2021/08/30 更新

写真a

ミズタニ ヤスユキ
水谷 泰之
Mizutani Yasuyuki
所属
医学部附属病院 消化器内科 病院助教
職名
病院助教
外部リンク

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2020年1月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 膵癌

  2. 癌関連線維芽細胞

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 消化器内科学

  2. ライフサイエンス / 腫瘍生物学

経歴 2

  1. 名古屋大学   医学部附属病院 消化器内科   病院助教

    2018年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   医学部附属病院 消化器内科   病院助教

    2021年4月

受賞 2

  1. Rising Stars in gastroenterology and hepatology from Europe and Japan

    2019年10月   United European Gastroenterology Week 2019  

    Yasuyuki Mizutani

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  2. 日本膵臓学会学会奨励賞

    2014年7月   日本膵臓学会  

    水谷泰之

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

 

論文 7

  1. Meflin-positive cancer-associated fibroblasts inhibit pancreatic carcinogenesis 査読有り 国際共著 国際誌

    Yasuyuki Mizutani, Hiroki Kobayashi, Tadashi Iida, Naoya Asai, Atsushi Masamune, Akitoshi Hara, Nobutoshi Esaki, Kaori Ushida, Shinji Mii, Yukihiro Shiraki, Kenju Ando, Liang Weng, Seiichiro Ishihara, Suzanne M. Ponik, Matthew W. Conklin, Hisashi Haga, Arata Nagasaka, Takaki Miyata, Makoto Matsuyama, Tomoe Kobayashi, Tsutomu Fujii, Suguru Yamada, Junpei Yamaguchi, Tongtong Wang, Susan L. Woods, Daniel Worthley, Teppei Shimamura, Mitsuhiro Fujishiro, Yoshiki Hirooka, Atsushi Enomoto and Masahide Takahashi

    Cancer Research   79 巻 ( 20 ) 頁: 5367 - 5381   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-19-0454

    Scopus

  2. An unusual cause of obscure gastrointestinal bleeding. 査読有り 国際誌

    Mizutani Y, Nakamura M, Goto H

    Gastroenterology   148 巻 ( 5 ) 頁: 908-9   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.gastro.2014.12.048

    Scopus

    PubMed

  3. Specific characteristics of hemorrhagic Meckel's diverticulum at double-balloon endoscopy 査読有り 国際誌

    Mizutani Yasuyuki, Nakamura Masanao, Watanabe Osamu, Yamamura Takeshi, Funasaka Kohei, Ohno Eizaburo, Kawashima Hiroki, Miyahara Ryoji, Murino Alberto, Goto Hidemi, Hirooka Yoshiki

    ENDOSCOPY INTERNATIONAL OPEN   5 巻 ( 1 ) 頁: E35-E40   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0042-119810

    Web of Science

    PubMed

  4. Pyogenic granuloma of the small bowel treated by double-balloon enteroscopy. 査読有り 国際誌

    Mizutani Y, Hirooka Y, Watanabe O, Nakamura M, Yamamura T, Ando T, Goto H

    Gastrointestinal endoscopy   81 巻 ( 4 ) 頁: 1023-4   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gie.2014.11.005

    Scopus

    PubMed

  5. The Balance of Stromal BMP Signaling Mediated by GREM1 and ISLR Drives Colorectal Carcinogenesis. 国際共著 国際誌

    Gastroenterology   160 巻 ( 4 ) 頁: 1224 - 1239.e30   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Gastroenterology  

    Background & Aims: Cancer-associated fibroblasts (CAFs), key constituents of the tumor microenvironment, either promote or restrain tumor growth. Attempts to therapeutically target CAFs have been hampered by our incomplete understanding of these functionally heterogeneous cells. Key growth factors in the intestinal epithelial niche, bone morphogenetic proteins (BMPs), also play a critical role in colorectal cancer (CRC) progression. However, the crucial proteins regulating stromal BMP balance and the potential application of BMP signaling to manage CRC remain largely unexplored. Methods: Using human CRC RNA expression data, we identified CAF-specific factors involved in BMP signaling, then verified and characterized their expression in the CRC stroma by in situ hybridization. CRC tumoroids and a mouse model of CRC hepatic metastasis were used to test approaches to modify BMP signaling and treat CRC. Results: We identified Grem1 and Islr as CAF-specific genes involved in BMP signaling. Functionally, GREM1 and ISLR acted to inhibit and promote BMP signaling, respectively. Grem1 and Islr marked distinct fibroblast subpopulations and were differentially regulated by transforming growth factor β and FOXL1, providing an underlying mechanism to explain fibroblast biological dichotomy. In patients with CRC, high GREM1 and ISLR expression levels were associated with poor and favorable survival, respectively. A GREM1-neutralizing antibody or fibroblast Islr overexpression reduced CRC tumoroid growth and promoted Lgr5+ intestinal stem cell differentiation. Finally, adeno-associated virus 8 (AAV8)–mediated delivery of Islr to hepatocytes increased BMP signaling and improved survival in our mouse model of hepatic metastasis. Conclusions: Stromal BMP signaling predicts and modifies CRC progression and survival, and it can be therapeutically targeted by novel AAV-directed gene delivery to the liver.

    DOI: 10.1053/j.gastro.2020.11.011

    Scopus

    PubMed

  6. [Malignant lymphoma of the pancreas].

    Mizutani Y, Hirooka Y, Kawashima H, Goto H, Ishikawa H

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73 Suppl 3 巻   頁: 381-5   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  7. Identification of cancer restraining CAF

    Mizutani Yasuyuki, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1396-1396   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 胆と膵:膵癌,膵炎の病態解明と新規治療開発にむけた研究の最前線

    水谷泰之( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 癌抑制性癌関連線維芽細胞の同定とその臨床応用について)

    医学図書出版  2021年8月  ( ISBN:978-4-86517-432-8

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 膵癌・胆道癌 基礎と臨床の最新研究動向 2015年 03 月号

    水谷泰之( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 膵悪性リンパ腫)

    日本臨牀社  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

講演・口頭発表等 2

  1. IDENTIFICATION OF THE CANCER-SUPPRESSING CANCER-ASSOCIATED FIBROBLASTS 国際会議

    Mizutani Y, Enomoto A, Fujishiro M.

    DDW(AGA)

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  2. Meflin-positive cancer-associated fibroblasts inhibit pancreatic carcinogenesis 招待有り 国際会議

    水谷泰之

    UEG  2019年10月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:スペイン・バルセロナ  

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 膵がんのがん関連線維芽細胞多様性の理解に基づく間質標的治療法の開発

    研究課題番号:21cm0106704h0002  2020年8月 - 2021年8月

    次世代がん医療創生研究事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:16000000円

科研費 2

  1. 炎症性腸疾患における線維芽細胞の多様性の生物学的意義の解明とその制御

    研究課題/研究課題番号:20cm0106704h0001  2021年4月 - 2023年4月

    日本医療研究開発機構  若手研究 

  2. 膵癌間質の多様性制御に基づく新規治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:19K17429  2019年4月 - 2021年3月

    若手研究

    水谷 泰之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    膵癌は抗癌剤抵抗性のため予後不良であり予後改善のボトルネックとなっている。近年の研究でCAFを促進性から抑制性にリプログラムさせることで抗がん剤抵抗性が改善されると示唆されている。しかしながら具体的な機序は明らかにされておらず未だコンセプトに留まっている。本研究は、Meflinを利用し「癌促進性CAF」から「癌抑制性CAF」にリプログラムすることで抗癌剤抵抗性を改善できるかどうかを明らかにし、間質をターゲットとした新規概念の治療方法の確立を目指す。
    膵癌は消化管癌の中で最も予後が悪い。膵癌の予後不良の原因として抗癌剤抵抗性が挙げられる。膵癌の最大の特徴は間質が腫瘍の9割を占めることであり、豊富な間質が原因で抗癌剤の浸透が阻害されドラッグデリバリーに障害が起きる。この現象はstromal roadblockと呼ばれており、それが主な原因で膵癌において細胞傷害性抗癌剤、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬を含む全ての抗癌剤の効果が低い。ゆえに膵癌における抗癌剤治療の最大のボトルネックはstromal roadblockであるが、これを克服する治療法はいまだ開発されていない。間質の主要な構成要素は癌関連線維芽細胞(Cancer-associated fibroblasts :CAF)であり、近年はCAFに介入する試みが多くなされている。この研究の目的は抑制性CAFのマーカーであるMeflinを介して間質の形質転化できるかどうか、さらにはシーズを探索することである。
    【明らかとなったこと】
    CAFは癌促進性および抑制性の2種類に分けられる。
    昨年本予算を使用して、研究代表者の所属するグループが世界で初めて癌抑制性CAFを同定し、特異的なマーカー及び機能分子としてMeflinを報告した。LentivirusにMeflinをコードさせ、間質の豊富な癌において同virusを使用して促進性から抑制性CAFに形質変換させうること、ビタミンDがMeflinを介してCAFを促進性から抑制性に変換させることを見いだした。次に、同グループはリガンドライブラリーを用いてMeflinの発現が増強される薬剤を探索したところ、ビタミンDよりMeflinの発現を誘導する物質として分子Xに着目した。また同グループは分子Xが抗がん剤のエンハンサーとして働くことを見出した。
    この発見は間質を標的とする治療法の開発につながるものと確信している。
    予定していた実験はほぼ終了しているため。
    今後は同定した物質を用いた医師主導治験を予定している。

産業財産権 2

  1. レチノイドとがん治療薬との併用療法が有効ながん患者の選択方法およびレチノイドとがん治療薬との併用医薬

    飯田忠、榎本篤、水谷泰之、高橋雅英、藤城光弘、川嶋啓揮

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人東海国立大学機構

    出願番号:特願2020-110560  出願日:2021年6月

  2. 未分化間葉系幹細胞マーカー及びその用途

    榎本篤、高橋雅英、前田啓子、原昭壽、水谷泰之

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人東海国立大学機構

    出願番号:PCT/JP2016/071190  出願日:2015年8月

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. 消化器救急疾患

    2020

  2. 消化器救急疾患

    2019

  3. 消化器救急疾患

    2018