2022/03/24 更新

写真a

ミズタ ヨウコ
水多 陽子
MIZUTA Yoko
所属
高等研究院 特任助教
トランスフォーマティブ生命分子研究所 特任助教
職名
特任助教

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2010年3月   総合研究大学院大学 ) 

研究キーワード 8

  1. 植物生殖

  2. イメージング

  3. 花粉管

  4. ゲノム編集

  5. 二光子励起顕微鏡

  6. 生殖的隔離

  7. 植物分子生物学

  8. 花粉

研究分野 4

  1. ライフサイエンス / 形態、構造

  2. ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

  3. 環境・農学 / 遺伝育種科学

  4. ライフサイエンス / 細胞生物学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. イメージングを基盤とした植物の生殖機構の解明

  2. 花粉による新植物育種技術の開発

  3. 花粉の発生と受精能を決定する分子メカニズムの解明

経歴 5

  1. 名古屋大学   高等研究院, トランスフォーマティブ生命分子研究所   YLC特任助教

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. JSTさきがけ さきがけ専任研究者,   名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所   招へい教員

    2016年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院   理学研究科 ERATO東山ライブホロニクスプロジェクト   研究員

    2011年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所   植物遺伝研究室   特任研究員

    2010年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 日本学術振興会特別研究員DC1

    2007年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 総合研究大学院大学   生命科学研究科   遺伝学専攻 五年一貫博士課程

    2005年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 新潟大学   農学部   農業生産科学科 植物生産学講座

    2001年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本植物形態学会

  2. 日本植物学会

  3. 日本植物生理学会

委員歴 2

  1. Frontiers in Genome editing   Review Editor, Editorial Board of Genome Editing in Plants  

    2020年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター(NISTEP)   専門調査員  

    2020年4月 - 2021年3月   

受賞 11

  1. 第140回講演会日本育種学会優秀発表賞

    2021年9月   日本育種学会   イネにおける成長相転換とジベレリン生合成の時空間的解析

    新美陽子, 永井啓祐, 保浦徳昇, 水多陽子, 竹林裕美子, 小嶋美紀子, 榊原均, 島谷善平, 寺田理枝, 辻寛之, 芦苅基行

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  2. 第140回講演会日本育種学会優秀発表賞

    2021年9月   日本育種学会   イネにおける成長相転換とジベレリン生合成の時空間的解析

    新美陽子, 永井啓祐, 保浦徳昇, 水多陽子, 竹林裕美子, 小嶋美紀子, 榊原均, 島谷善平, 寺田理枝, 辻寛之, 芦苅基行

  3. NIKON JOICO AWARD 2019 優秀賞

    2020年1月   株式会社ニコンインステック   花のなかの秘密

    水多陽子

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 中手賞2018

    2018年12月   農学中手の会 第4回研究集会   花粉管をベクターとして植物を変える

    水多 陽子

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    http://www.nakate.website

  5. 第11回 科学技術の「美」パネル展 優秀賞

    2017年4月   科学技術団体連合   「めしべを丸ごと透明化」

    水多 陽子

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

    https://www.jst.go.jp/report/2017/170418.html

  6. 平瀬賞

    2016年9月   日本植物形態学会   ClearSee: a rapid optical clearing reagent for whole-plant fluorescence imaging. Development 142: 4168-4179

    D. Kurihara, Y. Mizuta, Y. Sato and T. Higashiyama.

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

    http://square.umin.ac.jp/pl-morph/pdf/170810_Hirase_papers.pdf

  7. Cell Picture Show (顕微鏡写真コンテスト、ZEISS社 2016年 国際カレンダー採用)

    2016年   Cell Press and Zeiss   Where the Magic Happens

    Yoko Mizuta, Daisuke Kurihara Tetsuya Higashiyama

     詳細を見る

    受賞国:ドイツ連邦共和国

    https://www.cell.com/pictureshow/biology-of-sex

  8. 日本植物学会第79回大会 ロゴマーク採用

    2014年11月   日本植物学会第79回大会   ユキツバキ

    水多陽子

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    http://bsj.or.jp/jpn/members/information/622.php

  9. 最優秀ポスター賞

    2014年1月   新学術領域研究 動植物に共通するアロ認証機構の解明 第8回領域会議   2光子顕微鏡を用いた花粉管の受精競争と多精拒否のin vivoライブイメージング

    水多陽子

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  10. 優秀発表賞

    2010年3月   日本育種学会第117回講演会   イネ亜種間交雑で生殖的隔離を引き起こすDOPPELGANGER(DPL)1とDPL2の解析

    水多 陽子、春島 嘉章、倉田 のり

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    https://www.nacos.com/jsb/07/07prize_2010.html

  11. Best Paper賞

    2009年9月   日本遺伝学会第81回大会   イネ亜種間交雑において生殖的隔離を引き起こす相互作用遺伝子座DOPPELGANGER1と2の単離・解析

    水多陽子、春島嘉章、倉田のり

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 27

  1. Optical Clearing of Plant Tissues for Fluorescence Imaging. 査読有り

    Kurihara D, Mizuta Y, Nagahara S, Sato Y, Higashiyama T

    Journal of visualized experiments : JoVE   2021 巻 ( 179 )   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Visualized Experiments  

    It is challenging to directly observe the internal structure of multi-layered and opaque plant specimens, without dissection, under a microscope. In addition, autofluorescence attributed to chlorophyll hampers the observation of fluorescent proteins in plants. For a long time, various clearing reagents have been used to make plants transparent. However, conventional clearing reagents diminish fluorescent signals; therefore, it has not been possible to observe the cellular and intracellular structures with fluorescent proteins. Reagents were developed that can clear plant tissues by removing chlorophyll while maintaining fluorescent protein stability. A detailed protocol is provided here for the optical clearing of plant tissues using clearing reagents, ClearSee (CS) or ClearSeeAlpha (CSA). The preparation of cleared plant tissues involves three steps: fixation, washing, and clearing. Fixation is a crucial step in maintaining the cellular structures and intracellular stability of fluorescent proteins. The incubation time for clearing depends on the tissue type and species. In Arabidopsis thaliana, the time required for clearing with CS was 4 days for leaves and roots, 7 days for seedlings, and 1 month for pistils. CS also required a relatively short time of 4 days to make the gametophytic leaves of Physcomitrium patens transparent. In contrast, pistils in tobacco and torenia produced brown pigment due to oxidation during CS treatment. CSA reduced the brown pigment by preventing oxidation and could make tobacco and torenia pistils transparent, although it took a relatively long time (1 or 2 months). CS and CSA were also compatible with staining using chemical dyes, such as DAPI (4',6-diamidino-2-phenylindole) and Hoechst 33342 for DNA and Calcofluor White, SR2200, and Direct Red 23 for the cell wall. This method can be useful for whole-plant imaging to reveal intact morphology, developmental processes, plant-microbe interactions, and nematode infections.

    DOI: 10.3791/63428

    Scopus

    PubMed

  2. Detection of a biolistic delivery of fluorescent markers and CRISPR/Cas9 to the pollen tube 査読有り

    Nagahara Shiori, Higashiyama Tetsuya, Mizuta Yoko

    PLANT REPRODUCTION   34 巻 ( 3 ) 頁: 191 - 205   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plant Reproduction  

    Key message: Biolistic delivery into pollen. Abstract: In recent years, genome editing techniques, such as the CRISPR/Cas9 system, have been highlighted as a new approach to plant breeding. Agrobacterium-mediated transformation has been widely utilized to generate transgenic plants by introducing plasmid DNA containing CRISPR/Cas9 into plant cells. However, this method has general limitations, such as the limited host range of Agrobacterium and difficulties in tissue culture, including callus induction and regeneration. To avoid these issues, we developed a method to genetically modify germ cells without the need for Agrobacterium-mediated transfection and tissue culture using tobacco as a model. In this study, plasmid DNA containing sequences of Cas9, guide RNA, and fluorescent reporter was introduced into pollen using a biolistic delivery system. Based on the transient expression of fluorescent reporters, the Arabidopsis UBQ10 promoter was found to be the most suitable promoter for driving the expression of the delivered gene in pollen tubes. We also evaluated the delivery efficiency in male germ cells in the pollen by expression of the introduced fluorescent marker. Mutations were detected in the target gene in the genomic DNA extracted from CRISPR/Cas9-introduced pollen tubes, but were not detected in the negative control. Bombarded pollen germinated pollen tubes and delivered their contents into the ovules in vivo. Although it is necessary to improve biolistic delivery efficiency and establish a method for the screening of genome-modified seeds, our findings provide important insights for the detection and production of genome-modified seeds by pollen biolistic delivery.

    DOI: 10.1007/s00497-021-00418-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00497-021-00418-z/fulltext.html

  3. ClearSeeAlpha: Advanced Optical Clearing for Whole-Plant Imaging 査読有り

    Kurihara Daisuke, Mizuta Yoko, Nagahara Shiori, Higashiyama Tetsuya

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   62 巻 ( 8 ) 頁: 1302 - 1310   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plant and Cell Physiology  

    To understand how the body of plants is made, it is essential to observe the morphology, structure and arrangement of constituent cells. However, the opaque nature of the plant body makes it difficult to observe the internal structures directly under a microscope. To overcome this problem, we developed a reagent, ClearSee, that makes plants transparent, allowing direct observation of the inside of a plant body without inflicting damage on it, e.g. through physical cutting. However, because ClearSee is not effective in making some plant species and tissues transparent, in this study, we further improved its composition to prevent oxidation, and have developed ClearSeeAlpha, which can be applied to a broader range of plant species and tissues. Sodium sulfite, one of the reductants, prevented brown pigmentation due to oxidation during clearing treatment. Using ClearSeeAlpha, we show that it is possible to obtain clear chrysanthemum leaves, tobacco and Torenia pistils and fertilized Arabidopsis thaliana fruits - tissues that have hitherto been challenging to clear. Moreover, we show that the fluorescence intensity of purified fluorescent proteins emitting light of various colors was unaffected in the ClearSeeAlpha solution; only the fluorescence intensity of TagRFP was reduced by about half. ClearSeeAlpha should be useful in the discovery and analysis of biological phenomena occurring deep inside the plant tissues.

    DOI: 10.1093/pcp/pcab033

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

  4. Advances in Two-Photon Imaging in Plants 査読有り

    Mizuta Yoko

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   62 巻 ( 8 ) 頁: 1224 - 1230   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plant and Cell Physiology  

    Live and deep imaging play a significant role in the physiological and biological study of organisms. Two-photon excitation microscopy (2PEM), also known as multiphoton excitation microscopy, is a fluorescent imaging technique that allows deep imaging of living tissues. Two-photon lasers use near-infrared (NIR) pulse lasers that are less invasive and permit deep tissue penetration. In this review, recent advances in two-photon imaging and their applications in plant studies are discussed. Compared to confocal microscopy, NIR 2PEM exhibits reduced plant-specific autofluorescence, thereby achieving greater depth and high-resolution imaging in plant tissues. Fluorescent proteins with long emission wavelengths, such as orange-red fluorescent proteins, are particularly suitable for two-photon live imaging in plants. Furthermore, deep- and high-resolution imaging was achieved using plant-specific clearing methods. In addition to imaging, optical cell manipulations can be performed using femtosecond pulsed lasers at the single cell or organelle level. Optical surgery and manipulation can reveal cellular communication during development. Advances in in vivo imaging using 2PEM will greatly benefit biological studies in plant sciences.

    DOI: 10.1093/pcp/pcab062

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. A Peptide Pair Coordinates Regular Ovule Initiation Patterns with Seed Number and Fruit Size 査読有り 国際誌

    Kawamoto Nozomi, Del Carpio Dunia Pino, Hofmann Alexander, Mizuta Yoko, Kurihara Daisuke, Higashiyama Tetsuya, Uchida Naoyuki, Torii Keiko U., Colombo Lucia, Groth Georg, Simon Ruediger

    CURRENT BIOLOGY   30 巻 ( 22 ) 頁: 4352 - +   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Current Biology  

    Ovule development in Arabidopsis thaliana involves pattern formation, which ensures that ovules are regularly arranged in the pistils to reduce competition for nutrients and space. Mechanisms underlying pattern formation in plants, such as phyllotaxis, flower morphogenesis, or lateral root initiation, have been extensively studied, and genes controlling the initiation of ovules have been identified. However, the fundamental patterning mechanism that determines the spacing of ovule anlagen within the placenta remained unexplored. Using natural variation analysis combined with quantitative trait locus analysis, we found that the spacing of ovules in the developing gynoecium and fruits is controlled by two secreted peptides, EPFL2 and EPFL9 (also known as Stomagen), and their receptors from the ERECTA (ER) family that act from the carpel wall and the placental tissue. We found that a signaling pathway controlled by EPFL9 acting from the carpel wall through the LRR-receptor kinases ER, ERL1, and ERL2 promotes fruit growth. Regular spacing of ovules depends on EPFL2 expression in the carpel wall and in the inter-ovule spaces, where it acts through ERL1 and ERL2. Loss of EPFL2 signaling results in shorter gynoecia and fruits and irregular spacing of ovules or even ovule twinning. We propose that the EPFL2 signaling module evolved to control the initiation and regular, equidistant spacing of ovule primordia, which may serve to minimize competition between seeds or facilitate equal resource allocation. Together, EPFL2 and EPFL9 help to coordinate ovule patterning and thereby seed number with gynoecium and fruit growth through a set of shared receptors.

    DOI: 10.1016/j.cub.2020.08.050

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. フィールドにおける生命現象の解明とその制御に向けた基盤技術の創出 招待有り 査読有り

    山内 卓樹, 藤井 壮太, 岡本 昌憲, 田中 佑, 水多 陽子, 晝間 敬, 吉田 健太郎, 山本 英司, 大西 孝幸, 犬飼 義明

    育種学研究   22 巻 ( 1 ) 頁: 75-82   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1270/jsbbr.22.w03

  7. Chemical signaling for pollen tube guidance at a glance 招待有り 査読有り

    Mizuta Yoko, Higashiyama Tetsuya

    JOURNAL OF CELL SCIENCE   131 巻 ( 2 ) 頁: jcs208447   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Cell Science  

    Pollen tube guidance is a unique navigating system that is required for the successful sexual reproduction of plants. As plant sperm cells are non-motile and egg cells are embedded deep inside the female tissues, a pollen tube delivers the two sperm cells that it contains by growing towards the ovule, in which the egg cell resides. Pollen tube growth towards the ovule is precisely controlled and divided into two stages, preovular and ovular guidance. In this Cell Science at a Glance article and accompanying poster, we provide a comprehensive overview of pollen tube guidance and highlight some of the attractant peptides used during ovular guidance. We further discuss the precise one-to-one guidance system that exists in multi-ovular plants. The pollen tube-blocking system, which is mediated by male-female crosstalk communication, to avoid attraction of multiple pollen tubes, is also reviewed.

    DOI: 10.1242/jcs.208447

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

  8. Three-Dimensional Multiphoton Imaging of Transcription Factor by ClearSee 査読有り

    Mizuta Yoko, Tsuda Katsutoshi

    PLANT TRANSCRIPTION FACTORS: METHODS AND PROTOCOLS   1830 巻   頁: 257 - 268   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Methods in Molecular Biology  

    In plants, transcription factors often act as cell-to-cell trafficking mobile proteins and specify cell fate. Thus, to visualize spatiotemporal expression pattern and localization of transcription factors are essential to understand their functions during development. Several protocols have been developed to observe fluorescent protein. However, plant-specific autofluorescent compounds and various tissue components with different refractive indexes interfere with detection of fluorescent signals of your interest. Furthermore, cell fate specification often occurs in a limited number of cells covered by lateral/layers of organs. To overcome those issues, the plant clearing method, ClearSee, was recently developed for high-resolution imaging inside tissues by making background transparent. In this chapter, we provide three-dimensional imaging of fluorescent-protein-fused transcription factors by two-photon excitation microscopy in Arabidopsis and rice. Complex cell patterning with gene expression could be observed from any direction three-dimensionally. This method could be applicable to visualize any protein of your interest or it can readily be adapted in various other plants.

    DOI: 10.1007/978-1-4939-8657-6_15

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. 透明化技術を用いた植物組織蛍光観察のすすめ 招待有り

    栗原 大輔, 水多 陽子

    Plant Morphology   29 巻 ( 1 ) 頁: 81-86   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  10. 透明化技術を用いた植物組織蛍光観察のすすめ 招待有り

    栗原 大輔, 水多 陽子

    Plant Morphology   29 巻 ( 1 ) 頁: 81 - 86   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物形態学会  

    <p>蛍光タンパク質を用いることにより,一細胞レベルだけではなく,オルガネラ,あるいは一分子レベルでの蛍光観察が可能となってきている.しかしながら,植物には,不透明なからだ,内部に気相を含む器官構造,クロロフィルを初めとする自家蛍光物質という,多くの障害が存在する.そのため,切片などを作製することなく,外部から直接,植物の内部形態を蛍光観察することは困難であった.近年,内部を均一な溶液で満たし,またクロロフィルを除去することで,からだを透明にし,丸ごと植物組織を蛍光観察する透明化技術が開発されてきた.本総説では,各種透明化技術の長所・短所を紹介し,実際に透明化技術を用いて蛍光観察する上で注意する点について解説する.</p>

    DOI: 10.5685/plmorphol.29.81

    CiNii Research

  11. 卓上型走査型電子顕微鏡によるシロイヌナズナめしべの観察像

    水多 陽子, 栗原 大輔

    PLANT MORPHOLOGY   29 巻 ( 1 ) 頁: 0 - 0   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物形態学会  

    <p>卓上型走査型電子顕微鏡によるシロイヌナズナめしべの観察像 めしべの片側の子房壁を取り除いて,キーエンスVHX-2000 およびVHX-D510 により撮影.</p>

    DOI: 10.5685/plmorphol.29.0

    CiNii Research

  12. Visualization of plant sexual reproduction in the whole-mount pistil by Clearsee 査読有り

    Yoko Mizuta,Daisuke Kurihara, Tetsuya Higashiyama

    Cytologia   81 巻   頁: 1−2   2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

  13. ClearSee: a rapid optical clearing reagent for whole-plant fluorescence imaging. 査読有り

    Daisuke Kurihara, Yoko Mizuta, Yoshikatsu Sato, Tetsuya Higashiyama

    Development   142 巻 ( 23 ) 頁: 4168-4179   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/dev.127613

    PubMed

  14. Two-photon imaging with longer wavelength excitation in intact Arabidopsis tissues. 査読有り

    Yoko Mizuta, Daisuke Kurihara, Tetsuya Higashiyama

    Protoplasma   252 巻 ( 5 ) 頁: 1231-1240   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00709-014-0754-5

    PubMed

  15. 2光子励起顕微鏡を用いた生体深部イメージングと光顕微操作(<特集>ライブセルイメージング) 招待有り

    水多 陽子, 栗原 大輔

    植物の生長調節   49 巻 ( 2 ) 頁: 96-103   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  16. Antisense gene inhibition by phosphorothioate antisense oligonucleotide in Arabidopsis pollen tubes. 査読有り

    Yoko Mizuta, Tetsuya Higashiyama

    The Plant journal   78 巻 ( 3 ) 頁: 516-526   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/tpj.12461

    PubMed

  17. Growth assay of individual pollen tubes arrayed by microchannel device

    Mitsuhiro Horade, Naoki Yanagisawa, Yoko Mizuta, Tetsuya Higashiyama, Hideyuki Arata

    Microelectronic Engineering   118 巻   頁: 25-28   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  18. 花粉管のin vivoイメージングで観えてきた植物生殖の実態—2光子顕微鏡を用いたアプローチ— 招待有り 査読有り

    水多陽子, 栗原大輔, 東山哲也

    PLANT MORPHOLOGY   26 巻 ( 1 ) 頁: 71   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  19. 2光子顕微鏡による植物深部のin vivoイメージング 招待有り

    水多 陽子, 栗原 大輔, 東山 哲也

    PLANT MORPHOLOGY   26 巻 ( 1 ) 頁: 25-30   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  20. Plant-on-a-chip microfluidic-system for quantitative analysis of pollen tube guidance by signaling molecule: Towards cell-to-cell communication study 査読有り

    Mitsuhiro Horade, Yoko Mizuta, Noritada Kaji, Tetsuya Higashiyama, Hideyuki Arata

    Proceedings of the 16th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, MicroTAS 2012     頁: 1027-1029   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  21. Rice expression atlas in reproductive development. 査読有り

    Fujita M, Horiuchi Y, Ueda Y, Mizuta Y, Kubo T, Yano K, Yamaki S, Tsuda K, Nagata T, Niihama M, Kato H, Kikuchi S, Hamada K, Mochizuki T, Ishimizu T, Iwai H, Tsutsumi N, Kurata N

    Plant & cell physiology   51 巻 ( 12 ) 頁: 2060-2081   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcq165

    PubMed

  22. Rice pollen hybrid incompatibility caused by reciprocal gene loss of duplicated genes. 査読有り

    Yoko Mizuta, Yoshiaki Harushima, Nori Kurata

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107 巻 ( 47 ) 頁: 20417-20422   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1003124107

    PubMed

  23. Separated transcriptomes of male gametophyte and tapetum in rice: validity of a laser microdissection (LM) microarray. 査読有り

    Suwabe K, Suzuki G, Takahashi H, Shiono K, Endo M, Yano K, Fujita M, Masuko H, Saito H, Fujioka T, Kaneko F, Kazama T, Mizuta Y, Kawagishi-Kobayashi M, Tsutsumi N, Kurata N, Nakazono M, Watanabe M

    Plant & cell physiology   49 巻 ( 10 ) 頁: 1407-1416   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcn124

    PubMed

  24. Various spatiotemporal expression profiles of anther-expressed genes in rice. 査読有り

    Hobo T, Suwabe K, Aya K, Suzuki G, Yano K, Ishimizu T, Fujita M, Kikuchi S, Hamada K, Miyano M, Fujioka T, Kaneko F, Kazama T, Mizuta Y, Takahashi H, Shiono K, Nakazono M, Tsutsumi N, Nagamura Y, Kurata N, Watanabe M, Matsuoka M

    Plant & cell physiology   49 巻 ( 10 ) 頁: 1417-1428   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcn128

    PubMed

  25. Morphological Characterization of Three Intergeneric Hybrids Among Gloriosa superba ‘Lutea’, Littonia modesta, and Sandersonia aurantiaca (Colchicaceae) 査読有り

    Amano J, Kuwayama S, Mizuta Y, Nakano M, Godo T, Okuno H

    Hort. Science   43 巻   頁: 115-118   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Mapping of a pair of reproductive barrier loci observed in a cross between Nipponbare and Kasalath

    Yoko Mizuta, Yoshiaki Harushima, Nori Kurata

    Rice Genetics Newsletter   23 巻   頁: 33-35   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  27. Early Identification of Intra- and Intergeneric Hybrids among Colchicaceous Ornamentals, Gloriosa spp., Littonia modesta Hook. and Sandersonia aurantiaca Hook., by Flow Cytometry and Random Amplified Polymorphic DNA Analyses

    天野 淳二, 桑山 幸子, 水多 陽子, 大宮 知, 中村 徹, 中野 優

    園芸学会雑誌   76 巻 ( 1 ) 頁: 73-78   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. エッセンシャル遺伝学・ゲノム科学 (原著第7版) 第9章 査読有り

    植田 美那子, 栗原 大輔, 水多 陽子( 担当: 共訳 ,  範囲: 第9章)

    化学同人  2021年2月  ( ISBN:9784759820485

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. Plant Transcription Factor

    Yoko Mizuta, Katsutoshi Tsuda, Yamaguchi Nobutoshi( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Three-dimensional multiphoton imaging of transcription factor by ClearSee.)

    Springer protocols  2018年7月  ( ISBN:9781493986569

     詳細を見る

    担当ページ:257-268   記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. THE SECRET LIFE OF PLANTS

    Daisuke Kurihara and Yoko Mizuta( 担当: 共著)

    National geographic  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:画像

    その他リンク: https://www.amazon.co.jp/National-Geographic-US-May-2017/dp/B072L2RDWM

  4. 植物の中まで丸見え

    栗原 大輔、水多 陽子( 担当: 共著)

    ナショナルジオグラフィック 日本版  2016年6月 

  5. 植物の透明化

    東山 哲也、栗原 大輔、水多 陽子( 担当: 共著)

    太田出版  2016年4月  ( ISBN:9784778315160

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:画像

MISC 2

  1. 特集「異分野融合が推進するイメージング研究」

    水多陽子、多喜正泰  

    Plant Morphology33 巻   頁: 1 - 2   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  2. 卓上型走査型電子顕微鏡によるシロイヌナズナめしべの観察像

    水多 陽子, 栗原 大輔  

    PLANT MORPHOLOGY29 巻 ( 1 ) 頁: 0-0   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    <p>卓上型走査型電子顕微鏡によるシロイヌナズナめしべの観察像 めしべの片側の子房壁を取り除いて,キーエンスVHX-2000 およびVHX-D510 により撮影.</p>

    DOI: 10.5685/plmorphol.29.0

講演・口頭発表等 67

  1. イネにおける成長相転換とジベレリン生合成の時空間的解析

    (12) 新美陽子, 永井啓祐, 保浦徳昇, 水多陽子, 竹林 裕美子, 小嶋美紀子, 榊原均, 島谷善平, 寺田理枝, 辻寛之, 芦苅基行

    日本育種学会第140回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:弘前大学  

  2. 花粉管を用いた生殖細胞のゲノム編集と導入細胞の可視化

    永原史織, 東山哲也, 水多陽子

    日本植物学会第85回大会  2021年9月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都立大学  

  3. 花粉管を用いたゲノム編集酵素のデリバリーと生殖細胞の遺伝子改変 招待有り

    水多陽子

    第38回日本植物バイオテクノロジー学会 シンポジウム「Made in Japan:世界を駆ける日本発のゲノム編集技術開発の最前線」  2021年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:筑波大学  

  4. 花粉管発生におけるライブイメージングと生殖細胞の改変

    水多陽子

    第62回日本植物生理学会年会・関連集会「植物生殖改変ワークショップ」  2021年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  5. イネ花粉成熟期における糖化機構の解明

    (9) 葉山旺,河合恭甫,杉原諒彦,森井南美,竹原清日,水多陽子,上口美弥子

    第62回日本植物生理学会年会  2021年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:島根大学  

  6. 観る、知る、利用する。植物の花に秘められたいのちのしくみ 招待有り

    水多陽子

    第7回名古屋大学の卓越・先端・次世代 研究シンポジウム「学問の意義と貢献:研究のインパクトと社会との対話」  2021年1月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  7. 極彩色で観る 植物がいのちをつなぐしくみ 招待有り

    水多陽子

    サイエンスカフェ(KMI x ITbM Mix Cafe)集まれ!話そう!科学のワクワク!  2020年9月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  8. 花粉不発芽を引き起こすDPL遺伝子の機能解析

    水多陽子, 栗原大輔

    日本植物学会第84回大会  2020年9月19日  日本植物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. Ca2+に着目した花粉管の破裂制御における種認証機構の解析

    五郎丸輝明, 長江拓也, 水多陽子, 東山哲也

    日本植物学会第84回大会  2020年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  10. 花粉管誘引において同種認証機構を担う雌しべ組織の検討

    長江拓也, 武内秀憲, 水多陽子, 須崎大地, 東山哲也

    日本植物学会第84回大会  2020年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  11. コロナ禍における植物研究者の変容と進化 招待有り

    水多陽子

    第1回 名古屋大学高等研究院ウェビナー(高等研究院×未来社会創造機構) 「未来を見据えるコロナ禍の研究者たち」  2020年6月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  12. 花粉管をベクターとしたゲノム編集酵素のデリバリー 招待有り

    水多陽子

    プロジェクト横断型公開シンポジウム「植物のゲノム編集基盤技術開発の現状と展望」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  13. 「花のなかを観る」植物のタネができるしくみ 招待有り

    水多陽子

    次世代研究者シンポジウム2019  2019年10月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. 花粉管破裂制御におけるCa2+動態と種認証機構の関係

    五郎丸輝明,東山哲也,水多陽子,長江拓也

    日本植物学会第83回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. 深部イメージングで探る植物生殖の謎

    水多陽子, 栗原大輔, 東山 哲也

    日本植物学会第83回大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. 二光子イメージングによる一対一受精機構の解明

    水多 陽子, 栗原 大輔, 東山 哲也

    日本植物形態学会第31回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. 花粉管をベクターとした生殖細胞の遺伝子改変 招待有り

    水多陽子、永原史織、東山哲也

    日本育種学会第136回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  18. 花粉への一過的遺伝子導入系による花粉管および精細胞の動態解析

    永原史織, 栗原大輔, 東山哲也, 水多陽子

    第60回日本植物生理学会年会  2019年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. 花粉管をベクターとした生殖細胞の遺伝子改変と植物生殖機構の解明

    水多陽子, 永原史織, 栗原大輔, 東山哲也

    第60回日本植物生理学会年会 シンポジウム  2019年3月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  20. 二光子励起顕微鏡で解く植物生殖の謎

    水多陽子

    第7回 植物イメージングの会  2019年2月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  21. 花粉のゲノム編集

    水多陽子, 永原史織, 東山哲也

    日本植物学会第82回大会  2018年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. 植物透明化試薬ClearSeeの改良

    栗原大輔, 水多陽子, 永原史織, 東山哲也

    日本植物学会第82回大会  2018年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. 花粉のゲノム編集法

    水多陽子, 永原史織, 東山哲也

    日本植物形態学会第30回大会  2018年9月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. さらなる植物透明化に向けて

    栗原大輔, 水多陽子, 永原史織, 東山哲也

    日本植物形態学会第30回大会  2018年9月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. Two-photon imaging reveals spatio-temporal regulation on the one-to-one pollen tube guidance 国際会議

    Yoko Mizuta, Daisuke Kurihara, Shiori Nagahara, Tetsuya Higashiyama

    The 25th International Congress on Sexual Plant Reproduction (ICSPR2018)  2018年6月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. パーティクルボンバードメント法による植物生殖細胞へのCRISPR/Cas9の導入

    永原 史織, 栗原 大輔, 東山 哲也, 水多 陽子

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)  2017年12月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. 生体深部イメージングで解く花粉管ガイダンスの謎 招待有り

    水多陽子

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)  2017年12月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  28. より深く、詳しく、美しく― 生きた植物の内部を観る 招待有り

    水多陽子

    第2回フロンティアバイオイメージング研究会  2017年11月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  29. 3Dプリンタを用いた植物組織の新しい3D画像データ提示手法の開発

    小笠原希実, 水多陽子, 東山哲也

    第58回 日本植物生理学会年会  2017年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. 植物深部に侵入した微生物を光学顕微鏡で観察する

    栗原大輔, 大津美奈, 水多陽子, 東山哲也

    日本植物学会 第80回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  31. ClearSee で観る植物生殖のメカニズム

    水多陽子, 栗原大輔, 東山哲也

    日本植物学会 第80回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. シロイヌナズナ花粉管の膜輸送のライブイメージング解析

    時田公美、水多陽子、栗原大輔、東山哲也

    第68回日本細胞生物学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. 花粉管と胚珠の相互作用に関する シミュレーション解析 国際会議

    鈴木孝征、水多陽子、東山哲也

    第 57 回 日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. 深部観察で Whole plant imaging を目指す

    栗原大輔、水多陽子、東山哲也

    日本植物学会第79回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  35. 一本の花粉管が一つの胚珠にたどりつくには? 〜深部イメージングで探る花粉管ガイダンスの謎〜 招待有り

    水多陽子、栗原大輔、東山哲也

    日本植物学会第79回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  36. Two-photon imaging of pollen tube guidance in the Arabidopsis pistil

    Yoko Mizuta, Daisuke Kurihara, Tetsuya Higashiyama

    NIG Biological Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  37. 2光子顕微鏡を用いた花粉管ガイダンスのin vivoライブイメージング

    水多陽子、栗原大輔、東山哲也

    日本植物学会第78回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. 生体深部イメージングによる花粉管ガイダンスの「形」と「通り道」の解析

    水多陽子、栗原大輔、東山哲也

    日本植物形態学会第26回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  39. Deep imaging of pollen tube guidance by two-photon microscopy 国際会議

    水多 陽子

    International ERATO Higashiyama Live-Holonics Symposium 2014 "Plant Live-Cell Imaging and Microdevices" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  40. Two-photon imaging of pollen tube growth and guidance in the pistil 国際会議

    Y Mizuta, D Kurihara, T Higashiyama

    23rd ICSPR: International Conference on Sexual Plant Reproduction 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ポルトガル共和国  

  41. 2光子顕微鏡を用いた花粉管の受精競争と多精拒否の in vivo ライブイメージング

    水多陽子、栗原大輔、東山哲也

    動植物に共通する アロ認証機構の解明 第8回領域会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  42. 2 光子顕微鏡による深部イメージングで観えてきた植物生殖の実態 招待有り

    水多陽子、栗原大輔、東山哲也

    日本植物学会第77回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  43. 花粉管のin vivoイメージングで観えてきた植物生殖の実態 -2光子顕微鏡を用いたアプローチ-

    水多陽子、栗原大輔、東山哲也

    日本植物形態学会第 25 回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  44. 植物生殖プロセスにおける花粉管ガイダンスのオンチップ定量解析

    佐藤良勝, 洞出光洋, 水多陽子, 加地範匡, 東山哲也, 新田英之

    日本分析化学会年会講演要旨集  2013年8月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  45. Phosphorothioate antisense oligodeoxynucleotides to transiently supress gene expression in living pollen tubes 国際会議

    Y Mizuta, T Higashiyama

    24th International Conference on Arabidopsis Research (ICAR 2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストラリア連邦  

  46. マイクロ流路を用いた花粉管細胞配列アッセイ

    洞出光洋, 水多陽子, 東山哲也, 新田英之

    化学とマイクロ・ナノシステム学会研究会講演要旨集  2013年5月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  47. マイクロ流路デバイスを用いた花粉管誘引物質の1分子ライブイメージング

    水多陽子, 洞出光洋, 後藤宏旭, 加地範匡, 新田英之, 東山哲也

    日本植物学会第76回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. 花粉管ガイダンスの分子実体解明に向けてーマイクロ流体デバイスを用いた試み

    水多陽子, 洞出光洋, 後藤宏旭, 加地範匡, 新田英之, 東山哲也

    日本植物形態学会第24回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  49. PDMSマイクロチャネルを用いた花粉管細胞伸長の計測と制御

    洞出光洋, 水多陽子, 加地範匡, 新田英之, 東山哲也

    化学とマイクロ・ナノシステム研究会講演要旨集  2012年5月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  50. 花粉管内標的遺伝子の機能阻害と花粉管誘引アッセイに対する新アプローチ

    水多陽子, 洞出光洋, 加地範匡, 後藤宏旭, 新田英之, 東山哲也

    第53回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. イネの生殖的隔離およびシロイヌナズナの生殖に関わる花粉側因子の同定

    水多陽子, 東山哲也, 春島嘉章, 倉田のり

    日本植物学会第75回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. S化オリゴを用いた花粉内標的遺伝子の機能阻害と受精に関わる花粉側因子の探索

    水多陽子, 東山哲也

    日本植物形態学会第23回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. イネ亜種間交雑で生殖的隔離を引き起こす重複遺伝子DPL1, 2の解析 招待有り

    水多 陽子

    日本遺伝学会第82回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  54. イネ亜種間交雑で生殖的隔離を引き起こすDOPPELGANGER(DPL)1とDPL2の解析

    水多陽子, 春島嘉章, 倉田のり

    日本育種学会第117回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. イネ亜種間交雑で生殖的隔離を引き起こすDOPPELGANGER(DPL)1およびDPL2遺伝子の解析

    水多陽子, 春島嘉章, 倉田のり

    第51回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. Analysis of a pair of genes, DOPPELGANGER(DPL)1 and DPL2 responsible for reproductive isolation between two rice subspecies 国際会議

    Yoko Mizuta, Yoshiaki Harushima, Nori Kurata

    International Symposium of Cell-Cell Communication in Plant Reproduction : from pollination to fertilization 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. イネ亜種間交雑で生殖的隔離を引き起こすDOPPELGANGER1(DPL1)とDPL2の単離・解析

    水多陽子, 春島嘉章, 倉田のり

    第32回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. イネ亜種間交雑において生殖的隔離を引き起こす相互作用遺伝子座DOPPELGANGER1と2の単離・解析

    水多陽子, 春島嘉章, 倉田のり

    日本遺伝学会第81回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. イネ亜種間交雑で生殖的隔離障壁となる重複遺伝子の解析

    水多陽子, 春島嘉章, 倉田のり

    日本育種学会114回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. Positional Cloning of a Pair of Interactive Genes Causing Reproductive Barrier in the Hybrid Pollen of Rice 国際会議

    Yoko Mizuta, Yoshiaki Harushima, Nori Kurata

    XX International congress of Genetics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  61. イネ雑種花粉で作用する生殖的隔離障壁遺伝子のポジショナルクローニング

    水多陽子, 春島嘉章, 倉田のり

    第112回育種学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  62. イネ雑種花粉で相互作用する2遺伝子座に起因する生殖的隔離

    水多陽子, 春島嘉章, 倉田のり

    日本遺伝学会第79回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. コルチカム科花き園芸植物における胚珠培養による種間および属間雑種の作出 : (第6報)サンダーソニアとグロリオーサ・スペルバ'ルテア'間の属間雑種 (Sandersonia aurantiaca × Gloriosa superba 'Lutea') の形質調査

    天野 淳二, 桑山 幸子, 菅原 慎太郎, 水多 陽子, 神戸 敏成, 中野 優

    園芸学研究. 別冊, 園芸学会大会研究発表要旨  2007年3月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  64. コルチカム科花き園芸植物における胚珠培養による種間および属間雑種の作出 : (第4報)リットニアとサンダーソニア間の属間交雑 (Littonia modesta × Sandersonia aurantiaca) に由来する個体の形質調査

    桑山 幸子, 天野 淳二, 菅原 慎太郎, 中村 徹, 水多 陽子, 大宮 知, 中野 優

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表  2005年10月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  65. ClearSee: a rapid optical clearing reagent for whole-plant fluorescence imaging.

    Daisuke Kurihara, Yoko Mizuta, Yoshikatsu Sato, Tetsuya Higashiyama

    The 1st ABiS Symposium -Towards the Future of Advanced Bioimaging for Life Sciences-  2017年2月19日 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  66. 二光子顕微鏡を用いて生殖過程を定量的に捉え、異種と同種を見分ける認証機構に迫る

    長江 拓也, 武内 秀憲, 水多陽子, 東山 哲也

    第44回日本分子生物学会年会  2021年12月1日 

  67. イネにおける成長相転換とジベレリン生合成の時空間的解析

    新美陽子, 永井啓祐, 保浦徳昇, 水多陽子, 竹林 裕美子, 小嶋美紀子, 榊原均, 島谷善平, 寺田理枝, 辻寛之, 芦苅基行

    日本育種学会第140回講演会  2021年9月23日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

Works(作品等) 4

  1. めしべを丸ごと透明化(科学技術の美パネル展)優秀賞

    水多 陽子

    2016年

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:科学技術の美パネル展  

  2. Where the Magic Happens (Cell Picture Show)

    Yoko Mizuta, Daisuke Kurihara, Tetsuya Higashiyama

    2015年

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:Cell Picture Show: The Biology of Sex  

  3. ロゴマーク ユキツバキ(日本植物学会第79回大会)

    水多 陽子

    2015年

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:日本植物学会第79回大会  

  4. 生きている花粉管の花火(科学技術の美パネル展)

    水多 陽子

    2014年

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:科学技術の美パネル展  

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. 根と葉をつなぐ植物空腹・指令シグナルの可視化と制御

    2022年4月 - 2025年3月

    令和4年度研究大学強化促進事業「若手新分野創成研究ユニット」 

    田畑亮、水多陽子、大石俊輔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  2. イメージングと遺伝子発現を基盤とした植物の受精に必須な遺伝子の解析

    2020年12月 - 2022年3月

    公益財団法人 木下記念事業団 学術研究活動助成事業 

    水多陽子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 花粉による新植物育種技術の開発

    2019年10月 - 現在

    研究成果展開事業 A-STEP 産学共同フェーズ(シーズ育成タイプ) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. RNPを導入した花粉による新育種技術の開発

    2018年10月 - 2019年9月

    研究成果展開事業 A-STEP 産学共同フェーズ(シーズ育成タイプFS) 

    水多陽子、他1名

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 花粉管をベクターとした遺伝子改変技術の開発

    2016年4月 - 2019年3月

    JST さきがけ 

    水多陽子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 一分子ライブイメージングによる花粉管誘引ペプチドと花粉管の相互作用の解析

    2015年4月 - 2016年3月

    公益財団法人 旭硝子財団 研究助成 第1分野 (化学・生命科学系) 奨励研究 

    水多陽子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. In vivoカルシウムイメージングによる雌雄細胞間の情報伝達機構の解析

    2015年4月 - 2016年3月

    光科学技術研究振興財団 研究助成(第二課題) 

    水多陽子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 6

  1. 植物性染色体の誕生と性決定システムの進化を解明する日英共同研究

    研究課題/研究課題番号:21KK0128  2021年10月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    風間 裕介, 西嶋 遼, 大谷 真広, 水多 陽子

  2. 細胞運命操作による植物生殖システムのリモデリング

    研究課題/研究課題番号:20H05778  2020年10月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  学術変革領域研究(B)

    丸山 大輔, 山岡 尚平, 水多 陽子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    植物は生殖細胞においても分化の可塑性や柔軟性をもつ。最新の生殖細胞の分化制御因子の知見を基に、本研究領域では独自の解析技術を駆使し、体細胞からの生殖細胞の作出や、生殖細胞の体細胞への分化転換という細胞運命の操作に挑戦する。これにより、オス配偶子(A01)とメス配偶子(A02)の分化運命の決定・転換のメカニズムを解析し、植物特有の生殖プロセスの原理の理解と、それによる育種・生殖技術の変革を目指す。
    本領域ではシロイヌナズナやゼニゴケ、ベンサミアナタバコなどのモデル植物を用い、雄性配偶体や雌性配偶体を構成する生殖細胞の運命転換を通じて新たな植物の生殖システムの構築を目指している。計画班員のそれぞれが独自の解析系を持っており、別々の細胞での運命転換を試みる予定なので、総括班としてはそれぞれの実験系と研究方向性を互いに具に確認できる環境を整えることが重要である。
    そこで2020年度、総括班は領域の目的達成に向けた第一歩として、まず、ビジネスチャットツールのSlackを活用した情報交換の場を設けた。また、領域開始の翌月には領域アドバイザーを交えた領域班会議を開催し、領域の研究準備状況と班員間の連携の確認、そして、今後の領域発展の方向性についての議論を行った。これらの機会を通じて計画班員間の共同研究を進める体制を整えた。
    総括班では領域の宣伝活動も様々な方法で行った。山岡班を中心に2021年の3月にオンライン開催された第62回日本植物生理学会年会に付随する関連集会で、植物生殖改変のコンセプトを広く伝えるためのシンポジウムを行った。この関連集会には約60名が参加して植物生殖研究についての活発な意見交換がなされた。さらに、領域での研究成果などを広く社会に伝えるための領域ウェブサイトを水多班を中心に作り上げた。丸山班は代表として羊土社の発行する実験医学の学術変革領域特集のアンケートに協力した。また、研究成果公表促進の一環として、班員への論文の掲載料の支援体制を整備した。
    2020年度は新型コロナへの対応のために対面でディスカッションすることが難しい状況で、オンラインのツールを利用することで班会議や技術共有を行うことができた。その結果、計画班員間の連携は大きな困難もなく進められている状況にある。領域の広報活動についてもウェブサイトの開設や関連集会の開催など、広く認知をしてもらうための活動ができた。計画班からも本領域の部分的なサポートを受けて受理された論文もいくつか出てきており、論文掲載費の一部を領域の事務局をサポートする体制を構築することができている。このような状況を受けて、計画班同士の共同研究も増えてきた。以上のような成果から、領域の開始としての基盤づくりは成功していると考えられ、概ね順調に研究が進展していると評価ができる。
    2020年度に築き上げた領域の体制をもとに2021年度は共同研究を推進する。まず、これまでのように数ヶ月に一回のペースで領域班会議を開催することで、計画班員それぞれの研究状況を把握するとともに、新たな共同研究の可能性を検討する。また、領域班会議では十分に補うことができない部分、例えば、研究材料や解析技術の提供などを積極的に推進したい。各班員は別々の県の受け入れ機関に所属しているため、対面での実施が必要な際は新型コロナの感染防止対策を入念に行う。
    得られた研究成果を論文で発表する際は、2020年度と同様に英文校閲や投稿料、そしてオープンアクセス料金のサポートを行う。

  3. 1細胞追跡による花粉の精細胞の運命と受精能を決定するメカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:20H05779  2020年10月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  学術変革領域研究(B)

    水多 陽子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:47710000円 ( 直接経費:36700000円 、 間接経費:11010000円 )

    花を咲かせる植物のオスの配偶体は花粉と呼ばれ、1細胞が2回分裂することで、配偶子である精細胞が形成される。この分裂では栄養細胞と精細胞という、全く異なる性質と運命を持つ細胞ができる。しかし、それぞれの細胞の運命決定のしくみや、受精能を獲得するしくみについては、未だ不明な点が多い。本研究ではこれらの謎に答えるため、独自のイメージングと遺伝子導入法により、花粉の細胞運命と受精能獲得の分子メカニズムを明らかにし、受精を制御することを試みる。将来的には育種や生殖技術への応用、展開を目指す。
    被子植物のオスの配偶体は花粉と呼ばれ、花粉の内部にはオスの配偶子である精細胞が含まれる。精細胞は花粉から発芽した花粉管の内部を通って、花の奥深くにあるメスの配偶子である卵細胞まで運ばれ、受精し種子が作られる。すなわち花粉形成や機能、受精能獲得のメカニズムを知ることは、被子植物の生殖を知る上で重要である。また、受精や種子生産のメカニズムを知ることは、育種や作物生産など、農業分野にも重要である。
    本年度は、主に研究の推進に必要な実験基盤の整備と植物材料の整備、実験系の構築を行なった。まず、花粉の発生と受精過程を生きたまま解析するため、蛍光タンパク質を用いて花粉やめしべを可視化するマーカーラインを作出した。次に、花粉への一過的な遺伝子導入法の検討と、導入後の花粉を解析するアッセイ系の確立をおこなった。これにより、解析したい遺伝子を安定的に花粉へ導入し、その発生・成長過程を観察、解析することで、遺伝子機能や細胞動態を迅速に評価することが可能となった。花粉のライブイメージングについては、倒立型蛍光顕微鏡、または共焦点顕微鏡を用いて、長期間、かつ高倍率でライブイメージング可能な環境を整えた。また、花粉の発生や受精に関する遺伝子の発現解析や機能解析を行うための基盤も整えた。
    これら本研究の最新の成果の一部は、2021年第62回日本植物生理学会の関連集会にて開催された当領域のワークショップにて発信した。
    マーカーライン作出には時間がかかるが、必要なラインについては概ね順調に整備が進んでいる。イメージングを中心とした実験や解析についても、順次進めている。一方、遺伝子発現解析については、材料の準備などの理由から進展が少し遅れているため、次年度の前半に集中して進める予定である。また、コロナ禍の影響により、一部機器類の納品や実験材料の取り寄せなどに遅延が発生した。PCR関連用品や滅菌関連など、手に入らなくなった分子生物学用機器・消耗品もいくつか存在し、代替品を検討したり、アッセイ系を変更するなど、一部研究の妨げとなった。
    まずは必要なマーカーラインの整備を出来るだけ早期に完了する。次に、確立したイメージング手法と一過的な遺伝子導入法を用いて、花粉に遺伝子を導入し、1細胞レベルで継時的に観察する。さらに、花粉の遺伝子発現解析と機能解析をおこない、過去の知見や他の植物のホモログの情報などを参考に花粉の発生と受精能の獲得について詳細に調査する。

  4. 雌雄のクロストークによる花粉管誘引のON/OFFスイッチの解明

    研究課題/研究課題番号:18K14741  2018年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究 (B)  若手研究(B)

    水多 陽子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  5. In vivoライブイメージングと遺伝学の融合による植物受精機構の動的理解

    研究課題/研究課題番号:26840104  2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. イネ亜種間交雑における生殖的隔離障壁因子の単離及び機能解析

    研究課題/研究課題番号:18075009  2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 5

  1. 対象細胞の濃縮方法

    栗原(水多)陽子、金城行真、東山哲也、他2名

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人東海国立大学機構、他3者

    出願番号:特願2022-023027  出願日:2022年2月

  2. パーティクルボンバードメント法において用いられる、細胞内へ導入される物質で被覆された微粒子が担持された担体の製造方法

    皆川吉、栗原(水多)陽子

     詳細を見る

    出願人:株式会社ニップン、国立大学法人東海国立大学機構、国立大学法人 筑波大学、株式会社ファスマック

    出願日:2020年2月

    公開番号:2021-132547  公開日:2021年9月

    出願国:国内   取得国:国内

  3. パーティクルボンバードメント法において用いられる、細胞内へ導入される物質で被覆された微粒子が担持された担体の製造方法

    皆川吉, 栗原(水多)陽子

     詳細を見る

    出願人:株式会社ニップン、国立大学法人東海国立大学機構、国立大学法人 筑波大学、株式会社ファスマック

    出願番号:特願2020-029814  出願日:2020年2月

    公開番号:特開2021-132547  公開日:2021年9月

  4. 花粉への物質導入方法

    栗原(水多)陽子, 皆川吉, 永原史織

     詳細を見る

    出願日:2019年4月

    公開番号:2020-171262  公開日:2020年10月

    出願国:国内   取得国:国内

  5. 植物ゲノム編集方法

    栗原(水多)陽子, 永原史織

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2018-79316  出願日:2018年4月

    公開番号:2019-180373  公開日:2019年10月

    特許番号/登録番号:特許第6614622号  登録日:2019年11月  発行日:2019年12月

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. Ph.D. Professional, YM course ヤングメンター制度「花粉の顕微鏡による観察と遺伝子発現」

    2020

     詳細を見る

    生物の生殖過程では、雄と雌の細胞のダイナミックな動態が見られる。本コースでは、そのうち植物の花粉と呼ばれる雄の生殖細胞に焦点を当てる。様々な植物の花粉を観察し、一過的な遺伝子発現を行うことで、種の多様性と植物の生殖について理解を深める。こうした解析を通じて、細胞培養や顕微鏡観察の技術についても学ぶ。

 

社会貢献活動 3

  1. 「光らせよう!見てみよう!蛍光たんぱく質で科学者体験」

    役割:講師

    サカエ大学Common-S.(運営:松坂屋名古屋店)  松坂屋小学校 第13回キッズサイエンス  名古屋大学 東山キャンパス NIC館  2021年11月

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    添付ファイル: 211001_591e5814.jpg

  2. 植物の美:雌しべのなかで色とりどりの花粉管が次世代に命をつなぐ

    役割:情報提供

    国立科学博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社  植物展「植物 地球を支える仲間たち」植物の美 展示パネル提供、図録写真提供  2021年7月 - 2022年4月

  3. 花の神秘 隠されたいのちのしくみ

    役割:出演, 講師

    サカエ大学 Common-S.(運営:松坂屋名古屋店)、名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部  名大カフェ "Science, and Me "  2021年4月

メディア報道 6

  1. めしべの色彩 花火のよう 新聞・雑誌

    読売新聞社  読売新聞  夕刊4版  2021年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  2. THE SECRET LIFE OF PLANTS 新聞・雑誌

    National Geographic Society  National Geographic Magazine  page 26  2017年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  3. 植物の透明化 新聞・雑誌

    太田出版  ケトル Vol.30  135ページ  2016年4月

  4. 内部構造がまる見え! 植物を透明にする新技術を開発 新聞・雑誌

    誠文堂新光社  子供の科学  4ページ  2015年12月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  5. Where the Magic Happens インターネットメディア

    Cell Press  Cell Picture Show, The Biology of Sex  page 10  2015年

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  6. 組み換え技術使わず 名大 花粉管の遺伝子を制御 新聞・雑誌

    科学新聞社  科学新聞  4面  2014年3月

▼全件表示