2022/10/31 更新

写真a

ナガオカ カツトシ
永岡 勝俊
NAGAOKA Katsutoshi
所属
大学院工学研究科 化学システム工学専攻 先進化学工学システム 教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 マテリアル工学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2001年3月   東京工業大学 ) 

研究キーワード 9

  1. 水電解

  2. マイクロ波

  3. アンモニア合成分解

  4. CO2変換

  5. 水素貯蔵・製造

  6. 再生可能エネルギー

  7. 触媒

  8. 希土類元素

  9. アンモニア

研究分野 3

  1. ナノテク・材料 / ナノ構造化学

  2. ナノテク・材料 / グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学

  3. ナノテク・材料 / ナノ材料科学

現在の研究課題とSDGs 6

  1. 温和な条件でアンモニアを合成する触媒の開発

  2. アンモニア酸化分解による水素製造の無加熱・瞬時起動プロセスの開発

  3. H2/COから炭化水素燃料を合成するための触媒開発

  4. 水の電気分解による水素製造に用いる電極触媒の開発

  5. CO2のメタン化触媒の開発

  6. 自動車の排ガス浄化用省貴金属触媒の開発

▼全件表示

経歴 11

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科   教授

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 大分大学   理工学部門   准教授

    2017年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 大分大学   理工学部   准教授

    2017年4月

      詳細を見る

  4. 大分大学   工学部門   准教授

    2017年1月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 大分大学   工学部   准教授

    2007年4月 - 2016年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 大分大学   工学部   助教授

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 大分大学   工学部   講師

    2004年2月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. ミュンヘン工科大学   TC2   リサーチフェロー

    2003年4月 - 2004年1月

      詳細を見る

    国名:ドイツ連邦共和国

  9. アレクサンダー・フンボルト財団(ドイツ)   奨学研究員

    2003年2月 - 2004年1月

      詳細を見る

  10. ミュンヘン工科大学   TC2   博士研究員

    2002年4月 - 2003年1月

      詳細を見る

    国名:ドイツ連邦共和国

  11. 科学技術振興事業団   CREST   博士研究員

    2001年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 東京工業大学   工学部   化学工学科

    1992年4月 - 1996年3月

  2. 東京工業大学   総合理工学研究科   化学環境工学専攻

    1996年4月 - 1998年3月

  3. 東京工業大学   総合理工学研究科   化学環境学専攻

    1998年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 9

  1. 触媒学会

  2. 石油学会

  3. 水素エネルギー協会

  4. 日本化学会

  5. 化学工学会

  6. アメリカ科学振興協会

  7. アメリカ化学会

  8. 水素エネルギー協会

      詳細を見る

  9. アメリカ科学振興協会

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴 5

  1. 石油学会 東海支部   支部長  

    2021年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 科学技術交流財団 再生可能エネルギーからの水素製造・利用関連技術研究会   座長  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  3. 石油学会 東海支部   副支部長  

    2020年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 触媒学会 水素の製造と利用のための触媒技術研究会   世話人代表  

    2020年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 触媒学会   代議員  

    2017年4月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 3

  1. MMS賞

    2016年3月   田中貴金属記念財団  

    永岡 勝俊

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    researchmap

  2. 触媒学会奨励賞

    2011年   触媒学会   炭化水素の改質反応用新規触媒の開発

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 石油学会奨励賞

    2010年   石油学会   酸素欠陥利用による炭化水素改質反応用触媒の機能向上に関する研究

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 111

  1. マイクロ波液相還元法によって調製した Rh ナノ粒子の局所的な配位構造の解析 査読有り

    西田 吉秀, 和田 雄一郎, 佐藤 勝俊, 永岡 勝俊

    日本電磁波エネルギー応用学会論文誌   3 巻 ( 0 ) 頁: 1 - 5   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本電磁波エネルギー応用学会  

    DOI: 10.32304/jemeajournal.3.0_1

    CiNii Research

  2. Co Nanoparticle Catalysts Encapsulated by BaO-La2O3 Nanofractions for Efficient Ammonia Synthesis Under Mild Reaction Conditions 査読有り

    Miyahara Shin-ichiro, Sato Katsutoshi, Tsujimaru Kotoko, Wada Yuichiro, Ogura Yuta, Toriyama Takaaki, Yamamoto Tomokazu, Matsumura Syo, Inazu Koji, Nagaoka Katsutoshi

    ACS OMEGA   7 巻 ( 28 ) 頁: 24452 - 24460   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Omega  

    Ruthenium catalysts may allow for realization of renewable energy-based ammonia synthesis processes using mild reaction conditions (<400 °C, <10 MPa). However, ruthenium is relatively rare and therefore expensive. Here, we report a Co nanoparticle catalyst loaded on a basic Ba/La2O3support and prereduced at 700 °C (Co/Ba/La2O3_700red) that showed higher ammonia synthesis activity at 350 °C and 1.0-3.0 MPa than two benchmark Ru catalysts, Cs+/Ru/MgO and Ru/CeO2. The synthesis rate of the catalyst at 350 °C and 1.0 MPa (19.3 mmol h-1g-1) was 8.0 times that of Co/Ba/La2O3_500red and 6.9 times that of Co/La2O3_700red. The catalyst showed ammonia synthesis activity at temperatures down to 200 °C. Reduction at the high temperature induced the formation of BaO-La2O3nanofractions around the Co nanoparticles by decomposition of BaCO3, which increased turnover frequency, inhibited the sintering of Co nanoparticles, and suppressed ammonia poisoning. These strategies may also be applicable to other non-noble metal catalysts, such as nickel.

    DOI: 10.1021/acsomega.2c01973

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  3. The Effect of Ru Precursor and Support on the Hydrogenation of Aromatic Aldehydes/Ketones to Alcohols 査読有り

    Chandan Chaudhari, Katsutoshi Sato, Shin-ichiro Miyahara, Tomokazu Yamamoto, Takaaki Toriyama, Syo Matsumura, Kohei Kusuda, Hiroshi Kitagawa, Katsutoshi Nagaoka

    CHEMCATCHEM     2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    Supported Ru catalysts were prepared by using different Ru precursors and examined for the hydrogenation of benzaldehyde to CHM. The catalyst prepared from Ru-3(CO)(12) precursor and HT support exhibited high yield of CHM. Moderate acidic and basic nature of HT was favourable to control the selectivity for CHM. The physicochemical properties analysis revealed that highly dispersed Ru nanoparticles were effective for the hydrogenation of benzaldehyde. Ru-CO/HT catalyst was tolerant to different functional groups and was stable until 7(th) cycle of recycle study.

    DOI: 10.1002/cctc.202200241

    Web of Science

    researchmap

  4. Operando Spectroscopic Study of the Dynamics of Ru Catalyst during Preferential Oxidation of CO and the Prevention of Ammonia Poisoning by Pt 査読有り

    Sato Katsutoshi, Zaitsu Shuhei, Kitayama Godai, Yagi Sho, Kayada Yuto, Nishida Yoshihide, Wada Yuichiro, Nagaoka Katsutoshi

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   2 巻 ( 7 ) 頁: 1627 - 1637   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Chemical Society  

    Hydrogen is a promising clean energy source. In domestic polymer electrolyte fuel cell systems, hydrogen is produced by reforming of natural gas; however, the reformate contains carbon monoxide (CO) as a major impurity. This CO is removed from the reformate by a combination of the water-gas shift reaction and preferential oxidation of CO (PROX). Currently, Ru-based catalysts are the most common type of PROX catalyst; however, their durability against ammonia (NH3) as an impurity produced in situ from trace amounts of nitrogen also contained in the reformate is an important issue. Previously, we found that addition of Pt to an Ru catalyst inhibited deactivation by NH3. Here, we conducted operando XAFS and FT-IR spectroscopic analyses with simultaneous gas analysis to investigate the cause of the deactivation of an Ru-based PROX catalyst (Ru/α-Al2O3) by NH3 and the mechanism of suppression of the deactivation by adding Pt (Pt/Ru/α-Al2O3). We found that nitric oxide (NO) produced by oxidation of NH3 induces oxidation of the Ru nanoparticle surface, which deactivates the catalyst via a three-step process: First, NO directly adsorbs on Ru0 to form NO-Ruδ+, which then induces the formation of O-Run+ by oxidation of the surrounding Ru0. Then, O-Rum+ is formed by oxidation of Ru0 starting from the O-Run+ nuclei and spreading across the surface of the nanoparticle. Pt inhibits this process by alloying with Ru and inducing the decomposition of adsorbed NO, which keeps the Ru in a metallic state.

    DOI: 10.1021/jacsau.2c00195

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  5. Direct high-purity hydrogen production from ammonia by using a membrane reactor combining V-10mol%Fe hydrogen permeable alloy membrane with Ru/Cs<inf>2</inf>O/Pr<inf>6</inf>O<inf>11</inf> ammonia decomposition catalyst 査読有り

    Omata K., Sato K., Nagaoka K., Yukawa H., Matsumoto Y., Nambu T.

    International Journal of Hydrogen Energy   47 巻 ( 13 ) 頁: 8372 - 8381   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Hydrogen Energy  

    The hydrogen production capabilities of the membrane reactor combining V-10 mol%Fe hydrogen permeable alloy membrane with Ru/Cs2O/Pr6O11 ammonia decomposition catalyst are studied. The ammonia conversion is improved by 1.7 times compared to the Ru/Cs2O/Pr6O11 catalyst alone by removing the produced hydrogen through the V-10mol%Fe alloy membrane during the ammonia decomposition. 79% of the hydrogen atoms contained in the ammonia gas are extracted directly as high-purity hydrogen gas. Both the Ru/Cs2O/Pr6O11 catalyst and the V-10 mol% Fe alloy membrane are highly durable, and the initial performance of the hydrogen separation rate lasts for more than 3000 h. The produced hydrogen gas conforms to ISO 14687–2:2019 Grade D for fuel cell vehicles because the ammonia and nitrogen concentrations are less than 0.1 ppm and 100 ppm, respectively.

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2021.12.191

    Scopus

    researchmap

  6. Rh-PVP Catalyzed Reductive Amination of Phenols by Ammonia or Amines to Cyclohexylamines under Solvent-free Conditions

    Chaudhari C., Sato K., Rumi S., Nishida Y., Shiraishi M., Nagaoka K.

    Chemistry Letters   51 巻 ( 1 ) 頁: 81 - 84   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemistry Letters  

    Colloidal metal nanoparticles were examined for reductive amination of phenol by ammonia under mild reaction conditions. The results showed that Rh-PVP was the most active catalyst for reductive amination reaction. Linear, cyclic, and amino alcohols were used as nucleophiles and converted to primary/secondary/tertiary amines. Using this strategy, the synthesis of an industrially important chemical, N-cyclohexyl- 2-pyrrolidone was explored.

    DOI: 10.1246/cl.210574

    Scopus

    CiNii Research

    researchmap

  7. Nitrile hydrogenation to secondary amines under ambient conditions over palladium-platinum random alloy nanoparticles 査読有り

    Nishida Y., Sato K., Chaudhari C., Yamada H., Toriyama T., Yamamoto T., Matsumura S., Aspera S.M., Nakanishi H., Haneda M., Nagaoka K.

    Catalysis Science and Technology   12 巻 ( 13 ) 頁: 4128 - 4137   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Catalysis Science and Technology  

    Catalytic hydrogenation of nitriles is a cost-effective and green method for synthesizing amines and imines, which have many industrial applications. However, this reaction generally requires harsh reaction conditions and produces a mixture of amine and imine products due to its chemodiversity. Therefore, it is a challenge to selectively hydrogenate nitriles to a single product under ambient conditions (1 bar of H2 at 25 °C). Here, we report an effective method for selective hydrogenation of nitriles that does not require heat, pressurization, or long reaction times. We achieved this by means of bimetalization between palladium (Pd) and platinum (Pt) nanoparticles, which resulted in a catalyst that showed high yield of secondary amines. Although Pd and Pt are thermodynamically immiscible, we have successfully alloyed the two metals by means of rapid chemical reduction assisted by microwave heating. X-ray absorption spectroscopy suggested the formation of heteroatomic Pdδ+Ptδ− sites via charge transfer between neighboring Pd and Pt atoms in the alloy structure. Moreover, Fourier transform IR spectroscopy and scanning transmission electron microscopy-energy-dispersive X-ray spectroscopy indicated that decreasing the size of the PdPt (50 : 50) nanoparticles improved the degree of alloying and facilitated the formation of electron-enriched Ptδ− species. On the basis of kinetics studies and density functional theory calculations, we concluded that cyano group activation, which was the rate-determining step over monometallic Pd and Pt catalysts, was accelerated over the heteroatomic Pdδ+Ptδ− sites because of strong back-donation from electron-enriched Ptδ− species to the carbon atom of the cyano groups. The PdPt random alloy nanoparticles catalyzed the reactions of various aromatic and heterocyclic nitriles, and the corresponding secondary amines were selectively obtained in just a few hours.

    DOI: 10.1039/d1cy02302k

    Scopus

    researchmap

  8. Barium oxide encapsulating cobalt nanoparticles supported on magnesium oxide: Active non-noble metal catalysts for ammonia synthesis under mild reaction conditions 査読有り

    Sato K., Nagaoka K., Miyahara S.I., Tsujimaru K., Wada Y., Toriyama T., Yamamoto T., Matsumura S., Inazu K., Mohri H., Iwasa T., Taketsugu T.

    ACS Catalysis   11 巻 ( 21 ) 頁: 13050 - 13061   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Catalysis  

    To realize a carbon-free society, catalysts are needed for the synthesis of ammonia under mild reaction conditions (<400 °C, <10 MPa) that use hydrogen produced from renewable energy. Ru-based catalysts are currently the most promising candidates; however, Ru is expensive and of low abundance. Here, we discovered that the encapsulation of Co nanoparticles with BaO enhanced the ammonia synthesis activity of Co and that a simple Ba-doped Co/MgO catalyst prereduced at an unusually high temperature of 700 °C (Co@BaO/MgO-700red) showed outstanding ammonia synthesis activity. The ammonia synthesis rate (24.6 mmol gcat−1 h−1) and turnover frequency (0.246 s−1) of the catalyst at 350 °C and 1.0 MPa were about 80 and 250 times higher, respectively, than those of the nondoped parent catalyst. At the same temperature but higher pressure (3.0 MPa), the ammonia synthesis rate was increased to 48.4 mmol gcat−1 h−1, which is higher than that of active Ru-based catalysts. In addition, at 1.0 MPa, our catalyst produced ammonia even at temperatures as low as 150 °C. Scanning transmission electron microscopy and energy-dispersive X-ray spectroscopy investigations revealed that after reduction at 700 °C, the Co nanoparticles had become encapsulated by a nanofraction of BaO. The mechanism underlying the formation of this unique structure was considered to comprise reduction of oxidic Co to metallic Co, decomposition of BaCO3 to BaO, and migration of BaO and Co nanoparticles. Spectroscopic and density functional theory investigations revealed that adsorption of N2 on the Co atoms at the catalyst surface weakened the N2 triple bond to the strength of a double bond due to electron donation from Ba2+ of BaO via adjacent Co atoms; this weakening accelerated the cleavage of the triple bond, which is the rate-determining step for ammonia synthesis.

    DOI: 10.1021/acscatal.1c02887

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  9. Ammonia synthesis over lanthanoid oxide–supported ruthenium catalysts 査読有り

    Miyahara S.i., Sato K., Kawano Y., Imamura K., Ogura Y., Tsujimaru K., Nagaoka K.

    Catalysis Today   376 巻   頁: 36 - 40   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Catalysis Today  

    Ammonia synthesis catalysts with high activity under mild reaction conditions for use in synthetic chemical processes powered by renewable energy are needed. Here, we investigated the physicochemical properties and ammonia synthesis activity of lanthanoid oxide–supported Ru catalysts. The basicity of the Ru/lanthanoid oxide catalysts, as estimated by CO2 temperature-programmed desorption, was higher than that of Ru/MgO, a representative catalyst with high ammonia synthesis activity, and a positive relationship was observed between basicity and turnover frequency. The turnover frequency of Ru/Pr2O3 and Ru/La2O3 (both 0.24 s−1) was eight times that of Ru/MgO (0.03 s−1). A kinetic analysis revealed that hydrogen poisoning, which is a typical drawback of oxide-supported Ru catalysts, was markedly retarded in the Ru/lanthanoid oxide catalysts. As a result, the ammonia synthesis rate of the Ru/Pr2O3 catalyst increased with increasing reaction pressure, reaching 49 mmol g−1 h−1 at 400 °C and 1.0 MPa, which was 12 times that of Ru/MgO under the same conditions.

    DOI: 10.1016/j.cattod.2020.08.031

    Scopus

    researchmap

  10. One-pot synthesis of cyclohexylamine and N-aryl pyrroles via hydrogenation of nitroarenes over the Pd0.5Ru0.5-PVP catalyst 査読有り

    Chaudhari Chandan, Sato Katsutoshi, Ikeda Yasuyuki, Terada Kenji, Abe Naoya, Nagaoka Katsutoshi

    NEW JOURNAL OF CHEMISTRY   45 巻 ( 22 ) 頁: 9743 - 9746   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:New Journal of Chemistry  

    The direct synthesis of cyclohexylamine via the hydrogenation of nitrobenzene over monometallic (Pd, Ru or Rh) and bimetallic (PdxRu1-x) catalysts was studied. The Pd0.5Ru0.5-PVP catalyst was the most effective catalyst for this reaction. The catalyst can be reused and applied for the synthesis of N-aryl pyrroles and quinoxalines from nitrobenzenes.

    DOI: 10.1039/d1nj00922b

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  11. Highly Stable and Active Solid-Solution-Alloy Three-Way Catalyst by Utilizing Configurational-Entropy Effect 査読有り

    Kusada K., Wu D., Nanba Y., Koyama M., Yamamoto T., Tran X.Q., Toriyama T., Matsumura S., Ito A., Sato K., Nagaoka K., Seo O., Song C., Chen Y., Palina N., Kumara L.S.R., Hiroi S., Sakata O., Kawaguchi S., Kubota Y., Kitagawa H.

    Advanced Materials   33 巻 ( 16 ) 頁: e2005206   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Advanced Materials  

    Since 1970, people have been making every endeavor to reduce toxic emissions from automobiles. After the development of a three-way catalyst (TWC) that concurrently converts three harmful gases, carbon monoxide (CO), hydrocarbons (HCs), and nitrogen oxides (NOx), Rh became an essential element in automobile technology because only Rh works efficiently for catalytic NOx reduction. However, due to the sharp price spike in 2007, numerous efforts have been made to replace Rh in TWCs. Nevertheless, Rh remains irreplaceable, and now, the price of Rh is increasing significantly again. Here, it is demonstrated that PdRuM ternary solid-solution alloy nanoparticles (NPs) exhibit highly durable and active TWC performance, which will result in a significant reduction in catalyst cost compared to Rh. This work provides insights into the design of highly durable and efficient functional alloy NPs, guiding how to best take advantage of the configurational entropy in addition to the mixing enthalpy.

    DOI: 10.1002/adma.202005206

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

    researchmap

  12. Boosting Ammonia Synthesis under Mild Reaction Conditions by Precise Control of the Basic Oxide–Ru Interface

    Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi

    Chemistry Letters   50 巻 ( 4 ) 頁: 687 - 696   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本化学会  

    <p>Strong basic oxide–supported Ru catalysts are easily prepared and handled, and they have been used as effective catalysts for ammonia synthesis under mild reaction conditions since the 1970s. Recent research has revealed that precise control of the boundary states between the basic oxide (i.e., rare-earth oxide, alkali earth oxide), oxygen defect sites, and Ru nanoparticles can be used to enhance ammonia synthesis under mild reaction conditions and inhibit hydrogen poisoning, which is a typical drawback of strong basic oxide–supported Ru catalysts.</p>

    DOI: 10.1246/CL.200855

    DOI: 10.1246/cl.200855

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

    researchmap

  13. Nonequilibrium Flow-Synthesis of Solid-Solution Alloy Nanoparticles: From Immiscible Binary to High-Entropy Alloys 査読有り

    Kusada Kohei, Yamamoto Tomokazu, Toriyama Takaaki, Matsumura Syo, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi, Terada Kenji, Ikeda Yasuyuki, Hirai Yoshinari, Kitagawa Hiroshi

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   125 巻 ( 1 ) 頁: 458 - 463   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry C  

    Solid-solution alloy nanoparticles (NPs), where the constituents mix at the atomic level, show a variety of attractive properties due to their tunable electronic structures. However, it is still difficult to stably synthesize them, particularly nonequilibrium alloys that consist of combinations immiscible in the bulk. Here, we first report the successful syntheses of solid-solution alloy NPs including PdRu and PdRuIr, which are immiscible in the bulk, and of IrPdPtRhRu high-entropy alloy NPs through a continuous-flow reactor providing a high productivity with high reproducibility. The designed solvothermal flow reactor enabled us to use a lower alcohol as a reductant that cannot be applied in a batch synthesis for these NPs.

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.0c08871

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

    researchmap

  14. Chemoselective hydrogenation of heteroarenes and arenes by Pd-Ru-PVP under mild conditions 査読有り

    Chaudhari Chandan, Sato Katsutoshi, Nishida Yoshihide, Yamamoto Tomokazu, Toriyama Takaaki, Matsumura Syo, Ikeda Yasuyuki, Terada Kenji, Abe Naoya, Kusuda Kohei, Kitagawa Hiroshi, Nagaoka Katsutoshi

    RSC ADVANCES   10 巻 ( 72 ) 頁: 44191 - 44195   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:RSC Advances  

    Monometallic (Pd, Ru or Rh) and bimetallic (Pd0.5-Ru0.5) alloy NPs catalysts were examined for the hydrogenation of quinoline. Pd-Ru alloy catalyst showed superior catalytic activity to the traditional Rh catalyst. The characterization of Pd0.5-Ru0.5 catalysts, HAADF-EDX mapping and XPS analysis suggested that the alloy state of PdRu catalysts remained unchanged in the recovered catalyst. Furthermore, the catalyst was highly selective for the hydrogenation of different arenes. This journal is

    DOI: 10.1039/d0ra09981c

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  15. One-pot synthesis of pyrrolidones from levulinic acid and amines/nitroarenes/nitriles over the Ir-PVP catalyst 査読有り

    Chaudhari Chandan, Shiraishi Masaya, Nishida Yoshihide, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi

    GREEN CHEMISTRY   22 巻 ( 22 ) 頁: 7760 - 7764   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Green Chemistry  

    The synthesis of pyrrolidones via reductive amination of levulinic acid with aniline was examined over polypyrrolidone-stabilized metal nanoparticle catalysts. Among them, Ir metal was the most effective and applicable for the reductive amination of levulinic acid with nitroarenes/nitriles. Importantly, this catalyst was used for the one-pot synthesis of the anti-inflammatory drug indoprofen from 2-formylbenzoic acid and 2-(4-nitrophenyl)propanoic acid.

    DOI: 10.1039/d0gc01725f

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  16. Coreduction methodology for immiscible alloys of CuRu solid-solution nanoparticles with high thermal stability and versatile exhaust purification ability 査読有り

    Huang Bo, Kobayashi Hirokazu, Yamamoto Tomokazu, Matsumura Syo, Nishida Yoshihide, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi, Haneda Masaaki, Kawaguchi Shogo, Kubotak Yoshiki, Kitagawa Hiroshi

    CHEMICAL SCIENCE   11 巻 ( 42 ) 頁: 11413 - 11418   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemical Science  

    This study provides a coreduction methodology for solid solution formation in immiscible systems, with an example of a whole-region immiscible Cu-Ru system. Although the binary Cu-Ru alloy system is very unstable in the bulk state, the atomic-level well-mixed CuRu solid solution nanoparticles were found to have high thermal stability up to at least 773 K in a vacuum. The exhaust purification activity of the CuRu solid solution was comparable to that of face-centred cubic Ru nanoparticles. According to in situ infrared measurements, stronger NO adsorption and higher intrinsic reactivity of the Ru site on the CuRu surface than that of a pure Ru surface were found, affected by atomic-level Cu substitution. Furthermore, CuRu solid solution was a versatile catalyst for purification of all exhaust gases at a stoichiometric oxygen concentration. This journal is

    DOI: 10.1039/d0sc03373a

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  17. Oxidation of Ru/Ce0.5Zr0.5O2-x at Ambient Temperature as a Trigger for Carbon-Free H-2 Production by Ammonia Oxidative Decomposition 査読有り

    Matsunaga Takahiro, Matsumoto Suguru, Tasaki Ryo, Ogura Yuta, Eboshi Takaaki, Takeishi Yuma, Honda Kyoko, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi

    ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING   8 巻 ( 35 ) 頁: 13369 - 13376   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Sustainable Chemistry and Engineering  

    Ammonia has received attention as a hydrogen carrier for energy use, and although ammonia decomposition can produce hydrogen at a high rate, there is currently no simple process for decomposing ammonia that is easily and rapidly initiated at any time without an input of external energy. Here, we report the discovery of a process for initiating and sustaining the production of hydrogen from ammonia without heating the catalyst externally. The oxidative decomposition of ammonia to produce hydrogen at a high rate was repeatedly triggered at ambient temperature (∼25 °C) immediately after NH3 and O2 were supplied to a Ru/Ce0.5Zr0.5O2 catalyst that had been previously reduced at ambient temperature. For this catalyst, active hydrogen atoms formed on Ru0 nanoparticles reduced Ce0.5Zr0.5O2 even at ambient temperature, and the very exothermic oxidation of Ce0.5Zr0.5O2-x as well as Ru0 heated the catalyst bed to the catalytic auto-ignition temperature for ammonia combustion, which was lowered by the contribution of mobile (active) oxygen over the Ce0.5Zr0.5O2. Oxidative ammonia decomposition was thereby triggered.

    DOI: 10.1021/acssuschemeng.0c04126

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  18. Effect of Calcination and Reduction Temperatures on the Catalytic Activity of Ru/La0.5Ce0.5O1.75 for Ammonia Synthesis under Mild Conditions 査読有り

    Ogura Yuta, Asai Takahiro, Sato Katsutoshi, Miyahara Shin-ichiro, Toriyama Takaaki, Yamamoto Tomokazu, Matsumura Syo, Nagaoka Katsutoshi

    ENERGY TECHNOLOGY   8 巻 ( 6 ) 頁: 2000264   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Energy Technology  

    Ammonia is a potential carrier of hydrogen as a zero-emission fuel. Herein, the effects of calcination and reduction temperatures on the ammonia-synthesis activity of Ru/La0.5Ce0.5O1.75 are investigated under mild synthesis conditions (≤400 °C, ≤3 MPa), which are the preferred conditions for the storage of hydrogen as an energy source. The highest catalytic activity is obtained after calcination of the support at 700 °C and reduction of the catalyst at 650 °C. Calcination using a higher temperature than that used for reduction results in the induction of a strong metal–support interaction (SMSI) effect. This high-temperature calcination also provides heat resistance to the support, which prevents sintering of the primary support particles during reduction. Thus, calcination and reduction at temperatures higher than those normally used for the preparation of Ru catalysts provide a novel approach for obtaining supported highly dispersed Ru catalysts exhibiting the SMSI effect and high catalytic activities.

    DOI: 10.1002/ente.202000264

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  19. Pr2O3 Supported Nano-layered Ruthenium Catalyzed Acceptorless Dehydrogenative Synthesis of 2-Substituted Quinolines and 1,8-Naphthyridines from 2-Aminoaryl Alcohols and Ketones

    Chaudhari Chandan, Sato Katsutoshi, Ogura Yuta, Miayahara Shin-Ichiro, Nagaoka Katsutoshi

    CHEMCATCHEM   12 巻 ( 8 ) 頁: 2198 - 2202   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ChemCatChem  

    Pr2O3 supported Ru nanolayers and Ru nanoparticles catalysts were examined for the synthesis of quinolines. The Ru nanolayer was most active catalyst and showed a broad substrate scope. Structure-activity relationship demonstrated that the metallic state and morphology of Ru as well as the basic site of Pr2O3 were indispensable factors of this catalytic system.

    DOI: 10.1002/cctc.201902311

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

    researchmap

  20. Surface Dynamics for Creating Highly Active Ru Sites for Ammonia Synthesis: Accumulation of a Low-Crystalline, Oxygen-Deficient Nanofraction 査読有り

    Sato Katsutoshi, Miyahara Shin-ichiro, Ogura Yuta, Tsujimaru Kotoko, Wada Yuichiro, Toriyama Takaaki, Yamamoto Tomokazu, Matsumura Syo, Nagaoka Katsutoshi

    ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING   8 巻 ( 7 ) 頁: 2726 - 2734   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Sustainable Chemistry and Engineering  

    To mitigate global problems related to energy and global warming, it is helpful to develop an ammonia synthesis process using catalysts that are highly active under mild conditions. Here we show that the ammonia synthesis activity per weight of catalyst of Ru/Ba/LaCeOx, prereduced at 700 °C, is the highest among reported oxide-supported Ru catalysts, 52.3 mmol h-1 gcat-1 at 350 °C, 1.0 MPa. The turnover frequency of Ru/Ba/LaCeOx at 350 °C was more than 8 times that of Cs+/Ru/MgO, which is a well-known active catalyst used as a benchmark; furthermore, hydrogen poisoning, a typical drawback for oxide-supported Ru catalysts, was effectively suppressed. Scanning transmission electron microscopy observations with energy dispersive X-ray spectrometry and electron energy loss spectroscopy analysis revealed that a low-crystalline, oxygen-deficient nanofraction including Ba2+, Ce3+, and La3+ had accumulated on the Ru particles. This unique structure was obtained by exploiting the surface dynamics of alkaline earth compounds and thermostable rare earth oxides that contain redox-active atoms during the reduction at an unusually high temperature. The nanofraction showed strong electron-donating ability because of the strong basicity of the included cations, removal of carbonate, and formation of oxygen defect sites that eliminated electron-withdrawing O2- anions from the interface between the nanofraction and Ru atom. Electrons were therefore effectively donated to antibonding π -orbitals of the N2 molecules via Ru in contact with the nanofraction, and NN triple bond cleavage, which is the rate-determining step for ammonia synthesis, was promoted.

    DOI: 10.1021/acssuschemeng.9b06299

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

    researchmap

  21. Kinetics of ammonia synthesis over Ru/Pr2O3 査読有り

    Imamura Kazuya, Miyahara Shin-ichiro, Kawano Yukiko, Sato Katsutoshi, Nakasaka Yuta, Nagaoka Katsutoshi

    JOURNAL OF THE TAIWAN INSTITUTE OF CHEMICAL ENGINEERS   105 巻   頁: 50 - 56   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the kinetics of NH3 synthesis over a catalyst consisting of low-crystalline Ru nano-layers supported on Pr2O3. We determined the reaction orders with respect to N2, H2, and NH3 at various temperatures and pressures over Ru/Pr2O3, as well as Ru/CeO2 and Ru/MgO. The reaction orders with respect to N2 were always almost unity for all the catalysts under all the reaction conditions, indicating that the rate-determining step was NN bond cleavage. In contrast, the reaction orders with respect to H2 differed among the catalysts and decreased with increasing pressure and increased with increasing temperature. Under all conditions, the reaction order with respect to H2 was largest over Ru/Pr2O3 and smallest over Ru/MgO, indicating that hydrogen poisoning of the Ru surface was retarded to a greater extent over Ru/Pr2O3 than over Ru/MgO. In agreement with the trends of the H2 reaction orders, the NH3 synthesis rates over Ru/Pr2O3 at 400 °C rose drastically (64 mmol h−1 g−1) as the pressure was increased from 0.1 to 3.0 MPa. Furthermore, decreasing the feed gas H2/N2 ratio at 3.0 MPa effectively increased the NH3 synthesis rate over Ru/Pr2O3, which reached 45 mmol h−1 g−1 at 350 °C at a H2/N2 ratio of 1/0.5.<br />

    DOI: 10.1016/j.jtice.2019.10.006

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  22. Recyclable Rh-PVP nanoparticles catalyzed hydrogenation of benzoic acid derivatives and quinolines under solvent-free conditions 査読有り

    Chaudhari Chandan, Imatome Hirotaka, Nishida Yoshihide, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi

    CATALYSIS COMMUNICATIONS   126 巻   頁: 55 - 60   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.catcom.2019.02.019

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  23. Pt-Co Alloy Nanoparticles on a gamma-Al2O3 Support: Synergistic Effect between Isolated Electron-Rich Pt and Co for Automotive Exhaust Purification 査読有り

    Sato Katsutoshi, Ito Ayano, Tomonaga Hiroyuki, Kanematsu Homare, Wada Yuichiro, Asakura Hiroyuki, Hosokawa Saburo, Tanaka Tsunehiro, Toriyama Takaaki, Yamamoto Tomokazu, Matsumura Syo, Nagaoka Katsutoshi

    CHEMPLUSCHEM   84 巻 ( 5 ) 頁: 447 - 456   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cplu.201800542

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-3998-7012

  24. Rh/Ce0.25Zr0.75O2 Catalyst for Steam Reforming of Propane at Low Temperature 査読有り

    Yu Lin, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi

    CHEMCATCHEM   11 巻 ( 5 ) 頁: 1472 - 1479   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/cctc.201801824

    Web of Science

    researchmap

  25. A CO Adsorption Site Change Induced by Copper Substitution in a Ruthenium Catalyst for Enhanced CO Oxidation Activity 査読有り 国際誌

    Huang Bo, Kobayashi Hirokazu, Yamamoto Tomokazu, Toriyama Takaaki, Matsumura Syo, Nishida Yoshihide, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi, Haneda Masaaki, Xie Wei, Nanba Yusuke, Koyama Michihisa, Wang Fenglong, Kawaguchi Shogo, Kubota Yoshiki, Kitagawa Hiroshi

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   58 巻 ( 8 ) 頁: 2230 - 2235   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Angewandte Chemie - International Edition  

    Ru is an important catalyst in many types of reactions. Specifically, Ru is well known as the best monometallic catalyst for oxidation of carbon monoxide (CO) and has been practically used in residential fuel cell systems. However, Ru is a minor metal, and the supply risk often causes violent fluctuations in the price of Ru. Performance-improved and cost-reduced solid-solution alloy nanoparticles of the Cu-Ru system for CO oxidation are now presented. Over the whole composition range, all of the Cu x Ru 1−x nanoparticles exhibit significantly enhanced CO oxidation activities, even at 70 at % of inexpensive Cu, compared to Ru nanoparticles. Only 5 at % replacement of Ru with Cu provided much better CO oxidation activity, and the maximum activity was achieved by 20 at % replacement of Ru by Cu. The origin of the high catalytic performance was found as CO site change by Cu substitution, which was investigated using in situ Fourier transform infrared spectra and theoretical calculations.

    DOI: 10.1002/anie.201812325

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  26. Preparation of Noble-metal Nanoparticles by Microwave-assisted Chemical Reduction and Evaluation as Catalysts for Nitrile Hydrogenation under Ambient Conditions

    Nishida Yoshihide, Wada Yuichiro, Chaudhari Chandan, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi

    JOURNAL OF THE JAPAN PETROLEUM INSTITUTE   62 巻 ( 5 ) 頁: 220 - 227   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Japan Petroleum Institute  

    Herein, we report a protocol for rapid preparation of uniformly sized Ru, Rh, Pd, Ir, and Pt nanoparticles stabilized by poly(N-vinyl-2-pyrrolidone) via microwave-assisted chemical reduction with ethanol. Although the boiling point of ethanol, which has high reduction ability, is much lower than the temperature required for metal cation reduction, this solvent could be used as a reductant because the preparation was carried out in a sealed vessel. All metal nanoparticles showed similar sizes and amounts of poly(N-vinyl-2-pyrrolidone). The crystallite size of the Pd and Pt nanoparticles could be controlled by changing the ethanol concentration. The catalytic performance of the prepared metal nanoparticles was evaluated for the hydrogenation of benzonitrile under ambient conditions (25 °C, 1 bar H2). Rh nanoparticles showed the highest benzonitrile conversion and highest selectivity for secondary imine product. Interestingly, the particle-size dependence of the catalytic activity of the Rh nanoparticles showed volcano-type behavior; that is, the second smallest Rh nanoparticles (3.3 nm) showed the highest activity, which was attributed to high metal surface area and high turnover frequency. Notably, this is the first report of nitrile hydrogenation to afford a secondary imine under ambient conditions.

    DOI: 10.1627/jpi.62.220

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

    researchmap

  27. Ru/La0.5Pr0.5O1.75 Catalyst for Low-Temperature Ammonia Synthesis 査読有り

    Ogura Yuta, Tsujimaru Kotoko, Sato Katsutoshi, Miyahara Shin-ichiro, Toriyama Takaaki, Yamamoto Tomokazu, Matsumura Syo, Nagaoka Katsutoshi

    ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING   6 巻 ( 12 ) 頁: 17258 - 17266   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society ({ACS})  

    DOI: 10.1021/acssuschemeng.8b04683

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  28. Combined theoretical and experimental studies of CO oxidation on PdRu nanoalloys 査読有り

    Zulkifli Nor Diana Bt., Ishimoto Takayoshi, Sato Katsutoshi, Eboshi Takaaki, Nagaoka Katsutoshi, Koyama Michihisa

    APPLIED CATALYSIS A-GENERAL   568 巻   頁: 176 - 182   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apcata.2018.10.002

    Web of Science

    researchmap

  29. Photocatalytic chemoselective cleavage of C-O bonds under hydrogen gas- and acid-free conditions

    Imamura Kazuya, Kato Hiroko, Wada Yuichiro, Makabe Kazuhiro, Onda Ayumu, Tanaka Atsuhiro, Kominami Hiroshi, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   54 巻 ( 53 ) 頁: 7298 - 7301   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8cc03362e

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  30. Selective Hydrogenation of Nitriles to Secondary Imines over Rh-PVP Catalyst under Mild Conditions

    Nishida Yoshihide, Chaudhari Chandan, Imatome Hirotaka, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi

    CHEMISTRY LETTERS   47 巻 ( 7 ) 頁: 938 - 940   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本化学会  

    © 2018 The Chemical Society of Japan. Various metal nanoparticle catalysts (Ru, Rh, Pd, Ir, and Pt) were prepared via liquid-phase reduction and their activity was studied for selective hydrogenation of benzonitrile to corresponding secondary imine under mild conditions (3bar H2and 30°C). The Rh catalyst with particle size of 2.7 nm exhibited excellent activity for the hydrogenation of benzonitrile to secondary imine. The catalyst was reused and applied to transform various nitriles to corresponding secondary imines.

    DOI: 10.1246/cl.180349

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  31. Influence of the Crystal Structure of Titanium Oxide on the Catalytic Activity of Rh/TiO2 in Steam Reforming of Propane at Low Temperature 査読有り

    Yu Lin, Sato Katsutoshi, Toriyama Takaaki, Yamamoto Tomokazu, Matsumura Syo, Nagaoka Katsutoshi

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   24 巻 ( 35 ) 頁: 8742-8746   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201800938

    Web of Science

  32. Efficient ammonia synthesis over a Ru/La0.5Ce0.5O1.75 catalyst pre-reduced at high temperature

    Ogura Yuta, Sato Katsutoshi, Miyahara Shin-ichiro, Kawano Yukiko, Toriyama Takaaki, Yamamoto Tomokazu, Matsumura Syo, Hosokawa Saburo, Nagaoka Katsutoshi

    CHEMICAL SCIENCE   9 巻 ( 8 ) 頁: 2230 - 2237   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2018 The Royal Society of Chemistry. Ammonia is an important feedstock for producing fertiliser and is also a potential energy carrier. However, the process currently used for ammonia synthesis, the Haber-Bosch process, consumes a huge amount of energy; therefore the development of new catalysts for synthesising ammonia at a high rate under mild conditions (low temperature and low pressure) is necessary. Here, we show that Ru/La0.5Ce0.5O1.75pre-reduced at an unusually high temperature (650 °C) catalysed ammonia synthesis at extremely high rates under mild conditions; specifically, at a reaction temperature of 350 °C, the rates were 13.4, 31.3, and 44.4 mmol g-1h-1at 0.1, 1.0, and 3.0 MPa, respectively. Kinetic analysis revealed that this catalyst is free of hydrogen poisoning under the conditions tested. Electron energy loss spectroscopy combined with O2absorption capacity measurements revealed that the reduced catalyst consisted of fine Ru particles (mean diameter < 2.0 nm) that were partially covered with partially reduced La0.5Ce0.5O1.75and were dispersed on a thermostable support. Furthermore, Fourier transform infrared spectra measured after N2addition to the catalyst revealed that N2adsorption on Ru atoms that interacted directly with the reduced La0.5Ce0.5O1.75weakened the NN bond and thus promoted its cleavage, which is the rate-determining step for ammonia synthesis. Our results indicate that high-temperature pre-reduction of this catalyst, which consists of Ru supported on a thermostable composite oxide with a cubic fluorite structure and containing reducible cerium, resulted in the formation of many sites that were highly active for N2reduction by hydrogen.

    DOI: 10.1039/c7sc05343f

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  33. Facile Synthesis of Size-controlled Rh Nanoparticles via Microwave-assisted Alcohol Reduction and Their Catalysis of CO Oxidation

    Nishida Yoshihide, Sato Katsutoshi, Yamamoto Tomokazu, Wu Dongshuang, Kusada Kohei, Kobayashi Hirokazu, Matsumura Syo, Kitagawa Hiroshi, Nagaoka Katsutoshi

    CHEMISTRY LETTERS   46 巻 ( 8 ) 頁: 1254 - 1257   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本化学会  

    <p>Size-controlled Rh nanoparticles stabilized by poly(vinylpyrrolidone) were quickly synthesized via alcohol reduction. Microwave-assisted synthesis in closed vessels allowed alcohols with low-to-high boiling points to be used as reductants under the same preparation conditions. Pure ethanol has not been used previously because its boiling point is lower than the temperature required for Rh<sup>3+</sup> reduction. Alcohols with relatively strong reduction ability were found to lead to smaller Rh nanoparticles. The ability to oxidize CO was enhanced as the Rh particle size decreased.</p>

    DOI: 10.1246/cl.170440

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  34. Solid-Solution Alloying of Immiscible Ru and Cu with Enhanced CO Oxidation Activity 査読有り

    Huang Bo, Kobayashi Hirokazu, Yamamoto Tomokazu, Matsumura Syo, Nishida Yoshihide, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi, Kawaguchi Shogo, Kubota Yoshiki, Kitagawa Hiroshi

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   139 巻 ( 13 ) 頁: 4643 - 4646   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.7b01186

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  35. Carbon-free H-2 production from ammonia triggered at room temperature with an acidic RuO2/gamma-Al2O3 catalyst 査読有り

    Nagaoka Katsutoshi, Eboshi Takaaki, Takeishi Yuma, Tasaki Ryo, Honda Kyoko, Imamura Kazuya, Sato Katsutoshi

    SCIENCE ADVANCES   3 巻 ( 4 ) 頁: e1602747   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Association for the Advancement of Science ({AAAS})  

    DOI: 10.1126/sciadv.1602747

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  36. Supported Ni catalysts prepared from hydrotalcite-like compounds for the production of hydrogen by ammonia decomposition 査読有り

    Sato Katsutoshi, Abe Naruhiko, Kawagoe Takafumi, Miyahara Shin-ichiro, Honda Kyoko, Nagaoka Katsutoshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HYDROGEN ENERGY   42 巻 ( 10 ) 頁: 6610 - 6617   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2016.11.150

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  37. Electronic Structure Evolution with Composition Alteration of RhxCuy Alloy Nanoparticles

    Palina Natalia, Sakata Osami, Kumara L. S. R., Song Chulho, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi, Komatsu Tokutaro, Kobayashi Hirokazu, Kusada Kohei, Kitagawa Hiroshi

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻 ( 7 ) 頁: 41264   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature  

    組成が違っても触媒活性が同等な新規Rh-Cuナノ粒子の電子状態の観測 : 合金の複合的な電子状態が寄与することを示唆. 京都大学プレスリリース. 2017-01-30.

    DOI: 10.1038/srep41264

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  38. A low-crystalline ruthenium nano-layer supported on praseodymium oxide as an active catalyst for ammonia synthesis 査読有り

    Sato Katsutoshi, Imamura Kazuya, Kawano Yukiko, Miyahara Shin-ichiro, Yamamoto Tomokazu, Matsumura Syo, Nagaoka Katsutoshi

    CHEMICAL SCIENCE   8 巻 ( 1 ) 頁: 674 - 679   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry (RSC)  

    Ammonia is a crucial chemical feedstock for fertilizer production and is a potential energy carrier. However, the current method of synthesizing ammonia, the Haber–Bosch process, consumes a great deal of energy. To reduce energy consumption, a process and a substance that can catalyze ammonia synthesis under mild conditions (low temperature and low pressure) are strongly needed. Here we show that Ru/Pr2O3 without any dopant catalyzes ammonia synthesis under mild conditions at 1.8 times the rates reported with other highly active catalysts. Scanning transmission electron micrograph observations and energy dispersive X-ray analyses revealed the formation of low-crystalline nano-layers of ruthenium on the surface of Pr2O3. Furthermore, CO2 temperature-programmed desorption revealed that the catalyst was strongly basic. These unique structural and electronic characteristics are considered to synergistically accelerate the rate-determining step of NH3 synthesis, cleavage of the N[triple bond, length as m-dash]N bond. We expect that the use of this catalyst will be a starting point for achieving efficient ammonia synthesis.

    DOI: 10.1039/c6sc02382g

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  39. First-Principles Calculation, Synthesis, and Catalytic Properties of Rh-Cu Alloy Nanoparticles 査読有り

    Komatsu Tokutaro, Kobayashi Hirokazu, Kusada Kohei, Kubota Yoshiki, Takata Masaki, Yamamoto Tomokazu, Matsumura Syo, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi, Kitagawa Hiroshi

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   23 巻 ( 1 ) 頁: 57 - 60   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201604286

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  40. Catalyst using Pd-Ru solid solution alloy fine particles 査読有り

    Kitagawa Hiroshi, Kusada Kohei, Nagaoka Katsutoshi, Sato Katsutoshi, Kutubi M, Shahajahan

        2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Google Patents  

    US Patent 9,452,417

    researchmap

  41. A Synthetic Pseudo-Rh: NOx Reduction Activity and Electronic Structure of Pd-Ru Solid-solution Alloy Nanoparticles 査読有り

    Sato Katsutoshi, Tomonaga Hiroyuki, Yamamoto Tomokazu, Matsumura Syo, Zulkifli Nor Diana Binti, Ishimoto Takayoshi, Koyama Michihisa, Kusada Kohei, Kobayashi Hirokazu, Kitagawa Hiroshi, Nagaoka Katsutoshi

    SCIENTIFIC REPORTS   6 巻 ( 6 ) 頁: 28265   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Publishing Group  

    ロジウムを凌駕する排ガス浄化触媒活性を有する新規合金ナノ粒子-元素間融合により電子状態を改変、優れたNOx還元活性の発現-. 京都大学プレスリリース. 2016-06-27.

    DOI: 10.1038/srep28265

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  42. Dual Lewis Acidic/Basic Pd0.5Ru0.5-Poly(N-vinyl-2-pyrrolidone) Alloyed Nanoparticle: Outstanding Catalytic Activity and Selectivity in Suzuki-Miyaura Cross-Coupling Reaction 査読有り

    Kutubi Md. Shahajahan, Sato Katsutoshi, Wada Kenji, Yamamoto Tomokazu, Matsumura Syo, Kusada Kohei, Kobayashi Hirokazu, Kitagawa Hiroshi, Nagaoka Katsutoshi

    CHEMCATCHEM   7 巻 ( 23 ) 頁: 3887 - 3894   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cctc.201500758

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  43. Development of Efficient Cold-start Process for Oxidative Reforming of n-Butane for Fuel Cell Applications 査読有り

    Nagaoka Katsutoshi, Sato Katsutoshi

    JOURNAL OF THE JAPAN PETROLEUM INSTITUTE   58 巻 ( 5 ) 頁: 274 - 284   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1627/jpi.58.274

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  44. Influence of basic dopants on the activity of Ru/Pr6O11 for hydrogen production by ammonia decomposition 査読有り

    Nagaoka Katsutoshi, Eboshi Takaaki, Abe Naruhiko, Miyahara Shin-ichiro, Honda Kyoko, Sato Katsutoshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HYDROGEN ENERGY   39 巻 ( 35 ) 頁: 20731 - 20735   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2014.07.142

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  45. Inhibition of Ammonia Poisoning by Addition of Platinum to Ru/alpha-Al2O3 for Preferential CO Oxidation in Fuel Cells 査読有り

    Sato Katsutoshi, Yagi Sho, Zaitsu Shuhei, Kitayama Godai, Kayada Yuto, Teramura Kentaro, Takita Yusaku, Nagaoka Katsutoshi

    CHEMSUSCHEM   7 巻 ( 12 ) 頁: 3264 - 3267   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cssc.201402583

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  46. Synthesis and catalytic application of PVP-coated Ru nanoparticles embedded in a porous metal-organic framework 査読有り

    Sadakiyo Masaaki, Kon-no Masaru, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi, Kasai Hidetaka, Kato Kenichi, Yamauchi Miho

    DALTON TRANSACTIONS   43 巻 ( 29 ) 頁: 11295 - 11298   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c4dt00996g

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  47. Effect of the Nature of the CeO2 Support of the Rh Catalyst on Triggering the Oxidative Reforming of n-Butane for H2 Production from Ambient Temperature 査読有り

    Sato Katsutoshi, Adachi Kouhei, Takita Yusaku, Nagaoka Katsutoshi

    CHEMCATCHEM   6 巻 ( 3 ) 頁: 784 - 789   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cctc.201300826

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  48. Solid Solution Alloy Nanoparticles of Immiscible Pd and Ru Elements Neighboring on Rh: Changeover of the Thermodynamic Behavior for Hydrogen Storage and Enhanced CO-Oxidizing Ability 査読有り

    Kusada Kohei, Kobayashi Hirokazu, Ikeda Ryuichi, Kubota Yoshiki, Takata Masaki, Toh Shoichi, Yamamoto Tomokazu, Matsumura Syo, Sumi Naoya, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi, Kitagawa Hiroshi

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   136 巻 ( 5 ) 頁: 1864 - 1871   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja409464g

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  49. Cr3+-Co0.054Ni0.018Mg0.93O Solid-Solution Catalysts for High-Pressure Syngas Production: Effect of Chromium on the Reduction and Catalysis 査読有り

    Nagaoka Katsutoshi, Abe Yosuke, Hashimoto Yusaku, Ishikawa Takahiro, Sato Katsutoshi, Takita Yusaku, Wakatsuki Toshiya, Kunisu Masahiro, Suda En, Inamoto Shin

    ACS CATALYSIS   3 巻 ( 7 ) 頁: 1564 - 1572   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cs400199b

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  50. Discovery of Face-Centered-Cubic Ruthenium Nanoparticles: Facile Size-Controlled Synthesis Using the Chemical Reduction Method 査読有り

    Kusada Kohei, Kobayashi Hirokazu, Yamamoto Tomokazu, Matsumura Syo, Naoya Sumi, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi, Kubota Yoshiki, Kitagawa Hiroshi

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   135 巻 ( 15 ) 頁: 5493 - 5496   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja311261s

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  51. Monoatomically dispersed Pd/TiO2 catalyst effective for epoxidation of propylene at ambient temperature in the presence of H-2 and O-2 査読有り

    Hikazudani Susumu, Mochida Tatsuya, Matsuo Naofumi, Nagaoka Katsutoshi, Ishihara Tatsumi, Kobayashi Hisayoshi, Takita Yusaku

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS A-CHEMICAL   358 巻   頁: 89 - 98   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molcata.2012.03.001

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  52. Effect of the nature of rhodium catalyst supports on initiation of H-2 production during n-butane oxidative reforming at room temperature 査読有り

    Nagaoka Katsutoshi, Sato Katsutoshi, Takita Yusaku

    JOURNAL OF CATALYSIS   287 巻   頁: 86 - 92   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcat.2011.12.007

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  53. Mono-atomically dispersed Pd on TiO2 as a catalyst for epoxidation of light olefins at low temperatures in the presence of H-2 and O-2 査読有り

    Hikazudani Susumu, Mochida Tatsuya, Yano Kenshiro, Nagaoka Katsutoshi, Ishihara Tatsumi, Takita Yusaku

    CATALYSIS COMMUNICATIONS   12 巻 ( 15 ) 頁: 1396 - 1400   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.catcom.2011.05.020

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  54. Oxidative Steam Reforming of Ethanol over Supported Ni Catalysts at Relatively Low Temperature 査読有り

    Sato Katsutoshi, Ito Akiko, Kawano Kosuke, Takita Yusaku, Nagaoka Katsutohi

    JOURNAL OF THE JAPAN PETROLEUM INSTITUTE   54 巻 ( 5 ) 頁: 331 - 337   2011年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  55. Highly Active Cs2O/Ru/Pr6O11 as a Catalyst for Ammonia Decomposition 査読有り

    Nagaoka Katsutoshi, Honda Kyoko, Ibuki Megumi, Sato Katsutoshi, Takita Yusaku

    CHEMISTRY LETTERS   39 巻 ( 9 ) 頁: 918 - 919   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.2010.918

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  56. Preparation and characterization of active Ni/MgO in oxidative steam reforming of n-C4H10 査読有り

    Sato Katsutoshi, Sago Fumiaki, Nagaoka Katsutoshi, Takita Yusaku

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HYDROGEN ENERGY   35 巻 ( 11 ) 頁: 5393 - 5399   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2010.03.028

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  57. Hydrogen Production from Bioethanol: Oxidative Steam Reforming of Aqueous Ethanol Triggered by Oxidation of Ni/Ce0.5Zr0.5O2-x at Low Temperature 査読有り

    Sato Katsutoshi, Kawano Kosuke, Ito Akiko, Takita Yusaku, Nagaoka Katsutoshi

    CHEMSUSCHEM   3 巻 ( 12 ) 頁: 1364 - 1366   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cssc.201000221

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  58. Metal phosphate and fluoride catalysts active for hydrolysis of NF3 査読有り

    Takubo Takeshi, Hirose Yutaka, Kashiwagi Daishin, Inoue Takanori, Yamada Hisatoshi, Nagaoka Katsutoshi, Takita Yusaku

    CATALYSIS COMMUNICATIONS   11 巻 ( 3 ) 頁: 147 - 150   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.catcom.2009.09.005

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  59. Mechanism of Promotion Effects of Ce added to AlPO4 Effective for CFC Decomposition 査読有り

    Takubo Takeshi, Sato Daigo, Inao Yasutaka, Nishiguchi Hiroyasu, Nagaoka Katsutoshi, Takita Yusaku

    KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU   35 巻 ( 6 ) 頁: 623 - 632   2009年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  60. Catalytic behavior of Ni/ZrxTi1-xO2 and the effect of SiO2 doping in oxidative steam reforming of n-butane 査読有り

    Sago Fumiaki, Fukuda Sho, Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi, Nishiguchi Hiroyasu, Takita Yusaku

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HYDROGEN ENERGY   34 巻 ( 19 ) 頁: 8046 - 8052   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2009.08.005

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  61. Initiation of Oxidative Reforming of Butane over Praseodymium Oxide Supported Ni Catalysts at Ambient Temperature 査読有り

    Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi, Nishiguchi Hiroyasu, Takita Yusaku

    JOURNAL OF THE JAPAN PETROLEUM INSTITUTE   52 巻 ( 5 ) 頁: 295 - 296   2009年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  62. Oxidative reforming of n-C4H10 triggered at ambient temperature over reduced Ni/CeO2 査読有り

    Sato Katsutoshi, Adachi Kouhei, Nagaoka Katsutoshi, Nishiguchi Hiroyasu, Takita Yusaku

    CATALYSIS COMMUNICATIONS   10 巻 ( 11 ) 頁: 1478 - 1481   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.catcom.2009.03.028

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  63. Catalytic activity of rare earth phosphates for SF6 decomposition and promotion effects of rare earths added into AlPO4 査読有り

    Kashiwagi Daishin, Takai Asami, Takubo Takeshi, Yamada Hisatoshi, Inoue Takanori, Nagaoka Katsutoshi, Takita Yusaku

    JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE   332 巻 ( 1 ) 頁: 136 - 144   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcis.2008.12.003

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  64. A novel nanotube of composite of calcium carbonate and calcium sulfate 査読有り

    Sugihara Hisao, Inoue Kotaro, Nakayama Maiko, Inoue Takanori, Nagaoka Katsutoshi, Takita Yusaku

    MATERIALS LETTERS   63 巻 ( 2 ) 頁: 322 - 324   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.matlet.2008.10.025

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  65. Metal Phosphate Catalysts Effective for Degradation of Sulfur Hexafluoride 査読有り

    Kashiwagi Daishin, Takai Asami, Takubo Takeshi, Nagaoka Katsutoshi, Inoue Takanori, Takita Yusaku

    INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH   48 巻 ( 2 ) 頁: 632 - 640   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ie8001099

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  66. n-C4H10 autothermal reforming over MgO-supported base metal catalysts 査読有り

    Sato Katsutoshi, Nagaoka Katsutoshi, Nishiguchi Hiroyasu, Takita Yusaku

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HYDROGEN ENERGY   34 巻 ( 1 ) 頁: 333 - 342   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2008.10.014

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  67. Oxidation of Rh/Ce0.5Zr0.5O2 Reduced under Mild Conditions as an Initiator of n-Butane Oxidative Reforming at Ambient Temperature 査読有り

    Nagaoka Katsutoshi, Sato Katsutoshi, Fukuda Sho, Nishiguchi Hiroyasu, Takita Yusaku

    CHEMSUSCHEM   2 巻 ( 11 ) 頁: 1032 - 1035   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cssc.200900194

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  68. 高温還元したRh/CeO2の自発的酸化によるn-ブタンの酸化的改質反応の常温駆動

    佐藤 勝俊, 福田 渉, 中鋪 勝太, 永岡 勝俊, 西口 宏泰, 瀧田 祐作

    水素エネルギーシステム   33 巻   頁: 44 - 48   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  69. Addition of Al2O3 or Cr2O3 Promotes Metal Reduction in a CoO-NiO-MgO Solid Solution Catalyst for CH4/H2O Reforming 査読有り

    Nagaoka Katsutoshi, Hashimoto Yusaku, Sato Katsutoshi, Wakatsuki Toshiya, Nishiguchi Hiroyasu, Takita Yusaku

    CHEMISTRY LETTERS   37 巻 ( 9 ) 頁: 982 - 983   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.2008.982

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  70. Anaerobic oxidation of isobutane I. Catalysis by Cu-V complex oxides 査読有り

    Hikazudani Susumu, Kikutani Kayo, Nagaoka Katsutoshi, Inoue Takanori, Takita Yusaku

    APPLIED CATALYSIS A-GENERAL   345 巻 ( 1 ) 頁: 65 - 72   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apcata.2008.04.022

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  71. Oxidative reforming of n-butane triggered by spontaneous oxidation of CeO2-x at ambient temperature 査読有り

    Nagaoka Katsutoshi, Sato Katsutoshi, Fukuda Sho, Nakashiki Shota, Nishiguchi Hiroyasu, Lercher Johannes A., Takita Yusaku

    CHEMISTRY OF MATERIALS   20 巻 ( 13 ) 頁: 4176 - 4178   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cm800651m

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  72. Anaerobic oxidation of isobutane: Catalytic properties of MgV2O6 and Mg2V2O7 prepared by the molten method 査読有り

    Takita Yusaku, Hikazudani Susumu, Soda Kazuya, Nagaoka Katsutoshi

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS A-CHEMICAL   280 巻 ( 1-2 ) 頁: 164 - 172   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molcata.2007.09.028

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  73. Synthesis of mesoporous, nanocrystalline lanthanum phosphate in the presence of citric acid and stearic acid 査読有り

    Ho Li-Ngee, Nishiguchi Hiroyasu, Nagaoka Katsutoshi, Takita Yusaku

    JOURNAL OF RARE EARTHS   25 巻 ( 6 ) 頁: 684 - 691   2007年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  74. Highly active Ni/MgO in oxidative steam pre-reforming of n-butane for fuel cell application 査読有り

    Nagaoka Katsutoshi, Sato Katsutoshi, Nishiguchl Hiroyasu, Takita Yusaku

    CATALYSIS COMMUNICATIONS   8 巻 ( 11 ) 頁: 1807 - 1810   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.catcom.2007.02.013

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  75. The Pr promotion effect on oxygen storage capacity of Ce-Pr oxides studied using a TAP reactor 査読有り

    Song Zhaoxia, Liu Wei, Nishiguchi Hiroyasu, Takami Akihide, Nagaoka Katsutoshi, Takita Yusaku

    APPLIED CATALYSIS A-GENERAL   329 巻   頁: 86 - 92   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apcata.2007.06.023

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  76. Influence of support on catalytic behavior of nickel catalysts in oxidative steam prereforming of n-butane for fuel cell applications 査読有り

    Nagaoka Katsutoshi, Sato Katsutoshi, Nishiguchi Hiroyasu, Takita Yusaku

    APPLIED CATALYSIS A-GENERAL   327 巻 ( 2 ) 頁: 139 - 146   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apcata.2007.05.004

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  77. Promotion mechanism of co-existing NaCl in the synthesis of CaCO3 査読有り

    Takita Yusaku, Eto Mayumi, Sugihara Hisao, Nagaoka Katsutoshi

    MATERIALS LETTERS   61 巻 ( 14-15 ) 頁: 3083 - 3085   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.matlet.2006.11.005

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  78. Synthesis of Ni3C nano-whisker from NiSO4 and sucrose by means of spray pyrolysis 査読有り

    Kashiwagi Takeshi, Suzuki Naohisa, Niina Masashi, Nishiguchi Hiroyasu, Nagaoka Katsutoshi, Takita Yusaku

    CHEMISTRY LETTERS   36 巻 ( 4 ) 頁: 512 - 513   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.2007.512

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  79. Influence of calcination procedure on the catalytic property of sulfated zirconia 査読有り

    Li Xuebing, Nagaoka Katsutoshi, Simon Laurent J., Olindo Roberta, Lercher Johannes A.

    CATALYSIS LETTERS   113 巻 ( 1-2 ) 頁: 34 - 40   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10562-006-9005-5

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  80. Redox properties of CeO2 and Pt-Rh/CeO2 studied by TAP method 査読有り

    Song Zhaoxia, Nishiguchi Hiroyasu, Liu Wei, Yamada Hiroshi, Takami Akihide, Kudo Kumiko, Nagaoka Katsutoshi, Takita Yusaku

    CATALYSIS LETTERS   111 巻 ( 3-4 ) 頁: 169 - 171   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10562-006-0142-7

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  81. Synthesis and characterization of a series of mesoporous nanocrystalline lanthanides phosphate 査読有り

    Ho Li-Ngee, Nishiguchi Hiroyasu, Nagaoka Katsutoshi, Takita Yusaku

    JOURNAL OF POROUS MATERIALS   13 巻 ( 3-4 ) 頁: 237 - 244   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10934-006-8010-9

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  82. Synthesis and characterization of molybdenum incorporated mesoporous aluminophosphate 査読有り

    Ho Li-Ngee, Ikegawa Tasuku, Nishiguchi Hiroyasu, Nagaoka Katsutoshi, Takita Yusaku

    APPLIED SURFACE SCIENCE   252 巻 ( 18 ) 頁: 6260 - 6268   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apsusc.2005.08.064

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  83. Ni/(rare earth phosphate) as a new effective catalyst for autothermal reforming of methane 査読有り

    Nagaoka Katsutoshi, Eiraku Toshikazu, Nishiguchi Hiroyasu, Takita Yusaku

    CHEMISTRY LETTERS   35 巻 ( 6 ) 頁: 580 - 581   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.2006.580

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  84. Anaerobic oxidation of isobutane II. Catalysis by Mg-V complex oxides 査読有り

    Takita Y, Xia Q, Kikutani K, Soda K, Takami H, Nishiguchi H, Nagaoka K

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS A-CHEMICAL   248 巻 ( 1-2 ) 頁: 61 - 69   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molcata.2005.12.012

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  85. Synthesis of highly active sulfated zirconia by sulfation with SO3 査読有り

    Li XB, Nagaoka K, Olindo R, Lercher JA

    JOURNAL OF CATALYSIS   238 巻 ( 1 ) 頁: 39 - 45   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcat.2005.11.039

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  86. Decomposition of chlorobenzene over phosphate and sulfate catalysts properties 査読有り

    Takita Y, Sadatomi Y, Nishiguchi H, Nagaoka K

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   79 巻 ( 1 ) 頁: 145 - 148   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.79.145

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  87. Oxidative dehydrogenation of isobutane to isobutene III reaction mechanism over CePO4 catalyst 査読有り

    Takita Y, Qing X, Takami A, Nishiguchi H, Nagaoka K

    APPLIED CATALYSIS A-GENERAL   296 巻 ( 1 ) 頁: 63 - 69   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apcata.2005.07.049

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  88. Oxidative activation of n-butane on sulfated zirconia 査読有り

    Li XB, Nagaoka K, Simon LJ, Olindo R, Lercher JA, Hofmann A, Sauer J

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   127 巻 ( 46 ) 頁: 16159 - 16166   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja054126d

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  89. Synthesis of a thermally stable mesoporous aluminophosphate by using sodium aluminate as precursor 査読有り

    Ho LN, Yukushima S, Morikawa R, Asaka N, Nishiguchi H, Nagaoka K, Takita Y

    COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS   268 巻 ( 1-3 ) 頁: 40 - 44   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2005.05.015

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  90. Improved resistance against coke deposition of titania supported cobalt and nickel bimetallic catalysts for carbon dioxide reforming of methane 査読有り

    Takanabe K, Nagaoka K, Aika K

    CATALYSIS LETTERS   102 巻 ( 3-4 ) 頁: 153 - 157   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10562-005-5848-4

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  91. Mechanism of butane skeletal isomerization on sulfated zirconia 査読有り

    Li XB, Nagaoka K, Simon LJ, Olindo R, Lercher JA

    JOURNAL OF CATALYSIS   232 巻 ( 2 ) 頁: 456 - 466   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcat.2005.03.025

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  92. Titania-supported cobalt and nickel bimetallic catalysts for carbon dioxide reforming of methane 査読有り

    Takanabe K, Nagaoka K, Nariai K, Aika K

    JOURNAL OF CATALYSIS   232 巻 ( 2 ) 頁: 268 - 275   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcat.2005.03.011

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  93. Novel tough catalyst supports for reactions involving HF 査読有り

    Takita Y, Ohkuma T, Nishiguchi H, Nagaoka K, Nakajo T

    APPLIED CATALYSIS A-GENERAL   283 巻 ( 1-2 ) 頁: 47 - 52   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apcata.2004.12.033

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  94. Oxidation of isobutane over complex oxides containing V, Nb, Ta, and Mo under aerobic and anaerobic reaction conditions 査読有り

    Takita Y, Kikutani K, Xia C, Takami H, Nagaoka K

    APPLIED CATALYSIS A-GENERAL   283 巻 ( 1-2 ) 頁: 209 - 216   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apcata.2005.01.008

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  95. Influence of reduction temperature on the catalytic behavior of Co/TiO2 catalysts for CH4/CO2 reforming and its relation with titania bulk crystal structure 査読有り

    Takanabe K, Nagaoka K, Nariai K, Aika K

    JOURNAL OF CATALYSIS   230 巻 ( 1 ) 頁: 75 - 85   2005年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  96. Interaction between sulfated zirconia and alkanes: prerequisites for active sites - formation and stability of reaction intermediates 査読有り

    Li XB, Nagaoka K, Simon LJ, Lercher JA, Wrabetz S, Jentoft FC, Breitkopf C, Matysik S, Papp H

    JOURNAL OF CATALYSIS   230 巻 ( 1 ) 頁: 214 - 225   2005年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  97. Methane autothermal reforming with and without ethane over mono- and bimetal catalysts prepared from hydrotalcite precursors 査読有り

    Nagaoka K, Jentys A, Lercher JA

    JOURNAL OF CATALYSIS   229 巻 ( 1 ) 頁: 185 - 196   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcat.2004.10.006

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  98. Improvement of Pt/ZrO2 by CeO2 for high pressure CH4/CO2 reforming 査読有り

    Nagaoka K, Seshan K, Takanabe K, Aika K

    CATALYSIS LETTERS   99 巻 ( 1-2 ) 頁: 97 - 100   2005年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  99. Labile sulfates as key components in active sulfated zirconia for n-butane isomerization at low temperatures 査読有り

    Li XB, Nagaoka K, Lercher JA

    JOURNAL OF CATALYSIS   227 巻 ( 1 ) 頁: 130 - 137   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcat.2004.07.003

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  100. Modification of Co/TiO2 for dry reforming of methane at 2 MPa by Pt, Ru or Ni 査読有り

    Nagaoka K, Takanabe K, Aika K

    APPLIED CATALYSIS A-GENERAL   268 巻 ( 1-2 ) 頁: 151 - 158   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apcata.2004.03.029

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  101. Co/TiO<inf>2</inf>catalyst for high pressure dry reforming of methane and its modification by other metals 査読有り

    Katsutoshi Nagaoka, Kazuhiro Takanabe, Ken Ichi Aika, Ken Ichi Aika

    Studies in Surface Science and Catalysis   147 巻   頁: 187-192   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Catalytic behaviour of 0.5wt%Co/TiO2, prepared from TiO2containing only anatase phase, in CH4/CO2reforming at 2 MPa was strongly affected by reduction temperature. Co/TiO2reduced at relatively lower temperatures (<1123 K) lost all of its activity at the beginning of the reaction, whereas the catalyst reduced at higher temperatures (1123 K) showed relatively stable activity with only a slight amount of deposited coke. However, the latter catalyst lost all of activities at a higher space velocity after the reaction for 20 h, mainly due to oxidation of metallic Co. The addition of trace amounts of noble metals (Pt or Ru) improved the catalytic stability drastically by retarding the oxidation. It was confirmed that the strong resistant nature of Co/TiO2to coke deposition was retained after the addition of the noble metals.

    Scopus

    researchmap

  102. Co/TiO2 catalyst for high pressure dry reforming of methane and its modification by other metals 査読有り

    Nagaoka K, Takanabe K, Aika KI

    NATURAL GAS CONVERSION VII   147 巻   頁: 187 - 192   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  103. Influence of the reduction temperature on catalytic activity of Co/TiO2 (anatase-type) for high pressure dry reforming of methane 査読有り

    Nagaoka K, Takanabe K, Aika K

    APPLIED CATALYSIS A-GENERAL   255 巻 ( 1 ) 頁: 13 - 21   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0926-860X(03)00631-8

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  104. Influence of the phase composition of titania on catalytic behavior of Co/TiO2 for the dry reforming of methane 査読有り

    Nagaoka K, Takanabe K, Aika K

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   ( 9 ) 頁: 1006 - 1007   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b201717m

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  105. Effect of additives on the stability of Pd/Al2O3 for carbon dioxide reforming of methane 査読有り

    Nagaoka K, Aika K

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   74 巻 ( 10 ) 頁: 1841 - 1846   2001年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  106. Mechanism of carbon deposit/removal in methane dry reforming on supported metal catalysts 査読有り

    Nagaoka K, Seshan K, Lercher J.A, Aika K

    Studies in Surface Science and Catalysis   136 巻   頁: 129 - 134   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  107. Titania supported ruthenium as a coking-resistant catalyst for high pressure dry reforming of methane 査読有り

    Nagaoka K, Okamura M, Aika K.-I.

    Catalysis Communications   2 巻 ( 8 ) 頁: 255 - 260   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S1566-7367(01)00043-7

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  108. Activation mechanism of methane-derived coke (CHx) by CO2 during dry reforming of methane - comparison for Pt/Al2O3 and Pt/ZrO2 査読有り

    Nagaoka K, Seshan K, Lercher JA, Aika K

    CATALYSIS LETTERS   70 巻 ( 3-4 ) 頁: 109 - 116   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  109. The effect of SnO2 addition to Li/MgO catalysts for the oxidative coupling of methane 査読有り

    Nagaoka K, Karasuda T, Aika K

    JOURNAL OF CATALYSIS   181 巻 ( 1 ) 頁: 160 - 164   1999年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  110. The effect of SnO2 addition to Li/MgO catalysts for the oxidative coupling of methane 査読有り

    Nagaoka K, Karasuda T, Aika K.-I.

    Journal of Catalysis   181 巻 ( 1 ) 頁: 160 - 164   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/jcat.1998.2281

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1774-1537

  111. Active site generation by water for the activation of methane over non-reducible oxide catalysts: A study of MgO system 査読有り

    Karasuda T, Nagaoka K, Aika K

    NATURAL GAS CONVERSION V   119 巻   頁: 283-288   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 触媒の劣化対策、長寿命化 ~劣化の発生メカニズム/触媒のナノ微粒子化/貴金属の低減化、フリー化~

    佐藤勝俊, 永岡勝俊( 担当: 分担執筆)

    技術情報協会  2020年11月  ( ISBN:978-4-86104-814-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 水素の製造、輸送・貯蔵技術と 材料開発 事例集

    佐藤勝俊, 永岡勝俊( 担当: 分担執筆)

    技術情報協会  2019年4月  ( ISBN: 978-4-86104-745-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 227

  1. V系水素透過合金膜とRu系アンモニア分解触媒とを組み合わせた膜反応器によるアンモニアガスからの直接水素分離精製と耐久性評価

    荒木玖太, 高橋雄大, 小俣香織, 南部智憲, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 湯川宏, 永岡勝俊  

    触媒討論会講演予稿集(CD-ROM)127th 巻   2021年

     詳細を見る

  2. アンモニア分解による水素製造反応の速度論的解析

    中野圭, 永岡勝俊, 山田博史, 松永隆宏, 佐藤勝俊  

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)86th 巻   2021年

     詳細を見る

  3. 大分から名古屋へ 招待有り

    永岡勝俊  

    触媒(Catalysts and Catalysis)62 巻 ( 3 ) 頁: 201 - 201   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  4. 再生可能エネルギー利用型アンモニア合成プロセスのための希土類複合酸化物担持ルテニウム触媒の開発

    佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    セラミックス55 巻 ( 4 ) 頁: 279 - 283   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  5. アミンやイミン類の合成に高い活性と選択性を示す金属ナノ粒子触媒の開発

    西田吉秀, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会講演予稿集(CD-ROM)125th 巻   2020年

     詳細を見る

  6. NH<sub>3</sub>酸化分解による水素製造反応の常温駆動に用いるRu代替触媒の開発(2)-Ru代替触媒の物性評価-

    松永隆宏, 松永隆宏, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会講演予稿集(CD-ROM)125th 巻   2020年

     詳細を見る

  7. In-situ XAFSを用いた三元触媒反応雰囲気下における活性金属種の電子状態の解析

    本山雄斗, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)85th 巻   2020年

     詳細を見る

  8. 水素製造反応の瞬時起動を志向したアンモニア酸化分解のコールドスタート

    佐藤勝俊, 松永隆宏, 永岡勝俊  

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)85th 巻   2020年

     詳細を見る

  9. PdPtナノ合金触媒を用いたニトリルの水素化によるアミンの選択的合成

    西田吉秀, CHAUDHARI Chandan, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集(CD-ROM)126th 巻   2020年

     詳細を見る

  10. Ru/Ba<sub>0.1</sub>/La<sub>0.45</sub>Ce<sub>0.45</sub>O<sub>x</sub>触媒におけるアンモニア合成活性へのBa種の作用機構

    佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 宮原伸一郎, 小倉優太, 辻丸琴子, 和田雄一郎, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集(CD-ROM)126th 巻   2020年

     詳細を見る

  11. 研究室紹介

    永岡勝俊  

    水素エネルギーシステム44 巻 ( 4 ) 頁: 264 - 264   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  12. ケミカルルーピングによるアンモニア合成

    永岡勝俊  

    化学と工業72 巻 ( 11 ) 頁: 962 - 962   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  13. パラジウムとルテニウムの固溶合金ナノ粒子によるロジウム代替触媒の開発,

    佐藤勝俊, 永岡勝俊, 草田康平, 北川宏  

    月間マテリアルステージ19 巻 ( 8 ) 頁: 15 - 18   2019年11月

  14. パラジウムとルテニウムの「固溶合金ナノ粒子」によるロジウム代替触媒の開発 (特集 排ガス浄化触媒の規制動向と貴金属代替,使用量低減技術)

    佐藤 勝俊, 永岡 勝俊, 草田 康平, 北川 宏  

    Material stage19 巻 ( 8 ) 頁: 15 - 18   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:技術情報協会  

    CiNii Books

    researchmap

  15. エネルギー/水素キャリアとしてのアンモニア合成を志向した希土類酸

    佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    月間ファインケミカル49 巻 ( 9 ) 頁: 19 - 26   2019年9月

  16. エネルギーキャリアとしての利用を志向したアンモニア合成・分解のための触媒・プロセスの開発

    佐藤勝俊, 小倉優太, 永岡勝俊  

    触媒 (Catalyst & Catalysis),61 巻 ( 2 ) 頁: 78 - 84   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

  17. マイクロ波液相還元法によって調製した Rh ナノ粒子の局所的な配位構造の解析

    西田吉秀, 和田雄一郎, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    日本電磁波エネルギー応用学会論文誌(Web)3 巻   2019年

     詳細を見る

  18. 排ガス浄化触媒の規制動向と貴金属代替,使用量低減技術 パラジウムとルテニウムの「固溶合金ナノ粒子」によるロジウム代替触媒の開発

    佐藤勝俊, 永岡勝俊, 草田康平, 北川宏  

    月刊Material Stage19 巻 ( 8 )   2019年

     詳細を見る

  19. Operando‐XAFS法を用いたCO選択酸化用Pt‐Ru触媒の劣化抑制機構の解明

    佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 財津修平, 北山悟大, 八木翔, 和田雄一郎, 永岡勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集122nd 巻   頁: 132‐133   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  20. 温和な条件で高いアンモニア合成活性を示すRu/La<sub>0.5</sub>Pr<sub>0.5</sub>O<sub>1.75‐x</sub>の開発

    辻丸琴子, 小倉優太, 宮原伸一郎, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集122nd 巻   頁: 213   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  21. アンモニア酸化分解の常温駆動に用いるRuO<sub>2</sub>/Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>へのSiO<sub>2</sub>添加効果の検討

    松本賢, 田崎凌, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集122nd 巻   頁: 202   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  22. アンモニア合成用Ru/La<sub>0.5</sub>Ce<sub>0.5</sub>O<sub>1.75</sub>触媒の高温還元による活性化

    小倉優太, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 宮原伸一郎, 河野夕希子, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集122nd 巻   頁: 206‐207   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  23. アンモニアを用いたエネルギーキャリア技術の創成

    永岡勝俊  

    化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)50th 巻   頁: ROMBUNNO.DB116   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  24. 水素キャリアとしてのアンモニアを合成・分解するための触媒開発

    永岡勝俊  

    触媒60 巻 ( 4 ) 頁: 217   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  25. Pt‐Co複合触媒のNO‐CO‐C<sub>3</sub>H<sub>6</sub>浄化活性に対する酸素濃度の影響

    佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 町田徹平, 伊藤彩乃, 永岡勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会講演予稿集121st 巻   頁: 212   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  26. 三元触媒活性に対するPdとNiの複合化効果の検討

    伊藤彩乃, 宮澤慧, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 永岡勝俊  

    石油・石油化学討論会講演要旨47th 巻   頁: 162   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  27. 多孔性酸化物担体への吸着熱を利用したアンモニア酸化分解の常温駆動

    松本賢, 兼田雅弘, 田崎凌, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 永岡勝俊  

    石油・石油化学討論会講演要旨47th 巻   頁: 45   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  28. 触媒への吸着熱を利用したアンモニア酸化分解反応のコールドスタート アンモニアから簡単・瞬時に水素を取り出す触媒プロセス

    佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    クリーンエネルギー26 巻 ( 10 ) 頁: 18‐23   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  29. 触媒への吸着熱を利用したアンモニア酸化分解反応のコールドスタート : アンモニアから簡単・瞬時に水素を取り出す触媒プロセス

    佐藤 勝俊, 永岡 勝俊  

    クリーンエネルギー26 巻 ( 10 ) 頁: 18 - 23   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本工業出版  

    researchmap

  30. アルミナ担持Pt‐Co合金クラスター触媒の構造と反応性に関する理論研究

    江原正博, YANG Tao, ZHAO Rui‐sheng, 江原正博, YANG Tao, ZHAO Rui‐sheng, 福田良一, 福田良一, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 細川三郎, 細川三郎, 田中庸裕, 田中庸裕  

    触媒討論会討論会A予稿集120th 巻   頁: 365   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  31. マイクロ波加熱を利用した貴金属ナノ粒子の合成とCO酸化反応への応用

    西田吉秀, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集120th 巻   頁: 190   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  32. ベンジルフェニルエーテルの光触媒的開裂反応における各種反応因子の影響

    今村和也, 加藤宙子, 和田雄一郎, 眞壁和浩, 恩田歩武, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集120th 巻   頁: 113   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  33. アンモニア合成用希土類酸化物担持Ru触媒での担体効果の検討

    小倉優太, 河野夕希子, 宮原伸一郎, 今村和也, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集120th 巻   頁: 20   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  34. 低温でのプロパン水蒸気改質用Rh触媒への異元素ドープ効果

    兪琳, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集120th 巻   頁: 445   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  35. 水素/エネルギーキャリアとしてのアンモニア利用を目指した合成・分解触媒の開発

    佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集120th 巻   頁: 454   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  36. エネルギーキャリアとしてのアンモニア合成を指向した酸化プラセオジム担持ルテニウム触媒の開発

    佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    水素エネルギーシステム42 巻 ( 1 ) 頁: 20‐25   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  37. Ru/Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>を用いたアンモニア酸化分解の常温駆動におけるAl<sub>2</sub>O<sub>3</sub>前駆体に対する焼成温度の影響

    松本賢, 田崎凌, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会講演予稿集119th 巻   頁: 114   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  38. アンモニア合成用Ru/Pr<sub>2</sub>O<sub>3</sub>触媒における表面Ru種の形成過程の検討

    佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 今村和也, 河野夕希子, 宮原伸一郎, 永岡勝俊  

    触媒討論会講演予稿集119th 巻   頁: 110   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  39. アンモニア酸化分解の常温駆動に用いる担持ルテニウム触媒の担体がアンモニアの吸着特性,吸着特性に与える影響

    田崎凌, 松本賢, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)97th 巻   頁: ROMBUNNO.4A8‐02   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  40. メタンドライリフォーミング用Co‐Al‐Mg‐O固溶体還元触媒に対する塩基性酸化物添加効果の検討

    日野雅弥, 北山悟大, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)97th 巻   頁: ROMBUNNO.2PA‐161   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  41. ロジウム‐銅ナノ合金の電子構造と触媒活性

    小松徳太郎, 小松徳太郎, 小林浩和, 小林浩和, 草田康平, 久保田佳基, 山本知一, 松村晶, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 北川宏  

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)97th 巻   頁: ROMBUNNO.3B5‐06   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  42. 省貴金属化を目指したPt‐Co自動車排ガス浄化触媒の開発

    宮澤慧, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)97th 巻   頁: ROMBUNNO.2PA‐167   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  43. 液相還元法による金属ナノ粒子のサイズ,構造の制御と触媒活性に対する影響

    西田吉秀, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)97th 巻   頁: ROMBUNNO.2PA‐157   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  44. エネルギーキャリアとしてのアンモニア合成を指向した酸化プラセオジム担持ルテニウム触媒の開発 (特集 アンモニア合成技術の過去・現在・未来)

    佐藤 勝俊, 永岡 勝俊  

    水素エネルギーシステム = Journal of the Hydrogen Energy Systems Society of Japan42 巻 ( 1 ) 頁: 20 - 25   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:水素エネルギー協会  

    researchmap

  45. 三元触媒活性に対するPdとNiの複合化効果の検討

    伊藤 彩乃, 宮澤 慧, 佐藤 勝俊, 永岡 勝俊  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2017 巻 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    排ガス浄化触媒には多くの貴金属が含まれており、これを削減する技術の開発が求められている。我々は合金化などの手段を経ることで、微量貴金属と非貴金属の複合化効果を発現させて触媒活性を向上させ、貴金属の使用量を減らすことを目的に、種々の貴金属-非貴金属の組み合わせについて検討した。その結果、Pd-Niなどの組み合わせにおいて、一定の複合化効果が発現することを見出したので報告する。

    researchmap

  46. 多孔性酸化物担体への吸着熱を利用したアンモニア酸化分解の常温駆動

    松本 賢, 兼田 雅弘, 田﨑 凌, 佐藤 勝俊, 永岡 勝俊  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2017 巻 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    当研究グループでは、アンモニアの触媒への吸着熱を利用することで、アンモニアの酸化的分解を室温から急速に起動させることに成功している。これまでに、反応のトリガとなる吸着熱の発生には担体の酸性質が大きく影響することを見出した。そこで本研究では、アンモニアに対してすぐれた吸着特性を示すゼオライトなどの多孔性酸化物担体を用いて、酸化的分解の常温駆動に与える影響について検討した。

    researchmap

  47. NH<sub>3</sub>の吸着熱を利用したNH<sub>3</sub>酸化分解の常温駆動に用いる担持Ru触媒の担体効果

    田崎凌, 武石優磨, 永星孝明, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    石油・石油化学討論会講演要旨46th 巻   頁: 166   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  48. 水素製造用アンモニア分解におけるCo/Mg‐Al oxideへの助触媒添加効果

    小野優奈, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    石油・石油化学討論会講演要旨46th 巻   頁: 45   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  49. NH<sub>3</sub>酸化分解の常温駆動に用いる触媒の自己発熱に与えるRu担持の影響

    田崎凌, 兼田雅弘, 武石優磨, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集118th 巻   頁: 433   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  50. 三元触媒の省貴金属化を志向したPt‐汎用金属複合触媒の開発(3)―Pt‐Co複合触媒の活性点構造―

    佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 宮澤慧, 友永裕之, 永岡勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集118th 巻   頁: 67   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  51. 担持貴金属触媒とエタノールを用いたインドールのカップリング反応

    今留大貴, 加藤宙子, KUTUBI Md. Shahajahan, 今村和也, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集118th 巻   頁: 381   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  52. Operando XAFSによる燃料電池システム用触媒の劣化機構の解明

    和田雄一郎, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 永岡勝俊  

    機器・分析技術研究会大会報告集2016 巻   頁: 21‐24   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  53. 触媒の酸化熱を利用したアンモニアの酸化分解による水素製造プロセスのコールドスタート

    永岡勝俊  

    ENEOS Technical Review58 巻 ( 2 ) 頁: 49‐52   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  54. 触媒の酸化熱を利用したアンモニアの酸化分解による水素製造プロセスのコールドスタート

    永岡 勝俊  

    ENEOS technical review58 巻 ( 2 ) 頁: 49 - 52   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新日本石油潤滑油事業部  

    researchmap

  55. NH<sub>3</sub>酸化分解の常温駆動のためのγ‐Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>担持金属触媒の開発

    田崎凌, 兼田雅弘, 武石優磨, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会講演予稿集117th 巻   頁: 150   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  56. ランタノイド酸化物担持Ru触媒によるアンモニア合成と速度解析

    河野夕希子, 今村和也, 今村和也, 宮原伸一郎, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 永岡勝俊  

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)96th 巻   頁: ROMBUNNO.3B2‐38   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  57. プロパンの低温水蒸気改質用Rh/TiO<sub>2</sub>の触媒活性における担体の結晶構造の影響

    YU Lin, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)96th 巻   頁: ROMBUNNO.3B2‐31   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  58. 三元触媒の省貴金属化を志向したPt‐汎用金属複合触媒の開発(2)―貴金属/汎用金属の組成の影響―

    佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 宮澤慧, 友永裕之, 永岡勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会講演予稿集117th 巻   頁: 126   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  59. 担持型酸化チタン(IV)光触媒によるC‐O結合の開裂反応

    加藤宙子, 今村和也, 和田雄一郎, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)96th 巻   頁: ROMBUNNO.2B1‐46   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  60. 担持ルテニウム触媒に対するアンモニアの吸着特性の検討と酸化分解の常温駆動プロセスへの展開

    佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 田崎凌, 武石優磨, 永星孝明, 永岡勝俊, 永岡勝俊  

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)96th 巻   頁: ROMBUNNO.3B2‐39   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  61. 塩基性酸化物担持Ru触媒のキャラクタリゼーションとアンモニア合成における速度論的解析

    今村和也, 今村和也, 宮原伸一郎, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 山本知一, 松村晶, 永岡勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会講演予稿集117th 巻   頁: 211   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  62. 環境調和型セラミックス触媒材料の研究動向 触媒の自己発熱を利用した水素製造プロセス 酸化的改質のコールドスタート

    佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    セラミックス51 巻 ( 1 ) 頁: 34 - 38   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  63. 触媒の自己発熱を利用した水素製造プロセス : 酸化的改質のコールドスタート (特集 環境調和型セラミックス触媒材料の研究動向)

    佐藤 勝俊, 永岡 勝俊  

    Ceramics Japan = セラミックス : bulletin of the Ceramic Society of Japan51 巻 ( 1 ) 頁: 34 - 38   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本セラミックス協会  

    researchmap

  64. 9-1-1 酸化物触媒の還元・酸化能を利用した酸化的改質の常温駆動プロセスの構築

    佐藤 勝俊, 永岡 勝俊  

    日本エネルギー学会大会講演要旨集25 巻 ( 0 ) 頁: 248 - 249   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本エネルギー学会  

    &lt;p&gt;We demonstrated the cold-start process for oxidative reforming (OR) of &lt;i&gt;n&lt;/i&gt;-butane. In this process, without heating the catalyst by external energy OR is triggered rapidly and repeatedly over reduced CeO&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt; supported Rh catalysts from ambient temperature. Redox property of oxide support, i.e. spontaneous oxidation of the reduced catalyst support, CeO&lt;sub&gt;2-x&lt;/sub&gt; to CeO&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;, and in-situ reduction of the catalyst support during OR, CeO&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt; to CeO&lt;sub&gt;2-x&lt;/sub&gt;, are found to be key factors for construction of this process.&lt;/p&gt;

    DOI: 10.20550/jietaikaiyoushi.25.0_248

    researchmap

  65. NH<sub>3</sub>の吸着熱を利用したNH<sub>3</sub>酸化分解の常温駆動に用いる担持Ru触媒の担体効果

    田﨑 凌, 武石 優磨, 永星 孝明, 佐藤 勝俊, 永岡 勝俊  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2016 巻 ( 0 ) 頁: 118 - 118   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    近年、NH&lt;sub&gt;3&lt;/sub&gt;は水素キャリアとして注目されているが、NH&lt;sub&gt;3&lt;/sub&gt;から水素を取り出すNH&lt;sub&gt;3&lt;/sub&gt;分解反応は吸熱反応であるため、外部加熱が必要であり装置の起動に時間を要する。一方、当研究室では触媒上への酸点へのNH&lt;sub&gt;3&lt;/sub&gt;の吸着熱を利用し、NH&lt;sub&gt;3&lt;/sub&gt;と酸素を室温で流通させるだけで瞬時にNH&lt;sub&gt;3&lt;/sub&gt;の酸化分解による水素製造反応を駆動可能であることを見出した。今回は、担持Ru触媒での担体効果について検討を行った。&lt;br&gt;

    DOI: 10.11523/sekiyu.2016f.0_118

    researchmap

  66. 9-1-1 酸化物触媒の還元・酸化能を利用した酸化的改質の常温駆動プロセスの構築

    佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    日本エネルギー学会大会講演要旨集(Web)25 巻   頁: 248‐249(J‐STAGE)   2016年

     詳細を見る

  67. 低温でのプロパン水蒸気改質に用いる高活性Rh触媒の開発と反応機構の検討

    兪 琳, 佐藤 勝俊, 永岡 勝俊  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2016 巻 ( 0 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    次世代型のSOFCシステムでは作動温度の温化が見込まれており、排熱をプレ改質反応に利用するには,400 ℃以下でもC&lt;sub&gt;3&lt;/sub&gt;H&lt;sub&gt;8&lt;/sub&gt;をC&lt;sub&gt;1&lt;/sub&gt;まで水蒸気改質できる高性能な触媒が必要である。当研究室では酸化還元能を有するCe&lt;sub&gt;0.25&lt;/sub&gt;Zr&lt;sub&gt;0.75&lt;/sub&gt;O&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;複合酸化物などの担体にRhを担持した触媒が、この様な低温でも高いC&lt;sub&gt;3&lt;/sub&gt;H&lt;sub&gt;8&lt;/sub&gt;水蒸気改質活性を有することを見出している。今回はこの触媒が高活性を示した原因について、反応機構の面から検討した結果を報告する。

    researchmap

  68. 水素製造用アンモニア分解におけるCo/Mg-Al oxideへの助触媒添加効果

    小野 優奈, 佐藤 勝俊, 永岡 勝俊  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2016 巻 ( 0 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    近年、NH&lt;sub&gt;3&lt;/sub&gt;を水素キャリアとした高度エネルギー変換・利用プロセスが提唱されている。一般に、NH&lt;sub&gt;3&lt;/sub&gt;分解には高価なRu触媒が用いられているが、我々は粘土状化合物であるハイドロタルサイトを前駆体とし、非貴金属を活性成分として用いた安価で高活性なMg-Al oxide担持触媒を報告している。今回は、Co/Mg-Al oxideに対して、希土類元素などの少量の添加物を加えるとNH&lt;sub&gt;3&lt;/sub&gt;分解活性が向上することを見出したので、その結果を報告する。&lt;br&gt;

    researchmap

  69. メタンドライリフォーミング用Co‐Mg‐O固溶体還元触媒でのAl添加効果の検討

    日野雅弥, 韓喬, 石川崇央, 北山悟大, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 山内美穂, 永岡勝俊  

    石油・石油化学討論会講演要旨45th 巻   頁: 130   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  70. アンモニア合成用Ru/Pr<sub>6</sub>O<sub>11</sub>触媒のキャラクタリゼーションと速度論解析

    今村和也, 宮原伸一郎, 佐藤勝俊, 今村和也, 宮原伸一郎, 佐藤勝俊, 山本知一, 松村晶, 永岡勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集116th 巻   頁: 435 - 436   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  71. キノリンの選択的水素化へのPd‐Ru固溶ナノ粒子触媒の応用

    山本秀昂, 今村和也, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 草田康平, 草田康平, 小林浩和, 小林浩和, 北川宏, 北川宏, 永岡勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集116th 巻   頁: 134   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  72. 三元触媒の省貴金属化を志向したPt‐汎用金属複合触媒の開発

    宮澤慧, 友永裕之, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 細川三郎, 細川三郎, 田中庸裕, 田中庸裕, 永岡勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集116th 巻   頁: 370   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  73. 担持Ru触媒の酸化熱を利用したNH<sub>3</sub>酸化分解の常温駆動―Ru担持量の影響の検討―

    田崎凌, 兼田雅弘, 武石優磨, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集116th 巻   頁: 441   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  74. 低温でのプロパン水蒸気改質に用いる担持Rh触媒の反応機構の検討

    兪琳, 佐藤勝俊, 佐藤康司, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集116th 巻   頁: 422   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  75. CO選択酸化用Ru/α‐Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>のNH<sub>3</sub>共存下における劣化機構とPtによる抑制効果のin‐situ XAFSを用いた検討

    佐藤勝俊, 財津修平, 寺村謙太郎, 田中庸裕, 永岡勝俊  

    日本化学会講演予稿集95th 巻 ( 2 ) 頁: 603   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  76. アンモニア分解による水素製造反応でのハイドロタルサイトを前駆体としたCeO<sub>2</sub>添加Ni系触媒の反応特性の検討

    安部成彦, 川越貴史, 田崎凌, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    日本化学会講演予稿集95th 巻 ( 2 ) 頁: 605   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  77. 低温低圧条件で高活性を示すNH<sub>3</sub>合成用担持Ru触媒の開発(2)Ru/Pr<sub>6</sub>O<sub>11</sub>触媒の特性評価

    今村和也, 宮原伸一郎, 佐藤勝俊, 山本知一, 松村晶, 永岡勝俊  

    日本化学会講演予稿集95th 巻 ( 2 ) 頁: 405   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  78. 新規fcc構造を有するルテニウムナノ粒子の合成とその物性

    草田康平, 山本知一, 松村晶, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, KUMARA Rosantha, 坂田修身, 北川宏  

    日本化学会講演予稿集95th 巻 ( 3 ) 頁: 763   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  79. 多孔性配位高分子をシェルに有するコア‐シェル型複合体触媒の開発

    影浦尚幸, 武石優磨, 伊東矢顕, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    日本化学会講演予稿集95th 巻 ( 2 ) 頁: 603   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  80. 低温プロパン水蒸気改質用担持Rh触媒の反応機構に関する検討

    兪琳, 佐藤勝俊, 野中暁, 小川泰仁, 永岡勝俊  

    触媒討論会講演予稿集115th 巻   頁: 113   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  81. 担持Ru触媒を用いた吸着熱によるNH<sub>3</sub>酸化分解の常温駆動―酸点を有する担体の効果の検討―

    武石優磨, 永星孝明, 本多恭子, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会講演予稿集115th 巻   頁: 226   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  82. メタンドライリフォーミング用Co-Mg-O固溶体還元触媒でのAl添加効果の検討

    日野 雅弥, 韓 喬, 石川 崇央, 北山 悟大, 佐藤 勝俊, 山内 美穂, 永岡 勝俊  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2015 巻 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    近年、シェールガス発掘技術のイノベーションにより、メタンのドライリフォーミングが注目されている。Co-Mg-O固溶体還元触媒は、メタンのドライリフォーミングで優れた炭素析出耐性を示すが、Coの還元度が低く、Coの酸化により失活することが知られている。これに対して、我々はこの触媒に少量のAlを添加するとCoの還元度と触媒の耐久性が劇的に向上することを見出した。今回は&lt;sup&gt;27&lt;/sup&gt;Al NMRを用いてAlの存在状態を調べるとともに、Al添加量が触媒特性に及ぼす影響について検討した。

    researchmap

  83. 炭化水素あるいはアンモニアを用いた水素製造反応のコールドスタートプロセスの構築

    永岡 勝俊  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2015 巻 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    我々は、触媒の自己発熱を利用し、触媒を室温からハイドロカーボンの酸化的改質、あるいはアンモニアの酸化分解の開始温度まで急速に加熱することで、これらの水素製造反応を無加熱・瞬時に室温から駆動するプロセスの構築に成功した。講演では、高速起動性やコールドスタートプロセスのメカニズムを示すとともに、このプロセスで使用する触媒の設計指針、それに基づく触媒の改良について報告する。

    researchmap

  84. 燃料電池への応用を志向した<i>n</i>-ブタンの酸化改質に用いるコールドスタートプロセスの開発

    永岡 勝俊, 佐藤 勝俊  

    Journal of the Japan Petroleum Institute58 巻 ( 5 ) 頁: 274 - 284   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    Redox能を有する担体にRhを担持した触媒を用いることで,炭化水素の酸化改質による水素製造反応のコールドスタートプロセスの構築に成功した。このプロセスは還元した触媒の酸化により発生した熱で,触媒を常温から酸化改質の反応開始温度まで急速に加熱することで,結果的に酸化改質を常温から駆動するものである。873 Kで水素処理したRh/CeO&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;では&lt;i&gt;n&lt;/i&gt;-ブタンの酸化改質の常温駆動が可能であったが,還元態の常温での再酸化性に劣るRh/Pr&lt;sub&gt;6&lt;/sub&gt;O&lt;sub&gt;11&lt;/sub&gt;とRh/Tb&lt;sub&gt;4&lt;/sub&gt;O&lt;sub&gt;7&lt;/sub&gt;では常温駆動ができなかった。そのため,このプロセスに用いる触媒の担体には還元性はもちろんのこと,常温での酸化性が強く求められることが明らかとなった。そこで,低温での酸化還元特性に優れたCe&lt;sub&gt;0.5&lt;/sub&gt;Zr&lt;sub&gt;0.5&lt;/sub&gt;O&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;をRh触媒の担体に用いたところ,373 Kでの還元,および酸化改質の生成物である水素による&lt;i&gt;in-situ&lt;/i&gt;還元によって担体が還元され,熱損失の起こる非断熱条件であっても,繰り返しの常温駆動が可能となった。この新規酸化改質プロセスは新世代の自立型燃料電池の実現に寄与するものであると期待される。

    DOI: 10.1627/jpi.58.274

    researchmap

  85. ハイドロタルサイトを前駆体とした担持Ni触媒によるアンモニア分解反応(第2報)酸化物添加効果の検討

    安部成彦, 川越貴史, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    石油・石油化学討論会講演要旨44th 巻   頁: 335   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  86. 担体機能を利用した低温プロパン水蒸気改質用貴金属担持触媒の開発

    兪琳, 佐藤勝俊, 野中暁, 小川泰仁, 永岡勝俊  

    石油・石油化学討論会講演要旨44th 巻   頁: 311   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  87. 自動車排ガス中のCO浄化を目的とした担持Pd触媒の開発

    中野孝紀, 佐藤勝俊, 山田啓司, 永岡勝俊  

    石油・石油化学討論会講演要旨44th 巻   頁: 92   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  88. CO酸化をモデル反応としたPd‐Ru固溶型ナノ合金の触媒特性評価

    財津修平, 佐藤勝俊, 安高美奈子, 屋山巴, 石元孝佳, 古山通久, 山本知一, 松村晶, 草田康平, 小林浩和, 北川宏, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集114th 巻   頁: 476   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  89. 低温低圧条件で高活性を示すアンモニア合成用担持Ru触媒の開発

    今村和也, 宮原伸一郎, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集114th 巻   頁: 400   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  90. 担持Pd‐Ru触媒の自動車排ガス浄化反応への応用

    友永裕之, 兼松誉, 佐藤勝俊, 山本知一, 松村晶, 草田康平, 小林浩和, 北川宏, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集114th 巻   頁: 468   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  91. Pd‐Ruナノ粒子の三元触媒活性評価

    山本知一, 佐藤勝俊, 草田康平, 小林浩和, 友永裕之, 吉岡聰, 安田和弘, 永岡勝俊, 北川宏, 松村晶  

    日本金属学会講演概要(CD-ROM)155th 巻   頁: ROMBUNNO.138   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  92. 金属ナノ粒子担持ZIF‐8の触媒特性

    貞清正彰, 金野優, 吉丸翔太郎, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 笠井秀隆, 加藤健一, 山内美穂  

    錯体化学会討論会講演要旨集64th 巻   頁: 83   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  93. メタンの高圧ドライ改質用Co‐Mg‐O固溶体還元触媒への異元素添加効果の検討

    北山悟大, 石川崇央, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    日本化学会講演予稿集94th 巻 ( 2 ) 頁: 533   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  94. 低級オレフィンの合成を目指したFischer‐Tropsch合成用担持金属触媒の開発

    伊東矢顕, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    日本化学会講演予稿集94th 巻 ( 2 ) 頁: 585   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  95. 酸性酸化物担持Ru触媒を用いたアンモニアの酸化分解による水素製造反応の常温駆動

    永星孝明, 武石優磨, 本多恭子, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    日本化学会講演予稿集94th 巻 ( 2 ) 頁: 533   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  96. メタンの酸化的改質のコールドスタートにおける反応条件の最適化

    佐藤勝俊, 永星孝明, 瀧田祐作, 永岡勝俊  

    触媒討論会講演予稿集113th 巻   頁: 143   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  97. Pd‐Ru合金ナノ粒子の熱安定性とCO選択酸化触媒活性

    山本知一, 草田康平, 佐藤勝俊, 小林浩和, 友永裕之, 兼松誉, 吉岡聰, 安田和弘, 永岡勝俊, 北川宏, 松村晶  

    日本金属学会講演概要(CD-ROM)154th 巻   頁: ROMBUNNO.103   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  98. Ce-Zr-Si複合酸化物担持触媒の調製と酸化的改質のコールドスタートへの応用

    佐藤 勝俊, 河野 公亮, 宮崎 達郎, 道明 良幸, 瀧田 祐作, 永岡 勝俊  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2014 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    &lt;br&gt;我々は還元状態のCeO&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;担持触媒が急速に酸化、発熱するという特性を利用して、室温で炭化水素の酸化的改質を急速に駆動させるプロセス(コールドスタートプロセス)を開発してきた。これまでの研究でZrの添加がCeO&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;の還元特性を大幅に向上させることを見出しているが、今回はさらにSiの添加効果に着目し、還元特性や炭素析出耐性への影響を検討した。

    researchmap

  99. ハイドロタルサイトを前駆体とした担持Ni 触媒によるアンモニア分解反応(第2報)酸化物添加効果の検討

    安部 成彦, 川越 貴史, 佐藤 勝俊, 永岡 勝俊  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2014 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    アンモニアは次世代のエネルギーキャリアとして期待されている。担持Ni触媒は優れたアンモニア分解活性を示すが、熱力学的平衡上100%アンモニア分解が可能な400℃付近での性能にはまだ改善の余地がある。本研究では、陽イオンサイトをNiで置換したハイドロタルサイトを調製して担持Ni触媒の前駆体として用いたほか、塩基性酸化物の添加効果についても検討を行い、担持Ni触媒の高活性化に取り組んだ。

    researchmap

  100. 担体機能を利用した低温プロパン水蒸気改質用貴金属担持触媒の開発

    兪 琳, 佐藤 勝俊, 野中 暁, 小川 泰仁, 永岡 勝俊  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2014 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    SOFCは理論上H&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;だけでなくCOや炭化水素をも直接燃料として利用できるが、C&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;以上の炭化水素は炭素析出の原因となるため燃料ガス中に含まれることは好ましくない。本研究ではLPGを用いるSOFCシステムを想定し、そのプレリフォーマーとして利用可能な、300~400℃という低温でもプロパンをC&lt;sub&gt;1&lt;/sub&gt;まで改質することのできる高性能な担持Rh触媒の開発を行った。

    researchmap

  101. 高いフィッシャー・トロプシュ反応活性を示すFeCoナノ合金触媒の作製と構造解明

    山内美穂, 山内美穂, 金野優, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 黒葛真行, 増田亮, 北尾真司, 瀬戸誠, 三井隆也  

    分子科学討論会講演プログラム&amp;要旨(Web)8th 巻   頁: ROMBUNNO.4B16 (WEB ONLY)   2014年

     詳細を見る

  102. 高いフィッシャー・トロプシュ反応活性を示すFeCoナノ合金触媒の作製と構造解明

    山内美穂, 山内美穂, 金野優, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 黒葛真行, 増田亮, 北尾真司, 瀬戸誠, 三井隆也  

    分子科学討論会講演プログラム&amp;要旨(Web)8th 巻   頁: ROMBUNNO.4B16 (WEB ONLY)   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  103. 金属ナノ粒子担持ZIF‐8の作製と触媒特性

    貞清正彰, 貞清正彰, 金野優, 吉丸翔太郎, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 永岡勝俊, 笠井秀隆, 笠井秀隆, 加藤健一, 加藤健一, 山内美穂, 山内美穂, 山内美穂  

    分子科学討論会講演プログラム&amp;要旨(Web)8th 巻   頁: ROMBUNNO.4B15 (WEB ONLY)   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  104. 自動車排ガス中のCO浄化を目的とした担持Pd触媒の開発

    中野 孝紀, 佐藤 勝俊, 山田 啓司, 永岡 勝俊  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2014 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    自動車排ガス中のハイドロカーボンやCOの除去には主に担持Pd触媒が用いられているが、従来型の触媒はPdの分散度が低く、活性が十分でないという問題がある。本研究では錯体重合法や保護剤の導入による調製法の改良によって担体上のPdの分散度を向上させ、担持Pd触媒の活性を向上させることを目的とした。

    researchmap

  105. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>酸化的改質の常温駆動に用いる省貴金属触媒の開発

    添田昌宏, 永星孝明, 宮崎達郎, 道明良幸, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    石油・石油化学討論会講演要旨43rd 巻   頁: 48   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  106. アンモニアの酸化分解による水素製造反応の常温駆動に用いる担持Ru触媒の担体効果

    武石優磨, 永星孝明, 本多恭子, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    石油・石油化学討論会講演要旨43rd 巻   頁: 27   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  107. バイオマスと二酸化炭素を原料としたエネルギー創製および効率化プロセスへの展開

    天尾豊, 永岡勝俊  

    大分大学産学官連携推進機構年報2 巻   頁: 99 - 101   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  108. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>の酸化的改質の常温駆動に用いるCe<sub>0.5</sub>Zr<sub>0.5</sub>O<sub>2</sub>担持Co触媒の開発

    添田昌宏, 永星孝明, 宮崎達郎, 道明良幸, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集112th 巻   頁: 394   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  109. ハイドロタルサイトを前駆体とした担持Ni触媒によるアンモニア分解反応

    安部成彦, 川越貴史, 本多恭子, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集112th 巻   頁: 330   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  110. 担持Ru触媒を用いたアンモニアの酸化分解による水素製造反応の常温駆動メカニズムの検討

    武石優磨, 永星孝明, 本多恭子, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集112th 巻   頁: 242   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  111. ヨウ化水素分解のための高効率触媒の開発

    山中梓, 永岡勝俊, 竹島伸一, 石原達己, 瀧田祐作  

    触媒討論会講演予稿集111th 巻   頁: 150   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  112. 触媒の自己発熱を利用したアンモニアの酸化分解による水素製造反応の常温駆動(1)―触媒の酸化熱の利用―

    佐藤勝俊, 永星孝明, 本多恭子, 永岡勝俊  

    触媒討論会講演予稿集111th 巻   頁: 153   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  113. 触媒の自己発熱を利用したアンモニアの酸化分解による水素製造反応の常温駆動(2)―アンモニアの吸着熱の利用―

    永岡勝俊, 永星孝明, 本多恭子, 佐藤勝俊  

    触媒討論会講演予稿集111th 巻   頁: 154   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  114. フィッシャー・トロプシュ反応による高選択的低級オレフィン合成のための鉄‐コバルトナノ合金触媒の作製

    金野優, 貞清正彰, 山内美穂, 佐藤勝俊, 永岡勝俊  

    日本化学会講演予稿集93rd 巻 ( 3 ) 頁: 716   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  115. <i>n-</i>C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>酸化的改質の常温駆動に用いる省貴金属触媒の開発

    添田 昌宏, 宮崎 達郎, 道明 良幸, 永星 孝明, 佐藤 勝俊, 永岡 勝俊  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2013 巻 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    当研究室では還元処理したRh/Ce&lt;sub&gt;0.5&lt;/sub&gt;Zr&lt;sub&gt;0.5&lt;/sub&gt;O&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;の自発的な酸化により触媒層が内部加熱されることを利用し、&lt;i&gt;n-&lt;/i&gt;ブタンの酸化的改質を常温から瞬時に駆動可能であることを報告した。しかし、Rhは高価な貴金属であるため、担持量を削減することが望ましい。今回は、安価なCoと少量のRhを担持量を変えてCe&lt;sub&gt;0.5&lt;/sub&gt;Zr&lt;sub&gt;0.5&lt;/sub&gt;O&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;に担持することで省貴金属化を志向した触媒の開発を行った。その結果、 0.0001 wt%のRhを加えた1 wt%Co/Ce&lt;sub&gt;0.5&lt;/sub&gt;Zr&lt;sub&gt;0.5&lt;/sub&gt;O&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;が非常に有望な触媒であることを見出した。

    researchmap

  116. メタン改質反応用CoNi/MgO触媒における微量添加Crの評価

    国須正洋, 稲元伸, 須田江梨, 永岡勝俊, 仁谷浩明, 丹羽尉博, 岡部仁, 野村昌治  

    物構研サイエンスフェスタ要旨集1st 巻   頁: 45   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  117. アンモニアの酸化分解による水素製造反応の常温駆動に用いる担持Ru触媒の担体効果

    武石 優磨, 永星 孝明, 本多 恭子, 佐藤 勝俊, 永岡 勝俊  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2013 巻 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    通常のアンモニア分解は吸熱反応でるため、外部加熱によるエネルギー供給が必要であり、装置の起動に時間を要するという欠点がある。一方、当研究室では触媒の自己発熱を利用し、アンモニアと酸素を室温で流通させるだけで瞬時にアンモニアの酸化分解による水素製造反応を駆動可能であることを報告した。今回は、担持Ru触媒の担体効果について検討を行い、Ce&lt;sub&gt;0.5&lt;/sub&gt;Zr&lt;sub&gt;0.5&lt;/sub&gt;O&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;が有効であることを見出した。

    researchmap

  118. GTL用メタン改質触媒の開発

    永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集110th 巻   頁: 493   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  119. メタンの水蒸気改質用NiO‐MgO固溶体還元触媒へのCr添加によるDSS耐性の向上

    北山悟大, 石川崇央, 佐藤勝俊, 瀧田祐作, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集110th 巻   頁: 492   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  120. SiO<sub>2</sub>添加Rh/CeZrO<sub>2</sub>によるn‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>の酸化的改質反応の常温駆動

    佐藤勝俊, 河野公亮, 角直哉, 永星孝明, 宮崎達郎, 道明良幸, 瀧田祐作, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集110th 巻   頁: 71   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  121. 酸化チタン担持単Pd原子によるプロピレンエポキシ化反応機構に関するDFT計算

    大江將仁, 小林久芳, 永岡勝俊, 持田達也, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集110th 巻   頁: 360   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  122. プロセス開発と多機能触媒 炭化水素による水素製造触媒と起動プロセスの開発

    永岡勝俊, 佐藤勝俊  

    ケミカルエンジニヤリング57 巻 ( 9 ) 頁: 674 - 678   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  123. 炭化水素による水素製造触媒と起動プロセスの開発 (特集 プロセス開発と多機能触媒)

    永岡 勝俊, 佐藤 勝俊  

    ケミカルエンジニヤリング57 巻 ( 9 ) 頁: 674 - 678   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:化学工業社  

    researchmap

  124. バイオマスと二酸化炭素を原料としたエネルギー創製および効率化プロセスへの展開

    天尾豊, 永岡勝俊  

    大分大学産学官連携推進機構年報1 巻   頁: 62 - 64   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  125. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>の酸化改質反応の常温駆動用触媒に用いるNi/CeZrO<sub>2</sub>へのSiO<sub>2</sub>添加効果

    河野公亮, 佐藤勝俊, 宮崎達郎, 道明良幸, 瀧田祐作, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集109th 巻   頁: 34   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  126. n‐ブタンの酸化的改質の0°C駆動に用いるCe<sub>0.5</sub>Zr<sub>0.5</sub>O<sub>2</sub>担体の調製法に関する研究

    角直哉, 永星孝明, 佐藤勝俊, 瀧田祐作, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集109th 巻   頁: 133   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  127. NOx吸蔵還元用Pt‐Rh‐アルカリ土類金属/希土類酸化物の触媒劣化に関する検討

    牟禮辰洋, 山田啓司, 高見明秀, 西口宏泰, 瀧田祐作, 永岡勝俊  

    石油・石油化学討論会講演要旨41st 巻   頁: 280   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  128. アンモニア分解による水素製造反応用希土類酸化物担持金属触媒の開発

    川越貴史, 本多恭子, 伊吹恵美, 佐藤勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作, 永岡勝俊  

    石油・石油化学討論会講演要旨41st 巻   頁: 105   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  129. アンモニア分解による水素製造反応用Pr<sub>6</sub>O<sub>11</sub>担持金属触媒での助触媒添加効果

    本多恭子, 伊吹恵美, 川越貴史, 佐藤勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作, 永岡勝俊  

    触媒討論会討論会A予稿集108th 巻   頁: 26   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  130. CO選択酸化用Ru/α‐Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>へのPt添加による低濃度NH<sub>3</sub>被毒抑制

    八木翔, 佐藤勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作, 永岡勝俊  

    日本化学会講演予稿集91st 巻 ( 2 ) 頁: 626   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  131. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>の酸化改質反応の常温駆動用Ni/CeO<sub>2</sub>へのZrO<sub>2</sub>,SiO<sub>2</sub>添加効果

    河野公亮, 足立康平, 佐藤勝俊, 宮崎達朗, 道明良幸, 西口宏泰, 瀧田祐作, 永岡勝俊  

    日本化学会講演予稿集91st 巻 ( 2 ) 頁: 330   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  132. アンモニア分解による水素製造反応用Ru触媒でのCeO<sub>2</sub>担体の反応促進効果

    本多恭子, 川越貴史, 河野まなみ, 佐藤勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作, 永岡勝俊  

    日本化学会講演予稿集91st 巻 ( 2 ) 頁: 329   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  133. NO<sub>x</sub>吸蔵還元用Pt-Rh-アルカリ土類金属/希土類酸化物の触媒劣化に関する検討

    牟禮 辰洋, 山田 啓司, 高見 明秀, 西口 宏泰, 瀧田 祐作, 永岡 勝俊  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2011 巻 ( 0 ) 頁: 194 - 194   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    NOx吸蔵還元に用いる担持貴金属触媒の劣化挙動を解明することを目的とした。Pt-Rh-アルカリ土類金属/希土類酸化物に加速劣化処理を施した後に実用条件を模擬したLean/Richサイクルで活性測定を行ったところ低活性を示した。一方、加速劣化処理後に触媒を還元すると比較的高い活性が見られ、活性点が復活したことが示唆された。現在この2つの触媒の物性を比較することで触媒劣化の原因を検討中であり、発表時に合わせて報告する。

    DOI: 10.11523/sekiyu.2011f.0.194.0

    researchmap

  134. アンモニア分解による水素製造反応用希土類酸化物担持金属触媒の開発

    川越 貴史, 本多 恭子, 伊吹 恵美, 佐藤 勝俊, 西口 宏泰, 瀧田 祐作, 永岡 勝俊  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2011 巻 ( 0 ) 頁: 68 - 68   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    アンモニアには原料にCが含まれず、400 ℃という低温で100%分解可能である。さらに圧縮、運搬が容易なため次世代の水素キャリアーとして注目されている。当研究室では、これまでにRu/希土類酸化物触媒に助触媒として強塩基性のCs&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;Oを添加した触媒が高活性であることを見出した。そこで、今回はRu以外の金属を希土類酸化物に担持した触媒のアンモニア分解活性を評価した結果について報告する。

    DOI: 10.11523/sekiyu.2011f.0.68.0

    researchmap

  135. n‐C<sub>6</sub>H<sub>14</sub>の高圧水蒸気改質反応用La<sub>2</sub>O<sub>3</sub>/Ni/MgAl<sub>2</sub>O<sub>4</sub>の開発

    葛城雅子, 安達健二, 佐藤勝俊, 中山真衣子, 岡田治, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    石油・石油化学討論会講演要旨40th 巻   頁: 212   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  136. Lean/RichサイクルにおけるPt‐Rh‐アルカリ土類金属/酸化物でのNOx吸蔵還元挙動の研究

    牟禮辰洋, 山田啓司, 高見明秀, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集106th 巻   頁: 62   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  137. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>の酸化的改質反応の常温駆動用触媒のCeO<sub>2</sub>担体へのZrO<sub>2</sub>,SiO<sub>2</sub>添加効果

    河野公亮, 足立康平, 宮崎達郎, 道明良幸, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集106th 巻   頁: 239   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  138. CO選択酸化用Ru/α‐Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>へのPt添加によるNH<sub>3</sub>被毒制御

    八木翔, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 西口宏泰, 滝田祐作  

    化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集47th 巻   頁: 149   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  139. Lean/RichサイクルにおけるPt‐Rh‐BaO‐SrO/酸化物でのNOx吸蔵還元

    牟禮辰洋, 山田啓司, 高見明秀, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集47th 巻   頁: 152   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  140. NH<sub>3</sub>分解による水素製造用Ru/Pr<sub>6</sub>O<sub>11</sub>触媒の開発

    本多恭子, 伊吹恵美, 葛城雅子, 河野まなみ, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集47th 巻   頁: 148   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  141. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>の酸化的改質反応の常温駆動(8)―貴金属担持量の影響―

    佐藤勝俊, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    日本化学会講演予稿集90th 巻 ( 2 ) 頁: 302   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  142. <I>n</I>-C<SUB>6</SUB>H<SUB>14</SUB>の高圧水蒸気改質反応用La<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>/Ni/MgAl<SUB>2</SUB>O<SUB>4</SUB>の開発

    葛城 雅子, 安達 健二, 佐藤 勝俊, 中山 真衣子, 岡田 治, 西口 宏泰, 永岡 勝俊, 瀧田 祐作  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2010 巻 ( 0 ) 頁: 143 - 143   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    当研究室ではナフサの模擬ガスとしてn-ヘキサンを用い,低温で水蒸気と反応させC1化合物に分解するというプレ改質用の触媒開発を行っている.これまでに,Ni/MgAl&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;O&lt;SUB&gt;4&lt;/SUB&gt;が高圧下(0.8MPa)での反応に&gt;おいて高い活性を示すことを見出しているが,炭素が析出するという問題があった。今回はこの触媒に強塩基性のLa&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;O&lt;SUB&gt;3&lt;/SUB&gt;を添加することで,炭素析出を劇的に抑制することに成功したので報告する

    DOI: 10.11523/sekiyu.2010f.0.143.0

    researchmap

  143. アンモニア分解による水素製造反応用担持Ru触媒でのCs<SUB>2</SUB>O添加効果

    本多 恭子, 伊吹 恵美, 佐藤 勝俊, 永岡 勝俊, 西口 宏泰, 瀧田 祐作  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2010 巻 ( 0 ) 頁: 157 - 157   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    アンモニアには原料にC原子が含まれず、400℃という低温で水素と窒素に100%分解可能である。さらに圧縮、運搬が容易なため、固体高分子型燃料電池へ供給する水素のキャリアーとして注目されている。本研究では、これまでに担持Ru触媒について触媒の塩基性が強いほど高活性を示し、さらに助触媒として強塩基性のCs&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;Oを添加することでさらに活性が向上することを見出している。今回は種々の担体におけるCs&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;Oの添加効果について検討を行ったので報告する。

    DOI: 10.11523/sekiyu.2010f.0.157.0

    researchmap

  144. その場観察 第7回 高温XRDによる触媒構造の分析

    永岡勝俊  

    ペトロテック32 巻 ( 11 ) 頁: 841 - 843   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  145. Mechanism of Promotion Effects of Ce added to AlPO4 Effective for CFC Decomposition 査読有り

    Takeshi Takubo, Daigo Sato, Yasutaka Inao, Hiroyasu Nishiguchi, Katsutoshi Nagaoka, Yusaku Takita  

    KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU35 巻 ( 6 ) 頁: 623-632   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    AlPO4 which was prepared by neutralization of an aqueous solution of Al nitrate was amorphous and has a large specific surface area as much as 130m(2)/g after calcination at 1000 degrees C. After the calcination at 1100 degrees C, AlPO4 was slightly crystallized and the crystallite size of AlPO4 was about 16 nm and the catalytic activity was higher than that calcined at 1000 degrees C. But AlPO4 calcined at 1200 degrees C was more crystallized and the activity was decreased. On one hand, AlPO4 promoted by 10 mol% of Ce which was calcined at 1000 degrees C showed a maximum catalytic activity and crystallinity was the same as that of pure AlPO4 calcined at 1100 degrees C. Ce promoted AlPO4 after calcination at 1100 degrees C was well crystallized, and the catalytic activity was decreased.
    Therefore, it was concluded that Ce as a promoter, creates small AlPO4 particles which was conveniently crystallized to CCl2F2 decomposition by the calcination at 1000 degrees C which is 100 degrees C lower than that in case of pure AlPO4.
    By treatment with concentrated CCl2F2 at high temperatures such as 800 or 900 degrees C for 8 h, both AlPO4 and Ce promoted catalysts were much crystallized and SSA and the catalytic activity of the catalysts were decreased. The catalytic activity when it will be ultimately inactivated state was estimated using T-50% approached at zero SSA, and 550 degrees C will be required to obtain 100% CCl2F2 conversion for Ce promoted AlPO4 catalyst.
    AlPO4 was crystallized by a steam treatment at 900 degrees C to the same level of that calcined at 1100 degrees C in air and increased the catalytic activity. In case of Ce promoted AlPO4, steam treatment at 1000 degrees C promoted the crystallization of CePO4 but AlPO4 and increased the catalytic activity.
    The effects of CCl4, CF4, and CCl2F2 treatment were studied and found that AlPO4 was the most crystallized by the treatment by CCl2F2. This may be explained by the formation of chloridefluorides such as AlCl3-nFn and PCl5-mFm which can be sublimated only in the decomposition of CCl2F2.

    DOI: 10.1252/kakoronbunshu.35.623

    Web of Science

    Scopus

  146. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>の酸化的改質反応の常温駆動(7)CeO<sub>2</sub>とZrO<sub>2</sub>の複合化効果

    佐藤勝俊, 福田渉, 足立康平, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    石油・石油化学討論会講演要旨39th 巻   頁: 82 - 83   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  147. Na<sub>2</sub>Ti<sub>3</sub>O<sub>7</sub>を用いた植物油からのBDF合成用固体触媒と装置の開発

    石田寛, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集104th 巻   頁: 67   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  148. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>の酸化的改質反応の常温駆動(6)―ペロブスカイト型酸化物担持Rh触媒―

    足立康平, 宮崎達郎, 道明良幸, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集104th 巻   頁: 233   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  149. DSS条件下におけるメタンの水蒸気改質反応でのNi/CeO<sub>2</sub>,Ni/CePO<sub>4</sub>触媒の活性発現機構に関する研究

    平山武, 安達健二, 阿部陽介, 永岡勝俊, 西口宏泰, 滝田祐作  

    日本化学会講演予稿集89th 巻 ( 1 ) 頁: 532   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  150. Rh/Ce<sub>x</sub>Zr<sub>1-x</sub>O<sub>2</sub>の還元酸化を利用したn‐ブタンの酸化的改質反応の繰り返し常温駆動

    佐藤勝俊, 福田渉, 足立康平, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒51 巻 ( 2 ) 頁: 141 - 143   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  151. Rh/Ce_xZr_<1-x>O_2の還元酸化を利用したn-ブタンの酸化的改質反応の繰り返し常温駆動

    佐藤 勝俊, 福田 渉, 足立 康平, 永岡 勝俊, 西口 宏泰, 瀧田 祐作  

    觸媒 = Catalyst51 巻 ( 2 ) 頁: 141 - 143   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:触媒学会  

    CiNii Books

    researchmap

  152. <I>n</I>-C<SUB>4</SUB>H<SUB>10</SUB>の酸化的改質反応の常温駆動(第7報)CeO<SUB>2</SUB>とZrO<SUB>2</SUB>の複合化効果

    佐藤 勝俊, 福田 渉, 足立 康平, 永岡 勝俊, 西口 宏泰, 瀧田 祐作  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2009 巻 ( 0 ) 頁: 49 - 49   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    Rh/CeO&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;は、873 K以上で還元処理することで、反応ガス中のO&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;によって酸化される際の発熱を利用することにより、&lt;I&gt;n&lt;/I&gt;-ブタンの酸化的改質反応を常温かつ無加熱で駆動出来るようになる。また、CeO&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;に25 mol%のZrO&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;を複合化させることで、この還元温度は473 Kまで劇的に低下する。今回はCe/Zrの比が触媒の特性に与える影響について検討した。Ce/Zr比が低下するにつれ、触媒の還元性及び還元後のO&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;吸収量が向上することが明らかとなった。

    DOI: 10.11523/sekiyu.2009f.0.49.0

    researchmap

  153. 高温還元したRh/CeO2の自発的酸化によるn-ブタンの酸化的改質反応の常温駆動

    佐藤 勝俊, 福田 渉, 中鋪 勝太, 永岡 勝俊, 西口 宏泰, 瀧田 祐作  

    水素エネルギーシステム33 巻   頁: 44-48   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  154. SDSを用いた炭酸カルシウム‐硫酸カルシウム複合体ナノチューブの合成

    谷田紗貴, 杉原久夫, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    無機マテリアル学会学術講演会講演要旨集117th 巻   頁: 70 - 71   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  155. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>の酸化的改質反応の常温駆動(5)希土類酸化物へのZrの複合化効果

    永岡勝俊, 佐藤勝俊, 福田渉, 足立康平, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    石油・石油化学討論会講演要旨38th 巻   頁: 101 - 102   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  156. AlPO<sub>4</sub>系触媒の触媒構造とフロン分解活性

    佐藤大悟, 稲尾恭敬, 柏木大心, 田久保剛, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集102nd 巻   頁: 134   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  157. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>の酸化的改質反応の常温駆動(4)―複合酸化物担体による還元温度の低温化―

    佐藤勝俊, 福田渉, 足立康平, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集102nd 巻   頁: 340   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  158. Pd‐Au/TiO<sub>2</sub>を用いた気相水素存在下でのプロピレンの部分酸化

    西口宏泰, 持田達也, 柿原俊明, 永岡勝俊, 野村要平, 石原達己, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集102nd 巻   頁: 391   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  159. n‐C<sub>6</sub>H<sub>14</sub>の高圧水蒸気改質反応用担持Ni触媒の担体効果の検討

    安達健二, 佐藤勝俊, 岡田治, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集102nd 巻   頁: 341   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  160. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>の酸化的改質反応の常温駆動(5)―Ni/CeO<sub>2</sub>による駆動―

    足立康平, 佐藤勝俊, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集45th 巻   頁: 81   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  161. BDF合成のための固体塩基触媒の開発

    金子允昭, 黒田歩, 杉原久夫, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集101st 巻   頁: 166   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  162. GTLプロセスのための高圧メタン改質反応用MgO担持卑金属触媒の開発(3)

    橋本祐作, 佐藤勝俊, 若月俊也, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集101st 巻   頁: 93   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  163. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>の酸化的改質反応の常温駆動(3)―希土類酸化物担持Ni触媒に関する検討―

    福田渉, 佐藤勝俊, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集101st 巻   頁: 102   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  164. 「天然ガスリフォーミング触媒の開発」

    永岡勝俊  

    大分大学地域共同研究センター年報 ( 13 ) 頁: 42 - 51   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  165. BDF合成のための固体塩基触媒の開発 II

    金子允昭, 黒田歩, 杉原久夫, 西口宏泰, 永岡勝俊, 滝田祐作  

    日本化学会講演予稿集88th 巻 ( 1 ) 頁: 476   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  166. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>の酸化的改質反応の常温駆動(4)―NiとCeO<sub>2</sub>の作用機構―

    足立康平, 福田渉, 佐藤勝俊, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    日本化学会講演予稿集88th 巻 ( 1 ) 頁: 477   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  167. CeO<sub>2-x</sub>の酸化を利用したn‐ブタンの酸化的改質反応の常温駆動

    永岡勝俊, 佐藤勝俊, 福田渉, 中鋪勝太, 西口宏泰, 滝田祐作  

    化学工学会年会研究発表講演要旨集73rd 巻   頁: 539 - 547   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 化学工学会  

    DOI: 10.11491/scej.2008.0.547.0

    J-GLOBAL

    researchmap

  168. <I>n</I>-C<SUB>4</SUB>H<SUB>10</SUB>の酸化的改質反応の常温駆動(5)希土類酸化物へのZrの複合化効果

    永岡 勝俊, 佐藤 勝俊, 福田 渉, 足立 康平, 西口 宏泰, 瀧田 祐作  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2008 巻 ( 0 ) 頁: 70 - 70   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    当研究室ではこれまでに、還元処理した希土類酸化物担持金属触媒上でn-ブタンの酸化的改質反応を常温かつ無加熱で駆動できることを報告している。しかし、CeO&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;担持触媒の場合、反応を駆動させるためには873K以上での還元が必要であった。そこで、今回は反応の駆動に必要な還元処理の低温化を目的とし、希土類酸化物担体へのZrの複合化効果について検討した。その結果、Ce-Zr系複合酸化物を担体として用いると、473Kでの還元後に反応を駆動可能であることが明らかとなった。

    researchmap

  169. CeO<sub>2-x</sub>の酸化を利用した<i>n</i>-ブタンの酸化的改質反応の常温駆動

    永岡 勝俊, 佐藤 勝俊, 福田 渉, 中鋪 勝太, 西口 宏泰, 滝田 祐作  

    化学工学会 研究発表講演要旨集2008 巻 ( 0 ) 頁: 547 - 547   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 化学工学会  

    DOI: 10.11491/scej.2008.0.547.0

    researchmap

  170. Oxidation of partially reduced ceria as a trigger of n-butane oxidative reforming from room temperature 査読有り

    Nagaoka K, Sato K, Nishiguchi H, Takita Y  

    17th World Hydrogen Energy Conference 2008, WHEC 20082 巻   頁: 1056 - 1059   2008年

  171. GTLプロセスのための高圧メタン改質反応用MgO担持卑金属触媒の開発(2)

    橋本祐作, 佐藤勝俊, 若月俊也, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    石油・石油化学討論会講演要旨37th 巻   頁: 19   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  172. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>の酸化的改質反応の常温駆動(1)CeO<sub>2‐x</sub>の自発的酸化による発熱の利用

    佐藤勝俊, 福田渉, 中鋪勝太, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    石油・石油化学討論会講演要旨37th 巻   頁: 31 - 32   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  173. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>の酸化的改質反応の常温駆動(2)担持Ni触媒の探索

    福田渉, 佐藤勝俊, 中鋪勝太, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    石油・石油化学討論会講演要旨37th 巻   頁: 33   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  174. n‐ブタンの酸化的改質反応を常温で駆動可能な卑金属触媒系の構築

    佐藤勝俊, 福田渉, 中鋪勝太, 菊谷佳代, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集100th 巻   頁: 176   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  175. TAPシステムによるCe<sub>0.8</sub>Pr<sub>0.1</sub>‐X<sub>0.1</sub>Oy酸化物のCO酸化活性の検討(2)‐加速劣化処理の影響‐

    久保政和, 萱田佑斗, 河野崇, 高見明秀, 山田啓司, 永岡勝俊, 西口宏泰, 滝田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集100th 巻   頁: 285   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  176. CeO<sub>2-x</sub>の自発的酸化を利用したn‐ブタンの酸化的改質反応の常温駆動とそのメカニズム

    永岡勝俊, 佐藤勝俊, 福田渉, 中鋪勝太, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒49 巻 ( 6 ) 頁: 444 - 446   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:触媒学会  

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  177. CeO_<2-x>の自発的酸化を利用したn-ブタンの酸化的改質反応の常温駆動とそのメカニズム

    永岡 勝俊, 佐藤 勝俊, 福田 渉, 中鋪 勝太, 西口 宏泰, 瀧田 祐作  

    触媒 = Catalysts & Catalysis49 巻 ( 6 ) 頁: 444 - 446   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:触媒学会  

    CiNii Books

    researchmap

  178. DSS条件下におけるメタンの改質反応で耐久性を有するNi触媒の開発

    平山武, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集44th 巻   頁: 121   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  179. La<sub>3‐X</sub>M<sub>x</sub>TaO<sub>7</sub>系酸化物の調製と光触媒としての応用

    足立義典, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集44th 巻   頁: 120   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  180. <sup>18</sup>Oトレーサーによるリン酸塩触媒上のフロン分解反応機構

    廣瀬寛, 佐藤大悟, 西口宏康, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集99th 巻   頁: 145   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  181. GTLプロセスのための高圧メタン改質反応用MgO担持卑金属触媒の開発 (2)

    橋本祐作, 佐藤勝俊, 若月俊也, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集99th 巻   頁: 12   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  182. PrOx担持貴金属触媒を用いたNOx還元反応

    萱田佑斗, 河野崇, 久保政和, 佐野要平, 山田啓司, 高見明秀, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集99th 巻   頁: 48   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  183. TAPによるペロブスカイト型化合物のCO酸化活性の検討 (5)

    工藤久美子, 高見明秀, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集99th 巻   頁: 81   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  184. CH<sub>4</sub>の改質反応用希土類リン酸塩担持Ni触媒の開発(4)

    平山武, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    日本化学会講演予稿集87th 巻 ( 1 ) 頁: 504   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  185. DME水蒸気改質における酸化物触媒の検討

    白石良太, 玉井愛美, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    日本化学会講演予稿集87th 巻 ( 1 ) 頁: 505   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  186. TAPシステムによるCe<sub>0.8</sub>Pr<sub>0.1</sub>X<sub>0.1</sub>Oy酸化物のCO酸化活性の検討

    久保政和, 高見明秀, 山田啓司, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    日本化学会講演予稿集87th 巻 ( 1 ) 頁: 507   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  187. <I>n</I>-C<SUB>4</SUB>H<SUB>10</SUB>の酸化的改質反応の常温駆動(1)CeO<SUB>2-<I>x</I></SUB>の自発的酸化による発熱の利用

    佐藤 勝俊, 福田 渉, 中鋪 勝太, 永岡 勝俊, 西口 宏泰, 瀧田 祐作  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2007 巻 ( 0 ) 頁: 12 - 12   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    炭化水素の改質反応における起動時の最大の問題点は、触媒を加熱するのに時間を要し、水素を迅速に生成できないことである。そこで、加熱を必要としない&lt;I&gt;n&lt;/I&gt;-C&lt;SUB&gt;4&lt;/SUB&gt;H&lt;SUB&gt;10&lt;/SUB&gt;の酸化的改質反応の常温駆動について検討を行った。その結果、還元処理後のCeO&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;を担体とした担持金属触媒を用いることで、担体の自己発熱により触媒層が加熱され、反応の常温駆動が可能となる事を見出した。また、従来のAl&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;O&lt;SUB&gt;3&lt;/SUB&gt;、MgO等の金属酸化物担体を用いて検討したが、この様な機能を示す担体はCeO&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;のみであった。

    DOI: 10.11523/sekiyu.2007f.0.12.0

    researchmap

  188. GTLプロセスのための高圧メタン改質反応用MgO担持卑金属触媒の開発(2)

    橋本 祐作, 佐藤 勝俊, 若月 俊也, 永岡 勝俊, 西口 宏泰, 瀧田 祐作  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2007 巻 ( 0 ) 頁: 5 - 5   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    当研究室ではMgOにNiとCoを固溶化し、これを高温で還元し調製したMgO担持CoNi触媒が、高圧条件でのメタンの改質反応において高く安定した活性を示すことを報告した。しかし、低温で反応を行うと活性金属の酸化により触媒活性は徐々に低下した。そこで、この触媒に種々の元素をドープし酸化耐性の向上を試みたところ、活性金属の酸化が抑制され、安定した活性を示す数種の元素を見出した。

    DOI: 10.11523/sekiyu.2007f.0.5.0

    researchmap

  189. <I>n</I>-C<SUB>4</SUB>H<SUB>10</SUB>の酸化的改質反応の常温駆動(2)担持Ni触媒の探索

    福田 渉, 佐藤 勝俊, 中鋪 勝太, 永岡 勝俊, 西口 宏泰, 瀧田 祐作  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2007 巻 ( 0 ) 頁: 13 - 13   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    CeO&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;担持触媒の活性金属をRhに比べて安価な卑金属に変えて実験を行った。その結果、Ni及びCoを活性金属としても、&lt;I&gt;n&lt;/I&gt;-C&lt;SUB&gt;4&lt;/SUB&gt;H&lt;SUB&gt;10&lt;/SUB&gt;の酸化的改質反応を常温で駆動させることが可能であった。更に、CeO&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;以外で、酸化的改質反応の常温駆動が可能な触媒担体を探索するため、種々の希土類酸化物にNiを担持した触媒を調製して、実験を行った。その結果、CeO&lt;SUB&gt;2&lt;/SUB&gt;と同じ蛍石型構造を持つPrOx及びTbOxを担体にした触媒が、反応を常温、無加熱で開始可能であることを見出した。

    DOI: 10.11523/sekiyu.2007f.0.13.0

    researchmap

  190. CH<inf>4</inf> autothermal reforming over Ni/(metal phospate)

    Katsutoshi Nagaoka, Toshikazu Eiraku, Hiroyasu Nishiguchi, Yusaku Takita  

    16th World Hydrogen Energy Conference 2006, WHEC 20062 巻   頁: 1475 - 1478   2006年12月

     詳細を見る

    Ni was supported on various types of metal phosphates and their availability in autothermal reforming of CH4 was investigated. It has been found that Ni/(rare earth phosphate), particularly Ni/(Gd, Ce or ErPO 4), show high and stable activities. The catalysts also exhibited extremely high resistance against coking. On the other hand, catalysts including Zr, or GaPO4 or Ca2P2O7 were deactivated/inactive and did not show activity eventually. Results of XRD measurements after different treatments revealed that difference of the catalytic behaviour was associated to the stability of metal phosphate during H2 reduction at high temperature.

    Scopus

    researchmap

  191. DME改質反応用リン酸塩担持Cu触媒の開発

    玉井愛美, 白石良太, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    石油・石油化学討論会講演要旨36th 巻   頁: 21   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  192. GTLプロセスのための高圧メタン改質反応用MgO担持卑金属触媒の開発

    橋本祐作, 佐藤勝俊, 若月俊也, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    石油・石油化学討論会講演要旨36th 巻   頁: 190   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  193. Prを含む排ガス浄化触媒の開発

    久保政和, 佐野要平, 河野崇, 萱田佑斗, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    石油・石油化学討論会講演要旨36th 巻   頁: 319   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  194. Pr含有複合酸化物担持貴金属触媒を用いたNOx還元反応(2)

    久保政和, 佐野要平, 河野崇, 萱田佑斗, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集98th 巻   頁: 283   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  195. TAPによるペロブスカイト型化合物のCO酸化活性の検討(4)

    久保政和, 工藤久美子, 高見明秀, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集43rd 巻   頁: 36   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  196. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>オートサーマル改質反応用Ni/MgO及びCo/MgOの高活性化に関する研究

    佐藤勝俊, 橋本祐作, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集97th 巻   頁: 85   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  197. TAPによるペロブスカイト型化合物のCO酸化活性の検討 (3)

    工藤久美子, 高見明秀, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集97th 巻   頁: 7   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  198. Pr含有複合酸化物担持貴金属触媒を用いたNOx還元反応

    佐野要平, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集97th 巻   頁: 97   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  199. Mg‐V‐O複合酸化物を用いたイソブタンの選択酸化反応(3)

    祖田和也, 西口宏泰, 永岡勝俊, 滝田祐作  

    日本化学会講演予稿集86th 巻 ( 1 ) 頁: 135   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  200. CH4 autothermal reforming over Ni/(metal phospate) 査読有り

    Nagaoka K, Eiraku T, Nishiguchi H, Takita Y  

    16th World Hydrogen Energy Conference 2006, WHEC 20062 巻   頁: 1475 - 1478   2006年

  201. GTLプロセスのための高圧メタン改質反応用MgO担持卑金属触媒の開発

    橋本 祐作, 佐藤 勝俊, 若月 俊也, 永岡 勝俊, 西口 宏泰, 瀧田 祐作  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2006 巻 ( 0 ) 頁: 111 - 111   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    当研究室ではMgOに卑金属を固溶化し,これを高温で還元し調製したMgO担持卑金属触媒を用い,GTLプロセスへの応用を目的とした高圧条件におけるメタンの改質反応について研究している.今回はNi と Coの一方,又は両方を活性金属とし,H&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;O改質,CO&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;改質,さらにGTLに最適なH&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;/COが2の合成ガスを得ることができるH&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;O/CO&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;=2の条件で混合改質を行い,金属組成の最適化を行った.なお,この反応では触媒の失活抑制が最大の課題であるため,金属の酸化および炭素析出が起こりやすい850℃,および650℃で触媒反応について検討した.

    researchmap

  202. DME改質反応用リン酸塩担持Cu触媒の開発

    玉井 愛美, 白石 良太, 永岡 勝俊, 西口 宏泰, 瀧田 祐作  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2006 巻 ( 0 ) 頁: 6 - 6   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    メタノール改質活性の高いCuをフロン類の加水分解に高活性なリン酸塩に担持した触媒を用い、次世代の軽油代替燃料であるDMEの水蒸気改質反応について検討した。先ず種々のリン酸塩を用いてDME加水分解反応について検討したところ、AlPO&lt;SUB&gt;4&lt;/SUB&gt;が最も低温で活性を示した。そこでCu/AlPO&lt;SUB&gt;4&lt;/SUB&gt;を用いてDME水蒸気改質反応を行ったところ、20wt%Cu/AlPO&lt;SUB&gt;4&lt;/SUB&gt;が400℃で144mmolg&lt;SUP&gt;-1&lt;/SUP&gt;h&lt;SUP&gt;-1&lt;/SUP&gt;という非常に高い水素生成活性を示すことが明らかとなった。

    researchmap

  203. Prを含む排ガス浄化触媒の開発

    久保 政和, 佐野 要平, 河野 崇, 萱田 佑斗, 永岡 勝俊, 西口 宏泰, 瀧田 祐作  

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2006 巻 ( 0 ) 頁: 195 - 195   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 石油学会  

    低温域でのディーゼル車の排ガス用のNOx低減触媒の開発が必要とされている。当研究室では従来用いられているCeよりもPrが低温で優れた酸化還元挙動を示すことを見出している。そこで本研究では従来も用いられるZr-Ce酸化物の変わりにZr-Pr酸化物を助触媒として用い低温でディーゼルNOxを除去できる触媒を検討した。Rh/Pr-Zr酸化物ではPrの含有率が増えるほどNOx転化を阻害するが、Pt-Rh/ Pr-Zr酸化物ではPr酸化物のNOx転化阻害の影響を低減することがわかった。現在、各種酸化物がPt、Rhら貴金属に与える影響の検討を行っている。

    researchmap

  204. Mg‐V‐O複合酸化物を用いたイソブタンの選択酸化反応 (2)

    祖田和也, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    石油・石油化学討論会講演要旨35th 巻   頁: 108   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  205. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>オートサーマル改質反応用MgO担持非貴金属触媒の開発 (3)

    永岡勝俊, 佐藤勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    石油・石油化学討論会講演要旨35th 巻   頁: 209 - 210   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  206. n‐C<sub>4</sub>H<sub>10</sub>オートサーマル改質反応用MgO担持非貴金属触媒の開発(2)

    佐藤勝俊, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集96th 巻   頁: 144   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  207. りん酸塩金属触媒によるNF<sub>3</sub>の分解

    広瀬寛, 西口宏康, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集96th 巻   頁: 170   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  208. TAPによるペロブスカイト型化合物のCO酸化活性の検討(2)

    工藤久美子, 高見明秀, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集96th 巻   頁: 277   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  209. TAPシステムによるCe‐Pr酸化物の酸素,CO吸着特性の検討

    西口宏泰, 工藤久美子, ソン チョウカ, 永岡勝俊, 滝田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集95th 巻   頁: 80   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  210. V‐Mg‐O複合酸化物を用いたイソブタンの選択酸化反応

    浅香直子, 菊谷佳代, 祖田和也, 西口宏泰, 永岡勝俊, 滝田祐作  

    触媒討論会討論会A予稿集95th 巻   頁: 88   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  211. Mg<sub>1.8</sub>M<sub>0.2</sub>V<sub>2</sub>O<sub>7</sub>触媒によるイソブタンの非アエロビック酸化

    祖田和也, 浅香直子, 西口宏泰, 永岡勝俊, 滝田祐作  

    日本化学会講演予稿集85th 巻 ( 1 ) 頁: 84   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  212. MgO担持遷移金属触媒を用いたn‐ブタンのオートサーマル改質反応

    佐藤勝俊, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    日本化学会講演予稿集85th 巻 ( 1 ) 頁: 62   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  213. Ni/SiO<sub>2</sub>触媒を用いて合成したカーボンナノチューブの高効率分離

    佐野要平, 鈴木弘恵, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    日本化学会講演予稿集85th 巻 ( 1 ) 頁: 382   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  214. TAPによるペロブスカイト型化合物のCO酸化活性の検討

    工藤久美子, 高見明秀, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    日本化学会講演予稿集85th 巻 ( 1 ) 頁: 85   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  215. Mg‐V‐O系複合酸化物薄膜の合成

    祖田和也, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集42nd 巻   頁: 34   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  216. NF<sub>3</sub>の接触分解

    廣瀬寛, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集42nd 巻   頁: 33   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  217. TAPシステムによるCe‐Pt酸化物の酸素,CO吸着特性の検討(2)

    工藤久美子, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧口祐作  

    化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集42nd 巻   頁: 33   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  218. n‐ブタンオートサーマル改質反応用MgO担持非貴金属触媒の開発

    佐藤勝俊, 永岡勝俊, 西口宏泰, 瀧田祐作  

    化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集42nd 巻   頁: 32   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  219. LD/MALDI-TOF-MSによる析出炭素種の分析

    永岡 勝俊  

    触媒 = Catalysts & Catalysis46 巻 ( 8 ) 頁: 675 - 675   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  220. TAP法を用いた希土類添加Ce系酸化物のCO‐O<sub>2</sub>反応特性の検討

    西口宏泰, 宋朝霞, 山田啓司, 永岡勝俊, 滝田祐作  

    石油・石油化学討論会講演要旨34th 巻   頁: 310 - 311   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  221. NF<sub>3</sub>の接触分解に関する研究

    広瀬寛, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    日本化学会西日本大会講演予稿集2004 巻   頁: 434   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  222. TAP装置を用いた酸化物触媒上のCO酸化

    工藤久美子, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    日本化学会西日本大会講演予稿集2004 巻   頁: 444   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  223. Light alkane isomerization with sulfated zirconia - From mechanistic insight to new catalysts 査読有り

    Li X, Nagaoka K, Simon L.J, Lercher J.A  

    DGMK Tagungsbericht ( 3 ) 頁: 15 - 22   2004年

  224. SF<sub>6</sub>分解触媒に関する研究

    高井麻実, 山本理絵, 西口宏泰, 永岡勝俊, 瀧田祐作  

    化学関連支部合同九州大会講演予稿集41st 巻   頁: 21   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  225. Pt系触媒を用いたメタンからの合成ガス製造に関する研究

    永岡勝俊, SESHAN K, 秋鹿研一  

    石油・石油化学討論会講演要旨30th 巻   頁: 182   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  226. 海外若手便り オランダ・トゥエンテ大学

    永岡 勝俊  

    ペトロテック = Petrotech22 巻 ( 7 )   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  227. Pd触媒を用いたメタンのCO<sub>2</sub>リフォーミングにおける促進剤効果

    永岡勝俊, 秋鹿研一  

    日本化学会講演予稿集74th 巻 ( 2 ) 頁: 1143   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等 6

  1. グリーン水素の貯蔵を志向した温和な条件で高活性を示すアンモニア合成触媒の創製 招待有り

    永岡勝俊

    日本化学会101春季年会  2021年3月20日  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:zoom開催  

  2. Creation of active sites for NH3synthesis over Rare-Earth Oxide Supported Ru Catalyst 招待有り 国際会議

    2021年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  3. 水素エネルギー利用拡大に向けたアンモニア合成・分解触媒の開発 招待有り

    永岡勝俊

    愛知県 水素エネルギー社会形成研究会第1回セミナー @Web   2021年1月19日  愛知県経済産業局 産業部 産業科学技術課

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:zoom開催  

  4. 環境・エネルギー関連触媒の開発 招待有り

    永岡勝俊

    三菱UFJ銀行【名古屋大・名工学・岐阜大・三重学・名城大・豊橋術科大】  2020年11月27日  三菱UFJ銀行

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Zoom  

  5. 金属ナノ粒子触媒 招待有り

    永岡勝俊

    触媒学会西日本支部 第14回触媒道場  2020年9月18日  一般社団法人 触媒学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Zoom  

  6. 再生可能エネルギーの利用を志向したアンモニア合成触媒の開発

    永岡勝俊

    科学技術交流財団 再エネ水素利用研究会 第1回研究会  2020年7月27日  科学技術交流財団

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:zoom開催  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 貴金属フリーアンモニア合成触媒の高活性化に関する研究開発

    2020年4月 - 2023年3月

    水素社会構築に向けた革新研究助成 

    永岡勝俊

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. バナジウム合金メンブレンリアクターを用いた高効率アンモニア分解による高純度水素製造技術の開発

    2019年12月 - 2020年11月

    A-STEP機能検証フェーズ 試験研究タイプ  

    永岡 勝俊

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1010000円 ( 直接経費:730000円 、 間接経費:280000円 )

  3. コークス炉ガス中のアンモニアを水素リソースとして利用するための機 能性触媒開発

    2019年1月 - 2020年12月

    2019年度 技術研究助成  

    永岡勝俊

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

  4. エネルギーキャリアとしてのアンモニアを合成・分解するための特殊反応場の構築に関する基盤技術の創成

    2013年4月 - 2020年3月

    CREST 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 7

  1. 高温水素雰囲気での酸化物の移動現象を起源とした高活性窒素還元サイト発現の学理解明

    研究課題/研究課題番号:20H02522  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金 

    永岡 勝俊

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:18070000円 ( 直接経費:13900000円 、 間接経費:4170000円 )

    我々は希土類酸化物やアルカリ土類酸化物を含む担体からなるRu/Ba0.1La0.45Ce0.45O1.68触媒を、アンモニア合成用触媒としては非常識なほどに高温(600~700 ℃)で水素還元すると、高い活性が得られることを報告した。このとき、この触媒は既報の酸化物担持Ru触媒のなかで最も高い活性を示した。この触媒の活性点は、高温還元時に、担体が酸化物ナノフラクションとなりRuナノ粒子上に堆積することで形成された、強電子供与性のRuサイトであることが分かっている。本申請では、“その場観察”の先端技術を駆使し、酸化物担体の移動現象を直接観察し、そのメカニズムを解明することを目的とする。

  2. MW照射によるアンモニアと酸素からの瞬時水素製造プロセスの創出とオペランド解析

    研究課題/研究課題番号:21K18847  2021年7月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    永岡 勝俊, 佐藤 勝俊

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    マイクロ波(MW)を数秒照射するだけで、アンモニアと酸素からの水素製造を瞬時に起動し、以降は無加熱で水素を生成し続ける利便性に優れた触媒プロセスを開発する。特に,MW照射下での触媒の挙動を詳細に解析することで、短時間のMW照射で反応を起動できる触媒組成・構造を明らかにし、触媒の設計指針の獲得につなげる。MW照射下で昇温還元・脱離実験、同位体交換実験を実施することで、反応開始時の触媒挙動を解明する。さらに,これらを礎として、最終的にXAFSでの触媒解析を含むOperando解析も実施し,触媒挙動を解明することも目標とする.

    researchmap

  3. ヘテロエレメンタルシナジー触媒によるシェールガス化学的変換の新展開

    研究課題/研究課題番号:15H04188  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金 

    永岡 勝俊

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16250000円 ( 直接経費:12500000円 、 間接経費:3750000円 )

    本研究では、シェールガス革命により早期実現が求められているMTB(メタンtoブタジエン)プロセスでのキーテクノロジーである「高圧下でのメタンのドライリフォーミング反応(CH4+CO2→CO+2H2)」に用いる貴金属フリー触媒の開発に取り組んだ。
    Co-Al-Mg-O固溶体還元触媒でのAlのドープ量の影響やこの触媒への塩基性酸化物の添加効果について検討することで、高圧下でのメタンドライリフォーミング反応に用いる高い活性と耐久性を有する非貴金属触媒の開発に成功した。

  4. 元素間融合を基軸とする物質開発と応用展開

    2015年 - 2019年

    科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業ACCEL 

    北川 宏

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  5. 温和な条件でアンモニア分解により水素を製造するためのバイメタル触媒の開発

    研究課題/研究課題番号:24760641  2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金 

    永岡 勝俊

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    再生可能エネルギーを利用した水素社会の構築に資するアンモニア分解触媒の開発について検討した。塩基性の層状化合物であるハイドロタルサイトを前駆体とし、これを焼成することで高比表面積なMg-Al oxideを調製し、この担体に活性金属を担持した触媒を用いてアンモニア分解活性を調べた。その結果、5 wt%Ru/Cs2O/Mg-Al-oxideでは、SV = 3000 h-1の下、300℃という低温で51%のアンモニア転化率が得られた。一方、RuフリーのCeO2/15wt%Ni/ Mg-Al-oxideではRuには及ばないが500℃でほぼ100%のアンモニアを分解可能であることを見出した。

  6. 気体原料の高効率利用技術の開発」

    2010年 - 2012年

    新エネルギー・産業技術総合開発機構  グリーン・サステイナブルケミカルプロセス基盤技術開発 

    北川 進

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  7. 燃料電池用改質器への応用を目的とした炭化水素の酸化的改質反応の常温駆動系の構築

    2008年

    科学技術振興機構  良いシーズをつなぐ知の連携システムつなぐしくみ 

    永岡 勝俊

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示

産業財産権 20

  1. メタンの脱水素芳香族化反応用触媒及び芳香族化合物の製造方法

    永岡 勝俊, 佐藤 勝俊, 西 信宏, 細木 康弘, 奥村 吉邦, 太田 啓介

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 大分大学

    出願番号:特願2019-164379  出願日:2019年9月

    公開番号:特開2021-041329  公開日:2021年3月

    J-GLOBAL

    researchmap

  2. アンモニア製造用触媒組成物、アンモニア製造用触媒組成物の製造方法及びアンモニア製造方法

    永岡 勝俊, 河野 まなみ, 北川 進, 北川 宏, 樋口 雅一, 山内 美穂, 梶原 隆史, 東村 秀之, 渡部 大輔, 大島 伸司, 三津家 由子, 永島 和郎

     詳細を見る

    出願人:住友化学株式会社, JXエネルギー株式会社, 昭栄化学工業株式会社, 国立大学法人 大分大学, 国立大学法人京都大学, 国立大学法人北海道大学

    出願番号:特願2016-192154  出願日:2016年9月

    公開番号:特開2017-001037  公開日:2017年1月

    出願国:国内  

    J-GLOBAL

  3. MgO担持触媒の製造方法

    永岡 勝俊, 今村 和也, 佐藤 勝俊, 小久保 浩二, 加藤 裕三

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 大分大学, 宇部興産株式会社

    出願番号:特願2016-125491  出願日:2016年6月

    公開番号:特開2017-225955  公開日:2017年12月

    特許番号/登録番号:特許第6650840号  登録日:2020年1月 

    J-GLOBAL

    researchmap

  4. 一酸化炭素変成装置及び方法並びに水素製造装置

    岡田 治, 中山 真衣子, 森本 かおり, 伊藤 千尋, 永岡 勝俊

     詳細を見る

    出願人:株式会社ルネッサンス・エナジー・リサーチ, 国立大学法人 大分大学

    出願番号:特願2015-241293  出願日:2015年12月

    公開番号:特開2016-074603  公開日:2016年5月

    特許番号/登録番号:特許第6327674号  登録日:2018年4月  発行日:2018年4月

    J-GLOBAL

    researchmap

  5. インドール誘導体の合成方法

    永岡 勝俊, クトゥビ ムハマド, シャハジャハン, 北川 宏, 草田 康平

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 大分大学, 国立大学法人京都大学

    出願番号:特願2015-164995  出願日:2015年8月

    公開番号:特開2017-043545  公開日:2017年3月

    出願国:国内  

    J-GLOBAL

  6. アンモニア合成触媒用組成物およびその製造方法、ならびにアンモニアの合成方法

    永岡 勝俊, 佐藤 勝俊, 今村 和也

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 大分大学

    出願番号:特願2015-139856  出願日:2015年7月

    公開番号:特開2017-018907  公開日:2017年1月

    出願国:国内  

    J-GLOBAL

  7. 炭化水素リフォーミング用触媒及び合成ガスの製造方法

    永島 和郎, 永岡 勝俊, 佐藤 勝俊, 東村 秀之

     詳細を見る

    出願人:昭栄化学工業株式会社, 国立大学法人 大分大学

    出願番号:特願2014-040503  出願日:2014年3月

    公開番号:特開2015-166050  公開日:2015年9月

    特許番号/登録番号:特許第6308811号  登録日:2018年3月 

    出願国:国内  

    J-GLOBAL

  8. 水素製造用触媒、水素製造用触媒の製造方法及び水素製造方法

    小川 泰仁, 野中 暁, 永岡 勝俊, 佐藤 勝俊

     詳細を見る

    出願人:JX日鉱日石エネルギー株式会社, 国立大学法人 大分大学

    出願番号:特願2014-025584  出願日:2014年2月

    公開番号:特開2015-150486  公開日:2015年8月

    J-GLOBAL

    researchmap

  9. PdRu固溶体型合金微粒子を用いた触媒

    北川 宏, 草田 康平, 永岡 勝俊, 佐藤 勝俊, クトゥビ, モハマド, シャハジャハン

     詳細を見る

    出願人:国立研究開発法人科学技術振興機構

    出願番号:JP2013005512  出願日:2013年9月

    公開番号:WO2014-045570  公開日:2014年3月

    J-GLOBAL

    researchmap

  10. PdRu固溶体型合金微粒子を用いた触媒

    北川 宏, 草田 康平, 永岡 勝俊, 佐藤 勝俊, クトゥビ, モハマド, シャハジャハン

     詳細を見る

    出願人:国立研究開発法人科学技術振興機構

    出願番号:特願2014-536592  出願日:2013年9月

    特許番号/登録番号:特許第5737699号  発行日:2015年5月

    J-GLOBAL

    researchmap

  11. 触媒、触媒の製造方法、水素含有ガスの製造方法、水素製造装置および燃料電池システム

    永岡 勝俊, 佐藤 勝俊, 碇 和正, 矢野 拓哉, 宮崎 達郎

     詳細を見る

    出願人:DOWAホールディングス株式会社, 国立大学法人 大分大学

    出願番号:特願2013-187752  出願日:2013年9月

    公開番号:特開2015-054267  公開日:2015年3月

    特許番号/登録番号:特許第6168519号  登録日:2017年7月 

    出願国:国内  

    J-GLOBAL

  12. アンモニアの酸化分解触媒、水素の製造方法及び水素製造装置

    永岡 勝俊, 壱岐 英

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 大分大学

    出願番号:特願2013-047332  出願日:2013年3月

    公開番号:特開2014-111517  公開日:2014年6月

    特許番号/登録番号:特許第6145921号  登録日:2017年5月 

    出願国:国内  

    J-GLOBAL

  13. アンモニアの酸化分解触媒、水素の製造方法及び水素製造装置

    永岡 勝俊, 壱岐 英

     詳細を見る

    出願人:JX日鉱日石エネルギー株式会社, 国立大学法人 大分大学

    出願番号:特願2013-047332  出願日:2013年3月

    公開番号:特開2014-111517  公開日:2014年6月

    J-GLOBAL

    researchmap

  14. 水素発生用触媒、水素発生用触媒の製造方法、及びこの触媒を用いた水素含有ガスの製造方法、水素発生装置、燃料電池システム、並びに珪素担持CeZr系酸化物

    永岡 勝俊, 宮崎 達郎, 矢野 拓哉, 碇 和正, 上山 俊彦

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 大分大学, DOWAホールディングス株式会社

    出願番号:特願2014-503497  出願日:2013年3月

    特許番号/登録番号:特許第6081445号  登録日:2017年1月 

    出願国:国内  

    J-GLOBAL

  15. フィッシャー・トロプシュ反応による炭素原子数2〜4のオレフィンの製造方法

    山内 美穂, 永岡 勝俊, 佐藤 勝俊, 椿 範立, 湯浅 章弘, 東村 秀之, 石山 武

     詳細を見る

    出願人:住友化学株式会社, 国立大学法人九州大学, 国立大学法人 大分大学, 国立大学法人富山大学

    出願番号:特願2013-040105  出願日:2013年2月

    公開番号:特開2014-055126  公開日:2014年3月

    J-GLOBAL

    researchmap

  16. 一酸化炭素変成装置及び方法並びに水素製造装置

    岡田 治, 中山 真衣子, 森本 かおり, 伊藤 千尋, 永岡 勝俊

     詳細を見る

    出願人:株式会社ルネッサンス・エナジー・リサーチ, 国立大学法人 大分大学

    出願番号:特願2011-149656  出願日:2011年7月

    公開番号:特開2012-031055  公開日:2012年2月

    特許番号/登録番号:特許第6099299号  登録日:2017年3月 

    出願国:国内  

    J-GLOBAL

  17. 水素製造用触媒、水素製造方法、水素製造装置および燃料電池システム

    永岡 勝俊, 瀧田 祐作, 宮崎 達郎

     詳細を見る

    出願人:DOWAホールディングス株式会社, 国立大学法人 大分大学

    出願番号:特願2009-220259  出願日:2009年9月

    公開番号:特開2011-067744  公開日:2011年4月

    J-GLOBAL

    researchmap

  18. バイオディーゼル燃料の製造方法

    瀧田 祐作, 永岡 勝俊

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 大分大学

    出願番号:特願2007-116415  出願日:2007年4月

    公開番号:特開2008-274030  公開日:2008年11月

    J-GLOBAL

    researchmap

  19. 水素製造用触媒と、その製造方法。

    佐郷 文昭, 瀧田 祐作, 永岡 勝俊

     詳細を見る

    出願人:京セラ株式会社

    出願番号:特願2006-073746  出願日:2006年3月

    公開番号:特開2007-136445  公開日:2007年6月

    J-GLOBAL

    researchmap

  20. 水素製造用触媒

    永岡 勝俊, 瀧田 祐作, 永楽 俊和, 西口 宏泰

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 大分大学

    出願番号:特願2006-066530  出願日:2006年3月

    公開番号:特開2006-281205  公開日:2006年10月

    J-GLOBAL

    researchmap

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 6

  1. 触媒化学

    2020

  2. 金属とセラミック材料

    2020

  3. 基礎セミナーB

    2020

  4. 先進反応工学

    2019

  5. 金属とセラミック材料

    2019

  6. 基礎セミナーB

    2019

▼全件表示

 

メディア報道 2

  1. ロジウムを凌駕する高耐久性な多元素ナノ合金排ガス浄化触媒 インターネットメディア

    JST・京都大学・信州大学・九州大学  2021年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  2. 再生可能エネルギーを利用したアンモニア合成に期待~エネルギー問題、食糧問題の解決に寄与する高活性触媒を開発~ インターネットメディア

    JST・名古屋大学  2020年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外