2021/03/29 更新

写真a

コバヤシ マコト
小林 亮
KOBAYASHI Makoto
所属
未来材料・システム研究所 材料創製部門 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス
ホームページ
外部リンク

学位 2

  1. 博士(工学) ( 2011年3月   東北大学 ) 

  2. 修士(工学) ( 2008年3月   東北大学 ) 

研究キーワード 1

  1. ナノ固体化学, 無機材料化学

研究分野 3

  1. ナノテク・材料 / 無機物質、無機材料化学

  2. ナノテク・材料 / 無機材料、物性

  3. ナノテク・材料 / 無機・錯体化学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 原子層材料の構造と機能デザイン

  2. 新規酸化物・複合アニオン化合物群の開拓と構造解析

  3. 水を溶媒に用いた酸化物ナノ粒子の高次構造制御とそれらの高度機能発現

経歴 1

  1. 東北大学   多元物質科学研究所   助教

    2011年4月 - 2018年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 東北大学   工学研究科   化学工学

    2008年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東北大学   工学研究科   化学工学

    2008年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本セラミックス協会

  2. 日本化学会

  3. 日本MRS

  4. 希土類学会

委員歴 1

  1. 公益社団法人日本セラミックス協会   行事企画委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 2

  1. 第70回(平成27年度)日本セラミックス協会賞進歩賞

    2016年6月   公益社団法人 日本セラミックス協会   多形・形態を制御した酸化チタンの合成とその展開

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 第25回(平成26年度)トーキン科学技術賞

    2015年3月   公益財団法人 トーキン科学技術振興財団   水熱法による酸化チタンのナノマクロ構造制御と高機能化

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

 

論文 110

  1. Synthesis of Ba1-xSrxYSi2O5N and Discussion Based on Structure Analysis and DFT Calculation 査読有り 国際誌

    Takuya Yasunaga, Makoto Kobayashi, Kenta Hongo, Kotaro Fujii, Shunsuke Yamamoto, Ryo Maezono, Masatomo Yashima, Masaya Mitsuishi, Hideki Kato, Masato Kakihana

    Journal of Solid State Chemistry   276 巻   頁: 266-271   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jssc.2019.05.012

  2. Crystal structures of Ca4+xY3-xSi7O15+xN5-x (0 <= x <= 1) comprising of an isolated [Si7(O,N)19] unit 査読有り 国際誌

    Kobayashi Makoto, Yasunaga Takuya, Kato Hideki, Fujii Kotaro, Yashima Masatomo, Kakihana Masato

    Acta Crystallographica Section E: Crystallographic Communications   75 巻   頁: 260 - +   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1107/S2056989019001257

    Web of Science

  3. Facile titania nanocoating using single droplet assembly of 2D nanosheets 国際誌

    Yue Shi, Eisuke Yamamoto, Makoto Kobayashi, Minoru Osada

    Journal of the Ceramic Society of Japan     2021年4月

  4. Synthesis of NaMoO3F and Na5W3O9F5 with Morphological Controllability in Non-Aqueous Solvents 査読有り 国際誌

    Yusuke Asakura, Tomoyo Akahira, Makoto Kobayashi, Minoru Osada, Shu Yin

    Inorganic Chemistry   59 巻 ( 15 ) 頁: 10707 - 10716   2020年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Inorganic Chemistry  

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.0c01175

    Web of Science

    Scopus

  5. Z-scheme water splitting by microspherical Rh-doped SrTiO3 photocatalysts prepared by a spray drying method 査読有り 国際誌

    Hong Phong Duong, Mashiyama Takahiro, Kobayashi Makoto, Iwase Akihide, Kudo Akihiko, Asakura Yusuke, Yin Shu, Kakihana Masato, Kato Hideki

    Applied Catalysis B: Environmental   252 巻   頁: 222 - 229   2019年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apcatb.2019.04.009

    Web of Science

  6. Anisotropy in Stable Conformations of Hydroxylate Ions between the {001} and {110} Planes of TiO2 Rutile Crystals for Glycolate, Lactate, and 2-Hydroxybutyrate Ions Studied by Metadynamics Method. 査読有り 国際誌

    Nada H, Kobayashi M, Kakihana M

    ACS omega   4 巻 ( 6 ) 頁: 11014 - 11024   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsomega.9b01100

    Web of Science

    PubMed

  7. Selective Synthesis and Photocatalytic Oxygen Evolution Activities of Tantalum/Nitrogen-Codoped Anatase, Brookite and Rutile Titanium Dioxide 査読有り 国際誌

    Nishioka, Shunta, Kobayashi, Makoto, Lu, Daling, Kakihana, Masato, Maeda, Kazuhiko

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   92 巻 ( 6 ) 頁: 1032 - 1038   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Tantalum/nitrogen codoped titanium dioxide (TiO2:Ta,N) having a rutile structure has recently been reported to be a good photocatalyst for visible-light water oxidation. In this work, three different polymorphs of TiO2:Ta,N (anatase, brookite and rutile) were synthesized by a hydrothermal method using water-soluble titanium/tantalum complexes as precursors, followed by thermal nitridation with dry ammonia gas. Effects of the physicochemical properties on photocatalytic activity for O-2 evolution from an aqueous silver nitrate solution under visible light (lambda > 400 nm) were investigated. Experimental results indicated that defect formation during the nitridation procedure was the dominant factor for photocatalytic activity. Anatase TiO2:Ta,N was the most active for O-2 evolution among the three polymorphs, and also served as an O-2 evolution photocatalyst in Z-scheme overall water splitting in combination with Rh-doped strontium titanate (SrTiO3:Rh) and an Fe3+/Fe2+ redox-shuttle mediator.

    DOI: 10.1246/bcsj.20190037

    Web of Science

  8. Hydrothermal Synthesis of Pseudocubic Rutile-Type Titania Particles 国際誌

    Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Takamichi Miyazaki, Masato Kakihana

    Ceramics   2 巻 ( 1 ) 頁: 56-63   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ceramics2010005

  9. Sodium titanium oxide bronze nanoparticles synthesized via concurrent reduction and Na+-doping into TiO2(B) 査読有り 国際誌

    Hasegawa, George, Tanaka, Moeko, Vequizo, Junie Jhon M., Yamakata, Akira, Hojo, Hajime, Kobayashi, Makoto, Kakihana, Masato, Inada, Miki, Akamatsu, Hirofumi, Hayashi, Katsuro

    Nanoscale   11 巻 ( 3 ) 頁: 1442 - 1450   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8nr08372j

    Web of Science

  10. B-site-ordered Double-perovskite Oxide Up-conversion Phosphors Doped with Yb and Ho, Er, or Tm 査読有り 国際誌

    Kasuya Kohei, Sato Yasushi, Kobayashi Makoto, Kato Hideki, Kakihana Masato, Tomita Koji

    Journal of Photopolymer Science and Technology   32 巻 ( 4 ) 頁: 593 - 596   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2494/photopolymer.32.593

    Web of Science

  11. Ce4+-based Compounds Capable of Photoluminescence by Charge Transfer Excitation under Near Ultraviolet-Visible Light 査読有り 国際誌

    Dawei Wen, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Shunsuke Yamamoto, Masaya Mitsuishi, Kotaro Fujii, Masatomo Yashima, Masato Kakihana

    Inorganic Chemistry   57 巻 ( 23 ) 頁: 14524 - 14531   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.8b01900

    Scopus

    PubMed

  12. Expansion of Photoresponse Window of BiVO4 Photocatalyst by Doping of Chromium(VI) 査読有り 国際誌

    Kazuya Okuno, Hideki Kato, Junie Jhon, M. Vequizo, Yamakata Akira, Hisayoshi Kobayashi, Makoto Kobayashi, Masato Kakihana

    RSC Advances   8 巻 ( 67 ) 頁: 38140-38145   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C8RA07830K

    Scopus

  13. Photoluminescence Properties of Layered Perovskite-type Strontium Scandium Oxyfluoride Activated with Mn4+ 査読有り

    Hideki Kato*, Yohei Takeda, Makoto Kobayashi, Hisayoshi Kobayashi, Masato Kakihana

    Frontiers in Chemistry   6 巻   頁: 467   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fchem.2018.00467

  14. Structural Change in SrSiO3 Induced by Introduction of Nitrogen 査読有り

    Makoto Kobayashi, Jihae Kim, Hironori Sato, Takuya Yasunaga, Hideki Kato*, Kotaro Fujii, Masahiro Shiraiwa, Masatomo Yashima, Masato Kakihana

    Chemistry Letters   47 巻 ( 10 ) 頁: 1327-1329   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.180620

  15. Effects of Crystal Structure on Up-Conversion Luminescence in Er3+/Yb3+ Co-Doped SrTa4O11 査読有り 国際誌

    Sayaka Tamura, Michio Iwaoka, Yasushi Sato, Makoto Kobayasi, Masato Kakihana, Koji Tomita

    Chemistry Letters   47 巻 ( 10 ) 頁: 1282-1284   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.180605

  16. High Temperature Hydrogen Gas Sensing Property of GaN Prepared from α-GaOOH 査読有り

    Angga Hermawan, Yusuke Asakura, Makoto Kobayashi, Masato Kakihana, and Shu Yin*

    Sensors and Actuators B: Chemical   276 巻   頁: 388-396   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.snb.2018.08.021

  17. 複合アニオン化合物を母体とする新規蛍光体の探索 招待有り 査読有り

    小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人

    セラミックス   52 巻 ( 12 ) 頁: 816-819   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    1518

  18. Synthesis of Rare Earth Niobate and Tantalate Powders via a Peroxo Complex Route 査読有り 国際誌

    Hideki Kato, Katsuya Shimizu, Kiyotaka Nakajima, Makoto Kobayashi, Masato Kakihana

    Chemistry Letters   46 巻 ( 10 ) 頁: 1515 - 1517   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    9165

    DOI: 10.1246/cl.170652

    Web of Science

    CiNii Article

  19. Effect of hydroxy and carboxy groups on anisotropic growth of rutile-type titania under hydrothermal conditions 査読有り 国際誌

    Kobayashi Makoto, Lee Sungho, Kato Hideki, Kakihana Masato

    Journal of Asian Ceramic Societies   5 巻 ( 3 ) 頁: 320 - 325   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    9170

    DOI: 10.1016/j.jascer.2017.06.006

    Web of Science

    Scopus

  20. Growth of TiO2 microspheres with a radially oriented configuration 査読有り 国際誌

    Quang Duc Truong, Kato Hideki, Kobayashi Makoto, Kakihana Masato

    CrystEngComm   19 巻 ( 32 ) 頁: 4832 - 4837   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    9145

    DOI: 10.1039/c7ce01158j

    Web of Science

  21. Photoluminescence Properties of Double Perovskite Tantalates Activated with Mn4+, AE2LaTaO6:Mn4+ (AE = Ca, Sr, and Ba) 査読有り 国際誌

    Yohei Takeda, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Shunsuke Nozawa, Hisayoshi Kobayashi, Masato Kakihana

    Journal of Physical Chemistry C   121 巻 ( 34 ) 頁: 18837 - 18844   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    9151

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.7b06280

    Web of Science

    Scopus

  22. 水溶媒を用いた結晶成長の展開 招待有り 査読有り

    小林亮

    セラミックス   52 巻 ( 7 ) 頁: 502-503   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  23. Synthesis and photocatalytic properties of tetragonal tungsten bronze type oxynitrides 査読有り 国際誌

    Shimizu Katsuya, Kato Hideki, Kobayashi Makoto, Kakihana Masato

    Applied Catalysis B: Environmental   206 巻   頁: 444 - 448   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    9002

    DOI: 10.1016/j.apcatb.2017.01.057

    Web of Science

  24. Synthesis, Structure, and Photoluminescence of a Novel Oxynitride BaYSi2O5N Activated by Eu2+ and Ce3+ 査読有り 国際誌

    Makoto Kobayashi, Takuya Yasunaga, Hironori Sato, Hideki Kato, Kotaro Fujii, Masatomo Yashima, Masato Kakihana

    Chemistry Letters   46 巻 ( 6 ) 頁: 795 - 797   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    9087

    DOI: 10.1246/cl.170144

    Web of Science

    CiNii Article

  25. Site occupancy and luminescence properties of Ca3Ln(AlO)3(BO3)4:Ce3+,Tb3+,Mn2+ (Ln = Y, Gd) 査読有り 国際誌

    Wen Dawei, Kato Hideki, Kobayashi Makoto, Yamamoto Shunsuke, Mitsuishi Masaya, Kakihana Masato

    Journal of Materials Chemistry C   5 巻 ( 18 ) 頁: 4578 - 4583   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    9090

    DOI: 10.1039/c7tc00941k

    Web of Science

  26. Investigation of the Up-conversion Properties of Er-Yb-doped Calcium Tantalates with Various Ca/Ta Ratios 査読有り 国際誌

    Tamura Sayaka, Iwaoka Michio, Sato Yasushi, Kobayashi Makoto, Kakihana Masato, Tomita Koji

    Journal of Photopolymer Science and Technology   30 巻 ( 4 ) 頁: 507 - 512   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Er<sup>3+</sup>/Yb<sup>3+</sup> co-doped calcium tantalate up-conversion (UC) phosphors were synthesized via a parallel synthesis scheme using the gelable citrate complex method. Samples with various Ca/Ta atomic ratios were prepared, and their UC emission properties were compared. Under 980-nm near-infrared laser excitation, &alpha;-Ca<sub>2</sub>Ta<sub>2</sub>O<sub>7</sub> : Er<sup>3+</sup>, Yb<sup>3+</sup> showed an extremely weak UC emission intensity and CaTa<sub>4</sub>O<sub>11</sub> : Er<sup>3+</sup>, Yb<sup>3+</sup> demonstrated an excellent UC emission intensity. In addition, the local symmetry around the rare-earth dopant ions affected the UC luminescence properties.

    DOI: 10.2494/photopolymer.30.507

    Web of Science

    CiNii Article

  27. 真空加圧焼成炉を利用した新規酸窒化物蛍光体の探索 招待有り

    加藤英樹, 佐藤大典, 安永拓矢, 小林亮, 垣花眞人, 磯部史佳

    島津評論   73 巻 ( 3・4 ) 頁: 129-135   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  28. Synthesis and Development of Titania with Controlled Structures 招待有り 査読有り

    Makoto Kobayashi

    Journal of the Ceramic Society of Japan   124 巻 ( 9 ) 頁: 863-869   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.2109/jcersj2.16117

  29. Screening of Er3+/Yb3+ Co-doped RE-Ta-O and RE-Nb-O (RE = Y, La, or Gd) Up-conversion Phosphors 査読有り 国際誌

    Sayaka Tamura, Michio Iwaoka, Yasushi Sato, Makoto Kobayashi, Masato Kakihana, Koji Tomita

    Chemistry Letters   45 巻 ( 8 ) 頁: 890 - 891   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    8764

    DOI: 10.1246/cl.160413

    Web of Science

    CiNii Article

  30. Anomalous Orange Light Emitting (Sr,Ba)2SiO4:Eu2+ Phosphors for Warm White LEDs 査読有り 国際誌

    Dawei Wen, Hiroki Kuwahara, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Yasushi Sato, Takaki Masaki, Masato Kakihana

    ACS Applied Materials & Interfaces   8 巻 ( 18 ) 頁: 11615 - 20   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    8726

    DOI: 10.1021/acsami.6b02237

    PubMed

  31. Anisotropy in Conformation and Dynamics of a Glycolate Ion Near the Surface of a TiO2 Rutile Crystal Between Its {001} and {110} Planes: A Molecular Dynamics Study 査読有り 国際誌

    Hiroki Nada, Makoto Kobayashi, Masato Kakihana

    Journal of Physical Chemistry C   120 巻 ( 12 ) 頁: 6502 - 6514   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    8763

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.5b11087

    Web of Science

  32. Effect of Site Occupancy on Deep-red Emission from Eu2+-activated Ca2SiO4 Phosphor 査読有り 国際誌

    Hiroki Kuwahara, Yasushi Sato, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Takaki Masaki, Masato Kakihana

    Chemistry Letters   45 巻 ( 3 ) 頁: 321 - 323   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    8673

    DOI: 10.1246/cl.151145

    Web of Science

    CiNii Article

  33. Self-assembly of polyethyleneamine-intercalated H2Ti2O5 nanoparticles into spherical agglomerates 査読有り 国際誌

    Kobayashi Makoto, Kato Hideki, Kakihana Masato

    Journal of Materials Research   31 巻 ( 5 ) 頁: 564 - 572   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    8675

    DOI: 10.1557/jmr.2016.67

    Web of Science

  34. 水熱法によるバリウムタンタレートナノシート光触媒の合成とその水分解活性 査読有り

    高杉壮一, 冨田恒之, 岩岡道夫, 小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人

    Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan   23 巻 ( 380 ) 頁: 25-29   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. 酸化チタン多形の水熱結晶成長(<特集>水が関係する結晶成長のトピックス) 招待有り 査読有り 国際誌

    小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人

    日本結晶成長学会誌   42 巻 ( 4 ) 頁: 283-289   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Control of crystal growth is rather important in the field of materials, because the shape directly affects their functional abilities. Our research group engages in hydrothermal synthesis of titanium dioxide, which is regarded as one of the representative ceramics, using water-soluble titanium complexes. The high chemical stability and peculiar molecule structures of these titanium complexes allowed us to use various compounds which play a role in control of crystal growth, resulting in the selective synthesis of four titanium dioxide polymorphs, that is, rutile, anatase, brookite and TiO_2(B), with a controlled shape. This paper summarizes our past study and reported researches on synthesis of titania polymorph crystals by classification of zero-, one-, two-, and three-dimensional structures.

    DOI: 10.19009/jjacg.42.4_283

    CiNii Article

  36. 水熱法によるバリウムタンタレートナノシート光触媒の合成とその水分解活性 査読有り 国際誌

    高杉壮一, 冨田恒之, 岩岡道夫, 小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人

    Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan   23 巻 ( 380 ) 頁: 25-29   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Graphene/MxWO3 (M = Na, K) nanohybrids with excellent electrical properties 査読有り 国際誌

    Bin Liu, Shu Yin, Xiaoyong Wu, Yuhua Wang, Yunfang Huang, Jihuai Wu, Tohru Sekino, Junichi Matsushita, Soo Wohn Lee, Makoto Kobayashi, Masato Kakihana, Tsugio Sato

    Carbon   94 巻   頁: 309 - 316   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    8525

    DOI: 10.1016/j.carbon.2015.06.072

    Web of Science

  38. Large Redshifts in Emission and Excitation from Eu2+-Activated Sr2SiO4 and Ba2SiO4 Phosphors Induced by Controlling Eu2+ Occupancy on the Basis on Crystal-Site-Engineering 査読有り 国際誌

    Yasushi Sato, Hiroki Kuwahara, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Takaki Masaki, Masato Kakihana

    Optics and Photonics Journal   5 巻 ( 11 ) 頁: 326-333   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    8479

    DOI: 10.4236/opj.2015.511031

  39. Photoluminescence Properties of Mn4+</sup>-activated Perovskite-type Titanates, La2MTiO6:Mn4+ (M = Mg and Zn) 査読有り 国際誌

    Yohei Takeda, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Hisayoshi Kobayashi, Masato Kakihana

    Chemistry Letters   44 巻 ( 11 ) 頁: 1541 - 1543   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It has been found that Mn<sup>4+</sup>-activated La<sub>2</sub>MTiO<sub>6</sub> (M = Mg and Zn) functions as novel Eu-free phosphors for red emission in this work. La<sub>2</sub>MTiO<sub>6</sub>:Mn<sup>4+</sup> exhibited emission with a peak at 710 nm under excitation by ultraviolet to blue light (300&ndash;550 nm). La<sub>2</sub>MgTiO<sub>6</sub>:Mn<sup>4+</sup> exhibited stronger emission than La<sub>2</sub>ZnTiO<sub>6</sub>:Mn<sup>4+</sup>. The internal quantum yield of La<sub>2</sub>MgTiO<sub>6</sub>:Mn<sup>4+</sup> was 58.7% under the excitation at 330 nm.

    DOI: 10.1246/cl.150748

    Web of Science

    CiNii Article

  40. A Facile One-Step Solvothermal Synthesis and Electrical Properties of Reduced Graphene Oxide/Rod-Shaped Potassium Tungsten Bronze Nanocomposite. 査読有り 国際誌

    Liu B, Yin S, Wang Y, Guo C, Wu X, Dong Q, Kobayashi M, Kakihana M, Sato T

    Journal of Nanoscience and Nanotechnology   15 巻 ( 9 ) 頁: 7305 - 10   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1166/jnn.2015.10579

    PubMed

  41. Synthesis of picolinate-iron(III) compounds through an aqueous solution process 査読有り 国際誌

    Sato Junki, Kobayashi Makoto, Kato Hideki, Kwon Eunsang, Kakihana Masato

    JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   123 巻 ( 1441 ) 頁: 751 - 755   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A novel picolinate-iron(III) compound, Fe(C<sub>6</sub>H<sub>4</sub>NO<sub>2</sub>)<sub>2</sub>(OH) (<b>1</b>), was synthesized from an aqueous solution of a picolinate-iron(II) complex. Compound <b>1</b> was obtained by a thermal treatment of the picolinate-iron complex aqueous solution, whose pH was adjusted to 3&ndash;7, containing more than twice molar picolinic acid (Hpa) to Fe at 353 K for 72 h. When the iron aqueous solution in the presence of more than six times molar Hpa to Fe at pH 2&ndash;5 was heated, Fe(C<sub>6</sub>H<sub>4</sub>NO<sub>2</sub>)<sub>3</sub>&middot;H<sub>2</sub>O (<b>2</b>) appeared. Millimeter-sized yellow-green single crystals of <b>2</b> could be obtained by the heat treatment of the picolinate-iron aqueous solution, whose pH was adjusted to 3, with Fe<sup>2+</sup>:Hpa = 1:10 at 373 K for 72 h. Formation mechanism of <b>1</b> and <b>2</b> was also discussed through investigations of relationship between synthesis conditions and products. Our approach opens a promising new route for preparation of precursors for synthesis of high functional ceramics and development of new organic&ndash;inorganic hybrids.

    DOI: 10.2109/jcersj2.123.751

    Web of Science

    CiNii Article

  42. Novel Titanium Complexes with a Reversible Structural Change on Solvent Adsorption and Desorption 査読有り 国際誌

    Makoto Kobayashi, Tatsuya Okuhara, Hideki Kato, Sota Sato, Masato Kakihana

    Chemistry Letters   44 巻 ( 8 ) 頁: 1050 - 1052   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Two novel pyrazine-2-carboxylate titanium complexes were synthesized from an aqueous solution (<b>1</b>) and <b>1</b> in <i>N</i>,<i>N</i>-dimethylformamide (DMF) (<b>2</b>). The structure of <b>2</b> was determined to be [Ti<sub>6</sub>O<sub>8</sub>(C<sub>4</sub>H<sub>3</sub>N<sub>2</sub>COO)<sub>8</sub>(C<sub>3</sub>H<sub>7</sub>NO)<sub>4</sub>]&middot;4C<sub>3</sub>H<sub>7</sub>NO&middot;H<sub>2</sub>O by single-crystal X-ray analysis. Both complexes exhibited solvent adsorption&ndash;desorption accompanying reversible structural change. <b>1</b> and <b>2</b> were compatible, and <b>1</b> was vital for the synthesis of <b>2</b>. The degassed <b>1</b> showed gate adsorption property for water vapor.

    DOI: 10.1246/cl.150393

    Web of Science

    CiNii Article

  43. Discovery of Novel Delafossite-type Compounds Composed of Copper(I) Lithium Titanium with Photocatalytic Activity for H2 Evolution under Visible Light 査読有り 国際誌

    Hideki Kato, Tsuyoshi Fujisawa, Makoto Kobayashi, Masato Kakihana

    Chemistry Letters   44 巻 ( 7 ) 頁: 973 - 975   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    8401

    DOI: 10.1246/cl.150341

    Web of Science

  44. Hierarchical structures of rutile exposing high-index facets 査読有り 国際誌

    Quang Duc Truong, Kato Hideki, Kobayashi Makoto, Kakihana Masato

    JOURNAL OF CRYSTAL GROWTH   418 巻   頁: 86 - 91   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2015.02.056

    Web of Science

  45. 水に分散可能な無機Siクラスターを活用した水溶液プロセスによるケイ酸塩蛍光体の合成 査読有り 国際誌

    佐藤 泰史, 加藤 英樹, 小林 亮, 金 知慧, 垣花 眞人

    粉体および粉末冶金   62 巻 ( 4 ) 頁: 127 - 133   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ABSTRACT&lt;BR&gt;&lt;BR&gt;In this paper, we demonstrated the synthesis of silicate-based phosphors by solution techniques using glycol-modified silane (GMS) as a Si source. GMS is a water-dispersible inorganic Si cluster, which is vitally involatile and nonflammable compounds, compared to volatile and flammable Si-alkoxides such as tetraethoxysilane (TEOS). Therefore, GMS has allowed the silicon containing compounds to be synthesized through various solution processes for ceramic compounds such as polymerizable complex (PC) and amorphous metal complex (AMC) methods. This paper provides examples of synthesis of new silicate-based phosphors such as NaAlSiO&lt;sub&gt;4&lt;/sub&gt;:Eu&lt;sup&gt;2+&lt;/sup&gt;, BaZrSi&lt;sub&gt;3&lt;/sub&gt;O&lt;sub&gt;9&lt;/sub&gt;:Eu&lt;sup&gt;2+&lt;/sup&gt;, and CaSrSiO&lt;sub&gt;4&lt;/sub&gt;:Eu&lt;sup&gt;2+&lt;/sup&gt;. In addition, other examples of improvement of emission for conventional silicate-based phosphors, Y&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;SiO&lt;sub&gt;5&lt;/sub&gt;:Ce&lt;sup&gt;3+&lt;/sup&gt;-Tb&lt;sup&gt;3+&lt;/sup&gt; and Zn&lt;sub&gt;2&lt;/sub&gt;SiO&lt;sub&gt;4&lt;/sub&gt;:Mn&lt;sup&gt;2+&lt;/sup&gt;, prepared by the above solution techniques including homogeneous precipitation using GMS are also given in this paper.

    DOI: 10.2497/jjspm.62.127

    Scopus

    CiNii Article

  46. Design of Crystal Structures, Morphologies, and Functionalities of Titanium Oxide Using Water-soluble Complexes and Molecular Control Agents 招待有り 査読有り 国際誌

    Makoto Kobayashi, Minoru Osada, Hideki Kato, Masato Kakihana

    Polymer Journal   47 巻 ( 2 ) 頁: 78 - 83   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/pj.2014.89

    Web of Science

  47. Crystal structures and luminescence properties of Eu2+-activated new NaBa0.5Ca0.5PO4 and Na3Ba2Ca(PO4)3. 査読有り 国際誌

    Minsung Kim, Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Hisanori Yamane, Yasushi Sato, Masato Kakihana

    Dalton transactions   44 巻 ( 4 ) 頁: 1900 - 4   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c4dt03024a

    PubMed

  48. Controlled radical polymerization of styrene with magnetic iron oxides prepared through hydrothermal, bioinspired, and bacterial processes 査読有り 国際誌

    Arihiro Kanazawa, Kotaro Satoh, Shokyoku Kanaoka, Masato Kakihana, Makoto Kobayashi, Junki Sato, Hiroaki Imai, Yuya Oaki, Atsushi Arakaki, Kiyofumi Katagiri, Masami Kamigaito, Sadahito Aoshima

    RSC Advances   5 巻 ( 63 ) 頁: 51122 - 51129   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    8400

    DOI: 10.1039/c5ra09149g

    Web of Science

  49. Improvement of hydrogen evolution under visible light over Zn1-2x(CuGa)xGa2S4 photocatalysts by synthesis utilizing a polymerizable complex method 査読有り 国際誌

    Ciro Scheremeta Quintans, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Hiroshi Kaga, Akihide Iwase, Akihiko Kudo, Masato Kakihana

    Journal of Materials Chemistry A   3 巻 ( 27 ) 頁: 14239 - 14244   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    8399

    DOI: 10.1039/c5ta02114f

    Web of Science

  50. Photocatalytic water oxidation under visible light by valence band controlled oxynitride solid solutions LaTaON2-SrTiO3 査読有り 国際誌

    Hideki Kato, Koichiro Ueda, Makoto Kobayashi, Masato Kakihana Masato

    Journal of Materials Chemistry A   3 巻 ( 22 ) 頁: 11824-11829 - 11829   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c5ta02482j

    Web of Science

  51. A carbon modified NaTaO3 mesocrystal nanoparticle with excellent efficiency of visible light induced photocatalysis 査読有り 国際誌

    Wu Xiaoyong, Yin Shu, Liu Bin, Kobayashi Makoto, Kakihana Masato, Sato Tsugio

    Journal of Materials Chemistry A   2 巻 ( 48 ) 頁: 20832 - 20840   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c4ta04132a

    Web of Science

    Scopus

  52. Development of two novel Eu2+-activated phosphors in the Na-Sc-Si-O system and their photoluminescence properties 査読有り 国際誌

    Min Jihong, Yamaguchi Taichi, Kato Hideki, Kobayashi Makoto, Yamane Hisanori, Kakihana Masato

    Journal of Luminescence   154 巻   頁: 285 - 289   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jlumin.2014.05.006

    Web of Science

  53. Synthesis of (Ca1-xSrx)(4)Si2O7F2 oxyfluoride solid solutions and their photoluminescence properties activated by Eu2+ ions 査読有り 国際誌

    Min Jihong, Kato Hideki, Kobayashi Makoto, Sato Yasushi, Kakihana Masato

    JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   122 巻 ( 1428 ) 頁: 630 - 633   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The synthesis of oxyfluoride solid solutions with the composition (Ca<sub>1&minus;</sub><i><sub>x</sub></i>Sr<i><sub>x</sub></i>)<sub>4</sub>Si<sub>2</sub>O<sub>7</sub>F<sub>2</sub> is reported in this study. (Ca<sub>1&minus;</sub><i><sub>x</sub></i>Sr<i><sub>x</sub></i>)<sub>4</sub>Si<sub>2</sub>O<sub>7</sub>F<sub>2</sub> is found to form a solid solution within the entire composition range. Synthesis of Sr<sub>4</sub>Si<sub>2</sub>O<sub>7</sub>F<sub>2</sub>, which is the first compound in the Sr&ndash;Si&ndash;O&ndash;F system, can be regarded as one of the interesting results of this study. The Eu<sup>2+</sup>-activated (Ca<sub>1&minus;</sub><i><sub>x</sub></i>Sr<i><sub>x</sub></i>)<sub>4</sub>Si<sub>2</sub>O<sub>7</sub>F<sub>2</sub> solid solutions, except for Sr<sub>4</sub>Si<sub>2</sub>O<sub>7</sub>F<sub>2</sub> exhibited photoluminescence under excitation at 300&ndash;450 nm at room temperature. The samples with <i>x</i> = 0.25&ndash;0.75 showed a broad red emission band with a peak around 630 nm, whereas the Ca<sub>4</sub>Si<sub>2</sub>O<sub>7</sub>F<sub>2</sub>:Eu<sup>2+</sup> (<i>x</i> = 0) showed blue emission with a peak at 470 nm. Thus, the substitution of Sr for Ca in Ca<sub>4</sub>SiO<sub>7</sub>F<sub>2</sub>:Eu<sup>2+</sup> changed the photoluminescence properties remarkably.

    DOI: 10.2109/jcersj2.122.630

    Web of Science

    CiNii Article

  54. The significance of phosphate source in the preparation of functional luminescent phosphate materials 査読有り 国際誌

    Kim Minsung, Kobayashi Makoto, Kato Hideki, Kakihana Masato

    JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   122 巻 ( 1428 ) 頁: 626 - 629   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The stability and reactivity of phosphate raw materials, including two water-soluble phosphates, ethylene glycol-conjugated phosphate (EG-P), and polyethylene glycol-conjugated phosphate (PEG-P) developed by our group, were examined with the aim of synthesizing phosphates with high functionalities. EG-P was found to gradually hydrolyze in an aqueous solution, resulting in the formation of H<sub>3</sub>PO<sub>4</sub>, while PEG-P was stable for more than two months. EG-P and PEG-P did not form insoluble materials in aqueous solution in the presence of many other cations, while precipitates were often observed using conventional phosphate raw materials. In particular, there were no precipitates in an aqueous solution of PEG-P in the presence of Ca<sup>2+</sup> and Li<sup>+</sup> ions, which easily formed insoluble phosphates in a given aqueous condition. Consequently, single-phase LiCaPO<sub>4</sub> with high luminescence properties could be obtained by a polymerizable complex method employing PEG-P, while impurity phases were formed using other P sources, and KSrPO<sub>4</sub> was formed as a single phase using EG-P and PEG-P.

    DOI: 10.2109/jcersj2.122.626

    Web of Science

    CiNii Article

  55. Tailoring of deep-red luminescence in Ca2SiO4:Eu2+ 査読有り 国際誌

    Yasushi Sato, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Takaki Masaki, Dae-Ho Yoon, Masato Kakihana

    Angewandte Chemie International Edition   53 巻 ( 30 ) 頁: 7756 - 9   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201402520

    PubMed

  56. Ca2SiO4:Eu2+赤色蛍光体の発光特性 国際誌

    佐藤泰史, 加藤英樹, 小林 亮, 垣花眞人

    希土類   64 巻   頁: 122 - 123   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  57. Insights into a selective synthesis of anatase, rutile, and brookite-type titanium dioxides by a hydrothermal treatment of titanium complexes 査読有り 国際誌

    Yoshizawa Mitsuru, Kobayashi Makoto, Petrykin Valery, Kato Hideki, Kakihana Masato

    JOURNAL OF MATERIALS RESEARCH   29 巻 ( 1 ) 頁: 90 - 97   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1557/jmr.2013.229

    Web of Science

  58. Hydrothermal synthesis of magnetite particles with uncommon crystal facets 査読有り 国際誌

    Junki Sato, Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Takamichi Miyazaki, Masato Kakihana

    Journal of Asian Ceramic Societies   2 巻 ( 3 ) 頁: 258 - 262   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    8040

    DOI: 10.1016/j.jascer.2014.05.008

    Scopus

  59. Synthesis of Titanium Dioxide Nanocrystals with Controlled Crystal- and Micro-structures from Titanium Complexes 招待有り 査読有り

    Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Masato Kakihana

    Nanomaterials and Nanotechnology   3 巻 ( 23 ) 頁: 1-10   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  60. 水溶性チタン錯体を用いたbrookite型酸化チタン粒子の調製 招待有り 査読有り

    小林亮

    Colloid and Interface Communication   38 巻 ( 4 ) 頁: 7-8   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  61. 水を反応場として用いた機能性無機材料の合成~環境調和型プロセスの設計と新規水溶性金属錯体の開発~ 招待有り 査読有り

    小林亮, 垣花眞人

    分離技術   41 巻 ( 6 ) 頁: 32(368)-36(372)   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  62. A Highly Luminous LiCaPO<sub>4</sub>:Eu<sup>+2</sup> Phosphor Synthesized by a Solution Method Employing a Water-Soluble Phosphate Ester 査読有り 国際誌

    Minsung Kim, Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Masato Kakihana

    Optics and Photonics Journal   3 巻 ( 6A ) 頁: 13-18   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    7678

    DOI: 10.4236/opj.2013.36A003

  63. Exploration of New Phosphors Using a Mineral-Inspired Approach in Combination with Solution Parallel Synthesis 招待有り 査読有り 国際誌

    Masato Kakihana, Jihae Kim, Tetsufumi Komukai, Hideki Kato, Yasushi Sato, Makoto Kobayashi, Yuji Takatsuka

    Optics and Photonics Journal   3 巻 ( 6A ) 頁: 5-12   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    7677

    DOI: 10.4236/opj.2013.36A002

  64. Development of a Novel Green Emitting Phosphate Phosphor KSrY(PO<sub>4</sub>)<sub>2</sub>:Eu<sup>+2</sup> 査読有り 国際誌

    Akiko Saito, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Yasushi Sato, Masato Kakihana

    Optics and Photonics Journal   3 巻 ( 6A ) 頁: 19-24   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    7679

    DOI: 10.4236/opj.2013.36A004

  65. Synthesis of a Novel Bluish-Green Emitting Oxynitride Ca<sub>3</sub>Al<sub>8</sub>Si<sub>4</sub>O<sub>17</sub>N<sub>4</sub>:Eu<sup>+2</sup> Phosphor in a CaAl<sub>4-<i>x</i></sub>Si<sub><i>x</i></sub>O<sub>7-<i>x</i></sub>N<sub><i>x</i></sub> Solid Soluti 査読有り 国際誌

    Jihae Kim, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Yasushi Sato, Masato Kakihana

    Optics and Photonics Journal   3 巻 ( 6A ) 頁: 29-33   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    7680

    DOI: 10.4236/opj.2013.36A006

  66. Enhanced Dielectric Response Induced by Controlled Morphology in Rutile TiO2 Nanocrystals 査読有り

    Minoru Osada, Makoto Kobayashi, Masato Kakihana

    Journal of the Ceramic Society of Japan   121 巻 ( 8 ) 頁: 593-597   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    7621

    DOI: 10.2109/jcersj2.121.593

  67. Luminescence properties of a novel green-emitting phosphate phosphor KSrY(PO4)2:Eu2+ 査読有り

    Akiko Saito, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Masato Kakihana

    IMID 2013 Digest     頁: 261-261   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  68. Synthesis of new thiogallate phosphors (Ba1-xSrx)4Ga2S7:Eu and their luminescence properties 査読有り

    Kohei Takeuchi, Takahiko Hasegawa, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Masato Kakihana

    IMID 2013 Digest     頁: 260-260   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  69. Luminescence properties of a novel green-emitting phosphate phosphor KSrY(PO4)2:Eu2+ 査読有り 国際誌

    Akiko Saito, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Masato Kakihana

    IMID 2013 Digest     頁: 261-261   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  70. Synthesis of new thiogallate phosphors (Ba1-<i>x</i>Sr<sub><i>x</i></sub>)<sub>4</sub>Ga<sub>2</sub>S<sub>7</sub>:Eu and their luminescence properties 査読有り 国際誌

    Kohei Takeuchi, Takahiko Hasegawa, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Masato Kakihana

    IMID 2013 Digest     頁: 260-260   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  71. Synthesis of a LiCaPO4:Eu2+ phosphor by a polymerizable complex method using a novel water-soluble phosphate precursor 国際誌

    Minsung Kim, Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Masato Kakihana

    IMID 2013 Digest     頁: 264 - 264   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  72. Photocatalytic Water Splitting over LaTa7O19 Composed of TaO7 Pentagonal Bipyramids and TaO6 Octahedra 査読有り 国際誌

    Hideki Kato, Arisa Takeda, Makoto Kobayashi, Masato Kakihana

    Chemistry Letters   42 巻 ( 7 ) 頁: 744 - 746   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    7618

    DOI: 10.1246/cl.130216

    Web of Science

  73. Effect of carboxyl group on the visible-light photocatalytic activity of SrTiO3 nanoparticles 査読有り 国際誌

    Huihui Li, Shu Yin, Yuhua Wang, Makoto Kobayashi, Satoko Tezuka, Masato Kakihana, Tsugio Sato

    Research on Chemical Intermediates   39 巻 ( 4 ) 頁: 1615 - 1621   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    7774

    DOI: 10.1007/s11164-012-0894-1

    Web of Science

  74. 水を溶媒に用いた機能性酸化物の低温合成のためのグリーンプレカーサーの開発 招待有り 査読有り

    小林亮, 垣花眞人

    機能材料   33 巻 ( 1 ) 頁: 4-10   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  75. Control of Valence Band Potential and Photocatalytic Properties of NaxLa1-xTaO1+2xN2-2x Oxynitride Solid Solutions 査読有り 国際誌

    Koichiro Ueda, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Michikazu Hara, Masato Kakihana

    Journal of Materials Chemistry A   1 巻 ( 11 ) 頁: 3667 - 3674   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    7466

    DOI: 10.1039/c3ta10257b

    Web of Science

  76. Fabrication of SrTiO3 exposing characteristic facets using molten salt flux and improvement of photocatalytic activity for water splitting 査読有り 国際誌

    Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Michikazu Hara, Masato Kakihana

    Catalysis Science & Technology   3 巻 ( 7 ) 頁: 1733 - 1738   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    7617

    DOI: 10.1039/c3cy00014a

    Web of Science

  77. Enhancement of luminescence properties of a KSrPO4:Eu2+ phosphor prepared using a solution method with a water-soluble phosphate oligomer 査読有り 国際誌

    Kim Minsung, Kobayashi Makoto, Kato Hideki, Kakihana Masato

    JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY C   1 巻 ( 36 ) 頁: 5741 - 5746   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c3tc31121j

    Web of Science

  78. Orange emission from new (Ba1-XSrX)4Al2S7:Eu2+ thioaluminate phosphors with visible light excitation 査読有り 国際誌

    Takahiko Hasegawa, Hideki Kato, Yuji Takatsuka, Makoto Kobayashi, Hisanori Yamane, Masato Kakihana

    ECS Journal of Solid State Science & Technology   2 巻 ( 2 ) 頁: R3107 - R3111   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    7312

    DOI: 10.1149/2.019302jss

    Scopus

  79. Photocatalytic activities of Cu3xLa1-xTa7O17 solid solutions for H2 evolution under visible light irradiation 査読有り 国際誌

    Hideki Kato, Arisa Takeda, Makoto Kobayashi, Michikazu, Hara, Masato Kakihana

    Catalysis Science & Technology   3 巻 ( 12 ) 頁: 3147 - 3154   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    7681

    DOI: 10.1039/c3cy00557g

    Web of Science

  80. Synthesis of spindle and square bipyramid-shaped anatase-type titanium dioxide crystals by a solvothermal method using ethylenediamine 査読有り 国際誌

    Kobayashi Makoto, Kato Hideki, Kakihana Masato

    JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   120 巻 ( 1407 ) 頁: 494 - 499   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Morphological control as well as formation of nanoparticles of anatase-type titanium dioxide has been achieved by a solvothermal treatment of a water-soluble citratoperoxotitanium (CPT) complex using ethylenediamine (EDA) as a key solvent in the presence of a given amount of water. When the EDA concentration in the whole solvent (EDA + H<sub>2</sub>O) remained low less than 12 M, the powder obtained after the solvothermal treatment consisted of spindle-like anatase particles. With an increase of the EDA concentration in the solvent, the shape of the obtained particles changed from spindle to square bipyramid. When another water-soluble oxoglycolatoperoxotitanate complex or TiCl<sub>4</sub> was used as a starting source of Ti, similar shaped anatase particles could be obtained by a careful choice of synthetic conditions. Using a mixed solvent of EDA and water, sheet-like titanic acid was produced as an intermediate phase, regardless of the EDA concentration. Therefore, the formation of anatase in the current system may take place through dissolution-recrystallization of titanic acid. The formation of square bipyramidal anatase particle achieved in the present study is not agreement with a reported theoretical calculation of equilibrium phase, because the calculation reveals that truncated square bipyramid-like anatase is obtained under an acidic condition and spindle-like anatase was formed under a basic condition. An adsorption of EDA on particle surface and the pH of the solvent may contribute to the achievement of morphological control.

    DOI: 10.2109/jcersj2.120.494

    Web of Science

    CiNii Article

  81. Synthesis of new thioaluminate phosphors (Ba1-XSrX)4Al2S7:Eu and their luminescence properties 査読有り

    Takahiko Hasegawa, Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Hisanori Yamane, Masato Kakihana

    Technical digest of the 12th International Meeting on Information Display     頁: 640-641   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  82. Impact of synthesis methodology on the optimization of photoluminescence emission intensity of NaBaScSi<SUB>2</SUB>O<SUB>7</SUB>:Eu<SUP>2+</SUP> phosphor 査読有り 国際誌

    Sudeshna Ray, Kenji Toda, Shinnosuke Kamei, Tadashi Ishigaki, Kazuyoshi Uematsu, Mineo Sato, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Masato Kakihana

    Technical digest of the 12th International Meeting on Information Display     頁: 128 - 129   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  83. Synthesis of the new compound in a Na-Sc-Si-O system and Luminescence properties activated by Eu<sup>2+</sup> 査読有り 国際誌

    Jihong Min, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Hisanori Yamane, Masato Kakihana

    Technical digest of the 12th International Meeting on Information Display     頁: 638-639   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  84. Synthesis of new thioaluminate phosphors (Ba<sub>1-X</sub>Sr<sub>X</sub>)<sub>4</sub>Al<sub>2</sub>S<sub>7</sub>:Eu and their luminescence properties 査読有り 国際誌

    Takahiko Hasegawa, Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Hisanori Yamane, Masato Kakihana

    Technical digest of the 12th International Meeting on Information Display     頁: 640-641   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  85. Synthesis of KSrPO<sub>4</sub>:Eu<sup>2+</sup> Phosphor with High Luminescence Property Using a Water-Soluble Phosphorus Precursor 査読有り 国際誌

    Minsung Kim, Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Masato Kakihana

    Technical digest of the 12th International Meeting on Information Display     頁: 130-131   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  86. Preparation of Hollow TiO2 Spheres of the Desired Polymorphs by Layer-by-Layer Assembly of a Water-Soluble Titanium Complex and Hydrothermal Treatment 査読有り 国際誌

    Katagiri Kiyofumi, Inami Hitoshi, Koumoto Kunihito, Inumaru Kei, Tomita Koji, Kobayashi Makoto, Kakihana Masato

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   ( 20 ) 頁: 3267 - 3272   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ejic.201200421

    Web of Science

  87. Morphology-Controlled Synthesis of W18O49 Nanostructures and Their Near-Infrared Absorption Properties 査読有り 国際誌

    Guo Chongshen, Yin Shu, Yan Mei, Kobayashi Makoto, Kakihana Masato, Sato Tsugio

    INORGANIC CHEMISTRY   51 巻 ( 8 ) 頁: 4763 - 71   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ic300049j

    Web of Science

    PubMed

  88. Hydrothermal synthesis of brookite-type titanium dioxide with snowflake-like nanostructures using a water-soluble citratoperoxotitanate complex 査読有り 国際誌

    Makoto Kobayashi, Valery Petrykin, Koji Tomita, Masato Kakihana

    Jpurnal of Crystal Growth   337 巻 ( 1 ) 頁: 30 - 37   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2011.09.046

    Scopus

  89. Hydrothermal synthesis of hierarchical TiO2 microspheres using a novel titanium complex coordinated by picolinic acid 査読有り 国際誌

    Quang Due Truong, Kobayashi Makoto, Kato Hideki, Kakihana Masato

    JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   119 巻 ( 1390 ) 頁: 513 - 516   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Phase- and morphology-control of TiO<sub>2</sub> was performed by a facile hydrothermal method using a novel water-soluble titanium&ndash;picolinato complex as a precursor. Single-phase rutile or brookite type titania can be obtained by tailoring the pH of the complex solution. Rutile with a hierarchical microstructure was synthesized using an excess amount of ligand as an additive and the final product consisted of microspheres with mesopores formed by a self-assembly of nanorods. The anisotropic growth of nanorods with a high aspect ratio was explained by a capping mechanism.

    DOI: 10.2109/jcersj2.119.513

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  90. Application of Water-Soluble Titanium Complexes as Precursors for Synthesis of Titanium-Containing Oxides via Aqueous Solution Processes 招待有り 査読有り 国際誌

    Masato Kakihana, Makoto Kobayashi, Koji Tomita, Valery Petrykin

    Bulletin of Chemical Society of Japan   83 巻 ( 11 ) 頁: 1285 - 1308   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The growing significance of nanocrystalline inorganic functional materials in the fields of catalysis, electronics, and energy conversion together with the increasing demand of the society for safer, softer, and &ldquo;greener&rdquo; technologies has drawn considerable attention of the researchers toward water-based solution processes for synthesis of such materials. In this respect complex oxides, containing d<sup>0</sup>-transition metals, such as Ti, Nb, Ta, or Si represent an outstanding challenge for materials chemists due to the extremely narrow range or almost complete absence of suitable precursor compounds compatible with aqueous systems. In the recent 10 years, a remarkable progress has been achieved in the development of new water-soluble complexes of titanium and considerable experience was accumulated in the application of these compounds for synthesis of nanocrystalline titanium-containing materials. The essential knowledge of coordination chemistry of such water-soluble titanium complexes is reviewed in this work, which succeeded to identify the key structural features responsible for stability of the compounds against hydrolysis and to provide guidelines for synthesis of these complexes. Finally, an extensive overview of highly selective aqueous solution based synthesis of TiO<sub>2</sub> polymorphs as well as complex oxide materials with the help of the novel water-soluble titanium complexes is provided.

    DOI: 10.1246/bcsj.20100103

    Web of Science

    CiNii Article

  91. 酸化チタンのテーラメイド合成 招待有り 査読有り

    小林亮, 垣花眞人

    現代化学   465 巻 ( 12 ) 頁: 57-62   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  92. 新規水溶性チタン錯体を用いた水熱法による酸化チタン多形の選択的合成 招待有り 査読有り 国際誌

    垣花 眞人, 小林 亮, Petrykin Valery, 冨田 恒之

    粉体および粉末冶金   56 巻 ( 4 ) 頁: 188-193   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A panel of new stable and water soluble complexes of titanium (IV) with natural hydroxy-carboxylic acids such as citric, tartaric, lactic or glycolic acid as ligands was developed. A typical structure of these complex ions includes a peroxo-group, and a hydroxy-carboxylic acid molecule attached to the metal ion by carboxylic and hydroxylic groups to form stable species. The tight coordination and negative charge of complex ions are responsible for stability of these new compounds in water solutions in a wide range of temperatures and pH. Use of natural non-toxic ligands and ammonium as counterions make such titanium compounds convenient reagents for "green" synthesis of titanium containing materials by aqueous solution methods.<BR>The architecture of titanium complexes includes structural motifs of different polymorphic forms of TiO<SUB>2</SUB>, which allows for application of these compounds as building blocks (tecton) for synthesis of titania with different crystal structures by a simple hydrothermal processes. In this way anatase, rutile, TiO<SUB>2</SUB>(B) and brookite were prepared in a reproducible and highly selective way. For the first time TiO<SUB>2</SUB>(B) and brookite were synthesized as single phase nano-crystals by a "one-pot" hydrothermal process, and their outstanding photo-catalytic activities were revealed.

    DOI: 10.2497/jjspm.56.188

    CiNii Article

  93. Hydrothermal synthesis of brookite type TiO2 photocatalysts using a water-soluble Ti-complex coordinated by ethylenediaminetetraacetic acid 査読有り 国際誌

    Yusuke Morishima, Makoto Kobayashi, Valery Petrykin, Shu Yin, Tsugio Sato, Masato Kakihana, Koji Tomita

    Journal of the Ceramic Society of Japan   117 巻 ( 1363 ) 頁: 320 - 325   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2109/jcersj2.117.320

    Web of Science

  94. Photocatalytic activity of nanocrystalline TiO2(B) synthesized from titanium glycolate complex by hydrothermal method 査読有り 国際誌

    Kazuhiro Yamamoto, Hironori Shimoita, Koji Tomita, Kazumi Fujita, Makoto Kobayashi, Valery Petrykin, Masato Kakihana

    Journal of the Ceramic Society of Japan   117 巻 ( 1363 ) 頁: 347 - 350   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The metastable phase of TiO_2(B), one of the polymorphs of titanium dioxide (TiO_2), was prepared by a hydrothermal treatment of a titanium glycolate complex ([Ti_4(C_2H_2O_3)_4(C_2H_3O_3)_2(O_2)_4O_2]^<6->) at 473K for 1-72h in the presence of H_2SO_4. Characterization by X-ray diffraction (XRD) and transmission electron microscopy (TEM) revealed that the obtained samples were composed of single phase TiO_2(B) and the particles had plate-like morphology. After post-synthetic hydrothermal crystal growth (PHCG) applied to the as-prepared sample, thicker plate-like shaped particles were obtained. The photocatalytic activities of the samples obtained by the hydrothermal treatment and after the subsequent PHCG were evaluated in terms of methanol decomposition.

    DOI: 10.2109/jcersj2.117.347

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  95. チタン錯体水溶液からの酸化チタン光触媒の合成 招待有り 査読有り

    小林亮, Petykin Valery, 垣花眞人, 冨田恒之

    化学工業   60 巻 ( 1 ) 頁: 71-77   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  96. Hydrothermal Synthesis and Photocatalytic Activity of Whisker-Like Rutile-Type Titanium Dioxide 査読有り 国際誌

    Makoto Kobayashi, Valery Petrykin, Masato Kakihana, Koji Tomita

    Journal of the American Ceramic Society   92 巻 ( 1 ) 頁: S21 - S26   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1551-2916.2008.02641.x

    Web of Science

  97. Synthesis of TiO2(B) using glycolato titanium complex and post-synthetic hydrothermal crystal growth of TiO2(B) 査読有り 国際誌

    Kazuhiro Yamamoto, Koji Tomita, Kazumi Fujita, Makoto Kobayashi, Valery Petrykin, Masato Kakihana, M.

    Journal of Crystal Growth   311 巻 ( 3 ) 頁: 619 - 622   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2008.09.041

    Web of Science

  98. Selective synthesis of nano-crystalline TiO2 polymorphs from new water-soluble titanium complexes 査読有り

    Masato Kakihana, Makoto Kobayashi, Valery Petrykin, Koji Tomita

    Acta Crystallographica Section A   ( 64 ) 頁: C20   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  99. Direct synthesis of brookite-type titanium oxide by hydrothermal method using water-soluble titanium complexes 査読有り 国際誌

    Makoto Kobayashi, Koji Tomita, Valery Petrykin, Masahiro Yoshimura, Masato Kakihana

    Journal of Materials Science   43 巻 ( 7 ) 頁: 2158 - 2162   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10853-007-1912-3

    Web of Science

  100. Hydrothermal synthesis of TiO2 nano-particles using novel water-soluble titanium complexes 査読有り 国際誌

    Koji Tomita, Makoto Kobayashi, Valery Petrykin, Shu Yin, Tsugio Sato, Masahiro Yoshimura, Masato Kakihana

    Journal of Materials Science   43 巻 ( 7 ) 頁: 2217 - 2221   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/s10853-007-2113-9

    Scopus

  101. New water-soluble complexes of titanium with amino acids and their application for synthesis of TiO2 nanoparticles 査読有り 国際誌

    Makoto Kobayashi, Valery Petrykin, Koji Tomita, Masato Kakihana

    Journal of the Ceramic Society of Japan   116 巻 ( 1352 ) 頁: 578 - 583   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2109/jcersj2.116.578

    Web of Science

  102. INOR 1052-Synthesis of oxide materials using new water soluble titanium and tantalum complexes 査読有り 国際誌

    Valery Petrykin, Makoto Kobayashi, Koji Tomita, Masato Kakihana

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   235 巻   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

  103. Microwave-assisted hydrothermal synthesis of brookite nanoparticles from a water-soluble titanium complex and their photocatalytic activity 査読有り 国際誌

    Yusuke Morishima, Makoto Kobayashi, Valery Petrykin, Masato Kakihana, Koji Tomita

    Journal of the Ceramic Society of Japan   115 巻 ( 1348 ) 頁: 826 - 830   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2109/jcersj2.115.826

    Web of Science

  104. Morphology control of rutile nanoparticles in a hydrothermal synthesis from water-soluble titanium complex aqueous solution 査読有り 国際誌

    Makoto Kobayashi, Valery Petrykin, Masato Kakihana, Koji Tomita

    Journal of the Ceramic Society of Japan   115 巻 ( 1348 ) 頁: 835 - 839   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2109/jcersj2.115.835

    Web of Science

  105. One-step synthesis of TiO2(B) nanoparticles from a Water-Soluble titanium complex 査読有り 国際誌

    Makoto Kobayashi, Valery V. Petrykin, Masato Kakihana, Koji Tomita, Masahiro Yoshimura

    Chemistry of Materials   19 巻 ( 22 ) 頁: 5373-5376   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cm071370q

  106. ゾル-ゲルコーティング材料としての新規水溶性チタン錯体 招待有り 査読有り

    垣花眞人, 冨田恒之, 小林亮

    化学工業   57 巻 ( 12 ) 頁: 13-19   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  107. Hydrothermal synthesis of nanosized titania photocatalysts using novel water-soluble titanium complexes 査読有り 国際誌

    Makoto Kobayashi, Koji Tomita, Valery Petrykin, Syu Yin, Tsugio Sato, Masahiro Yoshimura, Masato Kakihana

    Solid State Phenomena   124-126 巻   頁: 723-726   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/SSP.124-126.723

  108. A Water-soluble Titanium Complex for the Selective Synthesis of Nanocrystalline Brookite, Rutile, and Anatase by a Hydrothermal Method 査読有り 国際誌

    Koji Tomita, Valery Petrykin, Makoto Kobayashi, Motoo Shiro, Masahiro Yoshimura, Masato Kakihana

    Angewandte Chemie International Edition   45 巻 ( 15 ) 頁: 2378 - 81   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200503565

    PubMed

  109. 水溶液から酸化チタンを作る 招待有り 査読有り

    小林亮, 冨田恒之, 垣花眞人

    色材協会コラム   ( 20 ) 頁: 1   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  110. 水溶性プロセスを利用したセラミックスの合成 招待有り 査読有り

    冨田恒之, 小林亮, 垣花眞人

    未来材料   5 巻 ( 10 ) 頁: 37-43   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

書籍等出版物 9

  1. 複合アニオン化合物の科学 査読有り

    小林 亮, 垣花 眞人( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 2章2節2 ソルボサーマル合成)

    丸善  2021年3月  ( ISBN:9784621306109

     詳細を見る

    総ページ数:264   担当ページ:62-72   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 粉体の表面処理・複合化技術集大成-基礎から応用まで-

    垣花 眞人, 小林 亮, 加藤 英樹, 冨田 恒之, 佐藤 泰史( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 応用編 第3章 新製造技術への展開 "第5節 錯体重合法による機能性セラミックス粉体の作製")

    テクノシステム  2018年7月  ( ISBN:9784924728813

     詳細を見る

    総ページ数:752   担当ページ:653-661   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. ゾル-ゲルテクノロジーの最新動向

    垣花 眞人, 小林 亮, 加藤 英樹, 冨田 恒之, 佐藤 泰史( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第22章 無機クラスターを活用した水溶液プロセスによる蛍光体の合成)

    シーエムシー出版  2017年7月  ( ISBN:9784781312583

     詳細を見る

    総ページ数:416   担当ページ:217-226   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. Titanium Dioxide Nanoparticles: Characterizations, Properties and Syntheses

    Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Masato Kakihana( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 3. Hydrothermal Synthesis of Brookite-Type Titania Crystals Using Water-Soluble Titanium Complexes)

    Nova Science Publishers  2017年4月  ( ISBN:9781536110739

     詳細を見る

    担当ページ:71-92   記述言語:英語 著書種別:学術書

  5. Handbook of Sol-Gel Science and Technology, 2nd edition

    Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Masato Kakihana( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Water-Dispersed Silicates and Water-Soluble Phosphates, and Their Use in Sol-Gel Synthesis of Silicate- and Phosphate-Based Materials)

    Springer International Publishing  2016年11月  ( ISBN:9783319321011

     詳細を見る

    担当ページ:1-27   記述言語:英語 著書種別:学術書

  6. Phosphors, Up Conversion Nano Particles, Quantum Dots and Their Applications

    Masato Kakihana, Hideki Kato, Makoto Kobayashi, Yasushi Sato, Koji Tomita, Tetsufumi Komukai( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Exploration of New Phosphors Using a Mineral-Inspired Approach in Combination with Solution Parallel Synthesis)

    Springer Singapore  2016年10月  ( ISBN:9789811015908

     詳細を見る

    担当ページ:1-40   記述言語:英語 著書種別:学術書

  7. 次世代蛍光体材料の開発

    佐藤 泰史, 冨田 恒之, 小林 亮, 加藤 英樹, 垣花 眞人( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第2章 結晶サイト工学を用いた蛍光体の物質探索法―Eu<sup>2+</sup>賦活オルソシリケート蛍光体を例として―)

    シーエムシー出版  2016年7月  ( ISBN:9784781311586

     詳細を見る

    総ページ数:262   担当ページ:15-27   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  8. 〈詳解〉無機材料合成・探索法

    垣花 眞人, 小林 亮, 加藤 英樹, 佐藤 泰史, 冨田 恒之( 担当: 共著)

    情報機構  2014年  ( ISBN:9784865020625

     詳細を見る

    総ページ数:262   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  9. セラミックスデータブック 2009

    鈴木 義仁, 小林 亮, 垣花 眞人( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 22. 水溶液化学に立脚したナノセラミックス合成)

    工業製品技術協会  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

講演・口頭発表等 61

  1. 合成・計算・計測の融合によるナノ材料創出 招待有り

    小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人, 長田実

    第18回 新機能無機物質探索研究センター・シンポジウム 講演会  2021年3月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  2. 界面活性剤-セリウム複合体結晶を利用したセリアナノシートのボトムアップ合成

    山本瑛祐, 林浩平, 小林亮, 長田実

    日本セラミックス協会2021年年会  2021年3月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月23日 - 2021年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  3. 有機ペロブスカイト型太陽電池への応用へ向けたエマルジョンを用いた Brookite 型 TiO2ナノ粒子の合成

    粕谷航平, 冨田恒之, 金子哲也, 磯村雅夫, 小林亮, 朝倉裕介, 垣花眞人

    日本セラミックス協会2021年年会  2021年3月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月23日 - 2021年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  4. BVS を活用した結晶サイト工学的アプローチによる新規 Ba 複合酸化物蛍光体の開発

    森川崇志, 中里暢宏, 冨田恒之, 佐藤泰史, 小林亮, 垣花眞人

    日本セラミックス協会2021年年会  2021年3月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月23日 - 2021年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  5. Langmuir-Blodgett 法を用いた磁性モザイク膜の作製および磁気光学特性評価

    濱上修, 谷口貴章, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    日本セラミックス協会2021年年会  2021年3月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月23日 - 2021年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  6. Dion-Jacobson型ペロブスカイト強誘電体RbBi2Ti2NbO10の合成と剥離ナノシート化

    中崎康太, 櫻場俊徳, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    日本化学会第101春季年会(2021)  2021年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  7. 層状酸フッ化ビスマスの剥離による酸フッ化物ナノシートの合成とその安定性評価

    田坂翼, 小林亮, 山本瑛祐, 長田実

    日本化学会第101春季年会(2021)  2021年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  8. 界面活性剤-シリカ層状メソ構造体を利用したアモルファスシリカナノシートの合成

    藤原康輔, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    日本化学会第101春季年会(2021)  2021年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  9. C3N4を窒素源に用いた酸化物ナノシートの窒化の検討

    杉本光輝, 小林亮, 山本瑛祐, 長田実

    日本化学会第101春季年会(2021)  2021年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  10. 界面活性剤結晶を用いた鋳型合成法による白金ナノシートの合成

    鈴木晶子, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    日本化学会第101春季年会(2021)  2021年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  11. 界面活性剤結晶を用いた白金ナノシートのボトムアップ合成

    鈴木晶子, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    2020年度 日本セラミックス協会東海支部 学術研究発表会  2020年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  12. 固体窒素源を用いた窒化処理がペロブスカイトナノシートに与える影響

    杉本光輝, 小林亮, 山本瑛祐, 長田実

    2020年度 日本セラミックス協会東海支部 学術研究発表会  2020年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  13. 層状メソ構造体シリカの剥離によるシリカナノシートの合成

    藤原康輔, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    2020年度 日本セラミックス協会東海支部 学術研究発表会  2020年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  14. Ti内包ペロブスカイトナノシートの誘電特性評価

    櫻場俊徳, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    2020年度 日本セラミックス協会東海支部 学術研究発表会  2020年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  15. ルチル型およびブルッカイト型酸化チタンナノロッドの水熱合成と誘電特性評価

    横山政季, 小林亮, 山本瑛祐, 長田実

    2020年度 日本セラミックス協会東海支部 学術研究発表会  2020年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  16. 気液界面を利用した酸化亜鉛ナノシートの合成とフォトルミネッセンス特性評価

    森田佳典, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    2020年度 日本セラミックス協会東海支部 学術研究発表会  2020年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  17. セリアナノシートのボトムアップ合成とイオン伝導性評価

    林浩平, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    2020年度 日本セラミックス協会東海支部 学術研究発表会  2020年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  18. 酸フッ化ビスマスナノシートの合成

    田坂翼, 小林亮, 山本瑛祐, 長田実

    2020年度 日本セラミックス協会東海支部 学術研究発表会  2020年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  19. 界面活性剤結晶を鋳型とした白金ナノシートの合成

    鈴木晶子, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    第10回CSJ化学フェスタ  2020年10月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月20日 - 2020年10月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  20. Ti内包によるペロブスカイトナノシートの誘電特性制御

    櫻場俊徳, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    第10回CSJ化学フェスタ  2020年10月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月20日 - 2020年10月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  21. 酸化チタン多形ナノロッドの合成と誘電特性評価

    横山政季, 小林亮, 山本瑛祐, 長田実

    第10回CSJ化学フェスタ  2020年10月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月20日 - 2020年10月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  22. ZnOナノシートの気液界面合成とフォトルミネッセンス特性評価

    森田佳典, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    第10回CSJ化学フェスタ  2020年10月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月20日 - 2020年10月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  23. 界面活性剤結晶をテンプレートにしたセリアナノシートの合成とイオン伝導性評価

    林浩平, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    第10回CSJ化学フェスタ  2020年10月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月20日 - 2020年10月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  24. ビスマス含有酸フッ化物ナノシートの合成

    田坂翼, 小林亮, 山本瑛祐, 長田実

    第10回CSJ化学フェスタ  2020年10月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月20日 - 2020年10月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  25. La0.5Sr0.5Ta0.5Ti0.5O2Nを酸素生成光触媒として用いた種々のZスキーム水分解系の構築

    熊谷啓, 青柳良輔, 高濱太一, 小林亮, 加藤英樹

    第126回触媒討論会  2020年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月16日 - 2020年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  26. 元素置換による新規酸窒化物の発見 招待有り

    小林亮, 加藤英樹, 長田実, 垣花眞人

    第一回複合アニオンウェブセミナー  2020年7月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  27. Application of Water-soluble Titanium Complexes for Synthesis of Titania Nanocrystals 招待有り 国際会議

    Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Masato Kakihana

    43rd International Conference and Exposition on Advanced Ceramics and Composites (ICACC2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月28日 - 2019年2月1日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Daytona Beach, FL United States   国名:アメリカ合衆国  

  28. 複合アニオン蛍光体の開発 招待有り

    小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人

    日本セラミックス協会 第31回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月5日 - 2018年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋工業大学 鶴舞キャンパス   国名:日本国  

  29. 複合アニオン化合物蛍光体の設計と開発 招待有り

    小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人

    第12回次世代先端光科学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:静岡大学 浜松キャンパス   国名:日本国  

  30. 複合アニオン化合物が拓く蛍光体開発 招待有り

    小林亮, 加藤英樹, 安永拓矢, 工藤春佳, 垣花眞人, 藤井孝太郎, 八島正知

    第7回CSJ化学フェスタ2017 文科省科研費新学術領域研究「複合アニオン化合物の創製と新機能」特別企画:複合アニオン化合物が拓く新しい材料科学と夢 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:タワーホール船堀   国名:日本国  

  31. Synthesis and Development of Titania and Titanium Complexes by Aqueous Solution-based Methods 招待有り 国際会議

    Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Masato Kakihana

    IUMRS-ICAM 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月27日 - 2017年9月1日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kyoto University   国名:日本国  

  32. 水溶媒を用いた酸化チタンナノ結晶成長とチタン錯体の開発 招待有り

    小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人

    第5回アライアンス若手研究交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月21日 - 2017年8月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京工業大学 すずかけ台キャンパス   国名:日本国  

  33. BaYSi2O5Nの発見とその蛍光体母体としての可能性 招待有り

    小林亮, 安永拓矢, 佐藤大典, 加藤英樹, 垣花眞人, 藤井孝太郎, 八島正知

    第3回構造科学と新物質探索研究会「新構造型機能性無機材料の探索: -現状と展望-」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:日本大学 駿河台キャンパス   国名:日本国  

  34. 水溶液錯体を用いた多形・形態が制御された酸化チタンの合成およびその展開 招待有り

    小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人

    日本セラミックス協会 関西支部 第19回 若手フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月6日 - 2016年10月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:関西セミナーハウス修学院きらら山荘   国名:日本国  

  35. 酸化チタン多形ナノクリスタルの水熱合成 招待有り

    小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人

    日本セラミックス協会 第28回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月7日 - 2016年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:広島大学 東広島キャンパス   国名:日本国  

  36. 多形・形態を制御した酸化チタンの合成とその展開 招待有り

    小林亮

    日本セラミックス協会2016年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月14日 - 2016年3月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:早稲田大学 西早稲田キャンパス   国名:日本国  

  37. 水溶媒からのチタン系ナノ・ハイブリッドマテリアルの創出 招待有り

    小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人

    ナノマテリアル科学の最前線(日本セラミックス協会2016年年会 サテライトプログラム) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:早稲田大学 西早稲田キャンパス   国名:日本国  

  38. Synthesis of Ceramics with Controlled Nano- and Micro-structures by Aqueous Solution Methods 招待有り 国際会議

    Makoto Kobayashi, Minsung Kim, Hideki Kato, Masato Kakihana

    EMN Meeting on Ceramics 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月25日 - 2016年1月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kowloon, Hong Kong   国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  39. 水溶性化合物の開発による構造が制御されたセラミックスの合成と高機能化 招待有り

    小林亮

    第3回ケミカルフィールド研究討論会(日本セラミックス協会2015年年会 サテライトプログラム) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山大学 津島キャンパス   国名:日本国  

  40. Hydrothermal Synthesis of Titania and Magnetite Crystals with Unique Morphologies 国際会議

    Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Masato Kakihana

    The 2014 Collaborative Conference on Crystal Growth (3CG2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月4日 - 2014年11月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Phuket, Thailand   国名:タイ王国  

  41. 分子制御剤による酸化チタンおよび酸化鉄粒子の結晶成長制御および高度機能発現 招待有り

    小林亮, 佐藤淳貴, 長田実, 加藤英樹, 垣花眞人

    第63回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月24日 - 2014年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:長崎大学 文教キャンパス   国名:日本国  

  42. 形態が制御された酸化チタンおよび酸化鉄結晶の水熱合成 招待有り

    小林亮, 佐藤淳貴, 長田実, 加藤英樹, 垣花眞人

    日本セラミックス協会 第27回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月9日 - 2014年9月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島大学 郡元キャンパス   国名:日本国  

  43. 水溶性クラスターの設計と機能性セラミックス合成への応用 招待有り

    小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人

    第23回日本MRS年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月9日 - 2013年12月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜市開港記念会館   国名:日本国  

  44. 水熱法を用いた結晶型と形態が制御された酸化チタン結晶の合成 招待有り

    小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人

    第43回結晶成長国内会議(NCCG-43) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月6日 - 2013年11月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:長野市生涯学習センター   国名:日本国  

  45. Application of Water-soluble Titanium Complexes for Synthesis of Titanium Dioxide with Controlled Structures 招待有り 国際会議

    Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Masato Kakihana

    12th International Conference on Ceramic Processing Science (ICCPS-12) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月4日 - 2013年8月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Portland, Oregon, United States   国名:アメリカ合衆国  

  46. Morphological Control of Titanium Dioxide Nanocrystals by Solvothermal Method Employing Water-soluble Titanium Complexes 招待有り 国際会議

    Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Masato Kakihana

    The 2013 Collaborative Conference on Crystal Growth (3CG2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月10日 - 2013年6月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Cancun, Mexico   国名:メキシコ合衆国  

  47. Synthesis of Titanium Dioxide Crystals from Water-soluble Titanium Complexes 招待有り 国際会議

    Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Masato Kakihana

    The 2012 Collaborative Conference on Crystal Growth (3CG2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月11日 - 2012年12月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Orland, Florida, United States   国名:アメリカ合衆国  

  48. Solvothermal Synthesis of Titanium Dioxide Polymorphs with Various Morphologies using Water-soluble Titanium Complexes 招待有り 国際会議

    Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Masato Kakihana

    1st International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials (ICEAN-2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月22日 - 2012年10月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Brisbane, Australia   国名:オーストラリア連邦  

  49. Synthesis of Titanium dioxide with Controlled Crystalline Phases and Morphologies from Aqueous Solutions of Water-soluble Titanium Complexes 招待有り 国際会議

    Makoto Kobayashi, Hideki Kato, Masato Kakihana

    2012 International Symposium on Chemical-Environmental-Biomedical Technology (isCEBT2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月2日 - 2012年9月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tainan, Taiwan   国名:台湾  

  50. セラミックス合成のいろいろ―セラミックス合成における「低環境負荷」- 招待有り

    小林亮

    新学術領域研究「融合マテリアル:分子制御による材料創成と機能開拓」 第4回 若手スクール 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:慶応大学 日吉キャンパス   国名:日本国  

  51. 様々な結晶構造および形態を有する酸化チタンの合成 招待有り

    小林亮, 垣花眞人

    グローバルCOEプログラムシンポジウム2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月19日 - 2011年11月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東北大学 片平キャンパス   国名:日本国  

  52. Design and Synthesis of Inorganic Clusters for Controlled Formation of Fusion Materials 招待有り

    Masato Kakihana, Makoto Kobayashi

    The 1st International Symposium on Fusion Materials (第3回 公開シンポジウム) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:日本国 Toba  

  53. セラミックス材料合成における水溶性金属錯体のポテンシャル 招待有り

    小林亮, 垣花眞人

    新学術領域研究「融合マテリアル:分子制御による材料創成と機能開拓」 第1回 若手スクール 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月30日 - 2011年10月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鷲羽山下電ホテル   国名:日本国  

  54. 水溶性チタン錯体を原料とする形態を制御した酸化チタン多形の合成 招待有り

    小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人

    平成23年度 化学系学協会東北大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月17日 - 2011年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東北大学 川内キャンパス   国名:日本国  

  55. Morphology Control of Titanium Dioxide by Hydrothermal Treatment of Novel water Soluble Titanium Complexes 招待有り 国際会議

    Makoto Kobayashi, Masato Kakihana, Valery Petrykin, Koji Tomita

    G-COE Dalian University of Technology-Tohoku University Joint Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月9日 - 2009年12月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Sendai, Japan   国名:日本国  

  56. 酸化チタン多形の選択的合成及び形態制御 招待有り

    小林亮, Petrykin Valery, 冨田恒之, 垣花眞人

    ークショップ「固体材料合成および評価技術の新展開」  2008年9月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月13日 - 2008年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東北大学 片平キャンパス   国名:日本国  

  57. 合成・計算・計測の融合によるナノ材料創出 招待有り

    小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人, 長田実

    第17回 新機能無機物質探索研究センター・シンポジウム 講演会  2021年3月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  58. セリアナノシートのテンプレート合成およびイオン伝導性評価

    林浩平, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    日本電子材料技術協会2020年度第57回秋期大会  2020年12月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  59. Langmuir-Blodgett法を用いた磁性ナノシートモザイク膜の作製

    濱上修, 谷口貴章, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    日本電子材料技術協会2020年度第57回秋期大会  2020年12月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  60. 水熱法により合成した酸化チタン多形ナノロッドの誘電特性

    横山政季, 小林亮, 山本瑛祐, 長田実

    日本電子材料技術協会2020年度第57回秋期大会  2020年12月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  61. Ti内包によるペロブスカイトナノシートの分極構造および誘電特性制御

    櫻場俊徳, 山本瑛祐, 小林亮, 長田実

    日本電子材料技術協会2020年度第57回秋期大会  2020年12月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 5

  1. 電荷補償型元素置換による酸窒化物誘電体ナノシートの合成

    2019年06月 - 2020年03月

    公益財団法人 池谷科学技術振興財団 単年度研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 固体窒素源を用いたペロブスカイト型酸窒化物ナノシートの創製

    2019年06月 - 2020年03月

    東海産業技術振興財団 助成研究(研究育成型) 

    小林亮

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. シリコン含有酸窒化物の創製とその蛍光体応用

    2018年04月 - 2022年03月

    日本板硝子材料工学助成会 国内研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 氷晶に学ぶ成長形を有する酸化チタン結晶の創製

    2016年10月 - 2017年09月

    積水化学 自然に学ぶものづくり助成研究プログラム研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 新規透明導電膜の開発に向けた5価および6価金属ドープTiO2(B)結晶の合成

    2016年04月 - 2017年03月

    稲盛財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 5

  1. 高次構造制御による歪み誘起電気的特性発現

    研究課題/研究課題番号:19K05647  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    小林 亮

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

  2. 新規複合アニオン化合物の創製:物質合成と設計指針の確立 国際共著

    研究課題/研究課題番号:16H06439  2016年06月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

    小林亮

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本研究では、複合アニオン化合物という新たな物質系に対し、系統的な新物質探索および新合成手法の開発を行うことで、この無機化学の新たな学術領域の基礎学理を構築し、創エネ・省エネに貢献する革新的な新材料の創成を目的としている。本年度は、酸水素化物の特異性の追求、窒化物新合成法の活用、様々な物質系での系統的な物質探索を行い、これら新物質の光触媒や蛍光体、誘電体といった機能開拓を目指した。また合成・解析の様々な局面での計算科学の活用を試みた。外殻軌道がs軌道からなる唯一のアニオンであるヒドリドの特異性に着目した研究では、酸水素化物LnHOが、圧力下でヒドリドの配位数が減少するという、従来の常識では考えられない変化を示すことが明らかになった。また本研究では固体窒素源を用いる酸窒化物の新規合成法を開発したが、この手法が様々な物質系に適用できること、簡便なだけでなく粒径の制御など実用面でも優れた特徴を有することがわかった。新物質開発では、6H型酸水素化物ペロブスカイト、ハロゲンやニクトゲンなどの非常に大きなアニオンを含む複合アニオン化合物、Pbなど非対称カチオンを含む複合アニオン化合物の探索、トポケミカル法による層状化合物の開発などを行った。またこれまで複合アニオンのアニオンとしては主に単体イオンのみだったが、今年度は(CN2)2+、(OH)-といったポリアニオンを含む複合アニオンの開発も活発に行い、これらポリアニオンの特異性に着目した機能探索も行った。計算科学の活用もこれまで以上に押し進め、特に本研究の主題の一つであったアニオン配列の解明にDFT計算が非常に有効であることを見出した。公募研究各グループとの連携も積極的に行った。これらの成果により、2019年度は研究計画A01単体で60件以上の招待・基調講演を行い、100報近い論文を出版した。
    本研究課題では、複合アニオン化合物の新物質の合成、アニオン自由度の制御と、それによる複合アニオン化合物合成の基礎学理構築、革新的機能の実現を目標としている。研究実績の概要にある通り、本研究では昨年度までに見出した固体窒素源を用いた酸窒化物新物質合成法の活用や、酸水素化物の特異性に着目した研究により成果を挙げるとともに、引き続き様々な物質系での新物質開発及び機能開拓を行った。酸素・フッ素の複合化によるバンドギャップ減少や、酸塩化物における価電子バンドの逆転など当初予想していなかった成果も実現しており、これらも今後の複合アニオン化合物の学術領域の発展と新機能材料開発に有用な成果である。また今年度は、これまで以上に計算科学の合成への活用を行い、複数アニオン配列状態の解析と、元素置換や薄膜の基板応力によるそれらの制御にも取り組んだほか、ポリアニオン系の新規化合物の探索など当初計画以上の内容にも取り組んだ。またこれらの成果により、今年度はA01単体で100報近い論文を出版したほか、これまでの4年間の成果が学術業界に認知され、メンバーが60件以上の招待講演・基調講演を行った。多数の国際共同研究も進行中で、これにより欧米などでも複合アニオン化合物の合成研究が活発化している。これらは研究開始当初に設定した、「物質設計自由度に立脚した、テーラーメイドでの物質合成」「真に社会に求められている革新的な材料開発」という課題の実現に向け、着実な進捗を達成するとともに、いくつかの分野では想定以上の成果を挙げたことを示すものである。上記より、本研究は複合アニオン化合物合成の基礎学理構築及び革新的新材料創成に向け、当初の想定以上に進展していると判断できる。
    今年度は本研究課題の最終年度となることから、これまでに培ってきた班内・班間連携、複合アニオン化合物合成に関する知見、及び本研究課題や複合アニオン新学術全体で開発した研究手法をフルに活用し、「物質設計自由度に立脚した、テーラーメイドでの物質合成」「真に社会に求められている革新的な材料開発」という研究目標の実現に総力を挙げて取り組む。コロナ禍で出張など直接の交流が難しい部分もあるが、Web会議の活用などで効率的に研究を進める。
    系統的な物質探索による新規化合物の開拓は、複合アニオン化合物の特異性の追求と機能性材料の開発に当たって引き続き最重要課題である。これまでに進めてきた各系の物質探索に加え、公募研究グループとも連携し、前倒しで探索進めてきた非酸化物系、三種アニオン混合系、錯体、ポリアニオン系化合物なども含め物質探索を加速する。アニオン自由度の活用に当たっては、元素の組み合わせや高圧・基板による効果、トポケミカル反応による構造・価数制御といったこれまで得られた知見に加え、A02との緊密な協力により、解析技術による構造・アニオン配列の可視化と、計算科学の援用による配列予測と生成因子の解明を行い、統一的な理解を深める。これにより、従来より更に高次のアニオン組成・配位の制御を実現する。機能材料の開発に当たっては、新合成法とアニオン制御手法をフル活用するほか、A03で得られた光触媒や蛍光体、機能発現に関する基礎学理を元に、材料探索を進める。これらにより、複合アニオン化合物合成の基礎学理の構築と社会への貢献という本研究の最終目標の実現に務める。

  3. 水溶性錯体と制御剤の組み合わせによる多形と形態を制御した酸化チタン結晶の合成 国際共著

    研究課題/研究課題番号:26870048  2014年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究(B)

    小林 亮

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究課題では,水溶性チタン錯体の水熱処理による酸化チタン多形の形態制御および制御技術の確立を目指した.様々な化合物を制御剤として用いた結晶成長制御においては,ルチル型酸化チタンのc軸異方成長に対して,制御剤の官能基が与える影響を明らかにした。一方で,温和な条件において,高次数面など表面エネルギーが高い結晶面を露出したルチル型酸化チタン結晶が合成可能であることを見出した。加えて,合成が困難なブルッカイト型酸化チタンにおいても,高次数面露出結晶の合成や微粒子化を達成した。これらの成果により,本研究課題により,結晶の形態制御に対して,新たな知見を生み出すことに成功したといえる.

  4. 融合マテリアル形成制御用無機クラスターの設計と合成 国際共著

    研究課題/研究課題番号:22107002  2010年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

    垣花 眞人

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

    本研究課題では、融合マテリアル形成を可能にするありふれた元素の水溶性化合物の創成とそれらを用いた融合・無機マテリアルの開発を試みた。その結果、チタンやリン、シリコン、鉄を中心元素とした水溶性化合物や材料の創成、高度機能化が達成された。また研究代表者グループ単独だけではなく、領域内での共同研究も実施し、例えば、水を溶媒に用いた高次数面が露出したマグネタイト粒子が、高分子重合反応において高活性を示すことや分子制御による酸化チタン結晶の形態制御における制御剤の役割の計算科学を用いた解明といった従来の研究領域の枠組みを超えた連携による成果が生み出された。

  5. 水溶液化学に立脚した低エネルギープロセスによる機能性材料の合成

    2008年04月 - 2011年03月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

産業財産権 3

  1. 薄膜の製造方法及び薄膜

    山本瑛祐, 長田実, 小林亮, 林浩平

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学

    出願番号:特願2020-036782  出願日:2020年3月4日

  2. 低アンモニウム型チタンペルオキソ化合物の合成方法

    小林亮, 冨田恒之, 垣花眞人, 樋口隆行, 吉野亮悦

     詳細を見る

    出願人:電気化学工業株式会社,東北大学

    出願番号:2007-091347  出願日:2007年3月30日

    公開番号:特開2008-247811  公開日:2008年10月16日

    特許番号/登録番号:5008028 

  3. ブルッカイト型二酸化チタンの製造方法

    垣花眞人, 冨田恒之, 小林亮, 佐藤次雄, 殷シュウ

     詳細を見る

    出願人:マツモトファインケミカル株式会社,東北大学

    出願番号:特願2006-068425   出願日:2006年3月13日

    公開番号:特開2007-246301  公開日:2007年8月30日

    特許番号/登録番号:4587485