2021/04/05 更新

写真a

ワタナベ ノブユキ
渡辺 伸元
WATANABE Nobuyuki
所属
医学部附属病院 消化器外科一 助教
職名
助教
外部リンク

学位 1

  1. 医学博士 ( 2017年9月   名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 消化器外科学

 

論文 4

  1. Postoperative Pancreatic Fistula in Surgery for Perihilar Cholangiocarcinoma 査読有り 国際誌

    Watanabe Nobuyuki, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Nagino Masato

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   43 巻 ( 12 ) 頁: 3094 - 3100   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Journal of Surgery  

    DOI: 10.1007/s00268-019-05127-3

    Web of Science

    Scopus

  2. The influence of the preoperative thickness of the abdominal cavity on the gastrojejunal anatomic position and delayed gastric emptying after pancreatoduodenectomy 査読有り 国際誌

    Watanabe Nobuyuki, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Nagino Masato

    HPB   22 巻 ( 12 ) 頁: 1695 - 1702   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:HPB  

    DOI: 10.1016/j.hpb.2020.03.016

    Web of Science

    Scopus

  3. Clinical influence of preoperative factor XIII activity in patients undergoing pancreatoduodenectomy 査読有り 国際誌

    Watanabe Nobuyuki, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Sugawara Gen, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    HPB   19 巻 ( 11 ) 頁: 972 - 977   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:HPB  

    DOI: 10.1016/j.hpb.2017.07.002

    Web of Science

    Scopus

  4. Anatomic features of independent right posterior portal vein variants: Implications for left hepatic trisectionectomy 査読有り 国際誌

    Watanabe Nobuyuki, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    SURGERY   161 巻 ( 2 ) 頁: 347 - 354   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   出版者・発行元:Surgery (United States)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2016.08.024

    Web of Science

    Scopus

科研費 1

  1. Invisible膵癌に対する新規診断治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:19K09168  2019年04月 - 2022年03月

    渡辺 伸元

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    画像診断に基づく膵癌治療には限界があり、画像では診断できないinvisible膵癌(目に見えない膵癌)を診断し治療を行うことが必要である。本研究の目的は原発巣が膵癌と診断できる膵癌特異的なエクソソームの同定およびその機能を解明することにより、invisible膵癌の診断治療法を開発することである。膵液より回収した膵癌特異的なエクソソームを用いて網羅的遺伝子解析を行う。同定した膵癌特異的エクソソームに関連するマイクロRNAおよび遺伝子に対する標的治療法を開発し、その有効性の検討を行なう。また臨床病理学的検討を行い、バイオマーカーとしての有効性についても検討する。