2021/09/22 更新

写真a

アズマ ナオキ
東 直輝
AZUMA Naoki
所属
大学院工学研究科 マイクロ・ナノ機械理工学専攻 マイクロ・ナノ機械科学 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 機械・航空宇宙工学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2018年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 6

  1. ナノ計測

  2. バイオ計測

  3. マイクロ流体チップ

  4. 超解像イメージング

  5. マイクロ・ナノレオロジー

  6. トライボロジー

研究分野 2

  1. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学  / マイクロ・ナノ計測

  2. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学  / ナノマイクロ流体,ナノレオロジー

現在の研究課題とSDGs 2

  1. ナノすきまに閉じ込められた液体の流れ・すきま分布計測

  2. マイクロ流体デバイスと光学的超解像法によるDNA一分子分析

経歴 1

  1. 名古屋大学   工学研究科マイクロ・ナノ機械理工学専攻   助教

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 名古屋大学   工学研究科   マイクロ・ナノ機械理工学専攻

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 機械学会

  2. 応用物理学会

  3. トライボロジー学会

委員歴 5

  1. 日本機械学会   2022 JSME-IIP/ASME-ISPS Joint Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment (MIPE2022, Nagoya, Japan) 委員  

    2021年4月 - 2022年8月   

  2. 日本トライボロジー学会   編集委員会 委員  

    2021年4月 - 2022年3月   

  3. 日本トライボロジー学会   編集委員会 委員 校閲幹事  

    2020年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 日本機械学会   情報・知能・精密機器部門)編集委員会 幹事  

    2020年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 日本トライボロジー学会   編集委員会 委員  

    2019年4月 - 2020年3月   

受賞 2

  1. 日本機械学会若手優秀講演フェロー賞

    2016年3月   日本機械学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 武藤栄次賞優秀学生賞

    2014年3月   日本設計工学会  

 

論文 14

  1. Super-localization of individual fluorophores along a DNA strand in a microchannel 査読有り

    Naoki Azuma, Kenji Fukuzawa, Shintaro Itoh

    Applied Physics Letters     2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Measurement of escape time of concentrated DNA molecules in front of a nanogap 査読有り

    Azuma N., Fukuzawa K., Itoh S.

    Applied Physics Express   14 巻 ( 1 ) 頁: 015001 - 015001   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied Physics Express  

    In this study, we proposed a method to measure the escape time of DNA molecules trapped in front of a nanogap by concentrating DNA molecules in front of a nanogap and observing the escape process upon their entry. We measured the escape time for λDNA molecules entering a 25 nm deep nanogap in the semi-dilute unentangled regime to verify the validity of our method. Our obtained escape time was the same order of the relaxation time of the DNA molecule, represented by the Rouse model.

    DOI: 10.35848/1882-0786/abd199

    Scopus

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.35848/1882-0786/abd199/pdf

  3. Optimizing on-chip concentration of DNA molecules against a nanoslit barrier 査読有り

    Naoki Azuma, Shintaro Itoh, Kenji Fukuzawa

    Microfluidics and Nanofluidics   24 巻 ( 86 ) 頁: 13   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10404-020-02392-w

    Scopus

  4. ReaxFF Reactive Molecular Dynamics Simulations of Mechano-chemical Decomposition of Perfluoropolyether Lubricants in Heat-assisted Magnetic Recording 査読有り

    Xingyu Chen, Kento Kawai, Hedong Zhang, Kenji Fukuzawa, Nobuaki Koga, Shintaro Itoh, Naoki Azuma

    Journal of Physical Chemistry C   124 巻 ( 41 ) 頁: 22496–22505   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.0c06486

  5. Extension of measurement range of lubrication gap shape using vertical-objective-type ellipsometric microscopy with two compensator angles 査読有り

    Namba Katsuya, Fukuzawa Kenji, Itoh Shintaro, Zhang Hedong, Azuma Naoki

    TRIBOLOGY INTERNATIONAL   142 巻 ( 105980 ) 頁: 8   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology International  

    A method for measuring gap shape during lubrication is presented that uses vertical-objective-type ellipsometric microscopy with two compensator angles. It extends the gap measurement range to over 200 nm and can provide measurement accuracy better than 2 nm for gaps of 0–200 nm without adding any special layer on the sliding surface. Furthermore, the proposed method successfully observed nanometric deformation of the sliding surface under reciprocating sliding conditions. The results suggested that lubrication gaps on the order of tens of nm did not obey conventional theory in the hydrodynamic lubrication regime.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2019.105980

    Web of Science

    Scopus

  6. 閉じこめ効果を利用したDNA分子の伸長における電場の強さと勾配の影響の検証

    永田 春香, 伊藤 伸太郎, 東 直輝, 福澤 健二, 張 賀東

    年次大会   2020 巻 ( 0 )   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    <p>For reading out genomic information from a single molecule of DNA, it is required to establish a DNA extension method that stretches a DNA molecule existing in a random coil state in a solution. To achieve highly stretched DNA molecules, we utilized and experimentally verified the effect of hydrodynamic drag force and electric field gradient in addition to the effect of nano-confinement; channels heights smaller than the persistence length of DNA molecules. In our experimental results, we revealed that the higher the migration velocity, the higher the elongation rate of DNA molecules. Moreover, by comparing the elongation rate of molecules measured in rectangular and taper-shaped nanoslits, we were able to achieve a higher degree of elongation in the latter type, which had the electric field gradient.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.J13115

    CiNii Article

  7. 表面開始グラフト重合により作成したリン脂質ポリマーブラシ膜の水和状態における摩擦特性:(水中に浮遊したポリマーの影響)

    廣岡 千鶴, 伊藤 伸太郎, 福澤 健二, 張 賀東, 東 直輝

    年次大会   2020 巻 ( 0 )   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.J13121

    CiNii Article

  8. Dynamic Viscoelasticity of Hydrated Phospholipid Polymer Brush Measured by Fiber Wobbling Method 招待有り 査読有り

    S. Itoh, S. Aoyama, Y. Higashizaka, K. Fukuzawa, H. Zhang, N. Azuma

    Proceedings of the STLE/ASME International Joint Tribology Conference     2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  9. Gap and Shear Rate Dependence of Viscoelasticity of Lubricants with Polymer Additives Sheared in Nano Gaps 招待有り 査読有り

    S Itoh, R Aoki, K Fukuzawa, H Zhang, N Azuma, Y Onumata

    Proceedings of the STLE/ASME International Joint Tribology Conference     2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  10. Separation of large DNA molecules by applying pulsed electric field to size exclusion chromatography-based microchip 査読有り

    Azuma Naoki, Itoh Shintaro, Fukuzawa Kenji, Zhang Hedong

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   57 巻 ( 2 ) 頁: 8   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Applied Physics  

    Through electrophoresis driven by a pulsed electric field, we succeeded in separating large DNA molecules with an electrophoretic microchip based on size exclusion chromatography (SEC), which was proposed in our previous study. The conditions of the pulsed electric field required to achieve the separation were determined by numerical analyses using our originally proposed separation model. From the numerical results, we succeeded in separating large DNA molecules (λ DNA and T4 DNA) within 1600 s, which was approximately half of that achieved under a direct electric field in our previous study. Our SEC-based electrophoresis microchip will be one of the effective tools to meet the growing demand of faster and more convenient separation of large DNA molecules, especially in the field of epidemiological research of infectious diseases.

    DOI: 10.7567/JJAP.57.027002

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  11. Optimization of applied voltages for on-chip concentration of DNA using nanoslit 査読有り

    Azuma Naoki, Itoh Shintaro, Fukuzawa Kenji, Zhang Hedong

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   56 巻 ( 12 ) 頁: 8   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Applied Physics  

    On-chip sample concentration is an effective pretreatment to improve the detection sensitivity of lab-on-a-chip devices for biochemical analysis. In a previous study, we successfully achieved DNA sample concentration using a nanoslit fabricated in the microchannel of a device designed for DNA size separation. The nanoslit was a channel with a depth smaller than the diameter of a random coil-shaped DNA molecule. The concentration was achieved using the entropy trap at the boundary between the microchannel and the nanoslit. DNA molecules migrating toward the nanoslit owing to electrophoresis were trapped in front of the nanoslit and the concentration was enhanced over time. In this study, we successfully maximize the molecular concentration by optimizing the applied voltage for electrophoresis and verifying the effect of temperature. In addition, we propose a model formula that predicts the molecular concentration, the validity of which is confirmed through comparison with experimental results.

    DOI: 10.7567/JJAP.56.127001

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  12. サイズ排除型電気泳動チップにおけるパルス駆動を用いた大分子量 DNA のサイズ分離の高速化

    東 直輝, 伊藤 伸太郎, 福澤 健二, 張 賀東

    IIP情報・知能・精密機器部門講演会講演論文集   2017 巻 ( 0 ) 頁: E - 1   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    Size separation of large DNA molecules (10 kbp – 1000 kbp) is one of the fundamental procedures for identifying bacterium&rsquo;s genotypes, which should be fast for quick defection of infectious diseases. In our conventional study, we developed an electrophoresis microchip based on size exclusion chromatography. This separation has an advantage that it does not cause large deformation of DNA, which is important for separation of large DNAs because they can be easily fragmented. We achieved separation of large DNAs (48 kbp + 166 kbp) driven by a direct electric field as electrophoretic condition of DNA. However, it caused long separation time (3000 s) because DNAs migration was slow due to low applied voltage for the separation. In this study, we achieved faster separation of DNAs using a pulsed electric field under which applied voltage can be higher.

    DOI: 10.1299/jsmeiip.2017.E-01

    CiNii Article

  13. Separation of large DNA molecules by size exclusion chromatography-based microchip with on-chip concentration structure 査読有り

    Naoki Azuma, Shintaro Itoh, Kenji Fukuzawa, Hedong Zhang

    Japanese Journal of Applied Physics   55 巻 ( 06GN01 ) 頁: 8   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Improvement of resolution in SEC-type DNA separation microchip by on-chip concentration using nano-slit 査読有り

    Naoki Azuma, Shintaro Itoh, Yusuke Sugimoto, Kenji Fukuzawa, Hedong Zhang

    Proceedings of the JSME-IIP/ASME-ISPS Joint International Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment   2015 巻 ( MoB-2-4 )   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: https://doi.org/10.1299/jsmemipe.2015._MoB-2-4-1

▼全件表示

MISC 40

  1. Stretching and fixing DNA molecules on air-plasma-treated surface by using an air/water interface in a microchannel

    Naoki AZUMA Shintaro ITOh, Kenji FUKUZAWA, Hedong ZHANG  

    The 64th International Conference On Electron, Ion and Photon Beam Technology and Nanofabrication   2021年6月

  2. 潤滑油からのポリアルキルメタクリレート (PAMA)ポリマー吸着膜の形成メカニズム と構造

    ソンユシ,福澤健二,伊藤伸太郎,張賀東,東直輝  

    トライボロジー会議2021 春   2021年5月

  3. ナノ深さ流路中での蛍光相関分析法によ る一様ナノすきまの潤滑剤の粘度計測

    高島純平,長谷川奨,福澤健二,東直輝,伊藤伸太郎,張賀東  

    トライボロジー会議2021 春   2021年5月

  4. ナノすき間でせん断される潤滑油粘弾性 に対するポリアルキルメタクリレート系添 加剤の分子量の影響

    大久保尚哉, 伊藤伸太郎,福澤健二,張賀東,東直輝  

    トライボロジー会議2021 春   2021年5月

  5. 水和したリン脂質ポリマーブラシの動的ず り粘弾性のせん断隙間依存性(第3報)

    林楓昌,伊藤伸太郎,福澤健二,張賀東,東直輝  

    トライボロジー会議2021 春   2021年5月

  6. 垂直観測型エリプソメトリー顕微鏡を用い たナノすきま液体のすきま一定型せん断 応答計測

    加藤剛史,山中魁人 ,福澤健二,伊藤伸太郎,東直輝,張賀東  

    トライボロジー会議2021 春   2021年5月

  7. 熱アシスト磁気記録における PFPE 潤滑膜の分解に及ぼす水と酸素分子の影響に関する反応分子動力学解析

    青砥 巧真, 陳 星宇, 張 賀東, 福澤 健二, 伊藤 伸太郎, 東 直輝  

    IIP2021 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 講演論文集   2021年3月

  8. 潤滑油中における有機摩擦調整剤の作用メカニズム解明のための表面吸着特性計測

    葛谷 光平, 張 賀東, 福澤 健二, 伊藤 伸太郎, 東 直輝, Seanghai Hor, 塚本 眞幸  

    IIP2021 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 講演論文集   2021年3月

  9. 量子ドットを用いた蛍光一分子追跡によるマイクロすきまのスクイーズ流れ計測

    美木 克貴, 東 直輝, 福澤 健二, 伊藤 伸太郎, 張 賀東  

    IIP2021 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 講演論文集   2021年3月

  10. パターニングした水和ポリマーブラシ膜のせん断時における粘弾性と膜厚の同時計測

    林 楓昌, 伊藤 伸太郎, 福澤 健二, 張 賀東, 東 直輝  

    IIP2021 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 講演論文集   2021年3月

  11. マイクロ流路内の気液界面移動によるDNA 分子の伸長・固定と一分子の超解像イメージング

    東 直輝, 福澤 健二, 伊藤 伸太郎  

    2021年第68回応用物理学会春季学術講演会   2021年3月

  12. ファイバーウォブリング法によるフラーレン添加潤滑油の界面粘弾性計測

    伊藤伸太郎,永井達也,福澤健二,東直輝,張賀東  

    トライボロジー会議2020 秋 別府   2020年11月

  13. 垂直観測型エリプソメトリー顕微鏡を用いたナノすきま液体のせん断応答計測

    山中魁人,福澤健二,東直輝,伊藤伸太郎,張賀東  

    トライボロジー会議2020 秋 別府   2020年11月

  14. 反応分子動力学による熱アシスト磁気記録における PFPE 潤滑膜の熱分解と移着の解析

    陳 星宇,張 賀東,福澤 健二,伊藤 伸太郎,東 直輝  

    日本機械学会2020年度年次大会   2020年9月

  15. 表面開始グラフト重合により作成したリン脂質ポリマーブラシ膜の水和状態における摩擦特性(水中に浮遊したポリマーの影響)

    廣岡 千鶴,伊藤 伸太郎,福澤 健二,張 賀東,東 直輝  

    日本機械学会2020年度年次大会論文集   2020年9月

  16. マイクロ流体デバイスを用いた蛍光相関分光法による一様微小隙間での潤滑剤粘度計測

    長谷川 奨,木本 貴幸,福澤 健二,伊藤 伸太郎,東 直輝,張 賀東  

    日本機械学会2020年度年次大会論文集   2020年9月

  17. ナノ厚さリン脂質ポリマーブラシ膜のずり粘弾性定量化に向けた光干渉縞計測によるせん断すき間同定法

    林 楓昌,伊藤 伸太郎,福澤 健二,張 賀東,東 直輝  

    日本機械学会2020年度年次大会論文集   2020年9月

  18. 粗視化分子動力学法を用いた表面粗さが潤滑油中の脂肪酸添加剤の吸着挙動に及ぼす影響の解析

    湯 嘉コウ,張 賀東,福澤 健二,伊藤 伸太郎,東 直輝  

    日本機械学会2020年度年次大会論文集   2020年9月

  19. DNA1分子サイズ測定のための微小流路内の気液界面の移動を用いた分子の伸長・固定~分子伸長率の気液界面の移動速度依存性~

    東 直輝,浅井 泰平,福澤 健二,伊藤 伸太郎,張 賀東  

    IIP2020 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 講演論文集   2020年3月

  20. 隙間制御機構を付与した原子間力顕微鏡プローブによる微小隙間のスクイズ力計測

    稲川 賢人,福澤 健二,伊藤 伸太郎,張 賀東  

    IIP2020 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 講演論文集   2020年3月

  21. マイクロ流体デバイスと蛍光相関分光法の組み合わせによる一様微小隙間での潤滑剤粘度計測

    木本 貴幸,福澤 健二,伊藤 伸太郎,東 直輝,張 賀東  

    IIP2020 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 講演論文集   2020年3月

  22. ナノスリット流路を電気泳動する大分子量DNAの分子伸長とその電圧依存性

    永田春香,伊藤伸太郎,東 直輝,福澤 健二,張 賀東  

    IIP2020 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 講演論文集   2020年3月

  23. 反応分子動力学による熱アシスト磁気記録におけるPFPE潤滑膜のメカノケミカル分解解析

    陳星宇,川合健斗,張賀東,福澤健二,伊藤伸太郎,東直輝  

    IIP2020 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 講演論文集   2020年3月

  24. DNA分子濃縮を用いたナノ隙間手前の分子のトラップ時間の測定

    東直輝, 福澤健二, 伊藤伸太郎, 張賀東  

    第10回マイクロ・ナノ工学シンポジウム   2019年11月

  25. Dynamic Viscoelasticity of Hydrated Phospholipid Polymer Brush Measured by Fiber Wobbling Method

    Shintaro Itoh, Shoko Aoyama, Yuu Higashizaka, Kenji Fukuzawa, Hedong Zhang, Naoki Azuma  

    2019 STLE Tribology Frontiers Conference   2019年10月

  26. Measurement of Trapping Time of DNA Molecule in Nanofluidic Entropy Trap using DNA Concentration

    Naoki Azuma Shintaro Itoh, Kenji Fukuzawa, Hedong Zhang  

    32nd International Microprocesses and Nanotechnology Conference   2019年10月

  27. Stretching of DNA Molecules Migrating through a Nanoslit by Electrophoresis and Its Dependence on Voltages

    Haruka Nagata, Shintaro Itoh, Naoki Azuma, Kenji Fukuzawa, Hedong Zhang  

    32nd International Microprocesses and Nanotechnology Conference   2019年10月

  28. Gap and Shear Rate Dependence of Viscoelasticity of Lubricants with Polymer Additives Sheared in Nano Gap

    Shintaro Itoh, Kenji Fukuzawa, Ryosuke Aoki, Hedong Zhang, Naoki Azuma, Yasushi Onuma  

    2019 STLE Tribology Frontiers Conference   2019年10月

  29. 水和したリン脂質ポリマーブラシの動的ずり粘弾性のせん断隙間依存性(第2報)

    伊藤伸太郎,青山祥子,東坂悠,福澤健二,張賀東,東直輝  

    トライボロジー会議2019春 東京   2019年5月

  30. ナノスリットによるDNA分子濃縮における理論モデルを用いた印加電圧の最適化

    東 直輝,福澤 健二,伊藤 伸太郎,張 賀東  

    IIP2019情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会   2019年3月

  31. ポリイソブチレンを添加したポリアルファオレフィン潤滑油のナノ隙間におけるずり粘弾性

    青木亮介,伊藤伸太郎,福澤健二,張賀東,東直輝  

    トライボロジー会議2018 秋 伊勢   2018年11月

  32. しゅう動痕に形成されたサブミクロン厚さグリース膜のファイバーウォブリング法による粘弾性計測

    穴井達啓,伊藤伸太郎,福澤健二,張賀東,東直輝,根岸秀世  

    トライボロジー会議2018 秋 伊勢   2018年11月

  33. 水和したリン脂質ポリマーブラシの動的粘弾性のせん断隙間依存性

    青山祥子,伊藤伸太郎,福澤健二,張賀東,東直輝  

    トライボロジー会議2018 秋 伊勢   2018年11月

  34. マイクロ流路内に形成したナノスリットによるDNA試料のオンチップ濃縮

    東 直輝, 伊藤 伸太郎, 福澤 健二, 張 賀東  

    第8回マイクロ・ナノ工学シンポジウム2017   2017年10月

  35. サイズ排除型電気泳動チップにおけるパルス駆動を用いた大分子量 DNA のサイズ分離の高速化

    東 直輝, 伊藤 伸太郎, 福澤 健二, 張 賀東  

    IIP情報・知能・精密機器部門講演会講演論文集2017 巻 ( 0 ) 頁: E - 1   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    Size separation of large DNA molecules (10 kbp – 1000 kbp) is one of the fundamental procedures for identifying bacterium&amp;rsquo;s genotypes, which should be fast for quick defection of infectious diseases. In our conventional study, we developed an electrophoresis microchip based on size exclusion chromatography. This separation has an advantage that it does not cause large deformation of DNA, which is important for separation of large DNAs because they can be easily fragmented. We achieved separation of large DNAs (48 kbp + 166 kbp) driven by a direct electric field as electrophoretic condition of DNA. However, it caused long separation time (3000 s) because DNAs migration was slow due to low applied voltage for the separation. In this study, we achieved faster separation of DNAs using a pulsed electric field under which applied voltage can be higher.

    CiNii Article

  36. Reduction of Analysis Time in the Size Separation of Large DNA Using Size Exclusion Chromatography-Based Electrophoresis Microchip Driven by Pulsed Electric Field.

    Naoki Azuma,Shintaro Itoh,,Kenji Fukuzawa,Hedong Zhang  

    29th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2016)   2016年11月

  37. 電気泳動マイクロチップによる大分子量DNAサイズ分離(理論モデル解析に基づく泳動電圧の最適化)

    東 直輝, 伊藤 伸太郎,  福澤 健二, 張 賀東  

    IIP2016 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 講演論文集   2016年3月

  38. Separation of Large DNA Molecules by Size Exclusion Chromatography Type Microchip with on-Chip Concentration Structure

    Naoki Azuma,Shintaro Itoh,,Kenji Fukuzawa,Hedong Zhang  

    28th International Microprocesses and Nanotechnology Conference(MNC2015)   2015年11月

  39. Improvement of resolution in sec-type dna separation microchip by on-chip concentration using nano-slit

    Naoki Azuma, Shintaro Itoh, Yusuke Sugimoto, Kenji Fukuzawa, Hedong Zhang  

    2015 JSME-IIP/ASME-ISPS Joint International Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment (MIPE2015)   2015年6月

  40. ナノスリットを用いたオンチップ濃縮によるサイズ排除型DNA分離法の分離能の向上

    東 直輝, 伊藤 伸太郎, 杉本 悠介, 福澤 健二, 張 賀東  

    日本機械学会2014年度年次大会論文集   2014年9月

▼全件表示

講演・口頭発表等 39

  1. Stretching and fixing DNA molecules on air-plasma-treated surface by using an air/water interface in a microchannel

    Naoki AZUMA Shintaro ITOh, Kenji FUKUZAWA, Hedong ZHANG

    The 64th International Conference On Electron, Ion and Photon Beam Technology and Nanofabrication 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

  2. 潤滑油からのポリアルキルメタクリレート (PAMA)ポリマー吸着膜の形成メカニズム と構造

    ソンユシ,福澤健二,伊藤伸太郎,張賀東,東直輝

    トライボロジー会議2021 春 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

  3. 垂直観測型エリプソメトリー顕微鏡を用い たナノすきま液体のすきま一定型せん断 応答計測

    加藤剛史,山中魁人 ,福澤健二,伊藤伸太郎,東直輝,張賀東

    トライボロジー会議2021 春 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

  4. ナノ深さ流路中での蛍光相関分析法によ る一様ナノすきまの潤滑剤の粘度計測

    高島純平,長谷川奨,福澤健二,東直輝,伊藤伸太郎,張賀東

    トライボロジー会議2021 春 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

  5. ナノすき間でせん断される潤滑油粘弾性 に対するポリアルキルメタクリレート系添 加剤の分子量の影響

    大久保尚哉, 伊藤伸太郎,福澤健二,張賀東,東直輝

    トライボロジー会議2021 春 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

  6. 水和したリン脂質ポリマーブラシの動的ず り粘弾性のせん断隙間依存性(第3報)

    林楓昌,伊藤伸太郎,福澤健二,張賀東,東直輝

    トライボロジー会議2021 春 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

  7. マイクロ流路内の気液界面移動によるDNA 分子の伸長・固定と一分子の超解像イメージング

    東 直輝, 福澤 健二, 伊藤 伸太郎

    2021年第68回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  8. パターニングした水和ポリマーブラシ膜のせん断時における粘弾性と膜厚の同時計測

    林 楓昌, 伊藤 伸太郎, 福澤 健二, 張 賀東, 東 直輝

    IIP2021 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  9. 量子ドットを用いた蛍光一分子追跡によるマイクロすきまのスクイーズ流れ計測

    美木 克貴, 東 直輝, 福澤 健二, 伊藤 伸太郎, 張 賀東

    IIP2021 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  10. 熱アシスト磁気記録における PFPE 潤滑膜の分解に及ぼす水と酸素分子の影響に関する反応分子動力学解析

    青砥 巧真, 陳 星宇, 張 賀東, 福澤 健二, 伊藤 伸太郎, 東 直輝

    IIP2021 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  11. 潤滑油中における有機摩擦調整剤の作用メカニズム解明のための表面吸着特性計測

    葛谷 光平, 張 賀東, 福澤 健二, 伊藤 伸太郎, 東 直輝, Seanghai Hor, 塚本 眞幸

    IIP2021 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  12. ファイバーウォブリング法によるフラーレン添加潤滑油の界面粘弾性計測

    伊藤伸太郎,永井達也,福澤健二,東直輝,張賀東

    トライボロジー会議2020 秋  

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  13. 垂直観測型エリプソメトリー顕微鏡を用いたナノすきま液体のせん断応答計測

    山中魁人,福澤健二,東直輝,伊藤伸太郎,張賀東

    トライボロジー会議2020 秋  

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  14. 粗視化分子動力学法を用いた表面粗さが潤滑油中の脂肪酸添加剤の吸着挙動に及ぼす影響の解析

    湯 嘉コウ,張 賀東,福澤 健二,伊藤 伸太郎,東 直輝

    日本機械学会2020年度年次大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  15. 反応分子動力学による熱アシスト磁気記録における PFPE 潤滑膜の熱分解と移着の解析

    陳 星宇,張 賀東,福澤 健二,伊藤 伸太郎,東 直輝

    日本機械学会2020年度年次大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  16. 表面開始グラフト重合により作成したリン脂質ポリマーブラシ膜の水和状態における摩擦特性(水中に浮遊したポリマーの影響)

    廣岡 千鶴,伊藤 伸太郎,福澤 健二,張 賀東,東 直輝

    日本機械学会2020年度年次大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  17. マイクロ流体デバイスを用いた蛍光相関分光法による一様微小隙間での潤滑剤粘度計測

    長谷川 奨,木本 貴幸,福澤 健二,伊藤 伸太郎,東 直輝,張 賀東

    日本機械学会2020年度年次大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  18. ナノ厚さリン脂質ポリマーブラシ膜のずり粘弾性定量化に向けた光干渉縞計測によるせん断すき間同定法

    林 楓昌,伊藤 伸太郎,福澤 健二,張 賀東,東 直輝

    日本機械学会2020年度年次大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  19. 反応分子動力学による熱アシスト磁気記録におけるPFPE潤滑膜のメカノケミカル分解解析

    陳星宇,川合健斗,張賀東,福澤健二,伊藤伸太郎,東直輝

    IIP2020 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. DNA1分子サイズ測定のための微小流路内の気液界面の移動を用いた分子の伸長・固定 ~分子伸長率の気液界面の移動速度依存性~

    東 直輝,浅井 泰平,福澤 健二,伊藤 伸太郎,張 賀東

    IIP2021 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. マイクロ流体デバイスと蛍光相関分光法の組み合わせによる一様微小隙間での潤滑剤粘度計測

    木本 貴幸,福澤 健二,伊藤 伸太郎,東 直輝,張 賀東

    IIP2020 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. ナノスリット流路を電気泳動する大分子量DNAの分子伸長とその電圧依存性

    永田春香,伊藤伸太郎,東 直輝,福澤 健二,張 賀東

    IIP2020 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. DNA分子濃縮を用いたナノ隙間手前の分子のトラップ時間の測定

    東直輝, 福澤健二, 伊藤伸太郎, 張賀東

    第10回マイクロ・ナノ工学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. Stretching of DNA Molecules Migrating through a Nanoslit by Electrophoresis and Its Dependence on Voltages 国際会議

    Haruka NAGATA, Shintaro ITOH, Naoki AZUMA, Kenji FUKUZAWA,

    32nd International Microprocesses and Nanotechnology Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. Measurement of Trapping Time of DNA Molecule in Nanofluidic Entropy Trap using DNA Concentration 国際会議

    Naoki AZUMA Shintaro ITOh, Kenji FUKUZAWA, Hedong ZHANG

    32nd International Microprocesses and Nanotechnology Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. Gap and Shear Rate Dependence of Viscoelasticity of Lubricants with Polymer Additives Sheared in Nano Gap 国際会議

    Shintaro ITOh, Kenji FUKUZAWA, Ryosuke AOKI, Hedong ZHANG, Naoki AZUMA, Yasushi ONUMA

    2019 STLE Tribology Frontiers Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  27. 水和したリン脂質ポリマーブラシの動的ずり粘弾性のせん断隙間依存性(第2報)

    伊藤伸太郎,青山祥子,東坂悠,福澤健二,張賀東,東直輝

    トライボロジー会議2019春 東京 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. サイズ排除型マイクロ電気泳動チップによる大分子量DNAのサイズ分離 招待有り

    伊藤 伸太郎, 東 直輝

    第13回集積化MEMS技術研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  29. ナノスリットによるDNA 分子濃縮における理論 モデルを用いた印加電圧の最適化

    東 直輝,福澤 健二,伊藤 伸太郎,張 賀東

    IIP2019情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東洋大学 川越キャンパス   国名:日本国  

  30. しゅう動痕に形成されたサブミクロン厚さグリー ス膜のファイバーウォブリング法による粘弾性 計測

    穴井達啓,伊藤伸太郎,福澤健二,張賀東,東直輝,根岸秀世

    トライボロジー会議2018 秋 伊勢 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. 水和したリン脂質ポリマーブラシの動的粘弾性 のせん断隙間依存性

    青山祥子,伊藤伸太郎,福澤健二,張賀東,東直輝

    トライボロジー会議2018 秋 伊勢 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. ポリイソブチレンを添加したポリアルファオレフィ ン潤滑油のナノ隙間におけるずり粘弾性

    青木亮介,伊藤伸太郎,福澤健二,張賀東,東直輝

    トライボロジー会議2018 秋 伊勢 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. マイクロ流路内に形成したナノスリットによるDNA試料のオンチップ濃縮

    東 直輝, 伊藤 伸太郎, 福澤 健二, 張 賀東

    第8回マイクロ・ナノ工学シンポジウム2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月 - 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. サイズ排除型電気泳動チップにうけるパルス駆動を用いた大分子量DNAサイズ分離の高速化

    東 直輝,伊藤 伸太郎,福澤 健二,張 賀東

    IIP2017 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. Reduction of Analysis Time in the Size Separation of Large DNA Using Size Exclusion Chromatography-Based Electrophoresis Microchip Driven by Pulsed Electric Field. 国際会議

    Naoki Azuma, Shintaro Itoh, Kenji Fukuzawa, Hedong Zhang

    29th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  36. 電気泳動マイクロチップによる大分子量DNAサイズ分離(理論モデル解析に基づく泳動電圧の最適化)

    東 直輝, 伊藤 伸太郎,  福澤 健二, 張 賀東

    IIP2016 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. Separation of Large DNA Molecules by Size Exclusion Chromatography Type Microchip with on-Chip Concentration Structure 国際会議

    Naoki Azuma,Shintaro Itoh,,Kenji Fukuzawa,Hedong Zhang

    28th International Microprocesses and Nanotechnology Conference(MNC2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  38. Improvement of resolution in SEC-type DNA separation microchip by on-chip concentration using nano-slit 国際会議

    Naoki Azuma, Shintaro Itoh, Yusuke Sugimoto, Kenji Fukuzawa, Hedong Zhang

    2015 JSME-IIP/ASME-ISPS Joint International Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment (MIPE2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kobe, Japan   国名:日本国  

  39. ナノスリットを用いたオンチップ濃縮によるサイズ排除型DNA分離法の分離能の向上

    東 直輝, 伊藤 伸太郎, 杉本 悠介, 福澤 健二, 張 賀東

    日本機械学会2014年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. ナノすきま潤滑現象解明のためのすきま分布・流れ分布計測を実現する顕微鏡システム開発

    2021年4月 - 2022年3月

  2. ナノすきま摺動におけるすきま形状と潤滑油流れの同時計測法の提案

    2020年4月 - 2021年3月

科研費 4

  1. 3次元センサ構造を作りこんだマイクロ集積化ワイヤ

    2021年4月 - 2023年3月

    挑戦的研究(開拓) 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  2. DNA1分子で数nm精度のDNA編集用タンパク質結合位置特定法

    研究課題/研究課題番号:21K14511  2021年4月 - 2023年3月

    若手研究  若手研究

    東 直輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究は,DNA1分子でCas9タンパク質の結合位置特定を実現する新規手法の提案を目的とする.微小流路内のDNA1分子操作を用いてCas9タンパク質の結合・抽出と分子の伸長・固定を,STORM(Stochastic optical reconstruction microscopy)による光学的超解像法を用いて高精度な結合位置特定を実現する.

  3. 集積化マイクロデバイスを用いたナノすきま潤滑の素過程の解明

    研究課題/研究課題番号:20H00214  2020年4月 - 2023年3月

    基盤研究A  基盤研究A

    福澤 健二

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    材料・加工技術の進歩に対応して,摺動すきまの微小化が要請されているが,ナノすきま潤滑技術は確立されていない.ナノすきまの潤滑剤の特性には平行な摺動面が,互いに平行に相対運動する摺動計測系が求められるが実現は困難であった.本研究では,マイクロマシン技術を用いて摺動部・アクチュエータを集積化した平行平面摺動系を構築する.これを用い摺動時の力計測に加えすきま分布と潤滑液体の流れ場も計測可能な,すきまを精密に規定した潤滑計測法を確立し,ナノすきまでの流体潤滑の素過程解明のための基盤的知見を得る.

  4. ナノ構造による1分子操作と光学的超解像法を組み合わせたDNA1分子サイズ分析法

    研究課題/研究課題番号:19K21109  2018年 - 2019年

    研究活動スタート支援 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 5

  1. 機械・航空宇宙工学実験第1

    2020

  2. 数学2及び演習

    2019

  3. 機械・航空宇宙工学実験第1

    2019

  4. 数学2及び演習

    2018

  5. 機械・航空宇宙工学実験第1

    2018