Updated on 2021/11/17

写真a

 
MASUDA Yutaka
 
Organization
Graduate School of Informatics Center for Embeded Computing Systems Assistant Professor
Graduate School
Graduate School of Informatics
Undergraduate School
School of Informatics Department of Computer Science
Title
Assistant Professor
Contact information
メールアドレス
External link

Degree 1

  1. 博士 (情報科学) ( 2019.3   大阪大学 ) 

Research Interests 3

  1. verification and post-silicon validation for VLSI

  2. reliable VLSI design

  3. low-power design

Research Areas 1

  1. Informatics / Computer system  / Low Power Design

Current Research Project and SDGs 4

  1. 低消費電力のための電圧マージン最小化に向けた設計手法と実装技術に関する研究

  2. 近似コンピューティング効率を極限まで高める潜在性能活用型 VLSI の研究

  3. 近似コンピューティング回路の遅延特性と計算重要度を融合した新CAD技術の開発

  4. ファジングを用いた近似コンピューティング回路のテスト技術

Research History 1

  1. 科学技術振興機構 (JST)   さきがけ研究員 (兼務)

    2020.11 - 2024.3

      More details

    Country:Japan

Education 1

  1. Osaka University   Graduate School, Division of Information Science

    - 2019.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 3

  1. 電子情報通信学会

  2. 情報処理学会

  3. Institute of Electrical and Electronics Engineers

Committee Memberships 12

  1. 回路とシステムワークショップ   C分科会実行委員  

    2021.11 - 2025.10   

      More details

    Committee type:Other

  2. Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC) 2023   Web Publicity Co-chair  

    2021.9   

      More details

    Committee type:Other

  3. SASIMI 2022   Registration Chair  

    2021.6 - 2022.10   

      More details

    Committee type:Academic society

  4. IPSJ-ONE   企画実施委員会  

    2021.4   

  5. Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies (SASIMI)   technical program committee  

    2020.11   

      More details

    Committee type:Academic society

  6. IEICE Special Section on Circuits and Systems   小特集編集委員  

    2020.9 - 2021.11   

  7. システムとLSIの設計技術研究会 新研究会    担当委員  

    2020.4   

  8. IPSJ Transactions on System LSI Design Methodology   編集委員  

    2020.4 - 2022.3   

      More details

    Committee type:Academic society

  9. IEEE Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC)   technical program committee  

    2019.7   

      More details

    Committee type:Academic society

  10. 回路とシステムワークショップ   会場担当幹事  

    2019.6 - 2020.8   

      More details

    Committee type:Academic society

  11. システムとLSIの設計技術研究会   運営委員  

    2019.4   

      More details

    Committee type:Academic society

  12. システムとLSIの設計技術研究会 デザインガイア    ポスター幹事  

    2019.4 - 2019.11   

      More details

    Committee type:Academic society

▼display all

Awards 16

  1. SLDM研究会優秀発表賞

    2021.9   情報処理学会  

    増田豊

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc. 

  2. CS領域奨励賞

    2021.6   情報処理学会  

    増田豊

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc. 

  3. Outstanding Paper Award

    2021.3   Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information Technologies (SASIMI)  

    Lingxiao Hou, Yutaka Masuda and Tohru Ishihara

     More details

    Award type:Award from international society, conference, symposium, etc. 

  4. システムと信号処理サブソサエティ貢献賞

    2020.8   システムと信号処理サブソサエティ  

    増田豊

     More details

    Country:Japan

  5. 第13回嵩賞

    2020.3   大阪大学大学院情報科学研究科  

    増田 豊

     More details

    Country:Japan

  6. 研究会推薦博士論文

    2019.8   情報処理学会  

    増田 豊

     More details

    Country:Japan

  7. DA シンポジウム 2018 優秀発表学生賞

    2019.8   SLDM研究会  

    増田 豊

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  8. 2018 年度山下記念研究賞

    2019.3   情報処理学会  

    増田 豊

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  9. DA シンポジウム 2017 優秀発表学生賞

    2018.8   SLDM研究会  

    増田 豊

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  10. システム LSI 設計技術研究会 2017 年度最優秀発表学生賞

    2018.8   SLDM研究会  

    増田 豊

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  11. IEEE CEDA All Japan Joint Chapter Academic Research Award

    2018.8   IEEE CEDA All Japan Joint Chapter  

    増田 豊

     More details

    Award type:Honored in official journal of a scientific society, scientific journal  Country:Japan

  12. DA シンポジウム 2018 優秀ポスター発表賞

    2018.8   SLDM研究会  

    増田 豊

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  13. 平成 29 年度 システムと LSI の設計技術研究会 優秀論文賞

    2017.8   SLDM研究会  

    増田 豊

     More details

    Award type:Honored in official journal of a scientific society, scientific journal  Country:Japan

  14. DA シンポジウム 2016 優秀発表学生賞

    2017.8   SLDM研究会  

    増田 豊

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  15. IEEE 関西支部 学生研究奨励賞

    2017.2   IEEE 関西支部  

    増田 豊

     More details

    Award type:Honored in official journal of a scientific society, scientific journal  Country:Japan

  16. DA シンポジウム 2014 優秀発表学生賞

    2015.8   SLDM研究会  

    増田 豊

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

▼display all

 

Papers 8

  1. Activation-aware Slack Assignment Based Mode-wise Voltage Scaling for Energy Minimization Reviewed

    T. Y. Cheng, Y. Masuda, J. Nagayama, Y. Momiyama, J. Chen, and M. Hashimoto

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences     2022.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. Low-Power Design Methodology of Voltage Over-Scalable Circuit with Critical Path Isolation and Bit-Width Scaling Reviewed

    Y. Masuda, J. Nagayama, T. Cheng, T. Ishihara, Y. Momiyama, and M. Hashimoto

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences     2022.3

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  3. Approximate Minimum Energy Point Tracking and Task Scheduling for Energy-Efficient Real-Time Computing Reviewed

    T. Komori, Y. Masuda, J. Shiomi, and T. Ishihara

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences     2022.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. Neural Network Calculations at the Speed of Light Using Optical Vector-Matrix Multiplication and Optoelectronic Activation Reviewed

    N. Hattori, J. Shiomi, Y. Masuda, T. Ishihara, A. Shinya, and M. Notomi

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences     2021.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. Logarithm-Approximate Floating-Point Multiplier is Applicable to Power-Efficient Neural Network Training Reviewed

    T. Y. Cheng, Y. Masuda, J. Chen, J. Yu, and M. Hashimoto

    Integration, the VLSI Journal   ( 74 ) page: 19-31   2020.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  6. MTTF-aware Design Methodology of Adaptive Voltage Scaled Circuit with Timing Error Predictive Flip-Flop Reviewed

    Yutaka Masuda, Masanori Hashimoto

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications, and Computer Sciences   Vol. E102-A ( 7 ) page: 867-877   2019.7

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. Activation-aware slack assignment for time-to-failure extension and power saving Reviewed

    Yutaka Masuda, Takao Onoye, and Masanori Hashimoto

    IEEE Transactions on Very Large Scale Integration (VLSI) Systems   Vol. 26 ( 11 ) page: 2217-2229   2018.11

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. Performance evaluation of software-based error detection mechanisms for supply noise induced timing errors Reviewed

    Yutaka Masuda, Takao Onoye, Masanori Hashimoto

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences     page: 1452-1463   2017.7

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Presentations 51

  1. An Accuracy Reconfigurable Vector Accelerator based on Approximate Logarithmic Multipliers International conference

    L. Hou, Y. Masuda, and T. Ishihara

    Proc. Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC)  2022.1 

     More details

    Event date: 2022.1

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  2. 近似コンピューティング回路の品質検証を高速化するファジングテスト法

    本多 佑成,増田豊,石原亨

    第195回SLDM研究発表会  2021.10.15 

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  3. 近似コンピューティング回路の設計最適化に向けた計算重要度評価技術

    陸 佳萱,増田豊,石原亨

    第195回SLDM研究発表会  2021.10.15 

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  4. ファジングと高位合成を用いた近似コンピューティング回路のタイミング検証手法

    熊谷 僚太,増田豊,石原亨

    第195回SLDM研究発表会  2021.10.15 

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  5. 博士後期課程修了後、アカデミックポジションに就職するキャリアについて Invited

    増田 豊

    IEEE Kansai YP 第3回 博士課程のキャリアについて語る会  2021.9.11 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

  6. デュアルOSと仮想化DVFSによるミックスドクリティカルシステムの消費エネルギー最小化

    小森工,増田豊,石原亨

    情報処理学会DA シンポジウム  2021.9.1 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  7. タスクのリアルタイム応答を保証する近似最小エネルギー点追跡

    小森工, 増田豊, 塩見準, 石原亨

    第34 回回路とシステムワークショップ  2021.8.26 

     More details

    Event date: 2021.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  8. Dynamic Verification of Approximate Computing Circuits using Coverage-based Grey-box Fuzzing International conference

    K. Yoshisue, Y. Masuda, T. Ishihara

    International Symposium on On-Line Testing and Robust System Design (IOLTS)  2021.6.30 

     More details

    Event date: 2021.6

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  9. リアルタイムシステムにおけるプロセッサの最小エネルギー点追跡手法

    小森工,増田豊,塩見準,石原亨

    LSI とシステムのワークショップ  2021.5.10 

     More details

    Event date: 2021.5

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  10. Integration of Minimum Energy Point Tracking and Soft Real-Time Scheduling for Edge Computing International conference

    T. Komori, Y. Masuda, J. Shiomi, and T. Ishihara

    International Symposium on Quality Electronic Design (ISQED)  2021.4.7 

     More details

    Event date: 2021.4

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  11. Optical-Electronic Implementation of Artificial Neural Network for Ultra-Fast and Accurate Inference Processing International conference

    N. Hattori, Y. Masuda, T. Ishihara, J. Shiomi, A. Shinya, and M. Notomi

    Proc. SPIE optoelectronics, photonic materials and devices conference (OPTO), part of SPIE Photonics West 

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:United States  

  12. An Accuracy Reconfigurable Multiply-Accumulate Unit Based on Operand-Decomposed Mitchell's Multiplier International conference

    L. Hou, Y. Masuda, and T. Ishihara

    23rd Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies (SASIMI) 

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  13. 集積回路の潜在能力を100%引き出す設計技術 Invited

    増田 豊

    情報処理学会第83 回全国大会IPSJ-ONE 2021 

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  14. Mode-Wise Voltage-Scalable Design with Activation-Aware Slack Assignment for Energy Minimization Invited

    T. Cheng

    電子情報通信学会 VLSI設計技術研究会  2021.3 

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  15. Critical Path Isolation and Bit-Width Scaling Are Highly Compatible for Voltage Over-Scalable Design International conference

    Y. Masuda, J. Nagayama, T. Cheng, T. Ishihara, Y. Momiyama, and M. Hashimoto

    Proc. IEEE Design, Automation and Test in Europe Conference (DATE) 

     More details

    Event date: 2021.2

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:France  

  16. Mode-wise Voltage-scalable Design with Activation-aware Slack Assignment for Energy Minimization International conference

    T. Y. Cheng, Y. Masuda, J. Nagayama, Y. Momiyama, J. Chen, and M. Hashimoto

    Proc. Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC) 

     More details

    Event date: 2021.1

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  17. An Accuracy Reconfigurable Vector Accelerator based on Approximate Logarithmic Multipliers International conference

    L. Hou, Y. Masuda, T. Ishihara

    Proc. Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC)  2022.1 

     More details

    Event date: 2021.1

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  18. ポストムーア時代に向けた回路設計検証技術

    増田 豊

    第7 回NCES シンポジウム 

     More details

    Event date: 2020.12

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  19. ファジングを用いた近似コンピューティング回路の品質検証手法の一検討

    吉末和樹,増田豊,石原亨

    デザインガイア 

     More details

    Event date: 2020.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  20. クリティカルパス・アイソレーションとビット幅削減を用いた過電圧スケーリング向け省電力設計手法

    増田豊, 長山準, 鄭泰禹, 石原亨, 籾山陽一, 橋本昌宜

    情報処理学会DA シンポジウム 

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  21. 集積ナノフォトニクスに基づく光ニューラルネットワークを対象とした回路アーキテクチャ探索

    服部直樹, 増田豊, 石原亨, 塩見準, 新家昭彦, 納富雅也

    第33回 回路とシステムワークショップ 

     More details

    Event date: 2020.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  22. Real-time Minimum Energy Point Tracking Using a Predetermined Optimal Voltage Setting Strategy International conference

    K. Kiyawat, Y. Masuda, J. Shiomi, and T. Ishihara

    Proc. IEEE Computer Society Annual Symposium on VLSI (ISVLSI) 

     More details

    Event date: 2020.7

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Cyprus  

  23. Variation-Tolerant Voltage Over-Scalable Design with Critical Path Isolation and Bit-Width Scaling International conference

    Y. Masuda, J. Nagayama, T. Y. Cheng, T. Ishihara, Y. Momiyama, and M. Hashimoto

    International Workshop on Logic & Synthesis (IWLS) 

     More details

    Event date: 2020.7

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:United States  

  24. EEC: Energy Efficient Computing via Dynamic Voltage Scaling and In-Network Optical Processing International conference

    Tohru Ishihara, Jun Shiomi, Yutaka Masuda, Ryosuke Matsuo

     More details

    Event date: 2020.3

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:France  

  25. ニューラルネットワークの集積ナノフォトニクス実装に適した回路構造探索

    服部直樹, 増田豊, 石原亨, 塩見準, 新家昭彦, 納富雅也

    電子情報通信学会VLSI設計技術研究会 

     More details

    Event date: 2020.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  26. 遅延故障に起因する回路寿命分布の確率的高速推定手法

    富山葉月, 増田豊, 石原亨

    電子情報通信学会VLSI設計技術研究会 

     More details

    Event date: 2020.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  27. 待ち行列理論を用いた確率的回路寿命推定シミュレータの高速化

    富山葉月, 増田豊, 石原亨

    電気関係学会関西連合大会 

     More details

    Event date: 2019.11 - 2019.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪市立大学   Country:Japan  

  28. 集積ナノフォトニクスに基づく光ニューラルネットワーク

    服部直樹, 増田豊, 石原亨

    ET&IoT Technology 

     More details

    Event date: 2019.11

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:パシフィコ横浜   Country:Japan  

  29. 確率的回路寿命推定シミュレータの高速化

    富山葉月, 増田豊, 石原亨

    ET&IoT Technology 

     More details

    Event date: 2019.11

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:パシフィコ横浜   Country:Japan  

  30. An Optical Neural Network Architecture based on Highly Parallelized WDM-Multiplier-Accumulator International conference

    Tohru Ishihara, Jun Shiomi, Naoki Hattori, Yutaka Masuda, Akihiko Shinya, and Masaya Notomi

    Proc. IEEE/ACM Workshop on Photonics-Optics Technology Oriented Networking, Information and Computing Systems 

     More details

    Event date: 2019.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:United States  

  31. Activation-Aware Slack Assignment (ASA) for Mode-Wise Power Saving in High-End ISP International conference

    Jun Nagayama, Yutaka Masuda, Masayuki Takeshige, Yoshimasa Ogawa, Masanori Hashimoto, and Yoichi Momiyama

    Design Automation Conference, Designer/IP Track 

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:United States  

  32. FPGA を用いた動的電源ノイズ下でのエラー予告FF の動作検証

    西孝将, 増田豊, 橋本昌宜

    電子情報通信学会総合大会 

     More details

    Event date: 2019.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  33. Comparing voltage adaptation performance between replica and in-situ timing monitors International conference

    Proc. 2018 IEEE/ACM International Conference on Computer-Aided Design (ICCAD) 

     More details

    Event date: 2018.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:United States  

  34. エラー予告FF とレプリカの電圧マージン制御性能の定量的比較

    増田豊, 長山準, 武野紘宜, 小川芳正, 籾山陽一, 橋本昌宜

    情報処理学会DAシンポジウム 

     More details

    Event date: 2018.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  35. 性能ばらつきを克服する適応的電圧制御の設計と製造後テスト手法

    増田豊, 橋本昌宜

    電子情報通信学会LSI とシステムのワークショップ 

     More details

    Event date: 2018.5

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  36. MTTF-aware design methodology for adaptive voltage scaling Invited International conference

    Masanori Hashimoto and Yutaka Masuda

    Proc. China Semiconductor Technology International Conference 

     More details

    Event date: 2018.3

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:China  

  37. 過電圧スケーリングを用いた不正確計算による消費電力削減の検討

    佐藤雅紘, 増田豊, 橋本昌宜

    電子情報通信学会VLSI 設計技術研究会 

     More details

    Event date: 2018.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  38. MTTF-aware design methodology of error prediction based adaptively voltage-scaled circuits International conference

    Yutaka Masuda and Masanori Hashimoto

    Proc. 23rd Asia and South Pacific Design Automation Conference 

     More details

    Event date: 2018.1

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Korea, Republic of  

  39. Design and test of adaptively voltage scaled circuits International conference

    Yutaka Masuda and Masanori Hashimoto

    SIGDA Student Research Forum at 23rd Asia and South Pacific Design Automation Conference 

     More details

    Event date: 2018.1

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Korea, Republic of  

  40. エラー予告ベース適応的電圧制御のMTTF 考慮設計手法

    増田豊, 橋本昌宜

    情報処理学会DA シンポジウム 

     More details

    Event date: 2017.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  41. Critical path isolation for time-to-failure extension and lower voltage operation International conference

    Yutaka Masuda, Masanori Hashimoto, and Takao Onoye

    Proc. 2016 IEEE/ACM International Conference on Computer-Aided Design 

     More details

    Event date: 2016.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:United States  

  42. 確率的回路寿命予測手法の計算安定性と確率取り扱いの妥当性に関する考察

    佐藤雅紘, 増田豊, 飯塚翔一, 尾上孝雄, 橋本昌宜

    情報処理学会DA シンポジウム 

     More details

    Event date: 2016.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  43. 低電圧・長寿命動作に向けたクリティカルパス・アイソレーション手法

    増田豊, 尾上孝雄, 橋本昌宜

    情報処理学会DA シンポジウム 

     More details

    Event date: 2016.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  44. Hardware-simulation correlation of timing error detection performance of software-based error detection mechanisms International conference

    Yutaka Masuda, Masanori Hashimoto, and Takao Onoye

    Proc. 2016 IEEE 22nd International Symposium on On-Line Testing and Robust System Design 

     More details

    Event date: 2016.7

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Spain  

  45. Measurement of timing error detection performance of software-based error detection mechanisms and its correlation with simulation International conference

    Yutaka Masuda and Masnaori Hashimoto

    ACM International Workshop on Timing Issues in the Specification and Synthesis of Digital Systems (TAU) 

     More details

    Event date: 2016.3

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:United States  

  46. Performance evaluation of software-based error detection mechanisms for localizing electrical timing failures under dynamic supply noise International conference

    Yutaka Masuda, Masanori Hashimoto, and Takao Onoye

    Proc. 2015 IEEE/ACM International Conference on Computer-Aided Design 

     More details

    Event date: 2015.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:United States  

  47. マージンの最小化に向けた適応的速度制御の設計と性能評価

    増田豊, 橋本昌宜, 尾上孝雄

    STARCフォーラム2015 

     More details

    Event date: 2015.11

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  48. Stochastic timing error rate estimation under process and temporal variations International conference

    Shoichi Iizuka, Yutaka Masuda, Masanori Hashimoto, and Takao Onoye

    Proc. 2015 IEEE International Test Conference (ITC) 

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:United States  

  49. 電源ノイズ起因タイミング故障のデバッグにおけるC 言語ベース故障検出手法の有効性評価

    増田豊, 尾上孝雄, 橋本昌宜

    情報処理学会DA シンポジウム 

     More details

    Event date: 2015.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  50. 電源ノイズ起因電気的故障を対象としたソフトウェアベース高速エラー検出手法の性能評価

    増田豊, 橋本昌宜, 尾上孝雄

    STARC シンポジウム 

     More details

    Event date: 2015.1

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  51. 電源ノイズ起因電気的故障を対象としたソフトウェアベース高速エラー検出手法の性能評価

    増田豊, 尾上孝雄, 橋本昌宜

    情報処理学会DA シンポジウム 

     More details

    Event date: 2014.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 3

  1. ファジングを用いた近似コンピューティング回路のテスト技術

    Grant number:JPMJPR20M9  2020.11 - 2024.3

    科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業  受託研究 (個人型研究: さきがけ)  革新的コンピューティング技術の開拓

    増田 豊

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\45500000 ( Direct Cost: \35000000 、 Indirect Cost:\10500000 )

  2. 低消費電力のための電圧マージン最小化に向けた設計手法と実装技術に関する研究

    2019.4 - 2021.3

    国内共同研究 

    増田 豊

      More details

    Grant amount:\4000000

  3. マージンの最小化に向けた適応的速度制御の設計と性能評価

    2016.4 - 2017.3

    出資金による受託研究 

    増田 豊

      More details

    Grant amount:\300000

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 5

  1. 光と電子が密に融合する集積回路のアーキテクチャと設計技術

    Grant number:20H04155  2020.4 - 2023.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    石原亨

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  2. 近似コンピューティング回路の遅延特性と計算重要度を融合した新CAD技術の開発

    Grant number:20K19767  2020.4 - 2023.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    増田 豊

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\4290000 ( Direct Cost: \3300000 、 Indirect Cost:\990000 )

  3. 近似コンピューティング効率を極限まで高める潜在性能活用型VLSIの研究

    Grant number:19K24341  2019.8 - 2021.3

    科学研究費補助金  研究活動スタート支援

    増田 豊

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\2860000 ( Direct Cost: \2200000 、 Indirect Cost:\600000 )

    半導体プロセス微細化に伴い、回路性能のばらつきが顕在化しており、従来の VLSI (超大規模集積回路) 設計では、AC (近似コンピューティング) 回路の計算品質を保ちつつ省電力化と高性能化を推進することが困難である。
    本研究では、AC 回路の省電力効果を最大限高める、計算品質を自律制御可能な設計パラダイムの実現を目指す。VLSI 自身が電源電圧を自律的に制御する設計技術である AVS (適応的電圧制御) を AC 回路設計に応用して、AVS と AC の一体最適設計手法を構築し、既存設計技術では成し得なかった高性能かつ省電力なコンピューティング技術の創出を目指す。

  4. IoT社会の実現を目指した次世代コンピューティング基盤の研究

    Grant number:17H01712  2019.4 - 2020.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    石原亨

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    Grant amount:\1600000 ( Direct Cost: \1600000 )

  5. 潜在性能を極限まで引き出す自律性能制御VLSI

    Grant number:18J12044  2018.4 - 2019.3

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    増田 豊

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\800000 ( Direct Cost: \800000 )

 

Teaching Experience (On-campus) 16

  1. コンピュータ科学実験1

    2021

  2. オペレーティング・システム及び演習2

    2020

     詳細を見る

    本講義及び演習では,オペレーティングシステムの内部構造を理解するために,オペレーティングの実現方法に関する基礎的な概念について学ぶ。講義を通じて,オペレーティングシステムの代表的な機能であるプロセス管理,メモリ管理,入出力管理,ファイル管理などについて,その実現方法について理解する。演習では,オペレーティングの実現方法に関する課題に取り組み,講義で学んだ内容の理解を深める。

  3. オペレーティング・システム及び演習1

    2020

     詳細を見る

    本講義及び演習では,オペレーティングシステムを利用する上で必要な知識と考え方を身につけるため,オペレーティングに関する基礎的な概念について学ぶ。講義を通じて,オペレーティングシステムの代表的な機能であるプロセス管理,メモリ管理,入出力管理,ファイル管理などについて,その機能と役割について理解する。演習では,オペレーティングシステムの機能を用いたプログラムを作成し,オペレーティングシステムを応用する力を身につける。

  4. PBL3

    2020

     詳細を見る

    本講義では,身につけた知識や経験を生かしていくために,プロジェクトで経験を積むことを目的としている。具体的には,enPiTなどの実践的協働教育のプロジェクトのうちIoT技術を活かしたプログラムに参加し,与えられたプロジェクトについて所定の成果を上げた場合には単位として認定する。それ以外についても。企業等で開催しているインターンシップ等において同等と認められる場合は,一定の条件を満たせば,本講義の単位を取得したものと見なす。

  5. PBL2

    2020

     詳細を見る

    本講義では,身につけた知識や経験を生かしていくために,プロジェクトで経験を積むことを目的としている。具体的には,enPiTなどの実践的協働教育のプロジェクトのうち組込み技術を活かしたプログラムに参加し,与えられたプロジェクトについて所定の成果を上げた場合には単位として認定する。それ以外についても。企業等で開催しているインターンシップ等において同等と認められる場合は,一定の条件を満たせば,本講義の単位を取得したものと見なす。

  6. コンピュータ科学実験2

    2020

     詳細を見る

    ハードウェア記述言語を用いて,論理回路とMIPSプロセッサを設計・実装し,FPGAで動作させる。さらに,そのプロセッサ上で動作するソフトウェアを開発し,入出力装置との通信や機器制御を実現する。

  7. コンピュータ科学実験3

    2020

     詳細を見る

    基本的な制御文を備えたプログラミング言語に対するコンパイラを作成することで講義・演習で学んだコンパイラの作成技法を修得し,プログラミング言語に対する理解を深める。また,コンパイラの作成を通してソフトウェア開発プロセスの各フェーズを理解・体験することにより,ソフトウェア開発技法の基礎を修得する。具体的には,ソフトウェア開発の課題に対する適切な分析・設計・実装・テストを行う能力,仕様書などを作成する能力を体得する。

  8. コンピュータ科学実験1

    2020

     詳細を見る

    グループワークによる実験を通して,講義・演習などで得たコンピュータ科学の基礎となる諸要素の基本原理や構成方法の知識を検証・体得する。本実験では,コンピュータと回路の組み立てや,コンピュータによる回路制御を通じて,コンピュータや電子回路の仕組みを理解し,仕様に沿った動作をさせる電子制御の方法を修得する。また,複数台のパソコンからなるネットワーク環境を構築して運用することで,ネットワーク構築の基礎技術の習得,パケット観測などを通じた通信の仕組みの理解,セキュリティの基礎技術の体得などを行う。

  9. PBL2

    2019

     詳細を見る

    本講義では,身につけた知識や経験を生かしていくために,プロジェクトで経験を積むことを目的としている。具体的には,enPitなどの実践的協働教育のプロジェクトのうち組込み技術を活かしたプログラムに参加し,与えられたプロジェクトについて所定の成果を上げた場合には単位として認定する。それ以外についても。企業等で開催しているインターンシップ等において同等と認められる場合は,一定の条件を満たせば,本講義の単位を取得したものと見なす。

  10. PBL3

    2019

     詳細を見る

    本講義では,身につけた知識や経験を生かしていくために,プロジェクトで経験を積むことを目的としている。具体的には,enPitなどの実践的協働教育のプロジェクトのうちIoT技術を活かしたプログラムに参加し,与えられたプロジェクトについて所定の成果を上げた場合には単位として認定する。それ以外についても。企業等で開催しているインターンシップ等において同等と認められる場合は,一定の条件を満たせば,本講義の単位を取得したものと見なす。

  11. 基礎セミナーA

    2019

     詳細を見る

    我々の身の回りにある家電や自動車といった機器はマイクロコンピュータで実行されるプログラムにより操作・制御されています。このような機器を操作するプログラムについて移動型ロボットを用いて作成方法や仕組みを学びます。

  12. コンピュータ科学実験1

    2019

     詳細を見る

    グループワークによる実験を通して,講義・演習などで得たコンピュータ科学の基礎となる諸要素の基本原理や構成方法の知識を検証・体得する。本実験では,コンピュータと回路の組み立てや,コンピュータによる回路制御を通じて,コンピュータや電子回路の仕組みを理解し,仕様に沿った動作をさせる電子制御の方法を修得する。また,複数台のパソコンからなるネットワーク環境を構築して運用することで,ネットワーク構築の基礎技術の習得,パケット観測などを通じた通信の仕組みの理解,セキュリティの基礎技術の体得などを行う。

  13. コンピュータ科学実験2

    2019

     詳細を見る

    ハードウェア記述言語を用いて,論理回路とMIPSプロセッサを設計・実装し,FPGAで動作させる。さらに,そのプロセッサ上で動作するソフトウェアを開発し,入出力装置との通信や機器制御を実現する。

  14. コンピュータ科学実験3

    2019

     詳細を見る

    基本的な制御文を備えたプログラミング言語に対するコンパイラを作成することで講義・演習で学んだコンパイラの作成技法を修得し,プログラミング言語に対する理解を深める。また,コンパイラの作成を通してソフトウェア開発プロセスの各フェーズを理解・体験することにより,ソフトウェア開発技法の基礎を修得する。具体的には,ソフトウェア開発の課題に対する適切な分析・設計・実装・テストを行う能力,仕様書などを作成する能力を体得する。

  15. オペレーティング・システム及び演習1

    2019

     詳細を見る

    本講義及び演習では,オペレーティングに関する基礎的な概念について,オペレーティングシステムを利用する上で必要な事項を中心に学ぶ。講義を通じて,オペレーティングシステムの代表的な機能であるプロセス管理,メモリ管理,入出力管理,ファイル管理などについて,その機能と役割について理解する。演習では,オペレーティングシステムの機能を用いたプログラムを作成し,オペレーティングシステムを応用する力を身につける。

  16. オペレーティング・システム及び演習2

    2019

     詳細を見る

    本講義及び演習では,オペレーティングに関する基礎的な概念について,オペレーティングシステムを利用する上で必要な事項を中心に学ぶ。講義を通じて,オペレーティングシステムの代表的な機能であるプロセス管理,メモリ管理,入出力管理,ファイル管理などについて,その機能と役割について理解する。演習では,オペレーティングシステムの機能を用いたプログラムを作成し,オペレーティングシステムを応用する力を身につける。

▼display all

 

Academic Activities 8

  1. 2020年度 Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies (SASIMI) 座長 (セッション名: Regular Poster Session III) International contribution

    Role(s):Panel moderator, session chair, etc.

    2021.3

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

  2. 2020年度 Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies (SASIMI) Technical Program Committee (Paper Review) International contribution

    Role(s):Peer review

    2020.11

     More details

    Type:Peer review 

  3. IEICE Special Section on Circuits and Systems 小特集編集委員としての論文査読 International contribution

    Role(s):Peer review

    2020.9

     More details

    Type:Peer review 

  4. IPSJ Transactions on System LSI Design Methodology 編集委員としての論文査読 International contribution

    Role(s):Peer review

    2020.4

     More details

    Type:Peer review 

  5. デザインガイア 2019 座長 (セッション名: スケジューリング/配置配線/エナジーハーベスト)

    Role(s):Panel moderator, session chair, etc.

    2019.11

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  6. IEEE Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC) Technical Program Committee (Paper Review) International contribution

    Role(s):Peer review

    2019.7

     More details

    Type:Peer review 

  7. 回路とシステムワークショップ幹事としての学会運営活動

    Role(s):Planning, management, etc.

    2019.6 - 2020.8

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  8. 2019年度 デザインガイア ポスター幹事としての学会運営活動

    Role(s):Planning, management, etc.

    2019.4 - 2019.11

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

▼display all