2021/03/31 更新

写真a

ナカザワ ユカ
中沢 由華
NAKAZAWA Yuka
所属
環境医学研究所 生体適応・防御研究部門 講師
職名
講師

学位 1

  1. 博士 (医学) ( 長崎大学 ) 

研究キーワード 1

  1. DNA修復, 人類遺伝学, ヌクレオチド除去修復, 遺伝性疾患, ゲノム不安定性, 転写と共役したヌクレオチド除去修復

研究分野 4

  1. 環境・農学 / 化学物質影響  / DNA修復

  2. ライフサイエンス / 病態医化学

  3. 環境・農学 / 放射線影響  / DNA修復

  4. ライフサイエンス / 分子生物学

 

論文 27

  1. Ubiquitination of DNA Damage-Stalled RNAPII Promotes Transcription-Coupled Repair 査読有り 国際共著

    Nakazawa Yuka, Hara Yuichiro, Oka Yasuyoshi, Komine Okiru, van den Heuvel Diana, Guo Chaowan, Daigaku Yasukazu, Isono Mayu, He Yuxi, Shimada Mayuko, Kato Kana, Jia Nan, Hashimoto Satoru, Kotani Yuko, Miyoshi Yuka, Tanaka Miyako, Sobue Akira, Mitsutake Norisato, Suganami Takayoshi, Masuda Akio, Ohno Kinji, Nakada Shinichiro, Mashimo Tomoji, Yamanaka Koji, Luijsterburg Martijn S., Ogi Tomoo

    CELL   180 巻 ( 6 ) 頁: 1228 - 1244   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cell.2020.02.010

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Digenic mutations in ALDH2 and ADH5 impair formaldehyde clearance and cause a multisystem disorder, AMeD syndrome 査読有り

    Oka Yasuyoshi, Hamada Motoharu, Nakazawa Yuka, Muramatsu Hideki, Okuno Yusuke, Higasa Koichiro, Shimada Mayuko, Takeshima Honoka, Hanada Katsuhiro, Hirano Taichi, Kawakita Toshiro, Sakaguchi Hirotoshi, Ichimura Takuya, Ozono Shuichi, Yuge Kotaro, Watanabe Yoriko, Kotani Yuko, Yamane Mutsumi, Kasugai Yumiko, Tanaka Miyako, Suganami Takayoshi, Nakada Shinichiro, Mitsutake Norisato, Hara Yuichiro, Kato Kohji, Mizuno Seiji, Miyake Noriko, Kawai Yosuke, Tokunaga Katsushi, Nagasaki Masao, Kito Seiji, Isoyama Keiichi, Onodera Masafumi, Kaneko Hideo, Matsumoto Naomichi, Matsuda Fumihiko, Matsuo Keitaro, Takahashi Yoshiyuki, Mashimo Tomoji, Kojima Seiji, Ogi Tomoo

    SCIENCE ADVANCES   6 巻 ( 51 )   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Science Advances  

    DOI: 10.1126/sciadv.abd7197

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. XRCC4 deficiency in human subjects causes a marked neurological phenotype but no overt immunodeficiency. 査読有り 国際共著

    Guo C*, Nakazawa Y*, Woodbine L*, Bjorkman A, Shimada M, Fawcett H, Jia N, Ohyama K, Li TS, Nagayama Y, Mitsutake N, Pan-Hammarstrom Q, Gennery AR, Lehmann AR, Jeggo PA, Ogi T§.

    Journal of Allergy and Clinical Immunology   136 巻   頁: 1007-1017   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaci.2015.06.007.

  4. Malfunction of Nuclease ERCC1-XPF Results in Diverse Clinical Manifestations and Causes Cockayne Syndrome, Xeroderma Pigmentosum, and Fanconi Anemia. 査読有り 国際共著

    Kashiyama K*, Nakazawa Y*, Pilz D*, Guo C*, Shimada M, Sasaki K, Fawcett H, Wing J, Lewin S, Carr L, Li TS, Yoshiura K, Utani A, Hirano A, Yamashita S, Greenblatt D, Nardo T, Stefanini M, McGibbon D, Sarkany R, Fassihi H, Takahashi Y, Nagayama Y, Mitsutake N, Lehmann AR§, Ogi T§.

    American Journal of Human Genetics   92 巻   頁: 807-819   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajhg.2013.04.007.

  5. Mutations in UVSSA cause UV-sensitive syndrome and impair RNA polymerase IIo processing in transcription-coupled nucleotide-excision repair. 査読有り 国際共著

    Nakazawa Y, Sasaki K, Mitsutake N, Matsuse M, Shimada M, Nardo T, Takahashi Y, Ohyama K, Ito K, Mishima H, Nomura M, Kinoshita A, Ono S, Takenaka K, Masuyama R, Kudo T, Slor H, Utani A, Tateishi S, Yamashita S, Stefanini M, Lehmann AR, Yoshiura KI, Ogi T§.

    Nature Genetics   44 巻   頁: 586-592   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ng.2229.

  6. A rapid comprehensive assay system for DNA repair activity and cytotoxic effects of DNA damaging reagents by measuring unscheduled DNA synthesis and recovery of RNA synthesis after DNA damage. 査読有り 国際共著

    Jia N*, Nakazawa Y*, Guo C, Shimada M, Sethi M, Takahashi Y, Ueda H, Nagayama Y, Ogi T§.

    Nature Protocols   10 巻   頁: 12-24   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nprot.2014.194.

  7. Topoisomerase I -driven repair of UV -induced damage in NER-deficient cells 査読有り

    Saha Liton Kumar, Wakasugi Mitsuo, Akter Salma, Prasad Rajendra, Wilson Samuel H., Shimizu Naoto, Sasanuma Hiroyuki, Huang Shar-yin Naomi, Agama Keli, Pommier Yves, Matsunaga Tsukasa, Hirota Kouji, Iwai Shigenori, Nakazawa Yuka, Ogi Tomoo, Takeda Shunichi

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   117 巻 ( 25 ) 頁: 14412-14420   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1920165117

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Biallelic VPS35L pathogenic variants cause 3C/Ritscher-Schinzel-like syndrome through dysfunction of retriever complex. 査読有り

    Kato K, Okuno Y, Vasilev FF, Otomo T, Oishi H, Muramatsu H, Kawano Y, Oka Y, Nakazawa Y, Ogi T, Takahashi Y, Saitoh S.

    Journal of Medical genetics   117 巻 ( 25 ) 頁: 14412 - 14420   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jmedgenet-2019-106213

  9. Hailey-Hailey disease with oesophageal involvement due to a previously unreported ATP2C1 mutation.

    Kono M, Kodera M, Inasaka Y, Hasegawa I, Muro Y, Nakazawa Y, Ogi T, Akiyama M

    European journal of dermatology : EJD     2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1684/ejd.2019.3507

    PubMed

  10. JAK/STAT3 and NF-κB Signaling Pathways Regulate Cancer Stem-Cell Properties in Anaplastic Thyroid Cancer Cells. 査読有り

      29 巻 ( 5 ) 頁: 674-682   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/thy.2018.0212

    PubMed

  11. A Japanese Case of Galli-Galli Disease due to a Previously Unreported POGLUT1 Mutation. 査読有り

    Kono M, Sawada M, Nakazawa Y, Ogi T, Muro Y, Akiyama M

    Acta dermato-venereologica   99 巻 ( 4 ) 頁: 458 - 459   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2340/00015555-3119

    PubMed

  12. Functional and clinical relevance of novel mutations in a large cohort of patients with Cockayne syndrome 査読有り 国際共著

    Calmels Nadege, Botta Elena, Jia Nan, Fawcett Heather, Nardo Tiziana, Nakazawa Yuka, Lanzafame Manuela, Moriwaki Shinichi, Sugita Katsuo, Kubota Masaya, Obringer Cathy, Spitz Marie-Aude, Stefanini Miria, Laugel Vincent, Orioli Donata, Ogi Tomoo, Lehmann Alan Robert

    JOURNAL OF MEDICAL GENETICS   55 巻 ( 5 ) 頁: 329-343   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jmedgenet-2017-104877

    Web of Science

    PubMed

  13. Cerebellar ataxia-dominant phenotype in patients with ERCC4 mutations

    Doi Hiroshi, Koyano Shigeru, Miyatake Satoko, Nakajima Shinji, Nakazawa Yuka, Kunii Misako, Tomita-Katsumoto Atsuko, Oda Kayoko, Yamaguchi Yukie, Fukai Ryoko, Ikeda Shingo, Kato Rumiko, Ogata Katsuhisa, Kubota Shun, Hayashi Noriko, Takahashi Keita, Tada Mikiko, Tanaka Kenichi, Nakashima Mitsuko, Tsurusaki Yoshinori, Miyake Noriko, Saitsu Hirotomo, Ogi Tomoo, Aihara Michiko, Takeuchi Hideyuki, Matsumoto Naomichi, Tanaka Fumiaki

    JOURNAL OF HUMAN GENETICS   63 巻 ( 4 ) 頁: 417-423   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s10038-017-0408-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. An adolescent case of xeroderma pigmentosum variant confirmed by the onset of sun exposure-related skin cancer during Crohn's disease treatment

    Terada Aoi, Aoshima Masahiro, Tanizaki Hideaki, Nakazawa Yuka, Ogi Tomoo, Tokura Yoshiki, Moriwaki Shinichi

    JOURNAL OF CUTANEOUS IMMUNOLOGY AND ALLERGY   1 巻 ( 1 ) 頁: 23-26   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cia2.12011

    Web of Science

  15. Novel function of HATs and HDACs in homologous recombination through acetylation of human RAD52 at double-strand break sites 査読有り 国際共著

    Yasuda Takeshi, Kagawa Wataru, Ogi Tomoo, Kato Takamitsu A., Suzuki Takehiro, Dohmae Naoshi, Takizawa Kazuya, Nakazawa Yuka, Genet Matthew D., Saotome Mika, Hama Michio, Konishi Teruaki, Nakajima Nakako Izumi, Hazawa Masaharu, Tomita Masanori, Koike Manabu, Noshiro Katsuko, Tomiyama Kenichi, Obara Chizuka, Gotoh Takaya, Ui Ayako, Fujimori Akira, Nakayama Fumiaki, Hanaoka Fumio, Sugasawa Kaoru, Okayasu Ryuichi, Jeggo Penny A., Tajima Katsushi

    PLOS GENETICS   14 巻 ( 3 ) 頁: e1007277   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pgen.1007277

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  16. Common TFIIH recruitment mechanism in global genome and transcription-coupled repair subpathways 査読有り

    Okuda Masahiko, Nakazawa Yuka, Guo Chaowan, Ogi Tomoo, Nishimura Yoshifumi

    NUCLEIC ACIDS RESEARCH   45 巻 ( 22 ) 頁: 13043-13055   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkx970

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. ALC1/CHD1L, a chromatin-remodeling enzyme, is required for efficient base excision repair 査読有り

    Tsuda Masataka, Cho Kosai, Ooka Masato, Shimizu Naoto, Watanabe Reiko, Yasui Akira, Nakazawa Yuka, Ogi Tomoo, Harada Hiroshi, Agama Keli, Nakamura Jun, Asada Ryuta, Fujiike Haruna, Sakuma Tetsushi, Yamamoto Takashi, Murai Junko, Hiraoka Masahiro, Koike Kaoru, Pommier Yves, Takeda Shunichi, Hirota Kouji

    PLOS ONE   12 巻 ( 11 ) 頁: e0188320   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0188320

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. Transplantation of bioengineered rat lungs recellularized with endothelial and adipose-derived stromal cells

    Doi Ryoichiro, Tsuchiya Tomoshi, Mitsutake Norisato, Nishimura Satoshi, Matsuu-Matsuyama Mutsumi, Nakazawa Yuka, Ogi Tomoo, Akita Sadanori, Yukawa Hiroshi, Baba Yoshinobu, Yamasaki Naoya, Matsumoto Keitaro, Miyazaki Takuro, Kamohara Ryotaro, Hatachi Go, Sengyoku Hideyori, Watanabe Hironosuke, Obata Tomohiro, Niklason Laura E., Nagayasu Takeshi

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻 ( 1 ) 頁: 8447   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-09115-2

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  19. An XPA gene splicing mutation resulting in trace protein expression in an elderly patient with xeroderma pigmentosum group A without neurological abnormalities. 査読有り

    Takahashi Y, Endo Y, Kusaka-Kikushima A, Nakamaura S, Nakazawa Y, Ogi T, Uryu M, Tsuji G, Furue M, Moriwaki S.

    Br J Dermatol   177 巻 ( 1 ) 頁: 253-257   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/bjd.15051

  20. PCNA ubiquitylation ensures timely completion of unperturbed DNA replication in fission yeast. 査読有り 国際共著

    Daigaku Y, Etheridge TJ, Nakazawa Y, Nakayama M, Watson AT, Miyabe I, Ogi T, Osborne MA, Carr AM.

    PLoS Genetics   13 巻 ( 5 ) 頁: e1006789   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pgen.1006789.

  21. A ten-year follow up of a child with mild case of xeroderma pigmentosum complementation group D diagnosed by whole genome sequencing. 査読有り

    Ono R, Masaki T, Mayca Pozo F, Nakazawa Y, Swagemakers SM, Nakano E, Sakai W, Takeuchi S, Kanda F, Ogi T, van der Spek PJ, Sugasawa K, Nishigori C§.

    Photodermatology Photoimmunology & Photomedicine   32 巻   頁: 174-180   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/phpp.12240.

  22. Novel compound heterozygous DNA ligase IV mutations in an adolescent with a slowly- progressing radiosensitive-severe combined immunodeficiency. 査読有り

    Tamura S, Higuchi K, Tamaki M, Inoue C, Awazawa R, Mitsuki N, Nakazawa Y, Mishima H, Takahashi K, Kondo O, Imai K, Morio T, Ohara O, Ogi T, Furukawa F, Inoue M, Yoshiura K, Kanazawa N§.

    Journal of Clinical Immunology   160 巻   頁: 255-260   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clim.2015.07.004.

  23. Hypomorphic PCNA mutation underlies a human DNA repair disorder. 査読有り 国際共著

    Baple EL, Chambers H, Cross HE, Fawcett H, Nakazawa Y, Chioza BA, Harlalka GV, Mansour S, Sreekantan-Nair A, Patton MA, Muggenthaler M, Rich P, Wagner K, Coblentz R, Stein CK, Last JI, Taylor AM, Jackson AP, Ogi T, Lehmann AR, Green CM§, Crosby AH§.

    Journal of Clinical Investigation   124 巻   頁: 3137-3146   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1172/JCI74593.

  24. Identification of the First ATRIP-Deficient Patient and Novel Mutations in ATR Define a Clinical Spectrum for ATR-ATRIP Seckel Syndrome. 査読有り 国際共著

    Ogi T§*, Walker S*, Stiff T, Hobson, E, Limsirichaikul S, Carpenter G, Prescott K, Suri M, Byrd PJ, Matsuse M, Mitsutake N, Nakazawa Y, Vasudevan P, Barrow M, Stewart GS, Taylor AMR§, O'Driscoll M§, Jeggo PA§.

    PLoS Genetics   8 巻   頁: e1002945   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pgen.1002945.

  25. Two unrelated patients with MRE11A mutations and Nijmegen breakage syndrome-like severe microcephaly. 査読有り

    Matsumoto Y, Miyamoto T, Sakamoto H, Izumi H, Nakazawa Y, Ogi T, Tahara H, Oku S, Hiramoto A, Shiiki T, Fujisawa Y, Ohashi H, Sakemi Y, Matsuura S§.

    DNA Repair   10 巻   頁: 314-321   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dnarep.2010.12.002.

  26. A semi-automated non-radioactive system for measuring recovery of RNA synthesis and unscheduled DNA synthesis using ethynyluracil derivatives. 査読有り 国際共著

    Nakazawa Y, Yamashita S, Lehmann AR, Ogi T§.

    DNA Repair   9 巻   頁: 506-516   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dnarep.2010.01.015.

  27. Three DNA polymerases, recruited by different mechanisms, carry out NER repair synthesis in human cells. 査読有り 国際共著

    Ogi T§, Limsirichaikul S*, Overmeer R*, Volker M*, Takenaka K*, Cloney R*, Nakazawa Y*, Niimi A, Miki Y, Jaspers N, Mullenders L*, Yamashita S*, Fousteri M*, Lehmann AR§.

    Molecular Cell   37 巻   頁: 714-727   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molcel.2010.02.009.

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. Molecular cloning and characterisation of UVSSA, the responsible gene for UV-sensitive syndrome.

    Ogi T§, Nakazawa Y, Sasaki K, Guo C, Yoshiura K, Utani A, Nagayama Y.( 担当: 共著)

    Seikagaku  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  2. 「紫外線高感受性症候群.」, 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.19 先天代謝異常症候群(第2版)(上)

    荻朋男, 中沢由華, 吉浦孝一郎, 宇谷厚志, 永山雄二.( 担当: 共著)

    日本臨床社  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 15

  1. 転写と共役したDNA修復機構にはRNAPIIのユビキチン化修飾が必須である

    中沢由華

    第 10 回名古屋大学医学系研究科・生理学研究所合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  2. 転写共役ヌクレオチド除去修復機構に重要なRNAポリメラーゼユビキチン化部位の同定

    中沢由華 原雄一郎 岡泰由 小峯起 Diana van den Heuvel 郭朝万 大学保一 磯野真由 何予希 嶋田繭子 加藤香奈 賈楠 橋下悟 小谷祐子 三好由夏 田中都 祖父江顕 光武範吏 菅波孝祥 増田章男 大野欽司 中田慎一郎 真下知士 山中宏二 Martijn S. Luijsterburg 荻朋男

    第42回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    会議種別:ポスター発表  

  3. Alterations in RNA polymerase IIo ubiquitination cause Cockayne syndrome-like premature aging phenotype in mice due to TC-NER defect. 国際会議

    Yuka Nakazawa, Tomoo Ogi

    International Symposium on XP and other Nucleotide Excision Repair Didsorders 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  4. ゲノム不安定性を示す遺伝性疾患の分子病態.

    中沢由華, 荻朋男

    第3回名大医薬系3部局交流シンポジウム〜岐阜薬科大学・岐阜大学G-CHAIN・ラクオリア創薬合同シンポジウム〜 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  5. ゲノム不安定性を示す遺伝性疾患群の疾患責任遺伝子変異の探索.

    中沢由華、千住千佳子、岡泰由、嶋田繭子、宮崎仁美、郭朝万、賈楠、荻朋男.

    第40回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  6. ゲノム不安定性を示す遺伝性疾患群の病態解析と新規疾患責任遺伝子変異探索.

    中沢由華, 岡泰由, 郭朝万, 賈楠, 唐田清伸, 嶋田繭子, 宮﨑仁美, 千住千佳子, 荻朋男.

    第39回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  7. Screening of microcephaly cases to identify pathogenic mutations in DNA repair genes. 国際会議

    Nakazawa Y, Oka Y, Karata K, Guo C, Lehmann AR, Ogi T.

    The 10th 3R Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. A Screening of Cockayne syndrome like patients identified a new class of disease associated with mutations in the XRCC4 gene. 国際会議

    Nakazawa Y, Guo C, Woodbine L, Bjorkman A, Shimada M, Pan-Hammarstrom Q, Gennery AR, Lehmann AR, Jeggo PA, Ogi T.

    10th Quinquennial Conference on Responses to DNA damage: from molecule to disease, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Egmond aan Zee, The Netherlands   国名:オランダ王国  

  9. ゲノム不安定性を示す難治性遺伝性疾患群の症例収集とゲノム・分子機能解析による病態解明研究

    中沢由華、荻朋男、唐田清伸、郭朝万、岡泰由、 賈楠、嶋田繭子、宮崎仁美、千住千佳子

    第38回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月2日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  10. XRCC4 deficiency in human subjects causes a marked neurological phenotype but no overt immunodeficiency.

    Nakazawa Y, Ogi T, Guo C, Shimada M, Jia N.

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. ゲノム不安定性を示す難治性遺伝性疾患群の症例収集とゲノム・分子機能解析による病態解明研究

    中沢由華、荻朋男、郭朝万、唐田清伸、岡泰由、賈楠、嶋田繭子、宮崎仁美、千住千佳子

    DNA複製・組換え・修復ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:焼津   国名:日本国  

  12. ERCC1/XPF deficiency causes three NER-deficient disorders: a patient with various symptoms of xeroderma pigmentosum, Cockayne syndrome, and Fanconi anemia. 国際会議

    Nakazawa Y

    The 9th 3R Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  13. 放射線感受性および各種発達異常を示す遺伝性疾患の新規責任遺伝子の同定と分子機能解析

    中沢由華、郭朝万、嶋田繭子、宮﨑仁美、唐田清伸、荻朋男

    第37回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  14. Malfunction of Nuclease ERCC1-XPF Results in Diverse Clinical Manifestations and Causes Cockayne Syndrome, Xeroderma Pigmentosum, and Fanconi Anemia. 国際会議

    Nakazawa Y

    11th International Conference on Environmental Mutagens 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Brazil   国名:ブラジル連邦共和国  

  15. RNA polymerase processing in nucleotide-excision-repair-deficient genetic disorders.

    Nakazawa Y

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. ゲノム不安定性疾患に対するスプライシング異常を引き起こすVUSの人工核酸を用いた網羅的検証と創薬ターゲットの導出

    研究課題番号:20ak0101146  2020年12月 - 2023年03月

    創薬基盤推進研究事業 

    中沢由華

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. ゲノム不安定性疾患群を中心とした希少難治性疾患の次世代マルチオミクス解析拠点構築

    2020年04月 - 2023年03月

    難治性疾患実用化研究事業 

    荻朋男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

科研費 2

  1. DNA二本鎖切断修復機構に関与する機能未知の小頭症新規責任因子の分子機能解析

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中沢由華

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. チェルノブイリ放射線誘発甲状腺がんの遺伝子バンク設立と分子遺伝疫学国際共同研究

    2020年 - 2024年03月

    科学研究費助成事業 

    光武範吏

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

産業財産権 3

  1. 色素性乾皮症F群治療薬

    荻朋男、中沢由華、小泉誠、小路貴生

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-218038  出願日:2019年12月2日

    出願国:国内  

  2. 日焼けの原因遺伝子

    荻朋男、中沢由華、吉浦孝一郎、佐々木健介

     詳細を見る

    特許番号/登録番号:特許第5800180号  登録日:2015年9月4日 

    出願国:国内  

  3. 損傷DNA修復物質のスクリーニング方法

    荻朋男、リムシリチャイクルシリパン、中沢由華、山下俊一

     詳細を見る

    特許番号/登録番号:特許第5549908号  登録日:2014年5月30日 

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 基盤医科学実習ベーシックトレーニング

    2020

     詳細を見る

    ヒト細胞を用いた転写共役DNA修復活性の測定

  2. 自然環境と人間

    2020

     詳細を見る

    本授業科目は、生命科学・医学系分野のテーマについて、学際的、総合的に分析,把握する能力を育むとともに、他の学問分野との関連性について理解することが目的である。本講義の前半は、人体を構成する臓器、細胞、ゲノムに焦点を当て「ゲノムと環境」「免疫・代謝と疾患」を、後半は、脳神経系による外環境の認知と適応に関して「脳科学と疾患」をテーマとして取り上げる。医学・生命科学に関するこれらのテーマについて基礎から最新の話題、最先端の研究まで幅広く学ぶ。