2021/08/30 更新

写真a

ソブエ アキラ
祖父江 顕
SOBUE Akira
所属
環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 特任助教
職名
特任助教

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2018年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. グリア細胞

  2. 神経炎症

  3. 行動薬理学

  4. アルツハイマー病

  5. ミクログリア

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 病態神経科学

  2. ライフサイエンス / 薬理学

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    - 2018年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 大阪薬科大学   薬学部

    - 2014年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本認知症学会

  2. The International Behavioral Neuroscience Society

  3. 日本神経科学会

  4. 日本神経精神薬理学会

  5. 日本薬理学会

受賞 4

  1. 第39回日本認知症学会 学会奨励賞

    2020年11月   日本認知症学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP 2017 Bali

    2017年4月   日本神経精神薬理学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:インドネシア共和国

  3. 第9回NAGOYAグローバルリトリート 優秀発表賞

    2017年2月   名古屋大学  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  4. 第18回応用薬理シンポジウム 優秀演題賞

    2016年8月   応用薬理研究会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 18

  1. Novel reporters of mitochondria-associated membranes (MAM), MAMtrackers, demonstrate MAM disruption as a common pathological feature in amyotrophic lateral sclerosis 査読有り

    Sakai S, Watanabe S, Komine O, Sobue A, Yamanaka K.

    FASEB J .   35 巻 ( 7 ) 頁: e21688   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1096/fj.202100137R.

  2. Mice carrying a schizophrenia-associated mutation of the Arhgap10 gene are vulnerable to the effects of methamphetamine treatment on cognitive function: association with morphological abnormalities in striatal neurons. 査読有り

    Hada K, Wulaer B, Nagai T, Itoh N, Sawahata M, Sobue A, Mizoguchi H, Mori D, Kushima I, Nabeshima T, Ozaki N, Yamada K

    Molecular brain   14 巻 ( 1 ) 頁: 21 - 21   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13041-021-00735-4

  3. Microglial gene signature reveals loss of homeostatic microglia associated with neurodegeneration of Alzheimer's disease 査読有り

    Sobue A, Komine O, Hara Y, Endo F, Mizoguchi H, Watanabe S, Murayama S, Saito T, Saido TC, Sahara N, Higuchi M, Ogi T, Yamanaka K.

    Acta neuropathologica communications   9 巻 ( 1 ) 頁: 1   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Analysis of Reelin signaling and neurodevelopmental trajectory in primary cultured cortical neurons with RELN deletion identified in schizophrenia 査読有り

    Tsuneura Y, Sawahata M, Itoh N, Miyajima R, Mori D, Kohno T, Hattori M, Sobue A, Nagai T, Mizoguchi H, Nabeshima T, Ozaki N, Yamada K

    Neurochemistry international     頁: 104954   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuint.2020.104954.

  5. Overexpression of astroglial major histocompatibility complex class I in the medial prefrontal cortex impairs visual discrimination learning in mice 査読有り

    Wulaer B, Hada K, Sobue A, Itoh N, Nabeshima T, Nagai T, Yamada K

    Molecular brain   13 巻 ( 1 ) 頁: 170   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13041-020-00710-5.

  6. Touchscreen-based location discrimination and paired associate learning tasks detect cognitive impairment at an early stage in an App knock-in mouse model of Alzheimer's disease 査読有り

    Saifullah MD Ali, Komine O, Dong Y, Fukumoto K, Sobue A, Endo F, Saito T, Saido T, Yamanaka K, Mizoguchi H

    Molecular Brain   13 巻 ( 1 ) 頁: 147   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13041-020-00690-6.

  7. Aggresome formation and liquid-liquid phase separation independently induce cytoplasmic aggregation of TAR DNA-binding protein 43. 招待有り 査読有り

    Watanabe S, Inami H, Oiwa K, Murata Y, Sakai S, Komine O, Sobue A, Iguchi Y, Katsuno M, Yamanaka K

    Cell death & disease   11 巻 ( 10 ) 頁: 909 - 909   2020年10月

     詳細を見る

  8. ARHGAP10, which encodes Rho GTPase-activating protein 10, is a novel gene for schizophrenia risk 査読有り

    Mariko Sekiguchi, Akira Sobue, Itaru Kushima, Chenyao Wang, Yuko Arioka, Hidekazu Kato, Akiko Kodama, Hisako Kubo, Norimichi Ito, Masahito Sawahata, Kazuhiro Hada, Ryosuke Ikeda, Mio Shinno, Chikara Mizukoshi, Keita Tsujimura, Akira Yoshimi, Kanako Ishizuka, Yuto Takasaki, Hiroki Kimura, Jingrui Xing, Yanjie Yu, Maeri Yamamoto, Takashi Okada, Emiko Shishido, Toshiya Inada, Masahiro Nakatochi, Tetsuya Takano, Keisuke Kuroda, Mutsuki Amano, Branko Aleksic, Takashi Yamomoto, Tetsushi Sakuma, Tomomi Aida, Kohichi Tanaka, Ryota Hashimoto, Makoto Arai, Masashi Ikeda, Nakao Iwata, Teppei Shimamura, Taku Nagai, Toshitaka Nabeshima, Kozo Kaibuchi, Kiyofumi Yamada, Daisuke Mori, Norio Ozaki

    Translational Psychiatry   10 巻 ( 1 ) 頁: 247   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41398-020-00917-z.

  9. Ubiquitination of DNA Damage-Stalled RNAPII Promotes Transcription-Coupled Repair.

    Nakazawa Y, Hara Y, Oka Y, Komine O, van den Heuvel D, Guo C, Daigaku Y, Isono M, He Y, Shimada M, Kato K, Jia N, Hashimoto S, Kotani Y, Miyoshi Y, Tanaka M, Sobue A, Mitsutake N, Suganami T, Masuda A, Ohno K, Nakada S, Mashimo T, Yamanaka K, Luijsterburg MS, Ogi T

    Cell     2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cell.2020.02.010

    PubMed

  10. Generation and analysis of novel Reln-deleted mouse model corresponding to exonic Reln deletion in schizophrenia.

    Sawahata M, Mori D, Arioka Y, Kubo H, Kushima I, Kitagawa K, Sobue A, Shishido E, Sekiguchi M, Kodama A, Ikeda R, Aleksic B, Kimura H, Ishizuka K, Nagai T, Kaibuchi K, Nabeshima T, Yamada K, Ozaki N

    Psychiatry and clinical neurosciences     2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pcn.12993

    Scopus

    PubMed

  11. ALS-linked TDP-43<sup>M337V</sup> knock-in mice exhibit splicing deregulation without neurodegeneration.

    Watanabe S, Oiwa K, Murata Y, Komine O, Sobue A, Endo F, Takahashi E, Yamanaka K

    Molecular brain   13 巻 ( 1 ) 頁: 8   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13041-020-0550-4

    PubMed

  12. ARHGAP10変異マウス側坐核および線条体神経細胞の変化による行動障害

    羽田 和弘, 尾崎 紀夫, 山田 清文, Wulaer Bolati, 永井 拓, 祖父江 顕, 澤幡 雅仁, 伊藤 教道, 森 大輔, 久島 周, 鍋島 俊隆

    日本薬理学会年会要旨集   93 巻 ( 0 ) 頁: 2-YIA-52   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Schizophrenia is a severe mental illness that affects about 1% of the population. Genetic and environmental factors contribute to the development of schizophrenia. However, the exact pathoetiology remains unclear. We generated Rho GTPase-activating protein 10 (ARHGAP10) mutant mice carrying similar variations found in Japanese schizophrenia patients. In the present study, we examined spatiotemporal expression of ARHGAP10 mRNA in the brain of mice. The expression levels of ARHGAP10 mRNA were higher in the striatum (ST) and nucleus accumbens (NAc) than those in other brain regions. We performed a series of behavior test to evaluate cognitive and emotional function in ARHGAP10 mutant mice. They showed an increase in anxiety level, and manifested potentiation of methamphetamine-induced hyperlocomotion and visual discrimination task. Morphological analysis revealed that methamphetamine-treated ARHGAP10 mutant mice showed an increase in the number of c-Fos-positive-cells in the dorsal medial striatum (dmST) and NAc core than those in wild-type littermates. Golgi staining indicated that ARHGAP10 mutant mice showed an increase in neuronal complexity and spine density in the same brain regions compared to the wild-type mice. These results suggest that ARHGAP10 gene variations may lead to the development of cognitive and emotional deficits with morphological abnormality in the dmST and NAc core neurons.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.93.0_2-YIA-52

    CiNii Article

  13. Behavioral characterization of APP knock-in mice model in touchscreen-based tests aiming early detection of Alzheimer's disease.

    Saifullah MD. Ali Bin, 小峯 起, 祖父江 顕, 山中 宏二, 溝口 博之

    日本薬理学会年会要旨集   92 巻 ( 0 ) 頁: 1-P-041   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Alzheimer's disease (AD) is a progressive disease characterized by loss of memory and other important mental functions. Accumulation of amyloid beta (Aβ) and fibrillary tangles are the main pathological hallmarks of this disease. Emerging data suggest that the disease process begins years before clinical diagnostic confirmation; thus, methods to improve early detection would provide opportunities for early intervention to delay progressive cognitive decline and disease onset. In our research we assessed the cognitive abilities of <i>APP</i><sup><i>NL-G-F/NL-G-F</i></sup> knock-in (<i>APP-</i>KI) mice with a touch screen-based automated test battery and water maze test. These tests are mainly dependent on the brain regions that are prone to Aβ accumulation at the earliest stages of the disease. We subjected male 6- and 11-months old <i>APP-</i>KI mice in water maze test where only older mice showed significantly worsened behavior than wild-type mice. However, using touchscreen based behavioral test it was possible to detect cognitive impairment in <i>APP-</i>KI mice at an early (4 months) stage while classical behavioral tests shows comparable results between wild-type and disease model mice. </p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.92.0_1-P-041

    CiNii Article

  14. Repetitive and compulsive‐like behaviors lead to cognitive dysfunction in Disc1 Δ2‐3/Δ2‐3mice

      17 巻 ( 8 ) 頁: e12478   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gbb.12478

  15. Genetic and animal model analyses reveal the pathogenic role of a novel deletion of RELN in schizophrenia 査読有り

    Sobue A, Kushima I, Nagai T, Shan W, Kohno T, Aleksic B, Aoyama Y, Mori D, Arioka Y, Kawano N, Yamamoto M, Hattori M, Nabeshima T, Yamada K, Ozaki N

    Sci Rep.     2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-31390-w

  16. Astroglial major histocompatibility complex class I following immune activation leads to behavioral and neuropathological changes 査読有り

    Sobue A, Ito N, Nagai T, Shan W, Hada K, Nakajima A, Murakami Y, Mouri A, Yamamoto Y, Nabeshima T, Saito K, Yamada K

    GLIA   66 巻 ( 5 ) 頁: 1034-1052   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/glia.23299

  17. Interaction between anti-Alzheimer and antipsychotic drugs in modulating extrapyramidal motor disorders in mice 査読有り

    Shimizu S, Mizuguchi Y, Sobue A, Fujiwara M, Morimoto T, Ohno Y

    J Pharmacol Sci     2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2015.03.004

  18. 5-HT1A agonist alleviates serotonergic potentiation of extrapyramidal disorders via postsynaptic mechanisms 査読有り

    Shimizu S, Mizuguchi Y, Tatara A, Kizu T, Andatsu S, Sobue A, Fujiwara M, Morimoto T, Ohno Y

    Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry     2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pnpbp.2013.06.016

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. アルツハイマー病におけるTREM2と脳内各種細胞の関連について

    祖父江顕( 担当: 単著)

    日本薬学会  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 神経変性疾患におけるミクログリア. 特徴と治療標的としての展望.

    祖父江 顕、山中宏二( 担当: 共著)

    医歯薬出版株式会社  2020年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. ストレス科学:末梢性免疫炎症反応に伴うアストロサイトにおけるMHC Class I分子の発現誘導が脳機能に及ぼす影響

    祖父江顕、永井拓、山田清文( 担当: 共著)

    日本ストレス学会  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 実験医学 疾患を制御するマクロファージの多様性

    祖父江顕、遠藤史人、山中宏二( 担当: 共著)

    羊土社  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等 29

  1. Downregulation of homeostatic microglial genes is correlated with progression of Alzheimer's disease in mice

    Akira Sobue, Okiru Komine, Yuichiro Hara, Fumito Endo, Hiroyuki Mizoguchi, Seiji Watanabe, Shigeo Murayama, Takashi Saito, Takaomi C Saido, Naruhiko Sahara, Makoto Higuchi, Tomoo Ogi, Koji Yamanaka

    2021年7月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  2. ミクログリアのカンナビノイド受容体2型を介したアルツハイマー病における神経炎症調節機構について

    ○祖父江顕、小峯起、遠藤史人、村山繁雄、斉藤貴志、西道隆臣、山中宏二

    第139回日本薬理学会近畿部会  2021年6月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. ADにおけるミクログリアのカンナビノイド受容体2型を介した神経炎症調節機構について

    祖父江顕、小峯起、遠藤史人、村山繁雄、斉藤貴志、西道隆臣、山中宏二

    第39回日本認知症学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. ミクログリアのカンナビノイド 受容体2型を標的としたアルツハイマー病治療法開発 招待有り

    祖父江 顕, 小峯 起, 遠藤 史人, 村山 繁雄, 斉藤 貴志, 西道 隆臣, 山中 宏二

    第1回脳科学サロン  2020年8月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  5. Microglial cannabinoid receptor type II as potential therapeutic target for Alzheimer's disease.

    Sobue A, Komine O, Endo F, Shigeo Murayama S, Saito T, Saido TC, Yamanaka K.

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. アルツハイマー病患者とAppNL-G-F マウスにおける神経炎症関連遺伝⼦解析

    祖父江 顕、小峯 起、遠藤史人、村山繁雄、斉藤貴志、西道隆臣、山中宏二

    第38回日本認知症学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  7. アルツハイマー病患者脳とAPP- KIマウス由来ミクログリアにおける遺伝子発現解析

    祖父江 顕、小峯 起、遠藤史人、村山繁雄、斉藤貴志、西道 隆臣、山中宏二

    第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  8. Profiling of gene expression in Alzheimer's disease patients and APP-KI mouse model demonstrates a link between amyloid pathology and microglial phenotype

    Akira Sobue, Okiru Komine, Fumito Endo, Shigeo Murayama, Koji Yamanaka

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. 早期アルツハイマー病理を呈する患者脳における神経炎症関連遺伝子発現解析

    祖父江顕、遠藤史人、小峯起、村山繁雄、山中宏二

    第37回日本認知症学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. 免疫活性化に伴いアストロサイトに誘導されるMHCIの病態生理学的役割

    第41回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. The pathophysiological role of astroglial MHCI following immune activation

    Akira Sobue, Norimichi Ito, Wei Shan, Kazuhiro Hada, Akira Nakajima, Yuki Murakami, Akihiro Mouri, Yasuko Yamamoto, Toshitaka Nabeshima, Kuniaki Saito, Taku Nagai, Kiyofumi Yamada

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. Astroglial MHCI following immune activation leads to behavioral and neuropathological abnormalities

    Akira Sobue, Norimichi Ito, Wei Shan, Kazuhiro Hada, Akira Nakajima, Yuki Murakami, Akihiro Mouri, Yasuko Yamamoto, Toshitaka Nabeshima, Kuniaki Saito, Taku Nagai, Kiyofumi Yamada

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. Astroglial MHCI expression and its behavioral and neuropathological implications

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. Peripheral immune activation leads to the expression of MHCI molecules in the cortex of mice.

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. 末梢免疫活性が及ぼすマウス大脳皮質における免疫関連因子の発現誘導

    祖父江 顕, 伊藤 教道, 羽田 和弘, 中島 晶, 村上 由希, 毛利 彰宏, 山本 康子, 鍋島俊隆, 齋藤 邦明, 永井 拓, 山田 清文

    第 131 回日本薬理学会近畿部会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. Exosomal MHCI derived from astrocytes leads to behavioral and neuropathological abnormalities in mice 国際会議

    Akira Sobue, Norimichi Ito, Kazuhiro Hada, Akira Nakajima, Toshitaka Nabeshima, Taku Nagai, Kiyofumi Yamada

    International Behavioral Neuroscience Society for the 26th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. Behavioral and neurochemical abnormalities in MHCI-expressed mice 国際会議

    Akira Sobue, Norimichi Ito, Kazuhiro Hada, Akira Nakajima, Toshitaka Nabeshima, Taku Nagai, Kiyofumi Yamada

    The 5th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:インドネシア共和国  

  18. Behavioral alterations accompanied by neuropathological changes induced by the expression of MHCI in the prefrontal cortex of mice

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. Expression of MHCI in astrocyte leads to behavioral and neuropathological abnormalities

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. Reln rl-Orl/+ mice show behavioral abnormalities in emotion, social interaction and motor learning: association with dopaminergic dysfunction 国際会議

    Akira Sobue, Yuki Aoyama, Shan Wei, Taku Nagai, Kiyofumi Yamada

    Dopamine 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  21. アストロサイトにおける MHC Class I の発現が行動に及ぼす影響と神経科学的解析

    祖父江顕、伊藤教道、羽田和弘、中島晶、永井拓、鍋島俊隆、山田清文

    第 18 回応用薬理シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. アストロサイトにおける MHCI の発現が社会性行動および認知機能へ及ぼす影響

    祖父江顕、伊藤教道、羽田和弘、中島晶、永井拓、鍋島俊隆、山田清文

    第 89 回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. 統合失調症モデルマウスとしての Orleans reeler マウスの行動評価と神経科学的解析

    祖父江顕、青山雄紀、Wei Shan、永井拓、山田清文

    第 25 回神経行動薬理若手研究者の集い  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. Expression of MHC class I gene in astrocytes impaires social behavior, cognitive function and sensorimotor gating in mice

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. アストロサイトにおける MHC Class I の過剰発現が行動に及ぼす影響

    祖父江顕、伊藤教道、中島晶、永井拓、山田清文

    第 128 回日本薬理学会近畿部会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. 中枢神経系における MHC Class I の細胞内局在と分泌機構について

    祖父江顕、伊藤教道、中島晶、永井拓、山田清文

    第 88 回日本薬理学会年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. The localization and secretion of MHC class I molecules in neuronal and glial cells

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. 認知症治療薬による錐体外路障害に対するセロトニン作用薬の評価

    祖父江顕、清水佐紀、水口裕登、藤原麻衣、森本朋樹、大野行弘

    第 63 回日本薬学会近畿支部総会・大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. 認知症治療薬による錐体外路障害助長に対するセロトニン神経作用薬の影響

    祖父江顕、清水佐紀、水口裕登、藤原麻衣、森本朋樹、大野行弘

    生体機能と創薬シンポジウム 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 3

  1. グリア細胞を標的としたアルツハイマー病の新規治療候補分子探索とその機能解析

    研究課題/研究課題番号:20K16488  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  若手研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  2. タンパク質の構造生物学に基づいた筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と治療法開発

    研究課題/研究課題番号:19KK0214  2019年10月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:18330000円 ( 直接経費:14100000円 、 間接経費:4230000円 )

  3. ミクログリアによる神経炎症に着目したアルツハイマー病の分子病態解明とその制御

    研究課題/研究課題番号:19K21221  2018年8月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  研究活動スタート支援

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 基盤医科学実習

    2021

  2. 基盤医科学実習

    2020

  3. 基盤医科学実習

    2019

  4. 基盤医科学実習

    2018