Updated on 2023/10/16

写真a

 
TAZUKE Kohei
 
Organization
Graduate School of Education and Human Development Department of Psychology and Human Developmental Sciences Human Development and Clinical Psychology Associate professor
Graduate School
Graduate School of Education and Human Development
Undergraduate School
School of Education Department of Human Developmental Sciences
Title
Associate professor
Contact information
メールアドレス
External link

Degree 2

  1. 博士(教育学) ( 2017.3 ) 

  2. 修士(教育学) ( 2014.3 ) 

Research Interests 2

  1. 心理療法

  2. 心理アセスメント

Research Areas 1

  1. Humanities & Social Sciences / Clinical psychology

Current Research Project and SDGs 3

  1. 理系科学者・理系大学院生の創造性

  2. ロールシャッハ法の名大式思考・言語カテゴリーに関する基礎研究

  3. イメージを用いた心理療法の有用性

Research History 3

  1. Nagoya University   Graduate School of Education and Human Development Department of Psychology and Human Developmental Sciences Human Development and Clinical Psychology   Associate professor

    2019.4

  2. The Open University of Japan

    2021.4

  3. Nagoya University   Lecturer

    2018.4 - 2019.3

Education 3

  1. Kyoto University

    2014.4 - 2017.3

  2. Kyoto University

    2012.4 - 2014.3

  3. Kyoto University

    2008.4 - 2012.3

Professional Memberships 8

  1. 日本心理臨床学会   会員

    2012

  2. 日本ユング心理学会   会員

    2021

  3. 日本描画テスト・描画療法学会   会員

    2021

  4. 日本学校メンタルヘルス学会   会員

    2021

  5. 東海心理学会   会員

    2021

  6. 日本ロールシャッハ学会   会員

    2017

  7. 日本箱庭療法学会   会員

    2015

  8. 日本パーソナリティ心理学会   会員

    2014

▼display all

Committee Memberships 6

  1. 日本心理臨床学会   心理臨床学研究 編集委員  

    2022.9   

  2. 日本臨床心理士養成大学院協議会   代議員  

    2023.9   

      More details

    Committee type:Academic society

  3. 日本学校メンタルヘルス学会   学校メンタルヘルス 編集委員  

    2023.4   

      More details

    Committee type:Academic society

  4. 日本学校メンタルヘルス学会   第26回大会 実行委員長・事務局長  

    2021 - 2023.3   

  5. 日本ロールシャッハ学会   第13回ロールシャッハ研修会 準備委員  

    2019 - 2021   

      More details

    Committee type:Academic society

  6. 日本ロールシャッハ学会   第23回大会 準備委員  

    2018.3 - 2019.11   

      More details

    Committee type:Academic society

▼display all

 

Papers 21

  1. 創造性を有する理系科学者のロールシャッハ反応 Reviewed

    田附紘平・松本真理子・髙橋昇・野村あすか・松浦渉

    ロールシャッハ法研究   Vol. 26 ( 1 ) page: 20 - 29   2022.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. Dream structure characteristics of modern Japanese people: An examination focusing on differences by age Reviewed

    Tazuke Kohei

    Archives of Sandplay Therapy   Vol. 34 ( 2 ) page: 41 - 50   2021.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  3. 最早期記憶と愛着スタイルの関連 Reviewed

    田附紘平

    心理臨床学研究   Vol. 38 ( 2 ) page: 107 - 117   2020.6

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. LINEの既読をめぐる葛藤場面における青年の心理の特徴――年齢と性別の観点から Reviewed

    田附紘平・松波美里・木村大樹・鈴木優佳・橋本真友里・柴田彩花・松井祥可・桑原知子

    心理臨床学研究   Vol. 37 ( 1 ) page: 16 - 28   2019.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. 発達障害と診断された男児とのプレイセラピー

    田附 紘平

    京都大学大学院教育学研究科・心理教育相談室紀要臨床心理事例研究   Vol. 45   page: 14 - 22   2018.10

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  6. わが国の自閉スペクトラム症への心理療法的アプローチの現状分析―知的障害の有無・発達段階による差異―

    永山智之・・小山智朗・千葉友里香・田附紘平・山口昂一・竹中悠香・山川瑠璃

    兵庫教育大学研究紀要   Vol. 53 ( 1 ) page: 21-28   2018.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. Secure base script and psychological dysfunction in Japanese young adults in the 21st century: Using the Attachment Script Assessment.

    Umemura T, Watanabe M, Tazuke K, Asada-Hirano S, Kudo S

    Developmental psychology   Vol. 54 ( 5 ) page: 989-998   2018.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1037/dev0000471

    PubMed

  8. わが国の広汎性発達障害への心理療法的アプローチの歴史的展望

    永山 智之・鈴木 瑠璃・竹中 悠香・田附 紘平・千葉 友里香・山口 昂一・小山 智朗

    追手門学院大学地域支援心理研究センター附属「心の相談室」紀要   Vol. 13   page: 20-34   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  9. 高校生のLINEでのやりとりに対する認知に現代青年の友人関係特徴が及ぼす影響

    時岡 良太・佐藤 映・児玉 夏枝・田附 紘平・竹中 悠香・松波 美里・岩井 有香・木村 大樹・鈴木 優佳・橋本 真友里・岩城 晶子・神代 末人・桑原 知子

    パーソナリティ研究   Vol. 26 ( 1 ) page: 76-88   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  10. 発達の偏りとプレイセラピーにおける変容-発達障害と「診断」された3事例から-

    田附 紘平・松波 美里・鈴木 優佳

    箱庭療法学研究   Vol. 29 ( 3 ) page: 15-26   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. クライエントの内的体験理解の鍵としてのアタッチメント理論の意義

    田附 紘平

    京都大学 博士論文     page: .   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Doctoral thesis  

  12. クライエントのアタッチメントパターンと心理療法における内的体験 -成人への個人心理療法に関する研究の概観を通して-

    田附 紘平

    京都大学大学院教育学研究科紀要   Vol. 63   page: 67-79   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  13. アタッチメントスタイルと親イメージの関連-20答法による探索的検討 Reviewed

    田附 紘平

    パーソナリティ研究   Vol. 25 ( 3 ) page: 191-205   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  14. 診断を受けながらも発達障害とは見立てられない事例の特徴

    皆本 麻実・畑中 千紘・梅村 高太郎・田附 紘平・松波 美里・岡部 由茉・粉川 尚枝・鈴木 優佳・河合 俊雄・田中 康裕

    箱庭療法学研究   Vol. 29 ( 2 ) page: 43-54   2016.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  15. 対人恐怖を呈する20代男性との面接過程

    田附 紘平

    京都大学大学院教育学研究科・心理教育相談室紀要臨床心理事例研究   Vol. 43   page: 93 - 101   2016.11

  16. アタッチメントスタイルによるセラピストへの感受の差異について -カウンセリング場面映像観察を通して- Reviewed

    田附 紘平

    カウンセリング研究   Vol. 48 ( 3 ) page: 147-159   2015.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.11544/cou.48.3_147

  17. アタッチメントスタイルと自己イメージの関連-20答法による探索的検討 Reviewed

    田附 紘平

    パーソナリティ研究   Vol. 23 ( 3 ) page: 180-192   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  18. 心理臨床におけるアタッチメント理論の「現実性」の問題-精神分析との対比から-

    田附 紘平

    京都大学大学院教育学研究科紀要   Vol. 61   page: 79-91   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  19. 東日本大震災をめぐる心理臨床的支援活動-「こころの支援室」での実践を通して-

    中藤 信哉, 加藤 奈奈子, 古川 裕之, 時岡 良太, 竹中 悠香, 田附 紘平, 千葉 友里香

    京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター紀要   Vol. 18   page: 72 - 79   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  20. アタッチメントの測定法の概観

    田附 紘平

    京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター紀要   Vol. 17   page: 132-143   2014.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  21. 心理臨床における安全基地再考の試み

    田附 紘平

    京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター紀要   Vol. 16   page: 213-224   2013.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books 6

  1. 二者関係のこころ―心理療法と愛着理論の接点

    田附 紘平( Role: Sole author)

    京都大学学術出版会  2018.3 

     More details

    Language:Japanese

  2. 臨床心理学研究法特論〔新訂〕

    田附紘平( Role: Contributor ,  文献レビューの方法,量的研究法,効果研究とプロセス研究)

    放送大学教育振興会  2023.3 

     More details

    Total pages:277   Responsible for pages:43-60, 81-97, 202-220   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  3. 心の専門家養成講座④ 心理支援の理論と方法

    ( Role: Joint editor)

    ナカニシヤ出版  2022.10 

     More details

    Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  4. 事例研究から学ぶ心理臨床

    桑原 知子, 田中 康裕, 梅村 高太郎 編集(事例1 「これまでの人生が壊れた」と来談した50代女性との面接過程)

    創元社  2020.3  ( ISBN:9784422113159

     More details

    Responsible for pages:23-59   Language:Japanese

  5. 公認心理師基礎用語集 増補改訂版

    松本真理子, 永田雅子(愛着の問題,他者との関係,自己)

    遠見書房  2019.7 

  6. 公認心理師基礎用語集

    松本真理子・永田雅子(編)( Role: Sole author ,  愛着の問題,精神力動的アプローチ,他者との関係)

    遠見書房  2018.8 

     More details

    Language:Japanese

▼display all

MISC 4

  1. 心理臨床家の養成 名古屋大学

    田附紘平

    心理臨床の広場   Vol. 16 ( 1 ) page: 48 - 49   2023.4

     More details

    Language:Japanese  

  2. 書評 アタッチメントと心理療法 ジェレミー・ホームズ著 細沢仁・筒井亮太訳 Invited

    田附紘平

    図書新聞     page: 5 - 5   2022.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

  3. 名古屋大学心理発達相談室での学びをめぐる私見

    田附紘平

    心理臨床―名古屋大学心の発達支援研究実践センター心理相談室―   Vol. 35 ( 1 ) page: 1 - 1   2020.3

     More details

    Language:Japanese  

  4. 海外文献抄録 Responding to mentalization invitations in psychotherapy sessions-A conversation analysis approach.

    田附紘平

    精神療法   Vol. 44 ( 2 ) page: 155 - 155   2018.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

Presentations 24

  1. 若手による臨床と研究の両立 Invited

    田附紘平

    日本心理臨床学会第42回大会 若手の会企画シンポジウム  2023.9  日本心理臨床学会第42回大会

     More details

    Event date: 2023.9 - 2023.10

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:オンライン  

  2. バウムテストからみた理系研究者の創造性――印象評定による4群比較を中心に

    松浦渉・松本真理子・田附紘平・野村あすか・山内星子・松浦渉・髙橋昇

    日本心理臨床学会第42回大会  2023.9  日本心理臨床学会第42回大会

     More details

    Event date: 2023.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:パシフィコ横浜  

  3. ロールシャッハ法の名大式思考・言語カテゴリーからみた理系研究者の創造性――解明型に着目して

    田附紘平・松本真理子・野村あすか・松浦渉・山内星子・髙橋昇

    日本心理臨床学会第42回大会  2023.9  日本心理臨床学会第42回大会

     More details

    Event date: 2023.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:パシフィコ横浜  

  4. 理系研究者の心理検査にみる創造性――クラスター分析を通して

    山内星子・松本真理子・田附紘平・野村あすか・松浦渉・髙橋昇

    日本心理臨床学会第42回大会  2023.9  日本心理臨床学会第42回大会

     More details

    Event date: 2023.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:パシフィコ横浜  

  5. 文章完成法と生活史インタビューからみた理系研究者の創造性――心理・社会的安定性との関連から

    野村あすか・松本真理子・田附紘平・山内星子・松浦渉・髙橋昇

    日本心理臨床学会第42回大会  2023.9  日本心理臨床学会第42回大会

     More details

    Event date: 2023.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:パシフィコ横浜  

  6. 理系科学者の創造性に関する検討――2事例の「実のなる木・夢の木」描画を通して

    髙橋昇・松本真理子・田附紘平・野村あすか・松浦渉

    日本描画テスト・描画療法学会第31回大会  2022.9 

     More details

    Event date: 2022.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:西南学院大学  

  7. 理系科学者の創造性に対する臨床心理学からの接近――可能性と意義に関する一考察

    松本真理子・田附紘平・野村あすか・松浦渉・山内星子・髙橋昇

    日本心理臨床学会第41回大会  2022.9 

     More details

    Event date: 2022.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Web開催  

  8. 理系科学者および理系大学院生の創造性――ロールシャッハ法とWAIS指標に対するクラスター分析の結果から

    山内星子・松本真理子・田附紘平・野村あすか・松浦渉・髙橋昇

    日本心理臨床学会第41回大会  2022.9 

     More details

    Event date: 2022.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  9. Comparing the Rorschachs between young and senior scientists. : From the viewpoint of creativity. International conference

    Tazuke, T., Matsumoto, M., Nomura, A., Matsuura, W., Takahashi, N.

    XXIII Congress of the International Society for the Rorschach and Projective Methods  2022.7 

     More details

    Event date: 2022.7

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Web  

  10. 理系科学者の創造性に関する研究―バウムテストによる検討―

    松浦渉・松本真理子・田附紘平・野村あすか・髙橋昇

    日本描画テスト・描画療法学会第30回大会  2021.11  日本描画テスト・描画療法学会

     More details

    Event date: 2021.11 - 2021.12

    Language:Japanese  

    Venue:Web開催   Country:Japan  

  11. 理系科学者の創造性に関する研究(1)―ロールシャッハ法による検討―

    田附紘平・松本真理子・野村あすか・松浦渉・髙橋昇

    日本ロールシャッハ学会第25回大会  2021.10  日本ロールシャッハ学会

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese  

    Venue:Web開催   Country:Japan  

  12. 理系科学者の創造性に関する研究(2)―文章完成法による検討―

    野村あすか・松本真理子・田附紘平・松浦渉・髙橋昇

    日本ロールシャッハ学会第25回大会  2021.10  日本ロールシャッハ学会

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese  

    Venue:Web開催   Country:Japan  

  13. 愛着スタイルと夢の構造及び内容の関連

    田附紘平

    日本心理臨床学会第39回大会 ポスター研究発表  2020.11.20 

     More details

    Event date: 2020.11

    Language:Japanese  

  14. 高度な知的創造性を有する研究者における創造性の発現過程-投映法および生育史・創造性をめぐるインタビューによる事例検討-

    田附紘平, 松本真理子, 髙橋昇, 野村あすか, 松浦渉

    日本ロールシャッハ学会第24回大会  2020.11.14 

     More details

    Event date: 2020.11

    Language:Japanese  

  15. 日本の社会文化的環境における親子のアタッチメントの特徴

    梅村比丘, 大久保圭介, 桂田恵美子, 田附紘平

    日本心理学会第83回大会  2019.9.13 

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

  16. 発達障害の子どものプレイセラピーと発達検査の比較検討

    粉川尚枝・畑中千紘・梅村高太郎・皆本麻実・田附紘平・鈴木優佳・西珠美・山﨑基嗣・大場有希子・松岡利規・豊原響子・文山知紗・長谷雄太・水野鮎子・河合俊雄・田中康裕

    日本箱庭療法学会第32回大会 基礎研究口頭発表 

     More details

    Event date: 2018.10

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  17. 発達障害の子どものプレイセラピーにおけるセラピストの積極的働きかけについて

    鈴木優佳・畑中千紘・梅村高太郎・皆本麻実・田附紘平・松波美里・粉川尚枝・西珠美・大場有希子・松岡利規・望月陽子・豊原響子・文山知紗・河合俊雄・田中康裕

    日本箱庭療法学会第31回大会 基礎研究口頭発表 

     More details

    Event date: 2017.10

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  18. 発達障害のプレイセラピーにおけるネガティブな事象―発達検査・日常場面を含めて―

    田附 紘平・畑中 千紘・梅村 高太郎・皆本 麻実・松波 美里・岡部 由茉・粉川 尚枝・鈴木 優佳・西 珠美・大場 有希子・松岡 利規・望月 陽子・河合 俊雄・田中 康裕

    日本箱庭療法学会第30回大会 基礎研究口頭発表 

     More details

    Event date: 2016.10

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  19. 「発達障害」とは見立てられない子どものプレイセラピー(1)―発達障害と診断される要因と心理療法の特徴―

    皆本 麻実・畑中 千紘・梅村 高太郎・井芹 聖文・土井 奈緒美・長谷川 藍・田附 紘平・松波 美里・岡部 由茉・粉川 尚枝・鈴木 優佳・河合 俊雄・田中 康裕

    日本箱庭療法学会第29回大会 基礎研究口頭発表 

     More details

    Event date: 2015.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  20. 「発達障害」とは見立てられない子どものプレイセラピー(2)―三事例のプロセスの検討から―

    田附 紘平・松波 美里・鈴木 優佳・畑中 千紘・梅村 高太郎・井芹 聖文・土井 奈緒美・長谷川 藍・皆本 麻実・岡部 由茉・粉川 尚枝・河合 俊雄・田中 康裕

    日本箱庭療法学会第29回大会 基礎研究口頭発表 

     More details

    Event date: 2015.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  21. 高校生のLINEをめぐる意識と友人関係との関連

    時岡 良太・岩城 晶子・神代 末人・佐藤 映・児玉 夏枝・鈴木 瑠璃・竹中 悠香・田附 紘平・松波 美里・岩井 有香・鈴木 優佳・桑原 知子

    日本心理臨床学会第33回秋季大会 大会シンポジウム発表 

     More details

    Event date: 2014.8

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  22. 内的作業モデルと多次元的共感性の関連の男女別の検討

    田附 紘平

    第32回日本心理臨床学会秋季大会 ポスター研究発表 

     More details

    Event date: 2013.8

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  23. Comparing the sentence completion test results between young and senior scientists. : From the viewpoint of creativity. International conference

    XXIII Congress of the International Society for the Rorschach and Projective Methods  2022.7 

     More details

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Web  

  24. Comparing the Baum test results between young and senior scientists. : From the viewpoint of creativity. International conference

    Matsuura, W., Matsumoto, M., Tazuke, K., Nomura, A., Takahashi, N.

    XXIII Congress of the International Society for the Rorschach and Projective Methods  2022.7 

     More details

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Web  

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 4

  1. Comparing the Rorschachs between young and senior scientists.: From the viewpoint of creativity

    2021.3 - 2022.7

    研究助成 

    田附紘平・松本真理子・野村あすか・松浦渉・髙橋昇

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\100000 ( Direct Cost: \100000 )

  2. 愛着パターンと夢の内容および構造の関連

    2018.11 - 2019.10

    研究助成 

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\300000 ( Direct Cost: \300000 )

  3. 二者関係のこころ―心理療法と愛着理論の接点

    2017.5 - 2018.3

    若手研究者出版助成事業 

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\1700000 ( Direct Cost: \1700000 )

  4. 愛着と発達障害の力動的関係に関する研究

    2017.4 - 2017.9

    若手研究者スタートアップ研究費 

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\500000 ( Direct Cost: \500000 )

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 3

  1. 自閉スペクトラム症特性をもつ理系学生の創造性発揮の要因に関する統合モデルの構築

    Grant number:23K12914  2023.4 - 2025.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究

    田附紘平

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\4550000 ( Direct Cost: \3500000 、 Indirect Cost:\1050000 )

  2. 投影法とナラティブアプローチによる創造性の基盤解明に向けた統合モデル構築

    Grant number:21K03086  2021.4 - 2024.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  3. 早産児の社会性の発達及び家族のメンタルヘルスの検討 研究課題

    Grant number:20H01768  2020.4 - 2025.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    永田雅子

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

    Grant amount:\17680000 ( Direct Cost: \13600000 、 Indirect Cost:\4080000 )

 

Teaching Experience (On-campus) 41

  1. Seminar on Research Method 3 (Psychological Assessment)

    2020

  2. Lecture on Applied Psychology 2

    2020

  3. Seminar on Research Method 3

    2020

  4. Lecture on Applied Psychology 2 (Legal and Administrative Systems)

    2020

  5. School Psychology I(Theory and Applications of Support in Education)

    2020

  6. Research Practicum in Clinical Psychology III(Advanced Practical Training in Psychology II)

    2020

  7. Research Practicum in Clinical Psychology II(Advanced Practical Training in Psychology I)

    2020

  8. Seminar on School Psychology I(Theory and Applications of Support in Education)

    2020

  9. 心理行動科学実験演習5[課題研究]

    2020

  10. 事例研究Ⅰ 心理危機マネジメントコース

    2020

  11. 臨床心理学研究Ⅷ 臨床心理面接特論Ⅱ

    2020

  12. 臨床心理学研究Ⅵ-臨床心理学特論Ⅰ-

    2020

  13. 事例研究Ⅱ 心理危機マネジメントコース

    2020

  14. 心理行動科学実験演習5[課題研究]

    2019

  15. 基礎セミナーA

    2019

  16. 心理行動科学実験演習3(心理的アセスメント)

    2019

  17. 心理行動科学実験演習3

    2019

  18. 心理臨床研究実習Ⅱ(心理実践実習Ⅰ)

    2019

  19. 心理臨床研究実習Ⅲ(心理実践実習Ⅱ)

    2019

  20. 学校心理学研究Ⅰ(教育分野に関する理論と支援の展開)

    2019

  21. 学校心理学Ⅰ(教育分野に関する理論と支援の展開)

    2019

  22. 事例研究Ⅰ 心理危機マネジメントコース

    2019

  23. 応用行動学講義Ⅰ

    2019

  24. 応用行動学講義Ⅰ(公認心理師の職責)

    2019

  25. 臨床心理学研究Ⅷ 臨床心理面接特論Ⅱ

    2019

  26. 臨床心理学研究Ⅵ-臨床心理学特論Ⅰ-

    2019

  27. 事例研究Ⅱ 心理危機マネジメントコース

    2019

  28. 心理行動科学実験演習5[課題研究]

    2018

  29. 基礎セミナーA

    2018

  30. 心理行動科学実験演習3(心理的アセスメント)

    2018

  31. 心理行動科学実験演習3

    2018

  32. 応用行動学講義Ⅱ

    2018

  33. 応用行動学講義Ⅱ(関係行政論)

    2018

  34. 学校心理学研究Ⅰ(教育分野に関する理論と支援の展開)

    2018

  35. 心理臨床研究実習Ⅱ(心理実践実習Ⅰ)

    2018

  36. 心理臨床研究実習Ⅲ(心理実践実習Ⅱ)

    2018

  37. 学校心理学Ⅰ(教育分野に関する理論と支援の展開)

    2018

  38. 事例研究Ⅰ 心理危機マネジメントコース

    2018

  39. 臨床心理学研究Ⅷ 臨床心理面接特論Ⅱ

    2018

  40. 臨床心理学研究Ⅵ-臨床心理学特論Ⅰ-

    2018

  41. 事例研究Ⅱ 心理危機マネジメントコース

    2018

▼display all

Teaching Experience (Off-campus) 1

  1. 投影法実習

    2015.4 - 2017.3 Bukkyo University)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

 

Social Contribution 6

  1. 非常勤職員(心理)

    Role(s):Advisor

    愛知医科大学病院  2019.4

  2. 第1回 ロールシャッハ法の学び直し編

    Role(s):Lecturer

    名古屋ロールシャッハ研究会  2023年度ロールシャッハ研修会   2023.8

  3. 学びの杜 学術コース 人間発達科学探究講座

    Role(s):Lecturer

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科 附属 高大接続研究センター  2019.8

  4. 豊西総合大学講座

    Role(s):Lecturer

    豊田西高校  2018.11

  5. 学びの杜 学術コース 人間発達科学探究講座

    Role(s):Lecturer

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科 附属 高大接続研究センター  2018.8

  6. 名古屋大学教育学部ガイダンス

    Role(s):Lecturer

    明和高校  2018.7

▼display all