2021/03/31 更新

写真a

マツヤマ シュウイチ
松山 秀一
MATSUYAMA Shuichi
所属
大学院生命農学研究科 附属フィールド科学教育研究センター 動物生産科学部門 准教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部 資源生物科学科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(農学) ( 2005年6月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 繁殖

  2. 神経内分泌

  3. 子宮

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 動物生産科学

  2. ライフサイエンス / 動物生産科学

  3. ライフサイエンス / 動物生産科学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 牛の低受胎要因解明と生産性向上技術の開発

所属学協会 3

  1. 日本繁殖生物学会

  2. 日本畜産学会

  3. Society for the Study of Reproduction

委員歴 6

  1. 公益社団法人 日本繁殖生物学会   評議員  

    2019年9月 - 2021年8月   

  2. 公益社団法人 日本繁殖生物学会   将来計画検討委員  

    2019年9月 - 2021年8月   

  3. 公益社団法人 日本繁殖生物学会   庶務幹事  

    2019年9月 - 2021年8月   

  4. 公益社団法人 日本繁殖生物学会   広報委員  

    2019年9月 - 2021年8月   

  5. 畜産学教育協議会   幹事  

    2019年4月 - 2021年3月   

  6. 東海畜産学会   評議員  

    2019年4月 - 2021年3月   

▼全件表示

受賞 2

  1. NARO RESEARCH PRIZE

    2016年9月   農研機構  

    松山秀一

  2. 第94回日本繁殖生物学会大会 優秀ポスター賞

    2001年9月   日本繁殖生物学会  

    松山秀一

 

論文 48

  1. Neurokinin 3 receptor-selective agonist, senktide, decreases core temperature in Japanese Black cattle 査読有り

    Nakamura S., Miwa M., Morita Y., Ohkura S., Yamamura T., Wakabayashi Y., Matsuyama S.

    DOMESTIC ANIMAL ENDOCRINOLOGY   74 巻   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Domestic Animal Endocrinology  

    DOI: 10.1016/j.domaniend.2020.106522

  2. Seasonal changes in the reproductive performance in local cows receiving artificial insemination in the Pursat province of Cambodia 査読有り

    Tep Bengthay, Morita Yasuhiro, Matsuyama Shuichi, Ohkura Satoshi, Inoue Naoko, Tsukamura Hiroko, Uenoyama Yoshihisa, Pheng Vutha

    ASIAN-AUSTRALASIAN JOURNAL OF ANIMAL SCIENCES   33 巻 ( 12 ) 頁: 1922 - 1929   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Asian-Australasian Journal of Animal Sciences  

    DOI: 10.5713/ajas.19.0893

  3. Facilitatory and inhibitory role of central amylin administration in the regulation of the gonadotropin-releasing hormone pulse generator activity in goats 査読有り

    Kitagawa Yuri, Sasaki Takuya, Suzumura Reika, Morishima Ai, Tatebayashi Ryoki, Assadullah, Ieda Nahoko, Morita Yasuhiro, Matsuyama Shuichi, Inoue Naoko, Uenoyama Yoshihisa, Tsukamura Hiroko, Ohkura Satoshi

    NEUROSCIENCE LETTERS   736 巻   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Neuroscience Letters  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2020.135276

  4. Peripheral administration of SB223412, a selective neurokinin-3 receptor antagonist, suppresses pulsatile luteinizing hormone secretion by acting on the gonadotropin-releasing hormone pulse generator in estrogen-treated ovariectomized female goats 査読有り

    Sasaki Takuya, Sonoda Tomoya, Tatebayashi Ryoki, Kitagawa Yuri, Oishi Shinya, Yamamoto Koki, Fujii Nobutaka, Inoue Naoko, Uenoyama Yoshihisa, Tsukamura Hiroko, Maeda Kei-ichiro, Matsuda Fuko, Morita Yasuhiro, Matsuyama Shuichi, Ohkura Satoshi

    JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT   66 巻 ( 4 ) 頁: 351 - 357   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Establishment of immortalised cell lines derived from female Shiba goat KNDy and GnRH neurones 査読有り

    Suetomi Yuta, Tatebayashi Ryoki, Sonoda Shuhei, Munetomo Arisa, Matsuyama Shuichi, Inoue Naoko, Uenoyama Yoshihisa, Takeuchi Yukari, Tsukamura Hiroko, Ohkura Satoshi, Matsuda Fuko

    JOURNAL OF NEUROENDOCRINOLOGY   32 巻 ( 6 )   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neuroendocrinology  

    DOI: 10.1111/jne.12857

  6. Peripheral administration of SB223412, a selective neurokinin-3 receptor antagonist, suppresses pulsatile luteinizing hormone secretion by acting on the gonadotropin-releasing hormone pulse generator in estrogen-treated ovariectomized female goats 査読有り

    Sasaki Takuya, Sonoda Tomoya, Tatebayashi Ryoki, Kitagawa Yuri, Oishi Shinya, Yamamoto Koki, Fujii Nobutaka, Inoue Naoko, Uenoyama Yoshihisa, Tsukamura Hiroko, Maeda Kei-ichiro, Matsuda Fuko, Morita Yasuhiro, Matsuyama Shuichi, Ohkura Satoshi

    JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT   66 巻 ( 3 ) 頁: 351 - 357   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Colocalization of GPR120 and anterior pituitary hormone-producing cells in female Japanese Black cattle 査読有り

    Nakamura Sho, Noda Kohei, Miwa Masafumi, Minabe Shiori, Hagiwara Teruki, Hirasawa Akira, Matsuyama Shuichi, Moriyama Ryutaro

    JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT   66 巻 ( 2 ) 頁: 135 - 141   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Colocalization of GPR120 and anterior pituitary hormone-producing cells in female Japanese Black cattle 査読有り

    Nakamura S.

    Journal of Reproduction and Development   66 巻 ( 2 ) 頁: 135 - 141   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Reproduction and Development  

    DOI: 10.1262/jrd.2019-111

  9. Peripheral administration of sb223412, a selective neurokinin-3 receptor antagonist, suppresses pulsatile luteinizing hormone secretion by acting on the gonadotropin-releasing hormone pulse generator in estrogen-treated ovariectomized female goats 査読有り

    Sasaki T.

    Journal of Reproduction and Development   66 巻 ( 4 ) 頁: 351 - 357   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Reproduction and Development  

    DOI: 10.1262/jrd.2019-145

  10. Establishment of long-term chronic recording technique of in vivo ovarian parenchymal temperature in Japanese black cows 査読有り

    Morita Y.Ozaki R, Mukaiyama A, Sasaki T, Tatebayashi R, Morishima A, Kitagawa Y, Suzumura R, Abe R, Tsukamura H, Matsuyama S, Ohkura S.

    Journal of Reproduction and Development   66 巻 ( 3 ) 頁: 271 - 275   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Reproduction and Development  

    DOI: 10.1262/jrd.2019-097

  11. Prepartum change in ventral tail base surface temperature in beef cattle: comparison with vaginal temperature and behavior indices, and effect of ambient temperature 査読有り

    Miwa Masafumi, Matsuyama Shuichi, Nakamura Sho, Noda Kohei, Sakatani Miki

    JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT   65 巻 ( 6 ) 頁: 515 - 525   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Characterisation of bovine embryos following prolonged culture in embryonic stem cell medium containing leukaemia inhibitory factor 査読有り

    Hosoe Misa, Furusawa Tadashi, Hayashi Ken-Go, Takahashi Toru, Hashiyada Yutaka, Kizaki Keiichiro, Hashizume Kazuyoshi, Tokunaga Tomoyuki, Matsuyama Shuichi, Sakumoto Ryosuke

    REPRODUCTION FERTILITY AND DEVELOPMENT   31 巻 ( 6 ) 頁: 1157 - 1165   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Reproduction, Fertility and Development  

    DOI: 10.1071/RD18343

  13. Age-related changes in the bovine corpus luteum function and progesterone secretion 査読有り

    Hori K.

    Reproduction in Domestic Animals   54 巻 ( 1 ) 頁: 23 - 30   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Reproduction in Domestic Animals  

    DOI: 10.1111/rda.13303

  14. Prepartum change in ventral tail base surface temperature in beef cattle: Comparison with vaginal temperature and behavior indices, and effect of ambient temperature 査読有り

    Miwa M.

    Journal of Reproduction and Development   65 巻 ( 6 ) 頁: 515 - 525   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Reproduction and Development  

    DOI: 10.1262/jrd.2019-087

  15. Propionate and butyrate induce gene expression of monocarboxylate transporter 4 and cluster of differentiation 147 in cultured rumen epithelial cells derived from preweaning dairy calves 査読有り

    Nakamura Sho, Haga Satoshi, Kimura Koji, Matsuyama Shuichi

    JOURNAL OF ANIMAL SCIENCE   96 巻 ( 11 ) 頁: 4902 - 4911   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Animal Science  

    DOI: 10.1093/jas/sky334

  16. Publisher Correction: Correction of a Disease Mutation using CRISPR/Cas9-assisted Genome Editing in Japanese Black Cattle. 査読有り

    Ikeda M, Matsuyama S, Akagi S, Ohkoshi K, Nakamura S, Minabe S, Kimura K, Hosoe M

    Scientific reports   8 巻 ( 1 ) 頁: 1470   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-19725-z

  17. Correction of a Disease Mutation using CRISPR/Cas9-assisted Genome Editing in Japanese Black Cattle. 査読有り

    Ikeda M, Matsuyama S, Akagi S, Ohkoshi K, Nakamura S, Minabe S, Kimura K, Hosoe M

    Scientific reports   7 巻 ( 1 ) 頁: 17827   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-17968-w

  18. Production of calves by the transfer of cryopreserved bovine elongating conceptuses and possible application for preimplantation genomic selection. 査読有り

    Fujii T, Hirayama H, Naito A, Kashima M, Sakai H, Fukuda S, Yoshino H, Moriyasu S, Kageyama S, Sugimoto Y, Matsuyama S, Hayakawa H, Kimura K

    The Journal of reproduction and development   63 巻 ( 5 ) 頁: 497-504   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1262/jrd.2017-025

  19. Interferon Tau Regulates Cytokine Production and Cellular Function in Human Trophoblast Cell Line. 査読有り

    Tanikawa N, Seno K, Kawahara-Miki R, Kimura K, Matsuyama S, Iwata H, Kuwayama T, Shirasuna K

    Journal of interferon & cytokine research : the official journal of the International Society for Interferon and Cytokine Research   37 巻 ( 10 ) 頁: 456-466   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/jir.2017.0057

  20. Age-associated mRNA expression changes in bovine endometrial cells in vitro. 査読有り

    Tanikawa N, Ohtsu A, Kawahara-Miki R, Kimura K, Matsuyama S, Iwata H, Kuwayama T, Shirasuna K

    Reproductive biology and endocrinology : RB&E   15 巻 ( 1 ) 頁: 63   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12958-017-0284-z

  21. A neurokinin 3 receptor-selective agonist accelerates pulsatile luteinizing hormone secretion in lactating cattle 査読有り

    Nakamura Sho, Wakabayashi Yoshihiro, Yamamura Takashi, Ohkura Satoshi, Matsuyama Shuichi

    BIOLOGY OF REPRODUCTION   97 巻 ( 1 ) 頁: 81 - 90   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biology of Reproduction  

    DOI: 10.1093/biolre/iox068

  22. ウシの子宮機能と受胎性について 査読有り

    木村康二、松山秀一

    家畜感染症学会誌   5 巻 ( 4 ) 頁: 145 - 151   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Derivation of Induced Trophoblast Cell Lines in Cattle by Doxycycline-Inducible piggyBac Vectors 査読有り

    Kawaguchi T, Cho D, Hayashi M, Tsukiyama T, Kimura K, Matsuyama S, Minami N, Yamada M, Imai H.

    PLoS ONE   11 巻 ( 12 ) 頁: e0167550   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Immunohistochemical characterization of the arcuate kisspeptin/neurokinin B/dynorphin (KNDy) and preoptic kisspeptin neuronal populations in the hypothalamus during the estrous cycle in heifers. 査読有り

    Hassaneen A, Naniwa Y, Suetomi Y, Matsuyama S, Kimura K, Ieda N, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H, Maeda K, Matsuda F, Ohkura S.

    Journal of Reproduction and Development   62 巻 ( 5 ) 頁: 471 - 477   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. ウシにおける胚の生存性と子宮環境 査読有り

    松山秀一、中村翔、木村康二

    日本胚移植学雑誌   38 巻 ( 3 ) 頁: 115 - 121   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Possible role of IFNT on the bovine corpus luteum and neutrophils during the early pregnancy. 査読有り

    Shirasuna K, Matsumoto H, Matsuyama S, Kimura K, Bollwein H, Miyamoto A.

    Reproduction   150 巻 ( 3 ) 頁: 217 - 225   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Generation of Naive Bovine Induced Pluripotent Stem Cells Using PiggyBac Transposition of Doxycycline-Inducible Transcription Factors. 査読有り

    Kawaguchi T, Tsukiyama T, Kimura K, Matsuyama S, Minami N, Yamada M, Imai H.

    PLoS ONE   10 巻 ( 8 ) 頁: e0135403   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Interferon-tau attenuates uptake of nanoparticles and secretion of interleukin-1β in macrophages. 査読有り

    Hara K, Shirasuna K, Usui F, Karasawa T, Mizushina Y, Kimura H, Kawashima A, Ohkuchi A, Matsuyama S, Kimura K, Takahashi M.

    PLoS ONE   9 巻 ( 12 ) 頁: e113974   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Regulation of gonadotropin secretion by monitoring energy availability. 査読有り

    Matsuyama S, Kimura K

    Reproductive Medicine and Biology   14 巻 ( 2 ) 頁: 39 - 47   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Successful nonsurgical transfer of bovine elongating conceptuses and its application to sexing. 査読有り

    Kimura K, Matsuyama S.

    Journal of Reproduction and Development   60 巻 ( 3 ) 頁: 210 - 215   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Aerococcus vaginalis sp. nov., isolated from the vaginal mucosa of a beef cow, and emended descriptions of Aerococcus suis, Aerococcus viridans, Aerococcus urinaeequi, Aerococcus urinaehominis, Aerococcus urinae, Aerococcus christensenii and Aerococcus sanguinicola. 査読有り

    Tohno M, Kitahara M, Matsuyama S, Kimura K, Ohkura M, Tajima K.

    International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology   64 巻   頁: 1229 - 1236   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. 末梢単核球を利用したウシ胚の生存性モニタリング-妊娠早期における胚死滅のメカニズム解明に向けて- 査読有り

    松山秀一、木村康二

    日本胚移植学雑誌   35 巻 ( 3 ) 頁: 123 - 127   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Characteristics of bovine inner cell mass-derived cell lines and their fate in chimeric conceptuses. 査読有り

    Furusawa T, Ohkoshi K, Kimura K, Matsuyama S, Akagi S, Kaneda M, Ikeda M, Hosoe M, Kizaki K, Tokunaga T.

    Biology of Reproduction   89 巻 ( 2 ) 頁: 1 - 12   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Sexual dimorphism during early embryonic development in mammals. 査読有り

    Kimura K, Matsuyama S.

    J. Mamm. Ova Res.   29 巻   頁: 103 - 112   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Relationship between plasma progesterone concentration and number of conceptuses and their growth in superovulated cattle. 査読有り

    Matsuyama S, Sakaguchi Y, Kimura K.

    Journal of Reproduction and Development   58 巻 ( 5 ) 頁: 609 - 614   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Relationship between quantity of IFNT estimated by IFN-stimulated gene expression in peripheral blood mononuclear cells and bovine embryonic mortality after AI or ET. 査読有り

    Matsuyama S, Kojima T, Kato S, Kimura K.

    Reproductive Biology and Endocrinology   10 巻   頁: 21   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Possible involvement of IFNT in lymphangiogenesis in the corpus luteum during the maternal recognition period in the cow. 査読有り

    Nitta A, Shirasuna K, Haneda S, Matsui M, Shimizu T, Matsuyama S, Kimura K, Bollwein H, Miyamoto A.

    Reproduction   142 巻 ( 6 ) 頁: 79 - 92   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Morphological Evidence for Direct Interaction between Kisspeptin and Gonadotropin-Releasing Hormone Neurons at the Median Eminence of the Male Goat: An Immunoelectron Microscopic Study. 査読有り

    Matsuyama S, Ohkura S, Mogi K, Wakabayashi Y, Mori Y, Tsukamura H, Maeda K, Ichikawa M, Okamura H.

    Neuroendocrinology   94 巻 ( 4 ) 頁: 323 - 332   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Gonadotrophin-releasing hormone pulse generator activity in the hypothalamus of the goat. 査読有り

    Ohkura S, Takase K, Matsuyama S, Mogi K, Ichimaru T, Wakabayashi Y, Uenoyama Y, Mori Y, Steiner RA, Tsukamura H, Maeda K, Okamura H.

    Journal of Neuroendocrinology   21 巻 ( 10 ) 頁: 813 - 821   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Food deprivation induces monocarboxylate transporter 2 expression in the brainstem in female rat. 査読有り

    Matsuyama S, Ohkura S, Iwata K, Uenoyama Y, Tsukamura H, Maeda K, Kimura K.

    Journal of Reproduction and Development   55 巻 ( 3 ) 頁: 256 - 261   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Central Administration of Neuropeptide B, but not Prolactin-Releasing Peptide, Stimulates Cortisol Secretion in Sheep. 査読有り

    Mogi K, Ito S, Matsuyama S, Ohara H, Sakumoto R, Yayo K , Ohkura S, Sutoh M、Mori Y, Okamura H.

    Journal of Reproduction and Development   54 巻 ( 2 ) 頁: 138 - 141   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. 既知個体および自身の映像がホルスタイン種去勢牛の隔離ストレス反応に及ぼす影響 査読有り

    伊藤秀一、矢用健一、松山秀一、森山隆太郎、須藤まどか、粕谷悦子、大蔵聡、岡村裕昭

    応用動物行動学会報(Animal Behaviour and Management)   42 巻 ( 4 ) 頁: 203 - 208   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Acute lipoprivation suppresses pulsatile luteinizing hormone secretion without affecting food intake in female rats. 査読有り

    Shahab M, Sajapitak S, Tsukamura H, Kinoshita M, Matsuyama S, Ohkura S, Yamada S, Uenoyama Y, I’Anson H, Maeda K.

    Journal of Reproduction and Development   52 巻 ( 6 ) 頁: 763 - 772   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Activation of melanocortin receptors accelerates the gonadotropin-releasing hormone pulse generator activity in goats. 査読有り

    Matsuyama S, Ohkura S, Sakurai K, Tsukamura H, Maeda K, Okamura H.

    Neuroscience Letters   383 巻 ( 3 ) 頁: 289 - 294   2005年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Simultaneous observation of the GnRH pulse generator activity and plasma concentrations of metabolites and insulin during fasting and subsequent refeeding periods in Shiba goats. 査読有り

    Matsuyama S, Ohkura S, Ichimaru T, Sakurai K, Tsukamura H, Maeda K, Okamura H.

    Journal of Reproduction and Development   50 巻 ( 6 ) 頁: 697 - 704   2005年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Further evidence for the role of glucose as a metabolic regulator of hypothalamic gonadotropin-releasing hormone pulse generator activity in goats. 査読有り

    Ohkura S, Ichimaru T, Ito F, Matsuyama S, Okamura H.

    Endocrinology   145 巻 ( 7 ) 頁: 3239 - 3246   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Body growth and plasma concentrations of metabolites and metabolic hormones during the pubertal period in female Shiba goats. 査読有り

    Sakurai K, Ohkura S, Matsuyama S, Kato K, Obara Y, Okamura H.

    Journal of Reproduction and Development   50 巻 ( 2 ) 頁: 197 - 205   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Central cholecystokinin-octapeptide accelerates the activity of the hypothalamic gonadotropin-releasing hormone pulse generator in goats. 査読有り

    Ichimaru T, Matsuyama S, Ohkura S, Mori Y, Okamura H.

    Journal of Neuroendocrinology   15 巻 ( 1 ) 頁: 80 - 86   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 29

  1. シバヤギにおけるGnRHパルス発生中枢の制御に関わるセロトニン受容体サブタイプの検討

    鈴村 玲香, 森田 康広, 松山 秀一, 佐々木 拓弥, 北川 悠梨, 井上 直子, 上野山 賀久, 束村 博子, 大蔵 聡

    第113回日本繁殖生物学会大会  2020年9月 

  2. ウシ子宮内膜side population(SP)細胞の遺伝子発現解析と分娩後におけるSP細胞割合の推移

    舘林 亮輝, 中村 翔, 美辺 詩織, 古澤 軌, 阿部 良哉, 加治佐 実希, 森田 康広, 大蔵 聡, 木村 康二, 松山 秀一

    第113回日本繁殖生物学会大会  2020年9月 

  3. メチルグリオキサールがウシ子宮内膜細胞に及ぼす影響

    阿部 良哉, 舘林 亮輝, 加治佐 実希, 森田 康広, 大蔵 聡, 松山 秀一

    第113回日本繁殖生物学会大会  2020年9月 

  4. 分娩後のウシ子宮内膜における老化細胞の蓄積レベルの変化

    加治佐 実希, 舘林 亮輝, 阿部 良哉, 森田 康広, 大蔵 聡, 松山 秀一

    第113回日本繁殖生物学会大会  2020年9月 

  5. 暑熱ストレス下におけるウシの排卵不全メカニズムの解明

    向山 晃永, 館林 亮輝, 北川 悠梨, 阿部 良哉, 鈴村 玲香, 松山 秀一, 大蔵 聡, 森田 康広

    第113回日本繁殖生物学会大会  2020年9月 

  6. シバヤギのパルス状GnRH分泌制御メカニズムにおけるセロトニンの役割

    佐々木 拓弥, 森島 愛, 中西 真莉菜, 鈴村 玲香, 舘林 亮輝, 北川 悠梨, 森田 康広, 松山 秀一, 井上 直子, 上野山 賀久, 束村 博子, 大蔵 聡

    第112回日本繁殖生物学会大会  2019年9月 

  7. ニューロキニンB受容体作動薬投与が夏季のウシ体温に及ぼす影響

    中村翔, 三輪雅史, 森田康広, 山村崇, 若林嘉浩, 大蔵聡, 松山秀一

    第112回日本繁殖生物学会大会  2019年9月 

  8. Understanding the uterine environment in subfertile cattle 招待有り

    MATSUYAMA S, NAKAMURA S, OHKURA S, KIMURA K

    Joint Polish-Japan Seminar "Cutting edge of Reproductive Physiology- Key processes for birth of new life"  2019年9月 

  9. ウシ子宮内膜Side population細胞における幹細胞マーカーの発現解析

    館林亮輝、中村翔、美辺詩織、古澤軌、阿部良哉、森田康広、大蔵聡、木村康二、松山秀一

    第112回日本繁殖生物学会大会  2019年9月 

  10. パルス状GnRH分泌制御機構におけるカルシトニン受容体の役割

    北川 悠梨, 佐々木 拓弥, 森島 愛, 舘林 亮輝, 森田 康広, 松山 秀一, 井上 直子, 上野山 賀久, 束村 博子, 大蔵 聡

    第112回日本繁殖生物学会大会  2019年9月 

  11. 低受胎牛の子宮環境と改善技術 招待有り

    松山秀一

    第3回日本胚移植技術研究会和歌山大会 シンポジウム「畜産領域におけるリキッドバイオプシーの展開」  2019年8月 

  12. ニューロキニンB受容体作動薬投与がウシの体温に及ぼす影響

    中村 翔, 三輪 雅史, 山村 崇, 若林 嘉浩, 松山 秀一

    第111回日本繁殖生物学会大会  2018年9月 

  13. 長鎖脂肪酸への曝露がウシおよびブタ精子の運動性に与える影響

    森山 隆太郎, 平井 直明, 野田 航平, 山口 直哉, 三輪 雅史, 中村 翔, 松山 秀一

    第111回日本繁殖生物学会大会  2018年9月 

  14. 体表温センサによる肉用繁殖牛の分娩時刻予知の検討

    三輪 雅史, 中村 翔, 松山 秀一

    第111回日本繁殖生物学会大会  2018年9月 

  15. ニューロキニンB受容体拮抗剤の経口投与はパルス状LH分泌を抑制する

    佐々木 拓弥, 園田 朋也, 大石 真也, 藤井 信孝, 森田 康広, 松山 秀一, 井上 直子, 上野山 賀久, 束村 博子, 前多 敬一郎, 松田 二子, 大蔵 聡

    第111回日本繁殖生物学会大会  2018年9月 

  16. ニューロキニン作動薬の持続投与がウシの性腺刺激ホルモン分泌に及ぼす影響

    山村 崇, 松山 秀一, 中村 翔, 遠藤 なつ美, 田中 知己, 若林 嘉浩

    第111回日本繁殖生物学会大会  2018年9月 

  17. ウシ子宮内膜におけるミトコンドリア機能の亢進は受胎率を飛躍的に向上させる

    松山秀一、中村 翔、美辺詩織、岩田尚孝、木村康二

    日本受精卵移植関連合同研究会京都大会(第24回日本胚移植研究会大会、第33回東日本家畜受精卵移植技術研究会大会)  2017年9月 

  18. ニューロキニンB受容体作動薬投与が泌乳期ウシの分娩後初回排卵へ及ぼす影響

    中村 翔、若林嘉浩、山村 崇、大蔵 聡、松山秀一

    日本受精卵移植関連合同研究会京都大会(第24回日本胚移植研究会大会、第33回東日本家畜受精卵移植技術研究会大会)  2017年9月 

  19. A Neurokinin 3 Receptor-Selective Agonist, Senktide, Stimulates Pulsatile Luteinizing Hormone Secretion in Lactating Cattle

    Sho Nakamura, Yoshihiro Wakabayashi, Takashi Yamamura, Satoshi Ohkura and Shuichi Matsuyama

    2017年9月 

  20. Effect of aging on the corpus luteum function in beef and dairy cows

    Konomi Hori, Shuichi Matsuyama, Sho Nakamura, Aoba Naito, Mayumi Matsushita, Wakana Arihara, Haruka Kawahara, Takehito Kuwayama, Hisataka Iwata, Akio Miyamoto and Koumei Shirasuna

    2017年9月 

  21. Inflammation, interferon signaling, and cell cycle-related genes are changed with aging in bovine endometrial cells

    Nao Tanikawa, Ayaka Ohtsu, Ryoka Kawahara-Miki, Koji Kimura, Shuichi Matsuyama, Hisataka Iwata, Takehito Kuwayama and Koumei Shirasuna

    2017年9月 

  22. Mitochondrial malfunction in the endometrium of subfertile cattle

    Shuichi Matsuyama, Sho Nakamura, Shiori Minabe and Koji Kimura

    2017年9月 

  23. Establishment of immortalized GnRH neuronal cell lines derived from the cattle brain

    Riho OZAKI, Yoshihisa Uenoyama, Yuta Suetomi, Shuichi Matsuyama, Koji Kimura, Nahoko Ieda, Naoko Inoue, Hiroko Tsukamura, Satoshi Ohkura and Fuko Matsuda

    2017年9月 

  24. 泌乳期ウシにおけるニューロキニンB受容体作動薬が黄体形成ホルモンのパルス状分泌に及ぼす影響

    中村 翔、若林嘉浩、山村 崇、大蔵 聡、松山秀一

    日本下垂体研究会  2017年8月 

  25. ウシ過剰排卵処置時におけるニューロキニンB受容体作動薬の静脈内投与が回収胚の発育ステージおよび遺伝子発現に及ぼす影響

    松山秀一、中村 翔、美辺詩織、大石真也、大蔵 聡、木村康二

    日本受精卵移植関連合同研究会東京大会 第32回東日本家畜受精卵移植技術研究会大会、第23回日本胚移植研究会大会  2016年9月 

  26. 着床前ゲノム選抜技術開発に向けたウシ伸長胚保存法の検討

    藤井 貴志, 平山 博樹, 陰山 聡一, 内藤 学, 福田 茂夫, 吉野 仁美, 松山 秀一, 木村 康二, 早川 宏之, 津田 栄, 森安 悟

    第110回日本繁殖生物学会大会  2016年9月 

  27. ウシ過剰排卵処置時におけるニューロキニンB受容体作動薬の末梢投与が黄体形成ホルモン分泌および回収胚の品質に及ぼす影響

    中村 翔, 木村 康二, 美辺 詩織, 大石 真也, 大蔵 聡, 松山 秀一

    第110回日本繁殖生物学会大会  2016年9月 

  28. ウシ伸長胚を用いた着床前ゲノム選抜技術開発に向けたSNP解析精度の検討

    平山 博樹, 内藤 学, 鹿島 聖志, 藤井 貴志, 陰山 聡一, 坂井 ひとみ, 杉本 喜憲, 松山 秀一, 木村 康二, 早川 宏之, 森安 悟

    第110回日本繁殖生物学会大会  2016年9月 

  29. 分娩後のウシ子宮内膜におけるSide population細胞の発現挙動

    松山 秀一, 美辺 詩織, 中村 翔, 古澤 軌, 池田 光美, 木村 康二

    第110回日本繁殖生物学会大会  2016年9月 

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 5

  1. レスベラトロール子宮内投与による人工授精受胎率向上技術の開発

    2019年9月 - 2020年3月

    大垣共立銀行  第6回 OKBアグリビジネス助成金 

    松山秀一

  2. AIを活用した家畜疾病の早期発見技術の開発

    2017年4月

    農林水産省  革新的技術開発・緊急展開事業(うち人工知能未来創造プロジェクト) 

    松山秀一

  3. ゲノム編集による家畜系統造成の加速化

    2015年4月 - 2018年3月

    農林水産省  農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 

    松山秀一

  4. 生体センシング技術を活用した次世代精密家畜個体管理システムの開発

    2014年4月 - 2017年3月

    内閣府  戦略的イノベーション創造プログラム(次世代農林水産業創造技術) 

    松山秀一

  5. 繁殖サイクルの短縮や受胎率向上のための技術開発

    2012年4月 - 2017年3月

    農林水産省  委託プロジェクト研究 

    松山秀一

科研費 8

  1. オゾンゲルを利用したウシ空胎日数短縮技術の開発

    研究課題/研究課題番号:20K21372  2020年7月 - 2022年3月

    挑戦的研究(萌芽)

    木村 康二

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    分娩によって子宮は大きな物理的損傷を受けるとともに感染・炎症を生じる。空胎日数は子宮内膜の修復と感染治癒に要する時間であり、この延長はウシ生産性低下の一因である。オゾンは強い酸化力と殺菌性を有し薬剤耐性菌の出現もなく、残留性はないが、持続力がなく使用に限界がある。このオゾンをオイルやグリセリン等に溶存させることによって分解を抑制・徐放させる製剤が開発されており(オゾンゲル)、この使用により患部の殺菌だけでなく、創傷早期治癒効果が認められてる。本研究ではこれを用いて、分娩後の子宮内膜感染防止と物理的損傷からの回復を達成することにより、空胎日数短縮を図りウシの妊孕性を向上させる。

  2. 最終糖化産物がウシ子宮、卵管および胚発育に及ぼす影響とその作用機序の解明

    研究課題/研究課題番号:20H03129  2020年4月 - 2024年3月

    松山 秀一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    分娩後の乳牛では、泌乳にともなう負のエネルギーバランスを補うように設計された穀物主体の飼料が給与されているが、受胎率は低下の一途を辿っている。本研究では、高穀物含量の飼料によって産生されるメチルグリオキサールが受胎率低下の一因となっていることを検証する。ウシ生体を用いて、血中メチルグリオキサール濃度の上昇が受胎性に及ぼす影響を明らかにし、次いで、ウシ子宮内膜細胞、卵管細胞、卵子および胚を用いて、メチルグリオキサールが低受胎を引き起こすメカニズムを解明する。

  3. ATP-プリン受容体シグナリングによる哺乳類の排卵中枢制御メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:19H03103  2019年4月 - 2023年3月

    井上 直子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は、ほ乳類の雌の排卵を制御する視床下部視索前野/前腹側室周囲核キスペプチンニューロンに発現するプリン受容体に着目し、ATP-プリン受容体シグナリングが排卵中枢であるキスペプチンニューロンを活性化し排卵に至る神経メカニズムを明らかにすることである。一般的に細胞内のエネルギー通貨として知られるATPは、脳内でプリン作動性神経リガンドとして作用するが生殖機能における役割は不明であった。本研究では、ATP-プリン受容体による排卵中枢キスペプチンニューロンの活性化メカニズムを明らかにするとともに、得られた知見の家畜への応用を検証する。

  4. 子宮腺を有する子宮内膜組織の体外構築とそれを用いたウシ伸長胚発生分化機構の解明

    研究課題/研究課題番号:19H03105  2019年4月 - 2023年3月

    木村 康二

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ヒトやマウスに見られないウシの胚伸長には子宮腺の存在が必須と報告されている。この時期のウシ胚の発生・分化については未解明な部分が多く、そのメカニズムを解明するためには、正常な機能を有する3次元的に体外で構築された子宮腺を含む子宮内膜と胚との共培養が必要とされる。本研究では子宮腺管腔形成メカニズムを解明することにより正常な機能を有する子宮腺を作出し、これを有する体外構築子宮内膜組織を用いてウシ伸長胚の発生分化メカニズムを解明する。
    今年度はウシ子宮腺の体外管腔形成に必要な条件について検討した。食肉センター由来の子宮より子宮上皮層を切除した後、子宮小丘間子宮内膜間質層を採取した。採取後、数ミリ角に組織を細切した後、コラゲナーゼおよびトリプシン溶液により組織を消化した。消化した組織をステンレスメッシュを用いてろ過し、子宮腺組織のみを回収した。回収した組織の多くは断片化していた。この子宮腺組織を50%マトリゲル内に包埋・硬化させた。ゲルの上層には培養液を添加した。なお、培養液ならびにマトリゲル内にはEGF、WNT3,5,7をそれぞれ添加した(EGF+WNT区)。
    培養開始後、無添加区(対照区)およびEGF+WNT区の両者において、包埋された子宮腺断片の多くは嚢胞状の形態に変化し(シスト形成)、両区においてその形成率に差は見られなかった。培養開始3日に上記のように形成したシストのみを採取し、再び同条件でマトリゲル内に包埋し培養を継続させたところ、対照区においてはすべてのシストはシストの形態を維持し続けたが、EGF+WNT区においてはその形態は著しく変化し、子宮腺様構造を呈した。次にこの子宮腺様構造の形成過程をタイムラプス顕微鏡を用いて経時的に観察することにより解析した。培養開始後3日で形成されたシストはその後、シスト内腔は消滅して細胞塊を形成し、その後その細胞塊はスパイラルを描くように回転しながら増殖・伸長した。伸長過程において、一時的に内腔を呈することが確認出来た。
    また、今年度から子牛にプロジェステロン製剤を投与することにより、子宮腺ノックアウトウシ(UGKOウシ)の作出を試みている。当該年度に生まれた子牛2頭にヒツジにおいて報告されている方法に準してプロジェステロン製剤を投与した。現在処理は終了し、そのまま飼養し、性成熟に達してから実験に供する予定である。
    今年度の目標の一つはウシ子宮腺を単離し、これを体外で培養することによって、体外での子宮腺構造の再構成を行うことであった。実績の概要でも示したが、ウシ子宮から単離した子宮腺断片をEGF+WNT存在下のマトリゲル内で包埋培養したところ、子宮腺様構造が出現した。一方、これらの因子の無添加状態ではこの子宮腺様構造の形成が見られないことから、これらの因子が子宮腺様構造の形成に必要であることが明らかとなった。以上の結果は今後の研究推進に必要最低限の条件であり、これを達成できたことから概ね順調に進行していると考えている。
    また、子宮腺形成不全ウシ(子宮腺ノックアウトウシ:UGKOウシ)が今後の研究に必要となってくるが、このウシの作出には2年の年月が必要である。研究の一つの問題点はこのUGKOウシ作出の開始であったが、当該年度内に研究をスタートすることが出来た。他の小課題においてもこのように順調に研究が進展している。
    令和3年度の研究計画としては当該年度に成功した体外形成した子宮腺様構造体の解析を行う。具体的には、子宮腺様構造体を回収し、各種抗体によって免疫染色して体内における子宮腺の染色像と比較する。また、子宮腺様構造体からRNAを抽出し、発現遺伝子についても同じく体内における子宮腺のそれと比較する。また今回は様々な液性因子を子宮腺培養液に添加しているが、それぞれがどのように影響しているのかは定かでない。各因子の子宮腺体外形成にかかわる効果についても検討する。
    子宮腺ノックアウトウシ(UGKOウシ)については、性成熟後、正常な発情周期およびは周期中のホルモン動態を把握するとともに、子宮内膜をバイオプシーし、組織学的に子宮腺が消失しているかを確認する。消失していた場合、過剰排卵処置および人工授精後、14日に子宮潅流によって胚を回収し、胚のサイズを対照牛と比較する。

  5. 牛子宮内膜間質SP細胞の間葉上皮転換による子宮内膜再生機序の解明

    研究課題/研究課題番号:17K08141  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    松山 秀一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    ウシ子宮内膜細胞に存在するside population(SP)細胞とSP細胞以外の子宮内膜細胞における遺伝子発現をRNA-seqにより解析した結果、SP細胞は幹細胞/前駆細胞様の特性を有し、その一部は骨髄由来である可能性が考えられた。子宮内膜細胞におけるSP細胞の割合は分娩直後に低く、その後、徐々に増加することが示されており、SP細胞は分娩後に子宮内膜細胞に分化、増殖する可能性が考えられた。また、高産次で低受胎傾向牛の子宮内膜SP細胞割合は低産次で正常受胎牛と同程度であったことから、SP細胞の割合は産次による影響を受けず、SP細胞の多寡が受胎性に影響を及ぼす可能性も低いことが考えられた。
    本研究では、牛の子宮に組織幹細胞の性質を持った細胞が存在することが明らかにされ、分娩後の子宮修復に関与する可能性が示されました。牛では分娩後の受胎率が低いことが知られています。この受胎率の低下は分娩後の子宮修復の不具合が一因となっている可能性がありますが、本研究の成果は、子宮の組織幹細胞を利用することで子宮修復の不具合を改善させるといった、これまでにないアプローチでの受胎率向上技術の開発に寄与することが期待されます。

  6. ウシ子宮内膜再生メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:15K18806  2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. ウシ人工栄養膜細胞株作出と特性評価およびこれを用いた体外着床モデルの構築

    研究課題/研究課題番号:26292168  2014年4月 - 2018年3月

    木村 康二

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ウシの受胎率向上のためにはウシ胚の発生および着床・妊娠確立メカニズムの解明が必須である。本課題ではウシ着床メカニズム解明のために人工多能性幹細胞および人工栄養膜細胞を樹立し、着床モデル作出の可能性について検討を行った。ウシ胎子羊膜細胞を生体から回収し、これにトランスポゾンベクターを用いて、細胞の多能性獲得に関与する4つの遺伝子を導入することにより、上記細胞株の作出を行った。その結果、生殖系列への寄与が確認できたウシ人工多能性幹細胞株および栄養膜細胞の特徴を備えた人口栄養膜細胞株の樹立に成功した。

  8. 子宮内膜再生に寄与するウシ子宮内膜幹細胞の同定

    研究課題/研究課題番号:25850225  2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 3

  1. 受胎性促進剤

    松山秀一、木村康二

     詳細を見る

    出願番号:特願2016-207865 

  2. 牛の過排卵誘起用皮下注射剤

    木村康二、松山秀一、石井健容、関誠、濱田俊哉

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2014/063672 

  3. 牛の過排卵誘起用皮下注射剤

    木村康二、松山秀一、石井健容、関誠、濱田俊哉

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-151440