2022/10/26 更新

写真a

ナトリ ユウジン
名取 雄人
NATORI Yujin
所属
大学院医学系研究科 特任助教
職名
特任助教
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(薬学) ( 2017年10月   帝京大学 ) 

研究キーワード 8

  1. 脂肪細胞

  2. 分子生物学

  3. メタボローム解析

  4. メタボロミクス

  5. シアリダーゼ

  6. 法中毒学

  7. LC/MS/MS

  8. GC/MS/MS

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学

  2. ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学

  3. ライフサイエンス / 法医学  / 法中毒学

経歴 4

  1. 名古屋大学大学院   医学系研究科   助教

    2018年9月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院医学系研究科   助教

    2018年9月 - 現在

  3. 帝京大学   薬学部   助教

    2017年11月 - 2018年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 帝京大学   薬学部   助手

    2011年4月 - 2017年10月

委員歴 1

  1. 応用物理学会 教育分科会   リフレッシュ理科教室実行委員  

    2012年4月 - 2018年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文 9

  1. A simple and rapid method for quantifying aconitines and their metabolites in whole blood by modified QuEChERS and liquid chromatography/tandem mass spectrometry (LC/MS/MS) 査読有り

    Yujin Natori ⁎ , Shoki Kamioka, Takashi Yoshimoto, Akira Ishii

    Forensic Science International     2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.forsciint.2022.111475

  2. A simple method for the determination of glyphosate, glufosinate and their metabolites in biological specimen by liquid chromatography/tandem mass spectrometry: an application for forensic toxicology. 査読有り

    Ohara T, Yoshimoto T, Natori Y, Ishii A

    Nagoya journal of medical science   83 巻 ( 3 ) 頁: 567 - 587   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nagoya journal of medical science  

    Glyphosate (GLYP) and glufosinate (GLUF) are phosphorus-containing amino acid type herbicides that are used worldwide. With their rising consumptions, fatal intoxication cases due to these herbicides, whether accidental or intentional, cannot be ignored. Both compounds are difficult to detect, and their pretreatment for instrumental analysis are complicated and time-consuming. Our aim was to develop a simple and rapid quantification method for the two herbicides and their metabolites with liquid chromatography/tandem mass spectrometry (LC/MS/MS). We also compared 2-amino-4-phosphonobutyric acid and DL-2-amino-5-phosphonopentanoic acid as alternative internal standards (IS) to GLYP13C215N. Herbicide-containing specimens were highly diluted, evaporated to dryness, and derivatized with acetate/acetic anhydride and trimethyl orthoacetate for 30 min. at 120°C. Our optimized LC conditions successfully separated the target analytes, with acceptable linearities (R2>0.98) and matrix effects (65%-140%). Accuracy and precision ranged from 80.2 % to 111 %, and from 1.3 % to 13 % at the higher concentration, respectively.The concentration of the herbicides and their metabolites were investigated in a postmortem case of suspected herbicide poisoning cases, in which we detected GLYP and its metabolites. Using one of the three ISs, the GLYP concentrations ranged from 3.1 to 3.5 mg/mL, and 3.3 to 4.5 mg/mL in plasma and urine, respectively; GLYP metabolite concentrations in plasma and urine were 18 to 20 μg/mL and 44 to 54 μg/mL. We thus succeeded in developing a rapid method without extraction for measuring GLYP and GLUF along with their metabolites, and demonstrated its practical applicability.

    DOI: 10.18999/nagjms.83.3.567

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. NEU1 sialidase controls gene expression and secretion of IL-6 and MCP-1 through NF-κB pathway in 3T3-L1 adipocytes. 査読有り 国際誌

    Natori Y, Nasui M, Edo K, Sato S, Sakurai T, Kizaki T, Kihara-Negishi F

    Journal of biochemistry   162 巻 ( 2 ) 頁: 137 - 143   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvx006

    PubMed

  4. Neu1 sialidase interacts with perilipin 1 on lipid droplets and inhibits lipolysis in 3T3-L1 adipocytes. 査読有り 国際誌

    Natori Y, Nasui M, Kihara-Negishi F

    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   22 巻 ( 5 ) 頁: 485 - 492   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gtc.12490

    PubMed

  5. Acidic sialidase activity is aberrant in obese and diabetic mice. 査読有り

    Yujin Natori, Naoki Ohkura, Miwako Nasui, Gen-ichi Atsumi, Fumiko Kihara-Negishi

    Biological & pharmaceutical bulletin   36 巻 ( 6 ) 頁: 1027 - 31   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mammalian sialidases (NEU1, NEU2, NEU3 and NEU4) that remove sialic acids from glycoconjugates have been implicated in diverse cellular functions. Human sialidases are involved in the development of various disease states such as cancer, diabetes and arteriosclerosis. Unregulated acidic sialidase NEU1 activity is associated with the pathogenesis of lysosomal storage disorder (LSD) sialidosis, abnormal immune responses and cancer progression. Obesity is closely related to several chronic diseases such as diabetes, cardiovascular diseases, hyperlipidemia or hypertension that are associated with metabolic syndrome. We examined fluctuations in mRNA levels and sialidase activities of NEU1 in two strains of obese and diabetic mice to assess the involvement of NEU1 in obesity. The activity of NEU1 was preferentially higher in epididymal fat and lower in the livers of two strains of obese and diabetic mice. Fluctuations in NEU1 activity might be associated with the pathological status of these tissues in obesity.

    DOI: 10.1248/bpb.b12-00995

    PubMed

  6. Comparisons between Japanese and Han Chinese populations for 261 autosomal STR loci 査読有り

    T. Yamamoto, K. Doi, R. Fukami, T. Yoshimoto, Y. Natori, A. Ishii

    Forensic Science International: Genetics Supplement Series     2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.fsigss.2022.10.003

  7. Triiodothyronine Aggravates Global Cerebral Ishemia-Reperfusion Injury in Mice 査読有り

    Masaru Doshi, Shiro Watanabe, Yujin Natori, Makoto Hosoyamada, and Yutaka Hirashima-Akae

    Biological and Pharmaceutical Bulletin   44 巻 ( 12 ) 頁: 1823 - 1831   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1248/bpb.b21-00424

  8. 労働現場で発生したトルエン中毒による死亡の二事例

    石井 晃、名取 雄人

    産業医学ジャーナル   43 巻 ( 5 ) 頁: 32 - 35   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Development of "Quick-DB forensic": A total workflow from QuEChERS-dSPE method to GC-MS/MS quantification of forensically relevant drugs and pesticides in whole blood. 査読有り 国際誌

    Kusano M, Sakamoto Y, Natori Y, Miyagawa H, Tsuchihashi H, Ishii A, Zaitsu K

    Forensic science international   300 巻   頁: 125 - 135   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Forensic Science International  

    Trends in forensic toxicology show the advancement of rapid and sensitive analytical methods for qualitative and quantitative analysis of drugs of abuse. However, forensic toxicologists are continuously faced with the challenges of identifying and quantifying drug blood concentration while simultaneously struggling with manpower shortage. In view of developing a simple and productive toxicological analysis method encompassing total workflow from sample preparation to quantitative analysis, here we describe a simple, robust, and sensitive method for the simultaneous determination and quantification of 63 forensically relevant drugs and pesticides in human whole blood. The method is based on sample preparation by a modified QuEChERS extraction and dispersive solid-phase extraction (dSPE)clean-up followed by gas chromatography–tandem mass spectrometry (GC–MS/MS)analysis. Limits of detection of the target analytes in whole blood ranged in the few ng/mL-order levels. Intra- and inter-day validation result ranges were 0–24% for accuracy (% error)and 0.8–26% for precision (%RSD). Recovery rates ranged from 66% to 84% for barbiturates, 36% to 110% for benzodiazepines, 41% to 86% for tri/tetracyclic antidepressants, 15% to 81% for drugs of abuse, 28% to 44% for phenethylamines, and 25% to 118% for pesticides. The validated results were used to develop a user-friendly, systematic, and quantitative toxicological GC/MS/MS system and software “Quick-DB Forensic”.

    DOI: 10.1016/j.forsciint.2019.03.048

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

科研費 4

  1. 危険ドラッグとしてのCB1 受容体アゴニスト乱用による急性中毒死メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:21K17323  2021年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    名取 雄人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    危険ドラッグとして流通する薬物の多くはCB1受容体アゴニストであり、様々な構造のものが知られている。これらの乱用による死亡例も報告されているが、その直接の死因は明確ではない。一方で、大麻成分のTHCもCB1受容体アゴニストであり、心血管障害リスクを高める事が知られている。そこで本研究では、CB1受容体アゴニストが循環器に与える影響とそのメカニズムの解明を目的とする。そのために、様々なCB1受容体アゴニストが炎症や代謝、生理活性物質の分泌等に及ぼす作用について培養細胞や動物を用いて調べる。

  2. 分解後プロテオミクス:法医学からの新規プロテオミクス

    研究課題/研究課題番号:19K22756  2019年6月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    石井 晃, 名取 雄人, 名取 雄人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、質量分析法を用いたペプチド解析を行うことにより、最初はトリプシン消化フラグメントを用いて、従来の法医生化学検査では測定不能であった試料における目的タンパクを定量し、次いで、実検体で切断されているペプチドフラグメントを同定し、法医診断に資するタンパク(ペプチド)マーカーの探索を行うことを目的とする。対象となるタンパクとしては、熱中症で上昇するミオグロビン、心不全で上昇するNT-proBNPが挙げられる。
    最初の目標は尿中ミオグロビンであり、現在、標準品ヒトミオグロビンのトリプシン消化フラグメントの解析を行うことにより、実験条件の検討を行っている。トリプシン消化により、ヒトミオグロビンは19のフラグメントに分解し、それぞれについて、MS/MS上でのトランジションの最適化を行った。次いで、これらフラグメントをセミミクロカラム及びミクロカラムで分離し、分離性能及び感度を比較した。セミミクロカラムによる分離と比較すると、ミクロカラムによる分離を行うことにより、分離時間は30分から10分と短縮でき、面積値で1.5倍から9倍程度の感度の上昇が認められ、ミクロカラムがこれらフラグメントの検出に有用であることが示された。現在、標準尿に標準ミオグロビンを添加したものを室温で放置し、その後トリプシン消化を行い、ペプチドの絶対強度を比較した。すると、ペプチド間で強度に差が見られ、定量に適したペプチドが選択できる可能性が示唆された。また、同時にSDS-PAGEによるミオグロビンの分離を行い、分解速度検討のための基礎データを採取している。

  3. 危険ドラッグとして乱用されるCB1受容体アゴニストのミトコンドリア障害機序の解明

    研究課題/研究課題番号:19K19485  2019年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    名取 雄人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    近年、危険ドラッグの乱用が中毒死を含めた健康被害や異常行動などを引き起こし、社会的な問題となっている。このような危険ドラッグのなかでも、テトラヒドロカンナビノール(THC)と同様の作用を持つ合成カンナビノイド類は、THCや内在性リガンドと同様にカンナビノイド受容体CB1およびCB2と結合して、その活性を現す。CB1受容体は、中枢神経系において発現が高く、細胞膜とミトコンドリア外膜に存在するとされている。特に海馬では、シナプス前終末のCB1受容体の活性化がグルタミン酸の放出抑制を介して逆行性シナプス伝達抑制に関与する。
    神経細胞モデルとして汎用されるマウスNeuroblastoma由来であるNeuro2Aはレチノイン酸刺激により神経細胞分化によってNeuriteを形成するが、合成カンナビノイドであるHU-210 によっても同様にNeuriteを形成する。合成カンナビノイドは一般にカンナビノイド受容体を刺激することでその作用を示すが、危険ドラッグとして規制から逃れるためにその構造に多くの修飾が加えられているため、その作用機序にはこれまでに知られていないメカニズムが存在する可能性がある。そこで本年度はNeuro2A細胞を用いて、カンナビノイド受容体アゴニストであるAM-2201 やHU-210がNeuro2A の分化に及ぼす機序の違いを調べるための予備検討を行った。Neuro2Aは先に述べたようにレチノイン酸によってもNeurite形成を示すが、培養液中の血清濃度の違いによって、レチノイン酸がNeurite形成に及ぼす影響が異なることが知られている。そこで、予備検討として、Neuro2Aの培養液中血清を変動させたところ、CB1 受容体の発現が変動した。このことから、培養液中の血清濃度によってカンナビノイド受容体アゴニストの作用に変動が生じることが考えられた。

  4. 重水素標識標準品を用いた体液中自然毒の精密分析及び診断用マルチマーカーの探索

    研究課題/研究課題番号:18H03064  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    石井 晃, 高橋 秀依, 林 由美, 財津 桂, 妹尾 洋, 小川 匡之, 草野 麻衣子, 名取 雄人, 高橋 秀依, 林 由美, 財津 桂, 妹尾 洋, 小川 匡之, 草野 麻衣子, 名取 雄人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目標は、1) 自然毒の標準物質として、重水素交換反応を用いた同位体標識内部標準を用いたヒト体液中からの自然毒の精密・超高感度分析法を開発し、2) 最新質量分析法による自然毒中毒における代謝物探索により、未変化体が検出困難な場合に有用な特異的代謝物を発見し、3) 代謝物も得られない場合は、マルチオミクス手法を駆使し自然毒中毒における特異的なマーカーを検索する。4) 最終的には、これら代謝物及び代謝マーカーをマルチマーカーとして、自然毒中毒の迅速・特異的診断法の開発を目指すことである。
    本年度は、引き続いて安定同位体標識自然毒の標準品の作成を行っている。予備的な実験では、安定同位体の生体試料中での挙動が不安定であるため、現在条件検討を引き続き行っている。
    一方、多彩な自然毒を簡便に生成することを目指して、自動前処理装置ATLAS-LEXT及びhigh-end LC-MS/MSを用いた植物由来自然毒のスクリーニング法の開発も試みた。スイセン類、バイケイソウ類、トリカブト類、ジャガイモ、イヌサフラン等に含有する毒成分21化合物を標準血清に添加し、試料 0.5 mlを用いてATLAS-LEXTによる自動前処理を行った。この前処理を行うことにより、一検体当たり、30分未満で処理が完了し、5成分以外は添加濃度1 ng/mlで検出可能であった。抽出溶媒として、0.1 %ギ酸含有メタノール、0.1 %ギ酸含有アセトニトリル、0.1 %ギ酸含有2-プロパノールで比較したところ、0.1 %ギ酸含有メタノールにおいて、抽出効率が最も優れており、再現性も良好であった。現在、自然毒投与マウスの血清中自然毒を測定中である。

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. ベーシックトレーニング(薬毒物分析)

    2020

  2. 社会医学実習

    2020

  3. 社会医学実習

    2019

  4. 医学入門

    2019