2021/03/16 更新

写真a

ヤマガタ シンジ
山形 伸二
YAMAGATA Shinji
所属
大学院教育発達科学研究科 心理発達科学専攻 心理社会行動科学 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位 1

  1. 博士(学術) ( 2007年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 行動遺伝学

  2. 発達心理学

  3. 教育心理学

  4. パーソナリティ

研究分野 1

  1. 人文・社会 / 社会心理学

経歴 2

  1. 名古屋大学   大学院教育発達科学研究科   准教授

    2018年10月 - 現在

      詳細を見る

  2. 九州大学   基幹教育院   准教授

    2013年9月 - 2018年9月

      詳細を見る

学歴 3

  1. 東京大学   総合文化研究科   広域科学専攻生命環境科学系

    2004年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   総合文化研究科   広域科学専攻生命環境科学系

    2002年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京大学   教育学部   総合教育科学科教育心理学コース

    1998年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本教育心理学会

      詳細を見る

  2. 日本心理学会

      詳細を見る

  3. 日本双生児研究学会

      詳細を見る

  4. American Psychological Association

      詳細を見る

 

論文 8

  1. Genetic and environmental architecture of conscientiousness in adolescence 査読有り 国際共著

    Takahashi Yusuke, Zheng Anqing, Yamagata Shinji, Ando Juko

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 3205   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-021-82781-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  2. MODERATING EFFECTS OF RELIGIOSITY IN THE GENETIC AND ENVIRONMENTAL ETIOLOGY OF THE BIG FIVE PERSONALITY TRAITS IN ADULTHOOD 査読有り

    Yamagata Shinji, Takahashi Yusuke

    PSYCHOLOGIA   62 巻 ( 1 ) 頁: 77 - 89   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Psychologia  

    <p>This study examined whether religiosity moderates the genetic and environmental etiology of the Big Five personality traits (Neuroticism, Extraversion, Openness to Experience, Agreeableness, and Conscientiousness). Data from a nationwide sample of 549 twin pairs collected through the MacArthur Foundation National Survey of Midlife Development in the United States were analyzed. Analyses of a gene–environment interaction model revealed that religiosity moderated the magnitude of genetic and environmental influences on Agreeableness and Conscientiousness; for those who were religious, environmental influences on Agreeableness and genetic influences on Conscientiousness were greater. Religiosity exhibited weak main effects on both traits, with higher religiosity contributing to higher levels of both traits. These results suggested that religiosity serves as a psychological immune system that restricts individuals' levels of Agreeableness and Conscientiousness within a religiously appropriate range, insulating them from internal and external forces. Implications for personality theory and molecular genetic research on personality and psychopathology are discussed.</p>

    DOI: 10.2117/psysoc.2020-B006

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  3. Phenotypic and aetiological architecture of depressive symptoms in a Japanese twin sample 査読有り 国際共著

    Takahashi Yusuke, Pingault Jean-Baptiste, Yamagata Shinji, Ando Juko

    PSYCHOLOGICAL MEDICINE   50 巻 ( 8 ) 頁: 1381 - 1389   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Psychological Medicine  

    DOI: 10.1017/S0033291719001326

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  4. Psychosocial Twin Cohort Studies in Japan: The Keio Twin Research Center (KoTReC) 査読有り 国際誌

    Ando Juko, Fujisawa Keiko K., Hiraishi Kai, Shikishima Chizuru, Kawamoto Tetsuya, Nozaki Mari, Yamagata Shinji, Takahashi Yusuke, Suzuki Kunitake, Someya Yoshiaki, Ozaki Koken, Deno Minako, Tanaka Mami, Sasaki Shoko, Toda Tatsushi, Kobayashi Kazuhiro, Sakagami Masamichi, Okada Mitsuhiro, Kijima Nobuhiko, Takizawa Ryu, Murayama Kou

    TWIN RESEARCH AND HUMAN GENETICS   22 巻 ( 6 ) 頁: 591 - 596   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Twin Research and Human Genetics  

    DOI: 10.1017/thg.2019.109

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  5. No nonshared environmental correlation between selectivity of old schools and income in adulthood: selectivity of school matters, but not causally 査読有り 国際誌

    Yamagata Shinji, Nakamuro Makiko, Inui Tomohiko, Hiromatsu Takeshi

    BEHAVIOR GENETICS   49 巻 ( 6 ) 頁: 497 - 497   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  6. 外向的に振る舞えば,自己認識が外向的に変わる?:—Tice(1992)の追試的検討—

    上田 皐介, 加藤 弘通, 山形 伸二

    日本心理学会大会発表論文集   83 巻 ( 0 ) 頁: 3C - 004-3C-004   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    DOI: 10.4992/pacjpa.83.0_3C-004

  7. Genetic and environmental etiology of stability and changes in self-esteem linked to personality: A Japanese twin study 査読有り

    Chizuru Shikishima, Kai Hiraishi, Yusuke Takahashi, Shinji Yamagata, Susumu Yamaguchi, Juko Ando

    PERSONALITY AND INDIVIDUAL DIFFERENCES   121 巻   頁: 140 - 146   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    This study used a behavioral genetic approach to examine the genetic and environmental etiology of stability and changes in self-esteem in relation to personality. Multiple genetic analyses were conducted on a longitudinal dataset of self-esteem and Big Five personality scores among young adult Japanese twins over the course of a decade. There were 1221 individuals'for whom data were available on both self-esteem and the Big Five personality test at Time 1 and 365 at Time 2. The mean interval between the two times was 9.95 years. Genetic effects on self-esteem were robust, and the same genes were responsible for the stability of self-esteem in individuals over time. Nearly half of the variance in self-esteem was explained by a new genetic factor arising during the decade, suggesting that genetic innovation of self-esteem occurred in early adult life. The genetic and environmental covariance structure between personality and self-esteem in individuals was constant over a decade, providing evidence that the stability of self-esteem was largely attributable to personality. However, genetics for self-esteem independent of personality still contributed to stability over time, differentiating

    DOI: 10.1016/j.paid.2017.09.013

    Web of Science

    researchmap

  8. Returns to Education Using a Sample of Twins: Evidence from Japan 査読有り

    Makiko Nakamuro, Tomohiko Inui, Shinji Yamagata

    ASIAN ECONOMIC JOURNAL   31 巻 ( 1 ) 頁: 61 - 81   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    The objective of this article is to measure the causal effect of education on earnings using a large dataset of twins compiled in Japan with wide-ranging socioeconomic information. Recent research conducted in China showed that, contrary to the case in Western countries, ability bias is large in estimating the return to education. It is argued that the low rate of return in China is in part due to the competitive and exam-oriented education system, which is similar to the system in Japan. The empirical results in our study show that the estimated rate of return to education using the sample of identical twins in Japan is 9.3 percent even after omitted ability bias and measurement errors in self-reported schooling were corrected. Our findings suggest that the conventional OLS estimate is not significantly contaminated by potential biases in Japan.

    DOI: 10.1111/asej.12113

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 教育と健康・社会的関与 : 学習の社会的成果を検証する

    Centre for Educational Research and Innovation, 矢野 裕俊, 山形 伸二, 佐藤 智子, 荻野 亮吾, 立田 慶裕, 籾井 圭子( 担当: 共著)

    明石書店  2011年  ( ISBN:9784750334226

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 82

  1. No nonshared environmental correlation between selectivity of old schools and income in adulthood: selectivity of school matters, but not causally

    Shinji Yamagata, Makiko Nakamuro, Tomohiko Inui, Takeshi Hiromatsu  

    BEHAVIOR GENETICS49 巻 ( 6 ) 頁: 497 - 497   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Web of Science

    researchmap

  2. Genetic and environmental etiology of stability and changes in self-esteem linked to personality: A Japanese twin study 査読有り

    Shikishima Chizuru, Hiraishi Kai, Takahashi Yusuke, Yamagata Shinji, Yamaguchi Susumu, Ando Juko  

    PERSONALITY AND INDIVIDUAL DIFFERENCES121 巻   頁: 140-146   2018年1月

  3. Genetic and environmental contributions to level and change in conscientiousness among Japanese adolescent twins 査読有り

    Takahashi Yusuke, Ozaki Koken, Yamagata Shinji, Ando Juko  

    BEHAVIOR GENETICS47 巻 ( 6 ) 頁: 668 - 668   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    Web of Science

    researchmap

  4. Returns to Education Using a Sample of Twins: Evidence from Japan 査読有り

    Nakamuro Makiko, Inui Tomohiko, Yamagata Shinji  

    ASIAN ECONOMIC JOURNAL31 巻 ( 1 ) 頁: 61-81   2017年3月

     詳細を見る

  5. 成人期におけるクオリティ・オブ・ライフと精神的健康―個人内資源としてのパーソナリティと生活関連リテラシーに注目して―

    菅原ますみ, 松本聡子, 吉武尚美, 山形伸二  

    日本パーソナリティ心理学会発表論文集(Web)26th 巻   頁: 134 (WEB ONLY)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  6. Self-control and academic performance: a multivariate genetic analysis 査読有り

    Takahashi Yusuke, Yamagata Shinji, Ando Juko  

    BEHAVIOR GENETICS46 巻 ( 6 ) 頁: 808   2016年11月

     詳細を見る

  7. Genetic and Environmental Influences on Traits of Gender Identity Disorder: A Study of Japanese Twins Across Developmental Stages 査読有り

    Sasaki Shoko, Ozaki Koken, Yamagata Shinji, Takahashi Yusuke, Shikishima Chizuru, Kornacki Tamara, Nonaka Koichi, Ando Juko  

    ARCHIVES OF SEXUAL BEHAVIOR45 巻 ( 7 ) 頁: 1681-1695   2016年10月

  8. Genetic Factors of Individual Differences in Decision Making in Economic Behavior: A Japanese Twin Study using the Allais Problem 査読有り

    Shikishima Chizuru, Hiraishi Kai, Yamagata Shinji, Ando Juko, Okada Mitsuhiro  

    FRONTIERS IN PSYCHOLOGY6 巻   2015年11月

  9. Genetic and environmental influences on self-control, grit, and conscientiousness: results from Japanese adolescent twins 査読有り

    Takahashi Yusuke, Yamagata Shinji, Ando Juko  

    BEHAVIOR GENETICS45 巻 ( 6 ) 頁: 689-690   2015年11月

     詳細を見る

  10. Why children differ in motivation to learn: Insights from over 13,000 twins from 6 countries 査読有り

    Kovas Yulia, Garon-Carrier Gabrielle, Boivin Michel, Petrill Stephen A., Plomin Robert, Malykh Sergey B., Spinath Frank, Murayama Kou, Ando Juko, Bogdanova Olga Y., Brendgen Mara, Dionne Ginette, Forget-Dubois Nadine, Galajinsky Eduard V., Gottschling Juliana, Guay Frederic, Lemelin Jean-Pascal, Logan Jessica A. R., Yamagata Shinji, Shikishima Chizuru, Spinath Birgit, Thompson Lee A., Tikhomirova Tatiana N., Tosto Maria G., Tremblay Richard, Vitaro Frank  

    PERSONALITY AND INDIVIDUAL DIFFERENCES80 巻   頁: 51-63   2015年7月

  11. Heritability of decisions and outcomes of public goods games 査読有り

    Hiraishi Kai, Shikishima Chizuru, Yamagata Shinji, Ando Juko  

    FRONTIERS IN PSYCHOLOGY6 巻   2015年4月

  12. PERSONALITY TRAITS SHOW DIFFERENTIAL RELATIONS WITH ANXIETY AND DEPRESSION IN A NONCLINICAL SAMPLE 査読有り

    Takahashi Yusuke, Roberts Brent W., Yamagata Shinji, Kijima Nobuhiko  

    PSYCHOLOGIA58 巻 ( 1 ) 頁: 15-26   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  13. Personality traits show differential relations with anxiety and depression in a nonclinical sample

    Yusuke Takahashi, Brent W. Roberts, Shinji Yamagata, Nobuhiko Kijima  

    Psychologia58 巻   頁: 15-26   2015年1月

     詳細を見る

    This study examined how the personality traits of behavioral inhibition and behavioral activation contribute to the development of anxiety and depression. We used two-wave short-term longitudinal data from 319 students. Data collections were two months apart. Personality traits were assessed using Gray's Reinforcement Sensitivity Theory: Behavioral Inhibition and Activation Systems (BIS and BAS). After conirming simple correlations, hierarchical regressions were conducted to test how residual changes or unique variances in psychopathology were predicted by the personality traits. Findings revealed that high BIS sensitivity predicted both anxiety and depression, while low BAS sensitivity predicted only depression. These results suggest that hyperactive BIS functions as a predictor for general distress, and that hypoactive BAS functions as a unique predictor for depression.

    DOI: 10.2117/psysoc.2015.15

    Scopus

  14. PH056 親は中高生のモラルに影響を与えないか : 双生児法による双方向因果関係の検討(発達,ポスター発表H)

    山形 伸二  

    日本教育心理学会総会発表論文集57 巻 ( 0 ) 頁: .   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  15. 米国の競争性の高い大学における入学者選抜

    山形 伸二, 繁桝 算男  

    大学入試研究ジャーナル ( 24 ) 頁: 97-104   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  16. Development and education of formal and informal logical thinking ability: A Japanese twin study 査読有り

    Yamagata Shinji, Shikishima Chizuru, Hiraishi Kai, Ando Juko  

    BEHAVIOR GENETICS43 巻 ( 6 ) 頁: 549   2013年11月

     詳細を見る

  17. Genetic overlapping among intelligence, educational attainment, occupational status, marriage, and having children: Japanese female twins 査読有り

    Shikishima Chizuru, Yamagata Shinji, Hiraishi Kai, Kijima Nobuhiko, Ando Juko  

    BEHAVIOR GENETICS43 巻 ( 6 ) 頁: 540-541   2013年11月

     詳細を見る

  18. The genetic sources of core political attitudes and the role of personality traits: A cross-cultural twin study 査読有り

    Kandler Christian, Bell Edward, Shikishima Chizuru, Yamagata Shinji, Riemann Rainer  

    BEHAVIOR GENETICS43 巻 ( 6 ) 頁: 525   2013年11月

     詳細を見る

  19. Long-term genetic effects of working memory on cognition and personality in adolescence and adulthood: A 14-year longitudinal study of twins 査読有り

    Ando Juko, Shikishima Chizuru, Kijima Nobuhiko, Hiraishi Kai, Takahashi Yusuke, Yamagata Shinji  

    BEHAVIOR GENETICS43 巻 ( 6 ) 頁: 506   2013年11月

     詳細を見る

  20. 双生児研究の社会科学的展開

    山形 伸二  

    日本双生児研究学会ニュースレター ( 54 ) 頁: 2-6   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  21. Culture Moderates the Genetic and Environmental Etiologies of Parenting: A Cultural Behavior Genetic Approach 査読有り

    Shikishima Chizuru, Hiraishi Kai, Yamagata Shinji, Neiderhiser Jenae M., Ando Juko  

    SOCIAL PSYCHOLOGICAL AND PERSONALITY SCIENCE4 巻 ( 4 ) 頁: 434-444   2013年7月

  22. Inequality of opportunity in Japan: A behavioral genetic approach 査読有り

    Yamagata, S., Nakamuro, M., & Inui, T.  

    RIETI Discussion Paper Series13 巻 ( E-097 ) 頁: 1-18   2013年3月

  23. Bidirectional influences between maternal parenting and children's peer problems: a longitudinal monozygotic twin difference study 査読有り

    Yamagata Shinji, Takahashi Yusuke, Ozaki Koken, Fujisawa Keiko K., Nonaka Koichi, Ando Juko  

    DEVELOPMENTAL SCIENCE16 巻 ( 2 ) 頁: 249-259   2013年3月

     詳細を見る

  24. Two Cohort and Three Independent Anonymous Twin Projects at the Keio Twin Research Center (KoTReC) 査読有り

    Ando Juko, Fujisawa Keiko K., Shikishima Chizuru, Hiraishi Kai, Nozaki Mari, Yamagata Shinji, Takahashi Yusuke, Ozaki Koken, Suzuki Kunitake, Deno Minako, Sasaki Shoko, Toda Tatsushi, Kobayashi Kazuhiro, Sugimoto Yutaro, Okada Mitsuhiro, Kijima Nobuhiko, Ono Yutaka, Yoshimura Kimio, Kakihana Shinichiro, Maekawa Hiroko, Kamakura Toshimitsu, Nonaka Koichi, Kato Noriko, Ooki Syuichi  

    TWIN RESEARCH AND HUMAN GENETICS16 巻 ( 1 ) 頁: 202-216   2013年2月

  25. PF-086 ディベート演習授業が大学生の批判的・論理的思考力に与える影響 : 事前・事後デザインによる予備的検討(教授・学習,ポスター発表)

    山形 伸二, 筧 一彦, 蓮見 二郎, 青木 滋之  

    日本教育心理学会総会発表論文集55 巻 ( 0 ) 頁: .   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  26. 双生児研究はいかに遺伝と環境の影響を明らかにするか

    山形 伸二  

    日本双生児研究学会ニュースレター ( 53 ) 頁: 7-11   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  27. Genetics of decision making: A Japanese twin study using the Allais problem 査読有り

    Shikishima Chizuru, Hiraishi Kai, Yamagata Shinji, Ando Juko, Okada Mitsuhiro  

    BEHAVIOR GENETICS42 巻 ( 6 ) 頁: 968   2012年11月

     詳細を見る

  28. Genetic and cultural transmission of political attitude: A study of Japanese adolescent twins and their parents 査読有り

    Yamagata Shinji, Shikishima Chizuru, Ando Juko  

    BEHAVIOR GENETICS42 巻 ( 6 ) 頁: 977   2012年11月

     詳細を見る

  29. Hyperactivity/inattention problems moderate environmental but not genetic mediation between negative parenting and conduct problems. 査読有り

    Fujisawa KK, Yamagata S, Ozaki K, Ando J  

    Journal of abnormal child psychology40 巻 ( 2 ) 頁: 189-200   2012年2月

  30. Genetic and environmental relationships between head circumference growth in the first year of life and sociocognitive development in the second year: a longitudinal twin study. 査読有り

    Fujisawa KK, Ozaki K, Suzuki K, Yamagata S, Kawahashi I, Ando J  

    Developmental science15 巻 ( 1 ) 頁: 99-112   2012年1月

  31. Grayの行動抑制系と不安・抑うつ : 双生児法による4つの因果モデルの検討

    山形 伸二, 高橋 雄介, 木島 伸彦  

    パーソナリティ研究20 巻 ( 2 ) 頁: 110-117   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2132/personality.20.110

    CiNii Article

  32. Whose happiness increases, and why? A longitudinal twin analysis over a decade-long interval 査読有り

    Shikishima Chizuru, Yamagata Shinji, Hiraishi Kai, Ando Juko  

    BEHAVIOR GENETICS41 巻 ( 6 ) 頁: 936   2011年11月

     詳細を見る

  33. A MAOA gene, mother's parenting, and behavior problems: Using an MZ twin difference to detect 'pure' gene-environment interaction 査読有り

    Yamagata Shinji, Sakai Atsushi, Maeshiro Kazumi, Matsuura Motoko, Tanaka Mami, Takahashi Yusuke, Sugawara Kensuke, Kijima Nobuhiko, Sugawara Masumi  

    BEHAVIOR GENETICS41 巻 ( 6 ) 頁: 943   2011年11月

     詳細を見る

  34. 共感性形成要因の検討 : 遺伝-環境交互作用モデルを用いて

    敷島 千鶴, 平石 界, 山形 伸二, 安藤 寿康  

    社会心理学研究26 巻 ( 3 ) 頁: 188-201   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Factors contributing to individual differences of empathy were examined using behavioral genetics methodology. Data related to individual levels of empathy and parental warmth received during childhood were collected from approximately 450 pairs of twins (ages 14-33). A bivariate model analysis clarified that shared family environmental factors did not contribute to the formation of empathy. No common shared environmental factors were detected between empathy and parental warmth, either. The positive correlation between the two variables was mediated principally by genetics. The result does not support socialization theory, which holds that warm parenting nurtures children's empathy. However, the subsequent gene-environment interaction model analysis revealed that shared family environmental factors significantly affected the formation of empathy for those with high or very low parental warmth. The results imply that individuals with a strong or very weak attachment to their parents were more influenced by the shared family environment.

    Scopus

    CiNii Article

  35. [New trends in research on personality traits: contributions to economics and epidemiology]. 査読有り

    Takahashi Y, Yamagata S, Hoshino T  

    Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology82 巻   頁: 63-76   2011年4月

     詳細を見る

  36. A simple syllogism-solving test: Empirical findings and implications for g research 査読有り

    Shikishima Chizuru, Yamagata Shinji, Hiraishi Kai, Sugimoto Yutaro, Murayama Kou, Ando Juko  

    INTELLIGENCE39 巻 ( 2-3 ) 頁: 89-99   2011年3月

  37. Internal consistency, retest reliability, and their implications for personality scale validity. 査読有り

    McCrae RR, Kurtz JE, Yamagata S, Terracciano A  

    Personality and social psychology review : an official journal of the Society for Personality and Social Psychology, Inc15 巻 ( 1 ) 頁: 28-50   2011年2月

  38. Separation of Performance-Approach and Performance-Avoidance Achievement Goals: A Broader Analysis 査読有り

    Murayama Kou, Elliot Andrew J., Yamagata Shinji  

    JOURNAL OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY103 巻 ( 1 ) 頁: 238-256   2011年2月

     詳細を見る

  39. 1. 社会階層・メリットと教育達成 : 行動遺伝学的アプローチ(II-7部会 【一般部会】社会構造と教育,研究発表II,一般研究報告)

    山形 伸二, 敷島 千鶴, 鹿又 伸夫, 安藤 寿康  

    日本教育社会学会大会発表要旨集録 ( 63 ) 頁: 128-131   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  40. Evaluation of barrier uniformity in magnetic tunnel junctions prepared using natural oxidation of thin Mg layers 査読有り

    Seki Takayuki, Kubota Hitoshi, Fukushima Akio, Yakushiji Kay, Yuasa Shinji, Ando Koji, Maehara Hiroki, Yamagata Shinji, Okuyama Hiroki, Tsunekawa Koji  

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS108 巻 ( 12 )   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1063/1.3524543

    Web of Science

  41. GE interaction analysis on the univariate ACDE model 査読有り

    Ozaki Koken, Fujisawa Keiko K., Yamagata Shinji, Takahashi Yusuke, Sasaki Shoko, Shikishima Chizuru, Ando Juko  

    BEHAVIOR GENETICS40 巻 ( 6 ) 頁: 809   2010年11月

     詳細を見る

  42. ヒト双生児における性格と遺伝 (特集 動物行動の遺伝的基盤を解き明かす--さまざまな動物種における行動遺伝学の歴史と現状ならびに将来への展望)

    山形 伸二, 安藤 寿康  

    遺伝64 巻 ( 6 ) 頁: 61-66   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  43. A longitudinal twin study on the environmental association between behavior problems and parenting 査読有り

    Yamagata Shinji, Takahashi Yusuke, Ozaki Koken, Fujisawa Keiko, Nonaka Koichi, Ando Juko  

    BEHAVIOR GENETICS40 巻 ( 6 ) 頁: 819   2010年11月

     詳細を見る

  44. Genetic correlates of syllogism-solving ability 査読有り

    Shikishima Chizuru, Yamagata Shinji, Hiraishi Kai, Sugimoto Yutaro, Ando Juko  

    BEHAVIOR GENETICS40 巻 ( 6 ) 頁: 812   2010年11月

     詳細を見る

  45. Do stressful life events moderate genetic and environmental covariance on personality and psychiatric symptoms?: bivariate gene-environment interaction approach 査読有り

    Takahashi Yusuke, Yamagata Shinji, Ozaki Koken, Shikishima Chizuru, Nonaka Koichi, Ando Juko  

    BEHAVIOR GENETICS40 巻 ( 6 ) 頁: 814   2010年11月

     詳細を見る

  46. 行動遺伝学の方法とその中高生双生児データへの適用(行動遺伝学の新展開,日本行動計量学会 第38大会 抄録集)

    山形 伸二  

    日本行動計量学会大会発表論文抄録集38 巻   頁: 244-245   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  47. The Generality of Personality Heritability Big-Five Trait Heritability Predicts Response Time to Trait Items 査読有り

    Ekehammar Bo, Akrami Nazar, Hedlund Lars-Erik, Yoshimura Kimio, Ono Yutaka, Ando Juko, Yamagata Shinji  

    JOURNAL OF INDIVIDUAL DIFFERENCES31 巻 ( 4 ) 頁: 209-214   2010年

  48. 遺伝から文化まで幅広くパーソナリティや適応を考える : Brent W. Roberts博士セミナー(準備委員会・国際交流委員会企画セミナー)

    菅 知絵美, 谷 伊織, 平石 界, 山形 伸二, Roberts Brent W.  

    日本パーソナリティ心理学会発表論文集19 巻 ( 0 ) 頁: 5-6   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  49. Novel Stack Structure of Magnetic Tunnel Junction with MgO Tunnel Barrier Prepared by Oxidation Methods: Preferred Grain Growth Promotion Seed Layers and Bi-layered Pinned Layer 査読有り

    Choi Young-suk, Tsunematsu Hiroshi, Yamagata Shinji, Okuyama Hiroki, Nagamine Yoshinori, Tsunekawa Koji  

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS48 巻 ( 12 )   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1143/JJAP.48.120214

    Web of Science

  50. わが国における性別違和と異性帰属の得点分布 : 双生児データによる性同一性障害傾向の有症割合

    佐々木 掌子, 野中 浩一, 尾崎 幸謙, 高橋 雄介, 敷島 千鶴, 山形 伸二, 安藤 寿康  

    日本性科学会雑誌 = Japan Journal of Sexology27 巻 ( 1 ) 頁: 49-59   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  51. Is g an entity? A Japanese twin study using syllogisms and intelligence tests 査読有り

    Shikishima Chizuru, Hiraishi Kai, Yamagata Shinji, Sugimoto Yutaro, Takemura Ryo, Ozaki Koken, Okada Mitsuhiro, Toda Tatsushi, Ando Juko  

    INTELLIGENCE37 巻 ( 3 ) 頁: 256-267   2009年5月

  52. Personality

    Kerry L. Jang, Shinji Yamagata  

    Handbook of Behavior Genetics   頁: 223-237   2009年1月

     詳細を見る

    © Springer Science+Business Media, LLC 2009. All rights reserved. Gordon Allport (1937) has penned some of the most influential lines in the history of personality research. He defined personality as the dynamic organization within the individual of those psychophysical systems that determine his unique [sic] adjustments to this environment (p. 48) and that personality is something and personality does something (p. 48). Together, these lines neatly summarize the primary mission of personality research: (1) the characterization of enduring qualities that give rise to regularities and consistencies in behaviour and the organization of these qualities and (2) how they achieve coherent functioning to actively adapt to the social environment (Livesley & Jang, 2005). As a result, much of mainstream personality research has been directed towards determining the number of basic traits, their organization, how they can be measured reliably, and the relationship between normal personality function and personality disorder.

    DOI: 10.1007/978-0-387-76727-7_16

    Scopus

  53. 大規模双生児横断調査から見えてくる遺伝・環境・発達(自主企画(1))

    安藤 寿康, 加藤 憲司, 敷島 千鶴, 山形 伸二  

    日本パーソナリティ心理学会発表論文集18 巻 ( 0 ) 頁: .   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  54. Familial Transmission of Authoritarian Conservatism: Genetic inheritance or cultural transmission?

    Chizuru Shikishima, Shinji Yamagata, Yusuke Takahashi, Juko Ando, Koken Ozaki, Koichi Nonaka  

    Sociological Theory and Methods23 巻   頁: 105-126   2008年12月

     詳細を見る

    With the use of behavioral genetics methodology, in which variance of an observed trait can be decomposed into the effect of three latent variables, that is, genetic, shared environmental, and nonshared environmental, factors contributing to the formation of authoritarian conservatism were examined. 4111 participants (1279 male twins and 1899 female twins between the ages of 12-26, as well as 83 fathers and 860 mothers of the twins) responded to the Authoritarian Conservatism Scale. The twin model analysis employing 912 pairs of identical and 630 pairs of fraternal twins accounted for 33% of the variance of authoritarian conservatism by genetics, and 67% by nonshared environment. The subsequent twin parentoffspring model analysis also produced a very similar result. Thus, it was revealed that what mediated the familial transmission of authoritarian conservatism was genetics, not cultural transmission. Theories explaining the formation of authoritarianism by parenting or social background of the family are not supported. Transmission models can be further elaborated by including genetics as a predictable variable.

    Scopus

  55. Familial Transmission of Authoritarian Conservatism: Genetic Inheritance or Cultural Transmission? 査読有り

    Shikishma Chizuru, Ando Juko, Yamagata Shinji, Ozaki Koken, Takahashi Yusuke, Nonaka Koichi  

    SOCIOLOGICAL THEORY AND METHODS23 巻 ( 2 ) 頁: 105-126   2008年11月

     詳細を見る

  56. An International Comparison of Etiologies of Remembered Parenting Using Japanese and Swedish Twins 査読有り

    Shikishima Chizuru, Hiraishi Kai, Yamagata Shinji, Ono Yutaka, Ando Juko, Neiderhiser Jenae M.  

    BEHAVIOR GENETICS38 巻 ( 6 ) 頁: 648   2008年11月

     詳細を見る

  57. How do High School Students Learn? Genetics of Academic Performance, Learning Attitude, and School Environment 査読有り

    Ando Juko, Murayama Kou, Yamagata Shinji, Shikishima Chizuru, Takahashi Yusuke, Ozaki Koken, Nonaka Koichi  

    BEHAVIOR GENETICS38 巻 ( 6 ) 頁: 613   2008年11月

     詳細を見る

  58. Substance and artifact in the higher-order factors of the big five (vol 95, pg 442, 2008) 査読有り

    McCrae Robert R., Yamagata Shinji, Jang Kerry L., Riemann Rainer, Ando Juko, Ono Yutaka, Angleitner Alois, Spinath Frank M.  

    JOURNAL OF PERSONALITY AND SOCIAL PSYCHOLOGY95 巻 ( 3 ) 頁: 592   2008年9月

     詳細を見る

  59. Substance and artifact in the higher-order factors of the Big Five. 査読有り

    McCrae RR, Yamagata S, Jang KL, Riemann R, Ando J, Ono Y, Angleitner A, Spinath FM  

    Journal of personality and social psychology95 巻 ( 2 ) 頁: 442-455   2008年8月

  60. Maintenance of genetic variation in personality through control of mental mechanisms: a test of trust, extraversion, and agreeableness 査読有り

    Hiraishi Kai, Yamagata Shinji, Shikishima Chizuru, Ando Juko  

    EVOLUTION AND HUMAN BEHAVIOR29 巻 ( 2 ) 頁: 79-85   2008年3月

  61. 権威主義的伝統主義の家族内伝達

    敷島 千鶴, 安藤 寿康, 山形 伸二, 尾崎 幸謙, 高橋 雄介, 野中 浩一  

    理論と方法23 巻 ( 2 ) 頁: 2_105-2_126   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

     観測された形質の分散を、「遺伝」「共有環境」「非共有環境」という3つの潜在変数の寄与に分割して推定させる行動遺伝学の方法論を用いて、権威主義的伝統主義の形成に関わる要因について検討した。4111名(12~26歳の男性双生児1279名、女性双生児1889名、および双生児の父親83名、母親860名)から権威主義的伝統主義尺度の回答を得た。一卵性双生児912組、二卵性双生児630組を対象とした双生児モデルによる分析は、権威主義的伝統主義の分散を遺伝33%、非共有環境67%で説明し、双生児親子モデルによる分析においても、結果は同等であった。これより、権威主義的伝統主義の家族内伝達を媒介するのは専ら遺伝であり、文化伝達ではないことが示された。権威主義の形成を親の養育、あるいはその家の社会背景によって説明するこれまでの理論には異議が唱えられる。遺伝を説明変数に含めた、より精緻な伝達モデルの有用性が提起される。

    CiNii Article

  62. Genetic and environmental structure of temperaments in early childhood: A Japanese twin study 査読有り

    Yamagata Shinji, Takahashi Yusuke, Ozaki Koken, Nonaka Koichi, Kato Noriko, Ooki Syuichi, Ando Juko  

    BEHAVIOR GENETICS37 巻 ( 6 ) 頁: 808   2007年11月

     詳細を見る

  63. Associations between general intelligence and social attitudes: A Japanese twin study 査読有り

    Shikishima Chizuru, Yamagata Shinji, Hiraishi Kai, Ando Juko  

    BEHAVIOR GENETICS37 巻 ( 6 ) 頁: 793-794   2007年11月

     詳細を見る

  64. Genetic and environmental etiology of early social skills 査読有り

    Takahashi Yusuke, Yamagata Shinji, Ozaki Koken, Nonaka Koichi, Kato Noriko, Ooki Syuichi, Ando Juko  

    BEHAVIOR GENETICS37 巻 ( 6 ) 頁: 798-799   2007年11月

     詳細を見る

  65. Continuity and change in behavioral inhibition and activation systems: A longitudinal behavioral genetic study 査読有り

    Takahashi Yusuke, Yamagata Shinji, Kijima Nobuhiko, Shigemasu Kazuo, Ono Yutaka, Ando Juko  

    PERSONALITY AND INDIVIDUAL DIFFERENCES43 巻 ( 6 ) 頁: 1616-1625   2007年10月

  66. Trauma exposure and stress response: exploration of mechanisms of cause and effect. 査読有り

    Jang KL, Taylor S, Stein MB, Yamagata S  

    Twin research and human genetics : the official journal of the International Society for Twin Studies10 巻 ( 4 ) 頁: 564-572   2007年8月

  67. Grayの気質モデル : BIS/BAS尺度日本語版の作成と双生児法による行動遺伝学的検討

    高橋 雄介, 山形 伸二, 木島 伸彦, 繁桝 算男, 大野 裕, 安藤 寿康  

    パーソナリティ研究15 巻 ( 3 ) 頁: 276-289   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    本研究は,Grayの強化感受性理論(Reinforcement Sensitivity Theory)に基づいた2つの気質次元,行動抑制系(Behavioral Inhibition System)と行動賦活系(Behavioral Activation System)について,日本語版尺度の信頼性・妥当性の検討(研究1),生物学的基盤との対応関係の検討(研究2)を行った。研究1では,大学生446名を対象に質問紙調査を行い,Carver & White(1994)が作成した尺度の日本語版の信頼性を確認した。また,因子的妥当性,構成概念妥当性の検討を行い,十分な結果を得た。研究2では,慶應義塾双生児プロジェクトによって集められた双生児を対象に質問紙調査を実施し,293組から有効な回答を得た。行動遺伝学的解析の結果,BISとBASは遺伝要因によって部分的に説明され,お互いに独立な遺伝因子から寄与を受けていることが分かった。

    DOI: 10.2132/personality.15.276

    CiNii Article

  68. 日本語版SPSRQ(罰の回避と報酬への接近の感受性尺度)の信頼性と妥当性の検討

    髙橋 雄介, 山形 伸二, 繁桝 算男  

    日本心理学会大会発表論文集71 巻 ( 0 ) 頁: 2PM023-2PM023   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  69. The Tokyo Twin Cohort Project: Overview and initial findings 査読有り

    Ando Juko, Nonaka Koichi, Ozaki Koken, Sato Naho, Fujisawa Keiko K., Suzuki Kunitake, Yamagata Shinji, Takahashi Yusuke, Nakajima Ryoko, Kato Noriko, Ooki Syuichi  

    TWIN RESEARCH AND HUMAN GENETICS9 巻 ( 6 ) 頁: 817-826   2006年12月

  70. The Tokyo Twin Cohort Project: overview and initial findings. 査読有り

    Ando J, Nonaka K, Ozaki K, Sato N, Fujisawa KK, Suzuki K, Yamagata S, Takahashi Y, Nakajima R, Kato N, Ooki S  

    Twin research and human genetics : the official journal of the International Society for Twin Studies9 巻   頁: 817-826   2006年12月

     詳細を見る

  71. Experience of stressful life events rather obscures genetic vulnerability of depression and anxiety in normal population: a study of gene-environment interaction 査読有り

    Yamagata Shinji, Takahashi Yusuke, Kijima Nobuhiko, Ono Yutaka, Ando Juko  

    BEHAVIOR GENETICS36 巻 ( 6 ) 頁: 989   2006年11月

     詳細を見る

  72. Parental warmth and empathy: familial influences reconsidered 査読有り

    Shikishima Chizuru, Yamagata Shinji, Hiraishi Kai, Ando Juko, Ono Yutaka  

    BEHAVIOR GENETICS36 巻 ( 6 ) 頁: 985   2006年11月

     詳細を見る

  73. Genetic influences on development of weight, length, chest and head circumferences in infancy 査読有り

    Ando Juko, Yamagata Shinji, Takahashi Yusuke, Ozaki Koken, Suzuki Kunitake, Nakajima Ryoko, Nonaka Koichi, Kato Noriko, Ooki Syuichi  

    BEHAVIOR GENETICS36 巻 ( 6 ) 頁: 953   2006年11月

     詳細を見る

  74. Behavioral genetics of the higher-order factors of the Big Five

    Kerry L. Jang, W. John Livesley, Juko Ando, Shinji Yamagata, Atsunobu Suzuki, Alois Angleitner, Fritz Ostendorf, Rainer Riemann, Frank Spinath  

    Personality and Individual Differences41 巻   頁: 261-272   2006年7月

     詳細を見る

    There is empirical evidence that underlying the Big Five personality factors are two higher-order factors which have come to be known as "alpha" (α) and "beta" (β). The α factor is defined by the agreeableness, conscientiousness, and emotional stability domains; whereas β is delineated by extraversion and intellect. It has been argued that α and β are important constructs because they bridge the gap between psychometric studies of personality and theories of personality development. However, it is unclear if α and β are constructs that can be reliably reproduced across a diverse range of independent samples. In a sample of 1209 MZ and 701 DZ twin pairs from Canada, Germany, and Japan who completed the NEO-PI-R, factorial analyses of the five NEO-PI-R domains extracted two factors resembling α and β. Subsequent multivariate genetic analyses revealed that this factor structure was a clear reflection of the organizing effects of multiple genetic influences, providing evidence for α and β as stable heuristic devices that can be used to integrate personality measurement and developmental theory. © 2006 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.paid.2005.11.033

    Scopus

  75. 抑うつの3因子モデルの行動遺伝学的解析

    髙橋 雄介, 山形 伸二, 木島 伸彦, 繁桝 算男, 大野 裕, 安藤 寿康  

    日本心理学会大会発表論文集70 巻 ( 0 ) 頁: 2PM023-2PM023   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  76. Giant tunneling magnetoresistance in MgO-based magnetic tunnel junctions and its industrial applications 査読有り

    Yuasa Shinji, Matsumoto Rie, Fukushima Akio, Kubota Hitoshi, Nagahama Taro, Djayaprawira David D., Tsunekawa Koji, Maehara Hiroki, Nagamine Yoshinori, Nagai Motonobu, Yamagata Shinji, Suzuki Yoshishige, Mizuguchi Masaki, Deac Alina M., Ando Koji  

    IEEE NMDC 2006: IEEE NANOTECHNOLOGY MATERIALS AND DEVICES CONFERENCE 2006, PROCEEDINGS   頁: 186-+   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  77. P-1209 双生児法による因果の方向性の検討

    山形 伸二, 高橋 雄介, 木島 伸彦, 安藤 寿康  

    日本パーソナリティ心理学会発表論文集15 巻 ( 0 ) 頁: 34-35   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  78. P-1208 性役割パーソナリティ(BSRI)の個人差に及ぼす遺伝と環境の影響にみられる性差

    佐々木 掌子, 山形 伸二, 敷島 千鶴, 安藤 寿康  

    日本パーソナリティ心理学会発表論文集15 巻 ( 0 ) 頁: 32-33   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  79. パーソナリティ発達における遺伝・環境交互作用の検討:宗教性を調整要因として

    山形 伸二, 髙橋 雄介, 星野 崇宏, 繁桝 算男  

    日本心理学会大会発表論文集70 巻 ( 0 ) 頁: 2PM024-2PM024   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  80. P4-5 パーソナリティの遺伝的構造は普遍的か : 日独加の双生児データの国際比較

    山形 伸二, 安藤 寿康, Jang Kerry L., Ostendorf Fritz  

    日本パーソナリティ心理学会発表論文集14 巻 ( 0 ) 頁: 77-78   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  81. Genetic and environmental structure of Cloninger's temperament and character dimensions. 査読有り

    Ando J, Suzuki A, Yamagata S, Kijima N, Maekawa H, Ono Y, Jang KL  

    Journal of personality disorders18 巻   頁: 379-393   2004年8月

     詳細を見る

  82. 男子大学生のアパシー傾向とCloningerの気質・性格の7次元モデル

    山形 伸二, 繁桝 算男  

    パーソナリティ研究12 巻 ( 1 ) 頁: 30-31   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2132/personality.2003.30

    CiNii Article

▼全件表示

その他研究活動 2

  1. Moderating effects of religiosity in the genetic and environmental etiology of the Big Five personality traits in adulthood

    2021年02月

  2. 新型コロナ禍のふたご/みつご子育て状況-学会アンケートから描きだされた危機

    2021年01月

科研費 8

  1. 青年期の感情制御,感情の社会化およびうつ症状の変遷に関する発達精神病理学的研究

    研究課題/研究課題番号:19K03278  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    出野 美那子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    青年期のうつ症状の発現のあり方は,前後の発達段階と様相が異なる。その背景として,認知的能力の複雑な発達,衝動制御困難,社会的刺激による被影響性の不均衡に由来する,青年期独自の感情制御の脆弱性が挙げられる。しかし青年期のうつ症状における感情制御と社会的環境の相互作用的影響は,未だ検討が少ない。
    そこで本研究では,青年期における,第二次性徴,認知能力,社会的関係と,感情制御の発達の関連およびうつ症状へ及ぼす影響について検討する。本研究では特別研究員奨励費助成の対象である三コホートを追跡,計五時点の縦断的研究を行い,後期児童期から青年期を通した,早期成人期への繋がりの網羅的な検討を行う。
    青年期のうつ症状の発現のあり方は,前後の発達段階と様相が異なるため,青年期はその後の適応において重要な時期とされている。青年期における精神病理への脆弱性は,認知的能力の複雑な発達,衝動制御困難,社会的刺激による被影響性の不均衡に由来する,青年期独自の感情制御の脆弱性に起因すると考えられている。しかし青年期のうつ症状における感情制御と社会的環境の縦断的影響は,未だ検討が少ない。
    そこで本研究では,青年期における,第二次性徴,認知能力,社会的関係と,感情制御の発達の関連およびうつ症状へ及ぼす相互作用的影響について,縦断研究により検討する。本研究では特別研究員奨励費助成の対象であった三コホートを追跡,計五時点の縦断的研究を行い,後期児童期から青年期を通した,早期成人期への繋がりの網羅的な検討を行う。(なお本研究費では,特別研究員奨励費助成で郵送できなかった者を対象とすること,および特別研究員奨励費助成の終了後の追跡を行うことから,研究費の競合は起こらないことを申し添える)
    令和元年度は,以下について実施した。1. 質問紙本調査 (1回目; 特別研究員奨励費助成から換算して3回目) を郵送にて実施し,40家庭からの回答を得,データクリーニングを終了した。2. 青年期の感情の社会化尺度日本語版の信頼性および妥当性検討のため,2時点の調査を行い,データ入力を終了した。3. 青年期の感情の社会化尺度日本語版の因子構造と予測的妥当性について,令和2年3月に日本発達心理学会にてポスター発表を行った。
    本年度計画していた質問紙郵送調査を実施することができた。また尺度の精度を検討するための調査を行うことができ,国内学会での発表 (於日本発達心理学会) を行うこともできた点で,おおむね順調に進展していると考える。これまでに得られたデータについて,できるだけ早く研究業績としてまとめることができるよう努めている。
    現時点において,研究を遂行する上での問題点はないと考える。次年度も,引き続き本研究課題の目的である縦断研究のため,調査を実施する。また必要に応じ,心理統計学の専門家へ知識提供を仰ぎながら,研究を続行する。

    researchmap

  2. クリティカルシンキングの向上を目的としたアクティブラーニング型アプリの開発

    研究課題/研究課題番号:18H01055  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    井上 奈良彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究ではクリティカルシンキングの向上を目的としたアクティブラーニング型教材アプリを開発し、その教育効果を検証する。2019年度は主に1.問題の難易度出し分け、2.アプリの改良(ゲーミフィケーション機能実装)、3.学習効果の検証を行った。
    2018年度に開発したプロトタイプアプリ「C-training」のモニター利用で出された意見を踏まえて2019年度は改良を行った。ライセンス契約したクリティカルシンキングトレーニング問題集を事前に大学生に解いてもらい、難易度の出し分けを行い、その結果を元にレベルやスキル別問題セットを作ってアプリに搭載した。また継続的な学習を促す狙いで一日に挑戦できる問題セットを3回迄に設定した。更にゲーミフィケーションとして学習進捗率を個人やチームで競えるよう、ランキング機能を実装した。
    本研究では「ゲーミフィケーション要素を搭載したアプリの方が、より学生が取り組みやすく、多くの問題を解き、学習効果が上がる」という仮説を立てた。仮説に基づき、124名の学生協力者を下記のように3グループに分けて対照実験を行った。①2018年度に作成したアプリ(ゲーミフィケーション無版)で自主学習するグループ ②2019年度に開発したアプリ(ゲーミフィケーション有版)で自主学習するグループ ③介入のない対照群
    2ヶ月間のアプリ試用期間の前後に、被験者全員にほぼ同じ難易度のテストを行い、点数の伸び率をグループ間で比較したが、アプリを試用していない対照群③のプレテスト・ポストテストの点差には統計的有意差は見られなかった。一方、①ゲーミフィケーション無し版・②有り版のいずれのグループにおいても統計的有意差が確認され、アプリ学習をすることで、クリティカルシンキングテストの点数が向上することが明らかになった。
    本研究の大きな目的は、クリティカルシンキングの向上を目的としたアクティブラーニング型教材アプリの開発及びその教育効果の検証を行うことである。2019年度は計画に沿って以下の取り組みを行ったため、研究進捗状況は概ね計画通りである。①問題内容と機能についてアプリの改良を行った。②アプリを使って学習効果が得られるかどうか検証した。③ゲーミフィケーション機能が学習効果向上に正の影響を与えるか検証した。④アンケート調査やインタビュー調査を行い、アプリ利用の感想やクリティカルシンキング学習に対する態度・姿勢について分析した。
    アプリ試用期間前後に実施したプレ・ポストテスト結果により裏付けられた一定の学習効果のあるクリティカルシンキングトレーニングアプリを開発したことは、2019年度の大きな達成点である。またアプリ試用期間後のアンケート調査やインタビュー調査から、学生が隙間時間にスマホで手軽に自主学習するという利用行動や、クリティカルシンキング問題に対する苦手意識の克服につながっていることが明らかになった。開発しているアプリはクリティカルシンキング初学者向けの自主学習教材としての利用を目的としているため、その点においても計画は順調であると考えている。ただし、研究チームが立てた仮説とは異なり、ゲーミフィケーションの有無で学習効果に差は見られなかった。後述するがこれについては2020年度に再検証する予定である。
    2020年度前期の計画:既述の通り、研究チームの立てた仮説とは異なり、アプリのゲーミフィケーションの有無は学習量とそれに基づく学習効果に影響を与えなかった。これは、被験者がアプリによる学習を「宿題」と捉えて取り組んでしまったことが原因だと考えられる。そのためもう一度、より学生の自主的な取り組みに任せた条件下でゲーミフィケーション有り版・無し版のアプリを一定期間試用してもらい、2019年度のように検証を行う。
    <BR>
    2020年度後期:教育現場で利用可能なアプリに近づくよう、機能の再検討や充実を図り、少人数の学生や教員に利用してもらう。アプリには指導者が設定する機能があるが、その部分のユーザーフレンドリー性も追求し、幅広い教育現場で役立てられるアプリを目指す。教育者の不足するクリティカルシンキング教育現場において、学生の自主学習の一歩となるアプリを完成することが研究の最終目標である。

    researchmap

  3. 論証リテラシーの教育手法に関する実践的・実験的検討

    研究課題/研究課題番号:16K17313  2016年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    山形 伸二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    論証の論理構成を評価する能力は、現代社会にあふれる様々な言説を良き市民として適切に考慮し、自他の主張の根拠・前提を客観的に把握し、生産的なコミュニケーションを可能にするための必須のスキル(知的インフラ)であり、特に高等教育が涵養すべき能力として極めて重要である。本研究は、論証を扱う能力の個人差(=論証リテラシー)について定量的に測定し、その教育手法について検討を行ったものである。
    文献レビュー、研究協力者とのディスカッションに基づき、反論の要素を含めた双方向的論証に関するリテラシーを測定するテスト項目の開発を行った。調査データに基づき、反論の要素を含めた論証リテラシーの測定に関する課題を明らかにするとともに、議論への開かれた態度・指向性を測定することの重要性を明らかにした。
    また、初年次における議論教育の効果について、無作為配置を伴うフィールド実験による検討を行った。とりわけ「構造的討論」と呼ばれる手法について、その論証リテラシーおよび議論への指向性に与える教育効果を検討した。
    最終年度は、ウェブ調査の実施により論証リテラシーを測定するテストの改善を計画していたが、年度初頭に生じた研究代表者の健康上の理由により研究の実施が困難となったため、やむなく研究課題を廃止とし、年度初頭に購入した少額物品以外研究費の支出を行わなかった。今後、最終年度以前に得られたデータを基にした研究発表により、研究成果を学界・社会に還元していく予定である。

    researchmap

  4. 教育過程の総合的行動遺伝学研究

    研究課題/研究課題番号:26245066  2014年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    安藤 寿康

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    児童期と成人期の2コホートによる双生児縦断研究を実施した。児童期は小学5年生(11歳児)約200組に対する質問紙と120組への個別発達調査を行った。読み能力や実行機能の発達的変化に及ぼす遺伝と環境の変化と安定性、リズム行動に及ぼす遺伝と環境の交互作用、きょうだい関係の特殊性などが明らかになった。
    成人期では社会的達成・心身の健康度などの質問紙調査を実施し約200組から回答を得た。また認知能力の不一致一卵性の安静時脳画像とエピジェネティクスのデータを収集した。下側頭回のネットワークの差が一卵性双生児間のIQ差と関連のあることが示された。向社会性への遺伝的寄与が状況により変化することが示された。

    researchmap

  5. 議論教育のための対話型教材開発に向けた基礎的研究

    研究課題/研究課題番号:26282054  2014年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    井上 奈良彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ジェネリック・スキルやアカデミック・スキルとしての議論教育は、近年ますますその重要性を高めている。本研究は、これまでの研究の不備を埋めるべく、議論教育用eラーニング・コンテンツを作成するための基礎的研究を行った。具体的には、(1)議論教育関係の文献レビュー、(2)議論教育の効果測定テストを作成と検証、(3)議論モデルの開発検証、(4)議論教育支援サイトの作成と検証、(5)議論教育とディベートの教材作成、等を行った。

    researchmap

  6. 大学入試を考える

    研究課題/研究課題番号:26285153  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    繁桝 算男, 大津 起夫, 星野 崇宏, 岡田 謙介, 大江 朋子, 木村 拓也, 植野 真臣, 立脇 洋介, 野口 裕之, 倉元 直樹, 山形 伸二, 柴山 直, 石岡 恒憲

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    大学入試に関連して、テスト項目から有益な情報を取り出す技法を進展させた。これらの技法は、従来の項目反応理論に立脚しながら、個々の応用場面に適合するように階層的なモデルをつくり、MCMC法によって解を得る方法である。これらの方法は、項目や被検者の特性を知ることを目的とする応用目的や、テストの信頼性係数の推定や、項目プールから出題するテスト項目のクラスを最適化する応用目的に適用される。また文章題に対する解答を自動採点する技術を進展させる努力も行った。
    一方で、現実の大学入試選抜システムや入試選抜を担うアドミッションズオフィスに関する考察を深め、著作や雑誌論文で考えを公表した。

    researchmap

  7. 幼少期における社会・生活環境、学習方法が人的資本の蓄積に与える影響の分析

    研究課題/研究課題番号:26285067  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    廣松 毅, 乾 友彦, 藤澤 美恵子, グリフェン アンドリュウ, 中室 牧子, 山形 伸二

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    教育問題を考える時に重要な内生性の問題に対処するために、実験的な手法の結果と非実験的な手法の結果を比較した結果、非実験的な手法の選択や被説明変数の選択によって両者の結果が大きく異なることが判明した。双子データを使用した教育効果の分析の結果、日本の教育年数の効果は1年教育年数が増加すると9%収入が増加する結果が得られた。また日本の義務教育時間の拡大が親の教育投資に与える影響に関しては、小中学校の土曜日授業の再開を義務教育時間の拡大と捉え、親の子どもへの学習塾等への支出に与える効果を分析した結果から、授業時間の拡大は親の教育支出を減少させる、特に高所得の親の支出の減少に大きく表れることが判明した。

    researchmap

  8. 生涯発達におけるクオリティ・オブ・ライフと精神的健康

    研究課題/研究課題番号:24243064  2012年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    菅原 ますみ, 室橋 弘人, 川島 亜紀子, 松本 聡子, 尾崎 幸謙, 山形 伸二, 酒井 厚, 眞榮城 和美, 松浦 素子, 田中 麻未, 吉武 尚美

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    本研究では、児童期~成人期までの子どもを持つ大規模な家族サンプル(両親と追跡対象の子ども)を対象に、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)の加齢による変化を横断的に明らかにし、年1回3年間にわたる縦断的測定によって得たパネルデータの因果分析によって、QOLの低下が精神的健康の悪化の原因となることを示した。
    また、学童期のQOLに関する縦断的分析から、家庭の低所得が養育の質と教育投資の低下につながり、子どもの学力やQOL、学校適応や精神的健康に影響することを明らかにした。

    researchmap

▼全件表示