2021/04/06 更新

写真a

キヨナカ シゲキ
清中 茂樹
KIYONAKA Shigeki
所属
大学院工学研究科 生命分子工学専攻 生命システム工学 教授
職名
教授

研究分野 3

  1. ナノテク・材料 / 生体化学

  2. ライフサイエンス / 神経科学一般

  3. ライフサイエンス / 生物有機化学

経歴 4

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科   教授

    2019年3月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 京都大学   大学院地球環境学堂   准教授(ダブルアポイントメント)

    2011年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 京都大学   大学院工学研究科   准教授

    2010年8月 - 2019年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 京都大学 工学研究科   助手

    2005年 - 2006年

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 九州大学   工学研究科   物質創造工学

    - 2002年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本神経科学会

  2. 日本薬理学会

  3. 日本生化学会

  4. アメリカ化学会

  5. 日本化学会

 

論文 19

  1. Ligand-directed two-step labeling to quantify neuronal glutamate receptor trafficking 査読有り

    Ojima Kento, Shiraiwa Kazuki, Soga Kyohei, Doura Tomohiro, Takato Mikiko, Komatsu Kazuhiro, Yuzaki Michisuke, Hamachi Itaru, Kiyonaka Shigeki

    NATURE COMMUNICATIONS   12 巻 ( 1 ) 頁: 831   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Communications  

    DOI: 10.1038/s41467-021-21082-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Construction of a Fluorescent Screening System of Allosteric Modulators for the GABA(A) Receptor Using a Turn-On Probe 査読有り

    Sakamoto Seiji, Yamaura Kei, Numata Tomohiro, Harada Fumio, Amaike Kazuma, Inoue Ryuji, Kiyonaka Shigeki, Hamachi Itaru

    ACS CENTRAL SCIENCE   5 巻 ( 9 ) 頁: 1541-1553   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acscentsci.9b00539

    Web of Science

    PubMed

  3. Construction of ligand assay systems by protein-based semisynthetic biosensors.

    Sakamoto S, Kiyonaka S, Hamachi I

    Current opinion in chemical biology   50 巻   頁: 10-18   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cbpa.2019.02.011

    PubMed

  4. On-cell coordination chemistry: Chemogenetic activation of membrane-bound glutamate receptors in living cells.

    Kubota R, Kiyonaka S, Hamachi I

    Methods in enzymology   622 巻   頁: 411-430   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/bs.mie.2019.02.033

    PubMed

  5. Shank and Zinc Mediate an AMPA Receptor Subunit Switch in Developing Neurons.

    Ha HTT, Leal-Ortiz S, Lalwani K, Kiyonaka S, Hamachi I, Mysore SP, Montgomery JM, Garner CC, Huguenard JR, Kim SA

    Frontiers in molecular neuroscience   11 巻   頁: 405   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnmol.2018.00405

    PubMed

  6. Chemogenetic Approach Using Ni(II) Complex-Agonist Conjugates Allows Selective Activation of Class A G-Protein-Coupled Receptors.

    Kubota R, Nomura W, Iwasaka T, Ojima K, Kiyonaka S, Hamachi I

    ACS central science   4 巻 ( 9 ) 頁: 1211-1221   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acscentsci.8b00390

    PubMed

  7. Ligand-Directed Chemistry of AMPA Receptors Confers Live-Cell Fluorescent Biosensors.

    Kiyonaka S, Sakamoto S, Wakayama S, Morikawa Y, Tsujikawa M, Hamachi I

    ACS chemical biology   13 巻 ( 7 ) 頁: 1880-1889   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acschembio.7b01042

    PubMed

  8. Intracellular thermometry with fluorescent sensors for thermal biology.

    Okabe K, Sakaguchi R, Shi B, Kiyonaka S

    Pflugers Archiv : European journal of physiology   470 巻 ( 5 ) 頁: 717-731   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00424-018-2113-4

    PubMed

  9. DNA Origami Scaffolds as Templates for Functional Tetrameric Kir3 K<sup>+</sup> Channels.

    Kurokawa T, Kiyonaka S, Nakata E, Endo M, Koyama S, Mori E, Tran NH, Dinh H, Suzuki Y, Hidaka K, Kawata M, Sato C, Sugiyama H, Morii T, Mori Y

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   57 巻 ( 10 ) 頁: 2586-2591   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201709982

    PubMed

  10. Affinity-Guided Oxime Chemistry for Selective Protein Acylation in Live Tissue Systems.

    Tamura T, Song Z, Amaike K, Lee S, Yin S, Kiyonaka S, Hamachi I

    Journal of the American Chemical Society   139 巻 ( 40 ) 頁: 14181-14191   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.7b07339

    PubMed

  11. Chemical labelling for visualizing native AMPA receptors in live neurons.

    Wakayama S, Kiyonaka S, Arai I, Kakegawa W, Matsuda S, Ibata K, Nemoto YL, Kusumi A, Yuzaki M, Hamachi I

    Nature communications   8 巻   頁: 14850   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms14850

    PubMed

  12. Construction of Protein-Based Biosensors Using Ligand-Directed Chemistry for Detecting Analyte Binding.

    Yamaura K, Kiyonaka S, Hamachi I

    Methods in enzymology   589 巻   頁: 253-280   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/bs.mie.2017.02.006

    PubMed

  13. TRP channels in oxygen physiology: distinctive functional properties and roles of TRPA1 in O<sub>2</sub> sensing.

    Mori Y, Takahashi N, Kurokawa T, Kiyonaka S

    Proceedings of the Japan Academy. Series B, Physical and biological sciences   93 巻 ( 7 ) 頁: 464-482   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2183/pjab.93.028

    PubMed

  14. Discovery of allosteric modulators for GABAA receptors by ligand-directed chemistry. 査読有り

    Yamaura K, Kiyonaka S, Numata T, Inoue R, Hamachi I.

    Nature Chemical Biology   12 巻 ( 10 ) 頁: 822-830   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nchembio.2150

  15. A conditional proteomics approach to identify proteins involved in zinc homeostasis. 査読有り

    Miki T, Awa M, Nishikawa Y, Kiyonaka S, Wakabayashi M, Ishihama Y, Hamachi I

    Nature Methods   13 巻 ( 11 ) 頁: 931-937   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nmeth.3998.

  16. Allosteric activation of membrane-bound glutamate receptors using coordination chemistry within living cells. 査読有り

    Kiyonaka S, Kubota R, Michibata Y, Sakakura M, Takahashi H, Numata T, Inoue R, Yuzaki M, Hamachi I

    Nature Chemistry   8 巻 ( 10 ) 頁: 958-967   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nchem.2554

  17. A Set of Organelle-Localizable Reactive Molecules for Mitochondrial Chemical Proteomics in Living Cells and Brain Tissues. 査読有り

    Yasueda Y, Tamura T, Fujisawa A, Kuwata K, Tsukiji S, Kiyonaka S, Hamachi I.

    J. Am. Chem. Soc.   138 巻 ( 24 ) 頁: 7592-7602   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.6b02254

  18. Structure-activity relations of leucine derivatives reveal critical moieties for cellular uptake and activation of mTORC1-mediated signaling 査読有り

    Nagamori Shushi, Wiriyasermkul Pattama, Okuda Suguru, Kojima Naoto, Hari Yoshiyuki, Kiyonaka Shigeki, Mori Yasuo, Tominaga Hideyuki, Ohgaki Ryuichi, Kanai Yoshikatsu

    AMINO ACIDS   48 巻 ( 4 ) 頁: 1045-1058   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00726-015-2158-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  19. Screening of Transient Receptor Potential Canonical Channel Activators Identifies Novel Neurotrophic Piperazine Compounds 査読有り

    Sawamura Seishiro, Hatano Masahiko, Takada Yoshinori, Hino Kyosuke, Kawamura Tetsuya, Tanikawa Jun, Nakagawa Hiroshi, Hase Hideharu, Nakao Akito, Hirano Mitsuru, Rotrattanadumrong Rachapun, Kiyonaka Shigeki, Mori Masayuki X., Nishida Motohiro, Hu Yaopeng, Inoue Ryuji, Nagata Ryu, Mori Yasuo

    MOLECULAR PHARMACOLOGY   89 巻 ( 3 ) 頁: 348-363   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1124/mol.115.102863

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

講演・口頭発表等 18

  1. グルタミン受容体動態の定量解析を目指した新たなケミカルラベル 招待有り

    清中 茂樹

    日本化学会第101春季年会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. 酸素感受性イオンチャネルTRPA1の動態解析に向けたcpHalo-tagラベル

    杉原 佑太朗、曽我 恭平、森 泰生、清中 茂樹

    日本化学会第101春季年会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. 細胞外ループ工学によるGPCR化学遺伝学(2): ECL3に着目したアデノシン受容体の活性制御

    松岡 佑真、杓野 拓光、堂浦 智裕、清中 茂樹

    日本化学会第101春季年会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. リガンド指向性化学と逆電子要請型Diels-Alder(IEDDA)反応を組み合わせたリガンド指向性2段階ラベル化法の開発

    曽我 恭平、小島 憲人、浜地 格、清中 茂樹

    日本化学会第101春季年会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. 細胞外ループ工学によるGPCR化学遺伝学(3): アロステリックサイトに着目した代謝型グルタミン酸受容体の活性制御

    堂浦 智裕、長谷川 寛太、清中 茂樹

    日本化学会第101春季年会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. 細胞外ループ工学によるGPCR化学遺伝学(1):ECL2に着目したヒスタミン受容体の活性制御

    柏 俊太朗、堂浦 智裕、清中 茂樹

    日本化学会第101春季年会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. DNA修復部位の可視化・制御機構解明を目指した蛍光タンパク質プローブの開発

    深田 梨沙子、神谷 凌、小川 大輝、金岡 英徳、清中 茂樹

    日本化学会第101春季年会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. 新たな配位ケモジェネティクス(1): タンパク質構造変化の干渉に基づくグルタミン酸受容体の活性制御法開発

    三浦 裕太、小島 憲人、浜地 格、清中 茂樹

    日本化学会第101春季年会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. Ligand-directed two-step labeling to quantify AMPA-type glutamate receptor trafficking

    Kento Ojima,Kyohei Soga, Itaru Hamachi, Shigeki Kiyonaka

    2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. DNA修復機構解明を目指した分割蛍光タンパク質プローブによる細胞内イメージング

    深田 梨沙子、小川 大輝、神谷 凌、金岡 英徳、清中 茂樹

    iACEシンポジウム2021  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. リガンド指向性化学を用いた2段階ラベル化戦略によるAMPA受容体の動態解析

    小島 憲人、浜地 格、清中 茂樹

    生理研研究会「シナプス研究会」  2020年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  12. DNA二重鎖切断修復でのfoci形成におけるSUMOタンパク質の機能解明

    深田 梨沙子、小川 大輝、神谷 凌、金岡 英徳、清中 茂樹

    第43回日本分子生物学会年会  2020年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月2日 - 2020年12月4日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  13. 代謝型グルタミン酸受容体のin vivo活性制御を指向した新たな化学遺伝学的手法の開発

    堂浦 智裕、長谷川 寛太、清中 茂樹

    第14回バイオ関連化学シンポジウム  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月7日 - 2020年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. 配位ケモジェネティクスによる GABAB 受容体のアロステリック活性化

    曽我 恭平、小島 憲人、道旗 友紀子、浜地 格、清中 茂樹

    第14回バイオ関連化学シンポジウム  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月7日 - 2020年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  15. 配位ケモジェネティクスによる細胞種・サブタイプ選択的なグルタミン酸受容体の活性阻害法開発

    三浦 裕太、小島 憲人、美野 丈晴、浜地 格、清中 茂樹

    第14回バイオ関連化学シンポジウム  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月7日 - 2020年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  16. 細胞種直交的活性化に向けた受容体エンジニアリング法の開発

    山田 裕太郎、小島 憲人、浜地 格、清中 茂樹

    第14回バイオ関連化学シンポジウム  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月7日 - 2020年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  17. 代謝型グルタミン酸受容体の細胞外ループに注目した新たな化学遺伝学手法の開発

    長谷川 寛太、堂浦 智裕、清中 茂樹

    第14回バイオ関連化学シンポジウム  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月7日 - 2020年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  18. 神経伝達物質受容体の機能を解き明かすためのニューロケミカルバイオロジー 招待有り

    清中 茂樹

    第44回白金シンポジウム  2020年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

▼全件表示

産業財産権 1

  1. 変異型Gタンパク質共役型受容体

    清中茂樹、堂浦智裕、長谷川寛太

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2020-033798  出願日:2020年2月28日