殖が制御不能になる前に介入できる新規薬剤を見出すことを最終的なゴールとする。本研究の科学的な裏付けをもって、悪性転化を阻止・遅延するというきめ細やかな治療戦略により、新規のプレシジョンメディシンの概念を確立する。

  5. 膠芽腫における合成致死性メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:20H03512  2020年04月 - 2023年03月

    日野原 邦彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17810000円 ( 直接経費:13700000円 、 間接経費:4110000円 )

    悪性脳腫瘍である膠芽腫に対する治療薬は現在のところアルキル化剤テモゾロミド(TMZ)のみであり、そのTMZに対しても最終的に耐性が出現することから、その克服や新規治療法の開発が喫緊の課題である。本研究では、ゲノムワイドCRISPR/Cas9スクリーニングによりATRX変異陽性膠芽腫のアキレス腱を発見し、新規合成致死性メカニズムに基づいた新たな治療選択肢の創出を目指す。加えて、ATRX変異によるエピジェネティック変化が細胞のトランスクリプトーム多様性に影響し、それによって膠芽腫の進展や薬剤耐性が誘導されるという新たな仮説を検証する。