2021/04/07 更新

写真a

イトウ アヤカ
伊藤 綾香
ITO Ayaka
所属
環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 助教
大学院医学系研究科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2008年3月   東京医科歯科大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 免疫代謝

  2. 核内受容体

  3. 脂質代謝

  4. 自己免疫疾患

  5. 免疫

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 病態医化学

  2. ライフサイエンス / 栄養学、健康科学  / 栄養学および健康科学

  3. ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

経歴 3

  1. 名古屋大学   環境医学研究所   助教

    2018年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   環境医学研究所   特任助教

    2017年6月 - 2018年3月

  3. 名古屋大学   環境医学研究所   研究員

    2016年9月 - 2017年5月

学歴 3

  1. 東京医科歯科大学   医歯学総合研究科

    2004年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   農学研究科   食品生物科学科

    2002年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 奈良女子大学   生活環境学部

    1998年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本肥満学会

  2. 日本栄養・食糧学会

  3. 日本内分泌学会

  4. 日本免疫学会

委員歴 1

  1. 日本内分泌学会   評議員  

    2020年4月 - 2024年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 3

  1. 学術奨励賞

    2018年   日本臨床分子医学会  

    伊藤綾香

  2. 若手研究奨励賞

    2014年   日本内分泌学会  

  3. 若手研究奨励賞

    2007年   日本肥満学会  

 

論文 15

  1. Iron-rich Kupffer cells exhibit phenotypic changes during the development of liver fibrosis in NASH.

    Kanamori Y, Tanaka M, Itoh M, Ochi K, Ito A, Hidaka I, Sakaida I, Ogawa Y, Suganami T

    iScience   24 巻 ( 2 ) 頁: 102032   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:iScience  

    DOI: 10.1016/j.isci.2020.102032

    Scopus

    PubMed

  2. C-type lectin Mincle mediates cell death-triggered inflammation in acute kidney injury

    Tanaka Miyako, Saka-Tanaka Marie, Ochi Kozue, Fujieda Kumiko, Sugiura Yuki, Miyamoto Tomofumi, Kohda Hiro, Ito Ayaka, Miyazawa Taiki, Matsumoto Akira, Aoe Seiichiro, Miyamoto Yoshihiro, Tsuboi Naotake, Maruyama Shoichi, Suematsu Makoto, Yamasaki Sho, Ogawa Yoshihiro, Suganami Takayoshi

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE   217 巻 ( 11 )   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Experimental Medicine  

    DOI: 10.1084/jem.20192230

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Dipeptidyl peptidase-4 inhibition prevents nonalcoholic steatohepatitis-associated liver fibrosis and tumor development in mice independently of its anti-diabetic effects

    Kawakubo Mitsuhiro, Tanaka Miyako, Ochi Kozue, Watanabe Akiko, Saka-Tanaka Marie, Kanamori Yohei, Yoshioka Naoki, Yamashita Satoko, Goto Moritaka, Itoh Michiko, Shirakawa Ibuki, Kanai Sayaka, Suzuki Hiromi, Sawada Makoto, Ito Ayaka, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro, Arima Hiroshi, Ogawa Yoshihiro, Suganami Takayoshi

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 983   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-020-57935-6

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Transcriptional regulation of macrophage cholesterol efflux and atherogenesis by a long noncoding RNA.

    Sallam T, Jones M, Thomas BJ, Wu X, Gilliland T, Qian K, Eskin A, Casero D, Zhang Z, Sandhu J, Salisbury D, Rajbhandari P, Civelek M, Hong C, Ito A, Liu X, Daniel B, Lusis AJ, Whitelegge J, Nagy L, Castrillo A, Smale S, Tontonoz P

    Nature medicine   24 巻 ( 3 ) 頁: 304-312   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nm.4479

    PubMed

  5. Cholesterol accumulation in antigen presenting cells is a causal and targetable factor in autoimmune disease 査読有り

    Ito A, Hong C, Oka K, Salazar JV, Diehl C, Witztum JL, Castrillo A, Bensinger SV, Chan L, Tontonoz P.

    Immunity   45 巻 ( 6 ) 頁: 1311 - 1326   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. LXRs link metabolism to inflammation through Abca1-dependent regulation of membrane composition and TLR signaling 査読有り

    Hong C, Rong X, Zhu X, Tarling EJ, Hedde PN, Gratton E, Parks J, Tontonoz P

    eLife   4 巻   頁: e08009   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. The macrophage lipopolysaccharide binging protein gene is an LXR target that promotes macrophage survival and atherosclerosis 査読有り

    Sallam T, Ito A, Rong X, Kim J, van Stijn C, Chamberlain BT, Jung ME, Chao LC, Jones M, Gilliland T, Wu X, Su GL, Tangirala RK, Tontonoz P, Hong C

    Journal of Lipid Research   55 巻   頁: 1120 - 1130   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. LXRs regulate ER stress and inflammation through dynamic modulation of membrane phospholipid composition. 査読有り

    Rong X, Albert CJ, Hong C, Duerr MA, Chamberlain BT, Tarling EJ, Ito A, Gao J, Wang B, Edwards PA, Jung ME, Ford DA, Tontonoz P.

    Cell Metabolism   18 巻   頁: 685 - 697   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Bone marrow NR4A expression is not a dominant factor in the development of atherosclerosis or macrophage polarization in mice. 査読有り

    Chao L, Soto E, Hong C, Ito A, Pei L, Chawla A, Conneely O, Tangirala RK, Evans RM, Tontonoz P

    Journal of Lipid Research   54 巻   頁: 806 - 815   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Hormonal modulators of glial ABCA1 and apoE levels. 査読有り

    Fan J, Shimizu Y, Chan J, Wilkinson A, Ito A, Tontonoz P, Dullaghan E, Galea LA, Pfeifer T

    Journal of Lipid Research   54 巻   頁: 3139 - 3150   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Coordinate regulation of neutrophil homeostasis by liver X receptors in mice 査読有り

    Hong C, Kidani Y, A-Gonzalez N, Phung T, Ito A, Rong X, Ericson K, Mikkola H, Beaven SW, Miller LS, Shao WH, Cohen PL, Castrillo A, Tontonoz P, Bensinger SJ

    Journal of Clinical Investigation   122 巻   頁: 337 - 347   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Oxidative stress in the ischemic and non-ischemic parts of the rat liver after two-thirds ischemia/reperfusion 査読有り

    Kitamura Y, Washino Y, Koga E, Ito A, Kawagoe M, Nakazaki C, Kiso K, Ichi I, Matsura T, Kojo S

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   74 巻   頁: 979 - 983   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Role of C-C chemokine receptor 2 in bone marrow cells in the recruitment of macrophages into obese adipose tissue 査読有り

    Ito A, Suganami T, Yamauchi A, Degawa-Yamauchi M, Tanaka M , Kouyama R, Nitta N, Yasuda K, Hirata Y, Kuziel WA, Takeya M, Kanegasaki S, Kamei Y, and Ogawa Y

    Journal of Biological Chemistry   283 巻   頁: 35715 - 35723   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Role of MAPK phosphatase-1 in the induction of monocyte chemoattractant protein-1 during the course of adipocyte hypertrophy 査読有り

    Ito A, Suganami T, Miyamoto Y, Yoshimasa Y, Takeya M, Kamei Y, and Ogawa Y

    Journal of Biological Chemistry   282 巻   頁: 25445 - 25452   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. FPRL1 receptor agonist peptides prevent etoposide-induced alopecia in neonatal rats 査読有り

    Tsuruki T, Ito A and Yoshikawa M

    Journal of Investigative Dermatology   123 巻   頁: 242 - 243   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. 細胞内脂質代謝とイムノメタボリズム

    伊藤綾香、菅波孝祥( 担当: 共著)

    The Lipid. メディカルレビュー社  2019年 

     詳細を見る

    総ページ数:7   記述言語:日本語

  2. 慢性炎症性疾患における脂質代謝異常の意義

    伊藤綾香、菅波孝祥( 担当: 共著)

    内分泌・糖尿病・代謝内科. 科学評論社  2019年 

     詳細を見る

    総ページ数:5   記述言語:日本語

  3. 動脈硬化と自然免疫

    伊藤綾香、菅波孝祥( 担当: 共著)

    炎症と免疫. 先端医学社  2019年 

     詳細を見る

    総ページ数:5   記述言語:日本語

  4. メタボリックシンドロームとリポクオリティ

    菅波孝祥、田中都、伊藤綾香、小川佳宏( 担当: 共著)

    実験医学. 羊土社  2018年 

  5. 慢性炎症性疾患における脂質クオリティ

    伊藤綾香、菅波孝祥( 担当: 共著)

    医学のあゆみ. 医歯薬出版株式会社  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 2

  1. メタボリックシンドロームとリポクオリティ 招待有り

    菅波孝祥, 田中都, 伊藤綾香, 小川佳宏  

    実験医学増刊号36 巻 ( 10 ) 頁: 174 - 179   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  2. 慢性炎症性疾患における脂質クオリティ 招待有り

    伊藤綾香, 菅波孝祥  

    医学のあゆみ264 巻 ( 11 ) 頁: 944 - 948   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

講演・口頭発表等 9

  1. 自己免疫応答におけるオメガ3脂肪酸の意義

    伊藤綾香, 小林アズサ, 白川伊吹, 菅波孝祥

    第74回日本栄養・食糧学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

  2. 自己免疫応答におけるオメガ3脂肪酸の意義

    伊藤綾香, 小林アズサ, 白川伊吹, 菅波孝祥

    第62回日本脂質生化学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語  

  3. Dietary supplementation of omega-3 fatty acid in mouse models of systemic lupus erythematosus

    Ito A, Kobyashi A, Suganami T

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

  4. Cholesterol accumulation in CD11c+ immune cells is a causal and targetable factor in autoimmune disease 国際共著

    Ito A, Hong C, Oka K, Salazar JV, Diehl C, Witztum JL, Diaz M, Castrillo A, Bensinger SJ, Chan L, Tontonoz P

    第47回日本免疫学会学術集会  2018年12月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  5. Molecular crosstalk between cholesterol metabolism and immune responses 招待有り 国際会議

    Ayaka Ito

    The 4th IMCR Symposium on endocrine and metabolism  2018年11月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  6. 脂質代謝と免疫応答のクロストーク 招待有り 国際共著

    伊藤綾香, Cynthia Hong, Peter Tontonoz, 菅波孝祥

    第36回内分泌代謝学サマーセミナー  2018年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:宮城   国名:日本国  

  7. Cholesterol accumulation in CD11c+ immune cells is a causal and targetable factor in autoimmune disease 国際共著 国際会議

    Ito A, Hong C, Oka K, Salazar JV, Diehl C, Witztum JL, Diaz M, Castrillo A, Bensinger SJ, Chan L, Tontonoz P

    Cell Symposia  2018年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スイス連邦  

  8. 自己免疫疾患発症における細胞内コレステロール代謝の意義

    伊藤綾香, Cynthia Hong, Peter Tontonoz, 菅波孝祥

    第91回日本内分泌学会学術総会  2018年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. 自己免疫疾患発症における細胞内コレステロール代謝の意

    伊藤綾香、Cynthia Hong、Peter Tontonoz、菅波孝祥

    第55回日本臨床分子医学会学術集会  2018年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 6

  1. 免疫細胞内脂質に着目した全身エリテマトーデスの病態解明

    2021年4月 - 2022年3月

    公益財団法人稲盛財団 2021年度稲盛研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. 細胞内脂質による免疫応答の制御機構と自己免疫疾患予防への応用

    2021年 - 2023年

    公益財団法人ロッテ財団 第8回(2021年度)奨励研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  3. 細胞内脂質代謝に着目した自己免疫疾患の 新たな病態メカニズムの解明

    2020年4月 - 2022年3月

    公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団 第31回(2019年度)加藤記念研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  4. 慢性炎症性疾患における細胞内脂質代謝の意義の解明

    2020年1月 - 2020年12月

    公益財団法人興和生命科学振興財団 2019年度研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  5. 慢性炎症性疾患における脂質代謝の意義の解明

    2020年 - 2022年

    公益財団法人武田科学振興財団 2020年度ビジョナリーリサーチ継続助成(ホップ) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  6. 慢性炎症性疾患における脂質代謝の意義の解明

    2019年11月 - 2020年11月

    花王健康科学研究会 第17回(2019年度)研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 3

  1. 慢性炎症性疾患の免疫細胞における脂質リプログラミングの意義の解明

    研究課題/研究課題番号:19KK0249  2019年10月 - 2023年3月

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    伊藤 綾香

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:16770000円 ( 直接経費:12900000円 、 間接経費:3870000円 )

    近年、種々の疾患に共通の基盤病態として慢性炎症が注目されているが、その分子機構は未だ十分に理解されておらず、特に免疫細胞内の脂質代謝異常の関与は不明である。本研究では、慢性炎症性の遷延化に伴う免疫細胞内脂質の量的・質的変化とその分子機構を明らかにする。また、自己免疫疾患と肥満を比較解析することにより、疾患特異的な、あるいは慢性炎症性疾患に共通の脂質リプログラミングの分子機構を解明し、治療標的としての可能性を検証する。本研究により、細胞内脂質代謝という従来にない切り口で疾患特異的な慢性炎症化の機構が明らかになるのみならず、慢性炎症性疾患の新しい診断・予防・治療の提案につながると期待される。

  2. 自己免疫疾患発症における脂質の量と質の意義の解明

    研究課題/研究課題番号:19K11765  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金 基盤研究(C)

    伊藤 綾香

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究では、全身の脂質代謝とは独立して制御される免疫細胞の脂質代謝制御とSLEの発症・進展における意義を解明することを目的とする。現在までSLEを根治する治療法は確立されておらず、非特異的な免疫抑制療法が主流である。最近、B細胞増殖因子に対する中和抗体療法が開始されたが、初期治療としては用いられていない。また、 GWASやeQTL解析から脂質代謝と自己免疫疾患の関連性も示唆されているが、直接的な因果関係を示す報告はない。本研究により、SLE発症初期の免疫細胞における脂質代謝異常のメカニズムと、脂質代謝と病態との因果関係を解明することは早期の新規治療法の開発を見据えた重要な研究である。

  3. 自己免疫疾患発症における細胞内コレステロール代謝の病態生理学的意義

    研究課題/研究課題番号:17K16146  2017年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金 若手研究(B)

    伊藤 綾香

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究では、 遺伝性、および薬剤誘導性のSLEモデルマウスを解析することにより、いずれのマウスにおいても経時的に自己抗体価の上昇や、腎糸球体へのイムノグロブリン沈着が起こること、病態早期において、免疫細胞内への脂質蓄積が増加することを見出した。このとき、血中や肝臓における脂質代謝には変化が認められなかったことから、SLEの発症や進展の過程における免疫細胞の脂質蓄積は、全身の脂質代謝とは独立して制御されることが明らかになった。また、全身の脂質代謝を改善する薬剤の投与により、SLE病態の一部が改善したことから、早期の脂質代謝の改善がSLE治療標的となる可能性が示唆された。
    本研究により、SLEの発症や進展過程において、早期から細胞自律的な脂質蓄積が起こることが明らかになり、近年注目されている免疫代謝領域における新たな発見となった。脂質代謝改善薬の投与がSLE発症を抑制したことより、今後は、全身とは独立して制御される免疫細胞内の脂質蓄積のメカニズムを解明し、免疫細胞内の脂質の量と質の変化に着目して、より詳細に研究を進める。SLEの病態メカニズムを明らかにするとともに、SLEの早期診断マーカーや食事療法の開発を目指したい。

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 自然科学と人間

    2020

  2. Studium Generale

    2019

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 加齢学

    2019年 至学館大学)

 

社会貢献活動 5

  1. CBCラジオ「健康長寿の食」

    役割:コメンテーター

    2021年3月

  2. 令和2年度・後期 岩倉市生涯学習講座「外出自粛時の食生活対策」

    役割:講師

    2021年3月

  3. 令和2年度・後期 岩倉市生涯学習講座「血管の欠陥」

    役割:講師

    2021年2月

  4. 令和2年度・後期 岩倉市生涯学習講座「感染症と免疫」

    役割:講師

    2021年1月

  5. CareTEX名古屋「認知症を予防する食事」

    役割:講師

    2021年1月