2023/05/23 更新

写真a

ナカノ リョウ
中野 遼
NAKANO Ryo
所属
大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 有機化学 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 化学生命工学科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2016年3月   東京大学 ) 

研究分野 2

  1. ナノテク・材料 / 無機・錯体化学

  2. ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 二酸化炭素とアルケンのカップリング反応の開発

経歴 4

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻   助教

    2020年5月 - 現在

  2. 名古屋大学   工学研究科 有機・高分子化学専攻   特任助教

    2018年7月 - 2020年4月

  3. カリフォルニア大学サンディエゴ校

    2016年4月 - 2018年6月

  4. 日本学術振興会   特別研究員(DC2)

    2014年4月 - 2016年3月

学歴 2

  1. 東京大学   大学院工学系研究科   化学生命工学専攻

    - 2016年3月

  2. 東京大学   工学部   化学生命工学科

    - 2011年3月

所属学協会 3

  1. 基礎有機化学会

    2020年11月 - 現在

  2. 有機合成化学協会

    2019年4月 - 現在

  3. 日本化学会

    2014年1月 - 現在

受賞 6

  1. 2017 Reaxys PhD Prize Finalist

    2017年  

    中野 遼

  2. Inoue Research Award for Young Scientists

    2017年  

    中野 遼

  3. Dr. Yinan Wang Award for Excellence in Research

    2017年   UCSD 3rd Annual Chemistry & Biochemistry Postdoctoral Research Symposium  

    中野 遼

  4. Dean’s Award for Dissertation Thesis

    2016年   Graduate School of Engineering, The University of Tokyo  

    中野 遼

  5. CSJ Student Presentation Award 2015

    2015年   The Chemical Society of Japan  

    中野 遼

  6. Otsu Conference Fellow

    2014年   Otsu Conference  

    中野 遼

▼全件表示

 

論文 15

  1. Low-Temperature Dehydrogenation of Cyclooctane by Using Pincer Iridium Complexes Bearing an N,N′-Diarylated PNCNP Ligand 査読有り

    Naoto Uno, Ryo Nakano, Makoto Yamashita

    ACS Catalysis     2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acscatal.3c01739

  2. Base-Stabilized Neutral Oxoborane and Thioxoborane Supported by a Bis(oxazolinyl)(phenyl)methanide Ligand 査読有り

    Nakano Ryo, Yamanashi Ryotaro, Yamashita Makoto

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   29 巻 ( 9 ) 頁: e202203280   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemistry - A European Journal  

    Base-stabilized neutral oxoborane and thioxoborane supported by a bis(oxazolinyl)(phenyl)methanide ligand have been synthesized and structurally characterized. While previous synthetic attempts of oxoborane ligated by β-diketiminate (NacNac) did not allow for its isolation in acid-free form, oxoborane supported by a bis(oxazolinyl)(phenyl)methanide ligand is isolable, due to the absence of imine ɑ-protons and steric protection of enamine carbon. Crystallographic analysis revealed the presence of a B−O double bond close to the shortest end of the reported lengths. Its reactivity has also been examined, and it was majorly governed by the nucleophilicity and basicity of the oxygen atom. The chemical inertness and synthetic convenience of the bis(oxazolinyl)(phenyl)methanide scaffold presented in this work suggest its utility as an innocent alternative to the NacNac scaffold.

    DOI: 10.1002/chem.202203280

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Lipophilic N-Hydroxyimide Derivatives: Design, Synthesis, and Application to Aerobic Alkane Oxidation Under Neat Conditions 査読有り

    Kaneiwa Takaya, Yamada Kaito, Nakano Ryo, Yamashita Makoto

    CHEMPLUSCHEM   88 巻 ( 4 ) 頁: e202200380   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ChemPlusChem  

    This work reports the design and synthesis of a series of 5-membered and 6-membered N-hydroxyimides flanked by lipophilic alkyl groups adjacent to carbonyl groups, aiming to endow lipophilicity and tolerance toward ring opening degradation. Their solubility in cyclohexane was 5–20 times higher than those of unsubstituted N-hydroxyphthalimide (NHPI) and even 3–10 times higher than a formerly known lipophilic NHPI analog bearing a long alkyl ester. UV-Vis spectroscopy determined the rate constants of first-order decay of N-oxyls, which revealed enhanced stability of 3,5-di-tert-butyl-NHPI and N-hydroxyglutarimide flanked by spiro-cyclohexanes compared with that of NHPI. Their bond dissociation energies were assessed by EPR spectroscopy and DFT calculation, suggesting these lipophilic N-hydroxyimides catalyzed aerobic cyclohexane oxidation under neat conditions with up to 60 turnovers, which is the highest among hitherto reported reactions under neat conditions.

    DOI: 10.1002/cplu.202200380

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Rhodium-Catalyzed Acrylate Synthesis from Carbon Dioxide and Ethylene by using a Guanidine-Based Pincer Ligand: Perturbing Occupied d-Orbitals by p pi-d pi Repulsion Makes a Difference 査読有り

    Takegasa Shinnosuke, Lee Ming Min, Tokuhiro Kei, Nakano Ryo, Yamashita Makoto

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   28 巻 ( 58 ) 頁: e202201870   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemistry - A European Journal  

    Rhodium-catalyzed acrylate synthesis from CO2 and ethylene was accomplished by using a guanidine-based NCN pincer ligand. The repulsion between pπ-electron of guanidine sidearms and occupied dπ orbital of rhodium center raised the level of d-electrons close to those of formerly known d8-ruthenium catalyst, thereby promoting the metallalactone formation from carbon dioxide and ethylene. This work fills the absence of group-9 metal based catalyst for the acrylate synthesis and provides a designing approach for pincer-ligated d8-metal catalysts to utilize pπ-dπ interaction for promoting desirable redox processes.

    DOI: 10.1002/chem.202201870

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Ameta-Selective C-H Alumination of Mono-Substituted Benzene by Using An Alkyl-Substituted Al Anion through Hydride-Eliminating SNAr Reaction 査読有り

    Kurumada Satoshi, Sugita Kengo, Nakano Ryo, Yamashita Makoto

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   59 巻 ( 46 ) 頁: 20381 - 20384   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Angewandte Chemie - International Edition  

    Reaction of an Al-centered anion with toluene proceeded to form C−H cleaved product with a perfect meta-selectivity and a relatively small kinetic isotope effect (KIE, kH/kD=1.51). DFT calculations suggested a two-step reaction mechanism and electronically controlled meta-selectivity arising from the electron-donating methyl group. The reaction with other mono-substituted arenes was also investigated.

    DOI: 10.1002/anie.202009138

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Cycloaddition of Dialkylalumanyl Anion toward Unsaturated Hydrocarbons in (1+2) and (1+4) Modes 査読有り

    Sugita Kengo, Nakano Ryo, Yamashita Makoto

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   26 巻 ( 10 ) 頁: 2174 - 2177   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemistry - A European Journal  

    The reactivity of dialkylalumanyl anion (1) towards naphthalene, anthracene, diphenylacetylene, and (E)/(Z)-stilbenes was investigated. The compound 1 reacts with naphthalene and anthracene through (1+4) cyclization, giving Al-containing norbornadiene derivatives. In the reaction of 1 with diphenylacetylene and (E)/(Z)-stilbenes, (1+2) cyclization proceeded to form Al-C-C three-membered rings. Cyclization toward (E)- or (Z)-stilbenes solely gave a trans-cycloadduct. DFT calculations revealed that the cycloaddition of 1 with (Z)-stilbene proceeds via a single transition state with a carbanion character, which results in the selectivity towards the trans-cycloadduct.

    DOI: 10.1002/chem.201905830

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Tandem copper hydride–Lewis pair catalysed reduction of carbon dioxide into formate with dihydrogen 査読有り

    Erik A. Romero, Tianxiang Zhao, Ryo Nakano, Xingbang Hu, Youting Wu, Rodolphe Jazzar, Guy Bertrand

    Nature Catalysis   1 巻 ( 10 ) 頁: 743 - 747   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature America, Inc  

    The reduction of CO2 into formic acid or its conjugate base, using dihydrogen, is an attractive process. While catalysts based on noble metals have shown high turnover numbers, the use of abundant first-row metals is underdeveloped. The key steps of the reaction are CO2 insertion into a metal hydride and regeneration of the metal hydride with H2, along with the concomitant production of formate. For the first step, copper is known as one of the most efficient metals, as shown by the numerous copper-catalysed carboxylation reactions, but this metal has difficulties activating H2 to achieve the second step. Here, we report a catalytic system involving a stable copper hydride that activates CO2, working in tandem with a Lewis pair that heterolytically splits H2. In this system, unprecedented turnover numbers for copper are obtained. Surprisingly, through a combination of stoichiometric and catalytic reactions, we show that classical Lewis pairs outperform frustrated Lewis pairs in this process.

    DOI: 10.1038/s41929-018-0140-3

    Web of Science

    Scopus

  8. A crystalline monosubstituted carbene 査読有り

    Ryo Nakano, Rodolphe Jazzar, Guy Bertrand

    Nature Chemistry   10 巻 ( 12 ) 頁: 1196 - 1200   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Chemistry  

    By flanking a carbene carbon with two substituents, it is possible to synthesize persistent triplet carbenes and isolable singlet carbenes. Isolable singlet carbenes are among the most powerful tools in chemistry, and they have even found medicinal and materials science applications. Between the rich chemistry of disubstituted carbenes and the transient parent carbene are the monosubstituted carbenes that, so far, have only been observed in matrices at very low temperatures of just a few K. Herein, we describe the synthesis of a crystalline monosubstituted carbene. The key for isolating such a species was to design the correct substituent, namely a benzo[c]pyrrolidino heterocycle, which can single-handedly tame the intrinsic tendency of carbenes towards dimerization. The π-donor ability of the nitrogen atom, coupled with the steric bulk of chemically inert substituents at the two adjacent quaternary carbons, make these scaffolds very attractive for the isolation of a variety of other hitherto elusive electron-deficient species.

    DOI: 10.1038/s41557-018-0153-1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Synthesis and Reactivity of Methylpalladium Complexes Bearing a Partially Saturated IzQO Ligand 査読有り

    Akita Shumpei, Nakano Ryo, Ito Shingo, Nozaki Kyoko

    ORGANOMETALLICS   37 巻 ( 14 ) 頁: 2286 - 2296   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.8b00263

    Web of Science

    Scopus

  10. Palladium/IzQO-Catalyzed Coordination–Insertion Copolymerization of Ethylene and 1,1-Disubstituted Ethylenes Bearing a Polar Functional Group 査読有り

    Hina Yasuda, Ryo Nakano, Shingo Ito, Kyoko Nozaki

    Journal of the American Chemical Society   140 巻 ( 5 ) 頁: 1876 - 1883   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society ({ACS})  

    DOI: 10.1021/jacs.7b12593

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Copolymerisation of ethylene with polar monomers by using palladium catalysts bearing an N-heterocyclic carbene–phosphine oxide bidentate ligand 査読有り

    Wen-jie Tao, Shumpei Akita, Ryo Nakano, Shingo Ito, Yoichi Hoshimoto, Sensuke Ogoshi, Kyoko Nozaki

    Chemical Communications   53 巻 ( 17 ) 頁: 2630 - 2633   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry ({RSC})  

    DOI: 10.1039/c7cc00002b

    Web of Science

    PubMed

  12. Elucidating the Key Role of Phosphine−Sulfonate Ligands in Palladium-Catalyzed Ethylene Polymerization: Effect of Ligand Structure on the Molecular Weight and Linearity of Polyethylene 査読有り

    Ryo Nakano, Lung Wa Chung, Yumiko Watanabe, Yoshishige Okuno, Yoshikuni Okumura, Shingo Ito, Keiji Morokuma, Kyoko Nozaki

    ACS Catal.   6 巻 ( 9 ) 頁: 6101 - 6113   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society ({ACS})  

    DOI: 10.1021/acscatal.6b00911

    Web of Science

  13. Copolymerization of Ethylene and Polar Monomers by Using Ni/IzQO Catalysts 査読有り

    Wenjie Tao, Ryo Nakano, Shingo Ito, Kyoko Nozaki

    Angewandte Chemie International Edition   55 巻 ( 8 ) 頁: 2835 - 2839   2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201510077

  14. Copolymerization of Propylene and Polar Monomers Using Pd/IzQO Catalysts 査読有り

    Nakano Ryo, Nozaki Kyoko

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   137 巻 ( 34 ) 頁: 10934 - 10937   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Chemical Society  

    Palladium catalysts bearing imidazo[1,5-a]quinolin-9-olate-1-ylidene (IzQO) ligands polymerize α-olefins while incorporating polar monomers. The steric environment provided by N-heterocyclic-carbene (NHC) enables regioselective insertion of α-olefins and polar monomers, yielding polypropylene, propylene/allyl carboxylate copolymers, and propylene/methyl acrylate copolymer. Known polymerization catalysts bearing NHC-based ligands decompose rapidly, whereas the present catalyst is durable because of structural confinement, wherein the NHC-plane is coplanar to the metal square plane. The present catalyst system enables facile access to a new class of functionalized polyolefins and helps conceive a new fundamental principle for designing NHC-based ligands.

    DOI: 10.1021/jacs.5b06948

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. Copolymerization of carbon dioxide and butadiene via a lactone intermediate 査読有り

    Nakano Ryo, Ito Shingo, Nozaki Kyoko

    NATURE CHEMISTRY   6 巻 ( 4 ) 頁: 325 - 331   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/NCHEM.1882

    Web of Science

    PubMed

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-3705-0381

▼全件表示

MISC 1

  1. Carbon Dioxide-Based Polymers 査読有り

    Ryo Nakano, Kyoko Nozaki  

    Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials   頁: 299   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Springer Science $\mathplus$ Business Media  

    DOI: 10.1007/978-3-642-29648-2_330

講演・口頭発表等 29

  1. Attempt on Mechanochemical Synthesis of Boryl Anions

    熊田春輝・中野遼・山下誠

    学際統合物質科学研究機構(IRCCS) 成果報告会・産学ワークショップ  2023年2月27日  学際統合物質科学研究機構(IRCCS)

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学宇治キャンパスきはだホール  

  2. Low-Temperature Dehydrogenation of Cyclooctane by using Pincer Iridium Complexes Bearing an N,N'-diarylated PNCNP Ligand

    宇野直人・中野遼・山下誠

    学際統合物質科学研究機構(IRCCS) 成果報告会・産学ワークショップ  2023年2月27日  学際統合物質科学研究機構(IRCCS)

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学宇治キャンパスきはだホール  

  3. グアニジン配位部位を有するピンサーRh錯体を用いた二酸化炭素とエチレンからのアクリル酸合成とその反応機構解析

    中野遼・武笠真之介・Lee MingMin・徳弘圭・山下誠

    第53回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2022年11月6日  中部化学関係学協会支部連合協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  4. N-アリールリンカーを有するPCPピンサーIr錯体の合成と触媒応用

    宇野直人・中野遼・山下誠

    錯体化学会第72回討論会  2022年9月26日  錯体化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学伊都キャンパス・福岡国際会議場  

  5. アダマンタン中心を有するイリジウムピンサー錯体の合成とアルカンの脱水素移動触媒としての応用

    依田崇義・中野遼・山下誠

    日本化学会 第102春季年会(2022)  2022年3月23日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  6. A Monomeric Gallylene Supported by A Bis(oxazolinyl)methanide Ligand

    Tao Ding, Ryo Nakano, Makoto Yamashita

    2022年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. Base-stabilized neutral neutral B=X (X = O, NH) species supported by a bis(oxazolinyl)methanide ligand

    Ryotaro Yamanashi, Ryo Nakano, Makoto Yamashita

    2022年1月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  8. ビスオキサゾリニルメタニド配位子を用いた中性オキソボランの合成

    山梨遼太朗・中野遼・山下誠

    第48回 有機典型元素化学討論会  2021年12月2日  日本化学会・日本薬学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  9. ピンサーRu 触媒によるメタンを炭素源としたアルケンの一炭素増炭反応

    徳弘圭・中野遼・山下誠

    第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2021年10月31日  中部化学関係学協会支部連合協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  10. グアニジン配位部位を有するピンサーRh 錯体を用いた二酸化炭素とエチレ ンからのアクリル酸合成

    武笠真之介・Lee Ming Min・中野遼・山下誠

    第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2021年10月30日  中部化学関係学協会支部連合協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  11. ビスオキサゾリニルメタニド配位子を用いた中性オキソボランの合成

    山梨遼太朗・中野遼・山下誠

    第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2021年10月31日  中部化学関係学協会支部連合協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  12. Acrylate Formation from CO2 and Ethylene by using Rhodium Complexes bearing a Guanidine-based Pincer Ligand

    Shinnosuke Takegasa, Ryo Nakano, Makoto Yamashita

    2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  13. ピンサーRu触媒によるメタンとエチレンの脱水素型クロスカップリング

    中野遼・徳弘圭・山下誠

    第67回有機金属化学討論会  2021年9月10日  近畿化学協会有機金属部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  14. グアニジン配位部位を有するピンサーRh/Ru錯体の合成とその反応性

    武笠 真之介・中野 遼・山下 誠

    日本化学会 第101春季年会(2021)  2021年3月21日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  15. ピンサーRu触媒によるメタンを炭素源としたアルケンの⼀炭素増炭反応

    徳弘 圭・中野 遼・山下 誠

    日本化学会 第101春季年会(2021)  2021年3月20日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  16. 塩基安定化中性オキソボラン

    山梨 遼太朗・中野 遼・山下 誠

    日本化学会 第101春季年会(2021)  2021年3月19日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  17. 炭素置換Alアニオンの反応性

    車田怜史・杉田健吾・中野遼・山下誠

    日本化学会 第101春季年会(2021)  2021年3月19日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  18. A meta-selective C-H Alumination of Mono-substituted Benzene by Using An Alkyl-substituted Al Anion 国際会議

    Satoshi Kurumada, Kengo Sugita, Ryo, Nakano, Makoto Yamashita

    2021#RSCPoster Twitter Conference  2021年3月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  19. 炭素置換Alアニオンの反応性

    車田怜史・杉田健吾・中野遼・山下誠

    第47回有機典型元素化学討論会  2020年12月3日  有機典型元素化学討論会実行委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  20. ジホスホリルカルベン-遷移金属錯体の合成検討

    谷口わか乃・中野遼・山下誠

    第47回有機典型元素化学討論会  2020年12月3日  有機典型元素化学討論会実行委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  21. Monomeric Alumylene Supported by Bis(oxazolinyl)methanide [BoxmAl]

    Ding Tao, Ryo Nakano, Makoto Yamashita

    2020年10月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  22. 環状ルイス塩基一配位ボリレン及びその合成等価体の合成検討

    山梨 遼太朗・佐藤 克海・中野 遼・山下 誠

    第10回CSJ化学フェスタ2020  2020年10月22日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  23. ビス(オキサゾリニル)メタニド配位子を有する後周期金属錯体の合成および反応

    山梨 遼太朗・中野遼・山下誠

    日本化学会 第100春季年会(2020)  2020年3月23日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス  

  24. Synthesis and Property of Alkyl-Substituted Al Anion

    atoshi Kurumada, Kengo Sugita, Ryo Nakano, Makoto Yamashita

    2020年3月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  25. Reactivity of Alkyl-substituted Al Anion toward Unsaturated Hydrocarbons and Early Metal Complexes

    Kengo Sugita, Ryo Nakano, Makoto Yamashita

    2020年3月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  26. Synthesis and Application of Cyclic Guanidine-based NCN Pincer Complex

    Ming Min Lee・Ryo Nakano・Makoto Yamashita

    日本化学会 第100春季年会(2020)  2020年3月23日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス  

  27. Ligation Behavior of a Pyridine-Tethered Cyclic Guanidine to Late Transition Metals 国際会議

    Ming min Lee, Ryo Nakano, Makoto Yamashita

    2019年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  28. 中性B-O二重結合種の合成と性質

    中野遼・山下誠

    第30回基礎有機化学討論会  2019年9月26日  基礎有機化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪国際交流センター  

  29. バナジル錯体による超臨界メタンの酸素酸化

    山田海人・中野遼・山下誠

    日本化学会 第99春季年会(2019)  2019年3月19日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学 岡本キャンパス  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 非10族金属触媒を用いた汎用オレフィンと二酸化炭素のカップリング反応の開発

    研究課題番号:NJ202213  2023年4月 - 2024年3月

    野口遵研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2200000円 ( 直接経費:2200000円 )

  2. 水素移動型カップリングによるメタンのC2、C3炭化水素への変換

    2021年4月 - 2024年3月

    ENEOS東燃ゼネラル研究奨励・奨学会 研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

  3. 環状ボリレンの開発と応用

    研究課題番号:1436  2021年3月 - 2023年3月

    日立財団  倉田奨励金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

  4. 安定環状ボリレンの開発と応用

    研究課題番号:19-JA-009  2019年9月 - 2020年8月

    戸部眞紀財団 研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

科研費 3

  1. 金属配位子協働作用によるアルカンC-C結合の切断と触媒的変換

    研究課題/研究課題番号:22K14678  2022年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  若手研究

    中野 遼

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    アルカンのC-C単結合は極めて安定な結合であるが、その選択的な切断反応が実現されれば、有機分子逆合成経路の新規開拓や枯渇しゆく炭素資源の効率的変換に繋がることが期待される。本研究はそのアルカンC-C単結合の選択的切断を金属配位子協働触媒作用によって実現することを目指す。実際に本手法を開拓する際には、有機金属化学・典型元素化学・計算化学の最先端の知見を活用することでその目的を達成する計画である。

  2. C-H結合の1,2-付加を鍵とするアルカン変換

    研究課題/研究課題番号:19K15561  2019年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  若手研究

    中野 遼

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    持続的な炭素資源の運用法の確立は21世紀の化学者に課せられた最も重要な課題の一つである. 石油や天然ガスに豊富に含まれる低級アルカンは従来燃料として用いられて来たが, 官能基化・高級化によって化学原料へと変換する手法の開発が求められる. 本研究では「アルカンC-Hの金属-ヘテロ原子多重結合への1,2-付加」というこれまで用いられて来なかった素反応に着目し, 安価で豊富に存在する卑金属を触媒としてこれらの反応を行う手法の開発を目指す.
    本研究では前周期金属で知られるアルカンC-Hの金属-ヘテロ原子多重結合への1,2-付加という素反応に着目し、この素反応の中・後周期遷移金属への適用可能性を検証した。まず、グアニジン部位を有する二座・三座配位子を開発し、Fe・Ru・Co・Rh・Pd等の金属錯体を合成した。この内、Rh錯体について詳細な検討を行い、強塩基によりグアニジンを脱プロトン化することで 金属配位子協働的なC-H活性化が可能であることが重水素ラベリング実験等により明らかになった。また, グアニジン部位のπ電子供与性を利用することでRhでは初となる二酸化炭素とエチレンからの触媒的アクリル酸合成を見出した。
    C-H結合の直接的変換反応は、従来多段階で行われていた化学変換を1段階で行う効率的な手法であり、広く研究されている。本研究ではその基礎反応であるC-H切断段階に着目した。前周期遷移金属で知られるアルカンC-Hの金属-ヘテロ原子多重結合を1,2-付加を中後周期遷移金属で実現することで、安価で豊富に存在する卑近金属を用いたC-H結合変換反応に繋がる可能性が期待される。また、本研究で扱った強いπ電子ドナーと後周期遷移金属の組み合わせは比較的未開拓な領域であり、この配位子と金属の電子反発を利用した新たな錯体化学を開拓したことも本研究の学術的意義である。

  3. 二酸化炭素と汎用オレフィンの直接共重合

    研究課題/研究課題番号: 14J11101  2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費助成事業  特別研究員奨励費

    中野 遼

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2200000円 ( 直接経費:2200000円 )

産業財産権 3

  1. 極性基含有オレフィン共重合体、及びその製造方法

    野崎 京子, 伊藤 慎庫, 中野 遼, 安田 妃那, 小林 稔, 田谷野 孝夫

     詳細を見る

    出願番号:2018-012758  出願日:2018年1月

    公開番号:2018-141138  公開日:2018年9月

    特許番号/登録番号:7004972 

  2. 新規なカルベン前駆体化合物及びそれらによるオレフィン系重合用触媒並びにオレフィン系共重合体の製造方法

    野崎 京子, 伊藤 慎庫, 中野 遼, タオ ウェンジェ, 田谷野 孝夫, 小西 洋平

     詳細を見る

    出願番号:2016-006685  出願日:2016年1月

    公開番号:2016-135777  公開日:2016年7月

    特許番号/登録番号:6581912  登録日:2019年9月 

  3. 重合体及び重合体の製造方法

    細川 隆史, 芳谷 俊英, 伊藤 慎庫, 野崎 京子, 中野 遼

     詳細を見る

    出願番号:2013-262358  出願日:2013年12月

    公開番号:2014-240476  公開日:2014年12月

    特許番号/登録番号:6017407  発行日:2016年11月

    出願国:特許協力条約より出願  

 

担当経験のある科目 (本学) 42

  1. 化学生命工学実験2

    2022

  2. 有機化学実験第1

    2022

  3. 有機化学セミナー 2E

    2022

  4. 有機化学セミナー 2C

    2022

  5. 有機化学セミナー 2A

    2022

  6. 有機化学特別実験及び演習Ⅱ

    2022

  7. 有機化学特別実験及び演習Ⅰ

    2022

  8. 有機化学セミナー 1C

    2022

  9. 有機化学セミナー 1A

    2022

  10. 化学生命工学実験3

    2022

  11. 有機化学1及び演習

    2022

  12. [ 旧カリ]生物機能工学実験

    2022

  13. [ 旧カリ]有機化学序論

    2022

  14. 有機化学セミナー 2D

    2022

  15. 有機化学セミナー 2B

    2022

  16. 有機化学セミナー 1D

    2022

  17. 有機化学セミナー 1B

    2022

  18. 化学生命工学実験2

    2021

  19. 有機化学実験第1

    2021

  20. 有機化学セミナー 2E

    2021

  21. 有機化学セミナー 2C

    2021

  22. 有機化学セミナー 2A

    2021

  23. 有機化学特別実験及び演習Ⅱ

    2021

  24. 有機化学特別実験及び演習Ⅰ

    2021

  25. 有機化学セミナー 1C

    2021

  26. 有機化学セミナー 1A

    2021

  27. 化学生命工学実験2

    2021

  28. 有機化学実験第2

    2021

  29. 有機化学序論

    2021

  30. 生物機能工学実験

    2021

  31. 有機化学セミナー 2D

    2021

  32. 有機化学セミナー 2B

    2021

  33. 有機化学セミナー 1D

    2021

  34. 有機化学セミナー 1B

    2021

  35. 化学生命工学実験3

    2021

  36. 化学生命工学実験3

    2021

  37. 有機化学1及び演習

    2021

  38. 有機化学4及び演習

    2020

  39. 有機化学Ⅲ

    2020

  40. 有機化学セミナー 1D

    2020

  41. 有機化学4及び演習

    2019

  42. 有機化学4及び演習

    2018

▼全件表示

 

学術貢献活動 3

  1. 基礎有機化学会 若手オンラインシンポジウム (第1回)

    役割:企画立案・運営等

    基礎有機化学会  ( オンライン ) 2021年11月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  2. 基礎有機化学会 若手オンラインシンポジウム (第0回)

    役割:企画立案・運営等

    基礎有機化学会  ( オンライン ) 2020年11月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  3. 錯体化学会 第69回討論会

    役割:企画立案・運営等

    錯体化学会  2019年9月