2021/04/15 更新

写真a

ヨネザワ タクロウ
米澤 拓郎
YONEZAWA Takuro
所属
大学院工学研究科 情報・通信工学専攻 情報通信 准教授
職名
准教授

学位 3

  1. 博士(政策・メディア) ( 2010年3月   慶應義塾大学 ) 

  2. 修士(政策・メディア) ( 2007年3月   慶應義塾大学 ) 

  3. 学士(環境情報学) ( 2005年3月   慶應義塾大学 ) 

研究キーワード 4

  1. スマートシティ

  2. 分散情報処理

  3. ヒューマンコンピュータインタラクション

  4. ユビキタスコンピューティング

研究分野 4

  1. 情報通信 / 計算機システム

  2. 情報通信 / エンタテインメント、ゲーム情報学

  3. 情報通信 / 情報ネットワーク

  4. 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション

経歴 3

  1. 慶應義塾大学   大学院政策・メディア研究科   特任准教授

    2018年11月 - 2019年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 慶應義塾大学   大学院政策・メディア研究科   特任講師

    2015年4月 - 2018年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 慶應義塾大学   大学院政策・メディア研究科   特任助教

    2010年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 慶應義塾大学   政策・メディア研究科

    - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 慶應義塾大学   政策・メディア研究科

    - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 慶應義塾大学   環境情報学部

    - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 1

  1. 情報処理学会

    2017年4月 - 現在

委員歴 11

  1. ACM   Editorial board ACM IMWUT (Journal of the ACM on Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies)  

    2020年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会   幹事  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 情報処理学会新世代企画委員会   新世代企画委員  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. International Conference on IoT in Urban Space   General Chair  

    2016年5月   

  5. 情報処理学会モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会   運営委員  

    2016年4月 - 現在   

  6. International Workshop on Smart Cities: People, Technology and Data   Steering Committee  

    2016年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. ACM/IFIP/USENIX Middleware   Publicity co-Chairs  

    2015年12月   

  8. 電子情報通信学会知的環境とセンサネットワーク研究会   幹事補佐  

    2015年4月 - 2017年3月   

  9. 日本ソフトウェア科学会   代表会員  

    2014年4月 - 2015年3月   

  10. 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会   運営委員  

    2012年4月 - 2015年3月   

  11. 日本ソフトウェア科学会   企画委員  

    2011年4月 - 2015年3月   

▼全件表示

 

論文 147

  1. An End-to-End BLE Indoor Localization Method Using LSTM 査読有り

    Urano Kenta, Hiroi Kei, Yonezawa Takuro, Kawaguchi Nobuo

    Journal of Information Processing   29 巻 ( 0 ) 頁: 58 - 69   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 情報処理学会  

    <p>This paper proposes an indoor localization method for Bluetooth Low Energy (BLE) devices using an end-to-end LSTM neural network. We focus on a large-scale indoor space where there is a tough environment for wireless indoor localization due to signal instability. Our proposed method adopts end-to-end localization, which means input is a time-series of signal strength and output is the estimated location at the latest time in the input. The neural network in our proposed method consists of fully-connected and LSTM layers. We use a custom-made loss function with 3 error components: MSE, the direction of travel, and the leap of the estimated location. Considering the difficulty of data collection in a short preparation term, the data generated by a simple signal simulation is used in the training phase, before training with a small amount of real data. As a result, the estimation accuracy achieves an average of 1.92m, using the data collected in GEXPO exhibition in Miraikan, Tokyo. This paper also evaluates the estimation accuracy assuming the troubles in a real operation.</p>

    DOI: 10.2197/ipsjjip.29.58

    Scopus

    CiNii Article

  2. SelfGuard: Semi-automated activity tracking for enhancing self-protection against the COVID-19 pandemic: Poster abstract 査読有り

    Nishiyama Y.

    SenSys 2020 - Proceedings of the 2020 18th ACM Conference on Embedded Networked Sensor Systems     頁: 780 - 781   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SenSys 2020 - Proceedings of the 2020 18th ACM Conference on Embedded Networked Sensor Systems  

    DOI: 10.1145/3384419.3430592

    Scopus

  3. CityFlow: Supporting Spatial-Temporal Edge Computing for Urban Machine Learning Applications 査読有り

    Kawano Makoto, Yonezawa Takuro, Tanimura Tomoki, Giang Nam Ky, Broadbent Matthew, Lea Rodger, Nakazawa Jin

    3RD EAI INTERNATIONAL CONFERENCE ON IOT IN URBAN SPACE     頁: 3 - 15   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:EAI/Springer Innovations in Communication and Computing  

    DOI: 10.1007/978-3-030-28925-6_1

    Web of Science

    Scopus

  4. GANonymizer: Image Anonymization Method Integrating Object Detection and Generative Adversarial Network 査読有り

    Tanimura Tomoki, Kawano Makoto, Yonezawa Takuro, Nakazawa Jin

    3RD EAI INTERNATIONAL CONFERENCE ON IOT IN URBAN SPACE     頁: 109 - 121   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:EAI/Springer Innovations in Communication and Computing  

    DOI: 10.1007/978-3-030-28925-6_10

    Web of Science

    Scopus

  5. Civic Crowdsensing Through Location-Aware Virtual Monsters 査読有り

    Yonezawa T.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12203 LNCS 巻   頁: 464 - 476   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    DOI: 10.1007/978-3-030-50344-4_33

    Scopus

  6. 回転磁石マーカを用いたスマートフォン所持者の2次元経路推定 査読有り

    渡邊 康祐, 廣井 慧, 米澤 拓郎, 梶 克彦, 河口 信夫

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2019)シンポジウム     頁: 22 - 28   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  7. 人の回避行動を考慮した移動ロボットの経路計画法の検討

    浅井 悠佑, 廣井 慧, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2019)シンポジウム     頁: 840 - 845   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  8. 異なるサービス提供者間におけるトラストモデルとその実装に関する研究 査読有り

    平野 流, 廣井 慧, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2019)シンポジウム     頁: 284 - 290   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  9. ニューラルネットワークを用いた大規模イベント向けBLE屋内位置推定の比較評価 査読有り

    浦野 健太, 廣井 慧, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2019)シンポジウム     頁: 29 - 35   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  10. Hybrid Activity Recognition for Ballroom Dance Exercise using Video and Wearable Sensor 査読有り

    Hitoshi Matsuyama, Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, Takuro Yonezawa, Nobuo Kawaguchi

    International Conference on Activity and Behavior Computing     頁: Paper66   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: Paper66

  11. Hybrid activity recognition for ballroom dance exercise using video and wearable sensor 査読有り

    Matsuyama H.

    2019 Joint 8th International Conference on Informatics, Electronics and Vision, ICIEV 2019 and 3rd International Conference on Imaging, Vision and Pattern Recognition, icIVPR 2019 with International Conference on Activity and Behavior Computing, ABC 2019     頁: 112 - 117   2019年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:2019 Joint 8th International Conference on Informatics, Electronics and Vision, ICIEV 2019 and 3rd International Conference on Imaging, Vision and Pattern Recognition, icIVPR 2019 with International Conference on Activity and Behavior Computing, ABC 2019  

    DOI: 10.1109/ICIEV.2019.8858524

    Scopus

  12. CityFlow: Exploiting Edge Computing for Large Scale Smart City Applications 査読有り

    Giang N.K.

    2019 IEEE International Conference on Big Data and Smart Computing, BigComp 2019 - Proceedings     2019年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:2019 IEEE International Conference on Big Data and Smart Computing, BigComp 2019 - Proceedings  

    DOI: 10.1109/BIGCOMP.2019.8679234

    Scopus

  13. Cruisers: An automotive sensing platform for smart cities using door-to-door garbage collecting trucks 査読有り

    Chen Yin, Nakazawa Jin, Yonezawa Takuro, Tokuda Hideyuki

    AD HOC NETWORKS   85 巻   頁: 32-45   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.adhoc.2018.10.018

    Web of Science

    Scopus

  14. Sampling Rate Dependency in Pedestrian Walking Speed Estimation Using DualCNN-LSTM 査読有り

    Yoshida Takuto, Nozaki Junto, Urano Kenta, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Yonezawa Takuro, Kawaguchi Nobuo

    UBICOMP/ISWC'19 ADJUNCT: PROCEEDINGS OF THE 2019 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING AND PROCEEDINGS OF THE 2019 ACM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON WEARABLE COMPUTERS     頁: 862 - 868   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1145/3341162.3343765

    Web of Science

    Scopus

  15. Ballroom Dance Step Type Recognition by Random Forest Using Video and Wearable Sensor 査読有り

    Matsuyama Hitoshi, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Yonezawa Takuro, Kawaguchi Nobuo

    UBICOMP/ISWC'19 ADJUNCT: PROCEEDINGS OF THE 2019 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING AND PROCEEDINGS OF THE 2019 ACM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON WEARABLE COMPUTERS     頁: 774 - 780   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1145/3341162.3344852

    Web of Science

    Scopus

  16. CityFlow: exploiting edge computing for large scale smart city applications 査読有り

    Giang Nam Ky, Leung Victor C. M., Kawano Makoto, Yonezawa Takuro, Nakazawa Jin, Lea Rodger, Broadbent Matt

    2019 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIG DATA AND SMART COMPUTING (BIGCOMP)     頁: 631-634   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  17. Gait Dependency of Smartphone Walking Speed Estimation using Deep Learning. 査読有り

    Takuto Yoshida, Junto Nozaki, Kenta Urano, Kei Hiroi, Takuro Yonezawa, Nobuo Kawaguchi

    Proceedings of the 17th Annual International Conference on Mobile Systems, Applications, and Services, MobiSys 2019, Seoul, Republic of Korea, June 17-21, 2019.     頁: 641 - 642   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1145/3307334.3328667

    Scopus

  18. Basic Study of BLE Indoor Localization using LSTM-based Neural Network. 査読有り

    Kenta Urano, Kei Hiroi, Takuro Yonezawa, Nobuo Kawaguchi

    Proceedings of the 17th Annual International Conference on Mobile Systems, Applications, and Services, MobiSys 2019, Seoul, Republic of Korea, June 17-21, 2019.     頁: 558 - 559   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1145/3307334.3328624

    Scopus

  19. Capturing Subjective Time as Context and It's Applications. 査読有り

    Takuro Yonezawa, Yuuki Nishiyama, Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi

    Proceedings of the 17th Annual International Conference on Mobile Systems, Applications, and Services, MobiSys 2019, Seoul, Republic of Korea, June 17-21, 2019.     頁: 647 - 648   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1145/3307334.3328719

    Scopus

  20. An End-to-End BLE Indoor Location Estimation Method Using LSTM 査読有り

    Urano Kenta, Hiroi Kei, Yonezawa Takuro, Kawaguchi Nobuo

    2019 TWELFTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOBILE COMPUTING AND UBIQUITOUS NETWORK (ICMU)     2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. Hybrid Activity Recognition for Ballroom Dance Exercise using Video and Wearable Sensor 査読有り

    Matsuyama Hitoshi, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Yonezawa Takuro, Kawaguchi Nobuo

    2019 JOINT 8TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATICS, ELECTRONICS & VISION (ICIEV) AND 2019 3RD INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGING, VISION & PATTERN RECOGNITION (ICIVPR) WITH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACTIVITY AND BEHAVIOR COMPUTING (ABC)     頁: 112 - 117   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  22. Twitterにおける虚偽情報拡散抑制に向けた情報拡散コミュニティ可視化手法の検討 査読有り

    日下部 眞太郎, 米澤 拓郎, 大越 匡, 鈴木 もとこ, 山田 曉, 中澤 仁

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2018-UBI-6 巻 ( 21 ) 頁: 1   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-9574-7278

  23. みなレポ:地方自治体の日常的な行政業務における参加型センシングによる情報収集・共有システム

    坂村 美奈, 米澤 拓郎, 伊藤 友隆, 金子 義之, 中澤 仁

    デジタルプラクティス   9 巻 ( 2 ) 頁: 550 - 572   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    地方自治体には,多種多様化する住民の要望に対して,迅速な把握・対応をする効率的なまちづくりの実現が期待される.しかし,現状の地方自治体の日常的な行政業務では,情報がデータ化・共有できておらず時間的・人的コストが高い部分が存在する.本研究では,地方自治体の日常的な行政業務において,職員の持つ携帯端末を通してリアルタイムな情報を取得可能とする参加型センシングを適用し,効率的な情報収集・共有を可能とすることを目的とする.本研究で開発した情報収集・共有システム,みなレポにより,地方自治体の日常的な行政業務の効率化だけでなく,地方自治体の職員による専門的知識に基づいた情報収集が実現される.みなレポは2016年10月から藤沢市において実運用されており,道路・ゴミの集積所の管理や,動物の死骸・落書き・不法投棄の発見に関するレポートがこれまで計1,740件以上収集された.本稿では,実運用により得られた知見および課題について報告する.

    CiNii Article

  24. Tacvie : 体験映像の臨場感を増幅する触覚再現デバイスの実装 (モバイルネットワークとアプリケーション)

    佐々木 佳介, 野崎 大幹, 西山 勇毅, 米澤 拓郎, 中澤 仁

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 巻 ( 450 ) 頁: 93 - 100   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

  25. Continuous Shape Changing Locomotion of 32-legged Spherical Robot 査読有り

    Nozaki Hiroki, Kujirai Yusei, Niiyama Ryuma, Kawahara Yoshihiro, Yonezawa Talcum, Nakaza Jin

    2018 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS (IROS)     頁: 2721-2726   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  26. Damaged lane markings detection method with label propagation 査読有り

    Nukita Tetsuo, Kishimoto Yasunari, Iida Yasuhiro, Kawano Makoto, Yonezawa Takuro, Nakazawa Jin

    2018 IEEE 24TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON EMBEDDED AND REAL-TIME COMPUTING SYSTEMS AND APPLICATIONS (RTCSA)     頁: 203 - 208   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Computer Society  

    DOI: 10.1109/RTCSA.2018.00032

    Web of Science

    Scopus

  27. 深層学習を用いた高解像度画像からの人物カウント 査読有り

    山田 佑亮, 河野 慎, 米澤 拓郎, 中澤 仁

    人工知能学会全国大会論文集   2018 巻 ( 0 ) 頁: 4Pin105-4Pin105   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>観光地でのIT導入があまり進んでおらず、ITを導入することで改善される問題は多く存在する。例えば、観光地などで人物カウントを自動で行うシステムを導入することによって、観光地の集客力を定量的に分析することが可能となる。本研究では、広域の観光地を捉えた高解像度の画像から人物をカウントする手法を提案する。人物カウントのシステムの先行研究は複数存在するが、いずれも狭域を捉えた画像を扱っている。広域を捉えた画像は、人がいないエリアが、人がいるエリアよりも大きく、不均衡なデータである。我々の提案手法では、CNNを用いた密度推定に、サンプリングアルゴリズムを導入することによってデータの不均衡性に対処した。この手法の有効性を示すために、江ノ島の海岸を捉えた画像をデータセットとして用いて実験を行ったところ、既存手法を上回る精度を出すことができた。</p>

    DOI: 10.11517/pjsai.JSAI2018.0_4Pin105

    CiNii Article

  28. 小学生の書道基本姿勢定着に向けた点画検出および採点手法 査読有り

    柿野 優衣, 河野 慎, 米澤 拓郎, 中澤 仁

    人工知能学会全国大会論文集   2018 巻 ( 0 ) 頁: 1L104-1L104   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>初めて書道に触れる小学生から書道に対し基本姿勢を身につける方法として点画の練習が挙げられる.点画は書道の基本技術であり作品を構成する上で極めて重要な要素である.そこで本研究では,時と場所を選ばず練習できる環境を得られるアプリケーション実現のため,自動的に書作品評価を行う手法を提案する.書作品内に含まれる点画検出を物体検出問題として扱い,検出した点画評価することで書作品の点数付けを行う.本研究ではSingle Shot Multibox Detectorを適用する.データセットには実際の書道教室に通う小学生の書作品を用いる.提案手法の有効性を検証するため実験において点画検出の精度比較と点数付けの定性的評価を行なった.その結果,提案手法の有効性を確認できた.</p>

    DOI: 10.11517/pjsai.JSAI2018.0_1L104

    CiNii Article

  29. Meal Photo SNS with Mutual Healthiness Evaluation for Improving Users' Eating Habits 査読有り

    Eigen Yusaku, Nishiyama Yuuki, Yonezawa Takuro, Okoshi Tadashi, Nakazawa Jin

    PROCEEDINGS OF THE 2018 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING AND PROCEEDINGS OF THE 2018 ACM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON WEARABLE COMPUTERS (UBICOMP/ISWC'18 ADJUNCT)     頁: 339 - 342   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1145/3267305.3267584

    Web of Science

    Scopus

  30. OmimamoriNet: An Outdoor Positioning System Based on Wi-SUN FAN Network 査読有り

    Chen Yin, Sakamura Mina, Nakazawa Jin, Yonezawa Takuro, Tsuge Akira, Hamada Yuichi

    2018 ELEVENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOBILE COMPUTING AND UBIQUITOUS NETWORK (ICMU 2018)     頁: .   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  31. Continuous Shape Changing Locomotion of 32-legged Spherical Robot. 査読有り

    Hiroki Nozaki, Yusei Kujirai, Ryuma Niiyama, Yoshihiro Kawahara, Takuro Yonezawa, Jin Nakazawa

    2018 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, IROS 2018, Madrid, Spain, October 1-5, 2018     頁: 2721 - 2726   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/IROS.2018.8593791

    Scopus

  32. Accelerating Urban Science by Crowdsensing with Civil Officers 査読有り

    Yonezawa Takuro, Takeuchi Koh, Ito Tomotaka, Sakamura Mina, Kishino Yasue, Naya Futoshi, Ueda Naonori, Nakazawa Jin

    PROCEEDINGS OF THE 2018 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING AND PROCEEDINGS OF THE 2018 ACM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON WEARABLE COMPUTERS (UBICOMP/ISWC'18 ADJUNCT)     頁: 303 - 306   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1145/3267305.3267641

    Web of Science

    Scopus

  33. MyFactor:ユーザの内面状態に寄与する因子情報の個人特性に適応的な分析

    小渕 幹夫, 西山 勇毅, 大越 匡, 米澤 拓郎, 中澤 仁

    情報処理学会論文誌   58 巻 ( 10 ) 頁: 1674 - 1687   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,様々なセンサを搭載したスマートフォンの発達と普及により,第三者による客観視が困難である「忙しい」や「疲れている」といった人間の内面状態の推定を行う研究が行われている.人間の内面状態を機械に認識させ,内面状態に寄与している因子に関する情報を人々に還元できれば,人間が自身の感情や気分を制御したり,特定の内面状態の獲得や回避といった行動変容へと応用可能である.しかし,人間の内面状態の認識・分析・還元においては,各個人の多様性に適応した動作の実現が課題である.本研究ではスマートフォンのセンサデータを蓄積し,正解データとなる内面状態の注釈をユーザが記録することで,個人の内面状態に寄与している因子を還元するために,因子情報を解析するシステム「MyFactor」を構築した.大学生13名による111日にわたる評価実験を行った結果,被験者全員のデータを用いて学習を行う「統合モデル」と比較して,各ユーザのデータのみを用いて個別に学習した「個人モデル」においては内面状態の推定精度が21%上昇した.また,利用可能なすべてのセンサからのデータを用いて学習した場合よりも,単一センサからのデータのみを用いて学習を行い,最も高精度で分類を行ったモデルを選択した方が高い推定精度を記録し,ユーザに自身の内面状態に関して深い理解を与える可能性を示した.Recently, due to the advance and spread of smartphones equipped with various sensors, human beings&#039; inner states such as &quot;busyness&quot; or &quot;tiredness&quot; can be detected more accurately. If people can recognize the factors contributing to their inner states, they will be able to regulate their own emotions and moods by paying attention to those factors. However, the adaptive system for each individual&#039;s diversity that recognize, analyze, and provide the factors contributing to our inner state is not realized. In this research, we propose a system, MyFactor, that accumulates smartphone sensor data and user annotations about inner states to extract and provide information about the important factors contributing to a user&#039;s inner states. In a 111-day experiment with 13 university students, researchers estimated that an &quot;individual model&quot; developed only with the data of each user had a higher predictive accuracy for human inner states than the generic model developed using data from all subjects. In addition, the model with the highest predictive accuracy, trained by a single sensor, performed better and showed the possibility of giving a deeper understanding of human inner states than the model trained using data from all available sensors.

    CiNii Article

  34. Likeyboard : ライフログデータ共有簡易化のためのスマートフォンキーボードインタフェース (モバイルネットワークとアプリケーション)

    石川 伶, 佐々木 航, 西山 勇毅, 大越 匡, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 巻 ( 508 ) 頁: 69 - 74   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

  35. SpoTrip : 観光客リピータ化促進のための隠れスポット情報提供システムの評価 (モバイルネットワークとアプリケーション)

    片山 晋, 礒川 直大, 小渕 幹夫, 西山 勇毅, 大越 匡, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 巻 ( 508 ) 頁: 157 - 164   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

  36. C's: Sensing the Quality of Traffic Markings Using Camera-Attached Cars 査読有り

    KAWASAKI Takafumi, KAWANO Makoto, IWAMOTO Takeshi, MATSUMOTO Michito, YONEZAWA Takuro, NAKAZAWA Jin, TOKUDA Hideyuki

      10 巻 ( 5 ) 頁: 393-401   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9746/jcmsi.10.393

    CiNii Article

  37. Interruptibility Map: Geographical Analysis of Users' Interruptibility in Smart Cities 査読有り

    Obuchi Mikio, Okoshi Tadashi, Yonezawa Takuro, Nakazawa Jin, Tokuda Hideyuki

    2017 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON PERVASIVE COMPUTING AND COMMUNICATIONS WORKSHOPS (PERCOM WORKSHOPS)     頁: .   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  38. Road Marking Blur Detection with Drive Recorder 査読有り

    Kawano Makoto, Mikami Kazuhiro, Yokoyama Satoshi, Yonezawa Takuro, Nakazawa Jin

    2017 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIG DATA (BIG DATA)     頁: 4092 - 4097   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  39. Evaluating the spatio-temporal coverage of automotive sensing for smart cities. 査読有り

    Yin Chen, Takuro Yonezawa, Jin Nakazawa, Hideyuki Tokuda

    Tenth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network, ICMU 2017, Toyama, Japan, October 3-5, 2017   2018-January 巻   頁: 1 - 5   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.23919/ICMU.2017.8330071

    Scopus

  40. Shape changing locomotion by spiny multipedal robot. 査読有り

    Hiroki Nozaki, Ryuma Niiyama, Takuro Yonezawa, Jin Nakazawa

    2017 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2017, Macau, Macao, December 5-8, 2017   2018-January 巻   頁: 2162 - 2166   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/ROBIO.2017.8324739

    Scopus

  41. Lokemon:その場に潜むモンスターを介した参加型センシング手法 査読有り

    坂村 美奈, 米澤 拓郎, 大越 匡, 中澤 仁, 徳田 英幸

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2017-UBI54 巻 ( 12 ) 頁: 1   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報処理学会  

  42. HealthFight: 多数決を用いた食習慣改善ソーシャルメディア 査読有り

    栄元 優作, 江頭 和輝, 河野 慎, 西山 勇毅, 大越 匡, 米澤 拓郎, 高汐 一紀, 中澤 仁

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2017-UBI55 巻 ( 16 ) 頁: 1   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. An Empirical Study on Coverage-Ensured Automotive Sensing using Door-to-door Garbage Collecting Trucks 査読有り

    Chen Y.

    Proceedings of the 2nd International Workshop on Smart, SmartCities 2016     頁: 6:1-6:6   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Proceedings of the 2nd International Workshop on Smart, SmartCities 2016  

    DOI: 10.1145/3009912.3009921

    Scopus

  44. SOXFire: A Universal Sensor Network System for Sharing Social Big Sensor Data in Smart Cities 査読有り

    Yonezawa T.

    Proceedings of the 2nd International Workshop on Smart, SmartCities 2016     頁: 2:1-2:6   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Proceedings of the 2nd International Workshop on Smart, SmartCities 2016  

    DOI: 10.1145/3009912.3009922

    Scopus

  45. EverCuate:ユーザ非同期参加型津波避難訓練システム

    大越 匡, 米澤 拓郎, 山本 慎一郎, 中島 円, 神武 直彦, 栗田 治, 中澤 仁, 徳田 英幸

    情報処理学会論文誌   57 巻 ( 10 ) 頁: 2143 - 2161   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大地震発生時の津波から身を守るためには平常時の津波避難訓練が重要とされる.本研究は,従来行われてきたイベント型の津波避難訓練における,災害シナリオ,訓練日時,訓練場所,参加可能な人の面での柔軟性欠如の課題に取り組み,ユビキタス・コンピューティング技術を利用してそれらを解決する「ユーザ非同期参加型津波避難訓練モデル」を提案する.同モデルにおいては,各ユーザが個別に,任意のタイミング・災害シナリオ・地点で避難訓練を実施でき,また避難行動記録や避難中の気づきを集約して可視化分析することで,防災計画の更新に活用できることを特長とする.本研究では同モデルに基づきプロトタイプシステム「EverCuate」を構築した.神奈川県藤沢市において40人の被験者による229回にわたる広範なユーザ評価実証実験,およびアンケート評価を行い,訓練への参加のしやすさへの寄与,防災意識向上への貢献,収集した避難行動やユーザフィードバック情報の可視化による防災計画への活用,既存方式と比較しての施策としての有効性の面で効果が明らかになった.Evacuation trainings have been conducted as an effective action to protect people from incoming tsunamis in case of a big earthquake. This research addresses limitations of existing conventional &quot;event-style&quot; tsunami evacuation trainings, that are inflexible in disaster scenarios, training timings, training locations, and participatable trainees. We propose a new ubiquitous computing technology-supported training model named &quot;Asynchronously-Participatable Tsunami Evacuation Training Model&quot; and a prototype system &quot;EverCuate&quot; based on this model. We evaluated the EverCuate system by conducting an extensive user study in Fujisawa city, Kanagawa, with 40 participants and the total number of 229 trainings. The evaluation results validated the effectiveness of EverCuate in terms of easiness in participation to a training, promotion of understanding necessity of different evacuation behaviour for different disaster scenarios, and easiness of analysing people&#039;s real evacuation behaviour from the view point of local authorities.

    CiNii Article

  46. ReFabricator: Integrating everyday objects for digital fabrication 査読有り

    Yamada S.

    Conference on Human Factors in Computing Systems - Proceedings   07-12- 巻   頁: 3804 - 3807   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Conference on Human Factors in Computing Systems - Proceedings  

    DOI: 10.1145/2851581.2890237

    Scopus

  47. Toward Health Exercise Behavior Change for Teams Using Lifelog Sharing Models 査読有り

    Nishiyama Yuuki, Okoshi Tadashi, Yonezawa Takuro, Nakazawa Jin, Takashio Kazunori, Tokuda Hideyuki

    IEEE JOURNAL OF BIOMEDICAL AND HEALTH INFORMATICS   20 巻 ( 3 ) 頁: 775 - 786   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics  

    DOI: 10.1109/JBHI.2015.2478903

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  48. MyFactor: ライフログを用いたユーザの内面状態に関する因子分析 査読有り

    小渕 幹夫, 古川 侑紀, 西山 勇毅, 大越 匡, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2016-UBI-4 巻 ( 10 ) 頁: 1   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. MyTime: タイムマネジメントの促進を目的としたアプリケーション使用時間自動記録システムの提案 査読有り

    小出 粋玄, 小渕 幹夫, 西山 勇毅, 大越 匡, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2016-UBI-4 巻 ( 36 ) 頁: 1   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. City Happenings into Wikipedia Category: Classifying Urban Events by Combining Analyses of Location-based Social Networks and Wikipedia 査読有り

    Sato Shoya, Yonezawa Takuro, Nakazawa Jin, Kawasaki Satoshi, Ohta Ken, Inamura Hiroshi, Tokuda Hideyuki

    SECOND INTERNATIONAL CONFERENCE ON IOT IN URBAN SPACE (URB-IOT 2016)   24-25-May-2016 巻   頁: 47 - 52   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACM International Conference Proceeding Series  

    DOI: 10.1145/2962735.2962740

    Web of Science

    Scopus

  51. Damage Detector: The Damage Automatic Detection of Compartment Lines Using A Public Vehicle and A Camera 査読有り

    Kawasaki Takafumi, Kawano Makoto, Iwamoto Takeshi, Matsumoto Michito, Yonezawa Takuro, Nakazawa Jin, Tokuda Hideyuki

    ADJUNCT PROCEEDINGS OF THE 13TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOBILE AND UBIQUITOUS SYSTEMS: COMPUTING NETWORKING AND SERVICES (MOBIQUITOUS 2016)   28-November-2016 巻   頁: 53 - 58   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACM International Conference Proceeding Series  

    DOI: 10.1145/3004010.3004017

    Web of Science

    Scopus

  52. Cruisers: A Public Automotive Sensing Platform for Smart Cities 査読有り

    Chen Yin, Nakazawa Jin, Yonezawa Takuro, Kawsaki Takafumi, Tokuda Hideyuki

    PROCEEDINGS 2016 IEEE 36TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON DISTRIBUTED COMPUTING SYSTEMS ICDCS 2016   2016-August 巻   頁: 767 - 768   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Proceedings - International Conference on Distributed Computing Systems  

    DOI: 10.1109/ICDCS.2016.53

    Web of Science

    Scopus

  53. European IoT International Cooperation in Research and Innovation 査読有り

    Cousin Philippe, Malo Pedro, Congduc Pham, Yu Xiaohui, Li Jun, Song JaeSeung, Thiare Ousmane, Daffe Amadou, Kofuji Sergio, Marao Gabriel, Amazonas Jose, Gurgen Levent, Yonezawa Takuro, Akiyama Toyokazu, Maggio Martino, Moessner Klaus, Miyake Yutaka, Vermesan Ovidiu, Le Gall Franck, Almeida Bruno

    Digitising the Industry Internet of Things Connecting the Physical, Digital and Virtual Worlds   49 巻   頁: 293-333   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  54. Forward-genetics analysis of sleep in randomly mutagenized mice 査読有り

    Funato H.

    Nature   539 巻 ( 7629 ) 頁: 378-383   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature20142

    Scopus

  55. Interiorizor: Reassembling Everyday Objects into an Interior 査読有り

    Morishige Hironao, Yamada Suguru, Nozaki Hiroki, Ogawa Masaki, Okoshi Tadashi, Yonezawa Takuro, Tokuda Hideyuki

    CHI 2016 Symposium on Emerging Japanese HCI Research Collection Program     2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-9574-7278

  56. NiSleep: ゲーミフィケーションを適用可能な睡眠評価 査読有り

    江頭 和輝, 古川 侑紀, 西山 勇毅, 大越 匡, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2016-UBI-5 巻 ( 2 ) 頁: 1   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. A public vehicle-based urban sensing system 査読有り

    Chen Y.

    UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers     頁: 117 - 120   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers  

    DOI: 10.1145/2800835.2800886

    Scopus

  58. Sensorizer: An architecture for regenerating cyber physical data streams from the web 査読有り

    Nakazawa J.

    UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers     頁: 1599 - 1606   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers  

    DOI: 10.1145/2800835.2801627

    Scopus

  59. Senbay: Smartphone-based activity capturing and sharing using sensor-federated video 査読有り

    Nishiyama Y.

    UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers     頁: 21 - 24   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers  

    DOI: 10.1145/2800835.2800847

    Scopus

  60. MinaQn: Web-based participatory sensing platform for citizen-centric urban development 査読有り

    Sakamura M.

    UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers     頁: 1607 - 1614   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers  

    DOI: 10.1145/2800835.2801632

    Scopus

  61. Exploring user model of the city by using interactive public display application 査読有り

    Ogawa M.

    UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers     頁: 1595 - 1598   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers  

    DOI: 10.1145/2800835.2801636

    Scopus

  62. Senbay : 活動促進のためのスマートフォンを利用したセンサデータ統合型動画記録・共有・分析プラットフォーム (知的環境とセンサネットワーク)

    西山 勇毅, 米澤 拓郎, 中澤 仁

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 巻 ( 162 ) 頁: 49 - 54   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

  63. Aqua Mapping:水槽を介した観賞魚とのインタラクションシステム

    礒川 直大, 西山 勇毅, 大越 匡, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]   2015 巻 ( 5 ) 頁: 1 - 8   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    魚を飼い,その水槽を鑑賞することは,我々の生活に潤いと落ち着きを与えてくれる.観賞魚を飼育する上で水槽内の環境や魚の体調管理が重要となるが,観賞魚は自分の状態を飼い主に伝えることができないため,飼い主が魚の状態に基づきインタラクティブに飼育することは難しい.本研究では,観賞魚の位置情報をもとに水槽背面のディスプレイに観賞魚の状態を表示することで,飼い主に水槽内の環境や観賞魚の体調などの情報を伝えるシステム &quot;Aqua Mapping&quot; を提案する.本システムにより水槽を介した観賞魚とユーザのインタラクティブな飼育環境を提供する.

    CiNii Article

  64. SmileSpot: 他人の笑顔画像の共有によるユーザの笑顔形成への影響評価

    佐々木 航, 西山 勇毅, 大越 匡, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]   2015 巻 ( 9 ) 頁: 1 - 7   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    「人は幸福であるが故に笑うのではなく,笑うが故に幸福である」 という言説にもある通り笑顔を形成することがユーザの幸福感につながると考えられ,これを支持する研究は多い.幸福感は周囲に伝達することが知られている.以上のことから,幸福な人からの笑顔情報によるユーザの笑顔形成への促進が,ユーザの幸福感を引き起こし,それによって幸福感が伝達していくと考えられる.そこで本研究では,他人の笑顔画像の共有によるユーザの笑顔形成への影響を評価する &quot;SmileSpot&quot; を実装した.&quot;SmileSpot&quot; は個人のスマートフォン端末のディスプレイに他人の顔画像を映し出し,それを見た際のユーザの笑顔度を検知する.38 人の被験者を対象とした 15 日間の評価実験から他人の笑顔画像がユーザの笑顔形成を促進させることがわかった.それに加え,女性のほうが男性と比べて影響を受けやすく,また親密度が高い人の笑顔画像のほうが親密度の低い人の笑顔画像より影響を受けることがわかった.

    CiNii Article

  65. 汎用カメラと一般車両を用いた路面標示の擦り切れ検出手法 査読有り

    河崎 隆文, 打越 大成, 岩本 健嗣, 松本 三千人, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 徳田 英幸

    研究報告高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS)   2015 巻 ( 3 ) 頁: 1-8   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    全国の道路で老朽化が進行している.そのため,自治体による道路の維持管理がより一層求められているが,点検には特殊な車両が必要になり,そのコストが負担となる.また,車両の数が限られていることから,一度に点検できる範囲に限度が生じ,広域における点検が困難である.そこで,自治体の所有するごみ収集車やコミュニティバスなどの公用車の利活用によって,コストの低減や点検の広域化を図るため,本研究では特殊な車両を使用しない道路の点検手法を実現する.本稿では,路面標示の状態収集に着目し,天球カメラと半天球カメラを用いて路面標示を撮影し,その画像から擦り切れの有無を検出する手法を提案する.本稿の実験では天球カメラの RICOH THETA と半天球カメラの QBiC D1 を使用し,それぞれ車両に取り付けて走行した際の撮影と検出実験を行った.

    CiNii Article

  66. ソーシャルネットワークにおける共通の友人に着目した実世界イベント検出・分類手法 査読有り

    佐藤 翔野, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 川崎 仁嗣, 太田 賢, 稲村 浩, 徳田 英幸

    研究報告知能システム(ICS)   2015 巻 ( 9 ) 頁: 1-6   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,SNS 上の情報を使い実世界のイベントを検出・分類する研究が盛んに行われている.既存の研究ではテキスト解析が主であり,発言にイベントに関する内容が含まれていないと,解析が不可能であるという問題が存在する.本研究では,Twitter 上の位置情報付き発言を用いて,ある空間に存在する人々の興味を抽出し,それに基づいた実世界イベントの検出と分類を試みる.提案手法では,空間内のユーザ群の 「共通の友人」 を分析し,その友人の属性情報を解析することにより,ユーザ群の興味を抽出する.

    CiNii Article

  67. Sensorizer : An Architecture for Regenerating Cyber Physical Data Streams from Entombed Web Contents (知的環境とセンサネットワーク) 査読有り

    中澤 仁, 米澤 拓郎, 徳田 英幸

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 巻 ( 418 ) 頁: 249-254   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ウェブ空間には、大気汚染物質量や渋滞情報、駐車場の空き情報などを初めとして、現実空間に関連した膨大な量のデータが存在する。しかし多くのそれらはウェブ空間に埋没していて、容易にアクセスできない上に、定期的に更新されて古いデータが消えていく。このような、ウェブ空間に埋没した有益なデータ(ウェブ埋没データ)を発見、発掘、および再生するために、我々はSensorizerアーキテクチャに関する研究を進めている。同アーキテクチャでは、クラウドソーシングを活用してウェブ埋没データを発見し、ヘッドレスウェブブラウザを用いて周期的なスクレイピングを実現した上で、XMPPを用いて抽出されたデータを配信する。本稿では、Sensorizerアーキテクチャの概要を述べた上で、実現可能なアプリケーションと評価について述べる。

    CiNii Article

  68. ソーシャルネットワークにおけるフォロー集合分析に基づく実世界イベント分類手法 査読有り

    河野 慎, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 川崎 仁嗣, 太田 賢, 稲村 浩, 徳田 英幸

    情報処理学会論文誌   56 巻 ( 1 ) 頁: 72-82   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,GPSを搭載したスマートフォンとSNSの普及によって,リアルタイムに位置情報を付加させた発言をユーザが投稿する機会が増加している.この機会によって投稿された発言の中には実世界イベントに関する情報が含まれており,その一部はユーザが体験したり,目撃したりしたことに関するものであることが多い.これらの発言を収集し,解析することで実世界で実際に起きている社会イベントを検出することが可能となる.イベントを検出するために必要な発見と分類という2つの工程のうち,本研究ではイベントの分類に着目し,イベント参加者を利用したイベント分類手法を提案する.イベント参加者の多様性を意味する大衆性という新しい分類軸を定義し,イベント参加者がフォローしているユーザの解析によるイベントの分類を目指す.本研究では解析ツールの設計と実装をし,ツールを用いてあらかじめ実際のデータをもとに発見された社会イベントの解析を行い,分類を行った.Yahoo!クラウドソーシングにおいて一対比較法を用いて大衆性に基づき分類した結果を取得し,本手法を適用した解析結果と比較・考察を行った.その結果,大衆性に関してクラウドソーシングを用いた調査結果と回帰分析による提案手法の分析結果に一定の相関性があることを示した.Recent progress and spread of smartphones and social network services enables us to transmit text messages with GPS location data anywhere and anytime. Since these location-based SNS messages often refer real-world's events, many researchers have tried to recognize real-world's event through analysis of the messages. In this paper, we define a new index of event classification called popularity, and present a novel method to calculate the index by analysing social network of the events participants. Popularity, which reflects the diversity of event participants, is a useful index of the event for creating various applications such as event navigation or recommendation. We designed and implemented intuitive web-based interactive tool for analysing popularity of events. Through comparative experiments by analysis of proposed system and crowdsourcing, we confirmed that our proposal method provide a certain amount of accuracy for calculating the popularity of events.

    CiNii Article

  69. 公共メディアへのジェスチャ入力のためのユーザに対する操作指示手法(2014年10月16日版) 査読有り

    小川 正幹, マルコ ユルム, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 徳田 英幸

    情報処理学会論文誌   56 巻 ( 1 ) 頁: 316-328   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    デジタルディスプレイやプロジェクタなどの情報表示機器の価格の低下にともない,街中や駅などの公共空間で様々な情報の配信を行う公共メディアが普及してきた.また,センサの低価格化やモーションキャプチャ技術の発展によってマルチタッチなどの平面的なインタラクションだけではなく,手全体や体を使った三次元的な入力も可能になった.このような技術を用いた,三次元的な入力を受付けるインタラクティブな公共メディアは今後増加すると考えられる.しかし,公共性の持つ特性と三次元的なインタラクションの複雑さから,ジェスチャのような手法による入力を公共空間において正しくユーザに伝えることは難しい.本研究では,公共空間におけるジェスチャによる入力のためのユーザ誘導およびユーザへの操作指示手法を提案する.提案したユーザ誘導および操作指示手法をもとにジェスチャ入力が可能な公共メディアのプロトタイプを作成しフィールドスタディを行った.フィールドスタディにおいて,72人の被験者に実験に協力をしてもらい,アンケートに回答してもらい,結果について考察を行った.本稿では,提案する手法を用いて行ったフィールドスタディから得られた知見について述べる.Due to price reduction of the device which can display information such as digital display and projector, public media which provides many kinds of information is emerging. In addition, due to price reduction of sensors and improvement of technique of motion capture, gestural and three-dimentional inputs are emerging to interact with digital media. Interactive public media which supports three-dimentional inputs will increase. However, instructing gestural inputs has difficulties which contains nature of publicness and complexity of the interaction itself. In this research, we propose the method of instructing the way of interaction for users. We implemented the prototype which supports gestural input and applied our proposal on it. We carried out field study with our prototype and we got feedback from 72 participants of the field study. In this paper, we describe the result of the experiment and discussion of our proposal.

    CiNii Article

  70. ライフログデータを用いたチームの行動変容促進 査読有り

    西山 勇毅, 大越 匡, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    情報処理学会論文誌   56 巻 ( 1 ) 頁: 349-361   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,携帯端末の普及にともない誰もが日常生活中の活動情報を検知・蓄積可能なライフログ環境が整ってきた.これまでライフログデータは,個人を対象として行動変容の促進に活用されてきたが,今後は研究室やスポーツチーム,企業といった集団を対象とした行動変容の促進が可能になると考えられる.しかし,集団は個人とは異なり内部に様々な人間関係が存在するため,これまでの個人を対象とした行動変容促進手法が集団に対して効果的であるかは明らかではない.本研究では,集団の行動変容を促進するモデルとして,既存手法の「競争」と「協力」の要素を組み合わせた6種類の集団の行動変容促進モデルの提案し,効果の検証を行った.提案モデルに基づいた行動変容促進を行うAaron2を実装し,2つの集団(64名)を対象に3週間の実験を行った.1週間ごとの行動変容について考察した結果,チーム目標と直接的に関係ない活動では行動変容への効果が低く,日頃からチーム単位で競争を行っているチームでは「チーム間での競争要素」用いたモデルが最も行動変容への効果が高くなる可能性が示された.Recent technological trends on mobile/wearable devices and sensors have been enabling increasing number of people to collect and store their "lifelog" easily in their daily lives. Beyond exercise behavior change of individual user, our research focus is on the behavior change of teams, based on life-logging technologies and information sharing. In this paper, we propose and evaluate six different types of information sharing model among team members for their exercise promotion, leveraging concepts of "competition" and "collaboration". According to our experimental mobile web application for exercise promotion and extensive user study among 64 total users for three weeks, the model with "competition" technique resulted the most effective performance for competitive teams such as sport teams.

    CiNii Article

  71. A Citizen-centric Approach towards Global-scale Smart City Platform 査読有り

    Yonezawa Takuro, Antonio Galache Jose, Gurgen Levent, Matranga Isabel, Maeomichi Hiroyuki, Shibuya Tomonori

    2015 INTERNATIONAL CONFERENCE ON RECENT ADVANCES IN INTERNET OF THINGS (RIOT)     頁: .   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  72. A Self-healing Framework for Online Sensor Data 査読有り

    Tuan Anh Nguyen, Aiello Marco, Yonezawa Takuro, Tei Kenji

    2015 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON AUTONOMIC COMPUTING     頁: 295 - 300   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Proceedings - IEEE International Conference on Autonomic Computing, ICAC 2015  

    DOI: 10.1109/ICAC.2015.61

    Web of Science

    Scopus

  73. A Robot Control System for Video Streaming Services by Using Dynamic Encoded QR Codes 査読有り

    Ogawa Masaki, Yonezawa Takuro, Nishiyama Yuuki, Nakazawa Jin, Tokuda Hideyuki

    2015 EIGHTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOBILE COMPUTING AND UBIQUITOUS NETWORKING (ICMU)     頁: 86-87   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  74. Vinteraction: Vibration-based Information Transfer for Smart Devices 査読有り

    Yonezawa Takuro, Nakazawa Jin, Tokuda Hideyuki

    2015 EIGHTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOBILE COMPUTING AND UBIQUITOUS NETWORKING (ICMU)     頁: 155-160   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  75. A citizen-centric approach towards global-scale smart city platform 査読有り

    Yonezawa T.

    2015 International Conference on Recent Advances in Internet of Things, RIoT 2015     頁: 1 - 6   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:2015 International Conference on Recent Advances in Internet of Things, RIoT 2015  

    DOI: 10.1109/RIOT.2015.7104913

    Web of Science

    Scopus

  76. Vinteraction: Vibration-based information transfer for smart devices 査読有り

    Yonezawa T.

    2015 8th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, ICMU 2015     頁: 155 - 160   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:2015 8th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, ICMU 2015  

    DOI: 10.1109/ICMU.2015.7061059

    Web of Science

    Scopus

  77. A robot control system for video streaming services by using dynamic encoded QR codes 査読有り

    Ogawa M.

    2015 8th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, ICMU 2015     頁: 86 - 87   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:2015 8th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, ICMU 2015  

    DOI: 10.1109/ICMU.2015.7061042

    Web of Science

    Scopus

  78. A method for detecting damage of traffic marks by half celestial camera attached to cars 査読有り

    Kawasaki T.

    Proceedings of the 12th International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services, MOBIQUITOUS 2015   1 巻 ( 5 ) 頁: 226 - 233   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Proceedings of the 12th International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services, MOBIQUITOUS 2015  

    DOI: 10.4108/icst.mobiquitous.2015.260306

    Scopus

  79. BI-5-4 スマートシティにおける市民の影響力を拡張するCloud of Things基盤技術(BI-5.ソーシャル・ビッグデータの利活用とそれを支える基盤技術の研究開発動向,依頼シンポジウム,ソサイエティ企画)

    中澤 仁, 米澤 拓郎, 徳田 英幸

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014 巻 ( 2 ) 頁: "SS - 80"-"SS-81"   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

  80. Evidence-based real space assurance and sensing technologies 査読有り

    Nakazawa J.

    Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   97 巻 ( 8 ) 頁: 670-674   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  81. エビデンスに基づく実空間アシュアランスとセンシング技術 (小特集 知的環境を支えるセンサネットワーク : アンビエントセンサネットワーク)

    中澤 仁, 米澤 拓郎

    電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   97 巻 ( 8 ) 頁: 670 - 674   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    建築物の老朽化監視や,農業・漁業等の一次産業への応用,人間の健康状態把握など,センシング技術が多様な目的で応用されつつある.それらにおいてセンシングは,目的を達成するために必要となるエビデンスを実空間から収集する技術と位置付けられる.本稿では,まず様々なセンシング技術を紹介し,データを空間横断的に利活用するためのシステムや,実空間の課題を解決するための応用技術としてエビデンス指向システム等について解説する.

    CiNii Article

  82. FlyingDisplay: 飛行可能な公共ディスプレイシステム 査読有り

    野崎大幹 , 興野悠太郎 , 小川正幹 , 米澤拓郎 , 中澤仁 , 高汐一紀 , 徳田英幸

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]   2014 巻 ( 10 ) 頁: 1 - 7   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    近年,インターネットの発展により,爆発的に情報量が増加してきている.それにともない,情報をどのようにして現実社会に対して伝えるか,提示するシチュエーションやメディアが多様化してきている.その一例として,駅やショッピングモールなどの公共空間においてディスプレイを用いたデジタルコンテンツが普及している.しかしながら,ディスプレイによる情報提示は,様々な問題がある.本稿では,無人飛行器を用いた飛行可能な新しい公共ディスプレイ,FlyingDisplay を提案する.本ディスプレイモデルでは,いつでもどこでも情報を提示することを可能にし,既存の公共ディスプレイモデルと全く違う新たなモデルを提案する.プロトタイプを実装し評価実験を行い,本研究で提案した FlyingDisplay の飛行持続性と将来像を示した.

    CiNii Article

  83. スマートシティにおける市民の影響力を拡張するCloud of Things基盤技術(企画セッション「ポストユビキタス」,知的環境,センサネットワーク,スマート建築,スマートシティ,構造モニタリング,ゼロエネルギービルディング,社会基盤センシング,BIM/CIM,国土基盤モデル,一般) 査読有り

    米澤 拓郎

    電子情報通信学会技術研究報告. ASN, 知的環境とセンサネットワーク   114 巻 ( 65 ) 頁: 139-140   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    現代の都市は,エネルギー管理の効率化,経済成長と開発,生活の質と安心安全など,多様な問題に直面している.こうした問題の解決に資する主要なICT技術として,近年,モノのインターネットとクラウドコンピューティングが脚光を浴びている.日欧共同研究ClouTプロジェクトは,インターネットに接続する人・モノ・サービスをクラウドコンピューティングを基盤として融合する,効率的な協調プラットフォームである.あらゆる人・モノ・サービスから得られる情報を活用して,都市をよりスマートにする事が本研究の目的である.

    CiNii Article

  84. EverCopter : 着脱可能な有線給電式空中センシングプラットフォーム (モバイルネットワークとアプリケーション)

    興野 悠太郎, 米澤 拓郎, 野崎 大幹, 小川 正幹, 伊藤 友隆, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 巻 ( 495 ) 頁: 205 - 211   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

  85. Help Me! : 参加型センシングにおける参加機会創出のための情報の価値付けと可視化システム (モバイルネットワークとアプリケーション)

    坂村 美奈, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 巻 ( 495 ) 頁: 163 - 170   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,センサネットワークと携帯端末を利用したセンシングが普及しより高密度,広範囲の情報を取得することが可能になった.携帯端末を利用したセンシングの中でユーザが意識的にセンサとして働く参加型センシングでは,例えば場所や天気の様子に関するタスクを閲覧・選定し情報収集・提供する.しかしユーザがタスク選定をする際,多数のタスクが混在した状況ではどのタスクを実行すれば良いか分かり辛い.本研究では選定すべきタスクを物理センサを用いて価値付け,地図上に可視化することで参加型センシングへの参加機会を創出する手法を提案する.提案手法を実現するために,本研究ではセンサネットワークと参加型センシングが同一プラットフォームで動作する統合アーキテクチャを設計・実装した.これにより,センサネットワークおよび参加型センシングが持つ両者の利点を活かしつつ,互いの欠点を補完しあったセンシング環境が実現可能となる.

    CiNii Article

  86. ClouT : スマートシティにおける市民の影響力を拡張するCloud of Things基盤技術(招待講演,モバイルアプリケーション,ユビキタスサービス,モバイルアドホックネットワーク,モバイル時代を支える次世代無線通信技術,ユビキタスシステム,フィールドセンシング及び一般) 査読有り

    米澤 拓郎

    電子情報通信学会技術研究報告. MoNA, モバイルネットワークとアプリケーション   113 巻 ( 495 ) 頁: .   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  87. ClouT:スマートシティにおける市民の影響力を拡張するCloud of Things基盤技術 査読有り

    米澤拓郎

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]   2014 巻 ( 53 ) 頁: 1-1   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    現代の都市は,エネルギー管理の効率化,経済成長と開発,生活の質と安心安全など,多様な問題に直面している.こうした問題の解決に資する主要な ICT 技術として,近年,モノのインターネットとクラウドコンピューティングが脚光を浴びている.ClouT は,インターネットに接続する人・モノ・サービスをクラウドコンピューティングを基盤として融合する,効率的な協調プラットフォームである.あらゆる人・モノ・サービスから得られる情報を活用して,都市をよりスマートにする事が本研究の目的である.ClouT 上では,都市基盤を構成する情報サービスを都市の自治体等が提供し,他のプラットフォームや他のサービス提供者がそれを利用することができる.さらに,その都市に存在する人が,独自のサービスを創出して他の人と共有することができる.すなわち ClouT は,人を中心とした都市の情報基盤である.ClouT は以下の特徴を有する.まず,(1) インターネットに接続する無数の人やモノから都市の実空間情報を収集し,ユニバーサルなインタオペラビリティを保証しながらクラウド上に保持する.次に,(2) 大規模でディペンダビリティが高く,かつセマンティックなサービスを容易に構築可能とし,これにより多種多様な情報源から得られた情報を処理して都市の実空間に提供する.最後に,(3) 欧州の Santander と Genova,および日本では三鷹市と藤沢市をターゲットとして,革新的な都市アプリケーションを実現する.都市での利用を通じて,本研究の成果を具体的かつ実用的なものとする.また ClouT は,クラウドモデルにより実現される新たな自治体・民間の協力関係を用い,アプリケーションの新規創出に要する金銭的かつ時間的コストを削減し,自治体や住民,諸産業従事者等,都市に関する全てのステークホルダの共存共栄を図る.本講演では,本プロジェクトの概要とこれまでの成果,今後の展開について紹介を行う.

    CiNii Article

  88. ClouT:スマートシティにおける市民の影響力を拡張するCloud of Things基盤技術 査読有り

    米澤拓郎

    情報処理学会研究報告. MBL, [モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会研究報告]   2014 巻 ( 53 ) 頁: 1-1   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    現代の都市は,エネルギー管理の効率化,経済成長と開発,生活の質と安心安全など,多様な問題に直面している.こうした問題の解決に資する主要な ICT 技術として,近年,モノのインターネットとクラウドコンピューティングが脚光を浴びている.ClouT は,インターネットに接続する人・モノ・サービスをクラウドコンピューティングを基盤として融合する,効率的な協調プラットフォームである.あらゆる人・モノ・サービスから得られる情報を活用して,都市をよりスマートにする事が本研究の目的である.ClouT 上では,都市基盤を構成する情報サービスを都市の自治体等が提供し,他のプラットフォームや他のサービス提供者がそれを利用することができる.さらに,その都市に存在する人が,独自のサービスを創出して他の人と共有することができる.すなわち ClouT は,人を中心とした都市の情報基盤である.ClouT は以下の特徴を有する.まず,(1) インターネットに接続する無数の人やモノから都市の実空間情報を収集し,ユニバーサルなインタオペラビリティを保証しながらクラウド上に保持する.次に,(2) 大規模でディペンダビリティが高く,かつセマンティックなサービスを容易に構築可能とし,これにより多種多様な情報源から得られた情報を処理して都市の実空間に提供する.最後に,(3) 欧州の Santander と Genova,および日本では三鷹市と藤沢市をターゲットとして,革新的な都市アプリケーションを実現する.都市での利用を通じて,本研究の成果を具体的かつ実用的なものとする.また ClouT は,クラウドモデルにより実現される新たな自治体・民間の協力関係を用い,アプリケーションの新規創出に要する金銭的かつ時間的コストを削減し,自治体や住民,諸産業従事者等,都市に関する全てのステークホルダの共存共栄を図る.本講演では,本プロジェクトの概要とこれまでの成果,今後の展開について紹介を行う.

    CiNii Article

  89. EverCopter: 着脱可能な有線給電式空中センシングプラットフォーム 査読有り

    興野悠太郎, 米澤拓郎, 野崎大幹, 小川正幹, 伊藤友隆, 中澤仁, 高汐一紀, 徳田英幸

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2014 巻 ( 26 ) 頁: 1-7   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本論文では,着脱可能な電線によって充電,給電しながら上空をセンシングするプラットフォームである EverCopter を提案する.バッテリー駆動による UAV(Unmanned Aerial Vehicle) は,地上の障害物を気にする事無く,広大な範囲をセンシングできる事が最大のメリットであるが,バッテリー容量による制限を受けてしまう.EverCopter は以下の 2 つの特徴により,長時間かつ広範囲なセンシングを可能とする.まず,複数に接続された EverCopter の一方は,地上の電源装置に接続され,給電されている.このことで,それぞれの EverCopter はバッテリー無しで飛行する事ができるため,半永久的な飛行が可能となる.また,末端の EverCopter はバッテリーを備えており,任意のタイミングで着脱が可能である.よって,UAV 本来の自由なセンシングも可能である.The paper proposes EverCopter, which provides continuous and adaptive over-the-air sensing with detachable wired flying objects. While a major advantage of sensing systems with battery-operated flying objects is a wide sensing coverage, sensing time is limited due to its limited amount of energy. We propose dynamically rechargeable flying objects, called EverCopter. EverCopter achieves both long sensing time and wide sensing coverage by the following two characteristics. First, multiple EverCopters can be tied in a row by power supply cables. Since the root EverCopter in a row is connected to DC power supply on the ground, each EverCopter can fly without battery. This makes their sensing time forever, unless the power supply on the ground fails. Second, the leaf EverCopter can detach itself from the row in order to enjoy wider sensing coverage. An EverCopter, while it is detached, runs with its own battery-supplied energy. When the remaining energy becomes low, it flies back to the row to recharge the battery.

    CiNii Article

  90. ライフログデータを用いたチームの行動変容促進 査読有り

    西山勇毅, 大越匡, 米澤拓郎, 中澤仁, 高汐一紀, 徳田英幸

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2014 巻 ( 9 ) 頁: 1-8   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,誰もが日常生活中の情報を検知・蓄積できるライフログ環境が整ってきた.これまでライフログデータは,個人の行動変容促進に利用されてきたが,今後は研究室やスポーツチーム,学校,企業といった集団を対象した行動変容促進が可能になると考えられる.しかし,集団は個人とは異なり内部に様々な人間関係が存在するため,集団を対象とした行動変容促進モデルを構築する必要がある.本研究では集団の行動変容を促進するモデルとして,「競争」 と 「協力」 を組み合わせた 6 種類のモデルを提案し,それぞれのモデルが集団の行動変容にどう影響するかを評価する.提案したモデルに基づき,大学の体育会野球部と研究室の異なる 2 つの集団を対象に 3 週間の行動変容実験を行った.実験結果を元に,各モデルが行動変容に与える効果を検証した.Currently, everyone can detect and store many life-log data very easily with the spread of smart phones or wearable devices and large scale data storage. Wide variety and large scale life-log data are very useful to self behavior change, medical care, education, and social analytics. Existing researches of human behavior change using life-log data focus on individual human behavior change. But nowadays everyone have communication equipment like smart phones. Group behavior change is very useful to keep workers' health in company and/or managing amount of practice in a sport team. Group has many kind of human relations, for example, manager and normal member. Therefore techniques for individual human behavior change is not effective to groups. The biggest aim of our research is to build the model of group behavior change. Specially, we focus on team behavior change. In this paper, we propose six types of group behavior model based on the "competition" and "collaboration" technique. We used encouraging team modification application in sports team and laboratory for keeping the sit-up exercise for 3 weeks. Sit-up exercise is very important to preventing the injury and keep fit for the sport team and the laboratory member. We create 8 groups in a team. We evaluate and consider this model based on the change of the self-efficacy and number of sit-up activities.

    CiNii Article

  91. Help Me!:参加型センシングにおける参加機会創出のための情報の価値付けと可視化システム 査読有り

    坂村美奈, 米澤拓郎, 中澤仁, 高汐一紀, 徳田英幸

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2014 巻 ( 35 ) 頁: 1-8   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,センサネットワークと携帯端末を利用したセンシングが普及しより高密度,広範囲の情報を取得することが可能になった.携帯端末を利用したセンシングの中でユーザが意識的にセンサとして働く参加型センシングでは,例えば場所や天気の様子に関するタスクを閲覧・選定し情報収集・提供する.しかしユーザがタスク選定をする際,多数のタスクが混在した状況ではどのタスクを実行すれば良いか分かり辛い.本研究では選定すべきタスクを物理センサを用いて価値付け,地図上に可視化することで参加型センシングへの参加機会を創出する手法を提案する.提案手法を実現するために,本研究ではセンサネットワークと参加型センシングが同一プラットフォームで動作する統合アーキテクチャを設計・実装した.これにより,センサネットワークおよび参加型センシングが持つ両者の利点を活かしつつ,互いの欠点を補完しあったセンシング環境が実現可能となる.

    CiNii Article

  92. Help Me!:参加型センシングにおける参加機会創出のための情報の価値付けと可視化システム 査読有り

    坂村美奈, 米澤拓郎, 中澤仁, 高汐一紀, 徳田英幸

    研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)   2014 巻 ( 35 ) 頁: 1-8   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,センサネットワークと携帯端末を利用したセンシングが普及しより高密度,広範囲の情報を取得することが可能になった.携帯端末を利用したセンシングの中でユーザが意識的にセンサとして働く参加型センシングでは,例えば場所や天気の様子に関するタスクを閲覧・選定し情報収集・提供する.しかしユーザがタスク選定をする際,多数のタスクが混在した状況ではどのタスクを実行すれば良いか分かり辛い.本研究では選定すべきタスクを物理センサを用いて価値付け,地図上に可視化することで参加型センシングへの参加機会を創出する手法を提案する.提案手法を実現するために,本研究ではセンサネットワークと参加型センシングが同一プラットフォームで動作する統合アーキテクチャを設計・実装した.これにより,センサネットワークおよび参加型センシングが持つ両者の利点を活かしつつ,互いの欠点を補完しあったセンシング環境が実現可能となる.

    CiNii Article

  93. EverCopter: 着脱可能な有線給電式空中センシングプラットフォーム 査読有り

    興野悠太郎, 米澤拓郎, 野崎大幹, 小川正幹, 伊藤友隆, 中澤仁, 高汐一紀, 徳田英幸

    研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)   2014 巻 ( 26 ) 頁: 1-7   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本論文では,着脱可能な電線によって充電,給電しながら上空をセンシングするプラットフォームである EverCopter を提案する.バッテリー駆動による UAV(Unmanned Aerial Vehicle) は,地上の障害物を気にする事無く,広大な範囲をセンシングできる事が最大のメリットであるが,バッテリー容量による制限を受けてしまう.EverCopter は以下の 2 つの特徴により,長時間かつ広範囲なセンシングを可能とする.まず,複数に接続された EverCopter の一方は,地上の電源装置に接続され,給電されている.このことで,それぞれの EverCopter はバッテリー無しで飛行する事ができるため,半永久的な飛行が可能となる.また,末端の EverCopter はバッテリーを備えており,任意のタイミングで着脱が可能である.よって,UAV 本来の自由なセンシングも可能である.The paper proposes EverCopter, which provides continuous and adaptive over-the-air sensing with detachable wired flying objects. While a major advantage of sensing systems with battery-operated flying objects is a wide sensing coverage, sensing time is limited due to its limited amount of energy. We propose dynamically rechargeable flying objects, called EverCopter. EverCopter achieves both long sensing time and wide sensing coverage by the following two characteristics. First, multiple EverCopters can be tied in a row by power supply cables. Since the root EverCopter in a row is connected to DC power supply on the ground, each EverCopter can fly without battery. This makes their sensing time forever, unless the power supply on the ground fails. Second, the leaf EverCopter can detach itself from the row in order to enjoy wider sensing coverage. An EverCopter, while it is detached, runs with its own battery-supplied energy. When the remaining energy becomes low, it flies back to the row to recharge the battery.

    CiNii Article

  94. ClouT: Leveraging Cloud computing techniques for improving management of massive IoT data 査読有り

    Antonio Galache Jose, Yonezawa Takuro, Gurgen Levent, Pavia Daniele, Grella Marco, Maeomichi Hiroyuki

    2014 IEEE 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SERVICE-ORIENTED COMPUTING AND APPLICATIONS (SOCA)     頁: 324 - 327   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Proceedings - IEEE 7th International Conference on Service-Oriented Computing and Applications, SOCA 2014  

    DOI: 10.1109/SOCA.2014.47

    Web of Science

    Scopus

  95. Orchestration of Smart City Services across Ground, Air, and Space 査読有り

    Nakazawa Jin, Tokuda Hideyuki, Kyono Yutaro, Yonezawa Takuro

    2014 IEEE 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SERVICE-ORIENTED COMPUTING AND APPLICATIONS (SOCA)     頁: 332 - 333   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Proceedings - IEEE 7th International Conference on Service-Oriented Computing and Applications, SOCA 2014  

    DOI: 10.1109/SOCA.2014.28

    Web of Science

    Scopus

  96. SENSeTREAM: Enhancing Online Live Experience with Sensor-Federated Video Stream Using Animated Two-Dimensional Code 査読有り

    Yonezawa Takuro, Ogawa Masaki, Kyono Yutaro, Nozaki Hiroki, Nakazawa Jin, Nakamura Osamu, Tokuda Hideyuki

    UBICOMP'14: PROCEEDINGS OF THE 2014 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING     頁: 301 - 305   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp 2014 - Proceedings of the 2014 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing  

    DOI: 10.1145/2632048.2632104

    Web of Science

    Scopus

  97. Towards Health Exercise Behavior Change for Teams Using Life-logging 査読有り

    Nishiyama Yuuki, Okoshi Tadashi, Yonezawa Takuro, Nakazawa Jin, Takashio Kazunori, Tokuda Hideyuki

    2014 IEEE 16TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON E-HEALTH NETWORKING, APPLICATIONS AND SERVICES (HEALTHCOM)     頁: 397-403   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  98. Classifying urban events' popularity by analyzing friends information in location-based social network. 査読有り

    Makoto Kawano, Takuro Yonezawa, Jin Nakazawa, Satoshi Kawasaki, Ken Ohta, Hiroshi Inamura, Hideyuki Tokuda

    The First International Conference on IoT in Urban Space, Urb-IoT 2014, Rome, Italy, October 27-28, 2014     頁: 87 - 89   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICST  

    DOI: 10.4108/icst.urb-iot.2014.257295

  99. LiPS: Linked participatory sensing for optimizing social resource allocation 査読有り

    Sakamura M.

    UbiComp 2014 - Adjunct Proceedings of the 2014 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing     頁: 1015 - 1023   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp 2014 - Adjunct Proceedings of the 2014 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing  

    DOI: 10.1145/2638728.2641286

    Scopus

  100. イベント参加者のフォロー関係に基づくイベント分類手法の提案 査読有り

    河野慎 , 米澤拓郎 , 中澤仁 , 川崎仁嗣 , 太田賢 , 稲村浩 , 徳田英幸

    情報処理学会研究報告. MBL, [モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会研究報告]   2013 巻 ( 3 ) 頁: 1 - 6   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    近年 GPS が搭載されたスマートフォンや SNS の普及によって,ユーザがリアルタイムに位置情報を付加させた情報を発信できるようになってきた.これらの位置情報付き発言を収集・解析することで,人々が集まって形成されるソーシャルイベントを検出することが可能となる.ソーシャルイベントを検出するには発見と分類の 2 段階の過程があり,本研究ではイベントが発見された後の分類手法を提案する.イベントには特徴・性質として内容・規模・大衆性の 3 つがあると考え、分類軸として大衆性に着目する.位置情報を付与させて発言しているイベント参加者のフォロー関係を解析することで大衆性の推定をし,イベントの分類を目指す.本研究ではリアルタイムに解析を行えるツールを設計・実装し,大衆性の推定手法について考察を行った.

    CiNii Article

  101. Synchrometer:ライフログを利用した日常行動における他者との類似度生成 査読有り

    勝治宏基, 米澤拓郎, 中澤仁, 高汐一紀, 徳田英幸

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2013 巻 ( 17 ) 頁: 1-7   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,センシングデバイスの小型化,低価格化により,ウェアラブルセンサを利用して人の行動を取得する事が容易になった.それにより,私達の日々の生活行動を自動的に取得,蓄積するライフログが幅広く研究される様になった.本研究では,自分と他人の一日の行動から二人の似た行動を類似行動として生成するシステム Synchrometer を提案する.生成した類似行動は行動改善や医療,介護,新しいコミュニケーションの生成など,様々な場で利用する事が可能である.Recently, because of miniaturization and low cost of the sensing devices, obtaining human behavior became more easier . Therefore, lifelog, which is getting and storing our daily life activities, became to be studied widely. In this study, we propose the system Synchrometer which create a similarity as similar-activity from two people's daily activity. Similar-activity have a possibility to use to behavioral improvements, medical, nursing, generating new communication and so on.

    CiNii Article

  102. Synchrometer:ライフログを利用した日常行動における他者との類似度生成 査読有り

    勝治宏基, 米澤拓郎, 中澤仁, 高汐一紀, 徳田英幸

    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2013 巻 ( 17 ) 頁: 1-7   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,センシングデバイスの小型化,低価格化により,ウェアラブルセンサを利用して人の行動を取得する事が容易になった.それにより,私達の日々の生活行動を自動的に取得,蓄積するライフログが幅広く研究される様になった.本研究では,自分と他人の一日の行動から二人の似た行動を類似行動として生成するシステム Synchrometer を提案する.生成した類似行動は行動改善や医療,介護,新しいコミュニケーションの生成など,様々な場で利用する事が可能である.Recently, because of miniaturization and low cost of the sensing devices, obtaining human behavior became more easier . Therefore, lifelog, which is getting and storing our daily life activities, became to be studied widely. In this study, we propose the system Synchrometer which create a similarity as similar-activity from two people's daily activity. Similar-activity have a possibility to use to behavioral improvements, medical, nursing, generating new communication and so on.

    CiNii Article

  103. チームの動機づけにおける個人の貢献度の可視化に関する一検討 (知的環境とセンサネットワーク) 査読有り

    西山 勇毅, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 徳田 英幸

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 巻 ( 38 ) 頁: 233-240   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,個人の動機付けや行動改善のためのアプリケーションが普及してきた.今後,研究プロジェクトチームやスポーツチームなどの明確な目標を持ち,様々な立場の人間が所属するチームでの利用が考えられる.本研究では,個人の貢献度の可視化がチームの動機づけに与える影響の調査を行った.情報共有アプリケーションを実装し,ランダムに抽出したチームに対して,他人に個人の貢献度を見せた場合と見せない場合での比較実験を行い評価した.

    CiNii Article

  104. ラッキーなう : 時間と場所情報に注目した公共ディスプレイとのインタラクションモデルとその応用 (知的環境とセンサネットワーク) 査読有り

    小川 正幹, ユルム マルコ, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 徳田 英幸

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 巻 ( 38 ) 頁: 199-206   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,ディスプレイの低価格化や,デジタルサイネージをはじめとする電子コンテンツへの関心の増加により,公共ディスプレイが普及して来た.それにともない,ユーザからの入力によってニーズに応じた情報を提供するインタラクティブな公共ディスプレイも登場して来た.現在インタラクティブな公共ディスプレイの持つ課題の一つとして,ディスプレイがユーザに対して有益である事を,ユーザへ伝える事が難しいという点が挙げられる.この間題を解決する事により,インタラクティブな公共ディスプレイへの関心や,利用頻度の向上が達成されると考えられる.本稿では,時間と場所を限定することでユーザに特別感を与える公共ディスプレイとのインタラクションモデルを提案する.その一例として,その時その場所にいた人々だけに配布され,かつその人だけが利用可能なクーポン配信アプリケーションを構築し評価実験を行い,本研究で提案したインタラクションモデルの有用性を示した.

    CiNii Article

  105. Synchrometer : ライフログを利用した他者との生活スタイルのシンクロ度合判定手法(ポスターセッション,フレッシュマンセッション及び一般)

    勝治 宏基, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 徳田 英幸

    電子情報通信学会技術研究報告. ASN, 知的環境とセンサネットワーク   113 巻 ( 38 ) 頁: 185 - 186   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,センシングデバイスの小型化,低価格化により,ウェアラブルセンサを利用して人の行動を取得する事が容易になった.それにより,私達の日々の生活行動を自動的に取得,蓄積するライフログが幅広く研究される様になった.本研究では,自分と他人の一日の行動から二人の似た行動をシンクロした行動として取得するシステムSynchrometerを提案する.取得したシンクロは行動改善や医療,介護,新しいコミュニケーションの生成など,様々な場で利用する事が可能である.

    CiNii Article

  106. 動的かつ不定形な対象に投影するプロジェクションマッピング手法の提案(ポスターセッション,フレッシュマンセッション及び一般) 査読有り

    興野 悠太郎, 小川 正幹, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 徳田 英幸

    電子情報通信学会技術研究報告. ASN, 知的環境とセンサネットワーク   113 巻 ( 38 ) 頁: 187-188   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,スクリーン以外を対象として映像を投影するプロジェクションマッピングが盛んとなっている.しかし,現在のプロジェクションマッピングでは,静的な物体に対して投影されているものがほとんどで,移動している物体や形が変わる対象に投影する場合,あらかじめ複雑なキャリブレーションが必要な事から,あまり取り組まれていない.しかし,これらの物体に投影する事で,よりダイナミックで演出効果の高い表現を実現できると考えられる.本研究では,動的かつ不定形の物体に対し,事前のキャリブレーションを必要とすることなく,対象の状況を動的に判別し,投影を可能とする手法を実現する.

    CiNii Article

  107. 動的かつ不定形な対象に投影するプロジェクションマッピング手法の提案 査読有り

    興野悠太郎, 小川正幹, 米澤拓郎, 中澤仁, 徳田英幸

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2013 巻 ( 48 ) 頁: 1-2   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,スクリーン以外を対象として映像を投影するプロジェクションマッピングが盛んとなっている.しかし,現在のプロジェクションマッピングでは,静的な物体に対して投影されているものがほとんどで,移動している物体や形が変わる対象に投影する場合,あらかじめ複雑なキャリブレーションが必要な事から,あまり取り組まれていない.しかし,これらの物体に投影する事で,よりダイナミックで演出効果の高い表現を実現できると考えられる.本研究では,動的かつ不定形の物体に対し,事前のキャリブレーションを必要とすることなく,対象の状況を動的に判別し,投影を可能とする手法を実現する.

    CiNii Article

  108. 仮想センサネットワークとその応用 査読有り

    中澤 仁, 米澤 拓郎, 伊藤 友隆, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2013 巻 ( 17 ) 頁: 1-6   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アプリケーションの関心を仮想ネットワークとして実ネットワーク上に創出し,そこで提供される複数のサービスを統合することでアプリケーションを構築できる,仮想ネットワークセンシング (Virtual Networked Sensing, VNS) 機構を提案する.同機構では,物理的に存在する多数の実センサから,都市における人の流れの把握や環境モニタリングといった目的の充足に必要なものをアプリケーションが選択し,それらを仮想的センサネットワーク (Virtual Sensor Network, VSN) として定義できる.仮想センサネットワーク内でサービスを任意に組み合わせて高度な網内処理を実現できる他,当該 VSN 内のセンサ情報を仮想センサデータベースに蓄積することも可能である.本稿では,具体的なアプリケーションの記述方式や挙動を紹介しながら,同機構の利点を示す.This paper proposes a infrastructural mechanism, called Virtual Networked Sensing (VNS), which is capable of creating virtual networks of sensors coping with concerns of applications and integrating a variety of in-network services to ease application development. It enables appications to create a Virtual Sensor Network (VSN), to which it can map existing sensors based on its concerns, such as environmental monitoring and detecting group activities in a city. This paper shows the mechanism's features by introducing an actual application and its behavior.

    CiNii Article

  109. チームの動機づけにおける個人の貢献度の可視化に関する一検討 査読有り

    西山勇毅, 米澤拓郎, 中澤仁, 徳田英幸

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2013 巻 ( 21 ) 頁: 1-8   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,個人の動機付けや行動改善のためのアプリケーションが普及してきた.今後,研究プロジェクトチームやスポーツチームなどの明確な目標を持ち,様々な立場の人間が所属するチームでの利用が考えられる.本研究では,個人の貢献度の可視化がチームの動機づけに与える影響の調査を行った.情報共有アプリケーションを実装し,ランダムに抽出したチームに対して,他人に個人の貢献度を見せた場合と見せない場合での比較実験を行い評価した.

    CiNii Article

  110. Synchrometer:ライフログを利用した他者との生活スタイルのシンクロ度合判定手法 査読有り

    勝治宏基, 米澤拓郎, 中澤仁, 徳田英幸

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2013 巻 ( 47 ) 頁: 1-2   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,センシングデバイスの小型化,低価格化により,ウェアラブルセンサを利用して人の行動を取得する事が容易になった.それにより,私達の日々の生活行動を自動的に取得,蓄積するライフログが幅広く研究される様になった.本研究では,自分と他人の一日の行動から二人の似た行動をシンクロした行動として取得するシステム Synchrometer を提案する.取得したシンクロは行動改善や医療,介護,新しいコミュニケーションの生成など,様々な場で利用する事が可能である.

    CiNii Article

  111. Fragwrap: Fragrance-encapsulated and projected soap bubble for scent mapping 査読有り

    Kyono Y.

    UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing     頁: 311 - 314   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing  

    DOI: 10.1145/2494091.2494187

    Scopus

  112. Reinforcing co-located communication practices through interactive public displays 査読有り

    Ogawa M.

    UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing     頁: 737 - 740   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing  

    DOI: 10.1145/2494091.2495998

    Scopus

  113. PARnorama: 360 Degree interactive video for augmented reality prototyping 査読有り

    Berning M.

    UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing     頁: 1471 - 1474   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing  

    DOI: 10.1145/2494091.2499570

    Scopus

  114. ヒトやモノをエンパワーする実世界情報アプリケーションとバーチャル・ネットワークド・センシング技術 査読有り

    徳田 英幸, 中澤 仁, 米澤 拓郎, 間 博人, 伊藤 友隆

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク   112 巻 ( 230 ) 頁: 49-53   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アプリケーションの関心を仮想ネットワークとして実ネットワーク上に創出し,そこで提供される複数のサービスを統合することでアプリケーションを構築可能な仮想ネットワークセンシング機構を提案する.また,構築した仮想ネットワークセンシング機構上で動作する、モノ、人、および社会に関するセンサネットワークアプリケーション群を創出する.

    CiNii Article

  115. Control Manually:視聴者協力型ライブ演出システムによるコミュニケーションと演出効果の拡張

    米澤拓郎, 徳田英幸

    研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC)   2012 巻 ( 8 ) 頁: 1 - 8   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    インターネット生放送の利点の一つに,配信者と視聴者間の密なコミュニケーションが可能である点が挙げられるが,現状ではコメントを通じた双方向性に限られている.生放送コンテンツとして楽器の演奏が挙げられるが,演奏中は集中しているため,コメントによる視聴者とのコミュニケーションは希薄となる.本研究では演奏配信に適した新たなコミュニケーション手段として,視聴者が演奏者の配信環境を制御し,演出を行うことでコミュニケーションを可能とする視聴者協力型ライブ演出システムを提案する.4 週間に及ぶ配信実験の結果,同システムを用いることで演奏者と視聴者間,および視聴者間での非言語コミュニケーションが創発され,生放送参加者の一体感の拡大につながるとともに,ズームインやパン,カメラの切り替えなどのカメラワークによって演出効果が向上したことを示す.また実験結果に基づき,将来のインタラクティブ生放送支援システムのデザインの指針を示す.

    CiNii Article

  116. A-15-20 スマート端末のための振動を用いた情報通信手法の実装と評価(A-15.ヒューマン情報処理,一般セッション)

    米澤 拓郎, 中澤 仁, 徳田 英幸

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012 巻   頁: .   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

  117. D-5-1 場所誘因型位置情報付き発言の検出と可視化(D-5.言語理解とコミュニケーション,一般セッション)

    蛭田 慎也, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012 巻 ( 1 ) 頁: .   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

  118. Detection, Classification and Visualization of Place-triggerd Geotagged Tweets 査読有り

    Hiruta Shinya, Yonezawa Takuro, Jurmu Marko, Tokuda Hideyuki

    UBICOMP'12: PROCEEDINGS OF THE 2012 ACM INTERNATIONAL CONFERENCE ON UBIQUITOUS COMPUTING     頁: 956 - 963   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  119. LiDSN: A Method to Deploy Wireless Sensor Networks Securely based on light communication 査読有り

    Giang Doan Minh Nguyen, Takimoto Takuya, Yonezawa Takuro, Nakazawa Jin, Takashio Kazunori, Tokuda Hideyuki

    UBICOMP'12: PROCEEDINGS OF THE 2012 ACM INTERNATIONAL CONFERENCE ON UBIQUITOUS COMPUTING     頁: 539 - 540   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  120. Enhancing communication and dramatic impact of online live performance with cooperative audience control 査読有り

    Yonezawa T.

    UbiComp'12 - Proceedings of the 2012 ACM Conference on Ubiquitous Computing     頁: 103 - 112   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp'12 - Proceedings of the 2012 ACM Conference on Ubiquitous Computing  

    DOI: 10.1145/2370216.2370234

    Scopus

  121. 野球選手の投球動作変化を用いた疲労度取得手法の提案 : 投球障害予防支援システム構築に向けて 査読有り

    西山 勇毅, 瀧本 拓哉, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    電子情報通信学会技術研究報告. USN, ユビキタス・センサネットワーク : IEICE technical report   111 巻 ( 134 ) 頁: 119-125   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    野球では崩れた投球フォームでの投球や過度の練習などにより,投球障害(肩や肘への怪我)が多く発生する.特に野手は自分の練習量を意識せずに練習することが多く,主観による体調管理しか行われていない.既存研究では,スポーツ障害の防止,投球パフォーマンスの向上などを目的として,三次元モーションキャップチャーや動画解析などによる投球動作の分析が行われてきた.しかし,これらの研究は実際の練習での使用を想定していないため,場所の制限や解析の時間的コストなどの問題点がある.本研究では,野球選手の野手を対象に体に装着したウェアラブルなセンサを用いて客観的な投球疲労の取得手法を提案する.

    CiNii Article

  122. Ubiquitous Services : Enhancing Cyber-Physical Coupling with Smart Enablers 査読有り

    TOKUDA Hideyuki, NAKAZAWA Jin, YONEZAWA Takuro

    IEICE transactions on information and systems   94 巻 ( 6 ) 頁: 1122 - 1129   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 電子情報通信学会  

    Ubiquitous computing and communication are the key technology for achieving economic growth, sustainable development, safe and secure community towards a ubiquitous network society. Although the technology alone cannot solve the emerging problems, it is important to deploy services everywhere and reach real people with sensor enabled smart phones or devices. Using these devices and wireless sensor networks, we have been creating various types of ubiquitous services which support our everyday life. In this paper, we describe ubiquitous services based on a HOT-SPA model and discuss challenges in creating new ubiquitous services with smart enablers such as smart phones, wireless sensor nodes, social media, and cloud services. We first classify various types of ubiquitous service and introduce the HOT-SPA model which is aimed at modeling ubiquitous services. Several ubiquitous services, such as DIY smart object services, Twitthings, Airy Notes, and SensingCloud, are described. We then address the challenges in creating advanced ubiquitous services by enhancing coupling between a cyber and a physical space.

    DOI: 10.1587/transinf.E94.D.1122

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  123. D-9-14 群の形成過程に基づくソーシャルイベント判別手法の提案(D-9.ライフインテリジェンスとオフィス情報システム,一般セッション)

    丹羽 亮太, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 永田 智大, 鈴木 亮平, 徳田 英幸

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2011 巻 ( 1 ) 頁: .   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

  124. Second-sighted Glasses:環境のスマートネスを伝達するメガネ型ユーザインタフェース (ITS)

    米澤 拓郎, 中澤 仁, 徳田 英幸

    電子情報通信学会技術研究報告   110 巻 ( 420 ) 頁: 187 - 192   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

  125. Second-sighted Glasses:環境のスマートネスを伝達するメガネ型ユーザインタフェース(ITS画像処理,映像メディア,視覚及び一般)

    米澤 拓郎, 中澤 仁, 徳田 英幸

    映像情報メディア学会技術報告   35 巻 ( 0 ) 頁: 187 - 192   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 映像情報メディア学会  

    現在,ユーザの行動支援を行うため状況依存サービス(コンテクストアウェアサービス)の研究開発が盛んである.コンテクストアウェアサービスは,機器の自動制御などユーザの要求を先回りして解決することが可能であるが,もしコンテクストが正確に認識されずに機器が誤制御されたり,正確に制御されたとしてもそのサービスの存在を知らないユーザにとっては急に機器の状態が変化することに対して不快感を示す可能性も考えられる.本研究では,環境内に存在するコンテクストアウェアサービスの情報をユーザに伝達するため,どういうユーザの行動がどういう機器の挙動変化につながるか,その情報を直感的に伝達する&quot;未来予知メタファを用いた情報伝達インタフェース&quot;を提案し,実現する.

    DOI: 10.11485/itetr.35.9.0_187

    CiNii Article

  126. Vib-Connect: A Device Collaboration Interface Using Vibration 査読有り

    Yonezawa Takuro, Nakahara Hiroshi, Tokuda Hideyuki

    2011 IEEE 17TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON EMBEDDED AND REAL-TIME COMPUTING SYSTEMS AND APPLICATIONS (RTCSA 2011), VOL 1   1 巻   頁: 121 - 125   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Proceedings - 17th IEEE International Conference on Embedded and Real-Time Computing Systems and Applications, RTCSA 2011  

    DOI: 10.1109/RTCSA.2011.48

    Web of Science

    Scopus

  127. Transferring information from mobile devices to personal computers by using vibration and accelerometer 査読有り

    Yonezawa T.

    UbiComp'11 - Proceedings of the 2011 ACM Conference on Ubiquitous Computing     頁: 487 - 488   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp'11 - Proceedings of the 2011 ACM Conference on Ubiquitous Computing  

    DOI: 10.1145/2030112.2030184

    Scopus

  128. 無線センサネットワークにおける低消費電力な時刻推測手法 査読有り

    米川 賢治, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 徳田 英幸

    電子情報通信学会技術研究報告. USN, ユビキタス・センサネットワーク : IEICE technical report   110 巻 ( 130 ) 頁: 41-46   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,無線センサノードでネツトワーク(WSN:Wireless Sensor Network)を構築し,それを用いるアプリケーションが数多く提案,実装されている.これらの多くでは,データを解析する際にそれが取得された時刻を知る必要がある.一方,無線センサノードのクロックは実際の時刻からずれていくため,多くのアプリケーションにおいてデータを処理する際のエラーの原因となっている.上記の問題を解決するために,WSNのための時刻同期手法が提案されてきた.本研究では,無線センサノードがデータをセンシングした時刻を,シンクノード上で要した時間から推測する手法を提案し,moteのMAC層に実装した.LECTESはFTSPと比較し,1)シングルホップ時のエラーを1.618μsから0.488μsに減少,2)センサノードの寿命を19.8%延長,3)マルチホップ時に各ホップのエラーの上昇を0.694μsから0.256μsに減少,4)使用するROMとRAMをそれぞれ8,046byte,452byte減少した.

    CiNii Article

  129. 商品購買時の迷い検出システムの構築 査読有り

    荒木 貴好, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   109 巻 ( 338 ) 頁: 13-18   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年の情報技術の発展により,オンラインショップなどインターネットを利用した購買活動が盛んとなり,商品購買チャネルが多様化している.また一方で,実店舗においてもQRコードや電子マネーにより購買行動の効率が向上しており,今後はRFID技術や電子端末の導入などで更なる効率化が期待されている.しかし,店舗内の効率化に伴い人員の削減や店舗内における仕事が減少することによって顧客と店員のコミュニケーションが希薄になる問題が生じている.店員が接客を行うことによって顧客が商品を購入する確率は上昇し,また顧客にとっても最適な商品を選択できるなどの利点を享受できる.実店舗の利便性を高めるには,このコミュニケーションを活性化させる必要がある.しかし,接客には適切なタイミングがあり,間違えた接客を行うと顧客が不快になることも少なくない.本研究ではこの問題を解決するために顧客の商品購買時における「迷い状態」を抽出することにより顧客と実店舗の支援を行う.

    CiNii Article

  130. SOEML: Smart object events modeling language based on temporal intervals 査読有り

    Yonezawa T.

    International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineering   4 巻 ( 3 ) 頁: 73-92   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  131. FASH : 圧力センサを用いた歩行時の疲労検知

    米川 賢治, 米澤 拓郎, 由良 淳一, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    全国大会講演論文集 / 情報処理学会 [編]   71 巻 ( 3 ) 頁: "3 - 301"-"3-302"   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  132. 実店舗における商品購買時の迷い検出システムの構築 査読有り

    荒木 貴好, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    全国大会講演論文集   71 巻 ( 0 ) 頁: 303-304   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  133. センサネットワークによるユビキタスサービス : モノのスマート化と環境の見える化(<特集>センシングネットワーク:目的指向編) 査読有り

    徳田 英幸, 米澤 拓郎, 伊藤 昌毅, Hideyuki Tokuda, Takuro Yonezawa, Masaki Ito

    人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence   23 巻 ( 4 ) 頁: 447-452   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  134. スマートオブジェクトサービスのための時間的関係性を考慮したイベント記述方式の提案 査読有り

    米澤 拓郎, 中澤 仁, 榊原 寛, 國頭吾郎, 永田 智大, 徳田 英幸

    情報処理学会研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2008 巻 ( 18 ) 頁: 75-82   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究ではセンサノードが取り付けられた日常物(以下スマートオブジェクト)を利用し,多様なサービスをユーザ自身が構築できる環境を実現するため,時間的関係性を考慮したイベント記述方式を提案する.スマートオブジェクトサービスを構成するモノに関するイベントの検知を行うためには,イベントをセンサの物理値に置き換えてモデリングする必要がある.従来の手法ではセンサの閾値設定及び単純な論理演算を用いたイベントモデリングが一般的であり,より複雑なイベントを記述するためには汎用プログラミング言語での作成をユーザに強いる必要があった.本研究では,イベント同士の具体的な時間的関係性を記述可能とすることにより,より多様なイベントをユーザ自身が容易に記述できる手法を提案する.This paper proposes event description language using temporal logic for creating various services with smart object. By attaching sensor nodes to everyday objects, users can augment the objects digitally and take the objects into various services. When creating such smart object services, users should de・]e event using physical value from sensors. The most common event is de・]ed by describing simple threshold of sensor value and logical operation. Therefore, when end-users want to de・]e more complex event, they need to use hard programming language such as C or Java. For de・]ing such complex event easily without complex programming language, our research proposes a new event description language based on temporal logic.

    CiNii Article

  135. スマートオブジェクトサービスのための時間的関係性を考慮したイベント記述方式の提案 査読有り

    米澤 拓郎, 中澤 仁, 榊原 寛, 國頭吾郎, 永田 智大, 徳田 英幸

    情報処理学会研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)   2008 巻 ( 18 ) 頁: 75-82   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究ではセンサノードが取り付けられた日常物(以下スマートオブジェクト)を利用し,多様なサービスをユーザ自身が構築できる環境を実現するため,時間的関係性を考慮したイベント記述方式を提案する.スマートオブジェクトサービスを構成するモノに関するイベントの検知を行うためには,イベントをセンサの物理値に置き換えてモデリングする必要がある.従来の手法ではセンサの閾値設定及び単純な論理演算を用いたイベントモデリングが一般的であり,より複雑なイベントを記述するためには汎用プログラミング言語での作成をユーザに強いる必要があった.本研究では,イベント同士の具体的な時間的関係性を記述可能とすることにより,より多様なイベントをユーザ自身が容易に記述できる手法を提案する.This paper proposes event description language using temporal logic for creating various services with smart object. By attaching sensor nodes to everyday objects, users can augment the objects digitally and take the objects into various services. When creating such smart object services, users should de・]e event using physical value from sensors. The most common event is de・]ed by describing simple threshold of sensor value and logical operation. Therefore, when end-users want to de・]e more complex event, they need to use hard programming language such as C or Java. For de・]ing such complex event easily without complex programming language, our research proposes a new event description language based on temporal logic.

    CiNii Article

  136. Markit : デジタルスクラッピングシステムの設計と実装 査読有り

    川添 瑞木, 米澤 拓郎, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]   16 巻 ( 118 ) 頁: 105 - 112   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    近年,デジタルメディアの普及により,従来では紙メディアのみを対象としていたスクラッピングにおいても,デジタルメディアが用いられるようになった,紙メディアとデジタルメディア両者を対象とするスクラッピングの中でも,紙メディアからデジタルメディアヘ変換し,蓄積する形態のスクラッピングは,その有用性に反して複雑で面倒な作業が人々の負担となっている.本稿では,紙からデジタルへのスクラッピングを,手間のかかる作業を伴わずに行う手法を紹介する.さらに,人が興味を持ったことの現れである印付けを用いたスクラッピングシステムMarkitを構築する.本システムによって,ユーザは面倒な作業による負担を感じることなく,紙メディアからデジタルメディアへのスクラッピングができる.

    CiNii Article

  137. momo! : バイタルセンサを用いた気分の解析と雰囲気の可視化 査読有り

    山本 純平, 徳田 義幸, 川添 瑞木, 米澤 拓郎, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]   16 巻 ( 118 ) 頁: 79 - 86   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    我々が日常で直感的に感じ取っている雰囲気を,場のコンテクストとして抽出することができれば,有用性が高く,様々なアプリケーションが期待できる.しかし,何らかの方法で雰囲気を抽出しても,正しいのか実証することが難しいため,雰囲気を抽出するモデルは確立されていない.本研究では,「場に存在する気分の集合」を可視化することで,雰囲気を伝達することができる可能性に着目し,地図上への可視化によって,雰囲気を表現する.本稿では,モバイルセンサを用いて気分を4種類に分類し,雰囲気の抽出・可視化を行うmomo!システムを提案し,評価実験から気分の解析手法の妥当性について述べ,雰囲気を抽出する一つの可能性を見出す.

    CiNii Article

  138. Self-organizable panel for assembling DIY ubiquitous computing 査読有り

    Kohtake Naohiko, Ohsawa Ryo, Yonezawa Takuro, Iwai Masayuki, Takashio Kazunori, Tokuda Hideyuki

    PERSONAL AND UBIQUITOUS COMPUTING   11 巻 ( 7 ) 頁: 591 - 606   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Personal and Ubiquitous Computing  

    DOI: 10.1007/s00779-006-0118-z

    Web of Science

    Scopus

  139. Spot & Snap:DIY Smart Object Service を実現するセンサノードと日用品の関連付けインタラクション

    米澤 拓郎, 榊原 寛, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    情報処理学会論文誌   48 巻 ( 3 ) 頁: 1381 - 1392   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    本論文は,ユーザ自身が日用品にセンサノードを取り付け利用するDIY(do-it-yourself)Smart Object Services と,それを実現するための,センサノードとモノの情報を関連付けインタラクションSpot &amp; Snap を提案する.センサノードを取り付けた日用品Smart Object を利用したサービスでは,センサノードと日用品の意味的な関連付けが必要である.しかし関連付け作業は複数のステップからなり,一般家庭のユーザが行うには困難で煩わしい作業である.本論文ではこの問題を解決するため,スポットライトが取り付けられたカメラを利用した関連付け手法Spot &amp; Snap を考案・実装し,Spot &amp; Snap を利用したアプリケーションを構築した.また実装システムの性能とユーザビリティについて実験を行って評価し,有用性を示した.Spot &amp; Snap は,センサノードが取り付けられたモノにスポットライトを照射するという1 つのインタラクションで容易に関連付けを行える.また同時に,アプリケーション開発者にとってSmart Object Service を実現するアプリケーションフレームワークを提供する.This paper introduces the concept of DIY (do-it-yourself) Smart Objects Services that enables non-expert users to apply smart object services for everyday life. When using smart object services, a semantic connection between sensor node and domestic objects must be made before services function properly. At home, however, professional assistance with such installation may be either unavailable or too costly. Spot &amp; Snap solves this problem by easing of such association with use of a USB camera and an LED spotlight. With Spot &amp; Snap, nonexpert users can register their belongings to preferred services without experts by taking their pictures. It also provides application framework to create various smart object services. This paper describes the prototype implementation of Spot &amp; Snap and a range of its applications. In addition, it evaluates Spot &amp; Snap through capability and usability experiments.

    CiNii Article

  140. ユビキタス環境構築のためのブロック型情報機器連携技法 査読有り

    神武 直彦, 大澤亮, 米澤 拓郎, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    情報処理学会論文誌   48 巻 ( 3 ) 頁: 1405-1416   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ユビキタスコンピューティング環境の普及にともない,その環境を利用者が自分自身で構築できることが重要になってきている.その実現のためには,利用者の認知的負荷を増加させることなく複数の情報機器を連携させ,ユビキタスコンピューティング環境を構築,拡張することが可能なユーザインタフェースが必要である.本論文では,組み立てることで自己組織化するブロック型情報機器u-Texture II を提案する.利用者はu-Texture II どうしを接続することで様々な形に組み立てることができる.それに対し,u-Texture II は組み立てられた形状を自律的に認識し,形状に対応して機能を変化させ,複数で連携して動作することが可能である.With diffusion of ubiquitous computing environments, it is essential that non-expert users can create ubiquitous computing environment by themselves. Compared with computer users who are mainly engineers or experts, ubiquitous computing users are varied and a friendly user interface is desired. This paper proposes collaboration scheme based on blockable appliances for ubiquitous computing environment. This collaboration scheme has been implemented in the u-Texture II, which is a self-organizable panel that works as a building block. The u- Texture II can change its own behavior through recognition of its location, its inclination, and surrounding environment by assembling these factors physically. This paper describes the design, the implementation, and various applications of u-Texture II to confirm that the collaboration scheme can contribute to establishment of ubiquitous computing environments without expert users.

    CiNii Article

  141. 日常物とセンサノードの関連付け手法の提案 査読有り

    米澤 拓郎, 榊原 寛, 中澤 仁, 永田 智大, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    情報処理学会研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)   2007 巻 ( 14 ) 頁: 179-186   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究では日常物(以下モノ)とセンサノードの容易は関連付け手法Stop&Snapを提案する.現在超小型センサノードを裳のに取り付け,そのモノの状態を利用したサービスの研究が盛んである.しかし,誰がモノにセンサノードを取り付けるか,そのモノとセンサノードとの関連性は誰が入力するのか,といった問題が存在する.本稿では,ユーザ自身が身の回りのモノにセンサノードの取り付け・関連づけを行い,低コストで自由度の高いサービス利用環境を実現するために,スポットライトとカメラを利用した容易な関連付け手法Stop&Snapを提案する。また,Stop&Snapのプロトタイプを実装し,Stop&Snapを利用した多様なアプリケーショ例を示すことでその有用性を議論する.更にその操作実験を通じ,平均4秒以内の即興的な関連付けが行えることを示す.This paper introduces Spot & Snap interaction technique that enables end-users to associate sensor nodes to everyday-life objects easily. By attaching sensor nodes to everyday-life objects, are what we call smart objects, users can augment the objects digitally. When using smart object services, a semantic connection between sensor node and objects must be made before services function properly. At home, however, professional assistance with such installation may be either unavailable or too costly. Spot & Snap solves this problem by easing of such association with use of a USB camera and an LED spotlight. With Spot & Snap, non-expert users can register their belongings to preferred services without experts by taking their pictures. It also provides application framework to create various smart object services. This paper describes the prototype implementation of Spot & Snap and a range of its applications. In addition, it evaluates Spot & Snap through capability and usability experiments.

    CiNii Article

  142. 日常物とセンサノードの関連付け手法の提案 査読有り

    米澤 拓郎, 榊原 寛, 中澤 仁, 永田 智大, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    情報処理学会研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2007 巻 ( 14 ) 頁: 179-186   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究では日常物(以下モノ)とセンサノードの容易は関連付け手法Stop&Snapを提案する.現在超小型センサノードを裳のに取り付け,そのモノの状態を利用したサービスの研究が盛んである.しかし,誰がモノにセンサノードを取り付けるか,そのモノとセンサノードとの関連性は誰が入力するのか,といった問題が存在する.本稿では,ユーザ自身が身の回りのモノにセンサノードの取り付け・関連づけを行い,低コストで自由度の高いサービス利用環境を実現するために,スポットライトとカメラを利用した容易な関連付け手法Stop&Snapを提案する。また,Stop&Snapのプロトタイプを実装し,Stop&Snapを利用した多様なアプリケーショ例を示すことでその有用性を議論する.更にその操作実験を通じ,平均4秒以内の即興的な関連付けが行えることを示す.This paper introduces Spot & Snap interaction technique that enables end-users to associate sensor nodes to everyday-life objects easily. By attaching sensor nodes to everyday-life objects, are what we call smart objects, users can augment the objects digitally. When using smart object services, a semantic connection between sensor node and objects must be made before services function properly. At home, however, professional assistance with such installation may be either unavailable or too costly. Spot & Snap solves this problem by easing of such association with use of a USB camera and an LED spotlight. With Spot & Snap, non-expert users can register their belongings to preferred services without experts by taking their pictures. It also provides application framework to create various smart object services. This paper describes the prototype implementation of Spot & Snap and a range of its applications. In addition, it evaluates Spot & Snap through capability and usability experiments.

    CiNii Article

  143. uPackage - A package to enable do-it-yourself style ubiquitous services with daily objects 査読有り

    Yonezawa Takuro, Sakakibara Hiroshi, Koizumi Kengo, Miyajima Shingo, Nakazawa Jin, Takashio Kazunori, Tokuda Hideyuki

    UBIQUITOUS COMPUTING SYSTEMS, PROCEEDINGS   4836 巻   頁: 240-+   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  144. uPackage - A package to enable do-it-yourself style ubiquitous services with daily objects 査読有り

    Yonezawa T.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   4836 巻   頁: 240 - +   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    DOI: 10.1007/978-3-540-76772-5_19

    Web of Science

    Scopus

  145. シームレスサービスを目指したマイクロホットスポット連携 査読有り

    岩井 将行, 神武 直彦, 門田 昌哉, 高橋 元, 米澤 拓郎, 望月 陽介, 望月 祐洋, 清水 博文, 戸辺 義人, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    情報処理学会研究報告. MBL, [モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会研究報告] = IPSJ SIG technical reports   2005 巻 ( 32 ) 頁: 15 - 21   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    ユビキタス環境の研究が盛んに行われる中で, 限られた一部の屋内環境において知的環境を構築することが可能となった. しかしユーザが今後求めるものはより広域で長いスパンでのサービス提供を行う基盤技術であり, ユビキタス環境間の連携を推し進める研究が必要である. 慶應義塾大学, 東京電機大学, 東京工業大学が中心になり, シームレスサービスを目指したマイクロホットスポット連携の研究を行った. 本稿ではその報告を行う.

    CiNii Article

  146. シームレスサービスを目指したマイクロホットスポット連携 査読有り

    岩井 将行, 神武 直彦, 門田 昌哉, 高橋 元, 米澤 拓郎, 望月陽介, 望月祐洋, 清水 博文, 戸辺 義人, 高汐 一紀, 徳田 英幸

    情報処理学会研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2005 巻 ( 28 ) 頁: 15-21   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ユビキタス環境の研究が盛んに行われる中で,限られた一部の屋内環境において知的環境を構築することが可能となった. しかしユーザが今後求めるものはより広域で長いスパンでのサービス提供を行う基盤技術であり,ユビキタス環境{\bf 間}の連携を推し進める研究が必要である.慶應義塾大学,東京電機大学,東京工業大学が中心になり,シームレスサービスを目指したマイクロホットスポット連携の研究を行った.本稿ではその報告を行う.Research for ubiquitous environment has enabled the creation of Smart Environment within a limited part of an indoor colosed enviroment. However, users require that this same enviroment can be available within a wider span, thus resulting in the need to extend collaboration of services in remote ubiquitous environments. Our research group (Keio University, Tokyo Denki University, and Tokyo Institute of Technology) has created a seamless service collaboration system called "micro-hot-spot", and will report it in this paper.

    CiNii Article

  147. u-Texture: Self-organizable universal panels for creating smart surroundings 査読有り

    Kohtake N, Ohsawa R, Yonezawa T, Matsukura Y, Iwai M, Takashio K, Tokuda H

    UBICOMP 2005: UBIQUITOUS COMPUTING, PROCEEDINGS   3660 巻   頁: 19-36   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

講演・口頭発表等 45

  1. An End-to-End BLE Indoor Location Estimation Method Using LSTM

    Urano K.

    2019 12th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network, ICMU 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  2. End-to-end walking speed estimation method for smartphone PDR using DualCNN-LSTM

    Kawaguchi N.

    CEUR Workshop Proceedings 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  3. Continuous Shape Changing Locomotion of 32-legged Spherical Robot

    Nozaki H.

    IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  4. Demo: Meal photo SNS with mutual healthiness evaluation for improving users' eating habits

    Eigen Y.

    UbiComp/ISWC 2018 - Adjunct Proceedings of the 2018 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2018 ACM International Symposium on Wearable Computers 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  5. Poster: Accelerating urban science by crowdsensing with civil officers

    Yonezawa T.

    UbiComp/ISWC 2018 - Adjunct Proceedings of the 2018 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2018 ACM International Symposium on Wearable Computers 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  6. Evaluating the spatio-temporal coverage of automotive sensing for smart cities

    Chen Y.

    2017 10th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network, ICMU 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  7. Shape changing locomotion by spiny multipedal robot

    Nozaki H.

    2017 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  8. Road marking blur detection with drive recorder

    Kawano M.

    Proceedings - 2017 IEEE International Conference on Big Data, Big Data 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  9. Overview of IUI2018 workshop: User interfaces for spatial and temporal data analysis (UISTDA2018)

    Wakamiya S.

    CEUR Workshop Proceedings 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  10. Interruptibility Map: Geographical analysis of users' interruptibility in smart cities

    Obuchi M.

    2017 IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications Workshops, PerCom Workshops 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  11. An Empirical Study on Coverage-Ensured Automotive Sensing using Door-to-door Garbage Collecting Trucks

    Chen Y.

    Proceedings of the 2nd International Workshop on Smart, SmartCities 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  12. SOXFire: A Universal Sensor Network System for Sharing Social Big Sensor Data in Smart Cities

    Yonezawa T.

    Proceedings of the 2nd International Workshop on Smart, SmartCities 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  13. ReFabricator: Integrating everyday objects for digital fabrication

    Yamada S.

    Conference on Human Factors in Computing Systems - Proceedings 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  14. Appearance-based person identification algorithm to search for persons using a flying robot

    Yonezawa T.

    SSRR 2015 - 2015 IEEE International Symposium on Safety, Security, and Rescue Robotics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  15. A public vehicle-based urban sensing system

    Chen Y.

    UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  16. Exploring user model of the city by using interactive public display application

    Ogawa M.

    UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  17. MinaQn: Web-based participatory sensing platform for citizen-centric urban development

    Sakamura M.

    UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  18. Sensorizer: An architecture for regenerating cyber physical data streams from the web

    Nakazawa J.

    UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  19. Senbay: Smartphone-based activity capturing and sharing using sensor-federated video

    Nishiyama Y.

    UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  20. A citizen-centric approach towards global-scale smart city platform

    Yonezawa T.

    2015 International Conference on Recent Advances in Internet of Things, RIoT 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  21. A robot control system for video streaming services by using dynamic encoded QR codes

    Ogawa M.

    2015 8th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, ICMU 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  22. Vinteraction: Vibration-based information transfer for smart devices

    Yonezawa T.

    2015 8th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, ICMU 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  23. A method for detecting damage of traffic marks by half celestial camera attached to cars

    Kawasaki T.

    Proceedings of the 12th International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services, MOBIQUITOUS 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  24. Help me!: Valuing and visualizing participatory sensing tasks with physical sensors

    Sakamura M.

    ACM International Conference Proceeding Series 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  25. Vinteraction: Vibration-based information transfer for smart sensing devices

    Yonezawa T.

    ACM International Conference Proceeding Series 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  26. Towards health exercise behavior change for teams using life-logging

    Nishiyama Y.

    2014 IEEE 16th International Conference on e-Health Networking, Applications and Services, Healthcom 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  27. Monitoring dependability of city-scale IoT using D-case

    Tokuda H.

    2014 IEEE World Forum on Internet of Things, WF-IoT 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  28. LiPS: Linked participatory sensing for optimizing social resource allocation

    Sakamura M.

    UbiComp 2014 - Adjunct Proceedings of the 2014 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  29. International Workshop on Web Intelligence and Smart Sensing IWWISS'2014

    Maret P.

    ACM International Conference Proceeding Series 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  30. PARnorama: 360 Degree interactive video for augmented reality prototyping

    Berning M.

    UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  31. Evercopter: Continuous and adaptive over-the-air sensing with detachable wired flying objects

    Kyono Y.

    UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  32. Fragwrap: Fragrance-encapsulated and projected soap bubble for scent mapping

    Kyono Y.

    UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  33. Reinforcing co-located communication practices through interactive public displays

    Ogawa M.

    UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  34. Second-sighted glasses : Discovering and understanding context-Aware services with augmented reality technique

    Yonezawa T.

    Proceedings of the SICE Annual Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  35. Detection, classification and visualization of place-triggerd geotagged tweets

    Hiruta S.

    UbiComp'12 - Proceedings of the 2012 ACM Conference on Ubiquitous Computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  36. LiDSN: A method to deploy wireless sensor networks securely based on light communication

    Doan G.

    UbiComp'12 - Proceedings of the 2012 ACM Conference on Ubiquitous Computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  37. Enhancing communication and dramatic impact of online live performance with cooperative audience control

    Yonezawa T.

    UbiComp'12 - Proceedings of the 2012 ACM Conference on Ubiquitous Computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  38. Lupe: Information access method based on distance between user and sensor nodes using AR technology

    Takimoto T.

    UbiComp'11 - Proceedings of the 2011 ACM Conference on Ubiquitous Computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  39. Transferring information from mobile devices to personal computers by using vibration and accelerometer

    Yonezawa T.

    UbiComp'11 - Proceedings of the 2011 ACM Conference on Ubiquitous Computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  40. FASH: Detecting tiredness of walking people using pressure sensors

    Yonekawa K.

    2009 6th Annual International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Networking and Services, MobiQuitous 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  41. FASH: Detecting tiredness of elders

    Yonekawa K.

    INSS2009 - 6th International Conference on Networked Sensing Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  42. uPackage - A package to enable do-it-yourself style ubiquitous services with daily objects

    Yonezawa T.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  43. ClouT : スマートシティにおける市民の影響力を拡張するCloud of Things基盤技術(招待講演,モバイルアプリケーション,ユビキタスサービス,モバイルアドホックネットワーク,モバイル時代を支える次世代無線通信技術,ユビキタスシステム,フィールドセンシング及び一般)

    米澤 拓郎

    電子情報通信学会技術研究報告. MoNA, モバイルネットワークとアプリケーション  2014年3月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  44. ClouT:スマートシティにおける市民の影響力を拡張するCloud of Things基盤技術

    米澤拓郎

    研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)  2014年3月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    現代の都市は,エネルギー管理の効率化,経済成長と開発,生活の質と安心安全など,多様な問題に直面している.こうした問題の解決に資する主要な ICT 技術として,近年,モノのインターネットとクラウドコンピューティングが脚光を浴びている.ClouT は,インターネットに接続する人・モノ・サービスをクラウドコンピューティングを基盤として融合する,効率的な協調プラットフォームである.あらゆる人・モノ・サービスから得られる情報を活用して,都市をよりスマートにする事が本研究の目的である.ClouT 上では,都市基盤を構成する情報サービスを都市の自治体等が提供し,他のプラットフォームや他のサービス提供者がそれを利用することができる.さらに,その都市に存在する人が,独自のサービスを創出して他の人と共有することができる.すなわち ClouT は,人を中心とした都市の情報基盤である.ClouT は以下の特徴を有する.まず,(1) インターネットに接続する無数の人やモノから都市の実空間情報を収集し,ユニバーサルなインタオペラビリティを保証しながらクラウド上に保持する.次に,(2) 大規模でディペンダビリティが高く,かつセマンティックなサービスを容易に構築可能とし,これにより多種多様な情報源から得られた情報を処理して都市の実空間に提供する.最後に,(3) 欧州の Santander と Genova,および日本では三鷹市と藤沢市をターゲットとして,革新的な都市アプリケーションを実現する.都市での利用を通じて,本研究の成果を具体的かつ実用的なものとする.また ClouT は,クラウドモデルにより実現される新たな自治体・民間の協力関係を用い,アプリケーションの新規創出に要する金銭的かつ時間的コストを削減し,自治体や住民,諸産業従事者等,都市に関する全てのステークホルダの共存共栄を図る.本講演では,本プロジェクトの概要とこれまでの成果,今後の展開について紹介を行う.

  45. ClouT:スマートシティにおける市民の影響力を拡張するCloud of Things基盤技術

    米澤拓郎

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)  2014年3月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    現代の都市は,エネルギー管理の効率化,経済成長と開発,生活の質と安心安全など,多様な問題に直面している.こうした問題の解決に資する主要な ICT 技術として,近年,モノのインターネットとクラウドコンピューティングが脚光を浴びている.ClouT は,インターネットに接続する人・モノ・サービスをクラウドコンピューティングを基盤として融合する,効率的な協調プラットフォームである.あらゆる人・モノ・サービスから得られる情報を活用して,都市をよりスマートにする事が本研究の目的である.ClouT 上では,都市基盤を構成する情報サービスを都市の自治体等が提供し,他のプラットフォームや他のサービス提供者がそれを利用することができる.さらに,その都市に存在する人が,独自のサービスを創出して他の人と共有することができる.すなわち ClouT は,人を中心とした都市の情報基盤である.ClouT は以下の特徴を有する.まず,(1) インターネットに接続する無数の人やモノから都市の実空間情報を収集し,ユニバーサルなインタオペラビリティを保証しながらクラウド上に保持する.次に,(2) 大規模でディペンダビリティが高く,かつセマンティックなサービスを容易に構築可能とし,これにより多種多様な情報源から得られた情報を処理して都市の実空間に提供する.最後に,(3) 欧州の Santander と Genova,および日本では三鷹市と藤沢市をターゲットとして,革新的な都市アプリケーションを実現する.都市での利用を通じて,本研究の成果を具体的かつ実用的なものとする.また ClouT は,クラウドモデルにより実現される新たな自治体・民間の協力関係を用い,アプリケーションの新規創出に要する金銭的かつ時間的コストを削減し,自治体や住民,諸産業従事者等,都市に関する全てのステークホルダの共存共栄を図る.本講演では,本プロジェクトの概要とこれまでの成果,今後の展開について紹介を行う.

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 離散システム論

    2019

     詳細を見る

    分散システム、ネットワークプロトコルなどについて学ぶ

  2. プログラミング及び演習

    2019

     詳細を見る

    C言語プログラミングを通じた論理的思考能力や問題解決能力の育成